コンビニはフリーターだからこそおすすめできるポイントがたくさんあります。

コンビニのバイトは確かに安いので、フリーターでやっているのに食べられるほどに稼げないこともあります。

だからこそコンビニはそれ一つだけではなくWワークとしてプラス一つ稼ぎ口を増やすものとして使うことができます。

フリーターだからこそ感じられるコンビニのおすすめポイントをお伝えします。

コンビニバイトこそフリーターにおすすめです!

フリーターはどのバイトもできるのが一番のメリットです。

だからこそどのバイトにしようか迷ってしまいます。

その中でもコンビニはフリーターなら絶対にやっておくべきです。

コンビニほど働きやすいものはありません。

24時間営業だからシフトが組みやすい

フリーターの人の一番のメリットとしては、アルバイトを掛け持ちできることです。

しかし掛け持ちをする時はかぶらないように時間を合わせるのって結構大変です。

毎週この曜日は休みにしてもらうようにしたり、時間をぎゅうぎゅうに働かないといけなくなります。

しかしコンビニだと24時間なので、例えば早朝からお昼までコンビニで働いて、夜から居酒屋で働くこともできます。

Wワークをしやすいのは一番のメリットです。

夜勤がある

コンビニのアルバイトは平均すると時給が安く、昼間働くと最初は最低賃金のお給料しかもらえません。

それが夜勤になると時給に15%プラスされるので、日中フルで入るよりも効率的に稼ぐことができます。

しかも夜勤はお客さんの数が少ないので、接客がそんなに得意じゃない人にとっては嬉しいです。

夜勤で働いて、昼から夜までの仕事を週3回だけもう一つやるなどすれば効率よくお金を稼ぐことができます。

友達との都合を合わせやすい

コンビニって忙しそうで、サービス業だから土日も休めないのではないかと思いがちです。

しかしフリーターだとコンビニで働くのは夜勤は夜勤がメインですが、基本的には平日がメインになります。

平日の夕方までは学生が入れず、主婦かフリーターしか働けないからです。

主婦の人は入れる日数も限られるため、フリーターが平日の朝から夕方までをメインで入ることが多いです。

そのため夜からの予定や、土日の予定を空けやすいのでサービス業をしているのに友達と予定が合います。

フリーターで働くと正社員で土日休みで働いている人や、学生の友達と休みが合いにくいので、これはコンビニだけの特権です。

コンビニバイトで身についたこんなスキル

コンビニはアルバイトデビューとして人気なように身につくものがたくさんあります。

何といっても接客力

仕事の8割はお客さんと接する仕事です。

レジをしている時は勿論、他の作業をしている時もお客さんから声をかけられます。

レジでは特に、コンビニはたくさんありますから、いかにここのコンビニに来たいと感じてもらえるかが大事です。

笑顔で「ありがとうございました」と言ってくれる店員と、適当にとりあえず仕事だからと言っている人とでは前者の方がお客さんが来たくなります。

お客さんにまた来てもらうために丁寧な接客が求められます。

また、お客さんが困っている時に丁寧に優しく対応するだけでも、お客さんに気持ちよく帰ってもらえます。

コンビニはただレジを打っているだけでいいと思いがちですが、実はお客さんに喜んでもらえる丁寧な接客の基本が身につけられます。

物事を効率的にこなす段取り力

お客さんとして来ていると、コンビニの店員はレジ以外何をしているか見えないものです。

コンビニには裏方の仕事や、品出し、揚げ物の調理など業務内容は多岐に渡ります。

忙しいお店や、忙しい時間帯には同時にたくさんの仕事をこなす必要があります。

最初は勿論中々上手くできませんが、何回も繰り返しているうちにどのやり方が効率的かが経験で身についていきます。

自然と2,3個の業務を同時に行えるようになります。

経験者が教えます!実際に働いてみた感想

コンビニって大変という人と、コンビニって楽しいって人がいますよね。

勿論感じ方はそれぞれなのでどちらも正解です。

私はコンビニで働いてたくさんの経験ができました。

大変でしたが楽しかったですし、嬉しいこともたくさんありました。

お客さんに恵まれます

コンビニで働いていて一番良かったことは優しい常連のお客さんに出会えることです。

何回も来ているとそのうちに話しかけてくれるお客さんが出てきます。

「今日もまた入ってるの、がんばってね」と声をかけてくれたり、ちょっとした世間話をしてくれることもあります。

何より嬉しかったのは、「いつも頑張ってるね」と言って購入したコーヒーをそのまま頂いたことです。

常連さんに親しんでもらえるのはコンビニバイトの特権です。

一番お客さんと触れ合っていることを感じました。

変なお客さんへの免疫がつきます

お客さんに恵まれると同時に、やはり変なお客さんもたくさんいます。

酔っ払っている人や、そもそもクレーマーのように何もしていないのに声を荒げる人や、神経質な人など絡んでくる人はたくさんいました。

最初は酔っ払いに絡まれることはすごい怖かったです。

お客さんだから怒るわけにも無視するわけにもいかないので、仕方なく対応していました。

でも働き続けると結構な頻度で来るんですよね。

そうなると段々と「また来たか」と思えるようになりました。

そうなってくると、どう対応したら波風立てずにすぐに帰ってくれるかが段々わかってきます。

これは本当にコンビニで働いていてよかったです。

嬉しいことではないですが、事務のバイトなどをしていたら経験できなかったことなので、経験しておくことで仕事でもプライベートでもいかせます。

割りと自由に働けます

フリーターとしてメインで働き始めると最初は「今この仕事していいのかな?」、「ここ気になるけどやっていいのかな?」と思っていました。

しかし働いていくとルーティンワークがわかってくるので、やること終わったからこれしよう。

と自分で仕事を決めたり、ちょっとここ手をつけますね。

と自由にできるようになります。

勿論これは店の方針によって違うかもしれませんが、私は結構放っておくとすぐ汚くなるので掃除をしたり、自分が発注をしている棚を随時売れ残った商品を買ってもらいやすくするために動かしていました。

私が働いていたところは忙しい時間帯は忙しいですが、それ以外はのんびりと働けるところでした。

なのでもう長年働いている人は自分で仕事を見つけて行っていました。

自由に働けますし、仕事を見つける能力もついて今思えばかなり良い働き方ができていました。

まとめ

コンビニはシフトも自由に決められ、Wワークとしても最適です。

またコンビニで働くことで得られるスキルや経験は大きいので、時給で考えると夜勤以外は安くなってしまいますがおすすめのバイトです。

まずはWワークの一つとして今働いているバイトをしながら数時間だけでも取り入れるところから始めてみてはどうでしょうか?

  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
ユーザー満足度No.1!テレビCMでもお馴染み。高時給バイトも多数あります。 公式サイト 公式サイト
求人件数も豊富で、やりたいバイトが見つかりやすい!圧倒的におすすめなバイト求人サイトです。 公式サイト 公式サイト
マッハバイトで応募して採用されると、最大で1万円、最低でも5,000円の祝い金を貰える! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

フリーター求人

フリーター求人についてもっと深堀りした情報を見る

フリーターの年収ってどうなの?フリーターのメリットデメリットと正社員を考えるきっかけとは?

定職につかず、アルバイトなどで収入を得るフリーター。自由度が高い一方で、やや安定感に欠けるイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回はフリーターの年収や、フリーターとして働くということはどういうことか、そのメリットやデメリットなどについてご紹介いたします。現在フリーターとして働いている方、脱サラしてフリーターになろうとしている方、この記事をきっかけにご自身の人生について考えてみてください。フリーターってオススメ?それともオススメできない?結論から言うと、どちらとも言えません。なぜなら、その人の環境によってフリーターが有益になったりそうでなかったりするからです。冒頭でも述べたように、定

フリーターが就職するためにやるべき4個の方法とは?仕事の探し方やスキルアップ方法など具体的に解説します

フリーターの中には好きでフリーターをしている人もいれば、仕方なくフリーターになった人もいます。好きでフリーターをしている人の中にも、20代前半は楽しくやっていても、後半になるに従って就職した方がいいのではないかと考えます。今回は就職を考え始めたフリーターがやるべきことと、仕事の探し方やスキルアップ方法について解説していきます。フリーターが就職したいと思うよくある理由フリーターが就職を始めよう!と思う瞬間は大きく言うとお金の問題です。アルバイトは正社員と違い将来的にお金が大きく上がることがなければ、体力がしんどくなってしまったらいつ辞めることになるかわかりません。将来的なお金の不安や、仕事がなく

フリーター歓迎のバイト求人でよくある職種やおすすめ、疑問について答えます

フリーター歓迎のバイトって実際どうなの?大変という噂を聞く仕事内容の実情と、面接の際のポイントまでお伝えします。フリーター歓迎のバイト求人にはどんな職種があるの?求人の中には大々的に『フリーター歓迎』と書かれた求人があります。フリーターが働いている割合が高く、フリーターにとって働きやすい職種があります。フリーター歓迎のバイト求人でよくある職種飲食店や居酒屋のホールスタッフ飲食店、特に居酒屋のスタッフはフリーターにおすすめです。夕方から働けて、22時以降には深夜料金として時給が上がるので稼ぎやすい仕事です。また飲食関係にはまかないがついていることがあるので、食費を浮かせることもできます。特に居酒

フリーターとは?定義とフリーターをしながら感じる課題、正社員になるための方法とは?

フリーターと聞くとあなたはどんなイメージを持っているでしょうか?アルバイトをしている人、自分で自由そうにしている人、就職先がなくて大変な人、それぞれにフリーターに対するイメージがあると思います。今回はフリーターの定義、フリーターは実際どういうことを言うのか、またフリーターをしている人たちはどんなことを考えながら、何を感じながら過ごしているのか、フリーター経験者だからこそわかることをお伝えします。フリーターとは?正規雇用ではなく派遣やアルバイトなどの非正規雇用で働いている人のことを言います。働き方も多岐に渡っているので今では色んな言葉が増えていますが、基本的には雇用者で正社員ではない人のことを指


フリーター求人に関するコラム

フリーターで辛い7つのことと仕事に就くためにやるべき6つのこと

自由なイメージが強く、魅力的に映ることが多いフリーター。時間も自由、働き方も自由、就職や転職も自由、責任の重い仕事も任されない…なんだか夢のような話に聞こえますよね。しかし、自由だからこそ辛いこともたくさんあります。今回はフリーターを希望する方のために、フリーターとして働く上で辛いことについてご紹介いたします。本当にフリーターになってもいいのか、もしくはフリーターのままでもいいのかぜひ考えるきっかけにしてみてください。また、その上でフリーターを辞めることを決めた方のために、就職するために必要なステップについてもご紹介。じっくりと自分と向き合ってみてください。フリーターで辛い7つのこと一見なんの

フリーターとして働く10つのメリットとは?

自由な生き方が推奨される現代で、注目を浴びつつあるのが「フリーター」という働き方。正社員として企業に所属することがないため自由度も高く、夢を追う人などにはもってこいとも言えるでしょう。とはいえ、本当にフリーターとして働いていいものなのかは不安がつきまとうところ。今回はフリーターとして生きていくことを考える人のために、フリーターのメリットについてご紹介いたします。そもそも、フリーターとは?フリーランスアルバイターの略称。決まった職につかず、アルバイトなどで収入を得ている人のことを指します。フリーターとして働いている人達にはどんな人が多い?一般的に「フリーター」と呼ばれる人には、どのような方が多い

40代フリーターが正社員を目指すための4つの方法、おすすめの仕事と面接時の注意点とは?

20代・30代の頃にはよかったけれど、40代になってフリーターであることに不安を感じるようになったという人もいるのではないでしょうか?できることなら正社員を目指したい!と考えてはみるけれど、新卒でなければ難しい?今からだと遅い?今からでも遅くない!20代の人とは違った就職活動の進め方を知っていれば大丈夫です。40代だからこそできる就職活動をしていきましょう。40代フリーターが正社員を目指すには、どうしたらいい?正社員ではなく、フリーターをしている理由はなんなのでしょうか。なぜフリーターになったのかということと、フリーターを続けている理由をこの際しっかり考えてみませんか?今後の就職活動をしていく

30代フリーターが正社員を目指すための5個の方法、おすすめの仕事と面接時の注意点とは?

最近は大学卒業後もフリーターとしてアルバイトで生計を立てる人も多く、正社員以外の働き方を選ぶ人が増えています。その理由としては働く時間や服装の自由がきくこと、休みを取りやすいなど様々な理由があるようです。夢を追いながら劇団員やミュージシャンとして活動しながら、足りない生活費をアルバイトで稼ぐという人もいます。20代まではそれでも良いかもしれませんが、30代になると将来のことを考えてこのままフリーターでいいのだろうか…と自問自答する人もいるでしょう。正社員として働くといろいろと制約があると考えてしまうかもしれませんが、やはりそれ相応の安定と保証があります。慣れるまでは大変かもしれませんが、社会人

一生フリーターとして生きていく!持っておきたい心構えと備えておきたい8個とのこととは?

アルバイトは社会や企業から見てもとても大きな労働力であり、必要不可欠な存在です。常に人材の募集が行われており、特に若年層の労働力は重宝されています。また、最低賃金の引上げなどから、アルバイトでもある程度のお金を稼ぐことが可能になりました。そんなアルバイトで生計を立て、正規雇用や学業に就いていない「フリーター」も多く存在しています。しかしフリーターは一過性のものであると考えている人が多く、一生フリーターとして生きていくと考えている人はあまり多くはいません。ここではフリーターのメリットとデメリット、持っておきたい心構えと備えておきたい事柄をご紹介します。一生フリーターで生きていくってどうなの?フリ