最近、東京ではコンビニよりも歯科医院の方が多いと言われていることをご存知ですか?

東京に限らず、歯科医院は全国津々浦々にたくさん開業されています。

そのため、求人情報を見ると必ずといっていいほど、歯科助手の募集を見つけることができます。

実は歯科助手のお仕事は、一部では人気の高いお仕事なのです。

ここでは、歯科助手の仕事がなぜ人気があるのか、その秘密を解説します。

歯科助手ってどんな仕事?

歯科助手の仕事は、大きく分けて三つの種類に大別されます。

一つ目は「受付業務」です。

患者さんを受付でお迎えし、治療内容を確認してカルテを用意する。

患者さんを診療室まで誘導する。

カルテをもとに点数計算をして会計をする。

患者さんの予約をコントロールする、といった仕事を行います。

二つ目は「歯科助手業務」です。

主に歯科医師の治療をサポートします。

具体的には、バキュームという患者さんの唾液を吸う器具を使用し唾液がたまらないようにする。

治療に必要な器具を選んで、素早く医師に手渡す。

ライトの角度を調整し、常に患者さんの口の中が見えやすいようにする。

アルジネートという印象材を練ったり、石膏を流したりして型取りの補助を行う。

器具を解体して洗浄・滅菌し、清潔になった器具をまたセットしなおす・・・などなど、本当にたくさんの業務があります。

三つ目は「レセプト業務」です。

レセプトとは、診療報酬明細書のことを言います。

歯科医院で治療を受ける際に、保険証を使用しますよね。

保険適用の治療を受ける場合には、7割を各医療保険者(国民健康保険や社会保険など)が負担し、3割を患者さんが窓口で支払うようになります。

病院側は、治療終了後に月末にまとめて、各保険者に請求を行います。

請求を行うための明細書を作成することを、一般的にレセプト業務と呼びます。

歯科助手が人気な5個の理由とは?

歯科助手の仕事は、専門性が高い仕事です。

覚えることも膨大で、最初はとても大変だと感じる人もいるでしょう。

それでも歯科助手が人気の仕事であるには、理由があるのです。

時給や給与がいい

歯科助手は、給与の面でかなり恵まれている職業と言えます。

時給制であれば、1000円から1500円程度が相場です。

月給制であれば、勤務体系や地域にもよりますが概ね25万円程度からのスタートです。

飲食店やコンビニエンスストア、スーパーなどの接客業と比較しても高い水準です。

時給や給与が高い仕事は、例えば勤務時間が深夜だったり仕事がハードだったりする傾向がありますが、歯科助手の仕事は比較的ゆったりしている上にお給料がいいため、人気が高いのでしょう。

職場環境がいい

働くということは大変なことです。

例えば、スーパーで品出しやレジ打ちの仕事についたとします。

レジを打つ間は立ちっぱなしで座ることはできません。

バックヤードの倉庫は、夏は蒸し暑く作業のたびに汗だくです。

一方、冷凍・冷蔵食品の品出しをしている間は、体がどんどん冷えていきます。

お客さんからのクレームにさらされ、身も心もヘトヘト・・・ということもあるでしょう。

筆者も学生時代のアルバイトですが、経験があります。

仕事によっては、職場の環境が過酷ということも珍しくないのです。

その点、歯科助手は環境的に恵まれていると言えます。

歯科医院は医療機関ですから、一年を通して気温や湿度は一定に保たれています。

歯科助手業務を行うときは立っていますが、受付業務やレセプト業務は座って行うことができます。

また、歯科医師は社会的地位が高いため、基本的には温厚で優しい人が多いように感じます。

患者さんは治療にきているので、接客業などと比較すると理不尽なクレームを受けることは少ないでしょう。

スキルが身につく

歯科助手の仕事の中でも、助手業務は覚えるべき専門用語などが膨大ですし、最初はなかなか歯科医師とのタイミングが合わせられず、求められる助手業務ができないこともあります。

しかし、仕事を続けていけば、知識やスキルを身に付けることができます。

歯科助手は、資格がなくてもつける仕事ではありますが、経験者を優遇する求人が多い傾向にあります。

結婚や出産などのタイミングで一度退職したとしても、歯科助手をしていた経験をアピールして再就職することができるでしょう。

また、レセプト業務では、診療報酬についての知識を身に着けることになります。

もし今後、医療事務として働きたい、資格を取りたいと思った際には、経験や知識を生かすことができるでしょう。

制服が可愛い

女性が働くうえで、制服の良し悪しもモチベーションに影響する要素ではないでしょうか。

歯科助手の制服は、病院によって異なりますが、ワンピースタイプのナース服にナースエプロンというパターンが多いようです。

助手業務は行わず、受付やレセプトのみ担当する場合には、ベストやタイトスカートなどのいわゆる「OLさんの制服」を身に着けることもあります。

いずれも、歯科医院の看板となるため、清楚で可愛い制服が多い印象です。

資格がなくても働ける

歯科助手という職業は、歯科医師や歯科衛生士とは違い、国家資格が必要な職業ではありません。

民間の検定や資格講座などが用意されている一方、未経験のまま就職し働きながら院内での研修を受け、歯科助手として一人前になっていく人もたくさんいます。

正直、覚えることはたくさんあります。

しかし、熱意があれば自然と知識は身についていくものです。

筆者も、全くの未経験から歯科助手を目指しました。

私が勤務した歯科医院では、歯科医師と歯科助手が1名ずつで患者さんの治療にあたっていました。

2週間の研修期間のみ、先輩歯科助手について仕事を教わり、その後は一人で働いていました。

もちろん最初のうちは空いている時間は全て勉強に費やしていましたが、そのうち自信を持って働くことができるようになりました。

未経験でも挑戦できるというのは、大きな魅力だと言えるでしょう。

歯科助手に向いている人ってどんな人?

人気の職業である歯科助手。

では、どんな人が歯科助手に向いているのでしょうか。

清潔感のある人

歯科医院は医療機関ですので、清潔が第一になります。

院内の清潔や衛生ももちろんですが、働いているスタッフの清潔感も重要です。

病院によっては、歯科助手の服装などにも規定が設けられています。

例えば私が勤務していた歯科医院は、ネイルが禁止でした。

理由は、助手業務をして治療に関わる際にグローブをするため、ネイルをして爪が長かったりストーンがついていたりすると、グローブが破れてしまうからというものでした。

他にも、髪型はシニヨンにするように決められている病院や、香水の使用が禁止されている病院もあると聞いたことがあります。

メイクも勤務中は控えめにしている人が多い印象です。(マスクにファンデーションやグロスがつくと気持ち悪いですしね・・・)

「お仕事中にも自分らしいおしゃれを楽しみたい!」という方には、残念ながら歯科助手の服装は物足りなく感じられるでしょう。

ホスピタリティのある人

ホスピタリティとは、おもてなしや思いやりのこもった対応のことを指します。

患者さんは皆、何かしらの不調を抱えて来院されます。

歯科医院に来ることを憂鬱に感じている方が、ほとんどなのではないでしょうか。

そんな患者さんたちが、少しでも治療に前向きになれるように、安心して診察室にはいれるようにサポートするのが、歯科助手の重要な仕事なのだと思います。

具体的には、笑顔でお迎えをする、待ち時間がなるべく少なくなるように予約調整をする、待ち時間があるときには早めに説明をする、治療内容について不安があるようだったらそれを先生に伝達するなどです。

私が勤務していた歯科医院は、お子さんも多く通っていました。

治療が嫌になってしまわないように、絵本やゲームで待ち時間を過ごしていただいたり、ご褒美カレンダーを用意してシールを貼ったりといったサポートを行っていました。

勉強熱心な人

歯科助手の仕事の中でも、助手業務とレセプト業務は、覚えるべきことが本当にたくさんあります。

特に働き始めたばかりのころは、時間外にも勉強をしないと間に合わないほどだと思います。

そういった努力を惜しまずできる方が、歯科助手には向いていると思います。

また、診療点数や薬価は改正がありますし、治療内容や口腔衛生に関するメソッドも日々研究され新しくなっています。

その度に、勉強が必要だなと感じていました。

病院によっては、時間外の研修に参加させてくれることもあります。

そういった研修制度が充実しているのは、とてもありがたいことです。

「めんどくさいなー」と思うより、「勉強してみよう」と前向きになれるといいですね。

歯科治療に積極的に関われる人

患者さんのお口の中は、率直に言うと結構グロテスクです。

清潔な状態ならまだしも、歯垢がたまっていたり歯肉の炎症があったり、齲蝕により歯が変色して溶けていたり、出血していたり・・・。

最初のうちは食欲が減退するような見た目に、ショックを受ける方もいるでしょう。

特に、抜歯の際には歯肉を切開することもあり、大量出血に対応しなければなりません。

先生が治療しやすいように、バキュームで唾液や血液を吸うのです。

「血が苦手・・・」「血を見ると倒れちゃう」という方には少々辛い現場と言えるでしょう。

歯科助手が複数いる院では、出血が多そうな治療は変わってもらうということもできますが、基本的には慣れて対応できるようになれるといいですね。

丁寧で正確な人

地域で開業しているような歯科医院で、命に関わるような治療は余りありませんが、それでも医療機関として正確さや丁寧さは重要でしょう。

特にレセプト業務では、間違いがあると各健康保険者から返戻といって、差し戻しがあります。

病院の収入のほとんどは診療報酬ですので、返戻が起こらないように正確な仕事をしなくてはなりません。

歯科助手の仕事の面白さって?

歯科治療に間近で関わることができる

歯科医師の手技は本当に見事です。

口腔内という狭くて暗いところで、ミリ単位の治療を施し患者さんの笑顔を導きます。

抜歯後の歯肉の縫合などは、よくこんな狭いところで針と糸を正確に動かせるものだなと感心してしまいます。

そういった素晴しい手技を間近で見ることができ、サポートすることができるというのは貴重な経験だと思います。

例えば、器具を先生に手渡しするという、一見簡単そうな仕事であっても、正確な器具の選択、渡すタイミングや向きなど、気を付けるべき要素はたくさんあります。

私も、苦手意識のあった助手業務に慣れてきた際に、先生から「今日の治療はすごくやりやすかったよ」とお褒めの言葉をいただき、とても嬉しかった経験があります。

歯科助手は縁の下の力持ちとして、歯科医師の治療の手助けをすることができるのです。

患者さんの笑顔を見ることができる

歯科医院に来院される患者さんは、最初はとても不安そうだったり痛みに顔をゆがめていたりします。

お子さんの場合は、扉を入る前から号泣していることもあります。

しかし、治療が進み経過が良好になるにしたがって、患者さんの表情が和らぎ最終的には笑顔で治療終了を迎えることが多いです。

そういった過程を見ていると、歯科助手としてやりがいを感じることができます。

一生ものの知識が身につく

歯科助手をして得た知識は、仕事に生かすことはもちろん、実生活にも良い影響を与えているなと感じます。

自分自身が歯の治療を受ける際も、歯科医師が話す専門用語がよく分かりますし、どういった治療過程を経るのか、治療費はいくらくらいかかるのか、私費治療ではどのような選択肢があるのか、おおよその検討をつけることができるため、安心して治療を受けることができます。

また、歯科助手時代に正しいブラッシング方法を学ぶことができたので、歯石の付着や着色汚れが残ることはほとんどありません。

残念ながら現在は歯科助手をやめており、子育ての真っ最中です。

しかし、子どもの歯磨きや定期歯科健診なども積極的に行うことができています。

まとめ

実は人気の高い歯科助手の仕事。

歯科医院の縁の下の力持ちとして、患者さんと直接関わることができるやりがいのあるお仕事です。

求人も多く出ていますので、ぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

実際に歯科助手の仕事を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

歯科助手求人

歯科助手求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科助手の年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

求人情報でよく見かける歯科助手ですが、「年収や給料ってどのくらいなんだろう?」「人によって変わるのは何が理由なの?」と思っても、お金の事情はなかなか人に聞きづらいですよね。この記事ではそんな歯科助手のお給料事情を徹底調査!雇用形態別の年収相場や年収の決まり方、よりよい年収で働くための歯科医院選びとは?などなど、歯科助手のお金に関することをご紹介していきます。歯科助手の年収の相場はどのくらい?平均的な歯科助手としての月収はおおよそ16万円~22万円程度です。年に2回の賞与があり、1回につき給料1ヶ月~2ヶ月分が支払われることが多いです。年収として考えると大体220万円~360万円程度になりますね

歯科助手求人サイトのおすすめ4選

歯科助手の仕事を探している方のために、おすすめの歯科助手求人サイトを紹介したいと思います。歯科助手のお仕事を探す時の心得歯科助手の求人は結構あります。「通勤のしやすさ」「給料」「福利厚生」「勤務時間・休日」などの条件がどれだけ自分に合うかをチェックして、その中で長く働けそうな自分に合った医院を探す必要があります。未経験の人は特に就職してから覚えることや勉強することがたくさんありますので、通勤や勤務時間が負担にならないところを探す方が良いですし、経験者で転職や復職をされる人は、今までの経験が活かせるところで、自分のライフスタイルに合う医院を探す方が良いと思います。求人情報はできるだけ沢山集めよう

歯科助手の仕事でやりがいを感じた5個のことと、大変だった6個のこと

歯科助手の仕事は人気がありますよね。そんな歯科助手へ転職を考えている方もいるのではないでしょうか。この記事では、歯科助手の仕事でやりがいを感じたことや、大変だったことを紹介したいと思います。ぜひ参考にしてください。歯科助手のやりがいを感じたこと歯科助手は覚えることがたくさんで、しかもとても専門的なので大変なお仕事ですが、とてもやりがいのあるお仕事です!患者さんからありがとうをもらえた!歯科治療は患者さんとの信頼関係とコミュニケーションが大切です。なので、患者さんに「ありがとう」と言ってもらえるととても嬉しいです。直接患者さんの治療をするのはドクターや衛生士です。でも、実は患者さんと一番コミュニ

歯科助手募集にはどういったものがあるの?転職で失敗しないためにまずはコレをチェック!

歯科助手へ転職したいという方もいるのではないでしょうか。この記事では、歯科助手募集にはどういうものがあるのか、そして失敗しないためのポイントを紹介したいと思います。ぜひ参考にご覧ください。歯科助手のお仕事を検討している人へ歯科助手のお仕事は資格がなくても、未経験でも就職が出来、さらに採用されやすいお仕事です。特に女性の方にとっては就職しやすい職種で、一度、経験を積むと転職や再就職もしやすいので、お勧めのお仕事です。歯科助手の転職・復職なら見るべきポイント転職先、復職先を検討するにあたっては、求人募集をしている医院間の比較だけではなく、今まで勤めたことのある医院が比較対象となる部分もあると思いま

歯科助手派遣求人の特徴と求人の選び方を紹介します

歯科助手の仕事を派遣で探している方もいると思いますが、派遣ってどんな感じなのか気になりますよね。この記事では、歯科助手派遣求人の特徴と求人の選び方について紹介したいと思います。派遣会社に登録して派遣先でお仕事をする派遣社員派遣社員とは派遣会社に登録して、派遣先を紹介してもらい、一定期間その派遣先でお仕事をすることです。条件をクリアすれば社会保険や厚生年金、雇用保険などにも加入は可能です。派遣社員の特徴自分のライフスタイルに合わせて働くことが出来るのが特徴です。給料も一般的に高めに設定されていますし、契約期間が定められていますので、集中して働いて、ワーキングホリデーに行ったり、子どもの長期休暇の

歯科助手転職を成功させる4個の手順と注意点

歯科助手転職を考えている方で、転職を成功させるにはどうしたらいいんだろう?と思っている方も多いと思います。この記事では、歯科助手転職を成功させる手順と注意点について紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。歯科助手で転職をお考えの方へ歯科助手の転職は比較的しやすいと言われています。より良い転職をするためには情報収集と自分がどこに比重を置いて転職をするのかが大切です。転職の目的を明確にしようせっかく転職するのであれば、現状より良い条件のところを選びたいところです。「給料」「通勤のしやすさ」「人間関係」「スキルアップ」「勤務条件の好転」など譲れない条件や重視したい条件を明確にして転職先を探

歯科助手正社員求人の仕事の特徴と求人のチェックポイントを紹介します

女性に人気のある歯科助手の仕事を正社員で働きたいと考えている人もいると思います。この記事では、歯科助手の仕事の特徴や求人を選ぶ際のチェックポイントを紹介したいと思います。歯科助手正社員の求人を探している方へ歯科助手のお仕事は特に必要な資格もなく、未経験でも職に就くことができます。また、歯科医院の数は大変多く、慢性的に人手不足なので、就職はしやすいと思います。転職や再就職もしやすく、1か月の給与も一般事務よりは少し高めです。歯科助手のお仕事の特徴歯科助手のお仕事は大きく分けて、受付事務業務と治療補助及び雑務とがあります。受付事務は歯科の事務的部分をほぼ管理することになります。医院にかかってくる電

歯科助手パート求人のおすすめのポイントと求人の選び方を紹介します

歯科助手パートで求人を探している方も多いと思います。この記事では、おすすめポイントや求人の選び方について紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。歯科助手でパートをお探しの方へ歯科助手はパートとしても採用されやすい職種だと思います。お住まいの通いやすいエリアにも募集をしている医院は多いと思いますので、条件をしっかりと比較して、自分の条件に合うところを選びましょう。歯科助手おすすめのポイント資格がいらない歯科助手は経験が無くても、特別な資格が無くても勤めることが出来ます。学校に通って資格を取ってという手間と時間がないため、勤めたいと思ったら、すぐに面接を受けて、勤めることができます。資格

歯科助手(東京)求人を選ぶならこの13個の基準で選びましょう!

東京には歯科助手求人がたくさんあります。求人が多すぎて何を基準に決めていいか迷っている人もいるのではないでしょうか。この記事では、東京の歯科助手求人を選ぶ基準について紹介したいと思います。東京で歯科助手のお仕事をお探しの方へ東京で歯科助手のお仕事を探すとたくさんの求人が見つかります。その中から自分に合った歯科医院を探すのは大変な作業です。自分にとって、大切な条件を基準に絞り込んでいきましょう。東京で探す13個の基準住宅街はアットホームな雰囲気の歯科医院が多い住宅街にある医院は個人医院が多いので、ドクターも含めてスタッフの人数が少なく、また、患者さんも近隣にお住まいの患者さんが家族ぐるみで来院さ

歯科助手バイト求人の仕事内容と向いている人を紹介します

歯科助手の仕事に興味があるけど、自分にもできるかな...と思っている人もいると思います。この記事では、歯科助手バイトの仕事内容や向いている人、向いていない人について紹介したいと思います。歯科助手のアルバイトと正社員の違いアルバイトと正社員の違いは勤務時間数と福利厚生の差です。アルバイトのシフトは正社員のシフトの穴埋めや予約が集中している時間帯や曜日になることが多いです。アルバイトだと交通費が出なかったり、1か月の勤務時間が不安定=1か月のバイト代が不安定だったりします。基本的に穴埋めシフトなので、休んだり、入れないとなると正社員の人のシフトを変更することになるので、結構、嫌がられます。歯科助手


歯科助手求人に関するコラム

歯科助手が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

歯科助手の仕事は、歯科医師・歯科衛生士・患者さん、人のために働くことがメインの仕事です。人のために働くことはやりがいがあり、慣れてくると楽しくできる仕事だと思います。ですが、仕事をしていく上で大変なこともたくさんあります。歯科助手として働く上で大変なことや大変な時の対処法、仕事のやりがいをご紹介していきます。歯科助手として働いている方やこれから働こうと思っている方は、ぜひ目を通してみて下さいね。歯科助手の仕事内容と役割について大まかにおさらいしておこう助手といっても、治療をサポートするだけでないのが歯科助手の仕事です。どのような仕事内容なのか、歯科医院の中ではどんな役割なのかを、大まかに見てい

歯科助手の仕事が辛い…と感じる5個の瞬間とその乗り越え方

歯科助手の仕事というと、医療関係で求人も多くて未経験OKのところも多いですよね。そんな仕事だからこそ、挑戦しやすく働きやすいのが特徴ですが、大変なこともたくさんあります。働いてみて嫌なことはどの職業でもあるかと思いますが、今回は歯科助手の辛いと感じる瞬間やそれを乗り越える方法、やりがいやこの仕事のおすすめポイントをご紹介していきます。歯科助手のおおまかな仕事内容とは?歯科助手は歯科医師の治療のアシスタントが主な仕事になります。歯の治療がスムーズに進むように、バキュームという器具を使って患者さんの口の中の唾液を吸い取ったり、先生や歯科衛生士に器具を渡したりしてサポートしていきます。他には薬品同士

歯科助手の面接で聞かれる8個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

歯科助手という仕事をしてみたいけど自分にできるだろうか、面接はどんな感じなのかな?働いてみて自分に合わなかったらどうしよう?など、いざ就職しようと思っても実際に働き始めるまでは不安な事がたくさん出てくるかと思います。そんな不安を解決するためには、まずは第一歩目の面接が重要となってきます。自身をアピールしながら、その歯科医院の雰囲気だけでなく実際に働くにあたっての待遇などもきちんと確認しておきたいものです。この記事では、歯科助手として働く為の最初の段階である「面接」について詳しくご紹介していきます。歯科助手の仕事内容についておさらいしておこう歯科助手は資格がなくても働くことができ、未経験OKのと

歯科助手になるには?必要なスキル、仕事の探し方など詳しくご紹介!

求人でよく目にする「歯科助手」という仕事。でも実際、歯科助手ってどういう仕事をしているの?歯科助手になるために必要なスキルって?など、さまざまな疑問を解決!歯科助手の仕事について詳しくご紹介していきます。また、歯科助手の仕事の探し方や、歯科医院の求人情報のチェックするポイントも一緒に見ていきましょう。歯科助手になるには?歯科助手は、求人を探して応募し、採用されれば働くことができます。必須の資格は特にはありません。意外に簡単だと思われたのではないでしょうか?歯科助手にまつわる資格について説明します!上で「必須の資格はない」と書きましたが、求人情報や資格情報などで「歯科助手の資格」というキーワード

歯科助手給料や年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

歯科助手の給料や年収はいくらくらいなのか?給料をあげるための転職術など紹介していきたいと思います。歯科助手のお給料はどれくらい?歯科助手のお給料は一般事務職に比べると少し高いと思います。勤務地やドクターを複数を抱える歯科医院と個人の歯科医院、診療内容によっても差が出てきます。正社員月給で160,000~230,000円くらいです。パート・アルバイト時給で900~1,200円くらいです。自費治療を主な診療内容にしている医院は給与が高めです。給与が高い人は何が違うの?遅い時間の勤務の人は給与が高くなります。また、受付も歯科助手も出来る経験者や治療についての知識が深い人は給与が高めです。治療について