皆様にとって「食」とはどんな存在ですか?

「食」とは生きること。

「食」とは幸せな時間と、笑顔を作ることができるもの。

「食」とは健康な体作りをするためのもの。

人それぞれ感じ方は違うと思いますが、「食」とは生まれた時から一生を終えるまで深く関わりを持つ大切なことです。

今回はそれらに携わる「食」のスペシャリスト「管理栄養士」というお仕事を詳しく解説したいと思います。

管理栄養士の仕事とはどんな仕事?

管理栄養士という仕事はその名の通り「専門的知識を持った人が、栄養を管理すること」です。

都道府県知事認定の栄養士免許を取得した上で厚生労働大臣認定の国家資格を所有し、専門的に栄養に関わる仕事をします。

活躍の場はとても多く、病院・介護保険施設・保健所や保健センター・学校給食・幼稚園や保育園の給食・スポーツ関連の仕事・商品開発・社員食堂・特定保健指導・料理教室の先生などが挙げられます。

管理栄養士の仕事内容と役割とは?

様々な現場で活躍する管理栄養士の仕事を、現場ごとに詳しく見ていきたいと思います。

病院

管理栄養士としての知識を存分に活かすことができるので、とても人気のある職種です。

患者様一人一人の病状や状態を把握するためにヒアリングを充分に行い、栄養計算した給食を提供することで、健康状態の向上を目指します。

更に定期的に患者様の状態などを評価をし、状態に合わせた指導をすることが大切です。

病院では管理栄養士が個人で動くのではなく、医師、看護師、薬剤師などから組織されるとNST(Nutrition Support Team)の一員として、専門的に栄養管理をするという大切な役割も担っています。

また、安全で美味しく食べやすい食事を提供するために、厨房では献立作成の他に発注業務・衛生管理・調理指導など現場の指揮をとる必要があります。

食べやすさを考慮した調理、食材の工夫、徹底された衛生管理、アレルギー対応、季節感のある行事食の提供など、工夫はいくらでも可能なところが、やりがいでもあり永遠の課題でもあると言えます。

他には、糖尿病教室や、個別の栄養相談、集団向けの栄養セミナーなど現場により内容は多種多様です。

介護保険施設

高齢化が進む中で、需要が高まっている職種です。

一口に介護保険施設と言っても、「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」「特別養護老人ホーム」など沢山の種類があるので、利用者の状態や施設の形態に合わせ食事を提供し、栄養管理をすることが大切です。

食事を提供するだけでなく食事の様子や残食なども把握し、個人の嚥下状態や水分が摂取できているかなど細かい点まで気を配り、定期的に利用者の満足度を自身で確認することも大切な役割と言えます。

また、病院と同様で厨房での指揮を取ることになります。

更に献立作成・発注業務・安全で衛生管理された食事を出すために調理員への指導も必要です。

そして、行事食を大切にしている施設も多いので、敬老の日やクリスマス、正月料理などは管理栄養士や厨房の手腕が発揮される場面だと思います。

保健所や保健センター

公務員の管理栄養士として人気があります。

仕事の内容は、地域の住民に対するセミナー及び栄養指導・食事提供をする施設の衛生管理、栄養士免許の申請の受付などが挙げられます。

セミナーとしては、「離乳食作り」「妊婦時の食事について」「地域の住民のための栄養セミナーや相談会」などがあり、地域の住民が興味を持つような「食」に関する、情報提供をするという役割を担っています。

公務員の管理栄養士になるには、管理栄養士免許の取得以外に、公務員試験に合格しなければなりません。

また、自治体によっては年齢制限がある事業所や、管理栄養士の枠も少ないため、狭き門として倍率の高い職種と言えます。

年齢の上限は自治体によりますが、30歳前後という所が多いです。

学校給食

学校給食では栄養士の資格を取得するか、管理栄養士の免許を取得していることが条件となります。

また、その働き方としては「栄養教諭」と「学校栄養職員」の二つがあります。

栄養教諭は各都道府県が実施する職員採用試験の合格と栄養教諭普通免許状が必要ですが、学校栄養職員は職員採用試験に合格すれば教員免許は必要ない、という違いがあるので注意が必要です。

どちらも、成長期の子ども達のために栄養バランスのとれた献立を作成し、安全な食事を提供するのが仕事です。

学校給食での栄養士の配置は少ないため、献立作成の他に調理業務や発注業務なども行います。

また、最近では「食育」に力を入れているところも多く、献立便りの配布やアレルギー対応、肥満や糖尿病など個別の栄養相談、使用している食材についての産地や栄養についての講習、マナー教室など、学校により色々と工夫をしています。

体と心を作る大切な時期なので、調理管理、栄養管理の他に、子供や親への情報発信も大切にし、食の相談の窓口になることが栄養士の役割と言えます。

幼稚園、保育園の給食

学校給食と同様で、育ち盛りの子どもに対して栄養バランスのとれた食事を提供します。

仕事内容は、献立作成・発注業務・調理業務・衛生管理が挙げられますが、まだ幼い子供達に食事をする楽しさを知ってもらうことも、栄養士・管理栄養士の大切な役割と言えます。

「食育」のために、子ども達に食べ物の話をしたり、お泊まり保育の時にご飯を一緒に作ったり、献立表の配布や、野菜を育てたりと、自然と「食」に関われるようサポートしていくことが必要と言えます。

また、食物アレルギー除去食や離乳食を作る場合には、食材の選択や調理方法などにも気を配ることが大切です。

スポーツ関連の仕事

オリンピックに出場するようなアスリートの食事指導・献立提案から、スポーツが好きな人・ダイエット目的の人に対しての食事指導まで幅広く指導するのも管理栄養士の仕事です。

スポーツをしていると体作りがとても大切であり、個人に合わせた栄養計算・食事指導が必要不可欠です。

個人のライフスタイルに合わせ実行しやすいよう指導を提案することで、体力向上の手助けやダイエットの成功を目指していきます。

また、日本栄養士会と日本体育協会の共同認定による「公認スポーツ栄養士」という資格もあります。

一定の条件を満たすと取得することができ、よりスポーツに対し専門的な管理栄養士となることができるでしょう。

商品開発

食品メーカーや研究室に所属をし、商品を作りあげていく仕事です。

一から全て作り出す場合や商品になっているものをブラッシュアップするなど内容は異なりますが、試作・改良を繰り返しながら、より良い商品を開発していく仕事です。

材料の組み合わせや作業工程により味や食感などに変化が出るため、納得のいく商品を作り出すのに時間を要することが多くあります。

管理栄養士は的確な食材の提案や、商品の対象者が求める食感や味を加味して開発に従事することが役割と言えるでしょう。

また、商品開発には、サプリメントの開発やスキンケア商品の開発などの分野もあります。

社員食堂

会社の食堂にて、安全で美味しい食事作りをします。

管理栄養士としての仕事内容は主に、栄養価を計算した献立作成・発注業務・調理業務・衛生管理です。

基本的には健康な方を対象にしているため病院ほどは栄養価の制限がありませんが、一回の食事で満足してもらえるよう献立内容を工夫をするのが管理栄養士の役割と言えます。

例としては、季節感を大切にする、彩りに配慮する、ボリュームを考慮する、メニューに変化をもたせる、利用者の興味のある食材や調理法を把握し献立を作成することなどが挙げられます。

また会社によっては、社員に対し栄養指導を行う場合もあります。

特定保健指導

特定健康診査の結果により、保健指導を行います。

仕事内容によっては勤務日数や時間も選べるため、子育て世代の管理栄養士にも魅力的だと思います。

特定健康診査とは、平成20年に開始されたもので40歳~74歳を対象とし、生活習慣病予防のための検診です。

メタボリックシンドロームと診断された人に対し、医師・保健師・管理栄養士が生活習慣病予防のために、サポートしていきます。

管理栄養士の役割は対象者の生活状況を把握し、生活習慣の改善をできるようにフォローすることで、リスクの小さい対象者向けの「動機付け支援」と、リスクの大きい対象者向けの「積極的支援」に分けられます。

どちらの支援も、限られた時間の中でいかに対象者の正しい情報を聞き出し、改善するための目標を一緒に設定できるかが大切なので、高いコミュニケーション能力が求められます。

上記に挙げたものが主な活躍の場ではありますが、他にも料理教室の開業や、メディアでの食のアドバイザー、レシピ本の出版など、活躍の場が沢山あることも管理栄養士の強みだと思います。

管理栄養士の仕事に就くためにはどうしたらいい?

主な仕事内容と役割を見てきましたが、では管理栄養士の仕事に就くためには何をすべきなのでしょうか?

まずは栄養士の免許を取得した上で国家試験の管理栄養士試験に合格し、管理栄養士免許を取得する必要があります。

ここでは、栄養士と管理栄養士の違いや、国家試験のことなどを詳しく見ていきたいと思います。

「管理栄養士」と「栄養士」の違いについて

管理栄養士は国家試験に合格し、厚生労働大臣認定の免許を受けた国家資格になります。

それに対し栄養士は、栄養士養成施設を卒業後に得られる都道府県知事の免許を受けた資格になります。

仕事内容の違いとしては、管理栄養士の方がより専門的な知識を持ち、食に対する提案や管理をすることになります。

また、病院や介護老人保健施設などでは、管理栄養士による栄養管理によってとれる加算があります。

更に施設によっては管理栄養士の配置が義務付けられているため、管理栄養士免許を所有していないと働けない場合もあります。

管理栄養士の受験資格

管理栄養士の国家試験を受けるには、栄養士の資格を取得することが前提となっています。

更に、通っていた学校の種類により実務経験年数が必要な場合もあります。

文部科学大臣、厚生労働大臣指定の管理栄養士養成施設で4年学び卒業した場合は、実務経験なしで受験が可能です。

厚生労働大臣指定の栄養士養成施設卒業の場合は、条件により1年~3年の実務経験が必要になります。

また、ここで言う実務経験とは栄養指導業務のことであり、献立作成や栄養相談なども含まれます。

受験科目と問題数

受験科目は以下のようになっており、問題数は全200問あります。

試験は、午前99問、午後101問の試験に分かれています。

午前

  • 社会・環境と健康
  • 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち
  • 食べ物と健康
  • 基礎栄養学
  • 応用栄養学

午後

  • 栄養教育論
  • 臨床栄養学
  • 公衆栄養学
  • 給食経営管理論
  • 応用力試験

合格率について

2018年第32回管理栄養士国家試験においては199点の内119点以上を合格としています。

その年の受験問題により多少の変更はあるものの、だいたい60%の正解率で合格とすることが多いようです。

次に、合格率を見ていきたいと思います。

厚生労働省の発表によると、2018年第32回管理栄養士国家試験の合格者は10,472名で合格率は60.8%でした。

その内訳は、次の通りです。

  • 管理栄養士養成課程の新卒は合格者8928名の合格率95.8%
  • 管理栄養士養成課程の既卒は合格者323名の合格率20.8%
  • 栄養士養成課程既卒は合格者1,221名の合格率19.2%

合計合格者数は、10,472名の合格率60.8%となっています。

合格率から見ても分かるように、管理栄養士への近道は、管理栄養士養成課程の学校を選び受験することなのかもしれません。

しかしながら、栄養士養成課程の学校でも、調理実習時間の強化や専門的な学習を取り入れるなど、各学校ごとに力を入れている部分が沢山あります。

学校の特色と受験資格を理解した上で、自分に合った学校選びをすると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以上が管理栄養士の仕事内容や資格取得の方法になります。

人の役に立つ仕事がしたい人。

大切な人のために管理栄養士の資格を取得したい人。

料理が好きな人。

食べることが好きな人。

ぜひ「食」のスペシャリストである管理栄養士を目指してみてください。


関連キーワード

管理栄養士求人

管理栄養士求人についてもっと深堀りした情報を見る

管理栄養士の転職方法とは?よくある転職先から転職における注意点までをご紹介

管理栄養士として、働いている人たちには様々な背景があります。管理栄養士の資格を取得してから就職する人、栄養士として何年か働きながら管理栄養士の資格を取得する人もいます。管理栄養士の資格を取得してから就職する人たちは、ほとんどが4年制大学卒業の新卒採用です。4年制大学卒業後の新卒者は8割~9割が、管理栄養士の国家試験に合格しています。しかし、栄養士として就職し実務経験を積んだ後に管理栄養士の国家試験を受けた場合の合格率は5割以下というのが現状です。働きながら勉強をするので、努力が必要になってきます。新卒採用の管理栄養士は経験が全くない状態なので、基本的に栄養士の新卒者と仕事内容は変わらないことが

管理栄養士の仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリア、働き先の種類について解説します

現代社会は、食事、健康に関する問題が目立ちはじめ、それに伴い、それらの重要性が見直されている時です。例えば、昔に比べ、サプリメントなどで手軽に栄養がとれたり、ファーストフード、冷凍食品などで手早く食事を済ませたりできます。勿論それらは核家族化が進み、忙しい現代人には有難い一面もあります。しかし、それらの台頭は間違った情報をもとにしたダイエットで健康を損ねたり、家族で食卓を囲む楽しさを知らなかったりするという問題も生んできました。他にも、飽食の時代がゆえに、過剰な塩分、脂質などの摂取が要因とされる生活習慣病に苦しむ人も多いです。そんな現代では健康ニーズが高まり、健康のために食事を見直すという意識


管理栄養士求人に関するコラム

管理栄養士になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

「管理栄養士」の仕事がしたい!でも実際に管理栄養士免許を取得し、働きに出るためには、何から始めれば良いのか、分からない人も多いと思います。そんな方のために、管理栄養士になるために必要な資格や勉強、適正の見分け方、さらに働き先の見つけ方を、細かく解説していきたいと思います。管理栄養士になるには?管理栄養士になるためには、国家試験に合格し、厚生労働大臣認定の国家資格を取得する必要があります。そしてその国家試験は、勉強すれば誰でも受験できるという訳ではなく、受験するために必要な資格と条件があります。勉強するべき内容、適正も併せて、詳しく見ていきましょう。管理栄養士になるために必要な資格は?管理栄養士

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士になるためには何が必要なのでしょうか。管理栄養士の仕事と言われると、何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献立作成まず管理栄養士と言えば、献立作成を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?献立は栄養バランスの整った食事を基本として作成すると同時に年中

管理栄養士は男性でもできる?その理由と男性ができること、大変だったこととは?

管理栄養士=女性というイメージを持っていませんか?管理栄養士の他にも看護師や保育士など女性の職業であるというイメージが強いですが、実は男性も多く見かけます。他職種と比べても確かに管理栄養士は女性が多い職業ですが、男性にもできます!これは自信を持って言えます。今回は男性管理栄養士ができること、大変なこと等、詳しく説明していきます。管理栄養士の仕事についておさらいしておこう管理栄養士は職場によって仕事内容は様々です。管理栄養士の仕事を簡単にまとめてみました。献立作成対象者に合わせて栄養バランスの整った食事を提供できるよう配慮し、献立作成を行います。食材の発注・検品献立をもとに発注書を作成し食材の発

管理栄養士の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

様々な職場で活躍する管理栄養士。初めに、主な勤務先と仕事内容を簡単にお伝えします。病院での栄養指導業務老人ホームでの献立作成や調理指導学校給食での献立作成や食育指導幼稚園・保育園での調理や、献立作成などの給食業務保健所・保健センターなどでの公務員スポーツ関係フリーランス他にも多くの現場で活躍中の「管理栄養士」ですが、幅広く「食」と向き合い正確な情報を提供していることは、勤務先に関わらず共通していることです。人の役に立ちたいという人にはぴったりの仕事ですが、休暇の取得について気になりますよね。職場により勤務体制や労働条件は異なってきますが、今回は管理栄養士の一般的な「休み」に注目して見ていきまし

管理栄養士のやりがいとは?経験者の私が感じる5つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

健康食品や健康食材についてのテーマで毎日のようにテレビや雑誌で特集されるぐらい注目を集めている栄養について。多く出回る情報に振り回されている部分もありますが、毎日食べる食事について関心を持っている方が多い現れだと感じています。それと同時に栄養管理に関する専門家として管理栄養士がメディアに出て活躍している姿をよく見ます。今回は管理栄養士のやりがい等を紹介していきたいと思います。管理栄養士の大まかな仕事内容について理解しておこう医療管理栄養士が活躍しているところとして一番有名なのは病院ではないでしょうか。入院患者や通院中の患者一人一人の病状に合わせた栄養管理や栄養指導を行います。最近では栄養サポー