「食と健康」

この二つはとても大切なもので、誰もが一度は「食」に関わる悩みを持ったことがあると思います。

そんな時は誰に相談すれば良いでしょうか?

生きていく上で切っても切り離すことのできない大切な「食」と、専門的に関わる仕事をしている人がいます。

それは「管理栄養士」という資格を持った人です。

メニュー作成・栄養指導など「食」に関わることなら何でも取り組む管理栄養士。

管理栄養士は高卒でもなれるのでしょうか?

今回は管理栄養士のなり方を中心に詳しく解説していきます。

管理栄養士って高卒でも大丈夫?

結果から申し上げると、高卒での管理栄養士資格は取得できません。

国家資格を受験するにはいくつか条件があり、それを満たした人のみ受験資格を得ることができます。

では一体、どのようにすれば管理栄養士という資格を取得することができるのでしょうか?

管理栄養士の試験を受験するための進学方法や受験資格に必要な実務経験、試験について詳しく見ていきましょう。

管理栄養士になるまでの方法は?

まずは、都道府県知事による「栄養士免許」の取得をし、その上で厚生労働大臣による「管理栄養士」という国家試験に挑む必要があります。

そのための条件は次に挙げるものになります。

学校の種類ごとに見ていきましょう。

管理栄養士養成施設として指定されている大学・専門学校に4年間通った場合

実務経験なしで受験資格が得られます。

栄養士養成施設として指定されている短期大学に2年通った場合

実務経験3年以上で、受験資格が得られます。

栄養士養成施設として指定されている専門学校に通った場合

以下の実務経験の後に、受験資格が得られます。

2年制を卒業した場合は3年以上の実務経験、3年制を卒業した場合は2年以上の実務経験を要します。

栄養士養成施設の大学に4年通った場合

実務経験1年以上で、受験資格が得られます。

※ここで言う実務経験の内容とは、献立作成、食品材料の選択、栄養に関する教育、栄養に関する調査研究、栄養行政に関する業務、栄養に関する相談、指導、栄養に関する知識の普及向上などの栄養指導業務のことを指します。

このように、受験資格は卒業した学校による違いがあることはご理解いただけたでしょうか?

次に「管理栄養士の国家試験について」ご紹介します。

日程や、試験内容、合格基準などを見ていきましょう。

試験の日程は?

1年に1回、3月上旬に試験日を設けています。

以前は5月の合格発表でしたが、現在は試験同月の3月下旬に合格発表となっています。

試験問題数、試験科目はどれくらい?

試験問題数は全部で200問あります。

試験科目は次の9科目と応用力試験を合わせたものになります。

  • 社会・環境と健康
  • 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち
  • 食べ物と健康
  • 基礎栄養学
  • 応用栄養学
  • 栄養教育論
  • 臨床栄養学
  • 公衆栄養学
  • 給食経営管理論

午前99問、午後101問の合計200問になります。

合格基準は?

問題内容により多少の誤差はあるものの、配点を1問1点として200問中120点以上、つまり全体の60%以上の正答率をもって合格としています。

例として第33回(平成31年)管理栄養士国家試験は200問中120点以上の合格、第32回(平成30年)管理栄養士国家試験は199問中119点以上の合格としています。

栄養士養成施設である「専門卒、短大卒の管理栄養士」と管理栄養士養成施設の「大卒の管理栄養士」で違いはあるの?

これから管理栄養士になる人は進学を考える際、どの学校に進めば良いのか迷う人も少なくありません。

ここでは、卒業する学校によってどのような違いがあるのかという点に注目してみたいと思います。

管理栄養士国家試験の合格率に大きく差がある

管理栄養士国家試験の合格率は、全体では毎年60%前後でほぼ横ばいです。

しかしながら、その内訳を見ると大きく違うので、平成31年の結果と合わせて見ていきたいと思います。

第33回(平成31年)管理栄養士国家試験の受験者数17,884名の内、合格者は10,796名であり、合格率は60.4%と発表されました。

その内訳は次のようになっています。

  • 管理栄養士養成課程新卒の場合は、合格者数9,140名の合格率95.5%
  • 管理栄養士養成課程既卒の場合は、合格者数271名の合格率18%
  • 栄養士養成課程既卒の場合は合格者数1,385名の合格率20.4%

とても大きな差だと思いませんか?

この結果は平成31年に限ってのことではありません。

やはり、管理栄養士の試験対策を学校のカリキュラムとして取り入れている「管理栄養士養成課程の新卒」は、勉強する時間が取れる点と卒業後すぐに試験を受けられるために合格率がとても高く、実務経験を積みながら限られた時間内で試験勉強をしている栄養士課程既卒の場合は合格率が伸び悩んでいるという結果なのです。

しかし、栄養士養成課程既卒の場合でも受かっている人もいるので、計画性を持って勉強すれば決して叶わない夢ではありません。

学校のカリキュラムが違う

学校によって特色があるので一概には言えませんが、大学では一般教養科目を学ぶ機会が多いのが特徴です。

それに対し専門学校や短期大学では栄養士・管理栄養士として専門的な内容の勉強や調理実習を多く取り入れてる学校が多いのが特徴として挙げられます。

就職先、給料など

職場によっては大卒を優先したり、大卒の初任給を高くするなど違いがある場合があります。

しかし実際の求人情報などを見ると、特に卒業校についての指定は書いていないところが多いため、あまり違いはないと言えるでしょう。

実務経験をして管理栄養士となった場合、戦力になりやすいという利点もある

大卒の良い点を挙げたので、専門学校・短期大学に通い、実務経験をした上での管理栄養士の良い点も挙げたいと思います。

栄養士として実務経験をした上で管理栄養士の勉強をするので、今まで栄養士業務として実践してきた内容が管理栄養士となった時に非常に役に立つ場合があります。

例えば調理現場で献立作成・調理の経験があると、管理栄養士として栄養指導をする際に豊富なメニュー提案から作り方まで容易にアドバイスすることができたり、厨房内に的確に調理作業の指示を出すこともできるという利点があります。

まとめ

色々な進路から得ることができる管理栄養士の資格。

今回は「管理栄養士のなり方、受験資格、試験内容、学校による違い」を見てきましたがいかがだったでしょうか?

永遠に活かすことのできる仕事である管理栄養士を、ぜひ目指してみませんか?


関連キーワード

管理栄養士求人

管理栄養士求人についてもっと深堀りした情報を見る

管理栄養士の転職方法とは?よくある転職先から転職における注意点までをご紹介

管理栄養士として、働いている人たちには様々な背景があります。管理栄養士の資格を取得してから就職する人、栄養士として何年か働きながら管理栄養士の資格を取得する人もいます。管理栄養士の資格を取得してから就職する人たちは、ほとんどが4年制大学卒業の新卒採用です。4年制大学卒業後の新卒者は8割~9割が、管理栄養士の国家試験に合格しています。しかし、栄養士として就職し実務経験を積んだ後に管理栄養士の国家試験を受けた場合の合格率は5割以下というのが現状です。働きながら勉強をするので、努力が必要になってきます。新卒採用の管理栄養士は経験が全くない状態なので、基本的に栄養士の新卒者と仕事内容は変わらないことが

管理栄養士の仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリア、働き先の種類について解説します

現代社会は、食事、健康に関する問題が目立ちはじめ、それに伴い、それらの重要性が見直されている時です。例えば、昔に比べ、サプリメントなどで手軽に栄養がとれたり、ファーストフード、冷凍食品などで手早く食事を済ませたりできます。勿論それらは核家族化が進み、忙しい現代人には有難い一面もあります。しかし、それらの台頭は間違った情報をもとにしたダイエットで健康を損ねたり、家族で食卓を囲む楽しさを知らなかったりするという問題も生んできました。他にも、飽食の時代がゆえに、過剰な塩分、脂質などの摂取が要因とされる生活習慣病に苦しむ人も多いです。そんな現代では健康ニーズが高まり、健康のために食事を見直すという意識


管理栄養士求人に関するコラム

管理栄養士になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

「管理栄養士」の仕事がしたい!でも実際に管理栄養士免許を取得し、働きに出るためには、何から始めれば良いのか、分からない人も多いと思います。そんな方のために、管理栄養士になるために必要な資格や勉強、適正の見分け方、さらに働き先の見つけ方を、細かく解説していきたいと思います。管理栄養士になるには?管理栄養士になるためには、国家試験に合格し、厚生労働大臣認定の国家資格を取得する必要があります。そしてその国家試験は、勉強すれば誰でも受験できるという訳ではなく、受験するために必要な資格と条件があります。勉強するべき内容、適正も併せて、詳しく見ていきましょう。管理栄養士になるために必要な資格は?管理栄養士

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士になるためには何が必要なのでしょうか。管理栄養士の仕事と言われると、何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献立作成まず管理栄養士と言えば、献立作成を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?献立は栄養バランスの整った食事を基本として作成すると同時に年中

管理栄養士は男性でもできる?その理由と男性ができること、大変だったこととは?

管理栄養士=女性というイメージを持っていませんか?管理栄養士の他にも看護師や保育士など女性の職業であるというイメージが強いですが、実は男性も多く見かけます。他職種と比べても確かに管理栄養士は女性が多い職業ですが、男性にもできます!これは自信を持って言えます。今回は男性管理栄養士ができること、大変なこと等、詳しく説明していきます。管理栄養士の仕事についておさらいしておこう管理栄養士は職場によって仕事内容は様々です。管理栄養士の仕事を簡単にまとめてみました。献立作成対象者に合わせて栄養バランスの整った食事を提供できるよう配慮し、献立作成を行います。食材の発注・検品献立をもとに発注書を作成し食材の発

管理栄養士の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

様々な職場で活躍する管理栄養士。初めに、主な勤務先と仕事内容を簡単にお伝えします。病院での栄養指導業務老人ホームでの献立作成や調理指導学校給食での献立作成や食育指導幼稚園・保育園での調理や、献立作成などの給食業務保健所・保健センターなどでの公務員スポーツ関係フリーランス他にも多くの現場で活躍中の「管理栄養士」ですが、幅広く「食」と向き合い正確な情報を提供していることは、勤務先に関わらず共通していることです。人の役に立ちたいという人にはぴったりの仕事ですが、休暇の取得について気になりますよね。職場により勤務体制や労働条件は異なってきますが、今回は管理栄養士の一般的な「休み」に注目して見ていきまし

管理栄養士のやりがいとは?経験者の私が感じる5つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

健康食品や健康食材についてのテーマで毎日のようにテレビや雑誌で特集されるぐらい注目を集めている栄養について。多く出回る情報に振り回されている部分もありますが、毎日食べる食事について関心を持っている方が多い現れだと感じています。それと同時に栄養管理に関する専門家として管理栄養士がメディアに出て活躍している姿をよく見ます。今回は管理栄養士のやりがい等を紹介していきたいと思います。管理栄養士の大まかな仕事内容について理解しておこう医療管理栄養士が活躍しているところとして一番有名なのは病院ではないでしょうか。入院患者や通院中の患者一人一人の病状に合わせた栄養管理や栄養指導を行います。最近では栄養サポー