アルバイトは社会や企業から見てもとても大きな労働力であり、必要不可欠な存在です。

常に人材の募集が行われており、特に若年層の労働力は重宝されています。

また、最低賃金の引上げなどから、アルバイトでもある程度のお金を稼ぐことが可能になりました。

そんなアルバイトで生計を立て、正規雇用や学業に就いていない「フリーター」も多く存在しています。

しかしフリーターは一過性のものであると考えている人が多く、一生フリーターとして生きていくと考えている人はあまり多くはいません。

ここではフリーターのメリットとデメリット、持っておきたい心構えと備えておきたい事柄をご紹介します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「フリーター」の仕事例をチェック

一生フリーターで生きていくってどうなの?

フリーターは世の中には沢山いますが、一生フリーターとして生きていくと決意している人はほとんどいません。

それはフリーターは一過性のものであり、確固たるライフスタイルを確立するのが現実的ではないと考えている人が多いからです。

では、実際に一生フリーターで生きていくとどんな事があるのでしょうか。

またフリーターの待遇はどうなのでしょうか。

メリットデメリットがある

一生フリーターとして生きていく場合、メリットとデメリットがあります。

また、人それぞれ違ったライフスタイルがあるので、自分にあった働き方なのか、自分の人生プランや将来設計に沿った選択なのかをしっかりと見極める必要があります。

若いうちは周りにもフリーターがいる

高校や大学を卒業した直後や卒業してから数年の内は周りの友達にもフリーターをしている人は多くいます。

その安心感からただ何となくダラダラとフリーターを続けてしまう人もいますが、歳を重ねる毎に段々と周りからフリーターをしている人が減っていきます。

なぜフリーターは減っていくのか

では、なぜ段々と周りからフリーターが減っていってしまうのでしょうか。

それはフリーターをしている人それぞれに違った背景を持ち合わせているからです。

新卒時に就職に失敗し、卒業してからも就職活動をしている人、バンドや役者など夢を追っている人、フリーランスや起業を目指して独学で勉強をしている人など、表向きは同じフリーターでも現状に満足している人や、フリーターを終着点として捉えている人が少ないからです。

ただ何となくフリーターを選択してしまっている人は、周りのフリーターをしている人の「質」を考えないと後々、大きな差が生まれてしまいます。

フリーターの待遇

飲食店やサービス業などその規模が大きければ大きいほどにアルバイトの存在は必要不可欠なものとなります。

常に人手が募集されており、多くのシフトを埋められる人ほど重宝されています。

また、より多くの人手を確保するために面接の簡略化、シフトの融通の効き易さ、賃金の向上など、様々な恩恵を受ける事が出来ます。

ずっとフリーターでいることのメリットは?

正社員で働いているとなかなか得づらいフリーターのメリットについてご紹介します。

フリーターには魅力的なメリットがいくつもあります。

また魅力的なメリットが多い事から、なかなかフリーターから抜け出せずに漠然と歳を重ねてしまっている人がいるのも事実です。

休みの融通が利く

シフト制のアルバイトに就いていると休みや勤務時間の融通が効き易いというメリットがあります。

スケジュールの管理を上手くこなす事が出来れば、趣味や遊びに時間を費やす事が出来ます。

自分の働きやすい時間の中で働く事が出来るのはフリーターの大きなメリットです。

正社員に比べて責任が重くない

アルバイトも賃金をもらっている以上、社会的な責任は当然ありますが、正社員と比べるとやはり責任の重さは違います。

責任が重くないという事はストレスが比較的少ないと考えて間違いありません。

社員からの評価によってシフトに入れる時間が多くなったり、少なくなったりする場合はありますが、時給制でアルバイトをしていれば売り上げに関わらずに給与が支払われます。

正規雇用の社員はアルバイトの人間を扱うのも仕事のひとつです、アルバイトの仕事の責任は社員が請け負う仕組みになっています。

この仕組みからも正社員に比べてアルバイト(フリーター)の責任は比較的少ない事が分かります。

副業がしやすい

正社員でも副業をする事が推し進められていますが、副業を認めていない団体や会社も多く存在しています。

しかし、アルバイトなら副業や掛け持ちをするのが容易です。

そのため、アルバイトとして様々な職業を経験する事が出来ます。

また、夢に向かって活動をしている人にとってはこれは大きなメリットです。

若いうちは募集が多い

アルバイト募集の情報は店頭、フリーペーパー、ネットなどに多く溢れており、目にしない日は無いほどです。

また、時間の融通の効くフリーターは重宝される傾向にあります。

そのため選択肢が豊富にあり、多くの求人を比較したりしながら選択をする事が出来ます。

やってみたい職業、興味のある職種など様々な仕事を比較的気楽に経験する事が出来ます。

退職がしやすい

正社員に比べてアルバイトは退職がしやすいという特徴があります。

このメリットにより興味のある職種や地域でアルバイトを多く経験する事が出来ます。

しかし逆に言ってしまえばアルバイトがこなしている仕事の多くは代替の効くものが多いという事でもあります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ずっとフリーターでいることのデメリットは?

魅力的なメリットが数多くある一方でフリーターが敬遠されるデメリットについてご紹介します。

フリーターとして生きていくならデメリットをしっかりと理解しておかなければなりません。

働き口が減っていく

10代、20代の内はアルバイトでも働き口はいくらでもあります。

しかし35歳を過ぎた頃から正社員はもちろん、アルバイトでも働き口が減っていきます。

そしてそれ以降年齢を重ねる毎に働き口は常に減っていきます。

病気や事故で働けなくなると収入がなくなる

時給制、日給制でアルバイトをしていると、万が一の事故や怪我の際に収入が無くなってしまいます。

一生フリーターとして生きていくという事はこの不安を常に抱えて備えをしたりしながら生活をしなければなりません。

病気や怪我はいつ起こるか分からない上に、収入にまで影響を及ぼしてしまいます。

世間の目が冷たい

フリーターは雇用の不安定さや収入の不安定さから、やはり社会的信用が低いと考えられています。

そのためクレジットカードを作る際や、家や車を買う際に銀行などからお金を借りるのが困難な事があります。

また、社会的信用性の低さから結婚をするのも難しい場合があります。

親戚の集まりや同窓会の際には周りから「フリーター」である事を咎められたりして肩身の狭い想いをする事もあります。

正社員と比べて賃金に差が出る

アルバイトには働いた分だけの給与が支払われますが余剰分の還元、つまりボーナスなどもありません。

20代の内は正社員で働いていたとしても時給で換算をするとアルバイトよりも収入が少ないという場合も多々ありますが、その後の出世や昇給により給与は右肩上がりになります。

その結果、フリーターと正社員では生涯賃金に大きな差が生まれてしまいます。

今の事だけを考えてしまい、将来を蔑ろにしてしまうと、後々収入に億単位の差がある場合があります。

収入は安定しない

当然ですが時給制で働いているとシフトに入らなければ収入を得る事が出来ません。

会社の経営の状況により人員の削減などの処置が施されるとシフトに入りづらくなります。

またシフトは若い人材を中心に組まれる事が多い傾向にあり、歳を重ねる毎に収入は安定しなくなってしまうデメリットがあります。

持っておきたい心構えと備えておきたい8個のこととは?

フリーターで生きていくデメリットを理解した上で心構えと備えておきたい事柄についてご紹介します。

不安定なフリーターとして生きていくなら最低限の備えが必要です。

万が一の病気や事故に備える

万が一の病気や怪我に備えて貯金やスキルを身に付けておかなければなりません。

病気になり、アルバイトが出来なくなってしまった際に生活をするための貯金や、怪我をしてアルバイトが出来なくなってしまっても在宅ワークをして収入を得るスキルを身に付けておかなければなりません。

同年代と差が生まれてくる

20代の内は正社員よりもフリーターの方が収入が多い場合があります。

しかし、30代でその差は無くなり、40代では正社員で働いている方が収入が高くなる傾向にあります。

同年代の友人と大きな差が生まれてしまうとやはり関係は保ちづらくなり段々と疎遠になってしまう場合が多くあります。

年齢を重ねる毎に正社員になるのは難しくなる

若いうちは多くあった求人も歳を重ねる毎に少なくなっていきます。

それは正社員もアルバイトも同様です。

30代、40代になり、正規雇用を目指す場合、就職に大変な苦労を要する場合が多々あります。

また、アルバイトでも若い人材が重宝されシフトに入りづらくなったり、そもそも雇ってもらえない場合があります。

そういう事態に陥った場合の事も事前に考えて対処しておかなければなりません。

正社員を目指すなら、こちらの記事を参考に!

なぜフリーターとして生きるのかを考える

フリーターには正社員では得る事の出来ない大きなメリットがある事も事実ではありますが、その代償であるデメリットも計り知れないものがあります。

仕事は人生においてとても大きな要素のひとつです。

その重要な選択をなんとなくや、楽そうだからという理由だけで決めてしまうのはリスクが高い事です。

なぜ、フリーターとして生きていくのかをしっかりと考えておかなければなりません。

具体的な人生プランを組み立てる

フリーターは不安定な収入により人生プランを立てるのは難しい事ではありますが、人生の目標を定めておく事は非常に大事な事です。

それにより、今自分がすべき事や万が一に備えた貯蓄などの財産形成についても考える事が出来ます。

「休みが取りやすくて楽だから何とかなる」は人生プランではありません。

一生、その日暮らしを続けるのは不可能です。

具体的な人生プランをいくつか紙に書き出してみる事をおすすめします。

人生においての優先順位は常に変わる事を理解する

優先順位や価値観は常に変わり続けるという事を理解しなければなりません。

友達が一番大事、自由が一番大事、自分の幸せが大事など、人それぞれに優先順位や価値観は違います。

しかし、確固たる信念があったとしても置かれた環境や体験により、その順位はいとも簡単に変わっていく事があります。

その事を理解して常に準備をしていないと、いざとなった時に不足しているものだらけになってしまいます。

産休育休の制度を利用するのが難しい

あまり周知されていないのが現状ではありますが、いくつかの条件をクリアーしていればフリーターでも産休などの制度を利用する事が出来ます。

しかし、その雇用状態の不安定さや理解の低さから、現実問題これらの制度を利用するのは難しいと言えます。

税金や保険、制度などに関しては会社にある程度は任せる事が出来る正社員よりも知識を蓄えておかなければなりません。

一発逆転を狙うのは人生プランではない

起業に備えて知識と経験を積み、人脈を拡げたり仲間を集めている最中の「一過性のフリーター」と「とりあえず何とかなる、成るように成る」と考えているフリーターではその質が違うのは明らかです。

また、いつか宝くじで大金を手にして悠々自適に生活をするというのは人生プランではありません。

あくまで現実的、実現可能な範囲で立てるのが人生プランです。

5年後の生活はおろか、1年後の生活すらも全く想像が出来ないのはあまりにも無謀であり、ただのギャンブルです。

まとめ

一生フリーターとして生きていくのは難しく、厳しい事がいくつもあります。

しかし、そこにフリーターとして生きていく明確な理由があり、万が一の事態に遭遇した場合の知識と貯蓄があれば不可能な事ではありません。

また、理解しておかなければいけないのはフリーターにとっても最も大きな武器は「若さ」であるという事です。

フリーターで培った経験よりも「若さ」が優先される傾向にあります。

長い人生、人生プランや目標を今一度見つめ直して自分のライフスタイルを確立させるために、かけがえなのないスキルを身に付ける事も重要な事ではありますが、反対に正社員のメリットデメリットも調べてみる事をおすすめします。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

フリーター求人

フリーター求人についてもっと深堀りした情報を見る

フリーターで辛い7つのことと仕事に就くためにやるべき6つのこと

自由なイメージが強く、魅力的に映ることが多いフリーター。時間も自由、働き方も自由、就職や転職も自由、責任の重い仕事も任されない…なんだか夢のような話に聞こえますよね。しかし、自由だからこそ辛いこともたくさんあります。今回はフリーターを希望する方のために、フリーターとして働く上で辛いことについてご紹介いたします。本当にフリーターになってもいいのか、もしくはフリーターのままでもいいのかぜひ考えるきっかけにしてみてください。また、その上でフリーターを辞めることを決めた方のために、就職するために必要なステップについてもご紹介。じっくりと自分と向き合ってみてください。フリーターで辛い7つのこと一見なんの

フリーターとして働く10つのメリットとは?

自由な生き方が推奨される現代で、注目を浴びつつあるのが「フリーター」という働き方。正社員として企業に所属することがないため自由度も高く、夢を追う人などにはもってこいとも言えるでしょう。とはいえ、本当にフリーターとして働いていいものなのかは不安がつきまとうところ。今回はフリーターとして生きていくことを考える人のために、フリーターのメリットについてご紹介いたします。そもそも、フリーターとは?フリーランスアルバイターの略称。決まった職につかず、アルバイトなどで収入を得ている人のことを指します。フリーターとして働いている人達にはどんな人が多い?一般的に「フリーター」と呼ばれる人には、どのような方が多い

40代フリーターが正社員を目指すための4つの方法、おすすめの仕事と面接時の注意点とは?

20代・30代の頃にはよかったけれど、40代になってフリーターであることに不安を感じるようになったという人もいるのではないでしょうか?できることなら正社員を目指したい!と考えてはみるけれど、新卒でなければ難しい?今からだと遅い?今からでも遅くない!20代の人とは違った就職活動の進め方を知っていれば大丈夫です。40代だからこそできる就職活動をしていきましょう。40代フリーターが正社員を目指すには、どうしたらいい?正社員ではなく、フリーターをしている理由はなんなのでしょうか。なぜフリーターになったのかということと、フリーターを続けている理由をこの際しっかり考えてみませんか?今後の就職活動をしていく

30代フリーターが正社員を目指すための5個の方法、おすすめの仕事と面接時の注意点とは?

最近は大学卒業後もフリーターとしてアルバイトで生計を立てる人も多く、正社員以外の働き方を選ぶ人が増えています。その理由としては働く時間や服装の自由がきくこと、休みを取りやすいなど様々な理由があるようです。夢を追いながら劇団員やミュージシャンとして活動しながら、足りない生活費をアルバイトで稼ぐという人もいます。20代まではそれでも良いかもしれませんが、30代になると将来のことを考えてこのままフリーターでいいのだろうか…と自問自答する人もいるでしょう。正社員として働くといろいろと制約があると考えてしまうかもしれませんが、やはりそれ相応の安定と保証があります。慣れるまでは大変かもしれませんが、社会人

フリーターの年収ってどうなの?フリーターのメリットデメリットと正社員を考えるきっかけとは?

定職につかず、アルバイトなどで収入を得るフリーター。自由度が高い一方で、やや安定感に欠けるイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回はフリーターの年収や、フリーターとして働くということはどういうことか、そのメリットやデメリットなどについてご紹介いたします。現在フリーターとして働いている方、脱サラしてフリーターになろうとしている方、この記事をきっかけにご自身の人生について考えてみてください。フリーターってオススメ?それともオススメできない?結論から言うと、どちらとも言えません。なぜなら、その人の環境によってフリーターが有益になったりそうでなかったりするからです。冒頭でも述べたように、定

フリーターが正社員を目指すためにやるべき6個の事と、狙い目な会社や職業とは?

フリーターをしていて正社員になりたいと思った時に「フリーターでも大丈夫なのかな?」と不安になりますよね。それでもそろそろ正社員にならないといけないプレッシャーや、フリーターでいることの辛さを考えると1日も早く正社員になりたいものです。そんなあなたに、フリーターが正社員になるために心得ておきたいこと、フリーターと正社員の違いを改めてご紹介します。正社員になりやすい職種もご紹介するので、そこから狙っていきましょう。フリーターから正社員を目指す3個の理由フリーターをしていると正社員になった方がいいのかな?という不安と、それでもフリーターの方がいいのではないか?という気持ちが混じりますよね。今回はそん

フリーターは将来どうなる?不安な6個のことと、そのために今から対策しておくべきこととは?

フリーターをしていると周りの目が気になり、このままでもいいのかと考えてしまいがちです。フリーターをこのまま続けていてもいいのか?不安な毎日を過ごしながらも、でもフリーターを脱するのもちょっとと思いながら迷ってしまいます。今回はフリーターは将来はどうなるのか?また他のフリーターの方々はどのような不安を抱えているのか?今回はそのための対策も同時に紹介します。フリーターは将来どうなる?フリーターになると20代の時は自由に自分の休む時を決められて、稼ぎたい分だけ夜勤に入ったり掛け持ちをしたりとどんどん稼ぐことができます。しかしそのような働き方も30代に近づくほどにしんどくなっていきます。体力的にしんど

フリーターが就職するためにやるべき4個の方法とは?仕事の探し方やスキルアップ方法など具体的に解説します

フリーターの中には好きでフリーターをしている人もいれば、仕方なくフリーターになった人もいます。好きでフリーターをしている人の中にも、20代前半は楽しくやっていても、後半になるに従って就職した方がいいのではないかと考えます。今回は就職を考え始めたフリーターがやるべきことと、仕事の探し方やスキルアップ方法について解説していきます。フリーターが就職したいと思うよくある理由フリーターが就職を始めよう!と思う瞬間は大きく言うとお金の問題です。アルバイトは正社員と違い将来的にお金が大きく上がることがなければ、体力がしんどくなってしまったらいつ辞めることになるかわかりません。将来的なお金の不安や、仕事がなく

フリーターのバイトにおすすめ!なるべく楽で稼げるバイト12選

フリーターのバイトでおすすめな職業って何だと思いますか?どうせなら長時間で低時給ではなく、なるべく楽なバイトをフリーターの皆さんはお探しですよね?今回はそんなフリーターの稼げるバイトについて気になる情報を大公開しちゃいたいと思います。なんとフリーターで稼げる仕事の職種やその理由を詳しく解説させていただきますので、仕事探し中の方は必見ですよ!フリーターのバイトで楽な職種とその理由フリーターが選ぶバイトの中で、楽に稼げる職種があります。どんな職種があるのか、楽な理由も合わせて紹介していきます。ゲームセンターゲームセンターの仕事内容はメダルの補充を行ったり、UFOキャッチャーの中身の配置を行ったり、

フリーター歓迎のバイト求人でよくある職種やおすすめ、疑問について答えます

フリーター歓迎のバイトって実際の所どうなの?大変といわれる噂の業務内容の実情を知っておきたいですよね。ここでは、フリーター歓迎のバイトのさまざまな職種や、その中でもおすすめなバイトまでしっかりご紹介していきたいと思います。また、面接の際のポイントも解説していきますので、これからバリバリ働いてお金を稼ぎたいなんて方にはおすすめな情報満載です。さまざまな経験を積めるのはフリーターの特権なので、自分に合うバイトを見つけてみましょう。フリーター歓迎のバイト求人にはどんな職種があるの?求人の中には大々的に『フリーター歓迎』と書かれた求人があります。フリーターが働いている割合が高く、フリーターにとって働き

フリーターで良かったと思った5個のこと

フリーターといえば悪いイメージがついているかと思います。今ではフリーターの人もたくさんいますが、それでもやっぱり正社員がいい、就職しないといけないと言われています。確かにフリーターにもデメリットはあります。しかしそれ以上にフリーターにしか味わえないいいこともたくさんあります。今回はフリーターだからこそ経験できたことをご紹介していきます。フリーターをやってて良かったこと正規雇用に就いた方がいい。フリーターは稼ぎも悪いしダメだと言われますよね。でも、実はフリーターならではの良いところはたくさんあります。私が実際にフリーターをやっていてよかったことをご紹介していきます。自分の都合で労働時間を調整でき

コンビニはフリーターでも働ける?おすすめな理由と働いてみた感想

コンビニでの仕事は、フリーターだからこそおすすめできるポイントが沢山あります。コンビニのバイトは確かに給料が安いので、フリーターとして働いていると自分一人の力で食べられる程には稼げないこともあります。だからこそ、コンビニの仕事はそれ一つだけではなく、Wワークとしてプラス一つ稼ぎ口を増やすものとして使うことができます。フリーターだからこそ感じることのできる、コンビニのおすすめポイントをお伝えします。コンビニバイトこそフリーターにおすすめです!フリーターは、どのバイトもできるのが一番のメリットです。だからこそ、どのバイトにしようか迷ってしまいます。その中でも、コンビニはフリーターにオススメのバイト

フリーターの仕事探しで注意したほうが良い4個のこと

フリーターから正社員になるには大きな壁がたくさんあります。やはりいくら20代で若くても新卒の人が採用されやすいからです。そのためフリーターの方が仕事を探す上では注意するべきところがたくさんあります。注意点をしっかり把握して、自分が望む仕事を手に入れましょう。フリーターの仕事探しで注意したほうが良い4個のこと「未経験歓迎」の求人から応募してみる正社員の転職や新卒よりもフリになるのがフリーターです。中途採用は即戦力を求めている企業が多いので、フリーターの経験では採用される確率が減ります。その中でも応募しやすいのが未経験歓迎の求人です。未経験歓迎の場合はしっかりと研修できる制度が整っていたり、スキル

フリーター人気バイトの職種8選

今回はフリーターに人気なバイトをご紹介していきます。フリーターだとバイトがなんでもできる気がして、何をすればいいのか選ぶのが大変です。私も実際色んな職種の求人を見ては中々決められないことがありました。今回はそんな中から人気のバイトと、これから注目を集めるバイトをご紹介していきます。フリーターで人気な職種や業界とその理由フリーターに人気な職種はたくさんあります。どのバイトしようかな?と迷ったら人気バイトから選んでみるのも一つですよ。塾講師塾講師のバイトは個別または集団型の塾で生徒に教えるのが仕事です。集団型の場合は授業形式で行うために難しく、個別塾を選ぶ人が多いです。人気な理由しっかりとした指導

フリーターとは?定義とフリーターをしながら感じる課題、正社員になるための方法とは?

フリーターと聞くとあなたはどんなイメージを持っているでしょうか?アルバイトをしている人、自分で自由そうにしている人、就職先がなくて大変な人、それぞれにフリーターに対するイメージがあると思います。今回はフリーターの定義、フリーターは実際どういうことを言うのか、またフリーターをしている人たちはどんなことを考えながら、何を感じながら過ごしているのか、フリーター経験者だからこそわかることをお伝えします。フリーターとは?正規雇用ではなく派遣やアルバイトなどの非正規雇用で働いている人のことを言います。働き方も多岐に渡っているので今では色んな言葉が増えていますが、基本的には雇用者で正社員ではない人のことを指