歯科助手の仕事というのは大変ではありますが、その分やりがいを感じられる仕事だと思います。

「大変な思いは沢山してきたけれど、自分にはこの仕事が合っている」

と感じている人も多いと思います。

その一方で、今の給料に満足していなかったり、

「他の医院の給料はどのぐらいなんだろう・・・」と気になっている人もいるのではないでしょうか。

そんな人の為に、今回は歯科助手の時給や昇給について、時給の決まり方など、いくつかのテーマに沿ってまとめてみました!

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

歯科助手の時給の相場はどのくらい?

給与の相場は?

地域によって差はありますが、歯科助手の平均時給は大体950円~1,000円ほどになります。

最近では1,100円ほどに設定されているところも見かけますし、高いところでは1,200円~などに設定されているところもあるようです。

給与にも響いてくる基本給以外の手当は、どうなっているの?

賞与

賞与がある歯科というのは、歯科助手求人の約半数かそれ以上という印象です。

「賞与あり」とだけ書かれているところや「年2回」と明確な記載のあるところ、または「寸志」という表現を用いているところなど様々です。

中には「賞与はあるけれど、正社員のみ」というところもあります。

金額やどういった条件で支払われるかは歯科が自由に決められるものですので、ここを重視する人は応募時や面接時にしっかりと確認しておきましょう。

賞与というのは法律で支給しなければならないと決められているものではなく、また最近では賞与がない会社も増えております。

そんな中で善意として賞与が支給される場合は、とても有り難く、モチベーションアップにも繋がりますね。

昇給

昇給制度については取り入れている歯科が多く、全体の約7割程度が「昇給あり」と記載されている印象です。

ただこちらも「正社員のみ」や「業績によって」など、条件は歯科によって様々です。

昇給制度がないところや、条件がアバウトだったり、そもそも自分が条件の対象ではなかったりというところもあります。

スタート時給が高いところであれば問題ないかもしれませんが、スタート時給が低い場合は、

「こんなにできるようになったのに…」「こんなに長く働いているのに…」

と不満に感じてしまうこともあるかもしれません。

そうならない為にも、働き始める前にしっかりと確認しておき、お互いに納得の上で契約を交わすことがベストかもしれません。

各種手当

交通費支給

「月2万円まで」「一部支給」「全額支給」など、歯科によって様々です。

条件は異なりますが、「交通費支給」という手当は多くの歯科が取り入れています。

各種保険

「雇用」「労災」「保険料補助」「社会保険」などと記載されているものをよく目にします。

しかしこれらは就業条件によってや「正社員のみ」などというものも多いので、自分の条件にあてはまるかどうかは確認が必要です。

その他

割合としてはさほど多くないのかもしれませんが、「皆勤手当」や「資格手当」を支給してくれるところもあります。

「皆勤手当」は毎日「行くぞ!」というやる気にも繋がりますし、

「資格手当」は向上心やモチベーションのアップに繋がりますので、働く上でとても有難い手当になりますね。

また私が勤めていた歯科では、「目標達成手当」というものがありました。

医院の業績に応じて毎月支払われるものとなっており、働き始めて最初の月に「500円」を支給していただいたことを覚えています。

「500円」と聞くと手当としては少ないと感じる人もいるかもしれませんが、当時の私はまだまだ新人で、業績に対する貢献度はかなり低いものだったので、本当に有り難い気持ちでした。

また、今後もっと貢献したいというモチベーションアップに繋がりました。

この様に金額が大きくない場合でも、感謝の気持ちで手当てを支給してくれる歯科も中にはあります。

給与が高い人は何が違うの?

例えば時給950円~1,200円など給与の差に開きがある場合や、「〇〇な人は優遇します」というような記載がある場合など、同じ歯科に勤めていても給与の高い人とそうでない人がいます。

給与の高い人はそうでない人と比べて何が違うのでしょうか。

優れている点をまとめてみました!

スキル

歯科助手で最も優遇されるスキルと言えば、やはり「実務経験」ではないでしょうか。

全く経験や知識がない人と比べて、実務経験者は強い戦力になります。

そういった人はどんな職種であっても有り難がられるものですが、歯科助手などの専門知識が必要となる職業に関しては、特に優遇されやすい対象だと言えます。

もし実務経験がない場合でも、歯科用語や器具の名称、治療の知識などを身につけている場合は、実務経験者ほどではなくても優遇されやすい対象になり得ると思います。

歯科助手は実際に治療行為を行うわけではありませんが、治療を行う歯科医師や衛生士のサポートをする役割なので、こういった知識はあればある程プラスになります。

知識がある証明として歯科助手に関係する資格を持っていると、強みになるかもしれません。

勤続年数

勤続年数はやはり長ければ長いほど優遇されやすい傾向にあります。

こちらは実務経験の有無と通ずるものがありますが、勤続年数が長い人はその分知識も豊富で対応力も高いので、医院にとっては強い戦力になり得る有り難い存在です。

歯科助手の仕事は知識だけでは対応しきれない場面も多くありますので、その時々の状況に応じた的確な対応が必要になります。

こういった対応力というのはやはり、どのぐらいの経験を積んで、どのぐらいの場数を踏んできたかというところがポイントになりますので、勤続年数が高い人は高時給に繋がりやすいと言えるでしょう。

地域

他の職種と同様、東京や大阪などの都心部で時給が高くなっているように思います。

ただ、こちらはあくまで平均的なものとなりますので、

例えば大阪であっても時給950円のところもあれば1,300円のところもあるなどと、給与幅はとても大きく開いています。

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

歯科助手の給料の決まり方

経験の有無

歯科助手の求人では、「未経験者〇〇円~」「経験者〇〇円~」などと記載されているところや、「経験者は優遇します」と記載されているところがあります。

やはり経験者であれば即戦力になり得るので、経験の有無によって時給が決まることが多いようです。

同じ時期に入社した場合でも、この差によってはスタート時給が変わってくる場合があるということになります。

勤続年数

勤続年数が長く経験豊富な人は、様々な状況に合わせてしっかりと対応できる心強い存在です。

勤続年数はイコール対応力の高さとして認められるので、勤続年数の長い人と未経験者が同じ時給というのはほとんどないのではないでしょうか。

「何年働いていればいくら」といった明確な決まりはありませんが、勤続年数によって時給が決まるケースはとても多いと思います。

資格の有無

上記二つが当てはまらない場合でも、資格の有無によって優遇される場合もあるようです。

時給そのものに影響がなくても、例えば資格手当などで給料にプラスされる場合があります。

これから働きたいと思っている人はどうしても上記二つは現段階で満たせない条件となってしまうので、少しでも好条件で働きたいと思っている人は資格取得に向けて頑張ってみると良いかもしれません。

しかし注意点として、資格の有無が全く給料に関係しない医院もありますので、この点はしっかりと事前の確認が必要になります。

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

歯科助手で給料をあげるためにやるべき3個のこと

今の給料には満足していないけれど、歯科助手の仕事は続けたいと思っている人へ、給料が上がる可能性のあることをいくつか紹介します。

もちろん歯科によって条件は様々ですが、ここでは昇給対象となり得るいくつかの例を挙げますので、是非参考にしてみてください。

とにかく継続し、経験を積む

コツコツと地道な努力にはなりますが、やはり専門的な知識や現場経験を必要とする職種ではここが重要なポイントになってくるでしょう。

年1回~2回など昇給制度を設けている医院も多く、実務経験がものを言う世界です。

歯科助手の仕事にやりがいを感じていて続けていきたいと思っている人であれば、1年目よりも2年目、2年目よりも3年目となるべく勤続年数を増やしていくことが給料アップに繋がるのではないでしょうか。

資格を取得する

歯科助手に関する資格というのはいくつかあります。

資格を持っているということは知識面に関する信頼度が上がりますので、給料アップに繋がる可能性があります。

「勤続年数を増やすのはあまりに地道すぎるので、先にできることをやっておきたい」と考えている人であれば、是非資格取得に向けて頑張ってみてはいかがでしょうか。

他の医院と給料や手当などを比較してみる

「歯科助手は辞めたくないけれど、特に医院にこだわりはない」という人であれば、一度他の医院と給料や手当、待遇などについて比較検討してみるのも良いかもしれません。

こちらも前述しましたが、給料や手当、待遇などに関しては医院がそれぞれ自由に決めることができます。

そもそものスタート時給が全然違っていたり、昇給制度や資格手当の有無など、医院によって条件は様々です。

比較検討した上で自分の希望する条件に合う医院が見つかれば、転職してしまうというのも一つの方法ではないでしょうか。

まとめ

歯科助手の仕事というのは、時給や待遇、手当など、給料に直結するものが医院によってかなり違うようです。

地域によっても違ってくるのでなかなか相場が掴みにくい職種ではありますが、逆に言うと、条件の良い医院を見つけることができれば給料アップの可能性に繋がるということになります。

せっかく長く勤めていても昇給制度がなかったり、頑張って資格をとっても資格手当がなかったりという話も耳にしますので、それらによってモチベーションが下がってしまうことのないよう、自分の希望条件に合った医院で納得して働けると良いですね!

今勤めている医院の待遇はどうか、待遇に不満がなければスキルアップや経験を積むことで給料アップに繋げられるか、

是非今一度自分の理想を整理する機会にしていただければ幸いです!

リクナビNEXTに会員登録をした後、自分の経歴やキャリアプランを匿名で登録してみましょう。そうすると、企業から好条件のスカウトを受けることがあるのでお得です。転職の成功確率も上がりやすくなります。



関連キーワード

歯科助手求人

歯科助手求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科助手が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

歯科助手の仕事は、歯科医師・歯科衛生士・患者さん、人の為に働くことがメインの仕事です。人の為に働くことはやりがいがあり、慣れてくると楽しくできる仕事だと思います。ですが、仕事をしていく上で大変なことも沢山あります。歯科助手として働く上で大変なことや大変な時の対処法、仕事のやりがいをご紹介していきます。歯科助手として働いている方やこれから働こうと思っている方は、ぜひ目を通してみて下さいね。歯科助手の仕事内容と役割について大まかにおさらいしておこう助手と言っても、治療をサポートするだけではないのが歯科助手の仕事です。どのような仕事内容なのか、歯科医院の中ではどんな役割なのかを、大まかに見ていきまし

歯科助手の仕事が辛い…と感じる5個の瞬間とその乗り越え方

歯科助手の仕事というと、医療関係で求人も多くて未経験OKの所も多いですよね。そんな仕事だからこそ、挑戦しやすく働きやすいのが特徴ですが、大変なことも沢山あります。働いていて嫌なことはどの職業でもあるかと思いますが、今回は歯科助手の辛いと感じる瞬間やそれを乗り越える方法、やりがいやこの仕事のおすすめポイントをご紹介していきます。歯科助手のおおまかな仕事内容とは?歯科助手は歯科医師の治療のアシスタントが主な仕事になります。歯の治療がスムーズに進むように、バキュームという器具を使って患者さんの口の中の唾液を吸い取ったり、先生や歯科衛生士に器具を渡したりしてサポートしていきます。他には薬品同士を混ぜ合

歯科助手の面接で聞かれる8個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

歯科助手という仕事をしてみたいけど自分にできるだろうか、面接はどんな感じなのかな?働いてみて自分に合わなかったらどうしよう?など、いざ就職しようと思っても実際に働き始めるまでは不安な事がたくさん出てくるかと思います。そんな不安を解決するためには、まずは第一歩目の面接が重要となってきます。自身をアピールしながら、その歯科医院の雰囲気だけでなく実際に働くにあたっての待遇などもきちんと確認しておきたいものです。この記事では、歯科助手として働く為の最初の段階である「面接」について詳しくご紹介していきます。歯科助手の仕事内容についておさらいしておこう歯科助手は資格がなくても働くことができ、未経験OKのと

歯科助手になるには?必要なスキル、仕事の探し方など詳しくご紹介!

求人でよく目にする「歯科助手」という仕事。でも実際、歯科助手ってどういう仕事をしているの?歯科助手になる為に必要なスキルって?など、様々な疑問を解決!歯科助手の仕事について詳しくご紹介していきます。また、歯科助手の仕事の探し方や、歯科医院の求人情報のチェックするポイントも一緒に見ていきましょう。歯科助手になるには?歯科助手は、求人を探して応募し、採用されれば働くことができます。必須の資格は特にはありません。意外に簡単だと思われたのではないでしょうか。歯科助手にまつわる資格について説明します!先に「必須の資格はない」と述べましたが、求人情報や資格情報などで「歯科助手の資格」というキーワードを目に

歯科助手アルバイトをやっていて良かった4個のことや、ここで身につく力とは?

歯科助手ってどういうお仕事?どんなことが身につくの?求人を見ていると、一度は目にしたことのある歯科助手というお仕事。でも実際歯科助手って何をするんだろう?助手?先生のお手伝い?歯科衛生士との違いは?など、様々な疑問が…。歯科助手というお仕事は実はとても身になる仕事で、そして誰でも始められる仕事なのです。では、歯科助手はどういった仕事をするのか。歯科助手のアルバイトについて詳しく見ていきましょう!歯科助手の仕事とは「歯科助手」という文字を見て分かる通り、歯科医院で働く先生の助手の仕事です。助手というと、お手伝いさん?手助けする人?と分かりにくいかもしれませんが、基本的には先生の診療の補助をします

歯科助手が人気な仕事の5個の理由。向いている人や仕事のやりがいとは?

最近、東京ではコンビニよりも歯科医院の方が多いと言われていることをご存知ですか?東京に限らず、歯科医院は全国津々浦々で沢山開業されています。そのため、求人情報を見ると必ずと言って良いほど歯科助手の募集を見つけることができます。実は歯科助手のお仕事は、一部では人気の高いお仕事なのです。ここでは、歯科助手の仕事がなぜ人気があるのか、その秘密を解説します。歯科助手ってどんな仕事?歯科助手の仕事は、大きく分けて三つの種類に分けられます。一つ目は「受付業務」です。患者さんを受付でお迎えし、治療内容を確認してカルテを用意する。患者さんを診療室まで誘導する。カルテを基に点数計算をして会計をする。患者さんの予

歯科助手給料や年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

歯科助手の給料や年収はいくらぐらいなのでしょうか?歯科助手へ転職をしたいという方にとっては、1番気になるポイントですよね。そこで今回は、歯科助手の給料の詳細や、給料を上げる為の転職術など、様々な耳より情報をご紹介していきたいと思います。また、転職を成功させるために押さえておくべき点についても解説させていただきます。自分に合う働き方や希望の給料が貰える歯科助手の求人を上手に探してみましょう。歯科助手のお給料はどれくらい?歯科助手のお給料は、一般事務職に比べると少し高いと思います。勤務地やドクターを複数を抱える歯科医院と個人の歯科医院、診療内容によっても差が出てきます。正社員月給で16万円~23万

歯科助手を辞めると決めた瞬間は?辞めてしまう前にできることについてもお話します!

「歯科助手」と言えば一度は憧れた人も多い職業ではないでしょうか。そして、実際にチャレンジし、今現在この仕事で頑張っている人も沢山いらっしゃると思います。しかしこの歯科助手という仕事は専門的な知識を要する特殊な仕事でもあるため、憧れを抱いて働き始めたものの、思った以上に大変だと感じている人も少なくないはずです。今回は、歯科助手の仕事を辞めたいと思った瞬間、乗り越えた方法など様々なエピソードを紹介していきます!歯科助手を辞めると決めた3つの瞬間とは?「憧れていたのに実際に働いてみると、、、」どの仕事にも言えることですが、理想と現実のギャップに「もう辞めたい!」と思うことってありますよね。ここでは歯

歯科助手の仕事内容がきついと感じる11個の瞬間とそれでもおすすめできる理由を経験者が教えます!

皆さんは「歯科助手」という仕事をご存知ですか?歯医者さんにかかったことのある方なら、きっとお世話になっているでしょう。しかし、歯科助手の細かい業務についてはご存知ない方も多いのではないでしょうか。歯科助手と歯科衛生士って何が違うの?と思っている方もいるかもしれません。ここでは、歯科助手の業務内容やキツいと感じる理由、それでもおすすめできる理由についてご紹介します。歯科助手のおおまかな仕事内容とは?歯科助手は、歯科医師が働きやすいようにサポートをする仕事です。業務内容は、治療の補助や患者さんの介助、受付・会計業務、器具の滅菌や病院の清掃など多岐にわたっています。歯科助手は、医師や歯科衛生士とは違

歯科助手募集にはどういったものがあるの?転職で失敗しないためにまずはコレをチェック!

これから歯科助手の仕事に転職したいと考えている方や興味のある方も多いのではないでしょうか?歯科助手のお仕事は女性が活躍しているイメージですが、未経験で転職するにはどうしたら良いのだろうか?そのような疑問をお持ちの方も沢山いらっしゃると思います。この記事では、歯科助手の求人募集にはどのようなものがあるのか、そして失敗しない為のポイントを紹介したいと思いますので是非ご覧ください。歯科助手のお仕事を検討している人へ歯科助手のお仕事は資格がなく未経験でも就職ができ、更に採用されやすいお仕事です。特に女性の方にとっては就職しやすい職種で、一度経験を積むと転職や再就職もしやすいので、おすすめのお仕事です。

歯科助手を派遣で探している方へ!派遣ならではの求人の特徴や選び方についてご紹介します

歯科助手を派遣で探している方もいると思いますが、実際に働くとどんな感じなのか気になりますよね。未経験の方は、派遣会社に登録してから自分の希望の職種や条件に合う所を紹介してもらえるのか不安な方も多いはずです。そこでこの記事では、派遣会社に初めて登録する方にも分かりやすい説明に加え、歯科助手派遣求人の特徴と上手な選び方についてご紹介していきたいと思います。派遣会社で自分に合う歯科助手の仕事を探してみましょう。派遣会社に登録して派遣先でお仕事をする派遣社員派遣社員とは派遣会社に登録して、派遣先を紹介してもらい、一定期間その派遣先でお仕事をすることです。条件をクリアすれば、社会保険や厚生年金、雇用保険

歯科助手転職を成功させる4個の手順と注意点

歯科助手転職を考えている方で、転職を成功させるにはどうしたらいいんだろう?とお悩みの方は必見です。転職への心構えや、歯科助手の面接で緊張しないコツを知れたらと思っている方も多いはずです。そこで、この記事では歯科助手転職を成功させる4個の手順と注意点についてもしっかり紹介したいと思います。転職で歯科助手になってみたい方は、ぜひ最後までご一読いただき、参考にしてみてください。歯科助手で転職をお考えの方へ歯科助手の転職は比較的しやすいと言われています。より良い転職をするためには、情報収集、そして自分がどこに比重を置いて転職をするのかが大切です。転職の目的を明確にしようせっかく転職するのであれば、今の

歯科助手正社員求人の仕事の特徴と求人のチェックポイントを紹介します

歯科助手の正社員で働きたいと考えている女性がとても多くいると思います。そんな女性に人気の歯科助手に正社員として就職するためには、どうすれば良いのでしょうか?この記事では、歯科助手の特徴や診療科目の種類、求人を選ぶ際のチェックポイントを紹介していきますので、自分に合う職場選びの参考にしてください。歯科助手正社員の求人を探している方へ歯科助手のお仕事は特に必要な資格もなく、未経験でも職に就くことができます。また、歯科医院の数は大変多く慢性的に人手不足なので、就職はしやすいと思います。転職や再就職もしやすく、1ヶ月の給与も一般事務よりは少し高めです。歯科助手のお仕事の特徴歯科助手のお仕事は大きく分け

歯科助手パート求人のおすすめポイントは?募集内容と一緒に求人の選び方を教えます!

歯科助手パートの求人を探している方は、今とても多いと言われています。その背景には、実は資格がなくても勤めることができたり、高めに設定されている給与だったりと、とにかく素敵な職業なんです!この記事では、そんな人気な歯科助手のおすすめポイントや注意点についてご紹介していきたいと思います。また、自分に合うパートの選び方についても解説させていただきますので、ぜひ参考にしていただければと思います。歯科助手でパートをお探しの方へ歯科助手はパートとしても採用されやすい職種だと思います。お住まいの通いやすいエリアにも募集をしている医院は多いと思いますので、条件をしっかりと比較して、自分の条件に合う所を選びまし

歯科助手(東京)求人を選ぶならこの13個の基準で選びましょう!

東京には沢山の求人情報がありますが、歯科助手も例外ではありません。歯科助手の仕事を探してるけれど、求人が多すぎて何を基準に決めたら良いか迷っている人も多いのではないでしょうか。この記事では、東京で歯科助手求人を選ぶ基準について詳しくご紹介していきたいと思います。東京で歯科助手のお仕事をお探しの方へ東京で歯科助手のお仕事を探すと沢山の求人が見つかります。その中から自分に合った歯科医院を探すのは大変な作業です。まずは、自分にとって大切な条件を決めて、それを基準に絞り込んでいきましょう。東京で探す13個の基準住宅街はアットホームな雰囲気の歯科医院が多い住宅街にある医院は個人医院が多いので、ドクターも

歯科助手バイト求人の仕事内容と向いている人を紹介します

歯科助手のバイトをしてみたいという方は、この記事をぜひご覧いただければと思います。今、歯科助手の仕事に興味があるけど、自分にもできるかな...と不安に思っている方も多いかと思います。一見スキルが要されそうなこの職業ですが、実は必要な資格がなく未経験でもOKなんです!そこで、この記事では歯科助手バイトの業務内容や向いている人、向いていない人についてなど、歯科助手の求人を探している方が知っておくべき情報を紹介したいと思います。歯科助手のアルバイトと正社員の違いアルバイトと正社員の違いは、勤務時間数と福利厚生の差です。アルバイトのシフトは、正社員のシフトの穴埋めや予約が集中している時間帯、曜日になる