フリーターから正社員になるには大きな壁がたくさんあります。

やはりいくら20代で若くても新卒の人が採用されやすいからです。

そのためフリーターの方が仕事を探す上では注意するべきところがたくさんあります。

注意点をしっかり把握して、自分が望む仕事を手に入れましょう。

フリーターの仕事探しで注意したほうが良い4個のこと

「未経験歓迎」の求人から応募してみる

正社員の転職や新卒よりもフリになるのがフリーターです。

中途採用は即戦力を求めている企業が多いので、フリーターの経験では採用される確率が減ります。

その中でも応募しやすいのが未経験歓迎の求人です。

未経験歓迎の場合はしっかりと研修できる制度が整っていたり、スキルを要さない仕事が多いです。

営業や事務職に未経験歓迎の求人がたくさんあります。

求人であいまいな職種があったら直接確認する

求人を見ただけではいまいち仕事内容がわからないところがあります。

なんとなく想像はつくけれど、いまいちどんな仕事をするのかわからない場合は確認するようにしましょう。

わからないままにとりあえずと面接に望むと、わからないままに仕事を始めてしまうことになります。

必ずどんな内容で、何をするところなのか直接電話で確認しましょう。

手取りの給与額を想定しておく

正社員になればアルバイトと違い引かれるものがたくさんあります。

アルバイトの時は所得税などを引かれても場所によりますが、大して引かれることはありません。

しかし正社員になれば福利厚生がしっかりしている分実際の給料から手取りは大きく異なります。

月収に目を向けてこの金額近くがもらえると考えるといざ働いた後で、生活費が足りないとなってしまいます。

手取りを想定するようにしましょう。

給料だけで決めない

フリーターが正社員をする一番の理由は現在、将来のお金に不安を感じるからでしょう。

だからといって給与面だけを見て決めると大変なことになります。

給料が良いところはそれだけ仕事が大変なところです。

最初から大変なところに就職してしまうと結局フリーターに舞い戻ってしまう可能性があります。

給料は最低ラインだけを決めて、しっかりと仕事内容や通勤場所などを見るようにしましょう。

フリーターの仕事探しに必要な心構え

自分がやりたい仕事・やりたくない仕事を明確にする

自分が何をしたいのか、何に興味あるのかは把握しておきましょう。

特にやりたくない仕事は明確にしておかなければ、仕事探しの範囲が広くなるだけで「何か違うな」と思っては絞れないままに時間がかかってしまいます。

自分が選ぶ仕事の基準をある程度絞っておきましょう。

何に興味があるのか、どういうのはやりたくないのか明確にすることで自分のやりがいのある仕事を探しやすくなります。

「なんとなく」な気持ちは捨てる

なんとなくここが気になる。

とりあえずここにしてみようと仕事を選ぶのは辞めましょう。

理由を明確にせずに選んでしまうと働いてからもなんとなく働いてしまいます。

そうなると「なんでこんな仕事しているんだろう?」となり辞めてしまいがちです。

自分が何に興味を示して、どういうことをしてみたくて選んだのかを明確にしましょう。

フリーターの仕事探しの前に自分の強みやスキル、弱みなどを振り返ってみましょう

なんとなく探すのを辞める。

自分のやりたい仕事とやりたくない仕事を明確にしましょうと言いましたが、自分について知ることが大切です。

自分は何が得意なのか、どういうことが好きなのかを過去から振り返ることです。

例えば人と話すのが好き、人と関わるのが好きであれば接客業を中心に仕事を探せます。

一人で黙々と仕事をすることが得意なのであれば、工場などの単純作業や事務の仕事をするのもいいですね。

反対に自分の弱みを振り返ることで、自分のやりたくない仕事が明確になりやすいです。

例えば座りっぱなしが苦手、動いていたいのであればオフィスワークは向いていません。

人と関わるのが苦手であれば接客よりも中で仕事ができるところが選べます。

自分の強みや弱みを知ることで仕事を選ぶ時の大きな基準を作ることができます。

年代別の注意点

20代の場合

20代はまだわりと経験が浅くてもやる気だけで採用してもらいやすいです。

そのため今まで自分がバイトで経験してきたことを仕事でどう活かせるかをアピールできるようにしましょう。

その上で自分がなぜこの仕事にしたいのかを明確にしておくことで、企業側に熱意が伝わります。

20代は熱意を伝えることが大切です。

30代の場合

20代の時はまだたくさん応募できるところはあったが、30代になった途端に減ってしまいます。

20代と違い熱意が伝わらなくなる年でもあります。

20代でも活用する人は多いですが、30代になったら就職エージェントを活用するのがいいです。

自分のやりたい仕事を伝えることでそれにマッチする企業を紹介してもらえます。

もちろん紹介してもらえれば必ず決まるわけではありませんが、自分で探すことの苦労が軽減され、企業を選ぶ際にも訪問することもできるのでお互いに選びやすいです。

40代以上の場合

40代以上になると就職先が限られてきます。

男性であればタクシー運転手、女性であれば家事代行サービスなどがおすすめです。

40代になった途端に30代のうちには案内してもらていた仕事が減っていきます。

中途で未経験の新人が入ってくると他の人達が仕事がやりにくいのもあるのでしょう。

また年齢を重ねれば重ねるほどに若い時にはあった柔軟性もなくなってきます。

新人には柔軟に物を覚えることも必要とされます。

そのため40代以上で仕事を探すのなら、今まで自分が経験してきたことや、アルバイトから正社員になれる道を考えて探すのがいいですね。

まとめ

フリーターで仕事を探すのは大変ですが、自分のやりたいことや自分がなぜやるのかを明確にすれば案外すぐに見つかります。

仕事探しの上で一番難しくしているのは、自分が何がやりたいのかが明確になっていなくて模索してしまうことです。

自分のやりたいことが明確になれば仕事は意外とすぐに見つかります。

まずは自分のやりたいこと、やりたくないことを明確にしましょう。

その際に自分の強みや弱みも同時に考えると自分に向いているものが見えてきます。

しっかり自分と向き合いながらあなたにあった仕事を探していきましょう。

フリーターが就職するためにやるべき方法は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

仕事 フリーター求人

フリーター求人についてもっと深堀りした情報を見る

フリーターの年収ってどうなの?フリーターのメリットデメリットと正社員を考えるきっかけとは?

定職につかず、アルバイトなどで収入を得るフリーター。自由度が高い一方で、やや安定感に欠けるイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回はフリーターの年収や、フリーターとして働くということはどういうことか、そのメリットやデメリットなどについてご紹介いたします。現在フリーターとして働いている方、脱サラしてフリーターになろうとしている方、この記事をきっかけにご自身の人生について考えてみてください。フリーターってオススメ?それともオススメできない?結論から言うと、どちらとも言えません。なぜなら、その人の環境によってフリーターが有益になったりそうでなかったりするからです。冒頭でも述べたように、定

フリーターが就職するためにやるべき4個の方法とは?仕事の探し方やスキルアップ方法など具体的に解説します

フリーターの中には好きでフリーターをしている人もいれば、仕方なくフリーターになった人もいます。好きでフリーターをしている人の中にも、20代前半は楽しくやっていても、後半になるに従って就職した方がいいのではないかと考えます。今回は就職を考え始めたフリーターがやるべきことと、仕事の探し方やスキルアップ方法について解説していきます。フリーターが就職したいと思うよくある理由フリーターが就職を始めよう!と思う瞬間は大きく言うとお金の問題です。アルバイトは正社員と違い将来的にお金が大きく上がることがなければ、体力がしんどくなってしまったらいつ辞めることになるかわかりません。将来的なお金の不安や、仕事がなく

フリーター歓迎のバイト求人でよくある職種やおすすめ、疑問について答えます

フリーター歓迎のバイトって実際どうなの?大変という噂を聞く仕事内容の実情と、面接の際のポイントまでお伝えします。フリーター歓迎のバイト求人にはどんな職種があるの?求人の中には大々的に『フリーター歓迎』と書かれた求人があります。フリーターが働いている割合が高く、フリーターにとって働きやすい職種があります。フリーター歓迎のバイト求人でよくある職種飲食店や居酒屋のホールスタッフ飲食店、特に居酒屋のスタッフはフリーターにおすすめです。夕方から働けて、22時以降には深夜料金として時給が上がるので稼ぎやすい仕事です。また飲食関係にはまかないがついていることがあるので、食費を浮かせることもできます。特に居酒

フリーターとは?定義とフリーターをしながら感じる課題、正社員になるための方法とは?

フリーターと聞くとあなたはどんなイメージを持っているでしょうか?アルバイトをしている人、自分で自由そうにしている人、就職先がなくて大変な人、それぞれにフリーターに対するイメージがあると思います。今回はフリーターの定義、フリーターは実際どういうことを言うのか、またフリーターをしている人たちはどんなことを考えながら、何を感じながら過ごしているのか、フリーター経験者だからこそわかることをお伝えします。フリーターとは?正規雇用ではなく派遣やアルバイトなどの非正規雇用で働いている人のことを言います。働き方も多岐に渡っているので今では色んな言葉が増えていますが、基本的には雇用者で正社員ではない人のことを指


フリーター求人に関するコラム

フリーターで辛い7つのことと仕事に就くためにやるべき6つのこと

自由なイメージが強く、魅力的に映ることが多いフリーター。時間も自由、働き方も自由、就職や転職も自由、責任の重い仕事も任されない…なんだか夢のような話に聞こえますよね。しかし、自由だからこそ辛いこともたくさんあります。今回はフリーターを希望する方のために、フリーターとして働く上で辛いことについてご紹介いたします。本当にフリーターになってもいいのか、もしくはフリーターのままでもいいのかぜひ考えるきっかけにしてみてください。また、その上でフリーターを辞めることを決めた方のために、就職するために必要なステップについてもご紹介。じっくりと自分と向き合ってみてください。フリーターで辛い7つのこと一見なんの

フリーターとして働く10つのメリットとは?

自由な生き方が推奨される現代で、注目を浴びつつあるのが「フリーター」という働き方。正社員として企業に所属することがないため自由度も高く、夢を追う人などにはもってこいとも言えるでしょう。とはいえ、本当にフリーターとして働いていいものなのかは不安がつきまとうところ。今回はフリーターとして生きていくことを考える人のために、フリーターのメリットについてご紹介いたします。そもそも、フリーターとは?フリーランスアルバイターの略称。決まった職につかず、アルバイトなどで収入を得ている人のことを指します。フリーターとして働いている人達にはどんな人が多い?一般的に「フリーター」と呼ばれる人には、どのような方が多い

40代フリーターが正社員を目指すための4つの方法、おすすめの仕事と面接時の注意点とは?

20代・30代の頃にはよかったけれど、40代になってフリーターであることに不安を感じるようになったという人もいるのではないでしょうか?できることなら正社員を目指したい!と考えてはみるけれど、新卒でなければ難しい?今からだと遅い?今からでも遅くない!20代の人とは違った就職活動の進め方を知っていれば大丈夫です。40代だからこそできる就職活動をしていきましょう。40代フリーターが正社員を目指すには、どうしたらいい?正社員ではなく、フリーターをしている理由はなんなのでしょうか。なぜフリーターになったのかということと、フリーターを続けている理由をこの際しっかり考えてみませんか?今後の就職活動をしていく

30代フリーターが正社員を目指すための5個の方法、おすすめの仕事と面接時の注意点とは?

最近は大学卒業後もフリーターとしてアルバイトで生計を立てる人も多く、正社員以外の働き方を選ぶ人が増えています。その理由としては働く時間や服装の自由がきくこと、休みを取りやすいなど様々な理由があるようです。夢を追いながら劇団員やミュージシャンとして活動しながら、足りない生活費をアルバイトで稼ぐという人もいます。20代まではそれでも良いかもしれませんが、30代になると将来のことを考えてこのままフリーターでいいのだろうか…と自問自答する人もいるでしょう。正社員として働くといろいろと制約があると考えてしまうかもしれませんが、やはりそれ相応の安定と保証があります。慣れるまでは大変かもしれませんが、社会人

一生フリーターとして生きていく!持っておきたい心構えと備えておきたい8個とのこととは?

アルバイトは社会や企業から見てもとても大きな労働力であり、必要不可欠な存在です。常に人材の募集が行われており、特に若年層の労働力は重宝されています。また、最低賃金の引上げなどから、アルバイトでもある程度のお金を稼ぐことが可能になりました。そんなアルバイトで生計を立て、正規雇用や学業に就いていない「フリーター」も多く存在しています。しかしフリーターは一過性のものであると考えている人が多く、一生フリーターとして生きていくと考えている人はあまり多くはいません。ここではフリーターのメリットとデメリット、持っておきたい心構えと備えておきたい事柄をご紹介します。一生フリーターで生きていくってどうなの?フリ