転職活動において、最大の関門となるのが「採用面接」です。

採用面接を受けるうえで、気を付けなければいけない点、それは「やり直しがきかない」ということです。

企業側の採用担当者や、採用に関する決定権者と直接やり取りをし、言うなれば「その時の印象」のみでジャッジされ、やり直しがきかない、まさに一発勝負の名にふさわしい、転職活動における難所となるのが「面接」です。

そのため、面接を受ける際に、しっかりとした事前準備を行ったうえで、最大限の努力を面接前に行ったかどうかが非常に重要となります。

今回は、その面接対策に関するポイントを解説していきます。

転職活動真っ最中で、これからまさに面接の予定があるという人でも、今からでも間に合う内容となりますので、是非今後の面接の参考としてください。

転職の面接対策とは?

採用面接なんて、企業や採用担当者によって感じ方や考え方、判定基準が異なるから事前対策なんて無駄!と考えがちですが、実はそんなことはありません。

実際のところ、中途社員の採用における面接などで、評価のポイントとされることや、質問される内容などはどの企業においても、ほぼ同じような内容となっています。

その理由ですが、採用面接でチェックしている内容が「人柄のみ」となっているからです。

中途採用に関しては、新たな人材採用が必要となっている明確なポジションがあり、そこで必要な経験やスキル、人物像というのも新卒採用とは異なり、具体的な要件が決まっています。

そのため、そのようなスキルマッチングについては、面接の前工程となる「書類選考」の時点で終了しているのです。

スペック的に問題がないというのは、大前提としたなかで、実際に会わなければ分からない「人柄」を確認する作業が面接となります。

どのような考え方や、仕事についてどのような判断軸を持っているのか、採用予定のポジションにおいて、周りのメンバーと上手く協調した仕事を行うことができそうか、すぐに辞めたりしないだろうか、そういったパーソナリティについてチェックをしています。

そのような人柄について、相手がもとめる受け答えを、適切に行うことが重要となるので、そのための事前準備が重要となってきます。

この事前準備こそが「面接対策」となります。

具体的に、面接対策として行うべき内容は以下のようなことになります。

自分自身についての棚卸し

面接の場面では、「あなた(つまり自分)は、どのような人物ですか?」ということを確認されます。

その際に、しっかりと「自分は、こういった人物です」と回答ができなければ、元も子もありません。

しかし、人間は自分自身のことを知っているようでよく知らない、また、知っていても、それを言葉として端的に説明ができないと言った形で、突然、自分自身について簡潔に説明せよ、と言われても、できないのが現実です。

そのために、しっかりと「棚卸し」を行って、自分自身がどのような人物であるかを確認し、整理しておくことが重要です。

自分自身を客観視する

自分自身について棚卸しをして、自分がどのようなパーソナリティを備えた人物であるのか、自分なりに整理ができたら、それを別の第3者に評価をしてもらうことが重要です。

自分自身で思う自分と、他人が感じている自分への評価には、概ね大きな違いが存在します。

自分への評価というのは、大体、過大もしくは過少に評価してしまうケースが多く、公正公平に、フラットな評価を自分自身で与えることはほぼ不可能だということを、先ずは理解しておきましょう。

そのうえで、自分自身で整理した自己評価について、他人である第3者に見てもらい、面接で回答するのにふさわしい内容であるか客観的な評価を、事前に得ておくということが、非常に重要です。

万が一、このときの第3者評価が、自分が思うよりもネガティブなものであった場合、実際の面接であれば、そのまま不合格の結果を招くことになってしまうということを理解しましょう。

自分のクセを直す

当たり前のこととして、ピンとこない人も多くいるかと思いますが、面接対策として重要なことが「クセ」を直すことです。

人間誰しも「クセ」を持っているものです。

この「クセ」が怖いところは、自分自身では気が付かないのに、他人には非常に気になるというところです。

そして、この「クセ」というのは、多くの場合、相手にネガティブな印象を与えます。

さらに、面接の場における「クセ」に関しては、単なる仕草や言葉遣いだけでなく、「考え方」に関して発生をします。

そして、面接官はこのような「ネガティブな考え方のクセ」を見つけようとしていることを忘れてはいけません。

例えば、よく見受けられるネガティブな考え方のクセが「退職理由」の部分です。

転職をして、新しい会社に移ろうとしているということは、少なからずどこかに、現職に対する「不満」があって「退職」する訳です。

この「不満」に対する考え方には必ずその人の「ネガティブな思考」が潜んでおり、ここを上手く対処できないと、そこからの質問全てにおいて、「ネガティブな思考」が「考え方のクセ」として回答に現れるようになるので、注意が必要です。

不満を感じない人はいませんし、退職をしている以上、何等か不満があるということも決してネガティブなことではありません。

ですが、常にそのような感じ方をし、不満があると辞めてしまうという風に捉えられると評価はネガティブとなりますので、事前に、自分自身がどのようなことに不満を感じているのかを整理しておき、その不満に対する自分自身の対応も考え、回答できるようにするということが、面接の場では非常に重要です。

現在の不満を解決するために、転職することを考えており、それが面接されている企業であれば実現できるというポジティブな志望動機に置き換えるという訓練が、面接対策で最も重要なポイントとなります。

転職の面接で聞かれる4個のこととは?

転職の採用面接の場で、よく聞かれる質問事項についての解説です。

転退職理由

すべてはここにかかっている、もしくは、これしか聞いてこないといっても過言ではない、転職活動において、最重要なキーワードとなるのが「転退職理由」つまり「なぜ、現在の企業を退職して、転職するのか?」ということで、これさえ完璧に回答ができれば、どんな採用面接も合格間違いなしです。

ということは、つまり、それだけこの理由については難しい質問であるということを同時に理解してください。

自分自身では、納得性があって、整合性のある理由でも、赤の他人である面接官からすれば「大した理由ではない」と思われるのがこの転退職理由となります。

どんなに表面的に取り繕って、それなりの理由を考えたとしても、所属企業の内情や人間関係、仕事内容は、外からでは理解できませんし、ましてや、個人的な内情については理解できるものではありません。

そのような、理解してもらえる前提条件がない状態で、どんな説明をしたとしても結局のところ「今の職場が嫌で辞めるのね」と解釈されてしまうものです。

この質問が難しいというポイントがここにあります。

つまり、どんな理由を考え、回答をしたとしても、決してプラスな評価をもらえる部分ではないということです。

では、どうしたらいいのか?

答えは「極力マイナスを減らす回答をする」ということです。

繰り返しの記載となりますが、転職をする、退職をするということについては、そこにプラスの理由というのは存在しません。

何等か、現状に不満を頂いて、そこを辞めるということ以外に何物でもないのです。

なので、退職をするという理由については、簡単に回答をとどめて、転職をすることで「実現をしたいこと」というこれからに対するポジティブな計画を、より具体的な内容を回答するということが、非常に重要となります。

志望理由

転退職理由と併せて、必ず質問され、同様にとても重要なものが「志望理由」つまり、「なぜこの企業で働きたいのか?」というところです。

前段からの続きとなりますが、「転退職理由」に関してはネガティブに陥りがちなので、「志望理由」のような、これからのことについてポジティブに回答するように、転換した対応を心がけることがとても重要となります。

この転退職理由と志望理由の質問で、採用担当者が確認している内容は以下となります。

  • 根本的な考え方について:ネガティブ思考で、苦難から逃げ出す人間性でないかどうか?
  • 自分自身のキャリアについて軸をもっているか:しっかりとしたキャリアパスを考えていて、成長の余地があるかどうか?
  • 即戦力としての企業理解があるか:企業への理解がしっかりと形成されていて、転職後、しっかりと環境に順応できるかどうか?

概ね、上記3点についての確認を行っています。

実績の部分やスキルなどについては、書類上で確認ができているので、面接においては、人間性に問題がないか、企業カラーに適合性があるかどうか、採用後にしっかりと組織に定着をして、長期間活躍ができるかどうかを評価しています。

そのような場で、いつまでも現職に対する不満を述べていたり、将来のキャリアパスが不明確で、なぜこの企業を選んだのか理解できないような人物像が浮かんでくれば、採用には至らないというのにも、納得ができるのではないでしょうか?

周囲の人間からの自分への評価

上記以外によく質問されるものとして、「周りの人から、どのような人だと言われますか?」といった周囲からの評価について聞かれることがあります。

この質問の意図も、基本的には上記同様に、あなたの人間性に関する確認となるのですが、それにプラスして周囲の人間との関係性についても確認をしているということがポイントとなります。

突然、上記のようなことを聞かれて思うのは、「そういえばなんて言われてるかな?」ということで、とっさの質問の場合回答が思い浮かばない類の質問がこの内容です。

「面白い人」とか「変わってる人」といったように、プライベートで、ごく親しい間柄のひとから、冗談半分で言われることはあってもビジネスシーンなどで、自分自身に評価を直接もらえるというのは、そう多くありません。

このようなことをしっかりと回答できるということは、それだけ協調性を持って組織業務に携わっている証拠ですし、そこから客観性を持ったポジティブな回答ができれば、人間性としても高い評価を得ることができるでしょう。

このような質問に対して、不安があるという人は、前もって周囲の人に「仕事においての印象」を確認しておくことをオススメします。

成功体験と失敗体験について

これも、よくある質問で、まさに「人間性チェック」という質問になりますが、「これまでの仕事経験のなかで、一番嬉しかったことor楽しかったこと」といった成功体験に関するものと「これまでの仕事経験のなかで、一番辛かったことor苦しかったこと」といった失敗体験に関するものを対にして聞かれるというものです。

新卒時にも、よく聞かれることになりますが、新卒の場合にはどちらかというと「成功体験の有無」に比重が置かれていてしっかりとした「勝ちパターン」を自分自身のなかにもっていて、仕事の場面においても、早期に自律できるかを判断していますが、中途採用の面接については、どちらかというと「失敗体験」について比重を置いた質問となっており、どのようなことについて「ネガティブな思考と判断」をするかということを、ある種「試している」と考えておきましょう。

ここでの回答に関する、ひとつの適切な対応は「失敗体験については回答しない」ということになります。

聞かれた内容に正直に回答するという観点で言えば、具体的な失敗エピソードを話すことが求められますが、当然のことながらそのような回答を質問側も求めていません。

かといって、これまでの体験のなかで「失敗したことがない」なんてことはあり得ないので、言い回しがとても重要となります。

ひとつの回答例ですが、「失敗ではありませんが、ある切っ掛けとなることがあって、業績における成功が作れました」という形で最終的な回答が「成功例」になるということ、何等か「困難なケース」があって、そこを乗り越えた話にするのがポイントです。

いずれにしても、中途採用での面接においては「ネガティブとなる要素」を確認しようとした目的の質問が多くなされます。

そこに対して、しっかりとポジティブな回答を行っていくということがとても重要となります。

転職の面接で人事担当者はここをチェックしている!

面接での質問事項以外に、どのような部分がチェックされているか解説します。

服装

あまり表立って語らることではありませんが、「見た目(アピアランス)」というものは非常に重要です。

残念ながら、中身の前に見た目というのが、評価においてとても重視されてしまうという現実をしっかり受け止めましょう。

見た目といってもいくつかポイントがありますが、自らの努力で改善できるという点で「服装(身だしなみ)」は重要です。

しっかりと、TPOに応じた服装を選択しましょう。

無難なものは、ダークカラーのスーツの着用で、シャツは無地白、ネクタイも現職は避けて、フォーマルなものを選択するようにしましょう。

スーツやシャツについては、しっかりとアイロンがけがされていて、しわのない状態のものを着用するようにしましょう。

ベルトや靴については、黒で合わせるのが無難です。

また、靴についてはなるべく新しく、キレイなものを身につけましょう。

髪型

こちらも、あまり個性的な髪型というのは好ましくありません。

また、清潔感があって、ある程度無難な髪型というものが適切となりますので、凝ったヘアスタイルに仕上げるというよりは、清潔感が感じられるよう、長さやスタイルを整えておくことが大切です。

所作・マナー

新卒の場合には、「初々しさ」でカバーできますが、中途の場合には、しっかりと雰囲気を持った所作というものも重要です。

猫背であったり、どこか落ち着きがなく、常に目線が安定しない、うつむき加減で覇気がないというのもマイナス評価となります。

この部分も、動画などで撮ってもらって、セルフチェックを行っておくというのもポイントになります。

転職の面接での受け答えのコツとは?

転職の面接における受け答えでポイントとなる部分を解説します。

何をやりたいのか明確に語れる

転職においてありがちなパターンに「とにかく現状が嫌。転職先は給料さえ下がらなければ何でもいい。」というものがあります。

言い回しの違いがあるにせよ、次のキャリアや将来的なキャリアパスを具体的に語れない人は意外と多いものです。

こういうスタンスが見えた瞬間に面接は不合格となります。

辞めたいという気持ちは置いておいて、「何を実現したいのか」という長期的なキャリアパスを明確にしましょう。

そうしたなかで、そのキャリアは現在の職場では実現できないものなのか?ということを相対的に評価したうえで、次のキャリアを、この企業の、このような環境のなかで、このポジションの、この仕事で実現したい。

このレベルまで落とし込めれば採用担当官の評価も高まり、合格の可能性が高まるだけでなく、入社後の組織におけても、成功する可能性が高くなります。

最も重要なこと、それは「転職のゴールは採用内定をもらうことではなく、入社後の仕事において成功すること」ということを認識することです。

まとめ

転職の面接対策について解説を行ってきました。

面接というのは、ある種「縁」という自己努力では如何ともしがたい要素を多分に含んだ活動となります。

その、不確定で自己裁量を超えた部分を補うために、先ずは自分自身をよく知り、相手企業のことをよく知ることが重要です。

そこから、自分自身のキャリアパスを実現できる企業選びがしっかりと行えれば、面接での合格率も自然と高まります。

転職活動のゴール設定を誤らず、長期的なキャリアパスに対するゴール設定をし、そこへの具体的な理由付けをすることが転職活動における最大の面接対策であるということを理解しましょう。


関連キーワード

転職