女性に人気のある歯科助手の仕事を正社員で働きたいと考えている人もいると思います。

この記事では、歯科助手の仕事の特徴や求人を選ぶ際のチェックポイントを紹介したいと思います。

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

歯科助手正社員の求人を探している方へ

歯科助手のお仕事は特に必要な資格もなく、未経験でも職に就くことができます。

また、歯科医院の数は大変多く、慢性的に人手不足なので、就職はしやすいと思います。

転職や再就職もしやすく、1か月の給与も一般事務よりは少し高めです。

歯科助手のお仕事の特徴

歯科助手のお仕事は大きく分けて、受付事務業務と治療補助及び雑務とがあります。

受付事務は歯科の事務的部分をほぼ管理することになります。

医院にかかってくる電話の応対から、患者さんの治療内容や予定とドクターや衛生士のシフトを考慮しながら予約を調整します。

急患の患者さんが来ても対応できるように、バランスよく予約を調整しなくてはいけません。

カルテやレセプトを管理し、保険治療だけでなく、矯正やインプラントの自費治療や歯ブラシ、歯磨き粉などの物品販売などの会計処理も行います。

院内の掲示物や外看板の管理、治療で使用する薬品やうがい用紙コップなどの備品やフロスなどの物品販売の在庫管理と発注、問診票や予約表などの印刷物の印刷と補充など細かいことや事務的なことは受付の仕事になります。

そういったデスクワーク的な仕事のほかに治療補助の仕事があります。

治療に使用した器具を洗浄、消毒、滅菌、患者さんの治療内容に合わせて、治療器具や薬品などを準備、レントゲン撮影の補助、ドクターや衛生士の指示による治療の補助(印象材を練ったり、補綴物の接着剤を練ったりなど)、院内の清掃、薬品、うがい用紙コップ、診療用のエプロンなどの補充など治療に関する雑務が助手の仕事になります。

頭は常にフル回転で患者さんがスムーズに治療を受けることができるように、ドクターや衛生士が滞りなく治療を行えるようにするのが歯科助手のお仕事の特徴です。

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

歯科助手正社員の求人チェックポイント

勤務地

通勤に時間を使うのはもったいないし、体力的にも疲れるので自宅から近いところの方が良いとは思いますが、自宅の近くですと知り合いがくる可能性が高いので、そういうのが苦手な人は少し勤務地の範囲を広げたほうが良いかもしれません。

通勤手段によって勤務地を考えるという手もあります。

車通勤やバイクでの通勤が希望であれば郊外の方が駐車場を完備している医院が多いので通いやすいと思いますし、その分広範囲で勤務医院を選べます。

公共の交通機関の場合は街の中心部の方が通いやすいと思いますし、給与が少し高めに設定されていることが多いと思います。

診療科目

一口に「歯科医院」といっても、「一般歯科」「小児歯科」「審美歯科」「矯正歯科」「インプラント専門」「口腔外科」「訪問歯科」など様々です。

スキルを身に着けたい診療科目の歯科医院を中心に求人をチェックしましょう。

給与

160,000~230,000円くらいのところが多いと思います。

一般事務より少し高めといった感じです。

これに残業手当が付きます。

夜間診療や休日診療をしているところはその手当も付きます。

ただし、残業手当が固定のところもあるので、面接時に確認をした方が良いと思います。

勤務時間や残業

9:00~19:00までの診療受付で勤務時間は8:30~19:30(20:00)までの医院が多いと思います。

そのうち、1時間~2時間のお昼休憩が入ります。

日曜、祝日が休みで平日の水曜や木曜が休み、もしくは午後休診となっているところが多いです。

以前は土曜日も午後休診のところが多かったのですが、今は17:00までや平日と同じ診療時間のところが増えてきて、歯科医院の診療時間は以前に比べると長くなってきていると思います。

交代制で日曜日ともう1日平日にお休みで週休2日制にしているところが多いです。

残業は患者さん次第のところがあります。

受付終了の時間に予約の患者さんが重なっていたり、急患の患者さんが来院されるとその分、片付けが遅くなるので30分程度残業になる可能性は高いです。

夜間診療や休日診療をしているところはシフト制で交代で入ることになります。

福利厚生

交通費の有無は面接時に確認をしましょう。

交通費支給となっていても、全額支給のところから、一部支給、上限が設けられているところ、実費のところなど支給方法は様々です。

例えば、自転車通勤でも、自宅から医院までの公共の交通機関分を支払ってくれるところもありますし、通勤手当が一律で決まっているところもあります。

従業員のスキルアップのために、会費と交通費を医院が負担で積極的に勉強会や研修会に参加(参加している時間分の給与も払ってくれる)させてくれるところもあります。

従業員が働きやすいようにと控室に冷蔵庫、湯沸ポット、電子レンジ、コーヒーメーカー、テレビなどの備品があったり、コーヒー、お茶類などが医院負担で常備されているところもあります。

細かいところですが、こういった配慮のある医院は働きやすいです。

各種社会保険

求人広告に「各種保険完備」と書かれている場合で、歯科医院が医療法人の場合は健康保険(もしくは歯科医師国保)+厚生年金保険+雇用保険+労災保険となっています。

個人病院の場合は歯科医師国保+国民年金保険+雇用保険+労災保険となっていたり、雇用保険+労災保険のみのところもあります。

特に、正社員が4名以下の個人病院の場合は、厚生年金の加入義務がなく、歯科医師国保+国民年金のところが多いので、面接時に確認をしておいた方が良いと思います。

ボーナスの有無

ボーナスは出るところが3割、出ないところが7割くらいの比率だと思います。

出るところでも、基本給の1か月分~2か月分。

寸志程度のところもあります。

何店舗も経営しているところや審美歯科や矯正歯科やインプラント専門のところなど、自費治療がメインのところは出やすいです。

また、夜間、休日診療をしているところも出やすい傾向にあります。

一般歯科や小児歯科など保険治療がメインの個人の歯科医院は出ない可能性が高いです。

医院の雰囲気

複数のドクターや衛生士が働く医院では、医院の診療科目や経営方針で医院の雰囲気が変わります。

小児歯科がメインのところは子どもたちが怖がらないで治療を受けることができるように明るくにぎやかな雰囲気だったり、一般診療で大人が多いところは院内にクラシックやジャズなどの音楽が流れ、アロマオイルなどがたかれて、リラックスした雰囲気だったりします。

個人病院の場合はドクターやドクターの奥さんによって医院の雰囲気が変わります。

ドクターや奥さんがおおらかで患者さんにも優しく、基本的にスタッフへのあたりもやわらかいところはアットホームな雰囲気でドクター以下スタッフの結束も強く、和気あいあいとした雰囲気です。

ドクターや奥さんがピリピリしているところや、ドクターが患者さんの前でスタッフを怒ったりするところ、奥さんとスタッフの仲が上手くいっていないところはスタッフ同士は仲が良く連携が取れていても、スタッフが続かないところが多いようです。

歯科医院を選ぶときは、事前に患者としてその医院に通っている人に医院の雰囲気を聞いてみたり、怪しまれない程度に医院の前を通って中をのぞいてみるとか、医院のホームページやFacebookを見てみたりするのも参考なると思います。

そして、面接に行ったときのスタッフの人やドクターの対応で、自分に合いそうな雰囲気かを判断するのが良いと思います。

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

歯科医院の診療科目の種類

「歯科治療」といってもただ虫歯の治療をするだけではなく、さまざまな分野があります。

そして、それぞれに対応や覚えることが違います。

一般歯科診療

虫歯治療や予防指導、歯周病の治療、義歯の作成の調整など、保険治療がメインで歯科医院の多くはこの診療科目になると思います。

そして、「とりあえず歯医者さん」となると、まずは一般診療になりますので、一番幅広く知識が必要となる診療です。

小児歯科

従来は小児科の対象年齢が14歳~15歳(大体中学生くらいまで)だったので、それにならい、小児歯科の治療も中学生くらいまでというところが多かったのですが、10年ほど前から小児科が診療する対象年齢を「成人するまで」に引き上げたことを受けて、小児歯科でも、歯が生える前から完全に永久歯が生え揃い、あごの成長が完成する18-20歳くらいまでを小児歯科ととらえるという考えが主流になってきました。

また、小児のうちに矯正を始めて、その治療のために18-20歳くらいまで小児科に矯正に通う子も増えてきたのも要因の1つだと思います。

小児歯科の場合、特に年齢の低い子どもは診療中に診療台に動かずに座っていられなかったり、口を長く開けていられなかったり、口の中に器具が入るだけで泣き出す子やおしゃべりに夢中でなかなか口の中を見せてくれない子もいます。

使える器具や薬が限られてくるので、ドクターと連携しながら小児用の対応をしなくてはいけません。

矯正歯科

矯正歯科は、歯並びを良くして、噛み合わせを整える治療をします。

歯並びや咬み合わせが悪いと、「上手にものが咬めない」「歯磨きが難しくて、虫歯や歯槽膿漏になりやすい」「発音が聞き取りにくい」といった悪い影響が出ます。

基本的には矯正装置を付けて、時間をかけてゆっくりと歯やあごの骨に力をかけて動かし、歯並びと噛み合わせを整えていきます。

審美歯科

保険の範囲内で行われるものもありますが、保険適応の治療材料と治療方法は「虫歯」や「歯周病」など悪いところを治して、本来の歯の役割を果たせるようになるというのが目的なので、それ以上の付加価値「審美」の部分が弱いところがあります。

そこで、自由診療(保険適応外の自費診療)にはなりますが、「審美」の部分を強化するのが「審美歯科」です。

もっともわかりやすいのは「ホワイトニング」です。

薬剤でのホワイトニングには、医院で専用の機械などを使って行う場合、「ホワイトニングキット」を使用して自宅が行う場合があります。

「ホワイトニングキット」を歯科医院で購入すると、自分の口腔内にあったマウスピースを作ってもらえ、歯の白くなり具合なども確認してもらって、いろいろと相談できます。

ほかにはセラミックによるクラウン(歯のすべてを覆う被せもの)、インレー(歯の一部分の被せもの)もあります。

保険治療で使われる材料と違い、長期間使用しても変色がなく、自然で明るく白い見た目になります。

特に下の歯の奥歯などは虫歯になりやすいので虫歯治療でインレーを入れている方が多いと思いますが、保険治療ではインレーの材料は金属(いわゆる銀歯)ですが、下の歯の奥歯は話しているときに人に見えやすいため、銀歯目立ってしまいます。

それをセラミックインレーにすると歯の色になじんだ白い自然な歯に見えるため見た目が美しくなります。

インプラント

テレビCMや雑誌広告などで良く見かける「インプラント」は、虫歯や歯周病などで失った歯の部分のあごの骨に人口の歯根を埋め込み、その人工歯根を土台にして人口の歯を取り付けるものです。

1本から何本でもインプラントにすることは可能です。

通常歯を失った場合、保険では取り外し可能な義歯を付けるかブリッジ治療をするかになりますが、失った歯の両隣の健康な歯を削ったり、負担をかけることになります。

そのため、その健康な歯が悪くなったり弱ったりすることになります。

インプラントは健康な歯に負担をかけることなく治療ができます。

けれど、人工歯根を埋め込む手術を行うには、ほかの病気との兼ね合い(高血圧、糖尿病、循環器系疾患、呼吸器系疾患など)もありますし、元々の天然の歯などに比べて感染症に弱い側面もあります。

治療後もドクターによる定期的なメンテナンスが必要です。

あごの骨に人工歯根を埋め込んでから、その人工歯根が骨と結合するまでに時間がかかります。

インプラント治療は健康な体とお金と時間とドクターの高い技術の4つが噛み合ってうまくいく治療です。

口腔外科

口腔内、顎、顔全体において、外科的、内科的疾患の治療にあたります。

一般の虫歯治療や歯周病治療などはこれには含まれない場合が多いです。

一番イメージしやすいの「埋伏歯」の治療でしょうか。

歯科医院でレントゲンを取ると、「親知らずが埋伏歯ですね」と言われたことがある方がいらっしゃると思います。

これは顎の骨の中に歯が埋まっていて出てこない状態のものです。

そのままで差し支えない場合もありますが、別の歯を圧迫したり、歯の根っこを傷つけたりします。

埋伏歯自体も炎症を起こしやすいのでその場合は抜歯をします。

埋伏歯の抜歯は抜歯が難しい症例が多いので、専門の口腔外科での処置となります。

ほかには顎の骨折や脱臼、口腔内の悪性腫瘍の治療なども行います。

多くは大学病院や大きな総合病院の歯科などに専門医がいますが、医療法人や個人病院にも専門医がいるところがあります。

歯科助手の仕事を求人サイトで探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

歯科助手求人

歯科助手求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科助手の年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

求人情報でよく見かける歯科助手ですが、「年収や給料ってどのくらいなんだろう?」「人によって変わるのは何が理由なの?」と思っても、お金の事情はなかなか人に聞きづらいですよね。この記事ではそんな歯科助手のお給料事情を徹底調査!雇用形態別の年収相場や年収の決まり方、よりよい年収で働くための歯科医院選びとは?などなど、歯科助手のお金に関することをご紹介していきます。歯科助手の年収の相場はどのくらい?平均的な歯科助手としての月収はおおよそ16万円~22万円程度です。年に2回の賞与があり、1回につき給料1ヶ月~2ヶ月分が支払われることが多いです。年収として考えると大体220万円~360万円程度になりますね

歯科助手求人サイトのおすすめ4選

歯科助手の仕事を探している方のために、おすすめの歯科助手求人サイトを紹介したいと思います。歯科助手のお仕事を探す時の心得歯科助手の求人は結構あります。「通勤のしやすさ」「給料」「福利厚生」「勤務時間・休日」などの条件がどれだけ自分に合うかをチェックして、その中で長く働けそうな自分に合った医院を探す必要があります。未経験の人は特に就職してから覚えることや勉強することがたくさんありますので、通勤や勤務時間が負担にならないところを探す方が良いですし、経験者で転職や復職をされる人は、今までの経験が活かせるところで、自分のライフスタイルに合う医院を探す方が良いと思います。求人情報はできるだけ沢山集めよう

歯科助手の仕事でやりがいを感じた5個のことと、大変だった6個のこと

歯科助手の仕事は人気がありますよね。そんな歯科助手へ転職を考えている方もいるのではないでしょうか。この記事では、歯科助手の仕事でやりがいを感じたことや、大変だったことを紹介したいと思います。ぜひ参考にしてください。歯科助手のやりがいを感じたこと歯科助手は覚えることがたくさんで、しかもとても専門的なので大変なお仕事ですが、とてもやりがいのあるお仕事です!患者さんからありがとうをもらえた!歯科治療は患者さんとの信頼関係とコミュニケーションが大切です。なので、患者さんに「ありがとう」と言ってもらえるととても嬉しいです。直接患者さんの治療をするのはドクターや衛生士です。でも、実は患者さんと一番コミュニ

歯科助手募集にはどういったものがあるの?転職で失敗しないためにまずはコレをチェック!

歯科助手へ転職したいという方もいるのではないでしょうか。この記事では、歯科助手募集にはどういうものがあるのか、そして失敗しないためのポイントを紹介したいと思います。ぜひ参考にご覧ください。歯科助手のお仕事を検討している人へ歯科助手のお仕事は資格がなくても、未経験でも就職が出来、さらに採用されやすいお仕事です。特に女性の方にとっては就職しやすい職種で、一度、経験を積むと転職や再就職もしやすいので、お勧めのお仕事です。歯科助手の転職・復職なら見るべきポイント転職先、復職先を検討するにあたっては、求人募集をしている医院間の比較だけではなく、今まで勤めたことのある医院が比較対象となる部分もあると思いま

歯科助手派遣求人の特徴と求人の選び方を紹介します

歯科助手の仕事を派遣で探している方もいると思いますが、派遣ってどんな感じなのか気になりますよね。この記事では、歯科助手派遣求人の特徴と求人の選び方について紹介したいと思います。派遣会社に登録して派遣先でお仕事をする派遣社員派遣社員とは派遣会社に登録して、派遣先を紹介してもらい、一定期間その派遣先でお仕事をすることです。条件をクリアすれば社会保険や厚生年金、雇用保険などにも加入は可能です。派遣社員の特徴自分のライフスタイルに合わせて働くことが出来るのが特徴です。給料も一般的に高めに設定されていますし、契約期間が定められていますので、集中して働いて、ワーキングホリデーに行ったり、子どもの長期休暇の

歯科助手転職を成功させる4個の手順と注意点

歯科助手転職を考えている方で、転職を成功させるにはどうしたらいいんだろう?と思っている方も多いと思います。この記事では、歯科助手転職を成功させる手順と注意点について紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。歯科助手で転職をお考えの方へ歯科助手の転職は比較的しやすいと言われています。より良い転職をするためには情報収集と自分がどこに比重を置いて転職をするのかが大切です。転職の目的を明確にしようせっかく転職するのであれば、現状より良い条件のところを選びたいところです。「給料」「通勤のしやすさ」「人間関係」「スキルアップ」「勤務条件の好転」など譲れない条件や重視したい条件を明確にして転職先を探

歯科助手パート求人のおすすめのポイントと求人の選び方を紹介します

歯科助手パートで求人を探している方も多いと思います。この記事では、おすすめポイントや求人の選び方について紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。歯科助手でパートをお探しの方へ歯科助手はパートとしても採用されやすい職種だと思います。お住まいの通いやすいエリアにも募集をしている医院は多いと思いますので、条件をしっかりと比較して、自分の条件に合うところを選びましょう。歯科助手おすすめのポイント資格がいらない歯科助手は経験が無くても、特別な資格が無くても勤めることが出来ます。学校に通って資格を取ってという手間と時間がないため、勤めたいと思ったら、すぐに面接を受けて、勤めることができます。資格

歯科助手(東京)求人を選ぶならこの13個の基準で選びましょう!

東京には歯科助手求人がたくさんあります。求人が多すぎて何を基準に決めていいか迷っている人もいるのではないでしょうか。この記事では、東京の歯科助手求人を選ぶ基準について紹介したいと思います。東京で歯科助手のお仕事をお探しの方へ東京で歯科助手のお仕事を探すとたくさんの求人が見つかります。その中から自分に合った歯科医院を探すのは大変な作業です。自分にとって、大切な条件を基準に絞り込んでいきましょう。東京で探す13個の基準住宅街はアットホームな雰囲気の歯科医院が多い住宅街にある医院は個人医院が多いので、ドクターも含めてスタッフの人数が少なく、また、患者さんも近隣にお住まいの患者さんが家族ぐるみで来院さ

歯科助手バイト求人の仕事内容と向いている人を紹介します

歯科助手の仕事に興味があるけど、自分にもできるかな...と思っている人もいると思います。この記事では、歯科助手バイトの仕事内容や向いている人、向いていない人について紹介したいと思います。歯科助手のアルバイトと正社員の違いアルバイトと正社員の違いは勤務時間数と福利厚生の差です。アルバイトのシフトは正社員のシフトの穴埋めや予約が集中している時間帯や曜日になることが多いです。アルバイトだと交通費が出なかったり、1か月の勤務時間が不安定=1か月のバイト代が不安定だったりします。基本的に穴埋めシフトなので、休んだり、入れないとなると正社員の人のシフトを変更することになるので、結構、嫌がられます。歯科助手