様々な職場で活躍する管理栄養士。

まずは、どのような職場で勤務しているかを簡単にお伝えさせて頂きます。

  • 病院での栄養指導業務
  • 老人ホームでの献立作成や調理指導
  • 学校給食での献立作成や食育指導
  • 幼稚園、保育園での調理や、献立作成などの給食業務
  • 保健所や保健センターなどで公務員として働く管理栄養士
  • スポーツ関係の仕事
  • フリーランスとしての仕事

他にも多くの現場として働く「管理栄養士」ですが、幅広く「食」と向き合い、世のため人のために、発信し続けていることには変わりありません。

そのような「管理栄養士」という仕事。

職場により勤務体制や労働条件は異なってきますが、今回は管理栄養士の一般的な「休み」に注目して見ていきましょう。

管理栄養士の休みは多いの?    

就職活動をする上で、重きを置くのはどこですか?

仕事内容ですか?

給与ですか?

勤務時間でしょうか?

勤務地でしょうか?

おそらく「休み」の日数も気になると思います。

それでは、管理栄養士の休みについて雇用形態別に見ていきましょう。

正社員

「正社員」とは、企業に「直接雇用」として採用されていて、労働契約に期間の定めがなく、フルタイムで勤務する管理栄養士のことを指します。

職場にもよりますが、だいたい年間休日日数は105~110日前後の場合が多いようです。

しかし、求人情報をみると「年間休日日数120日以上」というのをアピールしている会社もあるので、一概には言えないでしょう。

ちなみに、ここで言う「年間休日日数」というものは、企業が定める1年間の休日日数のことで、特別休暇や有給休暇は含まれません。

また、例外として挙げらるものは、生徒の休みが関係してくる給食業界で働く管理栄養士です。

企業によっては生徒の休み期間に、事務仕事や研修等をし、出勤する場合も多くありますが、給食を提供しない期間を休日とし、年間休日日数が150日以上ある場合もあります。

育児中で、子供と一緒の休みが取得できるのは、子育て中の方には嬉しい情報だと思います。

契約社員

「契約社員」とは、企業に「直接雇用」として採用されていて、非常勤社員、嘱託社員、準社員などと呼ばれる場合のある社員のことです。

「正社員」との違いは、雇用期間が定められているという点が大きいでしょう。

雇用期間は企業により異なりますが、正社員として雇用する前に契約社員として採用している企業もあります。

仕事内容や、休日については正社員に準ずる場合が多いため、年間休日日数は105~110日前後の場合が多いと言えるでしょう。

派遣社員

「派遣社員」は、企業に「間接雇用」として採用されていて、雇用関係は人材派遣会社にある場合を指します。

また、給与も人材派遣会社から支給されています。

派遣先から、仕事の指揮、命令をしてもらい、業務に取り組みます。

年間休日日数は、契約内容によって違いはあるものの、派遣先に従う場合がほとんどです。

従って、病院や老人ホーム、給食関係など毎日のように食事を提供する現場の場合は、正社員と特に大差はなく、105日~110日前後の場合が多いでしょう。

パートタイム労働者

「パートタイム労働者」は、企業に「直接雇用」として採用されていて、短時間での契約が多いことから「短時間労働者」とも呼ばれます。

雇用形態としては、「パート」や「アルバイト」として求人案内に出ているものになります。

パートは主婦層、アルバイトは学生のイメージがありますが、定義としては同じパートタイム労働者となっています。

パートタイム労働者の場合は、契約時に「時間や日数」などの条件を決めているので、年間休日日数も正社員よりは多いものの、職場や個人により違いがあるため一概には言えません。

休日のスケジュールはどんな感じ?

雇用形態別に「年間休日日数」について見てきましたが、今度は「休日の取得」や「連休の取りやすさ」などについて見ていきましょう。

繁忙期や閑散期は?

管理栄養士に限らず、企業によっては、繁忙期や閑散期があるところも多いでしょう。

しかし、365日食事提供をする職場で働く管理栄養士においては、繁忙期や、閑散期はほぼないと言っていいでしょう。

あえて挙げるのであれば、学校給食での長期休みや、特定保健指導などの栄養指導業務をする管理栄養士にとっては、健康診断の結果が増える時期が忙しく、春頃の健康診断を行う場合が多いので、6月以降がやや繁忙期であるといえます。

連休は取りやすい?

職場により大きく異なってきます。

学校給食の場合は、提供する対象である生徒の長期休みである、春休み、夏休み、冬休みは連休となることもあり、その間を企業として休みとしているとしたら、連休を取得することは可能です。

しかし、学校給食の場合も長期休みの間を企業としての休みとしていなければ、他のスタッフと順番に取得するなどの工夫をする必要があります。

また、他の職場においてですが、管理栄養士の配置人数の少なさや、毎日休みのない食事提供を考えると、連休を取得することは難しいでしょう。

実際、病院や、老人ホームでは管理栄養士1人体制のところも少なくなく、そうした場合、栄養指導や、セミナー、会議などが重なると、中々取得したい時期に連休を取ることは困難なのが現状です。

ただ、大学病院や、管理栄養士のスタッフが多い現場もあるので、仕事に支障がないよう工夫すれば、連休も決して取得できない訳ではありません。

休日は取得しやすい?

先に、連休の取得は難しい職場が多いと述べましたが、休日自体はしっかりと調整し、仕事の支障がなければ取得に問題はないでしょう。

ただ、365日食事を提供する現場で、人員不足となり調理業務に入るなど仕事量が増えると、休日の取得にも影響が出てくることもあります。

また、フリーランスの管理栄養士として活躍している場合は、仕事の納期など、クライアントとの調整は必要であるにしろ、自由が利く場合もあり、休みも取得しやすいところがあります。

有給や休みの取り方で気を付けること

働く上で、権利ともいえる「有給」や「休み」ですが、取り方について気を付けることはあるのでしょうか?

好きな時に好きなだけ取得したいのが本音ですが、仕事は1人でしている訳ではないので、いくら権利と言えど、好きな時に好きなだけ取得することは、難しいのが現状です。

法律では、年次有給休暇は、従業員がきちんと申請していれば、無条件で与えられる休みとなっていますが、人との関わりが大切な職場だからこそ、いつ取得すればいいのか悩んでしまう人は少なくありません。

ここでは、有給や休みの取るタイミングや、日数、他の人のシフトとの兼ね合いなどについて見ていきましょう。

タイミング

業務に支障が出ない様に気を付けて取得したほうが良いでしょう。

病院勤務の管理栄養士であれば、栄養指導依頼のない日、会議やセミナーのない日、行事食のない日などがタイミングとしては良いと思います。

老人ホームの管理栄養士も、栄養指導依頼のない日、イベントのない日、厨房スタッフの人員が潤っている日などが挙げられます。

学校給食は、基本的には生徒に食事を提供しない日に休むと、周りにも迷惑が掛かりづらいでしょう。

他にも、保健所や保健センターも、地域のための栄養セミナーや、監査チェックの日などをなるべく外すなど、職場により内容は様々ですが、業務に支障がでない様、気を付けて取得している人が大半です。

日数

年次有給休暇の日数は、労働基準法第39条により、企業が従業員に必ず与えなければならない休暇として、定められています。

有給を取得するには、条件が次のような条件があります。

  • 「入社をしてから6ヵ月以上継続勤務していること」
  • 「全労働日の8割以上出勤していること」

が条件として挙げられます。

気になる日数ですが、継続勤務年数が6ヵ月で10日間付与されます。

その後は1年継続勤続年数が増えるごとに、1日追加された有給が付与されます。

例として、1年6か月の場合は、11日分付与されるということになります。

年次有給休暇は、最大で20日間となっており、年次有給休暇は、2年間で時効となります。

それに対し、「週の労働日数が4日以下かつ、週の労働時間が30時間未満」の労働者である、パートタイム労働者の場合は、勤務日数により付与されます。

例として、半年勤務した場合を次に記します。

  • 週の労働日数が1日かつ、年間所定労働日数が48~72日の場合、6ヵ月で1日のみ付与、その1年後の2日付与
  • 週の労働日数が2日かつ、年間所定労働日数が73~120日の場合、3日付与、その1年後に4日付与
  • 週の労働日数が3日かつ、年間所定労働日数が121~168日の場合、5日付与、その1年後に6日付与
  • 週の労働日数が4日かつ、年間所定労働日数が169~216日の場合、7日付与、その1年後に8日付与

と定められています。

勤務日数や時間により差が出ますので、就職活動をする際はぜひ念頭にいれておいて頂ければと思います。

他の人のシフト

どの職場においても、人との関わりによって仕事は回っています。

1度に何人もの人が有給休暇を取得したら、サービス提供をされる側の人に迷惑がかかるかもしれません。

食事が提供できなかったり、仕事が遅れてしまうなどあってはいけません。

そのため、仕事が回るよう有給や連休などの休みは、他の人とずらして取ることが多くなります。

管理栄養士の休みは他業種と比較してみるとどうなの?

ここまで、管理栄養士の休みの日数について触れてきましたが、世間一般的にはどうなのでしょうか?

比べてみましょう。

年間休日日数について

管理栄養士の年間休日日数は105~110日と先に述べましたが、他の業種と比べてどうなのでしょうか?

業界や、社員の規模によっても違いはありますが、今回は厚生労働省による平成29年就労条件総合調査の結果を元に見ていきましょう。

ここでは年間休日日数の多い業界順からランキングにしています。

結果はどうなっているのでしょうか?

  • 1位 金融業、保険業 121.2日
  • 2位 情報通信業   121.1日
  • 3位 学術研究、研究、専門、技術サービス業 118.8日
  • 4位 電気、ガス、熱供給、水道業 117.0日
  • 5位 教育、学習支援業 113.8日

となっています。

管理栄養士の職場として多い「医療、福祉」は、8位となっており、110.8日となっています。

この調査によると、年間休日日数の平均日数は、108.3日となっており、管理栄養士の年間休日日数はほぼ平均的であると言えるでしょう。

他業種に比べ、有給休暇は取得しやすいのか?

会社によっても違うため、一概には言えませんが、就労条件総合調査にて有給取得率の高さにはある決まりがありました。

それは、企業別にみると、従業員1000人以上という従業員が大きいほど、取得率が高くなっているということです。

業界別に見ると、管理栄養士としての職場として多いと挙げた「医療、福祉」は、平成24年だと46.1%の取得率であり、これも他の業種と比べると平均的であることが分かりました。

よって、管理栄養士の年間休日日数や有給休暇は、会社により差はあるものの平均的な日数であると言えます。

管理栄養士として実際勤めていた人の声

いくら結果として年間休日日数や、有給休暇のことが書かれていても就職してみるまでは実体は分かりません。

ここでは、ほんの一例ではありますが、実際勤めていた人の声を書きたいと思います。

病院勤務の管理栄養士の場合

患者数150床ほどの総合病院に勤めていました。

休みは月に8~9日で、夏季休暇や冬期休暇として厨房スタッフと時期を相談しながら休んでいました。

管理栄養士は1人だったため、どうしても外せない案件のある日には休めなかったりと、思うように休みを取得することは困難でした。

特別養護老人ホームの管理栄養士の場合

利用者数60名ほどの施設に勤めていました。

休みは月に9日ほどで、有給休暇の取得も厨房スタッフと調整したり、献立内容を工夫し、調理方法や仕込みの人員を減らしても、満足のいくサービスが提供出来るよう工夫しながら積極的に取得していました。

管理栄養士は1人でしたが、栄養指導の件数が病院ほど多くなかったので、有給も取得できたのだと思います。

市役所で働く管理栄養士の場合

計画を立て仕事を進め、休みが取れる様調整してます。

ただ、休日出勤も結構あるので有給としての消化は多くありません。

個人事務所にて雇用されている管理栄養士の場合

料理本作成のアシスト、献立作成、栄養計算などが仕事内容でした。

少ないスタッフで回していたため、年間休日日数こそ取れるものの、有給休暇は特別な事情がない限り、言い出しにくく、取得は困難でした。

まとめ

管理栄養士の「休み」について書かせて頂きましたが、どうだったでしょうか?

年間休日日数や、年次有給休暇などは、雇用形態や、勤務日数などにより変わってくることがご理解頂くことができたかと思います。

それと同時に、法律だけの問題ではなく、お客様に迷惑をかけないよう休みをすることの大切さも理解して頂けてれば嬉しく思います。


関連キーワード

管理栄養士求人

管理栄養士求人についてもっと深堀りした情報を見る

管理栄養士の転職方法とは?よくある転職先から転職における注意点までをご紹介

管理栄養士の資格を取得してから、就職する人、栄養士として何年か働きながら、管理栄養士の資格を取得する人もいます。管理栄養士として、働いている人たちも様々な背景があるんですよね。管理栄養士の資格を取得してから就職する人たちは、ほとんどが4年制大学卒業の、新卒採用ですね。新卒者の8~9割が、管理栄養士の国家試験に合格です。すごいですよね。栄養士として就職し、それぞれの経験を取得した後に、管理栄養士の国家試験を受けて、合格し管理栄養士になる人たちの合格率は5割以下です。2~4割程度ということも、珍しくないようですね。働きながら、勉強をするのでやっぱりやる気が大事ですね。新卒採用の管理栄養士は、管理栄

管理栄養士の仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリア、働き先の種類について解説します

現代社会は、食事、健康に関する問題が目立ちはじめ、それに伴い、それらの重要性が見直されている時です。例えば、昔に比べ、サプリメントなどで手軽に栄養がとれたり、ファーストフード、冷凍食品などで手早く食事を済ませたりできます。勿論それらは核家族化が進み、忙しい現代人には有難い一面もあります。しかし、それらの台頭は間違った情報をもとにしたダイエットで健康を損ねたり、家族で食卓を囲む楽しさを知らなかったりするという問題も生んできました。他にも、飽食の時代がゆえに、過剰な塩分、脂質などの摂取が要因とされる生活習慣病に苦しむ人も多いです。そんな現代では健康ニーズが高まり、健康のために食事を見直すという意識


管理栄養士求人に関するコラム

管理栄養士になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

「管理栄養士」の仕事がしたい!でも実際に管理栄養士免許を取得し、働きに出るためには、何から始めれば良いのか、分からない人も多いと思います。そんな方のために、管理栄養士になるために必要な資格や勉強、適正の見分け方、さらに働き先の見つけ方を、細かく解説していきたいと思います。管理栄養士になるには?管理栄養士になるためには、国家試験に合格し、厚生労働大臣認定の国家資格を取得する必要があります。そしてその国家試験は、勉強すれば誰でも受験できるという訳ではなく、受験するために必要な資格と条件があります。勉強するべき内容、適正も併せて、詳しく見ていきましょう。管理栄養士になるために必要な資格は?管理栄養士

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士になるためには何が必要なのでしょうか。管理栄養士の仕事と言われると、何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献立作成まず管理栄養士と言えば、献立作成を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?献立は栄養バランスの整った食事を基本として作成すると同時に年中

管理栄養士は男性でも出来る?その理由と男性ができること、大変だったこととは?

管理栄養士=女性というイメージを持っていませんか?管理栄養士の他にも看護師や保育士など女性の職業であるというイメージが強いですが、男性も多く見かけます。他職種と比べても確かに管理栄養士は女性が多い職業ですが、男性も出来ます!!これは自信を持って言えます!!管理栄養士を目指している男性必見です!今回は、男性管理栄養士ができること、大変なこと等、詳しく説明していきます。管理栄養士の仕事についておさらいしておこう管理栄養士は就く職種により仕事内容は様々です。管理栄養士の仕事を以下簡単にまとめてみました。献立作成対象者に合わせた栄養バランスの整った食事を提供できるよう配慮し献立作成を行います。食材の発

管理栄養士のやりがいとは?経験者の私が感じる5つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

健康食品や健康食材についてのテーマで毎日のようにテレビや雑誌で特集されるぐらい注目を集めている栄養について。多く出回る情報に振り回されている部分もありますが、毎日食べる食事について関心を持っている方が多い現れだと感じています。それと同時に栄養管理に関する専門家として管理栄養士がメディアに出て活躍している姿をよく見ます。今回は管理栄養士のやりがい等を紹介していきたいと思います。管理栄養士の大まかな仕事内容について理解しておこう医療管理栄養士が活躍しているところとして一番有名なのは病院ではないでしょうか。入院患者や通院中の患者一人一人の病状に合わせた栄養管理や栄養指導を行います。最近では栄養サポー

管理栄養士になるには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

皆さん、「管理栄養士」を知っていますか?では、「栄養士」と「管理栄養士」の違いとは何でしょうか?今回は、知られているようで知られていない「管理栄養士」の取得方法や勉強内容、就職、転職まで経験談を交えながら詳しく説明していきたいと思います!管理栄養士ってどんな仕事をするの?そもそも管理栄養士は全員、栄養士の資格を持っています。栄養士の仕事内容は多種多様です。管理栄養士の仕事内容は、基本的な栄養士業務に管理栄養士でなければできない仕事内容が付加されます。食事に携わる職業の場合は、具体的に医療分野での食事に配慮が必要な方、アスリートや乳幼児、高齢者などへの献立作成、栄養指導、場合によっては調理業務も