歯科助手転職を考えている方で、転職を成功させるにはどうしたらいいんだろう?と思っている方も多いと思います。

この記事では、歯科助手転職を成功させる手順と注意点について紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

歯科助手で転職をお考えの方へ

歯科助手の転職は比較的しやすいと言われています。

より良い転職をするためには情報収集と自分がどこに比重を置いて転職をするのかが大切です。

転職の目的を明確にしよう

せっかく転職するのであれば、現状より良い条件のところを選びたいところです。

「給料」「通勤のしやすさ」「人間関係」「スキルアップ」「勤務条件の好転」など譲れない条件や重視したい条件を明確にして転職先を探しましょう。

お給料アップ

歯科助手の仕事は基本的にはどこの医院も同じです。

同じような仕事をするのであれば、より給料が高いところを目指すのが当たり前です。

ドクター、衛生士、患者さんからの信頼をもらえる仕事が出来るようになって、勤めている期間も長くなった。

その中で自分の給料が上がらない。

ボーナスが出ない。

交通費が全額支給ではないので交通費が負担・・・ということであれば、給料アップを目指して転職をすることは「アリ」だと思います。

人間関係に悩んでいる

条件は良いけれど、どうしてもドクターと合わない・・・苦手なスタッフがいる・・・など人間関係で悩んでいるのでしたら、転職をお勧めします。

歯科医院は個人医院が多いのでドクターも含め、少ないスタッフでチームワーク良くやっていかないとより良い治療を患者さんに提供出来ません。

合う、合わないは理屈ではありません。

心や身体を壊したり、悩んで自分の私生活に影響を及ぼすよりは新しいところで新たな気持ちで、仕事をする方が健全で前向きです!

違う診療科目の医院でスキルアップ

「小児歯科」でドクターを含む歯科医院のスタッフとお父さんお母さんと一緒に子どもたちの口腔内の健康を守りたい!

「審美歯科」での治療で「自由診療」「自費治療」の視点から歯科に関わってみたい!

「口腔外科」で口腔内だけでなく顎も含む広い領域でがん治療などにも向き合い外科治療の知識も深めたい!

など専門的な診療科目の医院でスキルアップを目指すのも良いと思います。

また、最近では、要介護者の自宅での診療や障がい者の方の自宅での診療、老人介護施設入居者への診療などを目的とした「訪問診療」を行う医院も少しずつですが増えてきました。

「訪問診療」では持ち出せる機材や治療器具が限られていますし、レセプトの申請の仕方も違いますので、スキルアップにつながります。

医院に治療に来院することが困難な方でも歯科治療を受けることが出来るように、これからの歯科医療は進んでいくと思います。

今のうちにこの分野のスキルを伸ばしておけば、将来的にプラスになると思いますので、それも視野にいれて転職先を探すのも良いかと思います。

勤務条件が合わないから転職したい

長く勤めていれば、私生活の状況も変わってきます。

「子どもの手が離れたからもっと長く働きたい」「パートではなく正社員で働きたい」また逆に「結婚を機に正社員からパートになって勤務時間を減らしたい」「引っ越したのでもっと通勤しやすい医院に変わりたい」「就職したときは残業なく働けていたのに、スタッフが減ったため、休みも勤務時間も増えてしまった」など自分の現在の条件に合わなくなってしまったら、まずは現在働いている医院に相談をしてみて、どうしてもお互いに折り合いがつかないようであれば、より自分の状況にあった医院を探して転職してみるのも良いと思います。

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職を成功させる4個の手順

求人から応募しよう

フリーの求人誌にも、ネットの求人にも、ハローワークの求人にもたくさんの求人が掲載されていると思います。

それらの中から、条件や目的にあった歯科医院を見つけて応募しましょう。

歯科助手の求人を探すには?おすすめの転職サイト

リクナビNEXT等、大手の転職サイトでは歯科助手の求人募集が出ています。まずはそれをチェックしていくつか応募してみましょう。

転職した人の約80%が利用!

『リクナビNEXT』は業界最大級の転職サイト。転職者の約80%が利用する、転職する人は絶対に使っておくべきサイトの1つです。

リクナビNEXTは、なぜ転職者に人気なの?

豊富な募集職種

募集されている職種は業界随一と言えるほどの幅広さ。どんな仕事を探している人にとっても最適な仕事が見つかりやすいでしょう。

求人数が圧倒的に多い

大手からベンチャーまで業界最大級の求人数を誇ります。毎週水曜・金曜に新しい求人が更新されるので、チェックを忘れずに!

リクナビNEXTだけに掲載されてる「限定求人」が大量にある

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%もあるので、登録(無料)して求人を覗くだけでも損はありません!(さらに、会員登録後に「スカウト機能」に登録をしておくだけで、自分にあった条件の良いオファーを送ってくれるようになります。転職者には便利でとても助かりますね!)

リクナビNEXTのおすすめ理由

  • 仕事を見るだけでも利用できる
  • 豊富な募集職種
  • 求人数が圧倒的に多い
  • リクナビNEXTだけに掲載されてる「限定求人」が大量にある
  • 登録するだけで、スカウト待ちできる

目的に合った医院を探そう

転職の目的を明確にしたら、その目的に合う医院を探しましょう。

求人の内容をしっかり見て、給料、勤務時間、通勤時間、通勤手当など徹底的に比較とチェックです!条件面だけにとらわれて、転職する目的を見失わないようにしましょう。

たくさんの求人情報を集めよう

出来るだけたくさんの媒体で求人情報を集めましょう。

同じ医院が違う求人媒体に募集要項を掲載していたり、同じ医院なのに、求人媒体によって違う募集条件を掲載していていたり、求人媒体の個性や特長によって同じ内容のことを違う切り口で確認することが出来ます。

より良い条件で自分に合った医院を探すためには、たくさんの求人情報を集めることが大切です。

また、求人情報である程度、転職先の医院を決めたら、その医院の情報を集めましょう。

医院のホームページやフェイスブック、twitter、ブログ、ドクターのフェイスブック、twitter、ブログ、そして、医院の評判や口コミなどネットで調べることが出来ますし、友だちや家族に確認して、実際にその病院に患者さんとして通っていたことがある人がいれば、その人達からの評判も聞いてみます。

ネットには良いことしか書いてないこともあります。

情報を見極めて転職活動に活かしましょう!

できるだけ沢山応募しよう

たくさんの求人情報を集めたら、それを元に比較をしてたくさん応募しましょう。

ここだけ!と絞って応募して採用されなかったら心にダメージを受けてしまいます。

また、応募後の医院の対応などでその医院の雰囲気が伝わる部分もあります。

スケジュールを決めて、近い医院は同じ日に面接日を重ねるようにして効率良く面接を受けることができるように応募のときに計画を立てておく方が良いと思います。

応募の際には、面接に必要なもの(履歴書と筆記用具のほかに必要なものがあるかどうかなど)を確認しましょう。

電話での応募の場合は医院の忙しいそうな時間帯(朝1番や午後1番や夕方以降など)やお昼休憩時間中はさけたほうが良いと思います。

狙い目は午前中でした11:30-12:00くらい午後ですと15:00-16:00くらいだと思います。

「求人募集の応募の件でお電話しました。

今、お電話大丈夫でしょうか」と最初に一声かける気遣いをすると良いと思います。

忙しいければ、「〇時くらいにかけなおしてください」「後からかけなおしますので連絡先とお名前をお願いします」のどちらかになると思います。

かけなおしの場合は指定された時間にかけなおしをし、先方からの連絡待ちの場合はいつでも電話に出ることが出来るようにしておきます。

面接に行こう

面接には特に指定が無くても、履歴書のほかに筆記用具やメモは持っていくようにしましょう。

歯科医院は個人病院のところが多く、中にはちょっと変わった面接をするドクターもいます。

簡単な筆記テストがあるところや心理テストをする医院もあります。

折り紙を1枚渡して「鶴」を折ってもらうようにしているドクターもいました。

そのドクター曰はく「丁寧にきれいに早く鶴を折ることができるか」「鶴を折ってくださいと言ったときの相手の反応と対応をみる」ことが目的だということでした。

面接は緊張すると思いますが、落ち着いて面接に臨めるようにしましょう。

歯科助手の面接を受けるときは、こちらの記事を参考に!

身だしなみには気をつけよう

歯科医院は医療機関なので、特に身だしなみのチェックは厳しいと思います。

それは医療従事者には特に「清潔さ」が求められるからです。

髪型(髪を束ねているゴムやバレットなどのヘア用品が派手なのも敬遠されます)、メイク(派手過ぎるのは論外ですが全くしていない(ように見える)のも、社会人としての常識に疑問符が付きます)、爪が伸びていないか、マニキュアをしていないか、アクセサリーの有無、香水をつけていないか、服装や靴、かばんなどが不潔にルーズに見えないかというところはチェックされます。

面接という「どれだけ良い印象に思ってもらえるか」を試されるところで「良い印象を与える身だしなみに気を遣えているか」は重要なポイントです。

元気よく笑顔でハキハキ応対しよう

歯科医院は患者に接するお仕事です。

特に、歯科助手は受付の仕事も兼ねていることも多いので、患者さんと話す機会も多いお仕事で、医院の第一印象を決める「医院の顔」ともいうべき重要なポジションです。

「笑顔で元気よくハキハキと受け答えが出来ること」は面接をするドクターにとって「自分が患者でこの医院に来院したときにこの人が受付にいたら好印象を持てるか」という判断の基準になります。

また、少ない人数でチームワークを大切に治療にあたる歯科医院では、今いるスタッフに新しく入る歯科助手がうまくチームに溶け込めるかどうかも、採用のポイントになりますが、「笑顔」で「元気」に応対できる人は医院になじみやすいと判断されやすいです。

面接はとても緊張するのでいつもよりうまく受け答えが出来なかったり、質問にうまく答えられないこともあるかもしれませんが、受け答えをする前にまず「笑顔」をつくると少し落ち着けますし、印象もよくなります。

早口になりすぎないようにハキハキと話すように心がけましょう。

心配なことは先に確認しておこう

求人情報だけではわからないことがあれば、きちんと確認をしておきます。

「保険」「交通費」「シフトのシステム」「スタッフの人数」「ボーナスの実績」「昇給」など、あなたの質問にどんな風に受け答えをしてくれるかでドクターがあなたと合うかどうかが少しでもわかると思います。

また、今までの一般歯科から「小児歯科」「口腔外科」「審美歯科」「インプラント歯科」など専門的な医院への転職の際には今までにない仕事がある可能性が出てきます。

それに関する不安や一般歯科との違いなどはドクターに確認しておきましょう。

不安や違いなどを丁寧に説明してくれるドクターであれば、患者さんへの治療に関する説明なども丁寧に行っているドクターである可能性が高いですし、そういうドクターは患者さんから信頼されてますから、その医院は働きやすいと思います。

医院の設備や雰囲気などきちんと見よう

面接で実際に医院を訪れることは、求人情報だけではわからない医院の設備や雰囲気を知るチャンスです。

以前のところと設備が同じであれば安心の材料にもなります。

「診療室をみせていただいてもいいですか」と内覧をお願いして、快く応じてくださる医院は清掃やドクターの医院運営や治療方針に信念があり、自信があるところですので信頼できますし、働きやすいと思います。

転職先の医院はこれからのあなたの生活の基盤になる職場です。

自分に合うか、早く馴染めそうか、給料などの条件だけでなく、あなたが「この医院で働きたい!」と思えるかどうかが一番大切だと思います。

また、「この医院で働きたい!」とあなたが思っているかどうかというのも、ドクターに伝わります。

ドクターに伝わればあなたの印象は良くなりますし、同じような条件で応募してきた人との比較のときにあなたの採用の確率は上がると思います。

落ちてもあきらめずにどんどん受けよう!

歯科助手の転職に限らず、転職活動は1つ落ちると「自分はダメだ」「必要とされていないんだ」とネガティブに捉えてしまいがちです。

ですが、就職には恋愛と同じで「出会い」と「相性」があります。

面接に行った医院とすべて両想いになれるわけではありません。

落ちた医院とは「縁がなかった」だけです。

その医院に落ちたから別の医院との「縁が結べる」のです。

新たな出会いを求めて、どんどん「次の」「別の」医院の面接にチャレンジしてください。

プラスに反省しよう!

面接を1つ終えるたびに、自分なりに面接の「良かった点」「反省点」を確認しましょう。

「受け答えはきちんとできたか」「緊張しすぎてなかったか」「自己PRはうまくできたか」「言葉遣いや身だしなみは問題なかったか」それは次の医院を面接するときに自信にもなりますし、注意点にもなります。

最初のうちは度胸試しと面接の実地訓練だと思って、反省点を次へのプラス要素にしてください。

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

歯科助手の転職の注意点

あきらめてもいい条件も決めよう

絶対に譲れない条件を明確に持っていることは必要です。

そこを妥協していては転職の意味が薄れてしまいます。

そして、転職するからには「今より良いところ」、多くの転職候補の医院の中から「より良いところ」を選ぶことは当然です。

けれど、そこにとらわれ過ぎては本質を見失うことにもなりかねません。

条件に優先順位をつけて、下から順番に「ここまではあきらめてもいい」というラインを引いておいて、潔くあきらめることも大切です。

「良い条件」ということに自分自身が縛られてしまって、転職が上手くいかなくなってしまうことにならないようにしましょう。

転職活動は期間をかけすぎても駄目、短期間で行おう

転職活動は「短期決戦」が基本です!あれこれと迷ったり悩んでいるうちに、どんどんチャンスを逃がしてしまいます。

せっかく転職するのですから、より良いところを見つけるために情報収集し、慎重に転職先を選ぶことは大切です。

けれど「準備期間」=情報収集・履歴書準備、「転職活動期間」=応募・面接、をきちんとスケジュールを立てて行わないと、時間ばかりが過ぎて、せっかく集めた情報が古くなってしまったり、転職の決心が鈍ってしまったり、前の医院を辞めた後だと生活に影響が出てしまって焦って転職先を選んでしまったり・・・と悪い転職をしてしまう可能性が大きくなります。

転職はあなたの現状をより良くするために行うものです。

より良い転職を成功させてるためにも、期間を区切って、スケジュール管理をして行いましょう。

利用満足度96.8%!

『ナースジョブ』は、最大級の地域求人数を誇る無料転職サイトです。会員登録すると、専任のコンサルタントが転職先を探したり、年収を交渉してくれたりと、転職活動をサポートしてくれます。好条件・高待遇の求人情報が満載!

ナースジョブはは、なぜ看護師から人気なの?

地域最大級の求人数

ナースジョブでは、全国の人気病院やクリニックなど豊富な求人が揃っています。

非公開求人が豊富

ナースジョブのコンサルタントが病院側の担当者とコミュニケーションが密なため、鮮度の高い非公開求人が多数揃っています。

利用満足度が高い

看護師からの利用満足度が96.8%ととても高い!地域ごとの求人に精通して専任コンサルタントが懇切丁寧に対応してくれるので、転職する看護師側からの利用満足度がとても高くなってます。

ナースジョブのおすすめ理由まとめ

  • 地域最大級の求人数
  • 非公開求人が豊富
  • 利用満足度が高い
  歯科助手の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  歯科助手の仕事を探せるおすすめ求人サイト
女性のための転職サイト!一般事務・営業事務・データ入力など色々なタイプの事務仕事がたくさん募集中! 公式サイト 公式サイト
テレビCMでもお馴染み、派遣の事務を探すなら!種類別に事務仕事を探せるから自分にピッタリなのも見つかりやすい! 公式サイト 公式サイト
自分らしい働き方で仕事を探せる!他とは違う「自分らしい」「やりがいがある」仕事を見つけたいなら。 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

転職 歯科助手求人

歯科助手求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科助手の年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

求人情報でよく見かける歯科助手ですが、「年収や給料ってどのくらいなんだろう?」「人によって変わるのは何が理由なの?」と思っても、お金の事情はなかなか人に聞きづらいですよね。この記事ではそんな歯科助手のお給料事情を徹底調査!雇用形態別の年収相場や年収の決まり方、よりよい年収で働くための歯科医院選びとは?などなど、歯科助手のお金に関することをご紹介していきます。歯科助手の年収の相場はどのくらい?平均的な歯科助手としての月収はおおよそ16万円~22万円程度です。年に2回の賞与があり、1回につき給料1ヶ月~2ヶ月分が支払われることが多いです。年収として考えると大体220万円~360万円程度になりますね

歯科助手求人サイトのおすすめ4選

歯科助手の仕事を探している方のために、おすすめの歯科助手求人サイトを紹介したいと思います。歯科助手のお仕事を探す時の心得歯科助手の求人は結構あります。「通勤のしやすさ」「給料」「福利厚生」「勤務時間・休日」などの条件がどれだけ自分に合うかをチェックして、その中で長く働けそうな自分に合った医院を探す必要があります。未経験の人は特に就職してから覚えることや勉強することがたくさんありますので、通勤や勤務時間が負担にならないところを探す方が良いですし、経験者で転職や復職をされる人は、今までの経験が活かせるところで、自分のライフスタイルに合う医院を探す方が良いと思います。求人情報はできるだけ沢山集めよう

歯科助手の仕事でやりがいを感じた5個のことと、大変だった6個のこと

歯科助手の仕事は人気がありますよね。そんな歯科助手へ転職を考えている方もいるのではないでしょうか。この記事では、歯科助手の仕事でやりがいを感じたことや、大変だったことを紹介したいと思います。ぜひ参考にしてください。歯科助手のやりがいを感じたこと歯科助手は覚えることがたくさんで、しかもとても専門的なので大変なお仕事ですが、とてもやりがいのあるお仕事です!患者さんからありがとうをもらえた!歯科治療は患者さんとの信頼関係とコミュニケーションが大切です。なので、患者さんに「ありがとう」と言ってもらえるととても嬉しいです。直接患者さんの治療をするのはドクターや衛生士です。でも、実は患者さんと一番コミュニ

歯科助手募集にはどういったものがあるの?転職で失敗しないためにまずはコレをチェック!

歯科助手へ転職したいという方もいるのではないでしょうか。この記事では、歯科助手募集にはどういうものがあるのか、そして失敗しないためのポイントを紹介したいと思います。ぜひ参考にご覧ください。歯科助手のお仕事を検討している人へ歯科助手のお仕事は資格がなくても、未経験でも就職が出来、さらに採用されやすいお仕事です。特に女性の方にとっては就職しやすい職種で、一度、経験を積むと転職や再就職もしやすいので、お勧めのお仕事です。歯科助手の転職・復職なら見るべきポイント転職先、復職先を検討するにあたっては、求人募集をしている医院間の比較だけではなく、今まで勤めたことのある医院が比較対象となる部分もあると思いま

歯科助手派遣求人の特徴と求人の選び方を紹介します

歯科助手の仕事を派遣で探している方もいると思いますが、派遣ってどんな感じなのか気になりますよね。この記事では、歯科助手派遣求人の特徴と求人の選び方について紹介したいと思います。派遣会社に登録して派遣先でお仕事をする派遣社員派遣社員とは派遣会社に登録して、派遣先を紹介してもらい、一定期間その派遣先でお仕事をすることです。条件をクリアすれば社会保険や厚生年金、雇用保険などにも加入は可能です。派遣社員の特徴自分のライフスタイルに合わせて働くことが出来るのが特徴です。給料も一般的に高めに設定されていますし、契約期間が定められていますので、集中して働いて、ワーキングホリデーに行ったり、子どもの長期休暇の

歯科助手正社員求人の仕事の特徴と求人のチェックポイントを紹介します

女性に人気のある歯科助手の仕事を正社員で働きたいと考えている人もいると思います。この記事では、歯科助手の仕事の特徴や求人を選ぶ際のチェックポイントを紹介したいと思います。歯科助手正社員の求人を探している方へ歯科助手のお仕事は特に必要な資格もなく、未経験でも職に就くことができます。また、歯科医院の数は大変多く、慢性的に人手不足なので、就職はしやすいと思います。転職や再就職もしやすく、1か月の給与も一般事務よりは少し高めです。歯科助手のお仕事の特徴歯科助手のお仕事は大きく分けて、受付事務業務と治療補助及び雑務とがあります。受付事務は歯科の事務的部分をほぼ管理することになります。医院にかかってくる電

歯科助手パート求人のおすすめのポイントと求人の選び方を紹介します

歯科助手パートで求人を探している方も多いと思います。この記事では、おすすめポイントや求人の選び方について紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。歯科助手でパートをお探しの方へ歯科助手はパートとしても採用されやすい職種だと思います。お住まいの通いやすいエリアにも募集をしている医院は多いと思いますので、条件をしっかりと比較して、自分の条件に合うところを選びましょう。歯科助手おすすめのポイント資格がいらない歯科助手は経験が無くても、特別な資格が無くても勤めることが出来ます。学校に通って資格を取ってという手間と時間がないため、勤めたいと思ったら、すぐに面接を受けて、勤めることができます。資格

歯科助手(東京)求人を選ぶならこの13個の基準で選びましょう!

東京には歯科助手求人がたくさんあります。求人が多すぎて何を基準に決めていいか迷っている人もいるのではないでしょうか。この記事では、東京の歯科助手求人を選ぶ基準について紹介したいと思います。東京で歯科助手のお仕事をお探しの方へ東京で歯科助手のお仕事を探すとたくさんの求人が見つかります。その中から自分に合った歯科医院を探すのは大変な作業です。自分にとって、大切な条件を基準に絞り込んでいきましょう。東京で探す13個の基準住宅街はアットホームな雰囲気の歯科医院が多い住宅街にある医院は個人医院が多いので、ドクターも含めてスタッフの人数が少なく、また、患者さんも近隣にお住まいの患者さんが家族ぐるみで来院さ

歯科助手バイト求人の仕事内容と向いている人を紹介します

歯科助手の仕事に興味があるけど、自分にもできるかな...と思っている人もいると思います。この記事では、歯科助手バイトの仕事内容や向いている人、向いていない人について紹介したいと思います。歯科助手のアルバイトと正社員の違いアルバイトと正社員の違いは勤務時間数と福利厚生の差です。アルバイトのシフトは正社員のシフトの穴埋めや予約が集中している時間帯や曜日になることが多いです。アルバイトだと交通費が出なかったり、1か月の勤務時間が不安定=1か月のバイト代が不安定だったりします。基本的に穴埋めシフトなので、休んだり、入れないとなると正社員の人のシフトを変更することになるので、結構、嫌がられます。歯科助手