健康食品や健康食材についてのテーマで毎日のようにテレビや雑誌で特集されるぐらい注目を集めている栄養について。

多く出回る情報に振り回されている部分もありますが、毎日食べる食事について関心を持っている方が多い現れだと感じています。

それと同時に栄養管理に関する専門家として管理栄養士がメディアに出て活躍している姿をよく見ます。

今回は管理栄養士のやりがい等を紹介していきたいと思います。

管理栄養士の大まかな仕事内容について理解しておこう

医療

管理栄養士が活躍しているところとして一番有名なのは病院ではないでしょうか。

入院患者や通院中の患者一人一人の病状に合わせた栄養管理や栄養指導を行います。

最近では栄養サポートチーム(NST)などの医療チームを構成する病院が増え、医師・看護師・薬剤師・理学療法士などの専門職と連携して外科手術後の患者や低栄養の患者などに対し、高度な栄養管理を行います。

学校

給食センターで昼食をつくるのはもちろんのこと、子供の成長に必要な栄養を計算した給食の献立作成や、食材の発注、厨房の衛生管理責任者として、栄養管理を担当します。

そのほかにも、食育について教えたりする学校栄養教諭がいます。

学校栄養教諭とは、管理栄養士または栄養士の資格のほかに栄養教諭の免許が必要になります。

栄養教諭は栄養管理はもちろんのこと、先ほども述べた食育についての計画、地域人材の活用、個別指導などの役割も担うようになっています。

スポーツ栄養

今では小・中学生のスポーツクラブにも管理栄養士を招いて講演するほど、スポーツ栄養は注目されています。

アスリートや一般のスポーツ愛好家、スポーツをする子供たちとその保護者の方に対して、スポーツ栄養学の知識をもとに体つくり、理想のコンディション作り、けが予防などを総合的に考え、トレーニングに合わせたトータルな栄養補給法を提案したりアドバイスをします。

また、選手が自分で食事管理できるように教育したり、監督やコーチなどとも協力し共に学んでいくことも大切です。

学生・勤労者福利厚生施設

現在働く世代の生活習慣病が深刻化しています。

そのため、社員食堂や社員寮、大学の食堂などに勤務し、勤労者や大学生の健康のために適切な食事管理や栄養管理、栄養相談などを行います。

社員食堂では、若い方からベテランの年代まで年齢の幅が広く、生活習慣病、肥満、やせすぎなど、個人の抱える問題も様々です。

その人に合った正しい栄養情報の提供やアドバイスすることも大切な仕事になります。

行政

各市町村の調理を行っている厨房に行き、適切な衛生管理をしているのか確認したり、病院や施設、栄養管理をしている施設へ行き正しい数値なのか、根拠は何なのか、監査という形で確認することもあります。

また、都道府県や市町村の健康政策を企画・立案したり、その政策に基づいて、地域住民の健康づくりのための調査やイベントを実施したりします。

乳幼児から高齢者まで幅広い年代の健康教育、栄養相談、そして職環境整備などの講習栄養を担います。

福祉施設

福祉施設と聞くと、お年寄りの施設である介護老人保健施設、特別養護老人ホームを思い浮かべると思いますが、そのほかにも障がい者(児)施設などがあります。

施設に入所している、あるいは地域で生活している高齢者や障がい者(児)に対しての栄養管理を行います。

体の機能に合わせ、常食で食べられない方かすこし小さく切ったり、噛み切れる食材を使用したり、適切な食事を提供します。

食べる意欲を引き出すために、季節感やイベント性を取り入れた献立やイベントも必要となっていきます。

そのほかにも研究・教育機関や、個人で栄養士として料理教室などを開催している方、メディアに出演している方様々なところで必要とされています。

管理栄養士の仕事のやりがいってどんなもの?

一番はやはり、食べれなかった方が食べれるようになった。

自分のアドバイスで元気に日常生活を送ることができるようになった。

というとき、やっててよかったなと思います。

おいしいものを食べると人は自然と笑顔になります。

ですが年を重ねるとなかなか食べたいものを食べることが難しくなっていきます。

そんな時に少しでも食べられるように工夫し、試行錯誤しながら作ったものを食べてもらえることはなによりもうれしいです。

経験者の私が管理栄養士の仕事でやりがいを感じた瞬間

私は今まで管理栄養士として特別養護老人ホーム厨房で調理、発注、検品、在庫管理、献立作成で約2年間、更生施設の管理栄養士として栄養指導、栄養管理、献立作成、イベント食企画で約3年働いてきました。

その中でやりがいを感じた瞬間をいくつかご紹介したいと思います。

寝たきりのおばあちゃんの食事

施設で調理を主に担当していた時、末期がんでミキサー食を提供していたおばあちゃんがいました。

寝たきりで食事の時間もあまり目が開かず、いつ亡くなってもおかしくないと言われていました。

その方は麺類が大好きでした。

栄養と摂るために食事を義務のように食べるおばあちゃんを見て、最期くらいは大好きな麺を食べさせてあげたいと思いました。

もちろんリスクもありましたが、ただ栄養管理して生かされているだけで亡くなるのはかわいそうだと感じ、ご家族の同意も得てクタクタに煮たうどんを数本食べさせてみました。

ミキサーにかけない食べ物を食べられるのか心配もありましたが、おばあちゃんはおいしそうにうどんを上手に食べてくれました。

とてもうれしかったです。

教科書通りにただ食事を提供するだけではいけないのだと勉強になりました。

一人暮らしを始める方の栄養指導

更生施設で働いているとき、働く場所も決まり施設から一人暮らしのアパートへ引っ越す方の栄養指導を行いました。

女性の方でしたが、少し太りやすい体質で本人も気にされていました。

「仕事が大変で疲れると料理を作っていられない。コンビニで買って毎日食べると太ってしまいそう。」と相談がありました。

コンビニのものすべてが悪いわけではなく、組み合わせを気にして購入すれば心配ないと説明し、一緒にコンビニへ行って何を購入すればいいのか教えました。

数か月後、姿を見せてくれた彼女は体系も変わらず「元気にやってます。あの時は相談ににのってくれてありがとう」とお菓子をくれました。

誰かの役に立てたのだとやりがいをとても感じることができました。

献立のバランス

栄養のバランスが取れた献立を作るのはそんなに難しくないですが、同じようなものになってしまいます。

私の力不足もありますが。

利用者様に何が食べたいのか聞くと、意外にもカップラーメンが多かった年がありました。

確かにカップラーメンを出してみたことはありません。

食べなれた味。

思い出の料理になっている方が意外にも多く驚きました。

栄養的に見れば塩分多い、油分多い、添加物多い…あまり良いところはありません。

ですが皆さんの要望なのでお昼に思い切って提供しました。

もちろんその日の朝、夕や一週間のバランスを見て調整しました。

思っていた以上にとても喜んでくれてました。

大量調理では褒められた献立では決してないものですが、思い出に残る1品を提供することができてうれしさと充実感がありました。

低栄養のおじいじゃん

どんなに食べても体質的に太りにくい方、逆に太りやすい方がいます。

太りやすい方の方が食事制限すればすぐに数値として表れることが多く、施設に3か月程度いると肥満の方も標準体重まで落とすことができます。

しかし、どんなに食べても体質的に太りにくい方は難しいです。

実際に何名か食べても体重が増えずに悩んでいる利用者様が居ました。

健康で何の薬も服用していなかったので、急いで何か対策をしないといけない方ではありませんでした。

好き嫌いもなく、残さずに食事を食べてくれる方なので本当に悩みました。

そこで始めたのが補助食品として高エネルギーゼリーを提供しました。

すぐに効果は出ませんし、それを食べたからといって確実に太ったわけではありません。

教科書通りに提供してもダメな方は意外に多いことを知りました。

手探りではありますが、いい方法があればいいなと思い試行錯誤していくことはとてもやりがいがありました。

嗜好品の依存

何に対しても適度が一番です。

しかしどうしても甘いものは依存度が高く、たばこ・お酒のように毎日習慣として吸ったり飲んだりできないと、何をしてでも手に入れるようになってしまいます。

更生施設勤務しているころ、重度の糖尿病の方が居ました。

本人は精神的に幼く、自分の病気もあまり理解していませんでした。

おやつも他の方よりも少ないですが、ぎりぎりの範囲で提供していました。

しかし、ある日その利用者の部屋へ訪問した時、大量のお菓子の袋が出てきました。

聞くと、お腹がすくので外出した時毎回お菓子を買ってきていたとのこと。

勝手に購入しないように、毎回帰ってくるとカバンの中を見せてもらっていたのですが、うまく隠していて気づきませんでした。

ただ、食事制限だからといっておやつを減らしていたことが本人はストレスとなっていました。

病院から来た数値とカロリー制限だけ守っていても伝わらず、ストレスになって隠れて食べてしまう人もいるのだと知りました。

自分の体のことなのに、何故悪い方向になることをするのか聞いても「食べたかったから」しか返答はありませんでした。

自分の病気の怖さもわからない。

理解する能力が少し欠けている方に説明することの難しさを痛感しました。

その後、介護士さんや看護師さんと相談し、施設ではなくきちんと管理できる病院へ入院することになりました。

依存性が高く、毎日食べる習慣が幼いころから身についてしまうと、大人になってから治すのは難しいです。

栄養士として働いているから分かりますが、それをもっといろんな世代の方に教えていくことが大切だと思った事例でした。

ここから地域の方にも栄養について知ってもらおうと、フリーペーパーで栄養について記載し配りました。

何人に届いたのか、見て読んでくれたのかは分かりませんが、自分の知識を少しでもいろいろな方に知ってもらうように働きかけることができました。

自分のやる気があればどんな方にも教えることができ、少しでも力になれると分かる良いきっかけになりました。

管理栄養士の仕事でやりがいを感じるために私がやったこと

この仕事を通してやりがいを感じるために行ったことを紹介していきます。

勉強会参加

どんなに栄養のあるおいしいものを食べさせたいと思っても、正しい知識がないとできません。

毎年少しずつ規定や基準値が変化したりするので正しい知識、最新の知識を知るために勉強会へ参加することはとても大切なことだと思っています。

コミュニケーションをとる

どんな仕事でも大切なことですが、管理栄養士は何かをやりたいと思っても一人ではできない仕事が多いです。

様々な職種の方と協力しながら行うことが多い仕事なので、コミュニケーションは必ず取れないと仕事になりません。

仲良くなるとどんどん相手から話してくれて、思いもよらない考えなど聞けて楽しかったりします。

どんな話し方をすればいいのか、正しい日本語を使うことも大切です。

積極的にいろんな方と話をするように心がけました。

調理技術の向上

献立作成に当たって、自分の知らない料理を取り入れるのは難しいです。

料理の知識とその料理を作る技術も大事になってきます。

厨房の方に馬鹿にされながら私も勉強しました。

こればっかりは数をこなさないとなかなか難しいです。

頭では理解していても実際作ってみると思ったものと違ったりもするのでいろいろな料理を作るようにしています。

郷土料理など料理の知識向上

各年代により好きなものは異なります。

年寄りだからさっぱりしたものが好きかといえばそうでもありません。

そこの利用者様のニーズに合った料理提供するにはやはりいろんな料理を知っていることは大切です。

調理師さんのがいろいろな料理を知っていますが、頼りっぱなしではいけません。

自分でも提案するくらいになると献立を作成するのが楽しくなります。

まとめ

管理栄養士は様々なところで必要とされる場が近年どんどん増えてきています。

子供からお年寄りまで幅広い方を対象として働くことができます。

一人でできるようでできない仕事もたくさんあります。

様々な職種と関わり人の命を助けていける素晴らしい仕事だと思っています。

調理をする現場と実際介護、看病している看護士、介護士の間で板挟みになり大変な思いもしたりしましたが、話し合い、どうすればいいのか考えることによって良い方向に向かい以前よりも話しやすくなったり良いことに進むことが多いです。

責任感のある仕事にはなりますが、最期まで食べることは続きます。

食べることができるなら私たちが力になることができます。

誰にでもできそうでできないことだと思います。

やりがいのたくさんあるお仕事なので少しでも参考になるとうれしいです。


関連キーワード

管理栄養士求人

管理栄養士求人についてもっと深堀りした情報を見る

管理栄養士の転職方法とは?よくある転職先から転職における注意点までをご紹介

管理栄養士の資格を取得してから、就職する人、栄養士として何年か働きながら、管理栄養士の資格を取得する人もいます。管理栄養士として、働いている人たちも様々な背景があるんですよね。管理栄養士の資格を取得してから就職する人たちは、ほとんどが4年制大学卒業の、新卒採用ですね。新卒者の8~9割が、管理栄養士の国家試験に合格です。すごいですよね。栄養士として就職し、それぞれの経験を取得した後に、管理栄養士の国家試験を受けて、合格し管理栄養士になる人たちの合格率は5割以下です。2~4割程度ということも、珍しくないようですね。働きながら、勉強をするのでやっぱりやる気が大事ですね。新卒採用の管理栄養士は、管理栄

管理栄養士の仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリア、働き先の種類について解説します

現代社会は、食事、健康に関する問題が目立ちはじめ、それに伴い、それらの重要性が見直されている時です。例えば、昔に比べ、サプリメントなどで手軽に栄養がとれたり、ファーストフード、冷凍食品などで手早く食事を済ませたりできます。勿論それらは核家族化が進み、忙しい現代人には有難い一面もあります。しかし、それらの台頭は間違った情報をもとにしたダイエットで健康を損ねたり、家族で食卓を囲む楽しさを知らなかったりするという問題も生んできました。他にも、飽食の時代がゆえに、過剰な塩分、脂質などの摂取が要因とされる生活習慣病に苦しむ人も多いです。そんな現代では健康ニーズが高まり、健康のために食事を見直すという意識


管理栄養士求人に関するコラム

管理栄養士になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

「管理栄養士」の仕事がしたい!でも実際に管理栄養士免許を取得し、働きに出るためには、何から始めれば良いのか、分からない人も多いと思います。そんな方のために、管理栄養士になるために必要な資格や勉強、適正の見分け方、さらに働き先の見つけ方を、細かく解説していきたいと思います。管理栄養士になるには?管理栄養士になるためには、国家試験に合格し、厚生労働大臣認定の国家資格を取得する必要があります。そしてその国家試験は、勉強すれば誰でも受験できるという訳ではなく、受験するために必要な資格と条件があります。勉強するべき内容、適正も併せて、詳しく見ていきましょう。管理栄養士になるために必要な資格は?管理栄養士

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士になるためには何が必要なのでしょうか。管理栄養士の仕事と言われると、何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献立作成まず管理栄養士と言えば、献立作成を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?献立は栄養バランスの整った食事を基本として作成すると同時に年中

管理栄養士は男性でも出来る?その理由と男性ができること、大変だったこととは?

管理栄養士=女性というイメージを持っていませんか?管理栄養士の他にも看護師や保育士など女性の職業であるというイメージが強いですが、男性も多く見かけます。他職種と比べても確かに管理栄養士は女性が多い職業ですが、男性も出来ます!!これは自信を持って言えます!!管理栄養士を目指している男性必見です!今回は、男性管理栄養士ができること、大変なこと等、詳しく説明していきます。管理栄養士の仕事についておさらいしておこう管理栄養士は就く職種により仕事内容は様々です。管理栄養士の仕事を以下簡単にまとめてみました。献立作成対象者に合わせた栄養バランスの整った食事を提供できるよう配慮し献立作成を行います。食材の発

管理栄養士の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

様々な職場で活躍する管理栄養士。まずは、どのような職場で勤務しているかを簡単にお伝えさせて頂きます。病院での栄養指導業務老人ホームでの献立作成や調理指導学校給食での献立作成や食育指導幼稚園、保育園での調理や、献立作成などの給食業務保健所や保健センターなどで公務員として働く管理栄養士スポーツ関係の仕事フリーランスとしての仕事他にも多くの現場として働く「管理栄養士」ですが、幅広く「食」と向き合い、世のため人のために、発信し続けていることには変わりありません。そのような「管理栄養士」という仕事。職場により勤務体制や労働条件は異なってきますが、今回は管理栄養士の一般的な「休み」に注目して見ていきましょ

管理栄養士になるには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

皆さん、「管理栄養士」を知っていますか?では、「栄養士」と「管理栄養士」の違いとは何でしょうか?今回は、知られているようで知られていない「管理栄養士」の取得方法や勉強内容、就職、転職まで経験談を交えながら詳しく説明していきたいと思います!管理栄養士ってどんな仕事をするの?そもそも管理栄養士は全員、栄養士の資格を持っています。栄養士の仕事内容は多種多様です。管理栄養士の仕事内容は、基本的な栄養士業務に管理栄養士でなければできない仕事内容が付加されます。食事に携わる職業の場合は、具体的に医療分野での食事に配慮が必要な方、アスリートや乳幼児、高齢者などへの献立作成、栄養指導、場合によっては調理業務も