歯科助手の仕事というと、医療関係で求人も多くて未経験OKのところも多いですよね。

そんな仕事だからこそ、挑戦しやすく働きやすいのが特徴ですが、大変なこともたくさんあります。

働いてみて嫌なことはどの職業でもあるかと思いますが、今回は歯科助手の辛いと感じる瞬間やそれを乗り越える方法、やりがいやこの仕事のおすすめポイントをご紹介していきます。

「歯科助手の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

歯科助手のおおまかな仕事内容とは?

歯科助手は歯科医師の治療のアシスタントが主な仕事になります。

歯の治療がスムーズに進むように、バキュームという器具を使って患者さんの口の中の唾液を吸い取ったり、先生や歯科衛生士に器具を渡したりしてサポートしていきます。

他には薬品同士を混ぜ合わせたり、器具の洗浄や院内の清掃、患者さんの誘導などをします。

受付と兼任になっている歯科医院もあり、その場合は受付で電話対応、予約やカルテの管理、レセプトの作成などもします。

歯科助手の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

歯科助手の仕事が辛いと感じる5個の瞬間とは?

未経験やブランクがあっても働きやすい反面、辛いと感じる瞬間はやはりあります。

どんな瞬間に辛いと感じるかと、辛いことがあっても、挫けず乗り越えていけるような方法をご紹介していきます。

専門用語がたくさんある

歯科助手は医師や歯科衛生士と同じ現場で働くため、歯の専門用語が飛び交います。

そのため歯や歯科器具、薬品などについての基本的な知識が必要になります。

資格が必ずいる職業ではないため、未経験で就職すればまったく知らなくて当たり前なのですが、覚える専門用語は本当にたくさんあります。

まずはよく使う歯科器具の名前や使い方、歯についての知識や薬品の名前などを覚えなくてはならず、たくさんありすぎてパンクしそう!

聞いても覚えられない!

という人は少なくありません。

それを乗り越えるための方法とは?

歯についての知識、歯科器具の名前や使い方、薬品についてなど覚えることはとてもたくさんあり、全てを完璧に覚えるとなるととても大変なことです。

そこでまずは、歯科医院でよく使っている基本的な歯科器具、虫歯になったらどうなるのかという歯の構造や治療の流れ、歯科医院で頻繁に使用する薬品の名前や使い方など、業務中によく使用するものを覚えます。

これだけでも本当にたくさんあるため、すぐに覚えろと言われても覚えられませんよね。

そんな時、先輩スタッフが難無くこなしていると焦ってしまうものです。

まずはしっかりとメモを取り、わからないことは先生や先輩スタッフに聞きます。

さらに復習をすることで、次に目にしたときになんとなくでもわかるようになれば、使用する回数が多い物などはだんだんと覚えられるようになってきます。

ですが単語や治療内容など、覚える範囲も広ければ量も多いため、焦って覚えようとするとパンクしてしまったり、かえってミスが目立つようになることもあるかと思います。

メモをとってもすぐに見られる環境でなかったりする場合は、先生や先輩スタッフの許可を得て、該当の器具や薬品などの付近に名称のシールなどを貼らせてもらうというのも、一つの手です。

使う度に何度も目にすれば器具や薬品の名前を覚えられるし、間違いも減るでしょう。

その都度手を止めてメモを見るという手間も省けます。

ある程度覚えることができたらシールを外し、間違えないようになっていれば自信もつきますよね。

人間関係

人間関係はどの職場でも気になるところですが、歯科医院は小さな空間の中で少人数でのスタッフのところも多く、先輩スタッフと仲が悪いととても働きにくい環境になります。

また先生との相性も良くないと、治療のサポートに入る際もギクシャクして円滑に治療が進みにくくなったりもし、お互いにストレスが溜まってイライラしてしまいがちです。

それを乗り越えるための方法とは?

小さな空間での人間関係、まんべんなく仲よくすることがおすすめです。

自分と相性の合う人とよく話したり仕事をしたい気持ちは、とてもわかります。

ですが仕事は仕事。

誰とでもまんべんなく話をしたりすることで、人間関係を築くことができます。

ですがこちらが話しかけても相手の対応が冷たい、素っ気ないなどの場合もありますよね。

そういう場合は、相手が不快に思っていることや嫌悪感を抱くような態度や言動を、自分がしていないかなど、自分自身を見直し、相手に尋ねてみるのも一つです。

先生との相性も大切ですが、やはり先生は正直、気難しい人が多いかと思います。

知識や技術が優れている分、こちらは太刀打ちできないですよね。

先生に文句を言われないように、些細なミスもないくらい完璧にこなしてやる!という気持ちで治療のアシスタントに入れば、先生も向上心を認めてくれることが多いです。

ですが人間誰だって好き嫌いはあります。

自分にも相手にも言えることですが、相性というのは簡単には変えられません。

仕事なのである程度の妥協は必要で、自分からの努力も大切ですが、本当に相性が合わないと思った場合は、思い切って辞めてしまうのもありですね。

歯科医院はたくさんあるので、無理して今の職場にこだわらなくても、他を探すのも良いと思います。

他の歯科医院に転職したら人間関係で悩むことがなくなり、歯科助手として働くことが楽しくなった!という意見もたくさんありますので、悩みすぎない程度に改善するよう努力して、それでも無理なら働く医院を替えるのもおすすめです。

立ち仕事で腰や足を痛める

歯科助手=立ち仕事というイメージはあまりないかもしれませんが、治療のアシスタントや器具の洗浄など、立ち仕事や移動することが多い仕事です。

治療のアシスタントにつく時に、椅子があり座りながらアシストする歯科医院もあれば、常に立ってアシストしなくてはならない医院もあるので、歯科医院によってスタイルは違いますが、体力がいる仕事と言えます。

それを乗り越えるための方法とは?

立ち仕事のイメージがあまりないので、いざ働いてみると、とっても疲れた、腰や足に負担がかかるという印象を受けるかと思います。

治療中、患者さんの口の中を見ながらバキュームを使ったり、先生や歯科衛生士のアシスタントとして器具を渡すなどのサポートをしなくてはならないため、とても集中力や注意力が必要になります。

そのため治療中は立ち止まって作業することが多く、足に力が入ったりと負担をかけてしまいます。

またバキュームを使用する際は、患者さんの口の中を覗き込むなどをして唾液を吸う為、姿勢も崩れ猫背になったり変な体制になったりと、腰にも負担がかかります。

毎日のことなので、気づけば腰痛持ちになっていたりと体のトラブルにもなりかねません。

治療のアシスタントに入っていない隙間時間に、固まった体をほぐすようにこまめにストレッチをしたり、しゃがんだりするのも良いですね。

また休日などに、体力をつけるために運動するのもおすすめです。

体力をつけておけば、こうした体のトラブルにもなりにくく、体力面での辛いことはなくなるかと思います。

治療に携わりすぎる

歯科助手には資格がないため、患者さんの歯の治療や型を採ることはできず、バキュームで唾液を吸ったり薬品を混ぜ合わせたりすることまでしかできません。

ですが歯科医院によっては人手が足りておらず、歯の型を採ったり、被せ物を歯につけたり、入れ歯を削ったりと、歯科医師や歯科衛生士でなければしてはいけないことをさせられる、またはしなければいけない状況になることがあります。

それを乗り越えるための方法とは?

歯科助手にとって違法行為と言えることを行っていない歯科医院は、正直少ないと思います。

歯科衛生士のような業務をさせられることは、割とたくさんの歯科医院であるのが現状です。

ですがそのような違法行為は絶対に嫌だという場合は、面接できちんと聞いてみるのが一番早いかと思います。

返答を濁されたりきちんと答えられなければ、その歯科医院では歯科助手が違法行為を行っていると見てよいでしょう。

また歯科衛生士の数が明らかに少ない場合も要注意です。

歯科医師や歯科衛生士しかできないことの方が圧倒的に多いのに、歯科助手の人数が多ければ、歯科助手が違法行為となる患者さんの口腔内を触るということをしている可能性が高いです。

ですが働いてみなければわからないのも事実です。

そのためにも面接や見学など、働く前に見極めることが大切ですね。

残業時間が多い

残業があると求人票に書かれている場合もあれば、何も記載されていない場合もありますよね。

ですが歯科助手の仕事は、思っているよりも残業が多い職業だと思います。

患者さんの治療が長引けばその分医院を閉めるのも遅くなり、その後に片付けや器具の洗浄などをしなくてはなりません。

診療時間が何時までだからそれと同じ時刻に帰れる、と思うのは避けましょう。

それを乗り越えるための方法とは?

患者さんの治療が長引いたり急患で来たりするのは、医院として仕方のないことだと思います。

患者さんが全員帰った後でないとできない片付けや洗浄、清掃などもあるかと思います。

ですが手の空いた時間にできる限りの器具の洗浄をしたり、患者さんに見えない場所の清掃をしたりと、少しずつでも出来ることをしておけば、少しでも残業時間が短くなり帰る時間も早くなるかと思います。

こればかりは患者さん次第なので、要領が悪いから終わらないと自分を責めずに、出来る限りのことをして早く帰宅したいものですね。

「歯科助手の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

辛い時もあるけど、歯科助手がおすすめの理由

歯科助手として働くと辛いと思う瞬間があることをご紹介してきましたが、反対に働いていて良かったと思うおすすめなポイントもたくさんあります。

歯科助手の仕事のやりがいを順番にご紹介していきますね。

『ありがとう』と言われる

直接治療をするわけではないですが、患者さんとの関わりはたくさんあります。

治療のアシスタントに入り、診察後に誘導する際にお礼を言われることがたくさんあり、『ありがとう』と言われるととてもやりがいを感じます。

また、先生や歯科衛生士の指示を受けて動く立場なので、器具を渡したり準備することでそういった人たちから『ありがとう』と言われることもあり、人に感謝される素敵な職業だと思います。

患者さんとのコミュニケーション

患者さんを誘導したり歯の状態を聞いたりと、患者さんとのコミュニケーションが多い歯科助手は、子供からご年配の方まで年齢や性別問わず話をすることができるので、コミュニケーション能力が高まり、それは自分のスキルにもなるので、とても良い経験になると思います。

何度も通ってもらっている患者さんから差し入れなどをいただく場合もあり、もらうと嬉しくなります。

治療アシストがスムーズにいく

先生や歯科衛生士のアシスタントに入り治療のサポートをする際に、器具や薬品を渡すことが歯科助手の役目ですが、歯科器具や専門用語などを覚えており治療の流れも頭に入っていると、手こずることなくアシストができ、スムーズに治療を行うことが出来ます。

スムーズに治療が終われば、自分だけでなく先生や患者さんも気持ち良く診察を終えることができるので、知識や技術がつき慣れてくると仕事も楽しくなってくるかと思います。

達成感がある

治療のアシストがスムーズにできたり、難しい治療を先生と一緒に無事に終えることができたり、患者さんと楽しくコミュニケーションを取り診察を終えることができたりすると、とても達成感に浸ることができます。

さらに患者さんごとに治療する内容は違うので、終わるごとに達成感があるのは仕事が充実するポイントでもありますよね。

達成感があれば、また次も頑張ろうと向上心にもつながるので、仕事も頑張ることができます。

このように、歯科助手には辛いこともあるけれど働くうちに嬉しくなるような瞬間ややりがいもたくさんあるので、辛いときはこのような働いていて楽しいと思えることを考えて、気分を替えて仕事をするのも良いですね。

まとめ

歯科助手の仕事について、辛いと感じる瞬間ややりがいなどのおすすめポイントをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

どんな仕事も辛いことはたくさんあるかと思いますが、歯科助手は辛いと感じる瞬間が多く、仕事を辞めたいと考える人が多い職業であるのも事実です。

悩みすぎるのも良くないので、思い切って働く歯科医院を変えてしまうのも大切だと思います。

ある程度の忍耐力が必要な職業ですが、嫌な気持ちで続けるよりも楽しく自分に合った職場で働きたいですよね。

やりがいもたくさんある素敵な職業なので辛いときはこの仕事の良い部分を思い出して、楽しくお仕事できると良いですね!


関連キーワード

歯科助手求人