DTPオペレーターは根気の必要な、地道ですがとてもやりがいのある仕事です。

どんな人が向いているのか?

またどういう経験や知識があるといいのかなど、詳しくご紹介していきたいと思います。

「DTPオペレーターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

DTPオペレーターはどんな仕事?

デザイナーやお客様から頂いたデータを、印刷できる状態まで仕上げる仕事のことをいいます。

文字の誤字脱字や文章に誤りがないか、おかしいところがないかなどのチェックも含めて行います。

DTPオペレーターの仕事については、こちらの記事を参考に!

DTPオペレーターの大まかな仕事内容

DTPソフトを使って文字や写真、イラストなど印刷できるかどうかチェックをして、修正箇所があれば修正や加工を施します。

文字の間隔であったりズレを細かく修正して読みやすくしていき、印刷できるデータを作成していきます。

仕事上の役割とは?

1枚2枚のみの印刷ではないため、1つ間違いがあると全てやり直しすることになります。

そうならないためにも、DTPオペレーターがしっかりと確認して印刷データを作ります。

DTPオペレーターの仕事はどんな人に向いている?

DTPオペレーターは印刷する上でとても責任重大な立ち位置にいます。

どんな人が向いているのでしょうか。

いくつかご紹介していきます。

完璧主義者

1つのミスも許されないお仕事なので、何事にも完璧であり続けたい!という人ならこの仕事は向いています。

コツコツとした作業が好きな人

パソコンに向かって地道にコツコツ修正をして、データを作っていく作業の繰り返しなので、コツコツした仕事に取り組める人ならこの仕事が向いているでしょう。

「DTPオペレーターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

DTPオペレーターの仕事で活かせる経験

DTPオペレーターになりたい方はどんな経験を積んでいればなれるのでしょうか。

DTPオペレーターとしての経験はないけど、ソフトを使ったことがあったり少しの経験がとても役立ちます。

IllustratorやPhotoshopの使用経験

DTPオペレーターとにかくパソコンが使えてなんぼの世界です。

DTPソフトだけでなく、IllustratorやPhotoshopもイラストや写真などの、加工に使うので、使ったことがあるとない人に比べてとても有利になります。

技術職

印刷物用のデータを作ったという経験がなくても、印刷物の加工であったりなにか関連する経験や知識があると、この場合はこうした方がいいなど、判断する材料にもなるのでDTPオペレーターになったときにとても活かせるスキルです。

DTPオペレーターで働くメリットとは?

給料が高い

最初の給料はだいたい20万前後と低い場合が多いです。

しかし、経験を積んでいくとどんどん仕事を任されるようにもなりますし、なにより作業が早くなり数をこなせるようになってきます。

そのため、年々給料も上がっていく傾向にあります。

整った環境のオフィスで働ける

常にパソコンに向かって作業をしなくてはならないため、冷暖房はもちろんのこと、整った環境で働けるように会社側もしてくれているところがほとんどです。

他にも、仕事をする上でデザイナーやお客様からデータをもらい、印刷用のデータを作るまでのだいたいの流れは予め社内で決めてあるので、安心して仕事に取り組むことができます。

「DTPオペレーターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

DTPオペレーターの仕事を1度経験すると、数多くの仕事をこなしていけるようになることから、色んな会社から必要とされてくるので、将来は派遣やフリーランスとして働くことができるようになります。

同じ会社でコツコツとキャリアを積んでいくことも出来ますし、色んな業界のDTPオペレーターとして数多くの仕事をこなしていく方法もあり、キャリアアップの道は多岐に渡ります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

DTPオペレーターは印刷するまでの工程を行うので、ゆくゆくは印刷をする会社へ就職したり、またはデザイナーに転身という方法もあります。

印刷関連の仕事をする際はDTPの知識があることが強みになります。

自分にあったDTPオペレーターの求人の選び方や注意点

自分にあった仕事選びをするということは、これからの人生を大きく左右することにもなるので、注意して選んでいくことが必要です。

その選び方とは?

【選び方①】雇用形態から探す

正社員になると、生活の基準が安定します。

未経験から始めたのでゆっくりと確実に成長していきたい方にはとてもオススメです。

どんどんと数をこなして早く一人前になりたい!というなら、派遣や契約社員を選びましょう。

派遣や契約社員だと生活が安定しないですが、残業まではしなくていいところが多いです。

そのため、仕事後は自分の時間を好きに使えるという利点があります。

【選び方②】会社の業態から考える

常にデータと睨めっこの毎日なので、自分の興味のある印刷物を手かげている会社を選びましょう。

また、印刷する工程も見たいのなら印刷会社、デザインするところも見たいのであればデザイン会社といった、DTPオペレーター意外にもつけたい知識がある会社に勤めましょう。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

給料が高いほうがいい!という方なら、その会社は景気が良いか悪いか?

よくチェックしてみましょう。

安定した仕事を選ぶのなら正社員ですが、数をこなしたかったり、自分の時間もしっかりと確保したいというのであれば契約社員や派遣を選ぶと良いでしょう。

【選び方④】エリアから考える

なによりも多いのが残業なので、近場を選びましょう。

ただ、勤務先が地方各地にある場合もあり、転勤の可能性もなきにしもあらずなので、その可能性も含めて会社を選びましょう。

まとめ

DTPオペレーターは、数をこなせばこなすほど、仕事の幅も広がるし作業効率も上がります。

そのため、やればやるほどキャリアアップに繋がるのでとてもやりがいのあるお仕事です。

今回ご紹介した中で自分に合っている仕事なのかをよく見定めた上で、仕事を選ぶといいでしょう。

最近では女性にも人気で、育児中に在宅で仕事をやっているとい方も多いというほど人気になりつつあるお仕事ですので、この機会にDTPオペレーターの仕事を経験すると今後に役立ちそうです。



DTPオペレーター求人についてもっと深堀りした情報を見る

DTPオペレーターの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

DTPオペレーターという仕事は、印刷業界を目指している方でないと、あまり聞きなれない職業かもしれません。また、目指していてもどのくらい稼げるのか、年収は相場でいうとどのくらいであるのかなど、よくわからない方も多いと思います。今回は詳しくお伝えしていきたいと思います。DTPオペレーターの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合会社にもよりますが、私の周りの給料だとだいたい15万から20万ほどです。正社員で転職した場合元々同じ業界でその仕事に就いていた人は、経験者として扱われるので、20万前後が多いようです。パート・アルバイト働く頻度にもよりますが、毎日働いて18万くらいでしょう。年収にも

DTPオペレーターの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

DTPオペレーターが転職する際に気をつけるべき点はなにか?いくつか注意点も含めてご紹介していきたいと思います。DTPオペレーターの転職で注意したほうが良い3個のこと職場環境頑張った分だけ評価してもらえるか自分がどれだけ仕事に熱心に取り組み働いていても、上司や上の人からの評価がされないと、モチベーションも下がってしまいます。評価されればされるほど、自分は成長を日々しているんだという実感も湧くので、会社での評価というものはとても重要となってきます。給与はしっかりもらえるか確実に残業ばかりしているのに、残業代が出ないなどブラックな一面が出て来ると、精神的にも体力的にもキツイです。しっかりと給与以外に