最近は大学卒業後もフリーターとしてアルバイトで生計を立てる人も多く、正社員以外の働き方を選ぶ人が増えています。

その理由としては働く時間や服装の自由がきくこと、休みを取りやすいなど様々な理由があるようです。

夢を追いながら劇団員やミュージシャンとして活動しながら、足りない生活費をアルバイトで稼ぐという人もいます。

20代まではそれでも良いかもしれませんが、30代になると将来のことを考えてこのままフリーターでいいのだろうか…と自問自答する人もいるでしょう。

正社員として働くといろいろと制約があると考えてしまうかもしれませんが、やはりそれ相応の安定と保証があります。

慣れるまでは大変かもしれませんが、社会人として働いている実感も湧くでしょうし、何より収入面が安定します。

はじめは生活のためにと働き始めた職場でも、友達ができたり楽しいこともあるはず!

今回は30代のフリーターが正社員になるために必要な知識や準備をまとめてみました。

自分らしく働ける仕事を見つけるためのポイント満載ですよ!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「30代」の仕事例をチェック

30代フリーターが正社員を目指すには、どうしたらいい?

30代でフリーターから正社員になるのはなかなか厳しい道のりだと思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし実際は未経験歓迎の求人も数多くあり、準備次第では意外とスムーズに仕事が決まることもあるんですよ!

フリーターから正社員を目指すにはまず入念なリサーチと準備が必要です。

漠然と就職活動をするのではなく、就きたい仕事や方向性を明確にしてから求人数や募集条件をしっかり調べ、徐々に的を絞っていきましょう。

30代フリーターが正社員を目指すための、5個の方法とは?

30代のフリーターが正社員になるためにはどんな準備が必要なのでしょうか?

もちろん仕事を決めるというのはそうそう簡単なものではなく、それなりの時間がかかります。

なるべく早く仕事を決めるためにも、入念にリサーチしてしっかりと準備をしましょう。

視野を広げる

仕事を探すならまずは視野を広く持つことが重要です。

この仕事しかしたくない!と決めつけてしまうと、範囲がものすごく限られてしまいますよね。

そうすると自ずと応募できる数が少なくなり、正社員としての道も遠くなってしまうのです。

まずは一つの職種に限定せず、少しでも興味があれば候補に入れていくのが良いでしょう。

自分の強みをきちんと把握する

自分の強みを把握することはとても大切です。

自分を客観的に見て魅力に感じる点、秀でている点を書き出してみましょう。

人に聞いてみるのもいいかもしれませんね!

自分を客観的に見ることで新しい発見もあるでしょう。

強みや特技を活かせる仕事を探し、面接の時には自信を持ってしっかりアピールしましょう。

人材派遣会社をうまく利用する

人材派遣会社は常に人材を募集しています。

登録している人材が仕事が決まりやすいように面接の研修などをしてくれる派遣会社もあるので、これを利用しない手はないですよね!

そして中途採用していない会社でも派遣として働くことができるのがメリットです。

紹介予定派遣と言って派遣社員として働いた後正社員登用されるシステムがあるのをご存知でしょうか?

派遣会社からの紹介となれば信用度も高く、よっぽどのことがなければスムーズに正社員になれるはずです。

派遣会社からのフォローもありますから、個人で応募するよりは有利になります。

紹介予定派遣を希望する場合はあらかじめその旨を派遣会社側にしっかりと伝えておいてくださいね!

面接に備えて質疑応答の返答をまとめる

面接では質疑応答の時間があり、応募理由や将来設計などを聞かれます。

ある程度の質問を想定して、あらかじめ答えを考えておきましょう。

採用後問題になる場合もあるため、話を盛ったり嘘をつくのは厳禁です。

自分の長所や短所、どんな仕事をしたいかなど、正直な意見を伝えましょう。

資格を取る

就きたい職種によっては資格を持っていると採用に有利な場合があります。

電気技工士やフォークリフト、医療事務などの資格が特に人気です。

通信教育でも取ることができる資格も多いので、働きたい仕事が明確になっている場合は取得しておくと良いでしょう。

運送業や介護・保育業界では就職先が資格取得のサポートをしてくれるところもあるので、応募先にそういったシステムがあるかあらかじめ確認してみましょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

30代フリーターが正社員を目指すのに、おすすめの仕事は?

建築業

2020年のオリンピックに向けて、建築業界の景気は上昇傾向にあります。

マンションやスポーツ関連の施設が続々と建設されているため、人手不足の現場も少なくありません。

特に現場を支える20〜30代の若い世代が人手不足なので、30代から正社員を目指す人にはまさに狙い目です。

建設現場の作業員はアルバイトから正社員になれる場合も多いため、続けられるか不安という人はまずはアルバイトから始めるのもいいかもしれません。

ジムに行かなくても働きながら体を鍛えることができるこの仕事。

体を動かすのが好きな人におすすめですよ!

力仕事が多いため歳を重ねても逞ましくてカッコいい体を維持することができます。

外での仕事は気候の変化をダイレクトに受けるため、体調管理がとても大切です。

朝早い現場も多いため、規則正しい生活が求められます。

営業

営業職は求人の数が格段に多く、未経験も歓迎してくれるのでフリーターから正社員になりたい人におすすめです。

専門知識よりもトーク力やコミュニケーション能力を必要とされるため、経験がなくても話し上手だったり人付き合いが上手ならすぐに馴染むことができるでしょう。

経験を積み、努力して成績を上げれば短期間で昇給も夢ではありません。

負けず嫌いな人、競うことが好きな人は楽しんで取り組める仕事でしょう。

配送業

近年インターネット通販の利用者が急増していることから、配送会社はドライバーの確保に苦労しています。

配送の大手企業では一年を通して求人募集をしているため、比較的採用されやすい職種と言えるでしょう。

ドライバーになるためには最低でも普通免許を持っていることが条件になります。

トラックのドライバーになるには準中型免許が必要になりますが、最近では会社が準中型免許取得支援制度を設けているところもあり、比較的取得しやすい環境になってきていると言えます。

ワゴン車や自転車での配達もありますから、応募の時点では普通免許さえ持っていれば大丈夫でしょう。

介護職

高齢化社会に伴い介護を必要とする高齢者が増えています。

必要としている人は増えているのに従事者が少ない、という問題に面しているのが介護職です。

これから少子高齢化になっていく上で需要は更に高まりますから、一度働き始めたら解雇の心配はほぼないでしょう。

求人サイトや求人誌ではヘルパー募集の文字を多く見かけます。

ヘルパーの仕事は体力的にも大変で、長続きしない人も多いのだとか。

命に関わる仕事でもありますから、責任の重さも感じるでしょう。

しかし利用者やその家族には大変感謝されますし、やりがいも感じるはずです。

ゼロからのスタートでも先輩が教えてくれるので心配いりません。

初心者でも頑張る気持ちさえあれば快く受け入れてもらえるでしょう。

警備員

建設ラッシュに伴い警備員の需要も高まっています。

大手警備会社の場合はそれなりのスキルを求められますが、その分収入面も良く福利厚生もしっかりしているのが特徴です。

長時間の立ち仕事な上、天候によっては肉体的に大変な場合もあります。

その分条件や待遇は良く、忍耐力や礼儀作法も身につきますよ!

警備業務検定や貴重品運搬警備業務検定などの資格は仕事を始めてからでも取得することが可能ですから、応募する際にはあまり気にする必要はないでしょう。

ホテル業

ホテル業は24時間体制なので多くの人手を必要としています。

大きなホテルだとブライダルや宴会もあり、なおかつ仕事もなかなかハードなので各セクションで人材が不足しているのが現状です。

ホテル業で働けば接客マナーをきちんと学ぶことができるため、将来転職したりキャリアアップを考えている人には良い経験になるでしょう。

シフト制がほとんどなので勤務時間が朝早かったり夜遅かったりする大変さは否めませんが、その分お給料は高く設定されています。

最近は外国人観光客が増えているため、外国語ができる人は優遇されるでしょう。

保育士

テレビでもよく取り上げられていますが、保育士の少なさが深刻な社会問題となっています。

待機児童の多さから続々と保育園はできているのに、肝心の保育士の確保ができていないのです。

保育士の仕事は低賃金で重労働ということから離職率が高いとされていましたが、現在はその問題を解決するために政府が労働環境の改善に積極的に取り組んでいます。

中には給与や福利厚生など、高待遇を提示している保育園もあるのでぜひチェックしてみてください。

保育士試験は年に2回あるため、ほとんどの人が働き始めてから1〜2年で取得することができるでしょう。

子供好きな人には楽しみながら働けるオススメのお仕事ですよ!

面接時に気を付けたい4個の注意点とは?

正社員になるためにはまず面接をパスしなくてはいけません。

身だしなみから言葉遣いまであらかじめしっかり準備しておきたいですね。

面接を受ける際に気をつけるべき点をまとめてみたので、ぜひチェックして参考にしてみてください!

清潔感

外見での第一印象はとても大切です。

どんな仕事でも小汚くて清潔感のない人に任せたいとは思いませんよね。

見た目がビシッと決まっていれば、それだけで仕事が出来そうな印象を与えることができます。

決して高価なものを身に付ける必要はありません。

普通のスーツで十分ですが、シャツのシワや靴の汚れなどには気を付けたいところ。

当日になって慌てないように、前日までにアイロンがけやネクタイ選びなどは済ませておきましょう。

面接の直前にはトイレなどで身だしなみの最終チェックを行ってくださいね!

言葉遣い

緊張すると言葉がうまく出てこないことってありますよね。

特に尊敬語や謙譲語は日々使い慣れていないと言葉に詰まってしまいます。

ある程度の受け答えを想定してそれに必要な言葉遣いは前もって確認し、口に出して練習しておくことをおすすめします。

あまり硬い雰囲気にならないよう、時折笑顔を忘れないようにしましょう!

本心を伝える

面接では質疑応答の時間があります。

なぜその会社に入りたいと思ったのか、自分がどんな仕事をしたいかなどを聞かれるでしょう。

本に書いてあるようなお手本通りの回答は本心が分からずなんとなく嘘っぽく感じるはずです。

多少簡潔に答えられなくても、自分なりの言葉で本心を伝えるようにしましょう。

その方が魅力も伝わりますし、好感を持たれるはずです。

そして何より大切なのは正直に答えること。

嘘を付いてしまうと後々自分の首を締めることになったりと大変な思いをしてしまいます。

できることはできる、できないことはできないと正直に答えましょう。

自分の長所をアピールする

面接ではとにかく自分の長所をアピールするのが大切です!

この人になら仕事を任せられると思ってもらえるように、自分の強みや良いところをしっかりとアピールするようにしましょう。

どんな仕事でも積極性がとても重要視されます。

自分自身をアピールすることで積極性も判断されるのです。

アピールポイントはあらかじめ書き出して、言葉に詰まることがないようにまとめておきましょう。

面接で長所を聞かれた時のおすすめ回答は、こちらの記事を参考に!

まとめ

正社員への道筋はなんとなく見えてきましたか?

フリーター生活が長ければ長いほど、就職に対して腰が重くなりがちです。

しかし将来のことも考えるといつかは定職につかなければなりません。

フリーターから正社員になるなら、いろいろと対応できる若いうちの方が断然有利なのは想像がつくと思います。

正社員になることを決めたからといって、焦って手当たり次第に受けるのはおすすめできません。

冷静な頭で働きたいのはどんな仕事か、自分に何が向いているかなどを考えてから行動に移しましょう。

何度も繰り返しますが、就職するのに必要なのは入念なリサーチと準備です。

良い仕事を早くみつけるためにも、時間を惜しまず丁寧に取り組んでみてくださいね。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

面接 フリーター求人

フリーター求人についてもっと深堀りした情報を見る

フリーターで辛い7つのことと仕事に就くためにやるべき6つのこと

自由なイメージが強く、魅力的に映ることが多いフリーター。時間も自由、働き方も自由、就職や転職も自由、責任の重い仕事も任されない…なんだか夢のような話に聞こえますよね。しかし、自由だからこそ辛いこともたくさんあります。今回はフリーターを希望する方のために、フリーターとして働く上で辛いことについてご紹介いたします。本当にフリーターになってもいいのか、もしくはフリーターのままでもいいのかぜひ考えるきっかけにしてみてください。また、その上でフリーターを辞めることを決めた方のために、就職するために必要なステップについてもご紹介。じっくりと自分と向き合ってみてください。フリーターで辛い7つのこと一見なんの

フリーターとして働く10つのメリットとは?

自由な生き方が推奨される現代で、注目を浴びつつあるのが「フリーター」という働き方。正社員として企業に所属することがないため自由度も高く、夢を追う人などにはもってこいとも言えるでしょう。とはいえ、本当にフリーターとして働いていいものなのかは不安がつきまとうところ。今回はフリーターとして生きていくことを考える人のために、フリーターのメリットについてご紹介いたします。そもそも、フリーターとは?フリーランスアルバイターの略称。決まった職につかず、アルバイトなどで収入を得ている人のことを指します。フリーターとして働いている人達にはどんな人が多い?一般的に「フリーター」と呼ばれる人には、どのような方が多い

40代フリーターが正社員を目指すための4つの方法、おすすめの仕事と面接時の注意点とは?

20代・30代の頃にはよかったけれど、40代になってフリーターであることに不安を感じるようになったという人もいるのではないでしょうか?できることなら正社員を目指したい!と考えてはみるけれど、新卒でなければ難しい?今からだと遅い?今からでも遅くない!20代の人とは違った就職活動の進め方を知っていれば大丈夫です。40代だからこそできる就職活動をしていきましょう。40代フリーターが正社員を目指すには、どうしたらいい?正社員ではなく、フリーターをしている理由はなんなのでしょうか。なぜフリーターになったのかということと、フリーターを続けている理由をこの際しっかり考えてみませんか?今後の就職活動をしていく

一生フリーターとして生きていく!持っておきたい心構えと備えておきたい8個とのこととは?

アルバイトは社会や企業から見てもとても大きな労働力であり、必要不可欠な存在です。常に人材の募集が行われており、特に若年層の労働力は重宝されています。また、最低賃金の引上げなどから、アルバイトでもある程度のお金を稼ぐことが可能になりました。そんなアルバイトで生計を立て、正規雇用や学業に就いていない「フリーター」も多く存在しています。しかしフリーターは一過性のものであると考えている人が多く、一生フリーターとして生きていくと考えている人はあまり多くはいません。ここではフリーターのメリットとデメリット、持っておきたい心構えと備えておきたい事柄をご紹介します。一生フリーターで生きていくってどうなの?フリ

フリーターの年収ってどうなの?フリーターのメリットデメリットと正社員を考えるきっかけとは?

定職につかず、アルバイトなどで収入を得るフリーター。自由度が高い一方で、やや安定感に欠けるイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回はフリーターの年収や、フリーターとして働くということはどういうことか、そのメリットやデメリットなどについてご紹介いたします。現在フリーターとして働いている方、脱サラしてフリーターになろうとしている方、この記事をきっかけにご自身の人生について考えてみてください。フリーターってオススメ?それともオススメできない?結論から言うと、どちらとも言えません。なぜなら、その人の環境によってフリーターが有益になったりそうでなかったりするからです。冒頭でも述べたように、定

フリーターが正社員を目指すためにやるべき6個の事と、狙い目な会社や職業とは?

フリーターをしていて正社員になりたいと思った時に「フリーターでも大丈夫なのかな?」と不安になりますよね。それでもそろそろ正社員にならないといけないプレッシャーや、フリーターでいることの辛さを考えると1日も早く正社員になりたいものです。そんなあなたに、フリーターが正社員になるために心得ておきたいこと、フリーターと正社員の違いを改めてご紹介します。正社員になりやすい職種もご紹介するので、そこから狙っていきましょう。フリーターから正社員を目指す3個の理由フリーターをしていると正社員になった方がいいのかな?という不安と、それでもフリーターの方がいいのではないか?という気持ちが混じりますよね。今回はそん

フリーターは将来どうなる?不安な6個のことと、そのために今から対策しておくべきこととは?

フリーターをしていると周りの目が気になり、このままでもいいのかと考えてしまいがちです。フリーターをこのまま続けていてもいいのか?不安な毎日を過ごしながらも、でもフリーターを脱するのもちょっとと思いながら迷ってしまいます。今回はフリーターは将来はどうなるのか?また他のフリーターの方々はどのような不安を抱えているのか?今回はそのための対策も同時に紹介します。フリーターは将来どうなる?フリーターになると20代の時は自由に自分の休む時を決められて、稼ぎたい分だけ夜勤に入ったり掛け持ちをしたりとどんどん稼ぐことができます。しかしそのような働き方も30代に近づくほどにしんどくなっていきます。体力的にしんど

フリーターが就職するためにやるべき4個の方法とは?仕事の探し方やスキルアップ方法など具体的に解説します

フリーターの中には好きでフリーターをしている人もいれば、仕方なくフリーターになった人もいます。好きでフリーターをしている人の中にも、20代前半は楽しくやっていても、後半になるに従って就職した方がいいのではないかと考えます。今回は就職を考え始めたフリーターがやるべきことと、仕事の探し方やスキルアップ方法について解説していきます。フリーターが就職したいと思うよくある理由フリーターが就職を始めよう!と思う瞬間は大きく言うとお金の問題です。アルバイトは正社員と違い将来的にお金が大きく上がることがなければ、体力がしんどくなってしまったらいつ辞めることになるかわかりません。将来的なお金の不安や、仕事がなく

フリーターのバイトにおすすめ!なるべく楽で稼げるバイト12選

フリーターのバイトでおすすめな職業って何だと思いますか?どうせなら長時間で低時給ではなく、なるべく楽なバイトをフリーターの皆さんはお探しですよね?今回はそんなフリーターの稼げるバイトについて気になる情報を大公開しちゃいたいと思います。なんとフリーターで稼げる仕事の職種やその理由を詳しく解説させていただきますので、仕事探し中の方は必見ですよ!フリーターのバイトで楽な職種とその理由フリーターが選ぶバイトの中で、楽に稼げる職種があります。どんな職種があるのか、楽な理由も合わせて紹介していきます。ゲームセンターゲームセンターの仕事内容はメダルの補充を行ったり、UFOキャッチャーの中身の配置を行ったり、

フリーター歓迎のバイト求人でよくある職種やおすすめ、疑問について答えます

フリーター歓迎のバイトって実際の所どうなの?大変といわれる噂の業務内容の実情を知っておきたいですよね。ここでは、フリーター歓迎のバイトのさまざまな職種や、その中でもおすすめなバイトまでしっかりご紹介していきたいと思います。また、面接の際のポイントも解説していきますので、これからバリバリ働いてお金を稼ぎたいなんて方にはおすすめな情報満載です。さまざまな経験を積めるのはフリーターの特権なので、自分に合うバイトを見つけてみましょう。フリーター歓迎のバイト求人にはどんな職種があるの?求人の中には大々的に『フリーター歓迎』と書かれた求人があります。フリーターが働いている割合が高く、フリーターにとって働き

フリーターで良かったと思った5個のこと

フリーターといえば悪いイメージがついているかと思います。今ではフリーターの人もたくさんいますが、それでもやっぱり正社員がいい、就職しないといけないと言われています。確かにフリーターにもデメリットはあります。しかしそれ以上にフリーターにしか味わえないいいこともたくさんあります。今回はフリーターだからこそ経験できたことをご紹介していきます。フリーターをやってて良かったこと正規雇用に就いた方がいい。フリーターは稼ぎも悪いしダメだと言われますよね。でも、実はフリーターならではの良いところはたくさんあります。私が実際にフリーターをやっていてよかったことをご紹介していきます。自分の都合で労働時間を調整でき

コンビニはフリーターでも働ける?おすすめな理由と働いてみた感想

コンビニでの仕事は、フリーターだからこそおすすめできるポイントが沢山あります。コンビニのバイトは確かに給料が安いので、フリーターとして働いていると自分一人の力で食べられる程には稼げないこともあります。だからこそ、コンビニの仕事はそれ一つだけではなく、Wワークとしてプラス一つ稼ぎ口を増やすものとして使うことができます。フリーターだからこそ感じることのできる、コンビニのおすすめポイントをお伝えします。コンビニバイトこそフリーターにおすすめです!フリーターは、どのバイトもできるのが一番のメリットです。だからこそ、どのバイトにしようか迷ってしまいます。その中でも、コンビニはフリーターにオススメのバイト

フリーターの仕事探しで注意したほうが良い4個のこと

フリーターの仕事探しで大切な事について今回は詳しくお話しさせていただきます。フリーターから正社員になるには大きな壁がたくさんあり、いくら20代で若くても新卒の人が採用されやすいのが現状です。そのためフリーターの仕事の探し方では注意するべきところがたくさんあります。その注意点をしっかり把握して、自分が望む仕事を手に入れましょう。アルバイトの探し方はフリーターにとって重要なので最後までお読みいただければと思います。フリーターの仕事探しで注意したほうが良い4個のこと「未経験歓迎」の求人から応募してみる正社員の転職や新卒よりもフリになるのがフリーターです。中途採用は即戦力を求めている企業が多いので、フ

フリーター人気バイトの職種8選

今回はフリーターに人気なバイトをご紹介していきます。フリーターだとバイトがなんでもできる気がして、何をすればいいのか選ぶのが大変です。私も実際色んな職種の求人を見ては中々決められないことがありました。今回はそんな中から人気のバイトと、これから注目を集めるバイトをご紹介していきます。フリーターで人気な職種や業界とその理由フリーターに人気な職種はたくさんあります。どのバイトしようかな?と迷ったら人気バイトから選んでみるのも一つですよ。塾講師塾講師のバイトは個別または集団型の塾で生徒に教えるのが仕事です。集団型の場合は授業形式で行うために難しく、個別塾を選ぶ人が多いです。人気な理由しっかりとした指導

フリーターとは?定義とフリーターをしながら感じる課題、正社員になるための方法とは?

フリーターと聞くとあなたはどんなイメージを持っているでしょうか?アルバイトをしている人、自分で自由そうにしている人、就職先がなくて大変な人、それぞれにフリーターに対するイメージがあると思います。今回はフリーターの定義、フリーターは実際どういうことを言うのか、またフリーターをしている人たちはどんなことを考えながら、何を感じながら過ごしているのか、フリーター経験者だからこそわかることをお伝えします。フリーターとは?正規雇用ではなく派遣やアルバイトなどの非正規雇用で働いている人のことを言います。働き方も多岐に渡っているので今では色んな言葉が増えていますが、基本的には雇用者で正社員ではない人のことを指