歯科助手ってどういうお仕事?

どんなことが身に付くの?

求人をみていると一度は目にしたことのある歯科助手というお仕事。

でも実際歯科助手って何をするんだろう?

助手?

先生のお手伝い?

歯科衛生士との違いは?

など、さまざまな疑問が…。

ですが、歯科助手というお仕事、実はとても身になる仕事で、しかも誰でも始められる仕事なのです。

では歯科助手はどういった仕事をするのか。

歯科助手のアルバイトについて詳しくみていきましょう!

歯科助手の仕事とは

歯科助手という文字を見てわかる通り、歯科医院で働く先生の助手の仕事です。

助手というと、お手伝いさん?手助けする人?とわかりにくいかもしれませんが、先生の診療の補助をします。

では具体的にはどんな仕事をしているのか、細かくご紹介していきますね。

歯科助手の役割

歯科助手の仕事は先生の補助、つまりアシスタント係になります。

先生が行う歯の治療がスムーズに進むようにサポートしていく仕事です。

先生が患者さんの歯の治療をする際に、無駄な時間をかけず、治療に専念できるようにすること。

これが基本的な歯科助手の仕事になります。

実際どんなことをしているのか

実際のアシスタント業務について、歯科用語も交えて説明していきます。

未経験で歯科用語なんてまったくわからないという方にもわかりやすく説明していきますね。

歯科医院内の掃除・除菌

まずは歯科医院の中が汚れていては病院のイメージも下がってしまいます。

また、歯の治療をするのでやはり菌はたくさんいることになります。

病院内をきれいに保つために掃除や除菌をすることは、歯科助手だけでなく歯科衛生士もしている医院がほとんどだと思います。

患者さんの誘導

病院を受診すると、自分の番が来るまで待合室で待つことが多いかと思います。

順番が来た際に、名前を呼んで診療台に座ってもらい、エプロンをつけたり、お口をゆすいでもらったりと、先生がすぐに診察できるよう患者さんを誘導します。

この時に患者さんとお話をする機会も多く、仲良くなる患者さんなどもいます。

患者さんとのコミュニケーションを取ることが多い仕事です。

歯科器具の準備・洗浄

実際に患者さんの歯の治療を行うのは歯科医師。

先生ですが、歯の治療というのはお口の中なので、常に清潔な器具でないといけません。

また、患者さんごとにほぼ全ての器具や使用する物を変えています。

そして、虫歯1本治すだけでもたくさんの器具を使うのです。

ですが、それらをその都度、先生が一から用意していてはたくさんの時間がかかり、スムーズに治療が行えません。

スムーズに治療を進めるために、歯科助手があらかじめ患者さんごとに器具の準備・洗浄をしていくのです。

治療中口腔内の唾液を吸引

先生が患者さんの歯を治療している際に、唾液や水がお口の中に溜まってきます。

溜まりっぱなしでは先生も見え辛く、患者さんもとても苦しいです。

その溜まってきた唾液や水を、バキュームという吸引器具で吸って治療しやすくしていきます。

先生の為にも患者さんの為にも、とても大切な役割になります。

ライトの調節や器具渡し

歯の治療をする際は、仰向けになり口を大きく開けるのですが、仰向けになっても口の中は意外と暗くて見え辛いです。

そこで治療する歯がしっかりと見えるように、ライトを当てます。

先生は歯の治療をするのに器具を持っているため手がふさがっています。

なので歯科助手がしっかりと見えるように、ライトを微調整していきます。

また、次に使う器具を先生の手に渡していくことも、スムーズに治療を進めるためのアシスタントになります。

歯の型を取る際のアシスタント

歯の治療というのは虫歯を治したりするだけでなく、入れ歯や差し歯といった物を被せたり付けたりもします。

それらを作るには、患者さんの歯や口腔内の型が必要になるのですが、型を採る際には印象材やセメントという薬を使います。

この印象材やセメントというのは、薬同士を混ぜ合わせて作り、口腔内に入れて固めるのですが、わりと短時間で固まってしまう為、素早く行う必要があるのです。

そこで、先生が素早く型を取れるように薬を混ぜ合わせること、印象材やセメントを練るということをしていきます。

薬剤の準備

先ほど説明した印象材やセメントはもちろん、虫歯の治療などに必要な薬剤をあらかじめ準備し、指示された薬剤を先生の元まで持っていったり、必要であれば混ぜ合わせたりします。

タオルなどの洗濯

歯科医院はお口の治療になり、水をよく使うので顔周りにタオルをかけたり、拭いたりします。

患者さんごとにタオルも変えているので、1日にたくさんのタオルを使用します。

使い捨てのものを使っている歯科医院もあるかと思いますが、普通のタオルを使用している医院は、きれいに洗濯してまた使えるように清潔にしておきます。

医院によっては受付・会計も

これは歯科医院ごとに異なるのですが、歯科助手兼受付という医院も少なくありません。

別で受付や事務員が配属されていればいいのですが、兼任になっていると患者さんの受付や電話対応、会計や次回の予約を確認するといったこともします。

歯科医院ごとに違いますが、歯科助手の仕事というとだいたいがこのような内容になっています。

正社員やアルバイト、パートなどと雇用形態は違っても、内容は同じようなものだと思います。

一つだけのことを特化してする仕事とは違い、様々なことをしているということがわかるかと思います。

歯科助手のアルバイトをやってて良かった4個のこと

歯科助手になるのに、必須の資格というものはありません。

民間の資格や、求人上の条件などはあると思いますが、国家資格のような試験を受けなければなれない。という仕事ではないのです。

人のために働きたい、病院に勤めたいけど資格はない。

歯科助手という求人をよく見るので応募してみようかな?と働きたい理由はさまざまですが、実際私は歯科助手になってさまざまな知識・スキルを身につけることができました。

ではどういった点が歯科助手の良いところなのか。

歯科助手をしていて良かった点は何か。

細かくご紹介していきましょう。

未経験でも大丈夫!

資格が必須ではない職業の為、未経験でも歓迎してくれるところがたくさんあります。

アルバイトや正社員で働こうと思い、求人を見ていると『経験者優遇』という文字をよく目にするかと思います。

ですが、新しい職業に挑戦する際は、誰しも未経験の初心者です。

未経験でも歯医者の先生や先輩スタッフさんから治療や器具について詳しく教えていただけますし、することがとても難しい!ということもなく、治療の流れや歯科器具を覚える、ということがまずはメインになってくるかと思います。

歯についてさまざまな知識が身につく!

歯の治療をするのは歯科医師ですが、歯科助手も治療には携わります。

今からどの薬を使ってどのように歯を治していくのか。

この治療にはどの器具が必要なのか。

など、歯についてや歯科器具などを覚えなければ仕事ができません。

ですが、これは先生や先輩スタッフに教えてもらったり、研修がある医院もあるので、まったく知らなくても問題なく、仕事をしていく上で徐々に覚えていけば大丈夫です。

このように、仕事をしていく上で歯についての知識がたくさん増やせるのも良い点ですね。

仕事を覚えれば一生もののスキルに!

歯科助手という仕事の流れや内容は、だいたいどの歯科医院も同じです。

歯科助手をして歯や器具の知識をつければ、一度仕事を辞めてしまいブランクがあったとしても、知識を活かしてまた働くこともできる仕事なのです。

日本全国どこでも勤務可能

いまや日本全国のほぼどこにでもあるコンビニ。

ですが、そのコンビニよりも歯科医院や診療所は多く存在しています。

つまり日本全国どこにでもあるのが歯医者さんなのです。

新しい土地で働くことになっても探しやすく、駅から近い、自宅から通いやすいなど自分のライフスタイルに合った勤務先の探し方もできますよね。

また、正社員だけでなくアルバイトやパートとしての募集もたくさんある為、仕事が探しやすく求人も割とたくさん出ているかと思います。

歯科衛生士との違いとは

歯科衛生士と歯科助手って何が違うの?と思っている方も多いと思います。

似たような言葉ですがどのように違うのか。

仕事内容の違いなどを見ていきましょう。

歯科衛生士と歯科助手の違い

簡単に言ってしまえば、国家資格を持っているのが歯科衛生士、持っていないのが歯科助手ということになります。

歯科衛生士になるには、専門学校、大学、短期大学などに通い卒業して、歯科衛生士の国家試験を受けなければなりません。

それに見事合格すれば国家資格を取ることができます。

それが歯科衛生士なのです。

歯科助手は学校に通う必要もなく、資格を取る必要もありません。

民間の認定資格を受けることもできますが、歯科助手として働くのに必須であるといった医院は少ないでしょう。

学校などに通い国家試験を受けるほどではないが、知識をしっかりとつけて仕事をしたいという人は、民間の試験を受けるものいいかと思います。

仕事内容の違い

歯科衛生士と歯科助手の違いは資格の有無により、できる仕事も違ってきます。

歯科助手の仕事は上記で紹介したような内容になりますが、歯科衛生士は資格があるため、患者さんの歯に実際に触れることができます。

歯石や歯垢の除去、虫歯や歯周病の予防の為のお薬をつけたり、指導をしたり。

また歯科助手と同じように、先生の治療のアシスタントに入ったりもします。

仕事内容が同じ部分もありますが、資格の有無により「患者さんの歯に触れられるかそうでないか」が違います。

歯科助手のアルバイトで身についたこんなスキル

歯科助手という仕事は、たくさんの求人が出ていて勤務地もたくさんあるので探しやすい。

その上とてもたくさんの知識やスキルが身につく職業だと思います。

スキルが身につけば、これからの自分の武器になる。

では、具体的にはどのようなスキルを身につけることができるのか、さっそく見ていきましょう。

コミュニケーション能力

患者さんと接する時間が多くお話もたくさんします。

歯科を受診する方は子供からお年寄りまで年代の幅が広く、男女問いません。

歯についてのことはもちろんですが、日常の何気ない会話などをされる患者さんもいらっしゃるので、たくさんのコミュニケーションをとります。

子供からお年寄りまで様々な人とお話する機会が多いので、コミュニケーション能力はかなりアップすると思います。

事務作業・受付業務

医院によっては歯科助手は、事務作業や受付業務を兼任しているところもたくさんあります。

患者さんのカルテや予約内容の管理、受付や電話対応、お会計など、さまざまな職業がぎゅっと詰まったような仕事ができるのです。

医療器具や薬品の知識

歯についてはもちろん、器具や薬品についての知識もたくさん身につきます。

最初は全くわからなくても、仕事をしていくうちに器具や薬品の名称、使い方などを覚えることになり、これはどの歯科医院でもだいたい同じ名称、使い方なので、再就職した際にも役立ちます。

虫歯予防・ケア方法

虫歯や口腔内トラブルを治しにやってくるのが歯科医院。

その為、自分も虫歯予防やケアについて学べ、歯磨きの仕方など、虫歯にならないように気をつけることができます。

口腔内を清潔に保つという意識もより高くなります。

歯科助手のアルバイトをやっている中で嬉しかった瞬間

アルバイトでも病院で働ける。

そして患者さんにとても感謝される。

歯科助手はやりがいもあり、スキルも身につく素敵な仕事です。

では実際に歯科助手をしていて嬉しかったこととは?

以下に挙げてみました。

患者さんと仲良くなれる

歯医者さんとは、虫歯など歯の治療に訪れる場所ですが、定期検診ということで、定期的に来ていただく患者さんも多いです。

また、病院なのでかかりつけとなっていれば、何度も患者さんは通うことになります。

そうすると先生やスタッフと患者さんとは顔見知りになることも多く、世間話をしたりと仲良くなることも少なくありません。

すると、旅行のお土産や手土産、クリスマスケーキや季節の食べ物などお菓子を差し入れてくれることもあり、地域のお年寄りやお子さんと仲良くなれる場にもなり、お仕事なのにプレゼントがもらえた♪といったような嬉しい気持ちになるのです。

治療後に患者さんが笑顔でありがとうといってくれた

歯の治療が終わると、先生やスタッフに「ありがとう」と笑顔で言って帰られる方がほとんどです。

治してほしいから病院へ行く、というように歯科医院も同じこと。

つまり歯科助手であっても、患者さんからしてみれば自分の歯の治療をしてくれた人の一員なのです。

この『ありがとう』という一言がこの仕事のやりがいでもありますね。

人に感謝されるお仕事とはとても素敵なものだと思います。

歯科助手のアルバイトはこんな人におすすめです!

歯科助手のアルバイトは、患者さんはもちろん先生や歯科衛生士など様々な人のために働くお仕事です。

誰かのために働きたい。

人の役に立ちたい。

などと思っている人にはピッタリだと思います。

特にどのような人に向いているのか。

こんな人におすすめ!という項目をいくつか挙げましたので、早速見ていきましょう!

機転がきく・気配りができる人

先生のアシスタントということで、器具を渡したり準備をしたり...。

治療の進行をサポートしていく仕事なので、次に使う薬や器具を用意したり、先生が次に何を求めるのか、次に使うものは何なのか、というのを考えながら動くと、先生は歯の治療をとてもスムーズに進行することができます。

口腔内が暗くて見え辛そうだなといった場合には、自らライトを照らしたりと細かな気配りも必要になってきます。

先生だけでなく患者さんが治療中苦しくならないように、しっかりと口の中の唾液をバキュームで吸引する、というように相手の様子を伺いながらの仕事にもなるので、人への気配りができる方には向いているのではないでしょうか。

また、急に治療内容が変更になった場合でも、焦らずに使用する器具などを出すことができれば、治療はスムーズに進みますよね。

アシスタントといっても指示されたことだけをこなすのではなく、自分から進んで気配りができる、臨機応変に対応できる、機転をきかせることができる人にはおすすめだと思います。

仕事の中で知識を学びたい人

資格を取らなくても働ける歯科助手ですが、覚えなくてはならないことはたくさんあります。

歯科医院で使用している器具などはもちろん、歯についても知識が必要になってきます。

ですが、働きながら知識を増やしていける、学びながら働ける、というのが歯科助手の仕事の良い部分の一つでもあります。

「何か自分のスキルになる知識を身につけたいけど学校には行けない」という人におすすめです。

人と関わることが好きな人

仕事上、患者さんや先生と関わることがほとんどなので、人と関わるのが好きといった方にもおすすめです。

もちろん先生から指示されたり、患者さんを指導したりするのですが、それだけではありません。

「最近歯の調子どうかな?」といったようなことを患者さんに伺ったり、「この間○○があってね」というように患者さんからお話をしてくれる方もいらっしゃいます。

そのため、人とのコミュニケーションを取るのが好きな人にも向いているといえますね。

医療系の仕事に就こうと考えている人

資格がなくても医療関係のお仕事につけるのは、歯科助手の良い所でもあると思います。

看護師や歯科衛生士になるには、学校などに行って知識をつけなければなりません。

ですが無資格・未経験でも働ける歯科助手は比較的働き始めやすく、「医療系の仕事がしたいけど何の資格も持っていない」という人におすすめの医療系の仕事になります。

まとめ

歯科助手のお仕事について、詳しくみていきましたがいかがでしたでしょうか。

どのような仕事内容なのか、この仕事をやっていてよかったこととは何か。

歯科助手という仕事をして身に付くスキルはとてもたくさんあることも、わかっていただけたかと思います。

『知識は最大の武器』というように、歯科助手として働いたことで、私自身、たくさんの知識やスキルが自分のものになったと思います。

意外と知られていないけれど、実は魅力的な歯科助手のお仕事。

アルバイトからでも始められるので、経験がないからといって諦めてしまわずに、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。


関連キーワード

歯科助手バイト求人

歯科助手求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科助手の年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

求人情報でよく見かける歯科助手ですが、「年収や給料ってどのくらいなんだろう?」「人によって変わるのは何が理由なの?」と思っても、お金の事情はなかなか人に聞きづらいですよね。この記事ではそんな歯科助手のお給料事情を徹底調査!雇用形態別の年収相場や年収の決まり方、よりよい年収で働くための歯科医院選びとは?などなど、歯科助手のお金に関することをご紹介していきます。歯科助手の年収の相場はどのくらい?平均的な歯科助手としての月収はおおよそ16万円~22万円程度です。年に2回の賞与があり、1回につき給料1ヶ月~2ヶ月分が支払われることが多いです。年収として考えると大体220万円~360万円程度になりますね

歯科助手求人サイトのおすすめ4選

歯科助手の仕事を探している方のために、おすすめの歯科助手求人サイトを紹介したいと思います。「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →歯科助手のお仕事を探す時の心得歯科助手の求人は結構あります。「通勤のしやすさ」「給料」「福利厚生」「勤務時間・休日」などの条件がどれだけ自分に合うかをチェックして、その中で長く働けそうな自分に合った医院を探す必要があります。未経験の人は特に就職してから覚えることや勉強することがたくさんありますので、通勤や勤務時間が負担にならないところを探す方が良いですし、経験者で転職や復職をされる人は、今までの経験が活かせるところで、自分のライフスタイルに合う医院を探

歯科助手の仕事でやりがいを感じた5個のことと、大変だった6個のこと

歯科助手の仕事は人気がありますよね。そんな歯科助手へ転職を考えている方もいるのではないでしょうか。この記事では、歯科助手の仕事でやりがいを感じたことや、大変だったことを紹介したいと思います。ぜひ参考にしてください。「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →歯科助手のやりがいを感じたこと歯科助手は覚えることがたくさんで、しかもとても専門的なので大変なお仕事ですが、とてもやりがいのあるお仕事です!患者さんからありがとうをもらえた!歯科治療は患者さんとの信頼関係とコミュニケーションが大切です。なので、患者さんに「ありがとう」と言ってもらえるととても嬉しいです。直接患者さんの治療をするのは

歯科助手募集にはどういったものがあるの?転職で失敗しないためにまずはコレをチェック!

歯科助手へ転職したいという方もいるのではないでしょうか。この記事では、歯科助手募集にはどういうものがあるのか、そして失敗しないためのポイントを紹介したいと思います。ぜひ参考にご覧ください。歯科助手のお仕事を検討している人へ歯科助手のお仕事は資格がなくても、未経験でも就職が出来、さらに採用されやすいお仕事です。特に女性の方にとっては就職しやすい職種で、一度、経験を積むと転職や再就職もしやすいので、お勧めのお仕事です。歯科助手の転職・復職なら見るべきポイント転職先、復職先を検討するにあたっては、求人募集をしている医院間の比較だけではなく、今まで勤めたことのある医院が比較対象となる部分もあると思いま

歯科助手派遣求人の特徴と求人の選び方を紹介します

歯科助手の仕事を派遣で探している方もいると思いますが、派遣ってどんな感じなのか気になりますよね。この記事では、歯科助手派遣求人の特徴と求人の選び方について紹介したいと思います。派遣会社に登録して派遣先でお仕事をする派遣社員派遣社員とは派遣会社に登録して、派遣先を紹介してもらい、一定期間その派遣先でお仕事をすることです。条件をクリアすれば社会保険や厚生年金、雇用保険などにも加入は可能です。派遣社員の特徴自分のライフスタイルに合わせて働くことが出来るのが特徴です。給料も一般的に高めに設定されていますし、契約期間が定められていますので、集中して働いて、ワーキングホリデーに行ったり、子どもの長期休暇の

歯科助手転職を成功させる4個の手順と注意点

歯科助手転職を考えている方で、転職を成功させるにはどうしたらいいんだろう?と思っている方も多いと思います。この記事では、歯科助手転職を成功させる手順と注意点について紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →歯科助手で転職をお考えの方へ歯科助手の転職は比較的しやすいと言われています。より良い転職をするためには情報収集と自分がどこに比重を置いて転職をするのかが大切です。転職の目的を明確にしようせっかく転職するのであれば、現状より良い条件のところを選びたいところです。「給料」「通勤のしやすさ」「人間関係」「スキルアップ」「勤務条件の好転」

歯科助手正社員求人の仕事の特徴と求人のチェックポイントを紹介します

女性に人気のある歯科助手の仕事を正社員で働きたいと考えている人もいると思います。この記事では、歯科助手の仕事の特徴や求人を選ぶ際のチェックポイントを紹介したいと思います。「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →歯科助手正社員の求人を探している方へ歯科助手のお仕事は特に必要な資格もなく、未経験でも職に就くことができます。また、歯科医院の数は大変多く、慢性的に人手不足なので、就職はしやすいと思います。転職や再就職もしやすく、1か月の給与も一般事務よりは少し高めです。歯科助手のお仕事の特徴歯科助手のお仕事は大きく分けて、受付事務業務と治療補助及び雑務とがあります。受付事務は歯科の事務的

歯科助手パート求人のおすすめのポイントと求人の選び方を紹介します

歯科助手パートで求人を探している方も多いと思います。この記事では、おすすめポイントや求人の選び方について紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。歯科助手でパートをお探しの方へ歯科助手はパートとしても採用されやすい職種だと思います。お住まいの通いやすいエリアにも募集をしている医院は多いと思いますので、条件をしっかりと比較して、自分の条件に合うところを選びましょう。歯科助手おすすめのポイント資格がいらない歯科助手は経験が無くても、特別な資格が無くても勤めることが出来ます。学校に通って資格を取ってという手間と時間がないため、勤めたいと思ったら、すぐに面接を受けて、勤めることができます。資格

歯科助手(東京)求人を選ぶならこの13個の基準で選びましょう!

東京には歯科助手求人がたくさんあります。求人が多すぎて何を基準に決めていいか迷っている人もいるのではないでしょうか。この記事では、東京の歯科助手求人を選ぶ基準について紹介したいと思います。「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →東京で歯科助手のお仕事をお探しの方へ東京で歯科助手のお仕事を探すとたくさんの求人が見つかります。その中から自分に合った歯科医院を探すのは大変な作業です。自分にとって、大切な条件を基準に絞り込んでいきましょう。東京で探す13個の基準住宅街はアットホームな雰囲気の歯科医院が多い住宅街にある医院は個人医院が多いので、ドクターも含めてスタッフの人数が少なく、また、