歯科助手の仕事というと、医療関係で求人も多くて未経験OKのところも多いですよね。

そんな仕事だからこそ、挑戦しやすく働きやすいのが特徴ですが、大変なこともたくさんあります。

働いてみて嫌なことはどの職業でもあるかと思いますが、今回は歯科助手の辛いと感じる瞬間やそれを乗り越える方法、やりがいやこの仕事のおすすめポイントをご紹介していきます。

「歯科助手の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

歯科助手のおおまかな仕事内容とは?

歯科助手は歯科医師の治療のアシスタントが主な仕事になります。

歯の治療がスムーズに進むように、バキュームという器具を使って患者さんの口の中の唾液を吸い取ったり、先生や歯科衛生士に器具を渡したりしてサポートしていきます。

他には薬品同士を混ぜ合わせたり、器具の洗浄や院内の清掃、患者さんの誘導などをします。

受付と兼任になっている歯科医院もあり、その場合は受付で電話対応、予約やカルテの管理、レセプトの作成などもします。

歯科助手の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

歯科助手の仕事が辛いと感じる5個の瞬間とは?

未経験やブランクがあっても働きやすい反面、辛いと感じる瞬間はやはりあります。

どんな瞬間に辛いと感じるかと、辛いことがあっても、挫けず乗り越えていけるような方法をご紹介していきます。

専門用語がたくさんある

歯科助手は医師や歯科衛生士と同じ現場で働くため、歯の専門用語が飛び交います。

そのため歯や歯科器具、薬品などについての基本的な知識が必要になります。

資格が必ずいる職業ではないため、未経験で就職すればまったく知らなくて当たり前なのですが、覚える専門用語は本当にたくさんあります。

まずはよく使う歯科器具の名前や使い方、歯についての知識や薬品の名前などを覚えなくてはならず、たくさんありすぎてパンクしそう!

聞いても覚えられない!

という人は少なくありません。

それを乗り越えるための方法とは?

歯についての知識、歯科器具の名前や使い方、薬品についてなど覚えることはとてもたくさんあり、全てを完璧に覚えるとなるととても大変なことです。

そこでまずは、歯科医院でよく使っている基本的な歯科器具、虫歯になったらどうなるのかという歯の構造や治療の流れ、歯科医院で頻繁に使用する薬品の名前や使い方など、業務中によく使用するものを覚えます。

これだけでも本当にたくさんあるため、すぐに覚えろと言われても覚えられませんよね。

そんな時、先輩スタッフが難無くこなしていると焦ってしまうものです。

まずはしっかりとメモを取り、わからないことは先生や先輩スタッフに聞きます。

さらに復習をすることで、次に目にしたときになんとなくでもわかるようになれば、使用する回数が多い物などはだんだんと覚えられるようになってきます。

ですが単語や治療内容など、覚える範囲も広ければ量も多いため、焦って覚えようとするとパンクしてしまったり、かえってミスが目立つようになることもあるかと思います。

メモをとってもすぐに見られる環境でなかったりする場合は、先生や先輩スタッフの許可を得て、該当の器具や薬品などの付近に名称のシールなどを貼らせてもらうというのも、一つの手です。

使う度に何度も目にすれば器具や薬品の名前を覚えられるし、間違いも減るでしょう。

その都度手を止めてメモを見るという手間も省けます。

ある程度覚えることができたらシールを外し、間違えないようになっていれば自信もつきますよね。

人間関係

人間関係はどの職場でも気になるところですが、歯科医院は小さな空間の中で少人数でのスタッフのところも多く、先輩スタッフと仲が悪いととても働きにくい環境になります。

また先生との相性も良くないと、治療のサポートに入る際もギクシャクして円滑に治療が進みにくくなったりもし、お互いにストレスが溜まってイライラしてしまいがちです。

それを乗り越えるための方法とは?

小さな空間での人間関係、まんべんなく仲よくすることがおすすめです。

自分と相性の合う人とよく話したり仕事をしたい気持ちは、とてもわかります。

ですが仕事は仕事。

誰とでもまんべんなく話をしたりすることで、人間関係を築くことができます。

ですがこちらが話しかけても相手の対応が冷たい、素っ気ないなどの場合もありますよね。

そういう場合は、相手が不快に思っていることや嫌悪感を抱くような態度や言動を、自分がしていないかなど、自分自身を見直し、相手に尋ねてみるのも一つです。

先生との相性も大切ですが、やはり先生は正直、気難しい人が多いかと思います。

知識や技術が優れている分、こちらは太刀打ちできないですよね。

先生に文句を言われないように、些細なミスもないくらい完璧にこなしてやる!という気持ちで治療のアシスタントに入れば、先生も向上心を認めてくれることが多いです。

ですが人間誰だって好き嫌いはあります。

自分にも相手にも言えることですが、相性というのは簡単には変えられません。

仕事なのである程度の妥協は必要で、自分からの努力も大切ですが、本当に相性が合わないと思った場合は、思い切って辞めてしまうのもありですね。

歯科医院はたくさんあるので、無理して今の職場にこだわらなくても、他を探すのも良いと思います。

他の歯科医院に転職したら人間関係で悩むことがなくなり、歯科助手として働くことが楽しくなった!という意見もたくさんありますので、悩みすぎない程度に改善するよう努力して、それでも無理なら働く医院を替えるのもおすすめです。

立ち仕事で腰や足を痛める

歯科助手=立ち仕事というイメージはあまりないかもしれませんが、治療のアシスタントや器具の洗浄など、立ち仕事や移動することが多い仕事です。

治療のアシスタントにつく時に、椅子があり座りながらアシストする歯科医院もあれば、常に立ってアシストしなくてはならない医院もあるので、歯科医院によってスタイルは違いますが、体力がいる仕事と言えます。

それを乗り越えるための方法とは?

立ち仕事のイメージがあまりないので、いざ働いてみると、とっても疲れた、腰や足に負担がかかるという印象を受けるかと思います。

治療中、患者さんの口の中を見ながらバキュームを使ったり、先生や歯科衛生士のアシスタントとして器具を渡すなどのサポートをしなくてはならないため、とても集中力や注意力が必要になります。

そのため治療中は立ち止まって作業することが多く、足に力が入ったりと負担をかけてしまいます。

またバキュームを使用する際は、患者さんの口の中を覗き込むなどをして唾液を吸う為、姿勢も崩れ猫背になったり変な体制になったりと、腰にも負担がかかります。

毎日のことなので、気づけば腰痛持ちになっていたりと体のトラブルにもなりかねません。

治療のアシスタントに入っていない隙間時間に、固まった体をほぐすようにこまめにストレッチをしたり、しゃがんだりするのも良いですね。

また休日などに、体力をつけるために運動するのもおすすめです。

体力をつけておけば、こうした体のトラブルにもなりにくく、体力面での辛いことはなくなるかと思います。

治療に携わりすぎる

歯科助手には資格がないため、患者さんの歯の治療や型を採ることはできず、バキュームで唾液を吸ったり薬品を混ぜ合わせたりすることまでしかできません。

ですが歯科医院によっては人手が足りておらず、歯の型を採ったり、被せ物を歯につけたり、入れ歯を削ったりと、歯科医師や歯科衛生士でなければしてはいけないことをさせられる、またはしなければいけない状況になることがあります。

それを乗り越えるための方法とは?

歯科助手にとって違法行為と言えることを行っていない歯科医院は、正直少ないと思います。

歯科衛生士のような業務をさせられることは、割とたくさんの歯科医院であるのが現状です。

ですがそのような違法行為は絶対に嫌だという場合は、面接できちんと聞いてみるのが一番早いかと思います。

返答を濁されたりきちんと答えられなければ、その歯科医院では歯科助手が違法行為を行っていると見てよいでしょう。

また歯科衛生士の数が明らかに少ない場合も要注意です。

歯科医師や歯科衛生士しかできないことの方が圧倒的に多いのに、歯科助手の人数が多ければ、歯科助手が違法行為となる患者さんの口腔内を触るということをしている可能性が高いです。

ですが働いてみなければわからないのも事実です。

そのためにも面接や見学など、働く前に見極めることが大切ですね。

残業時間が多い

残業があると求人票に書かれている場合もあれば、何も記載されていない場合もありますよね。

ですが歯科助手の仕事は、思っているよりも残業が多い職業だと思います。

患者さんの治療が長引けばその分医院を閉めるのも遅くなり、その後に片付けや器具の洗浄などをしなくてはなりません。

診療時間が何時までだからそれと同じ時刻に帰れる、と思うのは避けましょう。

それを乗り越えるための方法とは?

患者さんの治療が長引いたり急患で来たりするのは、医院として仕方のないことだと思います。

患者さんが全員帰った後でないとできない片付けや洗浄、清掃などもあるかと思います。

ですが手の空いた時間にできる限りの器具の洗浄をしたり、患者さんに見えない場所の清掃をしたりと、少しずつでも出来ることをしておけば、少しでも残業時間が短くなり帰る時間も早くなるかと思います。

こればかりは患者さん次第なので、要領が悪いから終わらないと自分を責めずに、出来る限りのことをして早く帰宅したいものですね。

「歯科助手の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

辛い時もあるけど、歯科助手がおすすめの理由

歯科助手として働くと辛いと思う瞬間があることをご紹介してきましたが、反対に働いていて良かったと思うおすすめなポイントもたくさんあります。

歯科助手の仕事のやりがいを順番にご紹介していきますね。

『ありがとう』と言われる

直接治療をするわけではないですが、患者さんとの関わりはたくさんあります。

治療のアシスタントに入り、診察後に誘導する際にお礼を言われることがたくさんあり、『ありがとう』と言われるととてもやりがいを感じます。

また、先生や歯科衛生士の指示を受けて動く立場なので、器具を渡したり準備することでそういった人たちから『ありがとう』と言われることもあり、人に感謝される素敵な職業だと思います。

患者さんとのコミュニケーション

患者さんを誘導したり歯の状態を聞いたりと、患者さんとのコミュニケーションが多い歯科助手は、子供からご年配の方まで年齢や性別問わず話をすることができるので、コミュニケーション能力が高まり、それは自分のスキルにもなるので、とても良い経験になると思います。

何度も通ってもらっている患者さんから差し入れなどをいただく場合もあり、もらうと嬉しくなります。

治療アシストがスムーズにいく

先生や歯科衛生士のアシスタントに入り治療のサポートをする際に、器具や薬品を渡すことが歯科助手の役目ですが、歯科器具や専門用語などを覚えており治療の流れも頭に入っていると、手こずることなくアシストができ、スムーズに治療を行うことが出来ます。

スムーズに治療が終われば、自分だけでなく先生や患者さんも気持ち良く診察を終えることができるので、知識や技術がつき慣れてくると仕事も楽しくなってくるかと思います。

達成感がある

治療のアシストがスムーズにできたり、難しい治療を先生と一緒に無事に終えることができたり、患者さんと楽しくコミュニケーションを取り診察を終えることができたりすると、とても達成感に浸ることができます。

さらに患者さんごとに治療する内容は違うので、終わるごとに達成感があるのは仕事が充実するポイントでもありますよね。

達成感があれば、また次も頑張ろうと向上心にもつながるので、仕事も頑張ることができます。

このように、歯科助手には辛いこともあるけれど働くうちに嬉しくなるような瞬間ややりがいもたくさんあるので、辛いときはこのような働いていて楽しいと思えることを考えて、気分を替えて仕事をするのも良いですね。

まとめ

歯科助手の仕事について、辛いと感じる瞬間ややりがいなどのおすすめポイントをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

どんな仕事も辛いことはたくさんあるかと思いますが、歯科助手は辛いと感じる瞬間が多く、仕事を辞めたいと考える人が多い職業であるのも事実です。

悩みすぎるのも良くないので、思い切って働く歯科医院を変えてしまうのも大切だと思います。

ある程度の忍耐力が必要な職業ですが、嫌な気持ちで続けるよりも楽しく自分に合った職場で働きたいですよね。

やりがいもたくさんある素敵な職業なので辛いときはこの仕事の良い部分を思い出して、楽しくお仕事できると良いですね!



歯科助手求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科助手の年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

求人情報でよく見かける歯科助手ですが、「年収や給料ってどのくらいなんだろう?」「人によって変わるのは何が理由なの?」と思っても、お金の事情はなかなか人に聞きづらいですよね。この記事ではそんな歯科助手のお給料事情を徹底調査!雇用形態別の年収相場や年収の決まり方、よりよい年収で働くための歯科医院選びとは?などなど、歯科助手のお金に関することをご紹介していきます。歯科助手の年収の相場はどのくらい?平均的な歯科助手としての月収はおおよそ16万円~22万円程度です。年に2回の賞与があり、1回につき給料1ヶ月~2ヶ月分が支払われることが多いです。年収として考えると大体220万円~360万円程度になりますね

歯科助手求人サイトのおすすめ4選

歯科助手の仕事を探している方のために、おすすめの歯科助手求人サイトを紹介したいと思います。歯科助手のお仕事を探す時の心得歯科助手の求人は結構あります。「通勤のしやすさ」「給料」「福利厚生」「勤務時間・休日」などの条件がどれだけ自分に合うかをチェックして、その中で長く働けそうな自分に合った医院を探す必要があります。未経験の人は特に就職してから覚えることや勉強することがたくさんありますので、通勤や勤務時間が負担にならないところを探す方が良いですし、経験者で転職や復職をされる人は、今までの経験が活かせるところで、自分のライフスタイルに合う医院を探す方が良いと思います。求人情報はできるだけ沢山集めよう

歯科助手の仕事でやりがいを感じた5個のことと、大変だった6個のこと

歯科助手の仕事は人気がありますよね。そんな歯科助手へ転職を考えている方もいるのではないでしょうか。この記事では、歯科助手の仕事でやりがいを感じたことや、大変だったことを紹介したいと思います。ぜひ参考にしてください。歯科助手のやりがいを感じたこと歯科助手は覚えることがたくさんで、しかもとても専門的なので大変なお仕事ですが、とてもやりがいのあるお仕事です!患者さんからありがとうをもらえた!歯科治療は患者さんとの信頼関係とコミュニケーションが大切です。なので、患者さんに「ありがとう」と言ってもらえるととても嬉しいです。直接患者さんの治療をするのはドクターや衛生士です。でも、実は患者さんと一番コミュニ

歯科助手募集にはどういったものがあるの?転職で失敗しないためにまずはコレをチェック!

歯科助手へ転職したいという方もいるのではないでしょうか。この記事では、歯科助手募集にはどういうものがあるのか、そして失敗しないためのポイントを紹介したいと思います。ぜひ参考にご覧ください。歯科助手のお仕事を検討している人へ歯科助手のお仕事は資格がなくても、未経験でも就職が出来、さらに採用されやすいお仕事です。特に女性の方にとっては就職しやすい職種で、一度、経験を積むと転職や再就職もしやすいので、お勧めのお仕事です。歯科助手の転職・復職なら見るべきポイント転職先、復職先を検討するにあたっては、求人募集をしている医院間の比較だけではなく、今まで勤めたことのある医院が比較対象となる部分もあると思いま

歯科助手派遣求人の特徴と求人の選び方を紹介します

歯科助手の仕事を派遣で探している方もいると思いますが、派遣ってどんな感じなのか気になりますよね。この記事では、歯科助手派遣求人の特徴と求人の選び方について紹介したいと思います。派遣会社に登録して派遣先でお仕事をする派遣社員派遣社員とは派遣会社に登録して、派遣先を紹介してもらい、一定期間その派遣先でお仕事をすることです。条件をクリアすれば社会保険や厚生年金、雇用保険などにも加入は可能です。派遣社員の特徴自分のライフスタイルに合わせて働くことが出来るのが特徴です。給料も一般的に高めに設定されていますし、契約期間が定められていますので、集中して働いて、ワーキングホリデーに行ったり、子どもの長期休暇の

歯科助手転職を成功させる4個の手順と注意点

歯科助手転職を考えている方で、転職を成功させるにはどうしたらいいんだろう?と思っている方も多いと思います。この記事では、歯科助手転職を成功させる手順と注意点について紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。歯科助手で転職をお考えの方へ歯科助手の転職は比較的しやすいと言われています。より良い転職をするためには情報収集と自分がどこに比重を置いて転職をするのかが大切です。転職の目的を明確にしようせっかく転職するのであれば、現状より良い条件のところを選びたいところです。「給料」「通勤のしやすさ」「人間関係」「スキルアップ」「勤務条件の好転」など譲れない条件や重視したい条件を明確にして転職先を探

歯科助手正社員求人の仕事の特徴と求人のチェックポイントを紹介します

女性に人気のある歯科助手の仕事を正社員で働きたいと考えている人もいると思います。この記事では、歯科助手の仕事の特徴や求人を選ぶ際のチェックポイントを紹介したいと思います。歯科助手正社員の求人を探している方へ歯科助手のお仕事は特に必要な資格もなく、未経験でも職に就くことができます。また、歯科医院の数は大変多く、慢性的に人手不足なので、就職はしやすいと思います。転職や再就職もしやすく、1か月の給与も一般事務よりは少し高めです。歯科助手のお仕事の特徴歯科助手のお仕事は大きく分けて、受付事務業務と治療補助及び雑務とがあります。受付事務は歯科の事務的部分をほぼ管理することになります。医院にかかってくる電

歯科助手パート求人のおすすめのポイントと求人の選び方を紹介します

歯科助手パートで求人を探している方も多いと思います。この記事では、おすすめポイントや求人の選び方について紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。歯科助手でパートをお探しの方へ歯科助手はパートとしても採用されやすい職種だと思います。お住まいの通いやすいエリアにも募集をしている医院は多いと思いますので、条件をしっかりと比較して、自分の条件に合うところを選びましょう。歯科助手おすすめのポイント資格がいらない歯科助手は経験が無くても、特別な資格が無くても勤めることが出来ます。学校に通って資格を取ってという手間と時間がないため、勤めたいと思ったら、すぐに面接を受けて、勤めることができます。資格

歯科助手(東京)求人を選ぶならこの13個の基準で選びましょう!

東京には歯科助手求人がたくさんあります。求人が多すぎて何を基準に決めていいか迷っている人もいるのではないでしょうか。この記事では、東京の歯科助手求人を選ぶ基準について紹介したいと思います。東京で歯科助手のお仕事をお探しの方へ東京で歯科助手のお仕事を探すとたくさんの求人が見つかります。その中から自分に合った歯科医院を探すのは大変な作業です。自分にとって、大切な条件を基準に絞り込んでいきましょう。東京で探す13個の基準住宅街はアットホームな雰囲気の歯科医院が多い住宅街にある医院は個人医院が多いので、ドクターも含めてスタッフの人数が少なく、また、患者さんも近隣にお住まいの患者さんが家族ぐるみで来院さ

歯科助手バイト求人の仕事内容と向いている人を紹介します

歯科助手の仕事に興味があるけど、自分にもできるかな...と思っている人もいると思います。この記事では、歯科助手バイトの仕事内容や向いている人、向いていない人について紹介したいと思います。歯科助手のアルバイトと正社員の違いアルバイトと正社員の違いは勤務時間数と福利厚生の差です。アルバイトのシフトは正社員のシフトの穴埋めや予約が集中している時間帯や曜日になることが多いです。アルバイトだと交通費が出なかったり、1か月の勤務時間が不安定=1か月のバイト代が不安定だったりします。基本的に穴埋めシフトなので、休んだり、入れないとなると正社員の人のシフトを変更することになるので、結構、嫌がられます。歯科助手


歯科助手求人に関するコラム

歯科助手が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

歯科助手の仕事は、歯科医師・歯科衛生士・患者さん、人のために働くことがメインの仕事です。人のために働くことはやりがいがあり、慣れてくると楽しくできる仕事だと思います。ですが、仕事をしていく上で大変なこともたくさんあります。歯科助手として働く上で大変なことや大変な時の対処法、仕事のやりがいをご紹介していきます。歯科助手として働いている方やこれから働こうと思っている方は、ぜひ目を通してみて下さいね。歯科助手の仕事内容と役割について大まかにおさらいしておこう助手といっても、治療をサポートするだけでないのが歯科助手の仕事です。どのような仕事内容なのか、歯科医院の中ではどんな役割なのかを、大まかに見てい

歯科助手の面接で聞かれる8個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

歯科助手という仕事をしてみたいけど自分にできるだろうか、面接はどんな感じなのかな?働いてみて自分に合わなかったらどうしよう?など、いざ就職しようと思っても実際に働き始めるまでは不安な事がたくさん出てくるかと思います。そんな不安を解決するためには、まずは第一歩目の面接が重要となってきます。自身をアピールしながら、その歯科医院の雰囲気だけでなく実際に働くにあたっての待遇などもきちんと確認しておきたいものです。この記事では、歯科助手として働く為の最初の段階である「面接」について詳しくご紹介していきます。歯科助手の仕事内容についておさらいしておこう歯科助手は資格がなくても働くことができ、未経験OKのと

歯科助手になるには?必要なスキル、仕事の探し方など詳しくご紹介!

求人でよく目にする「歯科助手」という仕事。でも実際、歯科助手ってどういう仕事をしているの?歯科助手になるために必要なスキルって?など、さまざまな疑問を解決!歯科助手の仕事について詳しくご紹介していきます。また、歯科助手の仕事の探し方や、歯科医院の求人情報のチェックするポイントも一緒に見ていきましょう。歯科助手になるには?歯科助手は、求人を探して応募し、採用されれば働くことができます。必須の資格は特にはありません。意外に簡単だと思われたのではないでしょうか?歯科助手にまつわる資格について説明します!上で「必須の資格はない」と書きましたが、求人情報や資格情報などで「歯科助手の資格」というキーワード

歯科助手が人気な仕事の5個の理由。向いている人や仕事のやりがいとは?

最近、東京ではコンビニよりも歯科医院の方が多いと言われていることをご存知ですか?東京に限らず、歯科医院は全国津々浦々にたくさん開業されています。そのため、求人情報を見ると必ずといっていいほど、歯科助手の募集を見つけることができます。実は歯科助手のお仕事は、一部では人気の高いお仕事なのです。ここでは、歯科助手の仕事がなぜ人気があるのか、その秘密を解説します。歯科助手ってどんな仕事?歯科助手の仕事は、大きく分けて三つの種類に大別されます。一つ目は「受付業務」です。患者さんを受付でお迎えし、治療内容を確認してカルテを用意する。患者さんを診療室まで誘導する。カルテをもとに点数計算をして会計をする。患者

歯科助手給料や年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

歯科助手の給料や年収はいくらくらいなのか?給料をあげるための転職術など紹介していきたいと思います。歯科助手のお給料はどれくらい?歯科助手のお給料は一般事務職に比べると少し高いと思います。勤務地やドクターを複数を抱える歯科医院と個人の歯科医院、診療内容によっても差が出てきます。正社員月給で160,000~230,000円くらいです。パート・アルバイト時給で900~1,200円くらいです。自費治療を主な診療内容にしている医院は給与が高めです。給与が高い人は何が違うの?遅い時間の勤務の人は給与が高くなります。また、受付も歯科助手も出来る経験者や治療についての知識が深い人は給与が高めです。治療について