歯科助手という仕事をしてみたいけど自分にできるだろうか、面接はどんな感じなのかな?

働いてみて自分に合わなかったらどうしよう?

などいざ就職しようと思っても実際に働き始めるまでは不安な事がたくさん出てくるかと思います。

そんな不安を解決するため、今回は歯科助手の面接について詳しくご紹介していきます。

「歯科助手の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

歯科助手の仕事内容についておさらいしておこう

歯科助手は資格がなくても働くことができ、未経験OKのところも多い職業です。

歯科医師の治療のアシスタントに入り器具を渡したり、患者さんの口腔内の唾液や水をバキュームという器具で吸い取って、治療をスムーズに行えるようにとサポートする仕事です。

他にも歯科医院の清掃や器具の消毒、薬品を混ぜ合わせたり歯科衛生士のサポート、患者さんの誘導や受付・会計・カルテの管理など、事務的仕事を歯科助手が兼任している歯科医院もあります。

歯や器具、治療の流れなど覚えることもたくさんあって知識をつけることもでき、さまざまなスキルが身になる仕事。

それが歯科助手です。

歯科助手の面接で聞かれる8個のこと

歯科助手として働くにはまず、歯科医院に面接にいかなければなりません。

面接をしてくれるのはだいたい院長先生になると思います。

では歯科助手の面接では一体どういったことを質問されるのか。

細かく見ていきましょう。

職歴や経験

今まで働いたことのある職業や、どのような内容の仕事をしていたか。

どのようなスキルや知識を持っているのかというのが、この質問の狙いになってきます。

受け答えのコツ

今まで働いていた職業はどういったものなのか、例えば医療関係やサービス業、事務職といった仕事の種類はもちろん、人と接する仕事だったか、立ち仕事だったか、自分はどういった立場でどんな仕事をこなしていたのかなど、仕事の内容も細かく伝えます。

詳しく説明すると、どのような会社で働いていたのかが相手もわかりやすいですよね。

細かく伝えることによって、履歴書に書かれている職歴だけではわからない、自分の持っているスキルや知識を知ってもらうことができます。

初めて就職活動をするので職歴がないという人は、今までしていたアルバイトなどの経験を伝えると良いですね。

歯科助手に対しての志望動機

以前にも歯科助手として働いたことがあれば良いですが、初めて歯科助手として働くとなった場合、なぜ歯科助手を選んだのかについては、相手も疑問に思うでしょう。

歯科助手に興味を持った理由や、この職業を選んだ理由を伝えます。

受け答えのコツ

歯科助手という仕事を選んだ理由を伝えます。

未経験OKだから、求人がたくさんあるから、自宅から近いからなど理由は様々ですが、相手に好印象を与えるために、言葉を選んで伝えましょう。

未経験OKだからという場合は、「新しいことに挑戦したいと思った」などと言葉を変えれば、向上心があると捉えられて印象も良くなるかと思います。

また、「医療関係の仕事に就きたい」「人と接することが好き」「昔から歯科医院に通うことが多く憧れていた」など、この人は頑張ってくれそうだな、と思わせる言葉をチョイスすると良いですね。

今まで働いたことのある職業内容を活かした仕事であるというアピールも良いかもしれません。

接客業ならコミュニケーション能力を活かせるということをアピール、介護や保育業なら思いやりや相手の立場になって接することができることをアピールするなど、自分が持っているスキルを活かせる仕事と伝えるのもおすすめです。

この歯科医院を選んだ理由

歯科医院はコンビニよりもたくさんの数があり、その中からなぜうちの歯科医院を選んだのかと質問されることも多いです。

面接を受ける歯科医院について事前に調べておくと焦らずに答えることができます。

受け答えのコツ

数ある中でなぜこの歯科医院を選んだのか。

まずは自分の希望と求人の条件が合っていることを伝えます。

通勤しやすい、勤務時間が自分に合っているなど、求人情報に載っている情報で自分の探していた条件と一致する部分を伝えます。

さらにホームページなどを事前に見ておき、面接を受ける歯科医院についての情報を集めておきます。

歯科医院の診療科目に小児歯科とあれば「子供が好きなので小児歯科を選んだ」「ホームページに記載されていた歯科医院の雰囲気がとてもよかったので」など、事前に歯科医院のことを知っているのだと相手にアピールすることもでき、好印象です。

自分が通ったことのある歯科医院であればそのことを伝え、「こちらの歯科医師で働くことに憧れていた」というのも良いですね。

自己アピール

自分の持っている知識やスキル、資格などを伝えます。

何も持っていないという場合も焦らなくて大丈夫です。

持っていなければこれから増やせば良いのです。

これからここで頑張っていくということを、自分の言葉でしっかりと伝えることが大事です。

受け答えのコツ

歯科助手の資格を何か持っていれば、持っている資格を伝えます。

資格は必須になっていなくても、資格を持っていることはアピールポイントになります。

歯科医院で働いたことがあれば自分には何ができるか、どの程度の知識を持っているのか、歯科用語を交えて伝えると、仕事ができるアピールにもなるかと思います。

未経験で働く場合はこれから頑張っていきたいと、やる気や向上心があることを伝えると良いですね。

長所と短所

これはどの面接でも聞かれるよくある質問ですが、受け答えに悩む人も多いのではないでしょうか。

自分の長所と短所、つまり自己分析がきちんとできているか、それを人に上手く伝えられるかがポイントです。

受け答えのコツ

長所は自分の良いところですね。

歯科助手という仕事にも役立つ長所があれば尚良いですね。

例えば人と接することが好き、思いやりがある、気が利くなど、長所が歯科助手の仕事に向いている内容であれば、相手も採用の材料にしてくれます。

短所はマイナス部分と思いがちですが、フォローすれば長所にもなることを選ぶと良いですね。

例えば神経質なら細かいところも気にかけられるなど、短所だけど良い風にも捉えられる言葉をチョイスして、自分をアピールしましょう。

血や抜いた歯を見るのは平気か

これは、歯の治療に携わる際に血を見ることがあるので、平気かどうかという質問です。

歯を抜いたり、外科的な治療のアシスタントにつくことになれば、歯茎を切ったり縫ったりということもします。

未経験であればそういった治療があると知らずに仕事に就き、出血を見た際にめまいが起きたり倒れてしまう人も少なくありません。

そういったことを防ぐために、あらかじめ出血などは見ても大丈夫かと確認されます。

受け答えのコツ

これは嘘をつかずに正直に答えましょう。

平気であれば平気と伝えるだけで大丈夫です。

相手も安心して治療のアシスタントを任せられると思ってくれるでしょう。

ですが、もしも得意でなければ、嘘をつかずに正直に相手に伝えてください。

ここで嘘をつき平気と伝えてしまうと、仕事に就き、そういった場面になった時に、自分も相手も辛いです。

外科の手術ほどの大量の血を目にする訳ではないので、あまり得意でないくらいの場合は、多少の血なら大丈夫という風に柔らかく伝えても良いですね。

立ち仕事は大丈夫か

歯科助手は歯科医師のアシスタントに入ったり、指示された器具や薬を持ってきたりと、動き回ることが多い仕事です。

水仕事も多く、主に立ってする仕事が多いです。

なので体力が必要になるのです。

受け答えのコツ

大丈夫ですと答えるだけでは説得力があまりありませんよね。

スポーツをしていて体力には自信がある、今までも立ち仕事で体力はついているなどと、説得力のあるエピソードや経験を伝えると相手に安心してもらえます。

立ち仕事を初めてする人は、こちらも嘘をつかずに伝えましょう。

最初は辛いかもしれませんが、働くうちに慣れてきます。

自分で出来る体力づくりも大切ですね。

体力をつけて頑張ります。

と向上心があるように伝えると好印象ですね。

子供相手でも嫌じゃないか

歯科医院は虫歯治療や予防のために子供も多く来院します。

診療科目が小児歯科となっている場合は、さらに多くの子供と接することになるかと思います。

受け答えのコツ

子供好きなら大丈夫ですね。

そのまま伝えましょう。

ここでも子供が好きなエピソードや経験があれば簡単に伝えると、より説得力がありますね。

子供があまり得意でない場合や子供と接したことがないという人は、「子供との接し方も、先輩たちを見習っていきたいと思います」などと向上心がありポジティブに捉えられるように伝えると良いでしょう。

他にも面接に行けば様々な質問をされるかと思います。

考えてもいなかった質問をされることもありますが、焦らず慌てずしっかりと受け答えできるかを、相手はチェックしています。

コミュニケーション能力が必要とされる現場なので、言葉遣いや挨拶など、基本のマナーをしっかりと押さえておくのが大切ですね。

「歯科助手の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

歯科助手の面接での注意点

面接に行く場合、どういった服装や髪型で行けば良いのか。

会社とは違う個人の病院にもスーツで面接?

など、疑問はたくさん出てきますよね。

面接の際の服装や髪型など、気になるところを順番にご紹介していきます。

服装

スーツやフォーマルな格好が良いですね。

会社でなくても職場なので、きちんとした格好で行きましょう。

電話などであらかじめスーツじゃなくても良いと伝えられる歯科医院などもあります。

その際もカジュアルな格好ではなく、ブラウスに膝が隠れる丈のスカートなど、派手な色物は避け、清潔感のある印象になるような格好がおすすめです。

髪型

髪型は黒髪でないとだめな医院や、金髪でもOKな医院など歯科医院によって様々です。

ですが面接は第一印象が大事です。

清潔感ある髪色、髪型で臨みましょう。

長い髪の場合は後ろで一つに束ねてスッキリさせると良いですね。

アクセサリーやネイル

こちらも歯科医院によってはOKなところもありますが、面接の際はあまり派手なものはつけずに行きましょう。

爪先なども綺麗にお手入れされた清潔感ある人が良い印象を与えます。

清潔に整えておきましょう。

持ち物

メモ帳とペンは持っていくと良いですね。

面接の際に採用を見越して医院の見学の日程などを伝えられることがあります。

そういったことをとっさにメモできれば、相手への印象も良くなり、自分も忘れずに済みます。

疑問点を質問した際に返答をメモするのも良いですね。

歯科助手の求人情報や面接時の確認事項5個

面接をしてもらう際に確認することや気になることを「質問すればよかった」と後から思っても遅いですよね。

面接時の確認事項を事前にチェックしておきましょう。

基本給について

基本給は求人情報にも記載されていますよね。

ですが研修期間はかなり低く設定されていたり、時給換算のところもあります。

研修期間などがあるのか、そういった場合の給料はいくらになるのかなど、相手からの説明が何もない場合は聞いておいた方が良いかもしれません。

また、昇給はあるのか、賞与は何ヶ月分かを確認するのも大切ですね。

勤務時間や休日、有給や残業について

医院の診療時間と勤務時間は違います。

診療時間より早く出勤して遅く退勤します。

また患者さんの治療状況などによっては残業もあり得ます。

出勤時間は診療開始時間の何分前なのか、残業はどれくらいあるのかなど、細かく質問した方が良いですね。

さらに、休日出勤をしなくてはいけない歯科医院もあります。

患者さんが来るわけではないですが、カルテの管理やレセプトの作成など事務的な仕事を兼任する場合は、質問すると良いでしょう。

有給休暇の有無も確認しておくと後々トラブルにならずに済みます。

交通費や各種手当について

交通費は出るところもありますので、事前に確認しておきましょう。

また手当については資格の有無や知識、技術によって資格手当や技能手当などをつけてくれるところもあります。

資格などない場合も、皆勤手当などもあるので確認しておくのも良いですね。

福利厚生について

福利厚生は歯科医院によって異なります。

厚生年金や歯科医師国保など、歯科医院に勤めている場合の保険などもあるので、説明がなければ自分から質問してみて下さいね。

勤務時の服装について

歯科医院内では規定のナース服やユニフォームを着用しますが、勤務時は私服なのかナース服やユニフォームなのか。

これは歯科医院によって異なります。

初日に焦らないためにも質問しておくと良いでしょう。

他にも気になるところはしっかりと質問しておくと、後々トラブルになったり、焦らずに済みますよね。

疑問に思ったことは遠慮せずに細かいところまで確認して聞いておきましょう。

歯科助手を始めるにあたって知っておきたいこと

歯科助手になるにあたり、最初に知っておくと働きやすかったり、一から質問しなくても良いことがあります。

大まかな仕事内容などをイメージとして頭に入れておくと、実際に働いてから身につきやすいです。

いくつか挙げておきましょう。

歯科助手の仕事内容

仕事を始めてから教えてもらうことですが、患者さんの誘導や歯科医師の治療のサポート、器具を渡したり洗浄したり、歯科医院の掃除もします。

受付業務と兼任の所は、予約やカルテの管理もします。

歯科器具や用語

歯科医院で働くと歯科用語が必ず飛び交います。

初心者で入った場合、何を言っているのかさっぱりわかりません。

一から先輩に教えてもらったり、研修を受けることになりますが、簡単なバキュームやミラーなどといった器具名や用語を覚えておくのも良いですね。

ですが歯科用語はたくさんの種類があるため、全てを最初から覚えるのは不可能に近いです。

働くうちに少しずつ覚えていきましょう。

歯科助手ができないこと

歯科助手は国家資格を持っていないため、患者さんに対して医療行為を行うことはできません。

歯を削ったり歯石を取ったりする行為もしてはいけないことなのです。

これも働くうちに教えてもらったり覚えていくことですが、まったく知らずに医療行為を行ってしまっていると、問題になった時に罰則が与えられることもあるので注意が必要です。

これらのことは、基本的には働くうちに覚えていけば問題ありませんが、少しでも頭に入れておくだけで仕事がスムーズに覚えられたり、質問しやすかったりします。

また少しでも自分から覚えてきたという自信になりますし、相手にも向上心をアピールすることができるので、事前に知っておくと良いでしょう。

「歯科助手の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

歯科助手の面接について、受け答えのコツや注意点、確認事項などをまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

面接は第一印象が大切です。

マナーを守りハキハキとした声で挨拶をすれば、相手にも好印象を与えます。

事前にしっかりと準備することはとても大切ですが、自分に自信をもって挑み、相手にアピールして見事採用されることを願っています。

アピールした所を活かせる、自分に合った歯科医院で、自分なりの歯科助手になって下さいね。


関連キーワード

歯科助手求人