面接で長所を訊かれた時、皆さんはなんと答えますか?

面接官は、身だしなみはもちろん人を動かす力、人に頼る力などあなたの発言を見極めています。

かという私は、人事職として採用を担当してもう20年になり、面接を行った人は2,000名を超えています。

今回はそんな私の経験の中から、長所を訊かれた時のおすすめ回答や面接の際に注意すべきポイントについて、気付いたことを述べてみたいと思います。

少しでも現在就職活動中の方やこれから転職を考えている方のお役に立てれば幸いです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

年間100名以上面接をして気付いた「企業が求める長所や強み」

「あなたの長所や強みについてお話ください」…これは面接の序盤に訊かれるであろう質問です。

企業側が求める長所や強みとは、その人が入社した後に仕事をする上で役に立つと判断される実践的なスキルです。

また、「その人の元から持っている資質」…つまりポテンシャルも重視されます。

面接試験を意識して対策した付け焼刃のテクニックは、実は面接官には届いていません。

それよりも、自分の核となるスキルや性格(強み・弱み)を理解し、面接の場できちんと説明することが重要です。

強みはいくつもある必要はなく、何か一つでもあればそれを伸ばしていくことが大きな武器となります。

まずは長所のお話に入る前に〜第一印象のお話〜

本題の長所の話に入る前に、まず面接に臨むにあたっての心構えを確認しておきましょう。

以下は、面接に臨む人に最低限準備しておいてほしい項目です。

身だしなみ

「人は見た目が9割」などと言われますが、特に服装や髪型などの身だしなみは、能力や適性に関係なく準備さえしておけば誰でも一定のレベルまで到達させることができます。

身だしなみさえ整えられない人は長所をアピールする前に社会人としての適性なしとも判断されかねないので、しっかりと準備しましょう。

身だしなみの基本は①清潔感と②没個性です。

スーツにシワが寄っていないか、髪はきちんとセットされているか、ヒゲは綺麗に剃っているかなどを確認し、好印象を与えられるようにしましょう。

没個性については業種によって許容範囲や価値観が変わる部分ではありますが、身だしなみで個性をアピールすることにはリスクが伴うので、あまりおすすめできません。

 

発声、表情、姿勢

ハキハキとした発声や言葉遣い、笑顔、面接時の姿勢などは、面接官に限らう相手に好印象を与えるポイントとなります。

日本人はシャイな方が多く、表情や声のトーンを駆使して積極的にコミュニケーションを取るのは苦手という方も少なくありません。

しかしここは自身の将来に繋がる大事な場面なので、恥ずかしがらずにやれることは本気でやりきる努力をして臨みましょう。

自分をアピールする力

自己顕示欲やプライドの高さは度を越してしまうとチームを壊す要因となるため、特に組織を大切にする日本の企業では敬遠されがちでした。

しかし、かつての終身雇用型の組織から少子高齢化の社会に変化してきた中で働き方改革…つまり少人数でより多くの仕事を効率良くこなす「個の能力」が改めて見直されています。

「個の能力」を伸ばす元となる自己顕示欲つまり自我の強さは現在ではより重要度の高い適性として求められています。

自分が組織の中でアピールできる人間か、自分を臆さず出せる人間かを考えてみましょう。

やりきる力

変化が速く仕事に対する決まった成功パターンがなかなか確立できない時代において、一度「こう!」と決めた物事をあらゆる障害を乗り越えてやりきる力は、企業から強く求められている能力です。

「レジリエンス」や「グリッド」という言葉で、最近は自己啓発本などにもよく見られるようになりました。

例えばけん玉やルービックキューブなどのなかなか成功が見えないゲームを行う際に、自分がどのくらいの時間それに集中して取り組むことができるかを想像してみましょう。

単純ですが、集中して取り組む時間が長ければ長いほどやりきる力は強いと判断することができます。

周囲を巻き込む力

周囲を巻き込む力には二種類あります。

一つ目は「人を動かす力」、二つ目は「人に頼る力」です。

人を動かす力

人を動かす力は文字通り「リーダーシップ」と言い換えることができます。

リーダーシップを発揮できる要因には「目標明示」や「コミュニケーションの回数」「コーチング能力」など後天的な努力によって身につくものも多いですが、「声の大きさ」「明るさ」「表情の豊かさ」など「何となく好印象を与える人」といった先天的な能力も重要なポイントになります。

これは生まれ持った資質なので、自己分析や友人の話などから自身にそのような資質があるかどうか判断してみてください。

もしそのような資質があるなら、それは多くの人の中でも稀な能力ですので、大切に育てると同時に最大限にアピールすべきです。

人に頼る力

周囲を巻き込む力の二番目は「人に頼る力」です。

これは一見すると何でも無責任に投げ出してしまう、どちらかと言えば短所に感じられる力にも見えますが、会社という組織で働く以上自分1人でできる仕事は限られています。

いかに「自分でできること」と「人に任せること」の区別をつけてチームワークで仕事をしていくことができるかは、社会人にとって大切な資質になります。

ただし気を付けられなければならないのは、先ほど述べたように「最初から人に頼ることを前提としている」こととの違いです。

こちらは短所になってしまいます。

自分の仕事に対するアプローチの仕方はどのタイプかを見極めておきましょう。

またこれは自分に自信がある人に多いのですが、自分と比較して他人が劣っていると感じやすく、自分が行った方が仕事の出来が良いと判断してしまうタイプもいます。

このタイプは周囲に頼ることをせず自身で仕事を抱え込んでしまうため、かえって仕事の効率が悪くなります。

もし自分自身がこのタイプに属しているのであれば、意識的に人に仕事を任せることを考える必要があります。

先天的に身についている「人を動かす力」に対して「人に頼る力」は後天的に身につけるものであり、もともと仕事の遂行能力がある人が意識改革によりこのような力を身につけることで、より強いリーダーとして成長することができます。

物事を客観的に見る力

人間はどうしても自分が一番可愛い生き物ですので、物事をどうしても自分中心に主観的に考えがちです。

そのような主観的な考え方は、一方では自分に対する自信に繋がり冒頭に述べた自分をアピールする力となりますが、他方では他人に対する優しさや配慮を欠いたり自己中心的な考え方に陥り冷静な判断力を欠く結果となる場合もあります。

実生活の中で困難な状況に陥った時に、そのような状況に対して怒りや悲しみなど感情に捕らわれるのではなく、一歩引いてこの問題を解決するためにはどうすれば良いか、自分を二の次にして客観的に考えることができる、ということも大切な能力となります。

物事を客観的に見る能力を持っている方は見た目は冷静沈着であまり感情を表さず、人間的に魅力があるようには見えません。

また面接などでも目立ちませんので不利になりがちですが、自分にこのような能力があることをしっかりとアピールすることで印象をプラスに転換することができます。

もし第一印象などで悩んでいる方は、自分自身に物事を客観的に見ることのできる力があるかどうかを確認してみてください。

物事をプラスに考える力

物事を客観的に見る力がある人は、そうやって客観的に見る事ができた物事をプラスに考えられる力を養いましょう。

いわゆるプラス思考というものですが、この思考は訓練により後天的に身につけることが可能です。

訓練の方法としては、まず物事をありのままに捉え、次にそうやって捉えたものを「自分にとってプラスだ」という思考に転換するというステップを踏みます。

具体的には、自分の頭に浮かぶネガティブな言葉を書き出す→それをポジティブな言葉に変換することにより、ネガティブな言葉を使わずポジティブな言葉を使うようにするというのが最も一般的です。

例えば「忙しい」という言葉はネガティブな言葉ですが、それを「充実している」というポジティブな言葉に変換して使ってみる…といった感じです。

「今日は忙しいな」と言うのと、「今日は充実しているな」と言うのと、どちらが元気が出ますか?

このようにプラス思考は元々の性格に頼らず努力により積み重ねることのできる珍しい能力なので、ぜひ身につけてください。

面接で長所を訊かれた時の回答法4選

活用事例を挙げて答える

「自分の長所は○○です」という答えに続けて「その長所を活かしてこのような問題を解決しました」や「その長所で周りにこのように感謝されました」など活用事例を挙げて説明すると信ぴょう性が増し、より理解しやすくなります。

短所と同時に答える

「自分の短所はこうで、それを補うために自分のこのような長所を使いました」など短所と長所を同時に紹介すると、より人となりがよく分かり親近感が増してきます。

周囲からの感想で答える

自分でアピールすることも大切ですが、「周囲からの意見としてこのような長所があると認識しています」など第三者からの評価として答えると客観的な印象を与えることができ、より説得力が増してきます。

自己アピールが強いタイプの場合は、このような回答をしたほうが欠けている客観性を補うことができます。

自己アピールが弱いタイプの場合は逆効果となりますので、主観的に「自分はこう思います」という答えをする方が効果的です。

キャッチコピー化する

長所を伝える際に最近増えてきているのが「貴方にキャッチコピーをつけるとしたらどんなものですか」という質問です。

企業CMなどに使われているキャッチコピーは、その企業の特徴を一言で端的に現す手法として広く活用されています。

面接においても、長々と長所や短所を話すより一言で伝わるキャッチコピーでシンプルに表現することで、自分を深く理解できていると判断されやすくなります。

また、仕事において共通する大切なスキルである「相手に物事を簡潔に分かりやすく伝える」というコミュニケーション能力においても、高い能力を有していると評価されます。

自身の長所短所から貴方自身を一言で表す「キャッチコピー」を準備することは面接において大きなインパクトを残し、アドバンテージとなる場合があります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

面接でよく訊かれる質問と答え方のポイント

面接試験の場面で訊かれるのは、あなたの長所や強みだけの話ではありません。

ここでは、面接対策として長所や強み以外によくある質問についてお答えします。

ただし質問内容は違っても、面接官が判断したいことはあなたの資質、またその企業の社風や仕事内容との適正であることに変わりありません。

とすれば、本質的な答えの内容に違いはなく「どう伝えるか」という能力・手法を問うものになります。

学生時代に力を入れたこと

新卒採用の面接で定番となっている質問…いわゆる「ガクチカ」です。

面接では緊張をほぐす目的として最初に訊かれることが多い質問です。

おそらく殆どの人が想定し答えを準備している質問だと思いますので、相手になるべく分かりやすく、リラックスして回答できると良いでしょう。

志望動機

これも非常に一般的な質問ですが、しっかりと企業研究し仕事をイメージしておかないと意外と答えれない質問と言えます。

この時に面接官が注視しているのは、質問に対する回答の内容そのものではなくその回答をしている人の「熱意」です。

いくら体裁の良い言葉で取り繕っても、その企業に入りたいと言う熱意は、しっかりと企業研究し本当に入りたいと思っていなければ伝わりません。

まして歴戦の面接官は、求職者の熱意から容易に志望度(本気度)を読み取ってしまいます。

しっかり企業研究し、「この企業でこんな仕事をしたい」というイメージを予め準備をしておきましょう。

将来のビジョン

その企業に入社してからのキャリアアップなど、将来におけるビジョン・目標を訊かれる場合があります。

志望動機の補てんとして質問される場合が多く、高度な内容なので面接官もそこまで良い回答を期待しているわけではありませんが、しっかりと準備し回答することによって他の候補者との差を一気に広げることもできます。

入社直後の仕事だけではなく3年後、10年後など未来の自身のその企業における立ち位置を想像しながら、より具体的な目標を話せると良いでしょう。

転職回数が多い人は、退職理由の説明は誠実に

履歴書に記載する職歴ですが、最近では終身雇用制度の崩壊により会社を辞めて転職することはもはや普通のことと言って差し支えありません。

現に筆者も、転職歴が複数ある方の面接もこれまで何度も経験しています。

しかし、このように何度も転職を繰り返す候補者に関してネガティブに捉える面接官も未だに多く、特に入社後1年~2年程度の転職に関しては、企業によっては不利に働く場合があることも否定できません。

それぞれの転職理由をポジティブに説明できるよう準備する必要がありますが、中にはどうしてもネガティブな理由にならざるを得ない場合もあります。

その場合は変に誤魔化したりせずに、正直にそのネガティブな理由を伝えるようにしましょう。

気を付けたいのは、そのネガティブな理由の全てを退職した企業のせいにしないこと。

一度お世話になった企業に対しては、退職後も誠実な態度を示していると見せることです。

面接に関しては不利になるかもしれませんが、そのことも含めて自分自身のキャリアです。

マイナスポイントはそのままで、他で取り返すしかありません。

また、中途採用の場合は前職の企業に人物照会をする場合もありますので、面接の際に退職理由などで虚偽の回答をし、それが判明した場合はその時点で不合格になります。

質問に関しては誠意を持って回答することが第一条件です。

人事担当者はこんなところもチェックしている!

面接での質問はその人の適性の見極めが目的であり、本当に訊きたいことを問う前の緊張を解きほぐすアイスブレイクも含めて全て内容に意味があります。

そして面接官は、あらゆる情報から適性を判断するために、候補者の所作にも注目しています。

どれも社会人として基本的なことですが、改めて意識しておいてほしいと思います。

入室から退室まで

身だしなみに共通する点がありますが、入室時、退室時の挨拶、椅子に向かうまでの歩き方、椅子へ着席した後の姿勢などの一連の流れは、面接に臨む際の最低限のマナーとしてチェックされています。

このような当たり前のことができない人物は、いくら回答の内容が良くても大きなマイナスポイントとして判断されてしまいますので、注意しましょう。

姿勢、態度

面接時の姿勢は「その人の自信度」をチェックする重要なポイントです。

面接の際に背筋は伸びているか、胸を張っているか、背中は丸まってないか、上目遣いでないか、手先が落ち着かなく動いていないか、モジモジしていないかなど、姿勢から容易にその人の自信度を読み取ることができます。

面接の際は、例えどんなに自信がなくても堂々とした振る舞いを心掛けましょう。

いくら良い回答をしていても姿勢や態度にそれが現れていなければ説得力がありません。

身振り、手振り

回答の際に身振り手振りを交えて話す方がいます。

いかにも自信があり相手に伝えようとする意欲があると感じられますが、これは面接官によって好き嫌いがあります。

ちなみに筆者は、そちらに気を取られて肝心の回答内容が頭に入りにくくなるのであまり好きではありません。

このように身振り手振りは諸刃の剣であることを理解し、行う場合は必要最小限に留めておくのが無難と言えます。

相手の話を聞く態度

集団面接の場合、自分の番が終わると緊張が一気にほぐれ態度や姿勢に緩みが出てしまいがちです。

また順番に回答していく際に自分が最後だったりすると、それまでの人の回答はそっちのけで自分の回答を必死で考えたりしている人がいます。

気持ちは分かりますが、このような態度は独りよがりな人物というイメージを与え、組織やチームワークを大切にする日本の企業では敬遠されがちです。

コミュニケーションによって信頼を得るには、話すことよりも実は「聞くこと」こそが重要です。

面接では入室から退室までの一挙手一投足が全て評価の対象になるということを理解し、決して気を抜かないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は面接対策として面接に臨む際のポイント、質問内容やその回答方法などいくつかの注意点について紹介しました。

身だしなみ、挨拶、姿勢、態度、そして本番の質問に対する回答内容を合わせて面接試験で判断するのは大きく分けて二つ、

①その企業、その仕事に対する適性

②入社志望度の高さ

です。

そのため候補者がアピールしたいポイントは、

①自分がこの企業の仕事に合っている

②自分はこの企業にどうしても入りたい

という二点となります。

この二点を的確にアピールするには、自己分析と企業分析をしっかりと行い、自分の長所がこの企業のどこで役立てられるかを具体的に示すことが理想的です。

また、その企業を深く分析し知ろうとする姿勢は、そのまま志望度の高さとして面接官に良いイメージを与えることができるでしょう。

どうすれば自分の適性を理解してもらえるか、どうすれば自分の熱意を相手に伝えられるかを考えてしっかり準備をすること…そして本番では堂々と自分をアピールすることが、面接成功への近道となります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード


面接についてもっと深堀りした情報を見る

レセプションの面接で聞かれる5個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

レセプションの面接を受ける時の注意点などをご紹介します。そもそも「レセプション」とは劇場やコンサートホールでお客様を案内したりする業務のことで、今回はアルバイト・パートの採用面接ではどんなことを聞かれるのかや、レセプションの服装や髪型、メイクまでおすすめな方法をお教えしちゃいます。また、レセプションの志望動機については受け答えのコツについてもお話しさせていただきますので、ぜひ最後までご覧ください。レセプションの仕事内容レセプションは、劇場やコンサートホールに訪れるお客様のご案内をする仕事です。ホールの顔とも言える華やかな仕事です。仕事内容は主に「チケットもぎり」、「公演プログラム配布」、「座席

保育士でホワイトな職場の5個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

保育士のホワイトな職場には特徴があります。今回はブラックな職場とホワイトな職場の見極め方をお教えしちゃいます。働く親が増え保育園が急増している一方で、保育士不足は常に深刻な問題となっています。ブラックな職場は、ただでさえ足りていない保育士の働く意欲を奪い、潜在保育士を生み出す巣窟となりかねません。この記事では、ホワイトな良い職場にめぐり合うためのポイントをまとめました。保育士の職場はブラック?ホワイト?保育士と聞くと子どもと楽しそうに遊んでいる姿が思い浮かびますが、客観的に見てまだまだブラックな職場があるのが現状です。そもそも保育園の始まりは社会福祉の考えにより慈善事業から始まったもので、要因

期間工でホワイトな会社の6個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

どのような会社でもホワイトとブラックに分かれます。グレーゾーンの働き方を行っている企業は直ぐにでもブラック化すると見て良いでしょう。企業として、ホワイトを保つためには、ヒト、モノ、カネを要し、大変な努力をしなければ維持できない状態になります。就労者を人と見ない、出来るだけ安価に長時間働かせると言うことが企業利益に繋がると信じている経営者もまだまだ多い為です。当然ですが、期間工として就労する場合でもこのホワイト企業、ブラック企業と色分けできる場合があります。そこで、今回は、ホワイトを維持できている会社の特徴を5つ上げさせていただきました。また、それらを具体的に見分ける方法についてもご紹介します。

結婚式場の面接で聞かれる6個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

結婚式は人生の晴れ舞台でもあり、思い出に残る大切な瞬間ですよね。そんな幸せな瞬間に立ち会える仕事は、とても素敵で憧れる人も多いです。ですが実際に結婚式場で働くとなると、どのように応募すれば良いのか?面接でどのような事を聞かれたり見られるのか、など、疑問や不安に思っている人もいると思います。そこで今回は、結婚式場で働くためにまずは面接を上手く乗り切れるコツや、相手にチェックされやすいポイントをご紹介していきます。これから結婚式場で働きたいと思いっている人はぜひ、最後までしっかりと目を通して下さいね!結婚式場の仕事の面接方法や応募方法とは?結婚式場での仕事で募集が多いのが、主にウェディングプランナ

特別養護老人ホームの面接で聞かれる4個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

特別養護老人ホームの高齢者施設で勤務を希望する場合、主に2つの審査があります。1つ目は書類審査です。履歴書を送付し、採用担当者が確認します。確認後、合格できればすぐに採用面接が実施されます。履歴書を確認する1次審査に関してはよっぽどのことが書いてある、もしくは施設側が受け入れている年齢層などのイメージを大きく逸脱していない限りは合格し次の採用面接にいくパターンが多いです。採用面接をしないで入職を許可する事例はほとんどない為、面接は避けて通れない道です。ここではその採用面接において主に聞かれる質問内容や受け答えのコツ、面接時の服装などについて説明していきます。特別養護老人ホームの仕事内容特別養護

大使館の面接で聞かれる4つのことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

留学経験や海外赴任の経験がある人から人気なのが、外国語を使う仕事です。そして、外国語を使用する仕事の中で最近注目されているのが大使館での仕事です。大使館ではイベントごとも多く、日本にいながら海外で働いているかのような感覚で仕事ができるのが魅力と言われています。しかし大使館の仕事に応募する際、周りに働いた経験があったり、アドバイスをくれるような人はなかなかいないでしょう。そこで今回は大使館での採用面接の際に知っておくと得する情報をまとめてみました。面接で聞かれることの多い質問や身だしなみなどについて書いていますので、一つずつチェックして臨んでくださいね!大使館の仕事内容大使館は一つの企業のように

薬剤師の面接で聞かれる6つのことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

薬剤師の面接で聞かれることって何だと思いますか?面接というのは誰でも緊張してしまうものです。得意な人ってそうそういませんよね。面接は色々なことを聞かれると思っている方も多いようですが、実際面接で聞かれることはそこまで多い訳ではありません。事前に対策をしっかりしておけば問題ないので、今回は薬剤師の面接で質問される6つのことや、押さえておくべきポイントなどをご紹介いたします。薬剤師の仕事内容薬剤師の仕事内容を大まかに説明させていただきましょう。薬剤師の仕事というのは、薬の調合や患者に薬を渡す際何に注意しなければいけないかということを指導するという役目があります。最近ではドラッグストアで働く薬剤師も

書店の仕事の面接で訊かれる5つのことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

書店で面接を受ける際のコツについて解説していきますのでぜひ最後までご覧ください。読書好きで本屋で働いてみたいという方に向けて、今回は必見な情報をまとめてみました。おおまかな業務内容や、本屋の面接の質問は何を聞かれて、どのような人材が採用されるのかなどを具体的に解説していきます。服装やメイクや言葉遣いなども書店員の雰囲気に合わせてみましょう。そのやり方も要チェックです。書店の仕事内容書店に行けば、エプロンを着用した書店員が本を抱えて棚の間を忙しそうに動き回っていたり接客をしていたりする姿を見かけます。実際に行っているのはどのような仕事なのか、少し掘り下げてみましょう。まずは、お客様のいる店内で行

期間工の面接で聞かれる8個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

期間工の面接を控えているそこのあなた!ぜひこの記事を参考にしてみてください。期間工は多くの募集を見かけますよね。中には自分にピッタリの期間工募集も見つかると思います。そうした時に、いざ応募して、面接となった場合は、いったい何を聞かれるのか?期間工面接の服装って何で行けば良いのか?と疑問が出てきます。今回は期間工の面接対策をここでご紹介させていただきます。受かるために知っておくべき情報ばかりなので必見です。期間工の仕事内容そもそも、期間工の仕事内容についておさらいしてみましょう。期間工としての仕事内容は、色々な業種に分かれています。多くの期間工を募集している自動車メーカーの場合には、鋳造、鍛造、

臨床工学技士の面接で聞かれる6個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

臨床工学技士の面接を受けようと思っているあなたのために。現役臨床工学技士の筆者が、面接で訊かれる内容とそれに対する受け答えのコツや注意点についてご紹介します。就職活動で一番不安なことは面接活動であると言われています。臨床工学技士になりたくてもまずは面接に合格しないと何も始まらないですよね!面接前に是非この記事を読んでいただくことをおススメします! 臨床工学技士目指して頑張ってくださいね!臨床工学技士の仕事内容臨床工学技士は、医師の指示のもと生命維持管理装置などの機械の操作や、医療機器の管理・運営をすることが主な仕事です。病院への就職が大半を占めますが、クリニックや医療機器メーカーを選ぶ人もいま

保健師の面接で聞かれる3個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

保健師の面接はどのようなことを聞かれるのかを予習しておきたい方は必見です!面接って独特な質問をされることがあるのですが、中には答えにくい質問をされることもあります。ここでは、そんな保健師面接の質問内容の受け答えについてを注意点も踏まえて詳しく解説していきたいと思います。実際の保健師面接はそうそう難しいことはないそうですが、この記事を参考に保健師面接対策をしっかり覚え、人柄を見られるため笑顔や印象は良くして挑みましょう!保健師の仕事内容保健師は大まかに言うと保健室の先生の仕事というと理解しやすいかと思います。大体そんな感じですね。急病人の介抱や怪我人の応急手当、地域や子供たちやその職場で働いてい

社会福祉士の面接で訊かれる3個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

社会福祉士を採用する人事担当者にとって、社会福祉士の方々に期待を寄せているのは相談業務をメインにして頂けるかどうかです。高齢者福祉分野で当てはめて考えた時に、例えば介護士は利用者の方に対して接することがメインですが、社会福祉士はそれに加えてご家族や関係機関との密接な関係づくりが必要になってきます。採用面接を行う際には、そういった視点から見た時に果たしてこの人で大丈夫なのだろうか等の判断が下されます。ここでは、社会福祉士を取得し生活相談員として採用される際の内容を記載していきます。社会福祉士の採用面接で訊かれる3個のこと採用面接において訊かれることの多い事項をまとめましたので、参考にして頂ければ

営業事務の面接で聞かれる4個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

営業事務の面接を控えている方は参考までにぜひご覧ください。営業事務は特に女性に人気で、女性の採用の多い職種です。気配り上手で業務も丁寧に行い、会社になくてはならない存在です。今回はそんな営業事務になりたいという方に向けて、詳しい業務内容や営業事務の面接で聞かれる質問などを具体的に経験者の筆者が教えます。面接時の営業事務の服装や注意点なども要チェックです。営業事務の仕事内容営業事務は、外回りをする営業マンを支える仕事です。基本的に毎日会社に出社する、内勤の仕事です。デスクワークであり、机の上には電話とパソコンが置かれています。まず基本的な仕事となるのが、会社にかかってくる電話の応対や、メールやF

助産師の面接で聞かれる3個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

助産師の面接でよく聞かれることって何だと思いますか?どんな助産師になりたいかを面接で聞かれたなんて声もあれば、当たり前に助産師の志望動機を詳しく聞かれたり、様々な質問がありますよね?助産師の魅力を面接で自分の言葉で上手に伝えるのって難しいですよね。そこで今回は、助産師面接の質問を3つに絞ってその受け答えのコツについても解説していきたいと思います。助産師の仕事内容助産師の仕事内容に関しては、分娩室のアシスタント業務、診察室のアシスタント、入院患者の世話、点滴や注射などの処置、新生児や妊婦などのケアを行います。元々看護師という職業であるため、助産師の主な業務としては看護業務となります。助産師として

管理栄養士の面接で聞かれる7個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

職場の環境は実際に働いてみないと、分からないことが多いですよね。働き始めてみて”あれっ?話と違うんじゃないか?”、”怖い先輩がいる!”、”仲間となじめない”などなど・・・。せっかく仕事を始めたのに、1ヶ月~3ヶ月くらいで転職を考えてしまうこともよくあることです!最近は売り手市場なので、あまり馴染めないような職場でガマンすることもないんですよ。早く決断して次に切り替えるのことで、ストレスも少なくて済みます。ただし、次の職場では同じ失敗を繰り返さないために、面接のときに確認しておくべきポイントを抑えておきましょう。面接時に訊かれる質問と、そこで何を判断されているのかが分かれば、答えも変わってきます

歯科衛生士の面接で訊かれる7個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

歯科衛生士の面接対策をお考えの方は必見です!歯科衛生士学校に通っていたり、なんとなく興味を持っていて実際に働いてみようと考えている方がいらっしゃるかもしれませんね。それでは、採用面接はどのような感じなのでしょうか?今回は、歯科衛生士の面接の質問でよく聞かれる7個のこと、注意点、求人の確認事項についてなど、知っておくべき内容をまとめました。歯科衛生士面接時の服装についてや働く前の心構えを、先にこの記事で予習してみてください。歯科衛生士の仕事内容まずは歯科衛生士の仕事内容が、どのようなものかおさらいしましょう。働く場所にもよりますが、歯科衛生士の大多数が働いている歯科開業医の場合、「歯科診療補助」

留学後の就職を成功させるためには?やっておくべきことや留学を活かせる仕事を教えます!

語学のスキルを身につけるためや専門的な勉強をするための海外留学の道。国や言葉は違えど、留学経験者で日本に帰国後語学を活かした仕事に就きたいと希望する方はとても多いのではないでしょうか。せっかく身につけた語学スキル、できればそれを大いに発揮できる就職先を選びたいものですよね。しかし、ただ留学をして海外で語学を学んだというだけではなかなか希望する語学を活かした職種で活躍することは実は難しく、たくさんの方が語学とはあまり関係のない職種への就職を選ばざるを得ません。そこで今回は、留学後の就職で希望の職種へ就くためにやっておくべきことをご紹介して行きましょう。将来はグローバルに活躍したいと願っている方、

転職が多い人が転職時に気を付けたい6つのこととは?こうすれば面接はうまくいきます

転職が多いとしても、しっかりとした理由があったり、目的を持った転職であれば印象が悪くなることはありません。しかし、そんな経歴をお持ちの方は面接時にきちんとした事を面接官に伝えることができなければ、マイナスの印象となってしまい、転職活動がうまくはいきません。そこで今回は、転職をしたい人が就職活動時に気をつけたいことを6つに分けてご紹介させていただきます。ポイントをおさえて次の転職を成功させましょう。転職が多い人の特徴とは?ここでは大きく二つに分けてみたいと思います。それは能動的か、受動的かどうか。能動的な人は、自ら選択して動きます。現状からより良い環境に身を置きたい。新しいことを学びたい。自ら目

40代フリーターが正社員を目指すための4つの方法、おすすめの仕事と面接時の注意点とは?

40代フリーターの皆さん、必見です!20代・30代の頃にはよかったけれど、40代になってフリーターであることに不安を感じるようになったという方もこのご時世、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?今からでも正社員を目指したい!と考えてはみるけれど「新卒でなければ難しい?」「今からだと遅い?」と悩みを抱えていませんか?実は、今からでも遅くはないんです!ここで40代フリーターの就職活動の方法をお教えしちゃいます。40代フリーターが正社員を目指すには、どうしたらいい?正社員ではなく、フリーターをしている理由はなんなのでしょうか。なぜフリーターになったのかということと、フリーターを続けている理由をこ

30代フリーターが正社員を目指すための5個の方法、おすすめの仕事と面接時の注意点とは?

最近は大学卒業後もフリーターとしてアルバイトで生計を立てる人も多く、正社員以外の働き方を選ぶ人が増えています。その理由としては働く時間や服装の自由がきくこと、休みを取りやすいなど様々な理由があるようです。夢を追いながら劇団員やミュージシャンとして活動しながら、足りない生活費をアルバイトで稼ぐという人もいます。20代まではそれでも良いかもしれませんが、30代になると将来のことを考えてこのままフリーターでいいのだろうか…と自問自答する人もいるでしょう。正社員として働くといろいろと制約があると考えてしまうかもしれませんが、やはりそれ相応の安定と保証があります。慣れるまでは大変かもしれませんが、社会人

派遣の登録面接の攻略方法。登録の流れ・訊かれること・事前に考えること・服装など元面接担当者が落ちないための対策を解説します

「派遣会社の登録って落ちることがあるの?」とよく質問されます。端的な答えとしては「イエス」ですが、登録で落ちることはめったにありません。とは言え、例え登録できても、実は面接で失敗していたためにその派遣会社から仕事紹介がないというケースがあります。今回は派遣会社の元面接担当者である私が、派遣の面接で落ちないための対策を解説します。更に、仕事紹介に繋がる面接攻略方法を具体的にお伝えします。派遣の登録完了までの流れ派遣登録はWeb登録→来社登録→仕事紹介という流れになっています。来社登録は派遣のシステムの説明や一般常識テストやスキルチェック、面接があります。職務経歴やプロフィールの登録Web登録では

製薬会社でホワイトな会社の4個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

製薬会社と言えば、バブル当時は非常に悪名をはせた「医師への接待」「厚生労働省幹部への饗応」等あまり良くないイメージがありました。また、従業員へのパワハラ系業務命令、土日も関係なく働かなければならないイメージを持たれている人も未だに多いかもしれません。最近ではホワイト企業として企業イメージをクリアにしている会社が多くなったとは言え、どの業界にも言えることではありますが、未だに製薬会社の中にはブラックかグレーな会社が存在することは確かです。そこで、ホワイトである製薬会社の特徴を4個にまとめてみました。更に、求人内容や面接時にホワイトと判断できる見分け方も併せて紹介しますので、会社選択を間違いないよ

外資系企業の面接で聞かれることと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

転職活動における最大の難関、それは「採用面接」です。この「採用面接」が難しい理由の一つが一発勝負であることで、初対面となる人物との一度きりの面接で、全てが決まります。判断されるポイントなどが事前に分からないため、なかなか充分な準備を整えることができず、もはや相性という、非常に曖昧且つ属人的な判断基準で決まっている印象さえあります。確かに、面接というものは人間が判断するものなので、相性や好みといった自己努力の範疇ではどうしようもないこともありますが、それでも事前にしっかりと整理や準備をすることで、この相性や好みという個人的思考の壁を突破できる要素も少なくありません。今回は、外資系企業を対象として

看護師にとってホワイトな職場の6つの特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

看護師のホワイトな職場について詳しく知りたい方は必見です。看護師にとって、病院選びはとても難しいものです。募集内容と実際の勤務内容が一致している病院には、なかなか出会えません。一度働き始めてしまうと患者さんの事が気になってしまい、自分が辛くても、すぐには辞められない看護師もとても多いので、求人探しでは、ホワイトな病院を選ぶことが大切です。看護師がホワイトな病院で働くには、どんなことに注意すればいいでしょうか。ここで、良い職場の見分け方を身に付けましょう。看護師の大まかな仕事内容看護師は専門職ではありますが、総合的な視野が必要で、患者さんに関わること以外にも様々な業務があります。看護師の役割と仕

バス運転手の面接前にチェック!面接時によく聞かれること、事前に準備すべきこと、逆質問しておくべきこと

バス運転手の面接を控えている方には必見な内容をご紹介させていただきます。バス運転手に興味を持った時、気になるのは実際の業務内容や面接でどんなことを聞かれるかなど様々ですよね。ここでは、そんなバス会社の面接で成功に導く、よくある質問や注意点を中心に、解説していきたいと思います。バス運転手の適性検査やテスト、事前に準備すべき内容を把握して面接に備えましょう!興味をお持ちの方はぜひ最後までお読みくださいね。バス運転手の採用をしている会社で多い募集内容は?募集内容で多いのはどんな条件?バス会社での求人の募集内容を紹介します。大まかな仕事内容路線バスや貸切バスなどバスの種類は様々で、それぞれバスの運行目

コールセンターの面接でチェックされるポイントとは?現役コールセンターの管理者が面接対策や採用されやすい人の特徴を解説

コールセンターのイメージというと、制服を着た女性がヘッドセットを付けてパソコンに向かっているなど、よくCMなどで見かける場面が思い浮かぶかもしれません。普段は目に見えない分、職場の雰囲気が分かりづらいですよね。コールセンターは時給が高く時間の融通がききやすそう、働いてみたいと思っても、イメージがわかないとチャレンジしづらいかもしれません。ここでは、コールセンターでの面接でチェックされやすいポイントと、採用されやすい人についてご紹介します。雇用形態も豊富なコールセンターですが、特にアルバイトや派遣で働きたいという方には読んでいただきたい内容です。コールセンター求人の種類についてコールセンターの求

歯科助手の面接で訊かれる8個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

歯科助手という仕事をしてみたいけど自分にできるだろうか、面接はどんな感じなのかな?働いてみて自分に合わなかったらどうしよう?など、いざ就職しようと思っても実際に働き始めるまでは不安な事がたくさん出てくるかと思います。そんな不安を解決するためには、まずは第一歩目の面接が重要となってきます。自身をアピールしながら、その歯科医院の雰囲気だけでなく実際に働くにあたっての待遇などもきちんと確認しておきたいものです。この記事では、歯科助手として働く為の最初の段階である「面接」について詳しくご紹介していきます。歯科助手の仕事内容についておさらいしておこう歯科助手は資格がなくても働くことができ、未経験OKのと

塾講師のバイト面接で聞かれる4個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

塾講師のアルバイトは時給も高く、大学生からはかなり人気のバイトになっています。では、実際に塾講師のアルバイトはどんな仕事なのか、詳細をご存知でしょうか?アルバイトの面接はどんなことを訊かれるのか、また採用に必要な学力テストはあるのか、また、塾講師のアルバイトの求人情報で確認しておかなければならないことや知っておくべきことなどを実際の経験に基づいて書いてみました。今から塾講師のアルバイトを始めてみたいと思っている人は、ぜひ一度読んでみてください。塾講師バイトの仕事内容塾講師アルバイトの仕事内容は、個別指導と集団指導で異なる部分がありますが、仕事内容としては大きく3つが挙げられます。教える内容の予

転職の面接マナーや受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

転職の面接マナーを詳しく知っておきたい方は必見です。転職活動における面接にはどのような対応が必要なのか?経験がないとなかなかイメージが湧かないかもしれません。基本的には、新卒社員としての就職活動と同じとなるのですが、もちろんキャリアを重ねた中途採用における転職活動となるので全く同じというわけにはいきません。そこで、転職活動における面接マナーについて解説をしていきます。転職の面接マナーとは?転職活動のなかでも、最も重要で、且つ難易度が最も高い選考過程となるのが、「面接」です。新卒での面接と異なり、ある程度の社会人経験を積んで、ビジネス上でのインタビューや面談などを数多くこなしてきていれば全く問題

転職の面接対策!面接で聞かれる4個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

転職活動において、最大の関門となるのが「採用面接」です。採用面接を受けるうえで、気を付けなければいけない点、それは「やり直しがきかない」ということです。企業側の採用担当者や、採用に関する決定権者と直接やり取りをし、言うなれば「その時の印象」のみでジャッジされ、やり直しがきかない、まさに一発勝負の名にふさわしい、転職活動における難所となるのが「面接」です。そのため、面接を受ける際に、しっかりとした事前準備を行ったうえで、最大限の努力を面接前に行ったかどうかが非常に重要となります。今回は、その面接対策に関するポイントを解説していきます。転職活動真っ最中で、これからまさに面接の予定があるという人でも