「管理栄養士」の仕事がしたい!

でも実際に管理栄養士免許を取得し、働きに出るためには、何から始めれば良いのか、分からない人も多いと思います。

そんな方のために、管理栄養士になるために必要な資格や勉強、適正の見分け方、さらに働き先の見つけ方を、細かく解説していきたいと思います。

管理栄養士になるには?

管理栄養士になるためには、国家試験に合格し、厚生労働大臣認定の国家資格を取得する必要があります。

そしてその国家試験は、勉強すれば誰でも受験できるという訳ではなく、受験するために必要な資格と条件があります。

勉強するべき内容、適正も併せて、詳しく見ていきましょう。

管理栄養士になるために必要な資格は?

管理栄養士の資格を取得するために受験する国家試験ですが、受験するためには必要な資格があります。

それは「栄養士」の資格です。

栄養士の資格は、管理栄養士とは違い、都道府県知事による免許となり、国家資格ではありません。

栄養士になるには、大学や短大、専門学校の栄養士養成施設へ入学し、必要単位を取得し卒業をし、栄養士免許の申請をすることにより、都道府県知事認定の「栄養士」という資格を、取得することが出来ます。

しかし、「栄養士」の資格を取得したからと言って、すぐに管理栄養士の国家試験を受けられるという訳ではないので注意が必要です。

受験資格を得るための条件が、いくつかあるので見ていきましょう。

  • 1、4年制の管理栄養士養成施設である大学や専門学校を卒業した場合、実務経験なしで受験可能とされています。
  • 2、2~4年制の栄養士養成施設である専門学校や短大、大学を卒業した場合、実務経験として1~3年以上、栄養の指導に従事した者を受験可能としています。

勉強しておくべきこととは?

管理栄養士は、栄養素や栄養指導のスペシャリストではありますが、その他に食中毒や、人体の構造など幅広く勉強する必要があります。

国家試験の内容を元に、勉強することを把握しておきましょう。

国家試験での科目は、基本の9科目に応用力試験を加えた形式となっています。

  • 社会・環境と健康
  • 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち
  • 食べ物と健康
  • 基礎栄養学
  • 応用栄養学
  • 栄養教育論
  • 臨床栄養学
  • 公衆栄養学
  • 給食経営管理論

の9科目と応用力試験となっています。

管理栄養士の試験は、午前99問、午後101問の合計200問となっています。

日頃の勉強ももちろんそうですが、過去問をしっかりと解き、傾向と対策を練り、受験に臨む必要があります。

また、問題数が多く、試験時間も長いので、当日に近い形で受験できる模擬試験もお勧めです。

さらに、法の改定などにより現役で勉強していた内容と変わる場合もあるため、新しい情報を仕入れるために常にアンテナを張り巡らせることも大切です。

適性の見分け方とは?

管理栄養士の仕事は、人と接したり、人のために何かをするという仕事が多い現場です。

よって、管理栄養士に向いてる人は、「人と接することが好きで、コミュニケーション能力が長けている」という場合、適していると言えるでしょう。

コミュニケーション能力については、栄養指導の相手だけでなく、一緒に仕事をする上での他職種の人との関わりでも、とても大切なスキルとなってきます。

また、「食と栄養」について探求心がある人が向いています。

探求心がないと、細かい内容の栄養に関する勉強を続けることは厳しく、またスキルアップをしながら管理栄養士を続けるということも苦痛になってくるため、「食と栄養」について常に関心を持ち、新しい情報の収集や、相手に合った栄養指導をするだけの知識を備えることが苦でなく、続けられる人が向いてると言えるでしょう。

管理栄養士の就職先や募集状況は?

実際「管理栄養士」の資格を取得した場合、どのような就職先があり、募集状況はどうなっているのでしょうか?

試験科目の内容からも、病院や給食関係の仕事はイメージし易いと思いますが、それも含めどのような現場があるのか詳しく見ていきましょう。

管理栄養士の主な就職先

管理栄養士の資格を生かせる職場はこんなにあるんです。

病院

管理栄養士の資格を存分に生かせる現場です。

入院患者様一人一人にあった栄養管理計画書を作成し、定期的に評価をしたり、入院患者様だけでなく、通院患者様に対しての栄養指導をすることも、管理栄養士の仕事です。

さらに、NST(栄養サポートチーム)の一員として、医師や看護師、薬剤師等とチームとなり患者様の栄養管理方法の提案もします。

また、管理栄養士の配置人数にもよりますが、献立の作成や、発注、衛生管理、厨房業務や、調理員への指導なども仕事内容の1つです。

病院によっては、糖尿病教室や、妊婦時の食事について、離乳食教室についての講演会を行う場合もあります。

高齢者施設

栄養ケアマネジメントの導入により、利用者様一人一人にあった栄養ケア計画の作成を行い、定期的に評価をし、栄養状態の改善に努めることが仕事です。

その他に、老人ホームでは低栄養状態の人や、咀嚼や嚥下が困難な方も多いので、食事をしっかりと摂って頂くためにも、食事の様子を観察したり、聞き取りをし、献立に反映することも大切です。

献立の作成や、厨房業務、衛生管理、調理員への指導に加え、高齢者施設では、季節毎の行事食を大切にしているところも多く見られます。

学校給食

栄養教諭や、学校栄養職員として勤務する形となります。

学校栄養職員と栄養教諭の大きな違いは、栄養教諭は、管理栄養士免許の他に、栄養教諭普通免許状が必要になるという点です。

成長期という大切な時期の子供達に合わせた、栄養バランスの整った献立を作成し、食育指導、場合によっては栄養指導を行います。

厨房業務においては、献立作成の他に、発注業務、衛生管理、調理員への指導も含まれます。

保育園、幼稚園の給食

管理栄養士だけでなく、栄養士で活躍している場合も多くあります。

バランスの良い献立を考え、子供達にも分かりやすい食育指導を行います。

調理員含め、少人数の配置で厨房を回していることが多いので、調理や、仕込み、発注など行う場合もあります。

食に興味を持ってもらうためにも、食材の組み合わせや、彩りなどにも気を配り、食事を提供します。

スポーツ関係の職場

対象者により仕事内容は変わってきますが、アスリートや、フィットネスクラブに通われている人を対象とすることが多くあります。

プロのアスリートに対しては、個別の栄養指導や献立の提案を行ったり、遠征先で栄養サポートを担当したりします。

またフィットネスクラブでは、ダイエット目的や栄養状態の改善を求める人に対し、食事と運動の観点からアドバイスをしたり、個人のライフスタイルにあった栄養指導をすることが、管理栄養士の大切な仕事となります。

役所関係の仕事

保健所や保健センターでの仕事が含まれます。

地域の乳幼児から高齢者までを対象として、栄養に関するセミナーを実施したり、栄養指導や、栄養相談を受けたりします。

また、保健所では国民健康・栄養調査の実施をしたり、食品衛生の監視をすることも仕事の1つです。

管理栄養士の働き口はどの程度あるの?

管理栄養士の働き口としては、活躍できる分野が沢山あるという点で、求人案内を見ていても、困らない程度にあります。

しかし、勤務時間が朝早くから勤務する早番があったり、勤務がシフト制で土日が休めなかったりと、自分の探すものと合わない場合も多いでしょう。

高齢化社会の日本において、高齢者施設は新規オープンなどで募集を見かけることもありますが、施設によっては「管理栄養士」でなく、「栄養士」での募集を受け付けているところも多くあり、そうなると倍率は上がります。

栄養士か管理栄養士のどちらでも可という募集は、高齢者施設に限った話ではありません。

また、企業において管理栄養士が1人体制のところは、退職しない場合も多く、中々募集がかからなかったり、公務員の管理栄養士の求人も年齢制限や募集人数の関係により狭き門といえるでしょう。

管理栄養士の転職事情

努力して、国家資格である管理栄養士免許を取得し、希望を抱いた社会人生活。

誰もが、就職を決めたときはやる気で満ち溢れていることでしょう。

しかし、せっかく管理栄養士として就職しても、転職するいう選択をする人は少なくありません。

実際、周りでも1年未満で辞めた人を何人も見てきました。

転職の理由は大きく分けて2つになります。

1つは、「他の分野でも働くことで、管理栄養士としてのスキルアップを目指す」という場合。

管理栄養士の仕事は、分野によって仕事内容が大きく変わります。

また同じ分野でも、置かれた状況により仕事内容は違ってきます。

例えば、病院で勤務するにしても、直営の扱いなのか、委託会社なのかによっても、栄養指導や事務作業が多いのか、調理業務が多いのか変わって来るのです。

よって、自分の目指すものがあり、そのためにも、1カ所の現場に留まらず、転職するということも多いでしょう。

2つ目は、「勤務体制や、福利厚生の部分や、仕事内容が思ったものと違っていた」という場合。

管理栄養士は、土日休み、日勤の場合も多くあります。

しかし、職場によっては、365日3食、食事提供をする場合どうしてもシフト制になり、慣れるまでは体調を崩す人もいます。

また、1人に任される仕事や責任に対して給与が低いと感じる場合や、管理栄養士の多い現場だと任される仕事も決まっているなど、イメージしていた管理栄養士像と違っていた場合、転職に踏み切る人も多いでしょう。

管理栄養士として転職する場合、求人自体はありますが、「何をして、今後どういう管理栄養士になりたいか」をよく考え、転職活動をすることをお勧めします。

管理栄養士の働き先の見つけ方

ネットで検索をすればすぐ求人情報が出てくる昨今、管理栄養士の働き先はみなさんどのようにしているのでしょうか?

働き先の見つけ方

大手のところだと、ハローワークやマイナビなどが挙げられます。

条件を入力し、自分にあった働き先を見つけます。

新卒で働く場合は、学校の紹介なども安心感がありお勧めです。

他には、自宅付近で探す場合、地域の情報誌や広告を見て、自分で連絡を取るという探し方もあります。

しかし、魅力的な案件はすぐ募集が閉め切ってしまう場合もありますので、時には早めの決断も大切です。

働き先を見つけるときに注意したいポイントは?

働き先を見つける前に、自分の中で優先事項を整理しておくことが大切です。

人によって違うとは思いますが、参考までに注意したい点を挙げておきます。

  • 管理栄養士としての仕事内容が自分の興味のある分野かどうか。
  • 休み、勤務体制は(シフト制か)納得いくかどうか。
  • 通える距離か。
  • 交通の便はどうか。
  • 給与形態はどうか。
  • ボーナスや、基本給のアップは見込めるか。
  • 他に管理栄養士はいるか。
  • 引継ぎ業務はしっかりと行ってもらえるか。
  • 研修などをしてもらえるか。

ほんの一例ではありますが、後悔しないためにもよく吟味し、分からないことがあれば面接でも質問することが大切です。

管理栄養士の私が考える管理栄養士としての適性とは?

管理栄養士として勤めていると、やはり、この人は管理栄養士に向いているな、と思う場面があります。

実際に管理栄養士の仕事をした上で、この仕事に向いている人はどんな人なのか、上記の適正の部分と重複する内容もありますが、その適正をお伝えします。

人と接することが好きな人。誰かの役に立ちたいという気持ちが強い人。

まず第一にあげるのは、この事でしょう。

管理栄養士の仕事は、相手ありきの仕事がほとんどです。

人と接することが好きで、人の変化によく気付け、人の立場になって考えることが出来る人は、管理栄養士の栄養指導や、美味しい食事作りなど、様々な才能を発揮でき、向いていると言えるでしょう。

それと、管理栄養士の仕事は、「食」を通して誰かを健康にして、生活の質を上げるお手伝いをしたいと強く願い、そのための努力を惜しまない人が向いていると言えます。

向上心のある人。なぜ?という疑問をそのままにしない人。

管理栄養士は、「食」のスペシャリストであるために、常に正しく新しい知識を備えていなければなりません。

テレビや雑誌でも、ダイエットや病気に関する食に対する特集は沢山あります。

それだけ情報が溢れていると、どうしても偏った情報になってしまう危険性もあります。

病院や老人ホームで勤務していた時も、テレビの影響を受ける人は多くいましたが、決して間違っている知識ではないけれど、本当にその人にあった内容かはまた別問題です。

そこで、管理栄養士である自分が、その人にあった食事指導をしてあげるべきだと考えます。

よって、食に対し探求心があり、常に前を向いて勉強できる人が向いていると思います。

まとめ

管理栄養士になるための必要な資格や勉強、適正の見分け方、働き先の探し方についての記事はどうだったでしょうか?

管理栄養士になり、就職するまでをイメージして頂けたなら嬉しく思います。


関連キーワード

管理栄養士求人

管理栄養士求人についてもっと深堀りした情報を見る

管理栄養士の転職方法とは?よくある転職先から転職における注意点までをご紹介

管理栄養士の資格を取得してから、就職する人、栄養士として何年か働きながら、管理栄養士の資格を取得する人もいます。管理栄養士として、働いている人たちも様々な背景があるんですよね。管理栄養士の資格を取得してから就職する人たちは、ほとんどが4年制大学卒業の、新卒採用ですね。新卒者の8~9割が、管理栄養士の国家試験に合格です。すごいですよね。栄養士として就職し、それぞれの経験を取得した後に、管理栄養士の国家試験を受けて、合格し管理栄養士になる人たちの合格率は5割以下です。2~4割程度ということも、珍しくないようですね。働きながら、勉強をするのでやっぱりやる気が大事ですね。新卒採用の管理栄養士は、管理栄

管理栄養士の仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリア、働き先の種類について解説します

現代社会は、食事、健康に関する問題が目立ちはじめ、それに伴い、それらの重要性が見直されている時です。例えば、昔に比べ、サプリメントなどで手軽に栄養がとれたり、ファーストフード、冷凍食品などで手早く食事を済ませたりできます。勿論それらは核家族化が進み、忙しい現代人には有難い一面もあります。しかし、それらの台頭は間違った情報をもとにしたダイエットで健康を損ねたり、家族で食卓を囲む楽しさを知らなかったりするという問題も生んできました。他にも、飽食の時代がゆえに、過剰な塩分、脂質などの摂取が要因とされる生活習慣病に苦しむ人も多いです。そんな現代では健康ニーズが高まり、健康のために食事を見直すという意識


管理栄養士求人に関するコラム

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士になるためには何が必要なのでしょうか。管理栄養士の仕事と言われると、何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献立作成まず管理栄養士と言えば、献立作成を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?献立は栄養バランスの整った食事を基本として作成すると同時に年中

管理栄養士は男性でも出来る?その理由と男性ができること、大変だったこととは?

管理栄養士=女性というイメージを持っていませんか?管理栄養士の他にも看護師や保育士など女性の職業であるというイメージが強いですが、男性も多く見かけます。他職種と比べても確かに管理栄養士は女性が多い職業ですが、男性も出来ます!!これは自信を持って言えます!!管理栄養士を目指している男性必見です!今回は、男性管理栄養士ができること、大変なこと等、詳しく説明していきます。管理栄養士の仕事についておさらいしておこう管理栄養士は就く職種により仕事内容は様々です。管理栄養士の仕事を以下簡単にまとめてみました。献立作成対象者に合わせた栄養バランスの整った食事を提供できるよう配慮し献立作成を行います。食材の発

管理栄養士の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

様々な職場で活躍する管理栄養士。まずは、どのような職場で勤務しているかを簡単にお伝えさせて頂きます。病院での栄養指導業務老人ホームでの献立作成や調理指導学校給食での献立作成や食育指導幼稚園、保育園での調理や、献立作成などの給食業務保健所や保健センターなどで公務員として働く管理栄養士スポーツ関係の仕事フリーランスとしての仕事他にも多くの現場として働く「管理栄養士」ですが、幅広く「食」と向き合い、世のため人のために、発信し続けていることには変わりありません。そのような「管理栄養士」という仕事。職場により勤務体制や労働条件は異なってきますが、今回は管理栄養士の一般的な「休み」に注目して見ていきましょ

管理栄養士のやりがいとは?経験者の私が感じる5つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

健康食品や健康食材についてのテーマで毎日のようにテレビや雑誌で特集されるぐらい注目を集めている栄養について。多く出回る情報に振り回されている部分もありますが、毎日食べる食事について関心を持っている方が多い現れだと感じています。それと同時に栄養管理に関する専門家として管理栄養士がメディアに出て活躍している姿をよく見ます。今回は管理栄養士のやりがい等を紹介していきたいと思います。管理栄養士の大まかな仕事内容について理解しておこう医療管理栄養士が活躍しているところとして一番有名なのは病院ではないでしょうか。入院患者や通院中の患者一人一人の病状に合わせた栄養管理や栄養指導を行います。最近では栄養サポー

管理栄養士になるには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

皆さん、「管理栄養士」を知っていますか?では、「栄養士」と「管理栄養士」の違いとは何でしょうか?今回は、知られているようで知られていない「管理栄養士」の取得方法や勉強内容、就職、転職まで経験談を交えながら詳しく説明していきたいと思います!管理栄養士ってどんな仕事をするの?そもそも管理栄養士は全員、栄養士の資格を持っています。栄養士の仕事内容は多種多様です。管理栄養士の仕事内容は、基本的な栄養士業務に管理栄養士でなければできない仕事内容が付加されます。食事に携わる職業の場合は、具体的に医療分野での食事に配慮が必要な方、アスリートや乳幼児、高齢者などへの献立作成、栄養指導、場合によっては調理業務も