職場の環境は実際に働いてみないと、分からないことが多いですよね。

働き始めてみて”あれっ?話と違うんじゃないか?”、”怖い先輩がいる!”、”仲間となじめない”などなど・・・。

せっかく仕事を始めたのに、1ヶ月~3ヶ月くらいで転職を考えてしまうこともよくあることです!

最近は売り手市場なので、あまり馴染めないような職場でガマンすることもないんですよ。

早く決断して次に切り替えるのことで、ストレスも少なくて済みます。

ただし、次の職場では同じ失敗を繰り返さないために、面接のときに確認しておくべきポイントを抑えておきましょう。

面接時に訊かれる質問と、そこで何を判断されているのかが分かれば、答えも変わってきますよね。

この記事では、管理栄養士の面接で訊かれる7個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点などご紹介します!

管理栄養士の仕事内容

管理栄養士の就職先は、委託会社に入って給食の施設に配属されるパターンが多いです。

給食施設での事務作業のメインは、献立作成や発注業務などになります。

調理も業務に入っていることが多いでしょう。

委託会社の本社勤務で、献立作成や衛生管理部のような巡回作業を担当することもあります。

しかし、現場の穴埋めで結局現場に駆り出されることも多いようですね。

今は現場が人手不足のため、本社勤務として採用されても現場に回されてしまうことも多いようです。

施設の直営側での募集やドラッグストアやスポーツクラブなどは、事務作業や知識の提供になることが多いでしょう。

知識の提供なので、自分の知識を対象者に合わせて更新していかなければなりませんね。

初めて会う人たちとコミュニケーションを取りつつ、質問に答えるという仕事内容です。

慣れてしまえば良いのですが、慣れるまでは緊張してしまいますよね。

また、何を質問されるのかは事前に分からないので幅広い知識を求められます。

募集が多いのは、前者の委託会社の求人です。

人手不足が深刻なので募集が無いということはありませんが、だからこそ自分の希望する仕事を見つけてほしいですね。

管理栄養士の採用面接で訊かれる7個のこと

委託会社の募集は、”即採用!”なんてことも多いので、こちらから聞いておくべきことは抑えておいた方が良いでしょう。

募集人員が少ない直営の募集やスポーツクラブなどの募集では、是非採用されたい・・・と思いますよね。

そうなると、面接が重要になってきますね。

質問で何を知りたいのかが分かれば、適切に答えることができます。

質問の内容を整理してみましょう。

この職場で働きたい理由

各職場の特徴を考え、その職場ならではの特徴を盛り込んだ話をすると、説得力を上げることができます。

例えば、病院だったら、NSTに興味があります。

保育園だったら、園児の健康と食育などを関連付けて”やりがい”と結び付けてみましょう。

その次に、職場までの距離や移動手段なども、説明がつくとなお印象が良くなるでしょう。

やはり、あまり遠いと何故ここなの?という疑問が出てしまいますからね。

職場が自宅から遠いと交通費が高くなってしまいますので、やはり自宅から近いのはアピールポイントになりますよね。

前職を辞めた理由

円満退社の場合は、正直に答えて差し支えありません。

もし、前職での不満などあったとしても、正直に話していく内に悪口を話しているような感じになり兼ねませんので注意しましょう。

あまりネガティブなことを話すのは印象を悪くしますので、話し方にコツが要ります。

不満だった出来事を、自分はこのように受け止め今後はそれを改善できるように考えている・・・というように、悪いことばかりでなく、それらに対する行動を起こしてみる、といった前向きな話に変えていきましょう。

例えば、自分が思った仕事ができなかったことに不満があったとします。

待っているだけでは変わらないので、今後は与えられた仕事を早く終わらせて余裕ができるようにし、自分の希望の仕事を任せてもらえる努力をします・・・といった具合ですね。

今までの仕事経験、今後の希望

今まで関わった仕事は何ですか?という質問は必ずありますが、正直に話して構いません。

逆にやってもいないことをやったことがある、というような誤解が生じてしまう場合があります。

後で自分が追い詰められてしまうので注意しましょう。

どの施設に面接に行っているかによってアピールするポイントも異なるので、まとめておきましょう。

例えば老人施設なら、日々のバラエティーに富んだ美味しい食事を希望していること、献立作成についての企画や立案についてのアピールポイントになってくると思います。

保育園の献立作成だったら原価計算から含め可能なこと、また確実に現場の調理作業もついてくるので、調理業務についてのアピールがポイントになるでしょう。

病院だったら病態についての知識、データの読み方、経管栄養の種類などの知識があるかどうかを、アピールしていきましょう。

自分の長所、短所

日本人は謙虚な人柄なため、自分の長所をアピールすることが苦手ですね。

どちらかというと短所を話す方が得意だったりしますが、面接では克服してください。

先に長所を話して、その反対に短所があるんだという説明の仕方です。

おとなしい、ということも謙虚や協力的と言えば長所になります。

仕事においては真面目に黙々とこなせることも長所になりますので、消極的な性格でも表現の仕方で長所として話をすることができますね。

苦手な人との関り方について

職場の中には、苦手な人も必ずと言って良いほどいるでしょう。

毎回逃げていては自分が損をしてしまうので、ここでは面接時の回答でもあるし、苦手な人の克服の仕方も覚えておきましょう。

こちらが苦手と思っている人は、おそらく相手もそう思っているでしょう。

なるべく、関わらないようにすることが一番だとは思います。

かと言って全く接触しないわけにはいかないので、接触する時は仕事と割り切って失礼のないようになるべく手短に話しましょう。

個人的に仲良くする必要はありません。

業務上のみと割り切って接触することが上手くいくコツだと思います。

現在の健康状態について

最近多いのは、精神的に不安定があり退職を余儀なくされた方です。

そのような場合、同じようなストレスがかかった時に繰り返してしまうこともあるので、無理せず状況を説明しましょう。

医師などにも相談して、どの程度まで話せるのか確認しておきましょう。

生活習慣病がある場合は、対策をしているのかなども含め話しておきましょう。

病院の面接では、自分の健康を疎かにしていると、印象が悪くなってしまいますからね。

管理栄養士として、得意な業務、これからやりたい業務など

やりたい業務は履歴書に記入していると思うので、記入したことと違うことを話さないように注意してください。

やりたい業務が必ずしもできるわけではないので、あくまで希望ということ、それに向かって勉強や努力をすることなども盛り込むと良いでしょう。

得意な業務も、その施設が求めている業務は何なのかをリサーチし、合致するとポイントが高くなるでしょう。

しかし、本当に経験のある業務の中で話をしなくてはいけません。

管理栄養士の採用面接での注意点

第一印象はとても大切です。

やはりパッと見の印象で半分以上合否に関わってくるでしょう。

あまり硬くならずに、しかし真面目さを表せると好印象になりますよね。

約束の時間より少し早めに到着することが望ましいでしょう。

早めに着いたら、身だしなみも整えておきましょう。

服装

新卒の方でしたら、リクルートスーツのようなものが定番ですよね。

中途採用の場合は、わざわざ購入することはありません。

きちんとした印象の服装なら良いと思います。

スカートならば、シルエットや長さに注意しましょう。

ピッチリすぎるのも身体の線が強調されてしまい、あまり良い印象になりません。

ジャケット(上着)はあった方が、キッチリとした印象になりますね。

シワになっていないか、ボタンなど取れていないかは、前日に確認しておきましょう。

ストッキングの伝線も確認しておきましょう。

香水やコロンは止めたほうが良いと思いますが、最近は衣類の芳香剤の臭いが異常に強いケースがあります。

相手に不快に思われない程度の臭いの度合いを調べておきましょう。

服装などについては、清潔感が一番重要になります。

職場に相応しいメイクや服装、態度がポイントになりますね。

若い人にありがちですが、アイメイクが濃すぎる場合があります。

つけまつげは厨房では異物混入の要因として禁止になりますので注意しましょう。

良かれと思って香りをつけることが最近の流行りですが、人によっては気持ちが悪くなる場合があるので、適度な香りを考えた方が良いでしょう。

身だしなみ

手に関しては、意外に見られています。

爪は短めにし、なるべく傷などない方が良いでしょう。

絆創膏を貼る場合は、清潔に保てるようにしましょう。

最近はネイルや付け爪なども当たり前になっていますが、管理栄養士の面接などには相応しくありません。

指輪は結婚指輪以外は、外しておいた方が良いでしょう。

アクセサリーも、シンプルなものを1個くらいに抑えるのが無難です。

ピアスやイヤリングは止めておきましょう。

もともと就業するにあたってアクセサリー類は衛生上禁止になるため、面接の時から意識しておきましょう。

メイクも、つけまつげやアイラインなど過剰にするのは好ましくありません。

ナチュラルメイクを心がけましょう。

いつもやっているからと言って盛りすぎるのは清潔感が感じられませんので、注意しましょう。

ヘアスタイル

清潔感が保てるように、きちんとまとまったヘアスタイルにしましょう。

ロングの方は、まとめたほうが良いでしょう。

前髪が長く面接時に何度もかきあげるようだったら、留めるか切りましょう。

髪を何度も触るのは、止めましょう。

衛生的に良くなく、印象が悪くなってしまいます。

髪には、あまり触らないように心がけましょう。

持ち物、靴

持ち物のバッグは、あまりぎゅうぎゅうに詰め込みすぎず、入れているものがはみ出してないか確認しましょう。

靴も汚れていないか確認し、綺麗な状態にしておきましょう。

すり減りが酷いものなどは避けましょう。

服装は気にしても、持ち物や靴には自分で気が付いていないという場合があります。

細かいところこそ、意外に見られていますからね。

姿勢、態度

施設に入る時から姿勢には気を付けましょう。

背筋を伸ばして、挨拶はハッキリとした声で話しましょう。

初対面の段階でフラフラしていたりモジモジしていたりすると、だらしない印象を与えてしまいます。

面接時に椅子に座る際は、浅めに腰掛けて背筋が伸びるように意識してください。

間違っても背もたれに寄りかかることがないようにしましょう。

話し方

面接官が複数いる場合は、話している人の方を見て聞き取りましょう。

また、話をする時はゆっくりはっきり話すように心がけましょう。

声が小さいと、印象が悪くなってしまいます。

聞き取りやすい声で話しましょう。

難しいかもしれませんが、リラックスして話ができるといいですね。

面接時の話し方や仕草で印象が変わってきます。

聞き取りやすい話し方で相手の顔を見て話をしていきましょう。

終わった後も、その施設を出るまでは油断しないようにしましょうね。

最後に一礼をしてから施設を出るようにしましょう。

まとめ

管理栄養士の転職は、募集についてはたくさんあります。

転職サイトや雑誌などを見ても、何を基準に決めて良いのか迷うほどです。

その中で、自分が希望する点を絞って探してみると良いと思います。

給料なのか、待遇なのか、やりたい仕事なのか、一番自分にとって外せないものを順位付けしておくことをオススメします。

残念ですが、一番重要だと思われる人間関係は入ってみないと分からないことが多いです。

面接時に働く仲間たちと会う機会があれば少しは雰囲気が分かるかとは思いますが、やはり全ては働いてみないと実態はつかめないと思います。

苦手な人との付き合い方やストレスをためない過ごし方を身につけ、やり過ごせると良いですね。


関連キーワード

管理栄養士求人

管理栄養士求人についてもっと深堀りした情報を見る

管理栄養士の転職方法とは?よくある転職先から転職における注意点までをご紹介

管理栄養士として、働いている人たちには様々な背景があります。管理栄養士の資格を取得してから就職する人、栄養士として何年か働きながら管理栄養士の資格を取得する人もいます。管理栄養士の資格を取得してから就職する人たちは、ほとんどが4年制大学卒業の新卒採用です。4年制大学卒業後の新卒者は8割~9割が、管理栄養士の国家試験に合格しています。しかし、栄養士として就職し実務経験を積んだ後に管理栄養士の国家試験を受けた場合の合格率は5割以下というのが現状です。働きながら勉強をするので、努力が必要になってきます。新卒採用の管理栄養士は経験が全くない状態なので、基本的に栄養士の新卒者と仕事内容は変わらないことが

管理栄養士の仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリア、働き先の種類について解説します

現代社会は、食事、健康に関する問題が目立ちはじめ、それに伴い、それらの重要性が見直されている時です。例えば、昔に比べ、サプリメントなどで手軽に栄養がとれたり、ファーストフード、冷凍食品などで手早く食事を済ませたりできます。勿論それらは核家族化が進み、忙しい現代人には有難い一面もあります。しかし、それらの台頭は間違った情報をもとにしたダイエットで健康を損ねたり、家族で食卓を囲む楽しさを知らなかったりするという問題も生んできました。他にも、飽食の時代がゆえに、過剰な塩分、脂質などの摂取が要因とされる生活習慣病に苦しむ人も多いです。そんな現代では健康ニーズが高まり、健康のために食事を見直すという意識


管理栄養士求人に関するコラム

管理栄養士になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

「管理栄養士」の仕事がしたい!でも実際に管理栄養士免許を取得し、働きに出るためには、何から始めれば良いのか、分からない人も多いと思います。そんな方のために、管理栄養士になるために必要な資格や勉強、適正の見分け方、さらに働き先の見つけ方を、細かく解説していきたいと思います。管理栄養士になるには?管理栄養士になるためには、国家試験に合格し、厚生労働大臣認定の国家資格を取得する必要があります。そしてその国家試験は、勉強すれば誰でも受験できるという訳ではなく、受験するために必要な資格と条件があります。勉強するべき内容、適正も併せて、詳しく見ていきましょう。管理栄養士になるために必要な資格は?管理栄養士

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士になるためには何が必要なのでしょうか。管理栄養士の仕事と言われると、何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献立作成まず管理栄養士と言えば、献立作成を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?献立は栄養バランスの整った食事を基本として作成すると同時に年中

管理栄養士は男性でもできる?その理由と男性ができること、大変だったこととは?

管理栄養士=女性というイメージを持っていませんか?管理栄養士の他にも看護師や保育士など女性の職業であるというイメージが強いですが、実は男性も多く見かけます。他職種と比べても確かに管理栄養士は女性が多い職業ですが、男性にもできます!これは自信を持って言えます。今回は男性管理栄養士ができること、大変なこと等、詳しく説明していきます。管理栄養士の仕事についておさらいしておこう管理栄養士は職場によって仕事内容は様々です。管理栄養士の仕事を簡単にまとめてみました。献立作成対象者に合わせて栄養バランスの整った食事を提供できるよう配慮し、献立作成を行います。食材の発注・検品献立をもとに発注書を作成し食材の発

管理栄養士の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

様々な職場で活躍する管理栄養士。初めに、主な勤務先と仕事内容を簡単にお伝えします。病院での栄養指導業務老人ホームでの献立作成や調理指導学校給食での献立作成や食育指導幼稚園・保育園での調理や、献立作成などの給食業務保健所・保健センターなどでの公務員スポーツ関係フリーランス他にも多くの現場で活躍中の「管理栄養士」ですが、幅広く「食」と向き合い正確な情報を提供していることは、勤務先に関わらず共通していることです。人の役に立ちたいという人にはぴったりの仕事ですが、休暇の取得について気になりますよね。職場により勤務体制や労働条件は異なってきますが、今回は管理栄養士の一般的な「休み」に注目して見ていきまし

管理栄養士のやりがいとは?経験者の私が感じる5つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

健康食品や健康食材についてのテーマで毎日のようにテレビや雑誌で特集されるぐらい注目を集めている栄養について。多く出回る情報に振り回されている部分もありますが、毎日食べる食事について関心を持っている方が多い現れだと感じています。それと同時に栄養管理に関する専門家として管理栄養士がメディアに出て活躍している姿をよく見ます。今回は管理栄養士のやりがい等を紹介していきたいと思います。管理栄養士の大まかな仕事内容について理解しておこう医療管理栄養士が活躍しているところとして一番有名なのは病院ではないでしょうか。入院患者や通院中の患者一人一人の病状に合わせた栄養管理や栄養指導を行います。最近では栄養サポー