自由なイメージが強く、魅力的に映ることが多いフリーター。

時間も自由、働き方も自由、就職や転職も自由、責任の重い仕事も任されない…なんだか夢のような話に聞こえますよね。

しかし、自由だからこそ辛いこともたくさんあります。

今回はフリーターを希望する方のために、フリーターとして働く上で辛いことについてご紹介いたします。

本当にフリーターになってもいいのか、もしくはフリーターのままでもいいのかぜひ考えるきっかけにしてみてください。

また、その上でフリーターを辞めることを決めた方のために、就職するために必要なステップについてもご紹介。

じっくりと自分と向き合ってみてください。

フリーターで辛い7つのこと

一見なんの縛りもないように感じるフリーターですが、実はキャリアアップに関しては制限がたくさん。

正社員に比べると圧倒的に不利なポイントが多いのです。

また、収入面や税金に関してもやや不利な点が多々。

下記にフリーターとして生きる上でのデメリットについてまとめます。

雇用が安定しない

正社員に比べ、圧倒的に雇用が流動的なのがフリーター。

裏を返せば就職しやすいということでもありますが、その分解雇しやすいというデメリットもあります。

もし、会社が経営危機に陥った場合、真っ先に解雇されるのは正社員ではなくフリーターなどのアルバイトです。

それが続けば常に職を転々としなくてはならないなど、雇用が安定しないのはデメリットの一つと言えます。

出世できない

上記でも説明したように、雇用が安定しないフリーターはなかなか出世することが出来ません。

職を転々としているわけですから、当たり前ですよね。

仮に長く勤めていたとしても、時給がやや上がる程度。

運よく正社員として雇用してもらえるケースもありますが、比較的稀です。

また、出世できない理由の一つとして、フリーターなどのアルバイトは責任の重い仕事や重要な仕事を任せてもらえないという点にもあります。

基本的にはどんな人でもできるような業務を担当することになるので、出世にかかわるような評価をしてもらえないのです。

したがって、フリーターとして働く以上は出世できないものと思っていた方がいいでしょう。

収入が上がらない

フリーターなどのアルバイトは、基本的には時給制。

多く働けばその分給料はあがりますが、ベースの給料があがるということはあまりありません。

もちろん、時給が上がったりインセンティブがもらえたりと多少プラスになることはありますが、正社員の収入アップに比べたら微々たるものです。

というのも、先ほども説明した通り、フリーターが請け負う業務というのは誰でもできるような簡単なもの。

難しい業務や重い業務は担当しないわけですから、出世はもちろん、給料もあがらないのです。

退職金が出ない

正社員であれば、勤めていた会社を退職するときに「退職金」が支払われます。

これは、会社を退職後も一定の生活ができるようにと会社から支払われるお金です。

しかし、この退職金がフリーターにはありません。

年齢を重ね働けなくなった時、税金を納めていれば多少の年金がもらえますが、不足分を補うものはありません。

雇用はおろか、老後の生活も不安定になりかねないのがフリーターの宿命です。

税金の処理を自分でしなくてはならない

企業に勤めていると、厚生年金や住民税など諸税金の手続きはすべて会社が行ってくれます。

給与から必要分が差し引かれるので、個人で納税する義務や確定申告なども副業をしていない限りは必要ありません。

しかし、フリーターはこれらの納税手続きや確定申告を自分で行う必要があるのです。

アルバイトを掛け持ちせずに一つのところだけで行っている場合は、そのアルバイト先が請け負ってくれるケースもありますが、複数の場所で働いている場合は自身で確定申告をしなければなりません。

簡単であればいいのですが、意外と時間や手間がかかるもの。

これもフリーターのデメリットといえるでしょう。

働かないと収入がない

当たり前のことのようにも思えますが、正社員とフリーターではやや違います。

もし事故や病気で働けなくなった時、正社員の場合は会社を休んでいても給与が一部支払われたりと厚い手当があるもの。

しかし、フリーターにそのような福利厚生はありません。

シフトに入らなければ時給は発生しませんし、大変だからといって給与が保証されることもありません。

働かなければ、収入が全くない状態になってしまうのです。

社会的信頼に欠ける

もう一つ、フリーターとして働いていると大きなデメリットとなるのが、”社会的信頼”です。

複数掛け持ちしたり、高い時給で働いていたりと収入面での問題はなかったとしても、正社員に比べると社会的信頼は劣るのです。

その主な理由は、雇用の不安定さ。

いつ首を切られてもおかしくない状態とみなされてしまいます。

「別にそれでも給与があればいいんじゃないの」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、その考えには注意が必要です。

社会的信頼が薄いことによるデメリットもたくさんあります。

例えば、家や車など大きい買い物をしたいとき。

正社員ならローンを組めますが、フリーターだとローンを組んでもらえない可能性があります。

また、クレジットカードなどの審査が通りにくいというデメリットも。

単純に収入だけで良し悪しは判断できませんので、フリーターの社会的信頼感も加味した上で働き方を考えましょう。

フリーターが仕事に就くためにやるべき6つのこと

フリーターのデメリットを見て、フリーターを辞めようと思った方。

また、現在フリーターで辞めたいと思っている方。

仕事に就くために必要なステップをまとめますので、ぜひ参考にしてみてください。

やりたいことを探す

まずは、自分のやりたいことは何か考えてみてください。

もちろん、正社員に直結するようなことであれば理想的ですが、そうでなければ最初はなんでも構いません。

仕事に関することが思い浮かばなければ、プライベートなことでもOK。

できるだけ多く、そしてなるべく紙に書き出してみましょう。

目標は最低100個。

そしてやりたいことが出そろったら、「それを叶えるためにはどうしたらいいか?」について考えましょう。

例えば、旅行したい、海外に行きたいなど旅に関する希望が多い場合。

旅行に関連する会社に就職してみたり、旅行者をサポートしたりする仕事、もしくは旅行者が良く訪れるようなところでの仕事を探してみるのがおすすめ。

また、飲みに行きたい、友達と遊びに行きたいなど誰かと時間を共にするような希望が多ければ、それは人とかかわることが好きということ。

したがって、人との関りが深いような仕事を探してみるといいでしょう。

このように、やりたいことを探し、それに基づく仕事を探してみてください。

やりたくないことを探す

やや変化球的な方法ではありますが、「やりたいこと」が思い浮かばないという方は、その逆の「やりたくないこと」を探してみてください。

こちらも上記同様、最低100個以上紙に書き出すのがおすすめ。

可視化することでより明確になりますし、考えるにあたって整理しやすいです。

やりたくないことが出そろったら、あとは同じ。

「やりたくないことをしないためにはどうしたらいいか?」を考えてみてください。

例えば、一人で過ごしたくない、座ったままは嫌といった希望が多ければ、多くの人に接する接客業などが向いているかもしれません。

逆に、人と話したくない、いろいろ出歩きたくないという希望が多ければ、接客業よりも内勤の職業向き。

このように、「やりたくないこと」から自身の希望や適性を導き出すこともできますので、ぜひ挑戦してみてください。

得意なことを探す

上記では「やりたいことを探す・やりたくないことを探す」という方法をご紹介いたしましたが、どちらもそんなに思い浮かばなかったという人もいらっしゃるかもしれません。

それなら今度は、「自分の得意なこと」は何かを徹底的に考えてみましょう。

これも先ほどと同様、どんなに小さなことでもかまいません。

人よりできること、ずっと続けていても飽きないこと。

自分で思い当たることがなければ、周囲の親しい人に聞いてみるのもOKです。

なるべく多く得意なことについて書き出してみてください。

そして自分の得意なことが出そろったら、今度は「それを活かせる仕事はなにか」についてじっくり考えてみましょう。

どんなことでも、きっと何かにつながる特技があるはずです。

様々な切り口から考えてみてください。

アルバイト先で正社員になれないか確認する

現在アルバイトとしてどこかで働いている方限定ですが、アルバイト先の正社員に立候補してみるというのも一つの手。

飲食店やアパレルショップ、スポーツジムなど、どんな施設もアルバイトだけで運営されているところはありません。

必ずと言っていいほど各店舗に社員がいますし、店舗にはいなくともバックに運営本部があります。

まずは正社員を募集していないかどうか、ぜひ確かめてみてください。

もし募集しているようであれば、かなりラッキーです。

アルバイトとして働いているなら顔も効きますし、ノウハウも知見もあります。

全くほかのところから応募してくる方よりうんと採用されやすいので、挑戦してみる価値はあるでしょう。

エージェントに登録する

ここまでは自力で就職先を探す方法をご紹介して参りましたが、どうしても自分の力では難しいという方はプロを頼ってみるのもアリです。

就職を支援するエージェントに登録することで、就職先を斡旋してもらうことができます。

また、エージェントに登録すると、面談やカウンセリングを受けることができるというのもうれしいポイント。

上記でご紹介したような「やりたいこと」「得意なこと」などを、エージェントスタッフと一緒に考えることができます。

客観的な視点が入るためよりクリアになったり、自分では掘り下げられない部分まで掘り下げることができたりするので、自分の力では答えにたどり着けなかったという方には特におすすめです。

さらに、エージェントに登録することで理想と現実との乖離を防ぐこともできます。

正直、フリーターから正社員を目指すというのはかなり厳しい道のり。

それにもかかわらずフリーター自身が高い理想を持っていると、就職はより厳しくなってしまいます。

しかし、エージェントスタッフという客観的な視点でアドバイスしてくれる人がいることにより、理想と現実とのギャップの壁にぶつからずに済むのです。

もちろん、高望みすることが悪いというわけではありません。

その辺りの折り合いも、エージェントスタッフに相談すればうまくつけることができます。

ハローワークへ行く

プロに相談する別の方法としてあげられるのが、「ハローワーク」です。

各ハローワークには管轄地域があるため、エージェントよりもその土地に根付いた職業を紹介してもらえるというメリットがあります。

したがって、何らかの事情で働きたい土地や地元から離れられないという方はハローワークがおすすめです。

もちろん、相談員の方と面談やカウンセリングを行うことも可能です。

必要があれば職業訓練校などを紹介してもらえることもあります。

もしご自身で方向性を決められないという場合は、ぜひハローワークを訪ねてみてください。

方向性は見出せたが就職にまでは至らないという人も、訪ねてみる価値があります。

自分一人の力では答えにたどり着けないという場合は、ぜひこのような専門機関も利用してみてください。

まとめ

以上、フリーターとして生きて行く上でのデメリットについてご紹介いたしました。

自由自由とはいえ、意外と現実は厳しいということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

もちろん、フリーターを否定するわけではありません。

何か特別な理由があったり、本職になり得る夢を追っていたりするのであればフリーターもまた方法の一つ。

ご自身の状況に合わせて選択してみてください。

また、フリーターを辞めるという方は、ぜひ就職するために必要なことの項目を参考にしてみてください。

今は右も左も全くわからないという状況でも、きっと何かがひらけてくるはず。

「遅すぎる」なんてことはありませんから、ぜひ積極的に取り組んでみてくださいね!


関連キーワード

フリーター求人

フリーター求人についてもっと深堀りした情報を見る

フリーターの年収ってどうなの?フリーターのメリットデメリットと正社員を考えるきっかけとは?

定職につかず、アルバイトなどで収入を得るフリーター。自由度が高い一方で、やや安定感に欠けるイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回はフリーターの年収や、フリーターとして働くということはどういうことか、そのメリットやデメリットなどについてご紹介いたします。現在フリーターとして働いている方、脱サラしてフリーターになろうとしている方、この記事をきっかけにご自身の人生について考えてみてください。フリーターってオススメ?それともオススメできない?結論から言うと、どちらとも言えません。なぜなら、その人の環境によってフリーターが有益になったりそうでなかったりするからです。冒頭でも述べたように、定

フリーターが就職するためにやるべき4個の方法とは?仕事の探し方やスキルアップ方法など具体的に解説します

フリーターの中には好きでフリーターをしている人もいれば、仕方なくフリーターになった人もいます。好きでフリーターをしている人の中にも、20代前半は楽しくやっていても、後半になるに従って就職した方がいいのではないかと考えます。今回は就職を考え始めたフリーターがやるべきことと、仕事の探し方やスキルアップ方法について解説していきます。フリーターが就職したいと思うよくある理由フリーターが就職を始めよう!と思う瞬間は大きく言うとお金の問題です。アルバイトは正社員と違い将来的にお金が大きく上がることがなければ、体力がしんどくなってしまったらいつ辞めることになるかわかりません。将来的なお金の不安や、仕事がなく

フリーター歓迎のバイト求人でよくある職種やおすすめ、疑問について答えます

フリーター歓迎のバイトって実際どうなの?大変という噂を聞く仕事内容の実情と、面接の際のポイントまでお伝えします。フリーター歓迎のバイト求人にはどんな職種があるの?求人の中には大々的に『フリーター歓迎』と書かれた求人があります。フリーターが働いている割合が高く、フリーターにとって働きやすい職種があります。フリーター歓迎のバイト求人でよくある職種飲食店や居酒屋のホールスタッフ飲食店、特に居酒屋のスタッフはフリーターにおすすめです。夕方から働けて、22時以降には深夜料金として時給が上がるので稼ぎやすい仕事です。また飲食関係にはまかないがついていることがあるので、食費を浮かせることもできます。特に居酒

フリーターとは?定義とフリーターをしながら感じる課題、正社員になるための方法とは?

フリーターと聞くとあなたはどんなイメージを持っているでしょうか?アルバイトをしている人、自分で自由そうにしている人、就職先がなくて大変な人、それぞれにフリーターに対するイメージがあると思います。今回はフリーターの定義、フリーターは実際どういうことを言うのか、またフリーターをしている人たちはどんなことを考えながら、何を感じながら過ごしているのか、フリーター経験者だからこそわかることをお伝えします。フリーターとは?正規雇用ではなく派遣やアルバイトなどの非正規雇用で働いている人のことを言います。働き方も多岐に渡っているので今では色んな言葉が増えていますが、基本的には雇用者で正社員ではない人のことを指


フリーター求人に関するコラム

フリーターとして働く10つのメリットとは?

自由な生き方が推奨される現代で、注目を浴びつつあるのが「フリーター」という働き方。正社員として企業に所属することがないため自由度も高く、夢を追う人などにはもってこいとも言えるでしょう。とはいえ、本当にフリーターとして働いていいものなのかは不安がつきまとうところ。今回はフリーターとして生きていくことを考える人のために、フリーターのメリットについてご紹介いたします。そもそも、フリーターとは?フリーランスアルバイターの略称。決まった職につかず、アルバイトなどで収入を得ている人のことを指します。フリーターとして働いている人達にはどんな人が多い?一般的に「フリーター」と呼ばれる人には、どのような方が多い

40代フリーターが正社員を目指すための4つの方法、おすすめの仕事と面接時の注意点とは?

20代・30代の頃にはよかったけれど、40代になってフリーターであることに不安を感じるようになったという人もいるのではないでしょうか?できることなら正社員を目指したい!と考えてはみるけれど、新卒でなければ難しい?今からだと遅い?今からでも遅くない!20代の人とは違った就職活動の進め方を知っていれば大丈夫です。40代だからこそできる就職活動をしていきましょう。40代フリーターが正社員を目指すには、どうしたらいい?正社員ではなく、フリーターをしている理由はなんなのでしょうか。なぜフリーターになったのかということと、フリーターを続けている理由をこの際しっかり考えてみませんか?今後の就職活動をしていく

30代フリーターが正社員を目指すための5個の方法、おすすめの仕事と面接時の注意点とは?

最近は大学卒業後もフリーターとしてアルバイトで生計を立てる人も多く、正社員以外の働き方を選ぶ人が増えています。その理由としては働く時間や服装の自由がきくこと、休みを取りやすいなど様々な理由があるようです。夢を追いながら劇団員やミュージシャンとして活動しながら、足りない生活費をアルバイトで稼ぐという人もいます。20代まではそれでも良いかもしれませんが、30代になると将来のことを考えてこのままフリーターでいいのだろうか…と自問自答する人もいるでしょう。正社員として働くといろいろと制約があると考えてしまうかもしれませんが、やはりそれ相応の安定と保証があります。慣れるまでは大変かもしれませんが、社会人

一生フリーターとして生きていく!持っておきたい心構えと備えておきたい8個とのこととは?

アルバイトは社会や企業から見てもとても大きな労働力であり、必要不可欠な存在です。常に人材の募集が行われており、特に若年層の労働力は重宝されています。また、最低賃金の引上げなどから、アルバイトでもある程度のお金を稼ぐことが可能になりました。そんなアルバイトで生計を立て、正規雇用や学業に就いていない「フリーター」も多く存在しています。しかしフリーターは一過性のものであると考えている人が多く、一生フリーターとして生きていくと考えている人はあまり多くはいません。ここではフリーターのメリットとデメリット、持っておきたい心構えと備えておきたい事柄をご紹介します。一生フリーターで生きていくってどうなの?フリ

フリーターが正社員を目指すためにやるべき6個の事と、狙い目な会社や職業とは?

フリーターをしていて正社員になりたいと思った時に「フリーターでも大丈夫なのかな?」と不安になりますよね。それでもそろそろ正社員にならないといけないプレッシャーや、フリーターでいることの辛さを考えると1日も早く正社員になりたいものです。そんなあなたに、フリーターが正社員になるために心得ておきたいこと、フリーターと正社員の違いを改めてご紹介します。正社員になりやすい職種もご紹介するので、そこから狙っていきましょう。フリーターから正社員を目指す3個の理由フリーターをしていると正社員になった方がいいのかな?という不安と、それでもフリーターの方がいいのではないか?という気持ちが混じりますよね。今回はそん