20代・30代の頃にはよかったけれど、40代になってフリーターであることに不安を感じるようになったという人もいるのではないでしょうか?

できることなら正社員を目指したい!と考えてはみるけれど、新卒でなければ難しい?

今からだと遅い?

今からでも遅くない!

20代の人とは違った就職活動の進め方を知っていれば大丈夫です。

40代だからこそできる就職活動をしていきましょう。

40代フリーターが正社員を目指すには、どうしたらいい?

正社員ではなく、フリーターをしている理由はなんなのでしょうか。

なぜフリーターになったのかということと、フリーターを続けている理由をこの際しっかり考えてみませんか?

今後の就職活動をしていくにあたって、きっかけも含め、振り返りをして棚卸しをしておくことは重要です。

何ができるのか、どんなことが得意なのかといった、職務上のスキルや能力だけではなく、キャリアに対する動機や自分の選択をきちんと見つめ直してみましょう。

20代の就職活動なら、若さややる気だけを推していってもそこが評価されることもあります。

しかし40代では、やる気や熱意はそれを持っていることは当然だとしても、それだけで評価されるということはありません。

経験や能力をいかに示せるかが大事で、40代ならではの自信というものも示すことができなくてはなりません。

40代フリーターが正社員を目指すための、4つの方法とは?

40代フリーターから正社員になろうというとき、一体どのような方法で就職活動を進めていけばよいのでしょう。

実際に行うべき事柄、気をつけた方がいいこと、そして肝心な心構えなど、具体的に見ていきたいと思います。

求人を探す

当たり前のことではありますが、正社員求人を探します。

やみくもに探すのではいけません。

これまた当たり前のことですが、自分に合った求人、採用されそうな求人を探さなくてはなりません。

「自分に合った求人」「採用されそうな求人」は、どうすれば見つかるのでしょう?

そんな求人を探す道しるべになるのが、自分を知ることです。

次の項から、自分を知るための手段を述べていきます。

棚卸しをする

自分を知るために、第一にするのがキャリアの棚卸しです。

正社員としてのキャリアは浅いかもしれませんが、フリーターとして働く中で身につけてきたスキルや、職業上の経験や成果が必ずあるはずです。

それをすべてしっかりと棚卸ししてください。

どんなことに向いているのか、どんなことにやりがいを感じるのか、仕事として選択すべきなのは一体どのような職種なのか…そういったことが見えてくるはずです。

このとき、どんな些細なこともしっかりと書き出してみてください。

どんな職場で、どんな仕事をしてきたのか。

仕事の中で得たものや、努力したこと、乗り越えたこと、前向きな気持ちを持てたエピソードなどを振り返っていく中で、どんな仕事がしたいのかということや自分の得意なことがはっきりとしてきます。

ここで棚卸しした材料は、頭の中だけで考えるのではなく、紙に書いてまとめておきましょう。

すぐに見返すことができるよう、ただ書きつけるのではなく、しっかりと整理をしておきます。

動機の洗い出し

そして、なぜ正社員を目指すのかということを今一度考えてみましょう。

雇用が安定しなくて不安だから?

それだけでしょうか?

キャリアにおいて、確実な居場所がほしいという気持ちもあるかもしれません。

実際に就職活動を進めていくにあたって、自分の立ち位置や、どうなりたいのかという展望をしっかり把握しておくことはとても大事です。

もし自分が誰かを雇う立場だったらどうでしょうか?

ただなんとなく受けに来ました、という応募者を雇いますか?

きっと、自分の中になぜ?という疑問とそれに対する答えを持っていない人を雇うことはないですよね。

フリーターではなく正社員を目指す理由、どんなふうに訊かれてもはっきりと答えられる自信を持って臨みましょう。

再び、求人を探す

キャリアの棚卸し、動機の洗い出し、思った以上に時間がかかったのではないでしょうか?

働く形態がフリーターでも正社員でも、ずっと仕事をしてきたことを振り返るわけですから、どうしたって時間はかかります。

そして、ここで時間をかけておくことは悪いことではありません。

しっかり時間をかけて振り返りをしたことが、後々役に立ちます。

まず、十分振り返りをしたことで、方向性が見えてきませんか?

どんな仕事をしたいと思っているのか。

その仕事をすることで、自分がどんなものを得たいと思っているのか。

どんな形でその仕事に貢献できるのか。

具体的なイメージを持って求人を探せるようになっているはずです。

給料が良さそうだからとか、楽そうだから、家が近いから…といった理由で選んだ仕事で、採用になることは難しいですし、運良く採用されても、長く続けられるかどうかわかりません。

仕事は単に給料を得るためだけにするものではありません。

やりがいや、能力を発揮できる喜びなども、仕事をする上で無視できません。

40代フリーターが正社員を目指すのに、おすすめの仕事は?

今、どんな仕事で正社員を目指していくべきなのでしょうか?

おすすめの職種と、おすすめする理由なども一緒にご紹介します。

もちろん誰にでも、というわけではありません。

先述したとおり、キャリアや能力を振り返った上で、できそうな仕事なのか、やりたい仕事なのかということについて検討をしてみる必要があります。

営業

接客などの人と接する仕事をしてきた人におすすめなのが、営業の仕事。

営業には、何も口がうまくおしゃべり上手であることが求められているわけではありません。

それなりに経験を積んできた大人ならではの聴く力、コミュニケーション能力が活かせます。

ペラペラしゃべれることなどではなく、誠実さこそが必要とされる仕事です。

熱意だけで押すのではなく、人生経験の裏打ちがものをいうような仕事の仕方をしていきましょう。

管理

フリーターをやる中で、ヒトやモノの管理に携わるような仕事はなかったでしょうか?

例えば在庫管理。

例えばシフト管理。

こういった管理の能力は、40代の社員に求められる能力の一つといってもいいでしょう。

これまではフリーターだったとしても、正社員として管理的な業務の中で能力を発揮することは十分可能なはずです。

しっかりとこれまでのキャリアをの振り返りをしたものをよく見てみてくださいね。

管理をする業務に長けているといえる人がいるのではないでしょうか。

それを活かせる形で就職活動を進めていくことができるかもしれません。

モノを管理する仕事としては、倉庫内の管理業務など。

ヒトを管理する仕事しては、タクシーの配車業務や派遣会社のコーディネーターなどがあります。

施設管理(ビル管理)

フリーターとしてどのような仕事をしてきたか、またどの程度資格を持っているかにもよりますが、施設管理の仕事では、年齢が高いことがマイナスの評価にはならない仕事の一つです。

実務経験が必須の資格などが必要になってくることもあるため、施設管理の職種では、ある程度年齢が上の人でないとそもそも求人の条件を満たさないことがあるのです。

電気工事士や電気主任技術者の資格を持っている、あるいは受験資格があるという場合、またアルバイトとして施設管理や設備管理に関連した仕事をしてきたというような場合には狙い目かもしれません。

特に大手の管理会社であれば、育成も考えているところもあるので探してみましょう。

タクシー運転手

大手タクシー会社では一度に複数人の求人がでていることが珍しくありません。

タクシー業界そのものの景気が芳しいとはいえないのと、給与形態が歩合制だったりすることなどの理由でなかなか定着しないものと思われます。

運転歴がある程度あり、しかも事故や違反もなく運転をしてきたのであれば、それは強みになります。

また、タクシーは運転業務であるのと同時に接客業でもあるので、接客経験も立派なアピール要素になります。

2種免許の取得に関する補助がある会社もあります。

タクシー運転手の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

面接時に気を付けたい4個の注意点とは?

応募書類がしっかり書けたら、いよいよ面接ですが、果たしてその書類、大丈夫でしょうか。

応募書類は、いわば応募者の顔の代わり、実際に面接をする前に第一印象を決定づけてしまうものです。

伝えたいことを伝え、アピールがしっかりできる書類に仕上げたいですね。

正社員を目指すためにすべきこととして先述した、キャリアの棚卸しをしっかりしておけば安心です。

棚卸しをした中から、自分の能力や得意なこと、セールスポイントなど、求人の内容に合致するものを選んで書類を作成すればいいのです。

書類が完成して、選考を通ればやっと面接です。

どのようなことに気をつけて面接を受ければよいのでしょう。

服装・言葉づかい

基本中の基本です。

今更指摘されるまでもない、と思われるかもしれませんが、改めて確認しておきましょう。

服装はスーツ。

髪型も清潔感がある状態になっているか。

爪もきちんと切りそろえて清潔にしてあるか。

靴は汚れていないか。

面接は正社員として採用をお願いしに行く場ですね。

きちんとその場にふさわしい服装をすることができているかを面接官は見ています。

そして言葉づかい。

今一度面接にそぐわしい言葉づかいをチェックしてみてください。

自信と謙虚さ

一見相反する二つの要素ですが、面接には両方を満たした態度で臨みたいですね。

正社員でないとしても、仕事にしっかり取り組んできた中で培ってきたものに、自信を持ってください。

もちろん尊大な態度はいけません。

面接がうまくいって採用されたら、もしかすると自分より年下の上司や先輩に指導を仰ぐことになるかもしれません。

たとえそうなっても、謙虚に教えを請い、仕事に打ち込めるということを示さなくてはなりません。

ただし、謙虚さと卑屈さをはき違えないようにしましょう。

応募書類と面接

応募書類に書いたことを、きちんと頭に入れておきましょう。

面接官の手元にある応募書類は面接のレジュメのようなもの。

当たり前のことですが、このレジュメから大きく外れたようなアドリブは、採用に至る筋立てを大きく変えてしまう悪手といわざるを得ません。

はっきり言って不正解です。

書類選考を通過した時点で、採用に向けて、一定の評価はしてもらっているはずです。

面接官の質問は、何を訊こうとしているのかをちゃんと把握して、応募書類に書いたことをより丁寧にわかりやすく伝えるようにしましょう。

面接は双方から

応募者はチェックされ、選ばれる立場であると同時に、こちらからも会社をチェックし選ぶ立場でもあります。

仕事の内容はちゃんと自分に合っているか、働きやすい環境か、長く勤められそうか、面接の時によく確認しておきましょう。

疑問に思うことを解消しないまま採用になれば、「思っていたのと違う」「こんなハズではなかった」…となってしまうことも。

直接確認できそうなら、質問をしてみるのもいいでしょう。

また、面接官だけではなく、その職場で働く他の社員を目にすることがあるかもしれません。

社員の様子や、会社そのものをぜひ観察してみてください。

その会社で働きたい雰囲気かどうか、なんとなくでも感じられるのではないでしょうか。

まとめ

40代フリーターになった理由はなんでしょうか。

バブル時代は正社員にこだわらなくても仕事も多く、賃金もよかったので先行きに気を配ることなくフリーターを選んだという人もいるでしょうか。

社会に出ようかというときに就職氷河期にあたってしまった世代では、正社員になりたくともなれず、とりあえずフリーターの道に進んだという人も少なくありません。

特に理由はなく、やりたいことがないから、とか、逆に仕事以外にやりたいことがあったから正社員にはならずフリーターになったという人もいるかもしれません。

きっかけはどうあれ、フリーターとして40代を迎えて、そして正社員を目指そうとしているということが一番大事な現実です。

日本では新卒か、せめて第二新卒でないと、あるいはよほどのキャリアや資格を持っていないと正社員として雇用されるのがなかなか難しいという状況が続いています。

ところが、今ここへ来て有効求人倍率が上昇し、正社員でも1倍を上回っている状態になっています。

つまり人手不足ということです。

これは、少なくとも座る椅子がある、ということです。

椅子の選び方を間違えず、椅子に座るための方法を間違えなければ、十分に正社員として雇用されるチャンスがあるということに他なりません。

フリーターとして働いてきたことをしっかりと棚卸しして自分自身を知り、自分に合った会社で正社員としてのスタートを新たに切れるようにしたいものですね。


関連キーワード

フリーター求人

フリーター求人についてもっと深堀りした情報を見る

フリーターの年収ってどうなの?フリーターのメリットデメリットと正社員を考えるきっかけとは?

定職につかず、アルバイトなどで収入を得るフリーター。自由度が高い一方で、やや安定感に欠けるイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回はフリーターの年収や、フリーターとして働くということはどういうことか、そのメリットやデメリットなどについてご紹介いたします。現在フリーターとして働いている方、脱サラしてフリーターになろうとしている方、この記事をきっかけにご自身の人生について考えてみてください。フリーターってオススメ?それともオススメできない?結論から言うと、どちらとも言えません。なぜなら、その人の環境によってフリーターが有益になったりそうでなかったりするからです。冒頭でも述べたように、定

フリーターが就職するためにやるべき4個の方法とは?仕事の探し方やスキルアップ方法など具体的に解説します

フリーターの中には好きでフリーターをしている人もいれば、仕方なくフリーターになった人もいます。好きでフリーターをしている人の中にも、20代前半は楽しくやっていても、後半になるに従って就職した方がいいのではないかと考えます。今回は就職を考え始めたフリーターがやるべきことと、仕事の探し方やスキルアップ方法について解説していきます。フリーターが就職したいと思うよくある理由フリーターが就職を始めよう!と思う瞬間は大きく言うとお金の問題です。アルバイトは正社員と違い将来的にお金が大きく上がることがなければ、体力がしんどくなってしまったらいつ辞めることになるかわかりません。将来的なお金の不安や、仕事がなく

フリーター歓迎のバイト求人でよくある職種やおすすめ、疑問について答えます

フリーター歓迎のバイトって実際どうなの?大変という噂を聞く仕事内容の実情と、面接の際のポイントまでお伝えします。フリーター歓迎のバイト求人にはどんな職種があるの?求人の中には大々的に『フリーター歓迎』と書かれた求人があります。フリーターが働いている割合が高く、フリーターにとって働きやすい職種があります。フリーター歓迎のバイト求人でよくある職種飲食店や居酒屋のホールスタッフ飲食店、特に居酒屋のスタッフはフリーターにおすすめです。夕方から働けて、22時以降には深夜料金として時給が上がるので稼ぎやすい仕事です。また飲食関係にはまかないがついていることがあるので、食費を浮かせることもできます。特に居酒

フリーターとは?定義とフリーターをしながら感じる課題、正社員になるための方法とは?

フリーターと聞くとあなたはどんなイメージを持っているでしょうか?アルバイトをしている人、自分で自由そうにしている人、就職先がなくて大変な人、それぞれにフリーターに対するイメージがあると思います。今回はフリーターの定義、フリーターは実際どういうことを言うのか、またフリーターをしている人たちはどんなことを考えながら、何を感じながら過ごしているのか、フリーター経験者だからこそわかることをお伝えします。フリーターとは?正規雇用ではなく派遣やアルバイトなどの非正規雇用で働いている人のことを言います。働き方も多岐に渡っているので今では色んな言葉が増えていますが、基本的には雇用者で正社員ではない人のことを指


フリーター求人に関するコラム

フリーターで辛い7つのことと仕事に就くためにやるべき6つのこと

自由なイメージが強く、魅力的に映ることが多いフリーター。時間も自由、働き方も自由、就職や転職も自由、責任の重い仕事も任されない…なんだか夢のような話に聞こえますよね。しかし、自由だからこそ辛いこともたくさんあります。今回はフリーターを希望する方のために、フリーターとして働く上で辛いことについてご紹介いたします。本当にフリーターになってもいいのか、もしくはフリーターのままでもいいのかぜひ考えるきっかけにしてみてください。また、その上でフリーターを辞めることを決めた方のために、就職するために必要なステップについてもご紹介。じっくりと自分と向き合ってみてください。フリーターで辛い7つのこと一見なんの

フリーターとして働く10つのメリットとは?

自由な生き方が推奨される現代で、注目を浴びつつあるのが「フリーター」という働き方。正社員として企業に所属することがないため自由度も高く、夢を追う人などにはもってこいとも言えるでしょう。とはいえ、本当にフリーターとして働いていいものなのかは不安がつきまとうところ。今回はフリーターとして生きていくことを考える人のために、フリーターのメリットについてご紹介いたします。そもそも、フリーターとは?フリーランスアルバイターの略称。決まった職につかず、アルバイトなどで収入を得ている人のことを指します。フリーターとして働いている人達にはどんな人が多い?一般的に「フリーター」と呼ばれる人には、どのような方が多い

30代フリーターが正社員を目指すための5個の方法、おすすめの仕事と面接時の注意点とは?

最近は大学卒業後もフリーターとしてアルバイトで生計を立てる人も多く、正社員以外の働き方を選ぶ人が増えています。その理由としては働く時間や服装の自由がきくこと、休みを取りやすいなど様々な理由があるようです。夢を追いながら劇団員やミュージシャンとして活動しながら、足りない生活費をアルバイトで稼ぐという人もいます。20代まではそれでも良いかもしれませんが、30代になると将来のことを考えてこのままフリーターでいいのだろうか…と自問自答する人もいるでしょう。正社員として働くといろいろと制約があると考えてしまうかもしれませんが、やはりそれ相応の安定と保証があります。慣れるまでは大変かもしれませんが、社会人

一生フリーターとして生きていく!持っておきたい心構えと備えておきたい8個とのこととは?

アルバイトは社会や企業から見てもとても大きな労働力であり、必要不可欠な存在です。常に人材の募集が行われており、特に若年層の労働力は重宝されています。また、最低賃金の引上げなどから、アルバイトでもある程度のお金を稼ぐことが可能になりました。そんなアルバイトで生計を立て、正規雇用や学業に就いていない「フリーター」も多く存在しています。しかしフリーターは一過性のものであると考えている人が多く、一生フリーターとして生きていくと考えている人はあまり多くはいません。ここではフリーターのメリットとデメリット、持っておきたい心構えと備えておきたい事柄をご紹介します。一生フリーターで生きていくってどうなの?フリ

フリーターが正社員を目指すためにやるべき6個の事と、狙い目な会社や職業とは?

フリーターをしていて正社員になりたいと思った時に「フリーターでも大丈夫なのかな?」と不安になりますよね。それでもそろそろ正社員にならないといけないプレッシャーや、フリーターでいることの辛さを考えると1日も早く正社員になりたいものです。そんなあなたに、フリーターが正社員になるために心得ておきたいこと、フリーターと正社員の違いを改めてご紹介します。正社員になりやすい職種もご紹介するので、そこから狙っていきましょう。フリーターから正社員を目指す3個の理由フリーターをしていると正社員になった方がいいのかな?という不安と、それでもフリーターの方がいいのではないか?という気持ちが混じりますよね。今回はそん