管理栄養士=女性というイメージを持っていませんか?

管理栄養士の他にも看護師や保育士など女性の職業であるというイメージが強いですが、実は男性も多く見かけます。

他職種と比べても確かに管理栄養士は女性が多い職業ですが、男性にもできます!

これは自信を持って言えます。

今回は男性管理栄養士ができること、大変なこと等、詳しく説明していきます。

管理栄養士の仕事についておさらいしておこう

管理栄養士は職場によって仕事内容は様々です。

管理栄養士の仕事を簡単にまとめてみました。

献立作成

対象者に合わせて栄養バランスの整った食事を提供できるよう配慮し、献立作成を行います。

食材の発注・検品

献立をもとに発注書を作成し食材の発注をします。

そして納品されたら、注文内容と届いたものが合っているか、食材の表面温度は適温かなど、食材のチェック(検品)をします。

衛生管理・指導

管理栄養士は厨房の衛生責任者です。

調理を行う際の衛生面をチェックします。

必要であれば調理職員に衛生指導を行い、安全に食事が提供できるようマニュアルに沿って管理します。

調理

献立をもとに調理を行います。

家庭での調理と混同されがちですが、衛生管理マニュアルに従って調理員と共に食事を作ります。

栄養マネジメント・指導

対象者に合った栄養マネジメントや栄養相談、栄養指導を行います。

商品の企画・開発

調理に関することだけが管理栄養士の仕事であると思われがちですが、低栄養の方向けの栄養補助食品や嚥下障害がある方向けのトロミ剤などの商品を開発することもあります。

営業等

会社が発売した商品を自分の知識をもとに営業する場合もあります。

どの角度から質問を受けても答えられるよう、商品に対しての知識を充分に付けておく必要があります。

職場によって調理業務のみに携わるところや、献立作成を他社へ委託し栄養マネジメント業務を中心に携わるところなど様々です。

管理栄養士は女性が多いのはなぜ?

冒頭に管理栄養士=女性の職業であるイメージが強い、女性が多い職業であるというお話をしましたが、なぜ管理栄養士には女性が多く男性は少ないのでしょうか?

その理由を考えていきたいと思います。

男子厨房に入らず?!

「男子厨房に入らず」という言葉があります。

一昔前までは、男性は台所に入るものではない!男性が料理するなんてもっての外!なんて考え方がありました。

思い返してみると、筆者の祖父が台所で料理をしている姿なんて見たことありません。

父親も絵に描いたような亭主関白だったので、料理をする以前に包丁さえ握ったことがないのでは?と思います。

ちなみに筆者の夫も、料理なんてしたことありません。

食べるものに困れば惣菜を買ってくるタイプです。

現在は一昔前よりも共働き家庭も増え男女平等の時代になっいるため、男性が料理することも珍しくありません。

テレビ番組でも男性芸能人が料理している番組を沢山見かけますし、料理人として紹介される人は男性が多いですよね。

時代は変わりました。

しかし実際には昔の名残は僅かにあり、やはり家庭で男性が料理するよりも女性が料理をするという話の方がよく耳にする気がします。

その上、それを職業にするとなると…女性が多くなるのも頷けます。

花嫁修業?!

これも一昔前の話になってしまいますが、女性は料理ができて当たり前!

料理の一つや二つできないとお嫁に行けない!と思われている時代がありました。

もちろん、そんなことはありません。

女性で料理が苦手でもお嫁に行った人は沢山います。

少し話がそれてしまいましたが、筆者も母親と一緒に幼い頃から料理をしていました。

最低限の料理ができる女性に育ってほしかったのだろう、と今なら思えます。

筆者が管理栄養士を目指した理由も、もし将来結婚して管理栄養士として働くことがなくなっても日常生活に活かせるからでした。

管理栄養士に女性が多いのは、少なからずこういった理由があるのではないかと感じます。

性別による興味・関心の違い

実は、これが一番有力ではないかと考えています!(科学的根拠なんてものは何もありませんが。)

筆者は管理栄養士であり8歳の女の子と5歳の男の子の親なのですが、女の子は1歳過ぎた頃から「おままごと」に興味を持ち、おもちゃのキッチンセットや調理器具、食材など、沢山のおままごと遊びセットを貢がされました。

小学生になった今では料理やお菓子作りなどに興味津々!

よく一緒に料理やお菓子作りをして楽しんでいます。

片や男の子はというと、お姉ちゃんのおままごとセットに囲まれた中で生まれてきたのに、おままごとセットには一切目もくれず、どこから覚えてきたのか恐竜や自動車、機関車が大好きです。

生まれた時は、料理男子に育ってくれるかも?!なんて思っていましたが全く興味・関心がないようです。

もちろん個人差はあると思いますが、女子の方が料理への興味関心を抱きやすい気がしています。

管理栄養士は男性でもできる?

管理栄養士は男性でもできるのか。

もちろん、できます!

その理由について詳しくまとめてみました。

男性の管理栄養士が求められる理由

管理栄養士は女性に向いている仕事?

そんなことはありません。

男性管理栄養士も求められています!

その理由を詳しく見ていきたいと思います。

意外と体力が要る仕事

職種にもよりますが主に調理に携わる管理栄養士の場合、一日立ちっぱなしで体を動かすことも多いです。

また大量調理は食材量も多く、下処理・裁断・調理どの作業も力仕事となります。

女性が多い職業であるため、体力が続かずこんなはずではなかったと辞職する方もいます。

調理に携わる仕事は体力が必要とされる業務が多いのです。

そのため、男性が調理現場にいたら良いだろうな…と思われることは多いはずです!

違った視点からアプローチできる

管理栄養士は女性が多い職業であるため、公平な視点から意見しているつもりでもつい女性寄りの意見が多くなりがちです。

男性の管理栄養士がいることによって、同じ事柄でも違った視点から物事を捉えることができるのではないかと思います。

様々な視点から意見が出ることでより良い物を作り上げていく。

そんなことができたなら、もっと管理栄養士業界も良い方向へ向かって発展していくと考えています。

産休を取らない

管理栄養士は女性が多いため、どうしても産休を取る人が多くなります。

人によっては、育休が明けずに産休に入ってしまうこともあります。

せっかく管理栄養士を雇ったのに仕事を覚える前に産休・育休に入ってそのまま辞職してしまったなんて苦い思いをした会社から、結婚適齢期の女性というだけで就職を断られたりする事例も実際にありました。(本当は、いけないことなのですが。)

男性も育休を取ることができたりしますが、女性よりは育休を取る人が少ないということで、正直なところ男性の管理栄養士はどこの会社も欲しいようです。

男性の活躍が期待される場所とは?

まだまだ女性が圧倒的に多い管理栄養士業界。

では男性の活躍が期待される場所とはどのような職場でしょうか?

詳しく見ていきたいと思います。

食品の開発・研究

先ほどもお伝えした通り、調理に関することが管理栄養士の仕事であると思われがちですが、低栄養の方向けの栄養補助食品や嚥下障害がある方向けのトロミ剤などの商品を開発する職種もあります。

また自社の商品の営業回りをする場合もあります。

男性ならではの違った角度からの意見が大いに活かされる職種であると思います。

スポーツ栄養

東京オリンピックを控え、スポーツ栄養に関する関心が高まっているように思います。

最近では、フィットネスジムや実業団スポーツチームの栄養サポートをするなどスポーツ栄養分野でで活躍する管理栄養士も増えてきました。

ちなみに私は、自分自身がスポーツが苦手なこともありアスリートの気持ちを理解し栄養面のサポートをできる自信がありません。

体を動かすことが好きな方であれば、アスリートの栄養相談も親身になって聞いてあげることができるでしょう。

こちらも男性ならではの視点から、より個人に合った栄養面のサポートが可能ではないかと思います。

保育園や幼稚園などの管理栄養士

最近では、保育園や幼稚園などでも栄養士ではなく管理栄養士を求めることも増えてきました。

子どもが好きな男性、未来を担う子どものために食事を通して熱い思いを伝えたい!という人には向いているかもしれません。

子ども達の人気が集まること間違いなしです!

保健所・役所・学校

保健所や役所、学校の管理栄養士は民間の管理栄養士と比較すると収入が高い場合が多いです。

調理現場や食事を提供することと直結した仕事内容とは異なりますが、同じ職場の他職種には男性職員も多い為、男女比率から言っても男性にとって働きやすい環境にあるかと思います。

男性管理栄養士だから大変だったこと

管理栄養士に男性は少ないということで、少数派だからこその大変さがあると思います。

私が実際に現場を見て感じたことを中心にまとめてみました。

詳しく見ていきましょう。

職場によって女性が圧倒的に多い

調理現場や食事を提供することに携わる職場では、女性がほとんどで男性職員は少数です。

そして、癖が強い人が多かったり、女性は強いことが多いです。(理由は分かりませんが。)

どうしても圧に押されて意見が言いにくかったり、意見の相違があった場合に男性が孤立している気持ちになってしまうこともあるかと思います。

ここは感情的にならず、冷静に自分の意見をきちんと伝えましょう。

また、意見が受け入れてもらえるよう、日頃から職員同士の雰囲気を良く保つ努力も必要となるでしょう。

女性と接することが苦手な男性には、なかなか厳しい環境がもしれません。

男性更衣室がない?!

厨房の更衣室は休憩室と同じである場合も多いため、女性用更衣室と男性用更衣室の区別がないところが多い印象を受けます。

異性がいないことを前提とした造りであることが多いため、着替える時間帯にお互い配慮するなど譲り合いながら一つの更衣室を使う必要があります。

少数派男性の立場としては、ちょっと気まずいですよね。

異性同士とても気を遣うところだと思います

着替える際のルールさえ決まってしまえば、困ることも減るかと思いますが…

備品のサイズがない

女性が多いため、使い捨て手袋はSサイズしか置いていなかったり、厨房のトイレは一つしかないことの方が多いのでトイレスリッパが小さかったり…

どうしても女性基準のサイズで備品が置かれていることが多いです。

職場によっては制服も女性用のサイズしかない場合も?!

この場合は、きちんと男性に合ったサイズの物を用意してもらいましょう。

とても言いにくいかとは思いますが、自分から伝えないと気づいてもらえないかもしれません。

収入面について

これは男性だからというわけではありませんが、管理栄養士の収入は決して高くありません。

結婚している男性管理栄養士の家庭は、ほとんど共働きであるように思います。

働く環境によりますが管理栄養士は一人体制か数人体制であるところが多く、昇進や出世などとあまり関係のない職種です。

これは私の思うことですが他職種と比べて昇給も少ない気がしています。

管理栄養士として資格を活かして働いても、それに見合う収入は得られないことの方が多いです。

男性であればより一層、仕事量に対する収入の低さに不満を覚えるのではないかと思います。

ただ、公務員であれば管理栄養士と一般職員の給料差はないことが多く、民間施設よりも比較的収入は高くなります。

まとめ

いかがでしたか?

今回、管理栄養士は男性でもできる?その理由と男性ができること、大変だったこととは?について書いてみました。

管理栄養士の仕事は良い面も悪い面ありますが、とてもやりがいがあり素晴らしい職業です。

まだまだ圧倒的に女性が多い職業ですが、沢山の男性にこの職業に対して興味を持ってもらい、男性管理栄養士が多く活躍できることを心より願っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


関連キーワード

管理栄養士求人

管理栄養士求人についてもっと深堀りした情報を見る

管理栄養士の転職方法とは?よくある転職先から転職における注意点までをご紹介

管理栄養士として、働いている人たちには様々な背景があります。管理栄養士の資格を取得してから就職する人、栄養士として何年か働きながら管理栄養士の資格を取得する人もいます。管理栄養士の資格を取得してから就職する人たちは、ほとんどが4年制大学卒業の新卒採用です。4年制大学卒業後の新卒者は8割~9割が、管理栄養士の国家試験に合格しています。しかし、栄養士として就職し実務経験を積んだ後に管理栄養士の国家試験を受けた場合の合格率は5割以下というのが現状です。働きながら勉強をするので、努力が必要になってきます。新卒採用の管理栄養士は経験が全くない状態なので、基本的に栄養士の新卒者と仕事内容は変わらないことが

管理栄養士の仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリア、働き先の種類について解説します

現代社会は、食事、健康に関する問題が目立ちはじめ、それに伴い、それらの重要性が見直されている時です。例えば、昔に比べ、サプリメントなどで手軽に栄養がとれたり、ファーストフード、冷凍食品などで手早く食事を済ませたりできます。勿論それらは核家族化が進み、忙しい現代人には有難い一面もあります。しかし、それらの台頭は間違った情報をもとにしたダイエットで健康を損ねたり、家族で食卓を囲む楽しさを知らなかったりするという問題も生んできました。他にも、飽食の時代がゆえに、過剰な塩分、脂質などの摂取が要因とされる生活習慣病に苦しむ人も多いです。そんな現代では健康ニーズが高まり、健康のために食事を見直すという意識


管理栄養士求人に関するコラム

管理栄養士になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

「管理栄養士」の仕事がしたい!でも実際に管理栄養士免許を取得し、働きに出るためには、何から始めれば良いのか、分からない人も多いと思います。そんな方のために、管理栄養士になるために必要な資格や勉強、適正の見分け方、さらに働き先の見つけ方を、細かく解説していきたいと思います。管理栄養士になるには?管理栄養士になるためには、国家試験に合格し、厚生労働大臣認定の国家資格を取得する必要があります。そしてその国家試験は、勉強すれば誰でも受験できるという訳ではなく、受験するために必要な資格と条件があります。勉強するべき内容、適正も併せて、詳しく見ていきましょう。管理栄養士になるために必要な資格は?管理栄養士

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士になるためには何が必要なのでしょうか。管理栄養士の仕事と言われると、何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献立作成まず管理栄養士と言えば、献立作成を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?献立は栄養バランスの整った食事を基本として作成すると同時に年中

管理栄養士の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

様々な職場で活躍する管理栄養士。初めに、主な勤務先と仕事内容を簡単にお伝えします。病院での栄養指導業務老人ホームでの献立作成や調理指導学校給食での献立作成や食育指導幼稚園・保育園での調理や、献立作成などの給食業務保健所・保健センターなどでの公務員スポーツ関係フリーランス他にも多くの現場で活躍中の「管理栄養士」ですが、幅広く「食」と向き合い正確な情報を提供していることは、勤務先に関わらず共通していることです。人の役に立ちたいという人にはぴったりの仕事ですが、休暇の取得について気になりますよね。職場により勤務体制や労働条件は異なってきますが、今回は管理栄養士の一般的な「休み」に注目して見ていきまし

管理栄養士のやりがいとは?経験者の私が感じる5つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

健康食品や健康食材についてのテーマで毎日のようにテレビや雑誌で特集されるぐらい注目を集めている栄養について。多く出回る情報に振り回されている部分もありますが、毎日食べる食事について関心を持っている方が多い現れだと感じています。それと同時に栄養管理に関する専門家として管理栄養士がメディアに出て活躍している姿をよく見ます。今回は管理栄養士のやりがい等を紹介していきたいと思います。管理栄養士の大まかな仕事内容について理解しておこう医療管理栄養士が活躍しているところとして一番有名なのは病院ではないでしょうか。入院患者や通院中の患者一人一人の病状に合わせた栄養管理や栄養指導を行います。最近では栄養サポー

管理栄養士になるには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

皆さん、「管理栄養士」を知っていますか?では、「栄養士」と「管理栄養士」の違いとは何でしょうか?今回は、知られているようで知られていない「管理栄養士」の取得方法や勉強内容、就職、転職まで経験談を交えながら詳しく説明していきたいと思います!管理栄養士ってどんな仕事をするの?そもそも管理栄養士は全員、栄養士の資格を持っています。栄養士の仕事内容は多種多様です。管理栄養士の仕事内容は、基本的な栄養士業務に管理栄養士でなければできない仕事内容が付加されます。食事に携わる職業の場合は、具体的に医療分野での食事に配慮が必要な方、アスリートや乳幼児、高齢者などへの献立作成、栄養指導、場合によっては調理業務も