東京には歯科助手求人がたくさんあります。

求人が多すぎて何を基準に決めていいか迷っている人もいるのではないでしょうか。

この記事では、東京の歯科助手求人を選ぶ基準について紹介したいと思います。

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

東京で歯科助手のお仕事をお探しの方へ

東京で歯科助手のお仕事を探すとたくさんの求人が見つかります。

その中から自分に合った歯科医院を探すのは大変な作業です。

自分にとって、大切な条件を基準に絞り込んでいきましょう。

東京で探す13個の基準

住宅街はアットホームな雰囲気の歯科医院が多い

住宅街にある医院は個人医院が多いので、ドクターも含めてスタッフの人数が少なく、また、患者さんも近隣にお住まいの患者さんが家族ぐるみで来院されるので、アットホームな雰囲気のところが多いです。

ドクターとスタッフ、スタッフ同士、スタッフと患者さんがみんな仲良くて和気あいあいな感じで働きやすいです。

地元のかかりつけ医といった側面もあり、患者さんの口腔内の健康を長期にわたって管理していくことになるのも特徴です。

働く側も長期に渡ってお仕事を続けやすいです。

スタッフの多い歯科医院

都心部はドクターも複数でスタッフも多いところが多いです。

それだけ、1日の患者さんの来院人数も多いです。

ドクターや歯科衛生士が複数いる医院はそれぞれの治療の特徴をつかむことが大切です。

また、忙しいのもあって、テンポよく仕事が進んでいくので、仕事を覚えるのも早いですし、いろいろなパターンの症状に接することが出来るので、治療内容の流れなど、覚える仕事の幅や経験値が上がります。

それに、スタッフの人数が多いとわからないことがあったときに、確認したり、教えてもらえる人が多いということなので心強いポイントです。

ビジネス街や駅近は土日休みも多い

ビジネス街や駅近は会社員の人の来院が多いです。

会社員の方は、お昼休みや時間休、半休をとったり、会社帰りになどに来院されることが多く、会社が休みになる土日には患者さんの来院数が減るので、医院を休日にするところが多いです。

仕事の合間に来院される方も多いので、短時間で効率よく患者さんの治療をしなくてはならないので、忙しいですが、金曜日や月曜日が祝日の場合は3連休になったりするので、土日休みはやはり魅力的です。

夜間診療の歯科医院もある!

24時間営業や診療時間を延長しての夜間治療、夜間治療専門のところと特に都心部では夜間治療を行っているところが増えてきました。

夜間治療を行っているところは給料の設定が高めです。

朝から通勤ラッシュにもまれて日勤をするよりも夜間診療のシフトの場合は、余裕をもって通勤が出来ます。

朝が苦手な人は夜間診療勤務というのを考えてみるのもよいと思います。

駅近は通勤が楽

通勤は毎日のことなので、出来るだけ通勤ストレスは避けたいところです。

駅に近い医院であれば、雨が降っている日も、雪の日も通勤ストレスが減ります。

また、駅に近いと通勤時間が読みやすいです。

審美やインプラント・矯正など特定の治療特化した歯科医院

審美歯科やインプラント歯科、矯正歯科などは自由診療の自費治療で保険が適用されないので、診療台が高額になります。

その分、医院の収入も高いので、スタッフの給料も高めに設定されています。

ですが、医療機関の側面にプラスしてサービス業の側面が強く出てくる部分があり、土日は出勤のところが多いです。

「口腔外科」専門医がいて、顎の骨折や脱臼、口腔内だけでなく顎も含めた内科、外科的治療を行う医院もあります。

特定の治療に特化した歯科医院は専門的な知識が身に付き、スキルアップできるところが魅力です。

無料託児サービスのある歯科医院も!

最近では新しい歯科医院では託児所を併設するところが増えつつあります。

子育て中の方が安心して働けるようになっています。

シングルマザーの人や子どもを預かってくれる人が近くにいない人には本当に大きなポイントだと思います。

産休明け、育休明けも職場復帰がしやすく、安心して勤めることが出来ます。

小児専門歯科医院で働く

子どもが好きな人は小児専門の歯科医院で働くのもおすすめです。

幼稚園教諭や保育士の資格を持っている人には特におすすめです。

小児の治療は診療台にじっと座っていることが出来なかったり、診療台に座るだけで泣き出す子もいるので、まず口の中をドクターが見ることが大変だったりするので、保育士などの勉強をしていると役に立つ部分があります。

幼稚園の年少さんだったころは診療室に行くまでも泣いて大変だった子が年中、年長、小学生と口の中も含めて身長や話し方などが成長していくのを実感することが出来て、とてもやりがいがあります。

小児歯科では院内に置く絵本を選んだり、シールなどのプレゼントを何にするか考えたり、クリスマスなどのイベントでの飾り付けをしたり、ディズニーなどのDVDを院内で流したりと子ども向けの企画を考えたりするのもとても楽しいです。

最先端治療や設備のある歯科医院

最先端治療や設備を取り入れている医院はとても勉強になりますし、働いていてワクワクします。

また、そういう医院は積極的に勉強会や講習会を積極的に行う医院が多いので、スキルアップするのには良いと思います。

きれいでオシャレな歯科医院・制服が可愛い歯科医院

女性の患者さんが通院しやすいように、きれいでオシャレ医院の内装で、流れている音楽もカフェミュージックのようなおしゃれなものが多く、アロマの香りを導入したり、空気清浄機を導入したりしているところもあります。

女性の患者さんが通院しやすい「きれいさ」と「オシャレさ」は働く女性スタッフにとっても、働きやすいですし、動きや話し方などもそれに合わせたものになってきます。

何より、そこで仕事していることが嬉しくて楽しくなると思います。

また、そういった職場環境からアロマの勉強を始めたり、その勉強を医院がサポートしてくれたりするところもあって、働きながら自分の世界が広がったりします。

歯科医院でのお勤めはアクセサリー、香水は禁止。

髪の色は抑え目のカラーリングできちんとまとめます。

化粧もナチュラルメイクで派手な色は控えます。

爪も短く整えて、マニキュアも禁止で、清潔感が第一です。

なので、ユニフォームが可愛いと仕事に対する意欲が大きくなります。

好きな街・オシャレな街で働きたい

東京に住んでいて、同じ仕事をするのなら、自分の好きな街、憧れのおしゃれな街で働くのも良いですね。

そうすると通勤も楽しくなりますし、仕事上がりの寄り道も楽しく、仕事の張り合いになります。

友達や家族に職場の場所を聞かれたときにも、ちょっぴり自慢できますよね。

系列の多い医院・規模の大きな歯科医院

系列の多い医院や規模の大きな歯科医院は福利厚生がしっかりしているところが多いです。

社会保険や厚生年金、雇用保険への加入が出来たりボーナスや交通費が出るところも多いです。

抱えているスタッフの人数も多いので、有給休暇もとりやすいですし、パートやアルバイトの場合も自分の希望の時間で働きやすいです。

マニュアルもしっかりしています。

また、医院内イベントが多いのも特徴です。

住宅手当が出る歯科医院

月額10,000円~30,000円程度、住宅手当が出る医院もあります。

家計の中で金額の変更がなく固定で出ていくものの一番大きな割合を占めるのが「家賃」です。

その家賃の一部を「住宅手当」として負担してもらえるのは本当に助かります。

住宅手当があると好きな街や憧れの街に住んで働くという夢も叶います。

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

どんな条件で働きたい?

「給料」「勤務時間」「休日」「通いやすさ」「勤務地」「スキルアップ」「福利厚生」など、どんな条件を重視して働くのかはとても大切なことです。

自分の仕事へのモチベーションを保つためにも、就職の時点で重視する条件を明確にしておきましょう。

未経験者のサポート体制

歯科助手は未経験でも採用されやすい職業です。

けれど、採用された後、覚える仕事はたくさんあります。

仕事をしながら、日ごろ聞きなれない医療用語や治療器具の名前や使い方、薬品の名前、病名やその略語、治療流れなどの治療補助の仕事に、カルテ作成・管理、会計、予約の管理、薬品、備品の管理、レセプト作成などの事務仕事が中心の受付業務などを学んで覚えていかなくてはいけません。

そんな時にマニュアルがきちんと整備されていたり、先輩のアシストや指導はとても心強いですし、安心です。

あなたの成長に合わせて仕事をサポートしてくれる体制の整った医院を選びましょう。

産休・育休制度

ほかの職種に比べて復職しやすい歯科助手のお仕事ですが、復職するならやっぱり、今まで働いていた慣れた医院で復職する方が良いと思います。

産休、育休制度がある医院ですと、安心して出産、育児が出来ますし、長く働ける環境が整っているということなので、自分のライフスタイルに合わせた人生設計がしやすい職場だと思います。

長期休暇がとれる

年末年始、ゴールデンウィーク、夏季休暇など長期休暇が見込めます。

また、規模の大きな病院の場合は有給休暇を消化推奨しているので、長期休暇が取りやすくなっています。

週休2日・週休3日

週休2日のところがほとんどですが、中には週休3日のところもあります。

週休3日の場合は、週休2日の勤務に比べてお給料が安くなるものと、出勤日の1日の勤務時間数が週休2日の勤務に比べて長いものとあります。

働く日はめいっぱい働いて、休みが多いほうがいい人には週休3日という選択も良いと思います。

残業無し・残業手当あり

残業がほぼ無い医院もありますし、残業の場合はきちんと残業手当が付く医院がほとんどです。

逆に患者さんの治療が早く終わって片付けが早く終わった場合は、勤務時間内であっても早めに上がれたりします。

昇給制度あり

キャリアを積んでいけば、昇給があります。

昇給は年に1回のところが多いです。

賞与あり

賞与は年に1回もしくは2回です。

1か月~3か月くらいのところが多いです。

ほかにもいろいろ福利厚生

社会保険、厚生年金、歯科医師国保、雇用保険などの保険関係から、健康診断、交通費支給などがあります。

細かいことではありますが、スタッフルームの居心地の良さというのも福利厚生の大きなポイントです。

個人用ロッカー、エアコン、冷蔵庫、湯沸ポット、電子レンジ、コーヒーメーカー、テレビなどの備品から、コーヒー、紅茶、お茶などの飲み物が充実していると拘束時間が長い分、長く取れる昼休みを快適に過ごすことが出来ます。

スキルアップするための勉強会や研修の費用を負担してくれる医院もあります。

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

選択肢の多い東京で歯科助手になろう!(まとめ)

東京はやはり医院の数も多いので、たくさんの選択肢の中から、働く医院を選ぶことが出来ます。

地方の歯科医院に比べて特徴的な医院が多いので、より自分にマッチした医院を探しやすいです。

法人化している医院や系列の多い医院など規模の大きな医院も多いので、福利厚生がしっかりしていて条件の良いところが多いです。

東京の医院では「学生さん可」のところも多いので、学生時代に歯科助手のアルバイトをしていて、そのまま歯科助手として就職する人も多いです。

元々、歯科助手のアルバイトはほかのアルバイトと比べて時給が高いのですが、学生さんの場合、土日祝日や夜間の時間帯でのシフトになることが多いので、その分時給がアップします。

歯科助手の仕事は、以前の「客室乗務員」「看護師」「保育士」のように女性の仕事としてとらえられていて、圧倒的に女性の求人と女性の就職率が高いのですが、東京での歯科助手の求人は主夫も含み男性OKと募集要項に掲載しているところも増えてきていますし、実際に歯科助手として働いている男性スタッフも増えてきています。

多種多様な選択肢があるのが東京の歯科助手の求人の特徴で、それだけ自分のライフスタイルに合わせた働き方をしやすいと言えます。


関連キーワード

歯科助手求人

歯科助手求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科助手の年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

求人情報でよく見かける歯科助手ですが、「年収や給料ってどのくらいなんだろう?」「人によって変わるのは何が理由なの?」と思っても、お金の事情はなかなか人に聞きづらいですよね。この記事ではそんな歯科助手のお給料事情を徹底調査!雇用形態別の年収相場や年収の決まり方、よりよい年収で働くための歯科医院選びとは?などなど、歯科助手のお金に関することをご紹介していきます。歯科助手の年収の相場はどのくらい?平均的な歯科助手としての月収はおおよそ16万円~22万円程度です。年に2回の賞与があり、1回につき給料1ヶ月~2ヶ月分が支払われることが多いです。年収として考えると大体220万円~360万円程度になりますね

歯科助手求人サイトのおすすめ4選

歯科助手の仕事を探している方のために、おすすめの歯科助手求人サイトを紹介したいと思います。歯科助手のお仕事を探す時の心得歯科助手の求人は結構あります。「通勤のしやすさ」「給料」「福利厚生」「勤務時間・休日」などの条件がどれだけ自分に合うかをチェックして、その中で長く働けそうな自分に合った医院を探す必要があります。未経験の人は特に就職してから覚えることや勉強することがたくさんありますので、通勤や勤務時間が負担にならないところを探す方が良いですし、経験者で転職や復職をされる人は、今までの経験が活かせるところで、自分のライフスタイルに合う医院を探す方が良いと思います。求人情報はできるだけ沢山集めよう

歯科助手の仕事でやりがいを感じた5個のことと、大変だった6個のこと

歯科助手の仕事は人気がありますよね。そんな歯科助手へ転職を考えている方もいるのではないでしょうか。この記事では、歯科助手の仕事でやりがいを感じたことや、大変だったことを紹介したいと思います。ぜひ参考にしてください。歯科助手のやりがいを感じたこと歯科助手は覚えることがたくさんで、しかもとても専門的なので大変なお仕事ですが、とてもやりがいのあるお仕事です!患者さんからありがとうをもらえた!歯科治療は患者さんとの信頼関係とコミュニケーションが大切です。なので、患者さんに「ありがとう」と言ってもらえるととても嬉しいです。直接患者さんの治療をするのはドクターや衛生士です。でも、実は患者さんと一番コミュニ

歯科助手募集にはどういったものがあるの?転職で失敗しないためにまずはコレをチェック!

歯科助手へ転職したいという方もいるのではないでしょうか。この記事では、歯科助手募集にはどういうものがあるのか、そして失敗しないためのポイントを紹介したいと思います。ぜひ参考にご覧ください。歯科助手のお仕事を検討している人へ歯科助手のお仕事は資格がなくても、未経験でも就職が出来、さらに採用されやすいお仕事です。特に女性の方にとっては就職しやすい職種で、一度、経験を積むと転職や再就職もしやすいので、お勧めのお仕事です。歯科助手の転職・復職なら見るべきポイント転職先、復職先を検討するにあたっては、求人募集をしている医院間の比較だけではなく、今まで勤めたことのある医院が比較対象となる部分もあると思いま

歯科助手派遣求人の特徴と求人の選び方を紹介します

歯科助手の仕事を派遣で探している方もいると思いますが、派遣ってどんな感じなのか気になりますよね。この記事では、歯科助手派遣求人の特徴と求人の選び方について紹介したいと思います。派遣会社に登録して派遣先でお仕事をする派遣社員派遣社員とは派遣会社に登録して、派遣先を紹介してもらい、一定期間その派遣先でお仕事をすることです。条件をクリアすれば社会保険や厚生年金、雇用保険などにも加入は可能です。派遣社員の特徴自分のライフスタイルに合わせて働くことが出来るのが特徴です。給料も一般的に高めに設定されていますし、契約期間が定められていますので、集中して働いて、ワーキングホリデーに行ったり、子どもの長期休暇の

歯科助手転職を成功させる4個の手順と注意点

歯科助手転職を考えている方で、転職を成功させるにはどうしたらいいんだろう?と思っている方も多いと思います。この記事では、歯科助手転職を成功させる手順と注意点について紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。歯科助手で転職をお考えの方へ歯科助手の転職は比較的しやすいと言われています。より良い転職をするためには情報収集と自分がどこに比重を置いて転職をするのかが大切です。転職の目的を明確にしようせっかく転職するのであれば、現状より良い条件のところを選びたいところです。「給料」「通勤のしやすさ」「人間関係」「スキルアップ」「勤務条件の好転」など譲れない条件や重視したい条件を明確にして転職先を探

歯科助手正社員求人の仕事の特徴と求人のチェックポイントを紹介します

女性に人気のある歯科助手の仕事を正社員で働きたいと考えている人もいると思います。この記事では、歯科助手の仕事の特徴や求人を選ぶ際のチェックポイントを紹介したいと思います。歯科助手正社員の求人を探している方へ歯科助手のお仕事は特に必要な資格もなく、未経験でも職に就くことができます。また、歯科医院の数は大変多く、慢性的に人手不足なので、就職はしやすいと思います。転職や再就職もしやすく、1か月の給与も一般事務よりは少し高めです。歯科助手のお仕事の特徴歯科助手のお仕事は大きく分けて、受付事務業務と治療補助及び雑務とがあります。受付事務は歯科の事務的部分をほぼ管理することになります。医院にかかってくる電

歯科助手パート求人のおすすめのポイントと求人の選び方を紹介します

歯科助手パートで求人を探している方も多いと思います。この記事では、おすすめポイントや求人の選び方について紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。歯科助手でパートをお探しの方へ歯科助手はパートとしても採用されやすい職種だと思います。お住まいの通いやすいエリアにも募集をしている医院は多いと思いますので、条件をしっかりと比較して、自分の条件に合うところを選びましょう。歯科助手おすすめのポイント資格がいらない歯科助手は経験が無くても、特別な資格が無くても勤めることが出来ます。学校に通って資格を取ってという手間と時間がないため、勤めたいと思ったら、すぐに面接を受けて、勤めることができます。資格

歯科助手バイト求人の仕事内容と向いている人を紹介します

歯科助手の仕事に興味があるけど、自分にもできるかな...と思っている人もいると思います。この記事では、歯科助手バイトの仕事内容や向いている人、向いていない人について紹介したいと思います。歯科助手のアルバイトと正社員の違いアルバイトと正社員の違いは勤務時間数と福利厚生の差です。アルバイトのシフトは正社員のシフトの穴埋めや予約が集中している時間帯や曜日になることが多いです。アルバイトだと交通費が出なかったり、1か月の勤務時間が不安定=1か月のバイト代が不安定だったりします。基本的に穴埋めシフトなので、休んだり、入れないとなると正社員の人のシフトを変更することになるので、結構、嫌がられます。歯科助手