定職につかず、アルバイトなどで収入を得るフリーター。

自由度が高い一方で、やや安定感に欠けるイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

今回はフリーターの年収や、フリーターとして働くということはどういうことか、そのメリットやデメリットなどについてご紹介いたします。

現在フリーターとして働いている方、脱サラしてフリーターになろうとしている方、この記事をきっかけにご自身の人生について考えてみてください。

フリーターってオススメ?それともオススメできない?

結論から言うと、どちらとも言えません。

なぜなら、その人の環境によってフリーターが有益になったりそうでなかったりするからです。

冒頭でも述べたように、定職ではなくアルバイトなどで収入を得るフリーターは自由度が高く、自分のやりたいことを存分にできると言うメリットがあります。

何か譲れない夢があり、それを追いながら一人で生きていくと言うのであればもってこいでしょう。

しかしながらフリーターは出世と縁遠く、退職金などの待遇面もあまり良くないもの。

守るべき家族がいるというのであれば、あまりオススメはできません。

次の項目では、フリーターの待遇面について解説いたします。

フリーターの待遇とは?

正社員として働くと、毎月決まった給料が貰えます。

働きぶりや成績に応じて昇級したり、役職が上がったりすることも。

その他、退職金が貰えたり住宅手当が貰えたりと、仕事を離れた後や生活面のサポートも厚いもの。

では、フリーターは一体どうなのでしょうか?

以下にまとめます。

給与体系

フリーターの給与体系は、基本的には時間制。

時給や日給など時間の単位は異なれど、働いた時間分の給与が毎月支給されるというケースが多いです。

つまり、働けば働くだけ給与を得ることができます。

勤務形態

アルバイト、パート、派遣社員など、勤務形態は様々。

勤務時間帯は仕事内容によって異なります。

福利厚生

正社員に比べ、全くと言っていいほどありません。

正社員であれば結婚、出産、育児などの生活に関する支援制度や手当があったり、休暇を取得したりすることができます。

また、年金や保険関係の手続きや支払いも会社が担ってくれるケースがほとんど。

しかし、フリーターにはこれらの福利厚生はありません。

生活に関する補助はもちろん、年金や保険関係の支払いや手続きも全て自身で行う必要があります。

フリーターのメリットとは?

福利厚生の面では大変でも、フリーターにメリットがないわけではありません。

状況によってはフリーターとして生活していた方が有益になる人ももちろんいます。

下記にてフリーターのメリットをご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

生活の自由度が高い

フリーター1番のメリットは、なんと言っても「自由度」です。

アルバイトなど仕事内容も好きなものを選べる上に、場合によってはシフトも自由。

希望する通りに休みを取ったり時間を作ったりすることができます。

したがって、仕事の他にやりたいことや追い続けたい夢があるという人には有益でしょう。

正社員より気楽に働くことができる

正社員ともなれば、予算や売上目標を立てられ、それを達成すべく毎日試行錯誤しながら働かなければなりません。

目標を達成できなければ給与や役職の位が下がるなんてこともしばしば。

場合によっては会社を解雇させるなんてこともあります。

しかし、フリーターは正社員ほどの厳しい目標を立てられることはありません。

つまり、責任やプレッシャーに押しつぶされることなく気楽に働けるというのは、大きなメリットの一つでしょう。

残業がない

正社員であれば、仕事が終わるまでは帰れません。

残業したり、朝早く出社したりして仕事をこなす必要があります。

一方、フリーターは時間給で働いているケースがほとんど。

仕事が終わらなくても、時間が来たら退社することができます。

転勤がない

こちらも正社員にはつきもの。

大手であればあるほど、地方への転勤に遭遇する確率は高まります。

しかし、フリーターはほとんどと言っていいほど転勤はありません。

なんらかの事情でその土地を離れたくないという人にとってはメリットになるでしょう。

副業や掛け持ちも可能

正社員として働いていると、副業を行う余裕がないということもしばしば。

それ以前に、会社の規則で副業を禁じられているという人も多いのが現状です。

しかし、フリーターに副業禁止という規則はありません。

時間のやりくりも自由にできるため、副業や掛け持ちもこなすことができます。

フリーターのデリットとは?

上述の通り、フリーターにはたくさんのメリットがあります。

正社員とは違い、副業や掛け持ちもできて働けば働くほど給与が貰えるため、一見正社員より稼げるような気もしますよね。

しかし、落とし穴もあります。

続いてはフリーターのデメリットをご紹介いたしますので、こちらも参考にしてみてください。

雇用が不安定

企業の経営が危なくなった時、基本的に守られるのは正社員です。

人件費を浮かすために解雇されやすいのは、アルバイトやパートといったフリーター勢。

今は問題なく働くことができていても、ある日突然解雇を言い渡されるというケースもなくはありません。

出世はできない

正社員であれば、年次や成績に応じて出世していくもの。

役職が与えられたり、それに伴い給与が上がったりします。

しかしながら、フリーターに出世はありません。

もちろん、働きぶりに応じて時給が上がったりインセンティブが貰えたりすることはあるかもしれませんが、微々たるもの。

生涯年収で考えると、正社員より圧倒的に少ないというのが現状です。

退職金が貰えない

正社員は勤めていた会社を定年退職する時、退職後も不自由なく生活できるようにと退職金が貰えます。

退職するということは収入がなくなるわけですが、この退職金と年金で生活できるというわけです。

しかし、フリーターは退職金が貰えません。

年金は自身で納めていれば一定額貰えますが、それで生活できるかというと微妙なライン。

年老いてからも働く必要性が出てくるかもしれません。

福利厚生の待遇が薄い、ほとんどない

待遇面の項目でも解説しましたが、フリーターはほとんどと言っていいほど福利厚生を受けられません。

有給休暇くらいはアルバイトでも取得できるところが増えていますが、それは微々たるもの。

人生に大きく関わるようなライフイベントに伴う福利厚生は保証されていないケースが多いです。

例えば、出産、育児、介護。

時間やお金が必要になりますが、全て自分でやりくりしなければなりません。

正社員であれば住宅手当などが支給されることもありますが、フリーターは住宅に関する費用も自分で支払わなければなりません。

年金や保険も自身で手続きを行う必要があります。

このように、福利厚生面の薄さはフリーターの大きなデメリットといえるでしょう。

社会的信用がない

正社員に比べ、フリーターの社会的信用性は薄いです。

ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりする際の審査に通らないといったことも少なくありません。

残念ながら、世間的な目も冷たいのが現状。

それに耐えられればいいのですが、なかなか生きにくいものです。

怪我や病気によって収入がなくなる可能性がある

正社員は、病気や怪我で入院した時も一部の給与が保証されるケースが多いです。

しかし、時間給や日給で働いているフリーターは、休んでしまえば給与はゼロ。

1日くらいならなんてことはないかもしれませんが、長期の入院ともなれば収入は全くなくなってしまいます。

この点も、フリーターの大きなデメリットといえるでしょう。

やはり正社員を目指すべき?正社員を目指すきっかけとは?

ここまででフリーターのメリットもデメリットもお分かりいただけたと思います。

フリーターは自由度が高い分、未来に関するリスクが多いというのが事実。

やはり正社員の方が安定しており、確実な人生設計を行うことができると言えるでしょう。

とはいえ、現在フリーターとして生活している人がいきなり正社員を目指すというのも厳しいもの。

何かきっかけがないと動き出すのは難しかったりしますよね。

では、現在フリーターの人はどのタイミングで正社員を目指せばいいのでしょうか?

もちろん、思い立った日から行動するのが一番ではありますが、その他にきっかけになりそうな事象をまとめます。

追い続けている夢を諦めたとき

フリーターを続けている方の多くは、何か大きな夢を追っているということが多いもの。

夢を叶えるためには努力する時間が必要ですから、その時間を稼ぐためにフリーターとして活動するのです。

しかし、残念ながらもう夢を諦めるというタイミングがあれば、それが正社員についての考え時。

そのままフリーターを続けるのではなく、正社員として何かを成し遂げる道を切り開いてみてください。

他のアルバイトに変えようと思ったとき

現在フリーターとして何かしらアルバイトをしているという方。

もし、そのアルバイトから他のアルバイトに変えようとしているのであれば、選択肢の中に正社員も入れてみてください。

フリーターとして活動しなければならない強い事情があるのなら問題ありませんが、ただ「責任を追いたくない」「縛られたくない」というような理由で正社員を避けているなナンセンス。

正社員でも、仕事を選べば時間を作ることだってできます。

ぜひ検討してみてください。

家族ができたとき

結婚、妊娠、出産など、様々なライフイベントに伴い家族が増えることがあります。

フリーターは収入が安定しませんから、家族を養っていくには不十分な働き方。

自分一人ならご飯を食べずに過ごしてもいいかもしれませんが、家族にまで同じ思いを強いるわけにはいきませんよね。

守るべきものが増えたなら、正社員を検討してみてください。

家族が減ったとき

残念ながら、自分が歳をとれば同じように家族も歳をとるもの。

年齢によっては亡くなってしまうこともあります。

そんな時、残された家族に不自由させないためには、やはり正社員として安定した環境で働いていた方が将来的に安心です。

他にやりたいことが見つかったとき

何か新しいやってみたいことができた!というのも、正社員を考えるきっかけになります。

その新しく始めてみたいことをアルバイトから探すのではなく、正社員の枠から探してみてください。

直接的でなくても、間接的に関わる仕事まで含めて探せばきっとあるはずです。

正社員になるにはどうしたらいいの?必要な準備は?

きっかけやタイミングがあっても、やり方がわからなければ正社員は目指せませんよね。

この項目では、フリーターから正社員になるための必要事項についてまとめます。

就職エージェントに登録する

インターネットや就職情報誌を見れば、たくさんの求人情報が出ています。

しかし、長くフリーターだった人が個人で応募してサラッと合格するというケースは残念ながら少ないです。

個人で動くのではなく、まずはプロの力を借りるのがおすすめ。

就職エージェントに登録すれば、自身のやりたいことやできることを明確化してくれるとともに、おすすめの職業などを紹介してくれます。

就職の失敗をする可能性も低くなりますので、まずはエージェントに登録しましょう。

ハローワークを訪ねてみる

就職エージェントだけでなく、ハローワークを訪ねてみるというのもおすすめ。

エージェントよりも地元に根付いた企業などを紹介してくれる可能性が高いです。

こちらでも簡単なカウンセリングのもと、自身のやりたいことやできることを明確にしてくれますので、一度尋ねてみるといいでしょう。

正社員を目指すなら、こちらの記事を参考に!

まとめ

以上、フリーターとして働くことのメリットやデメリットについてまとめました。

フリーターは自由度が高く、働いたら働いた分だけお金が貰えるため、魅力的に映るという人も多いでしょう。

しかし、それは独り身且つ体が元気でガンガン働けるうちだけ。

守るべき家族が増えたり、病気や老いで働けなくなったりしたら、生活は苦しくなる一方です。

現在フリーターとして活動している方、今のままでいいのかもう一度考えてみてください。

もし諦められない夢があるというのであれば、その夢と決着がついてからでも構いません。

将来に後悔しないよう、きちんと人生設計してくださいね。


関連キーワード

フリーター求人

フリーター求人についてもっと深堀りした情報を見る

フリーターが就職するためにやるべき4個の方法とは?仕事の探し方やスキルアップ方法など具体的に解説します

フリーターの中には好きでフリーターをしている人もいれば、仕方なくフリーターになった人もいます。好きでフリーターをしている人の中にも、20代前半は楽しくやっていても、後半になるに従って就職した方がいいのではないかと考えます。今回は就職を考え始めたフリーターがやるべきことと、仕事の探し方やスキルアップ方法について解説していきます。フリーターが就職したいと思うよくある理由フリーターが就職を始めよう!と思う瞬間は大きく言うとお金の問題です。アルバイトは正社員と違い将来的にお金が大きく上がることがなければ、体力がしんどくなってしまったらいつ辞めることになるかわかりません。将来的なお金の不安や、仕事がなく

フリーター歓迎のバイト求人でよくある職種やおすすめ、疑問について答えます

フリーター歓迎のバイトって実際どうなの?大変という噂を聞く仕事内容の実情と、面接の際のポイントまでお伝えします。フリーター歓迎のバイト求人にはどんな職種があるの?求人の中には大々的に『フリーター歓迎』と書かれた求人があります。フリーターが働いている割合が高く、フリーターにとって働きやすい職種があります。フリーター歓迎のバイト求人でよくある職種飲食店や居酒屋のホールスタッフ飲食店、特に居酒屋のスタッフはフリーターにおすすめです。夕方から働けて、22時以降には深夜料金として時給が上がるので稼ぎやすい仕事です。また飲食関係にはまかないがついていることがあるので、食費を浮かせることもできます。特に居酒

フリーターとは?定義とフリーターをしながら感じる課題、正社員になるための方法とは?

フリーターと聞くとあなたはどんなイメージを持っているでしょうか?アルバイトをしている人、自分で自由そうにしている人、就職先がなくて大変な人、それぞれにフリーターに対するイメージがあると思います。今回はフリーターの定義、フリーターは実際どういうことを言うのか、またフリーターをしている人たちはどんなことを考えながら、何を感じながら過ごしているのか、フリーター経験者だからこそわかることをお伝えします。フリーターとは?正規雇用ではなく派遣やアルバイトなどの非正規雇用で働いている人のことを言います。働き方も多岐に渡っているので今では色んな言葉が増えていますが、基本的には雇用者で正社員ではない人のことを指