管理栄養士として働き始めて、1度も転職せず定年まで勤めあげる人っているんですかね?

たぶん、国家公務員や、地方公務員のようにある程度の異動もあるため転職しなくても、職場環境が変わる職場。

福利厚生がしっかりしていて、産休後も働きやすい・・・などのメリットがある場所に就職した人以外は、1度は転職しているでしょう。

それは、職場環境が良くなかった、勤務時間が長すぎる、休みが取れない、体調を崩した・・・など、マイナス面だけではないでしょう。

結婚で引っ越した、結婚で1度休みたかった、出産で続けにくかったなどあるでしょう。

キャリアアップのために違う職場を経験したかった・・・という理由もあると思います。

管理栄養士って、就職先によってそこでしか出来ない仕事があるんですよ。

ということは、そこでしか感じられない楽しさや、苦しさもあるってことですよね。

全ての職場の経験を積むことは、出来ないかもしれません。

いろいろ調べて、自分にとって興味のある職場には迷わずやってみてもいいのではないかと思います。

だから、自分にとってどの職場が合っているのかを知るためにも転職してみましょう。

キャリアを積み重ねて、より良い職場に出会えるように転職についての話しを書いてみました。

管理栄養士の離職率ってどれくらい?

委託会社の管理栄養士は、1~2年くらいで、半数以上が1度は退職していると聞きます。

そのほとんどは、学校で学んできたことがすぐに役に立つ訳でもないからだと思います。

思った以上に、業務が辛かったり、自分が”管理栄養士”として働いているのかどうかも分からなくなってしまうようですね。

人手不足のため、ただの穴埋め要員としか感じられなかったりします。

直営だったとしても、キャリアアップのために10年以内に1度は辞める人が多いのではないかと思います。

10年の間に、結婚や出産があったり、自分の生活が変わることもあると思います。

1度辞めても、案外次の就職先もあるので辞めやすいのかもしれませんね。

休んでいる間に、リサーチをして次にどのような職場が、魅力的なのかを調べておくと良いですよね。

管理栄養士の転職理由には何がある?

勤務時間の割に給料が安い

やはり、1番の原因は給料の安さにあると思います。

初任給でも、1~2万程度低かったり事務職と比べても同等くらいのようです。

年収でも、平均で350万程度ということで、生活するにもギリギリかもしれません。

一人暮らしの人なんかは、副業をしなければ成り立たないといった話しも聞きます。

最近保育士の労働環境や収入について、世間での問題になりましたが、管理栄養士、栄養士の世界も同じです。

保育士のことがきっかけで、管理栄養士、栄養士の待遇や給料も底上げされるようになればいいですね。

国家資格なのに、認めてもらえていないという風に考えざるを得ません。

しかも、仕事量が多く、定時には帰れないことがほとんどです。

新卒で仕事についても、1人配置のため相談する人がいない

人手不足のため、新人研修後すぐに責任者での配置になることも、珍しくありません。

何もわからないまま、責任だけを負わされるため精神的に疲弊してしまいますね。

サポートをしてくれる先輩がいてくれるかが、続けていけるかどうかの鍵になるのではないかと思います。

また、直営で入職しても、1人勤務のため全ての栄養士業務を一人でこなすようになります。

直営の場合は、相談する人もいないので自分で調べ、解決していかなければなりません。

責任感や1年後の成長はすごくありますが、そこまで精神的に続けていけると何年も続けていけるでしょう。

追い込まれて、退職してしまう人もたくさんいますよね。

勤務時間が不規則で、身体が辛い

病院や、老人施設の場合は日曜祭日もないので、休みも不規則になります。

勤務時間も、早出、遅出があるので安定しないため慣れるまでは、体調を崩してしまうこともあります。

また、友人とも休みが合わず孤立してしまう場合があり、ますます追い込まれてしまいます。

新卒で管理栄養士として仕事についても、希望する仕事ではなかった

管理栄養士として、事務作業に関わりたいと上司に希望していたのに、結局何時までたっても調理作業や食器洗浄、仕込み作業ばかりだった・・・なんてことは、よく聞きます。

今は人手不足なので、悪気はないがそうなってしまうのも仕方ない事のようです。

また、事務作業は意外に時間がかかる作業なので、ベテランがササっと済ませたほうが早いということもあります。

コツとしては、調理作業をなるべく早く終わらせることです。

早く終わらせたことをアピールして、事務作業をやらせてもらえるよう交渉しましょう。

希望に胸を弾ませて、管理栄養士になったのに絶望してしまうという話しもよく聞くことです。

調理作業や仕込み作業も、決して無駄な作業ではないのですが、なかなか納得できないようですね。

配置前に言われていた仕事と内容が違う

献立作成や発注業務などと説明を受けたのに、結局厨房内の作業ばかりがメインで事務作業が進められない。

また、事務作業をやるために勤務時間が長くなってしまい、体力的に辛い・・・などです。

委託会社は、どこも人手不足のため取り合えず、現場を滞りなく進めることが大前提になっているためです。

人間関係が難しい

調理師やパートのおばさん達は、年齢層が高く話が合わないことが多いです。

それだけならいいのですが、そのおばさんたちに指示を出すこともあるため、いうことを聞いてくれないなどのストレスがあります。

また、女性が多い職場なので、グループが出来上がり派閥の争いのようなことに巻き込まれてしまい、疲れてしまいます。

若い時は特に、年齢の差に悩まされることが多いです。

肉体的に過酷である

厨房の作業は、立ち仕事のため体力的に辛いことが多いです。

また、夏は厨房内が30度を超えてしまい、熱中症になってしまったり、冬は寒さが厳しいです。

体調管理が難しい上に、長時間労働などで体力も奪われてしまいます。

しかも、早番で寝不足だったりと肉体的にはキツイでしょうね。

早寝、早起きが身につけばいいですが、若い時期は特に早番は辛いですよね。

管理栄養士の仕事でよく聞く不満

給料が安い

委託会社の管理栄養士に多いですが、給料が安く昇給率も悪い。

新卒採用の社員枠と中途採用の契約社員の給料やボーナスの差が、ありすぎてやる気を失う・・・という声を聞きます。

社員と契約社員の昇給も、違うようですね。

そして、中途採用は社員登用までに3~5年はかかると聞きます。

人材不足の今でも、そのような状況なのでしょうかね。

第三者の立場で聞いていても、不公平感は否めないので今後は改善されるといいですね。

休みや時間が不規則で体調管理が難しい

休みが規定通り取れないことも、多いようです。

また、日々の仕事の疲れで休みの日は、ひたすら眠る・・・なんてこともあるようです。

プライベートも充実できず、だんだん追い詰められてしまいますね。

また、仕事も家に持ち帰らなければ終わらないこともあり、やはり自分の時間を持てなくなってしまいます。

厨房内の環境が過酷

厨房業務も、かなりの比重でこなすようになりますが、時間通りに提供することなどで時間に追われています。

そういったことも、毎日のストレスになりますよね。

それに加えて、前にも述べましたが厨房の環境は過酷です。

夏は30度を超え、湿度も80%を超える環境で、しかもマスクや帽子で体温は上昇してしまいます。

熱中症になる人もいるし、それでも翌日はまた同じ環境で働きます。

体力が相当、消耗するでしょう。

冷房はあっても、調理をしている時間帯は熱い状況が続いてしまいます。

肉体労働で疲れる

女性が多い職場なので、重たい一斗缶や30キロもある米も持たなければなりません。

また、立ち仕事のため疲労が溜まります。

何年も続けていると、貧血になってしまう人も多いようです。

仕事量が多すぎて時間に終わらない

午前中は厨房業務で、午後からは事務仕事となっていても、人手不足のため午後からも厨房から出られず結果的に事務仕事が溜まってしまうことも多いようです。

残業で、事務仕事をしても残業代が全部出なかったということもあるということです。

やはり、キチンとした待遇が整備されていれば、不満も解消するのにな・・・と思いますね。

人間関係が複雑

人数が多ければ、グループや派閥のようなものに巻き込まれてしまうことになるし、少人数だと気の合わない人がいた時に困りますね。

しかし、このようなことは他の職場でも少なからずあるのでしょう。

私が経験して困ったのは、若いころに自分の親以上の年齢差のベテランの調理師に、指示を出さなければならないときでした。

上手く伝わらなかったり、聞いてもらえなかったり・・・ベテランさんなので、経験に任せていれば間違いはないんですけどね。

早く、年齢を重ねたいなぁ・・・と思っていました。

他職種との関係が難しい

管理栄養士はほとんど少数のため、他職種との話し合いの時に何かと押し付けられてしまうことが多くなります。

そのことで、不満を話せる仲間が職場内にいないので、ストレスはたまる一方になるんですね。

病院の場合、看護師との関りは本当に難しく、自分たちの言い分が通らないことがほとんどだし、勤務についての誤解もあり本当にいやな思いをすることがあるんですね。

一人勤務体制は、やはり仲間がほしいなぁ・・・と思いますよね。

キツい時もあるけど、でもやっぱりやりがいはありますよね!

仕事の責任は重いけど、認めてもらえた達成感!

一人で試行錯誤し、頑張った結果が認めてもらえた時は全てが自分の手柄になる訳です。

そして、全てが自分の経験値として積み重ねられていくんです。

次に同様のことがおきても、対応が出来るようになっていて成長した自分を感じることが出来るんですね。

3年後、5年後と成長が自分自身でも感じることが出来るので、やりがいにはつながりますし、自己満足ができますよ。

無我夢中でやっているため、その時には自分の力量が分からないのですが、転職してみると周りの評価が高いことに気が付けることが多いようです。

昇給したとき、ボーナスが出た時

辞めたいなぁ・・・と思っている時期に、決まってボーナス時期になるんですね。

私は直営だったので、ボーナスもそれなりの金額があり、自分にご褒美で辞めずに済んでいました。

そして、昇給も年1回あったのでこれも、楽しみでやる気がでましたね。

やはり、仕事の評価は給料に反映してこそのものですからね。

やる気の素にもなりますし、辞めようと思っていてもそれなりの金額が貰えると、また頑張ってみようと思えますよね。

平日に休みが取れるというメリット!

日曜、祭日が休めないと捉えるよりも、平日に休めるんだ・・・と考えるようにしました。

平日に休めると、銀行にも行けるし、空いてる時間帯に買い物もできるし、旅行なんか格安で行けるんですよね。

どこに行っても、休日より空いているので、時間も有効に使えますよ。

慣れてしまえば、平日休みって意外にいいものだと思えますしね。

プラス思考に考えて、気持ちを切り替えてみましょう。

メニューをほめてもらえた時!

苦労して考えた、メニューが残菜が無かった時や、実際”美味しかったよ!”って言葉をもらえた時は本当にやりがいを感じますよね。

また、新しいメニューを考えよう!という気持ちになりますよね。

次も頑張ろうと思い、料理に関する知識、旬の食材など自分に無い知識を得ようと頑張りましたね。

栄養状態が改善されて、元気になった時!

入院患者様が元気になって退院した時や、低栄養の患者様が食べられるようになり、笑顔や表情が明るくなった時などはやりがいを感じます。

また、美味しかったと声をかけてくれたり、メニューの作り方を聞かれたりした時はやってて良かったなぁ・・・と思いますよね。

まとめ

収入は悪いし、環境も過酷だし、管理栄養士なんてやりたくない!なんて思う方も多いかもしれません。

しかし、せっかく取った管理栄養士。

収入や環境も忘れてしまうほどに、やりがいはあるんです。

初めは、仕事量の多さに追われてしまうかもしれません。

厨房の暑さや、早番出勤時の寒さや、夜明け前の勤務状況に疑問が出る時もあります。

数年たてば、仕事のコツも掴めるし、勤務も慣れていくと思います。

納得がいかないようだったら、キャリアアップしましょう!

好きな仕事でお金がもらえる人なんて、そうそういないものなんですよ。

収入はキャリアを積んでいくうちに、上がっていくものですよ。

自分の経験値を積んで、勉強して、管理栄養士として自信を持って働けるようになりましょうね。


関連キーワード

管理栄養士転職