歯科助手給料や年収についての写真

歯科助手の給料や年収はいくらくらいなのか?

給料をあげるための転職術など紹介していきたいと思います。

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

歯科助手のお給料はどれくらい?

歯科助手のお給料は一般事務職に比べると少し高いと思います。

勤務地やドクターを複数を抱える歯科医院と個人の歯科医院、診療内容によっても差が出てきます。

正社員

月給で160,000~230,000円くらいです。

パート・アルバイト

時給で900~1,200円くらいです。

自費治療を主な診療内容にしている医院は給与が高めです。

給与が高い人は何が違うの?

遅い時間の勤務の人は給与が高くなります。

また、受付も歯科助手も出来る経験者や治療についての知識が深い人は給与が高めです。

治療についての知識

歯科助手の仕事は一度「治療の流れ」という基本を覚えると、あとは各医院によって独自に使っている器具や薬品などの名前や使用用途を覚えて知識を増やして行くことができます。

ドクターの専門や医院の運営方針などによって、小児歯科に強い、補綴物(インレー、クラウン、入れ歯、ブリッチなど)に強い、審美歯科に強い、インプラントに強いなどそれぞれに得意分野があるので、自分が増やしたい知識分野に強い医院を選べば、より治療知識は深まります。

勉強会や講習、研修の機会があれば、参加をしてより知識を深めたり、そういった場所でほかの医院の衛生士や歯科助手と情報交換をして知識を深めていくこともできます。

知識が深いほうが転職の際、採用の面でも給与の面でも有利になりますし、また、逆に「こちらの医院の強みであるこの分野の知識をより深めたい」ということであれば採用の面で有利になるかと思います。

治療のアシスタント能力

治療のアシスタント能力

とにかく、ドクターと衛生士がスムーズに治療出来るように仕事を進めていく必要があります。

学校で時間とお金をかけて専門的に学んできたドクターや衛生士と歯科助手が出来る仕事には、技術的にも法的にも大きな違いがあります。

治療の流れを把握し、ドクターや衛生士の癖を覚えて、使用する器具や薬剤などを準備します。

いつもの流れだとこうだけれど、この患者さんの場合だとこちらかも・・・といった柔軟な考え方と対応が必要です。

イレギュラーな指示があったときには、対応をした後の手が空いているときなどに、「なぜ、今回はあの指示だったのか」を確認しておくと、次に同じようなケースであったときにあらかじめ選択肢の中に組み込むことができ、余裕をもってアシストすることができます。

患者さんへの対応能力

歯科医院の患者さんは「歯科治療は痛い」「歯科治療は怖い」といったマイナスなイメージと感情で来院される方が多くいらっしゃいます。

私自身も自分が患者の時はそうでした。

「過去の歯科経験で痛かった記憶」と「何をされるかわからない怖さ」からそういうマイナスイメージを持たれている患者さんが多いようです。

問診をしながらさりげなくそういったことを聞き出して、安心して治療を受けてもらえるようにしなくてはいけません。

具体的な治療の流れや内容はドクターや衛生士が決めて、患者さんに説明してくれますが、患者さんには「わからないことがあれば小さなことでもいいので何でも聞いてくださいね。

聞きにくければ、私がドクターや衛生士に確認しますから大丈夫ですよ」と声をかけ、歯科助手の人は味方だと思ってもらえるようにしましょう!

実際「痛いことをする」のも、「怖いことをする」のも、ドクターと衛生士ですから、全力で患者さんの味方になれます!

「今日の治療は痛かった」「注射が怖かった」という声を患者さんからいただいたときにはドクターと衛生士に伝えて次回から対応してもらいます。

(注射が怖い患者さんのときには、患者さんが目を閉じてから注射器を準備して、注射器を見せないようし、声をかけるときも「少し痛いですよ。」「チクっとしますよ。」と怖さや痛さを連想させる言葉ではなく、「痛くならないようにするために麻酔しますね」「すぐ麻酔が効いて痛くなくなりますよ」という安心させる言葉を使ってもらいます)

ですが、一部のドクターや衛生士は歯科助手からそういうことを言われることを嫌う人もいるので、うまく言葉を選んで対応をお願いしてください。

そして、出来ればそういうことが言えるようにドクターとも衛生士ともコミュニケーションをとって、信頼関係を築いていく必要があります。

また、患者さんに味方と思ってもらうことは必要ですが、患者さんと一緒にドクターや衛生士を批判したり、患者さんにドクターや衛生士のことを悪くいうのは絶対にしてはいけません。

「患者さんのために」をはき違えないように!

最初は歯科治療は「怖い」「痛い」と緊張していた人が、きちんと最後まで治療に通ってくれて、定期検診に来てくれるように患者さんとの信頼関係を築けるように対応能力を磨きましょう。

勤続年数

短い人は3~6か月以内で辞めてしまいます。

そこを乗り越えると2~3年続きます。

1度歯科医院に歯科助手として勤めたことがあって、結婚、子育てで辞めた人がパートやアルバイトで復帰すると10年以上と長く続く人が多いと思います。

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

歯科助手の転職術

給与の高い転職先を探そう

一般の事務職に比べると歯科助手の給与は少し高めですが、同じ仕事の内容なら少しでも給与が高いほうがいいに決まっています。

歯科医院は多いですし、歯科助手は人手不足の医院が多いので、今の医院で出来る仕事は増えたし、シフトも協力しているのに、交渉しても給与が上がらないのであれば、より高い給与の転職先を探しましょう!

未経験の治療を行っている医院なら昇格を視野に入れたスキルアップも

小児専門、口腔外科専門、インプラント専門、審美専門、矯正専門など最近は歯科医院も細かく専門医院が分かれてきました。

これらの専門の医院でスキルを磨いていくと転職の際に給与のステップアップの材料になります。

転職のための求人チェックポイント

転職のための求人チェックポイント

転職をする際に何を基準にするのか。

「給与」なのか「シフト」なのか「通勤距離・場所」なのか。

「スキルアップ」なのか。

まずはそこを大きく分けてから絞り込んでいきましょう。

賞与や昇給制度

昇給は年に1回、賞与は夏・冬の2回か、冬のみ1回。

賞与は基本給1か月分か2か月分というところが多いです。

個人経営の歯科医院では、昇給・賞与がないところもあります。

募集要項をしっかりと確認しておきましょう。

募集要項に昇給や賞与の記載がない場合は、面接のときに確認しましょう。

その際には過去の実績(昇給は年に何回か、いくらぐらいの幅で上がるのか。賞与は年に何回か、金額はいくらくらいか。)も併せて確認しておくと、年収がいくらくらいになるのかの目安がたちます。

勤務地

最近は受付が平日は19:00、20:00までのところも増えてきました。

患者さんの予約状況にもよりますが、20:00受付で新患の患者さんですと、片付けまで終わって帰れるのが21:30を過ぎたりすることもあります。

出来れば、自宅の近いところに通いたいところですが、最初の就職の歯科医院が自宅から近いところですと、患者さんがかぶったり、ドクター同士が仲良かったりで転職しにくいこともあるので、自転車で15分くらいで通えるところやバス、電車など公共の交通機関で30分以内で通えるところなど範囲を広げたほうが良いかもしれません。

少し、遠方でも駅やバス停の近くだと通いやすいと思います。

高い給与で勤めたい場合はやはり街の中心部のほうが高くなりますので、通勤時間が少し多めにかかっても、街の中心部を選ぶのも手だと思います。

勤務時間や残業

勤務時間というより、拘束時間が歯科医院は長めです。

シフト制がきっちり出来ていて、交代で早番と遅番がわかれていればよいですが、朝8:00~8:30に出勤して20:00~21:00までというところもあります。

1日の拘束時間が長い分、お昼休みが1時間半~2時間くらいと長くとってあります。

患者さんの予約状況や治療内容、予約外の飛込の患者さんなどで残業になる可能性はありますが、その分は残業手当が支給されます。

残業手当は固定のところとそうでないところがあります。

固定の場合は時間と金額が明確にし、就業規則などの書面に記載して従業員に周知する義務が医院側にはありますので、歯科医院に就職、転職する際にはきちんと確認しておきましょう。

業務内容・治療内容

業務内容や治療内容はしっかり確認しましょう。

歯科助手になんでもかんでもやらせるような医院は避けたほうが無難です。

歯科助手は治療行為は出来ません。

衛生士より安い給与で使えるからと衛生士の代わりをさせようとするような医院はやめたほうがいいです。

業務内容は出来るだけ詳しく聞いて、メモをとっておくのがおすすめです!

そのうえで医院が提示している給与が見合うかどうか判断してください。

治療内容は自分が今まで経験しているものであれば、そこはアピールポイントになりますし、自分自身も仕事に慣れるのが早いので安心です。

経験したことのない治療内容がある場合はその分野のスキルを磨きたいことをアピールすることができますし、自分自身のレベルアップにもつながっていきます。

福利厚生

健康保険、雇用保険、介護保険、年金などの法定福利があるかどうかは必要な人は募集要項や面接時に確認しておいたほうが良いと思います。

通勤手当も医院によって全額、一部、上限アリ、手当なしなど違いがありますのできちんと確認をしておいたほうが良いと思います。

私が勤めたことのある医院では車通勤でガソリン代が一律5,000円のところや、徒歩や自転車通勤でも公共の交通機関で通った場合の定期代分を手当として支給していたところなどもありました。

そして、歯科医院ではドクターはもちろん、衛生士も歯科助手も健康診断が義務付けられているので、健康診断は歯科医院負担で受診が出来ます。

また、スキルアップのための勉強会や研修に会費と交通費は医院持ちで、給与も出してくれて参加させてくれる医院もあります。

あとは細かいことですが、スタッフ控室に冷蔵庫、テレビ、電子レンジ、湯沸ポット、コーヒーメーカーなどの備品があったり、コーヒーや紅茶、お茶などは医院で負担してくれたりするところもあります。

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職で抑えておくべきポイント

まずは自分自身の希望を明確にしておくこと。

そして、出来るだけ情報を集めること。

大きくはこの2つがポイントになると思います。

自分がどんな働き方をしたいかを考えよう

希望給与、希望のシフト体系(1日の拘束時間、医院の休日、1週間の労働時間数)、治療内容、通勤時間、通いやすさ、福利厚生、スキルアップしたい分野など、「自分がどんな働き方をしたいか」を書き出してみましょう。

そうすれば、自分が転職すべき医院が明確になり、絞り込みがしやすいと思います。

できるだけ沢山の求人情報を集めよう

歯科助手の求人は常に数多く出ています。

「自分がどんな働き方をしたいか」「何を重視するのか」を明確にして、出来るだけ多くの求人情報を集めましょう。

求人情報が多ければ、その分、選択肢が広がり、より自分にあった転職先が見つかると思います。

院内の雰囲気や設備をできるだけチェック!

面接に行ったときに医院の雰囲気と設備は出来る限りチェックしておきましょう。

面接は医院のお昼休み中に行われることが多いです。

面接に行った時に対応してくれたスタッフの人の対応や髪型や化粧の仕方。

面接をするドクターの話し方や身だしなみ、医院の受付の備品や清掃具合、面接に使われる部屋の備品や清掃具合はチェックできると思います。

また、ユニットが見えるようであればそれも確認します。

面接するドクターの対応にもよりますが、お願いできそうであれば、ユニットを1台見せてもらうとよいと思います。

ユニットのメーカーや清掃具合、並べてある薬品や器具などを確認できると、その医院のレベルがある程度わかると思います。

歯科医院という医療機関である以上、院内の清掃は絶対です。

それを意識をもってできるスタッフやそれをきちんと指導できているドクターとは仕事がやりやすいように思います。

長く働けそうな医院を選ぼう

面接時に直接、院内の雰囲気や設備を確認することが出来たら、診療時間中にどんな患者さんが来院しているのかを外から確認したり、知り合いの衛生士や歯科助手にその医院の評判を聞いてみます。

直接は知らなくても、その知り合いの知り合いなどから情報を入手できる可能性はあります。

また、医院にホームページやFacebookなどがあればその内容を確認したり、口コミ検索をかけて患者さんの評判を確認してみるなどして出来るだけその医院の情報をたくさん集めて、長く働けそうな医院を選びましょう。

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

歯科医院の数も歯科助手の求人もたくさんあります。

そして、歯科助手の給与も業務内容も福利厚生も様々です。

それはそれだけ働く歯科助手側の選択肢が多いとも言えます。

「自分がどんな働き方をしたいのか」「何を重視して医院を選ぶのか」を明確にして、出来るだけ多くの求人情報を集め、転職したい医院の候補を絞ったら、その候補の医院の情報を出来るだけ集めて検討する。

それが転職を成功させ、長く働ける医院を見つけるコツだと思います。

そして、もちろん採用されるように自分自身の業務のスキルアップと言葉遣いや身だしなみを整えること、そしてそれらをきちんとアピールすることが大切です。

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

歯科助手求人

歯科助手求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科助手の年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

求人情報でよく見かける歯科助手ですが、「年収や給料ってどのくらいなんだろう?」「人によって変わるのは何が理由なの?」と思っても、お金の事情はなかなか人に聞きづらいですよね。この記事ではそんな歯科助手のお給料事情を徹底調査!雇用形態別の年収相場や年収の決まり方、よりよい年収で働くための歯科医院選びとは?などなど、歯科助手のお金に関することをご紹介していきます。歯科助手の年収の相場はどのくらい?平均的な歯科助手としての月収はおおよそ16万円~22万円程度です。年に2回の賞与があり、1回につき給料1ヶ月~2ヶ月分が支払われることが多いです。年収として考えると大体220万円~360万円程度になりますね

歯科助手求人サイトのおすすめ4選

歯科助手の仕事を探している方のために、おすすめの歯科助手求人サイトを紹介したいと思います。歯科助手のお仕事を探す時の心得歯科助手の求人は結構あります。「通勤のしやすさ」「給料」「福利厚生」「勤務時間・休日」などの条件がどれだけ自分に合うかをチェックして、その中で長く働けそうな自分に合った医院を探す必要があります。未経験の人は特に就職してから覚えることや勉強することがたくさんありますので、通勤や勤務時間が負担にならないところを探す方が良いですし、経験者で転職や復職をされる人は、今までの経験が活かせるところで、自分のライフスタイルに合う医院を探す方が良いと思います。求人情報はできるだけ沢山集めよう

歯科助手の仕事でやりがいを感じた5個のことと、大変だった6個のこと

歯科助手の仕事は人気がありますよね。そんな歯科助手へ転職を考えている方もいるのではないでしょうか。この記事では、歯科助手の仕事でやりがいを感じたことや、大変だったことを紹介したいと思います。ぜひ参考にしてください。歯科助手のやりがいを感じたこと歯科助手は覚えることがたくさんで、しかもとても専門的なので大変なお仕事ですが、とてもやりがいのあるお仕事です!患者さんからありがとうをもらえた!歯科治療は患者さんとの信頼関係とコミュニケーションが大切です。なので、患者さんに「ありがとう」と言ってもらえるととても嬉しいです。直接患者さんの治療をするのはドクターや衛生士です。でも、実は患者さんと一番コミュニ

歯科助手募集にはどういったものがあるの?転職で失敗しないためにまずはコレをチェック!

歯科助手へ転職したいという方もいるのではないでしょうか。この記事では、歯科助手募集にはどういうものがあるのか、そして失敗しないためのポイントを紹介したいと思います。ぜひ参考にご覧ください。歯科助手のお仕事を検討している人へ歯科助手のお仕事は資格がなくても、未経験でも就職が出来、さらに採用されやすいお仕事です。特に女性の方にとっては就職しやすい職種で、一度、経験を積むと転職や再就職もしやすいので、お勧めのお仕事です。歯科助手の転職・復職なら見るべきポイント転職先、復職先を検討するにあたっては、求人募集をしている医院間の比較だけではなく、今まで勤めたことのある医院が比較対象となる部分もあると思いま

歯科助手派遣求人の特徴と求人の選び方を紹介します

歯科助手の仕事を派遣で探している方もいると思いますが、派遣ってどんな感じなのか気になりますよね。この記事では、歯科助手派遣求人の特徴と求人の選び方について紹介したいと思います。派遣会社に登録して派遣先でお仕事をする派遣社員派遣社員とは派遣会社に登録して、派遣先を紹介してもらい、一定期間その派遣先でお仕事をすることです。条件をクリアすれば社会保険や厚生年金、雇用保険などにも加入は可能です。派遣社員の特徴自分のライフスタイルに合わせて働くことが出来るのが特徴です。給料も一般的に高めに設定されていますし、契約期間が定められていますので、集中して働いて、ワーキングホリデーに行ったり、子どもの長期休暇の

歯科助手転職を成功させる4個の手順と注意点

歯科助手転職を考えている方で、転職を成功させるにはどうしたらいいんだろう?と思っている方も多いと思います。この記事では、歯科助手転職を成功させる手順と注意点について紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。歯科助手で転職をお考えの方へ歯科助手の転職は比較的しやすいと言われています。より良い転職をするためには情報収集と自分がどこに比重を置いて転職をするのかが大切です。転職の目的を明確にしようせっかく転職するのであれば、現状より良い条件のところを選びたいところです。「給料」「通勤のしやすさ」「人間関係」「スキルアップ」「勤務条件の好転」など譲れない条件や重視したい条件を明確にして転職先を探

歯科助手正社員求人の仕事の特徴と求人のチェックポイントを紹介します

女性に人気のある歯科助手の仕事を正社員で働きたいと考えている人もいると思います。この記事では、歯科助手の仕事の特徴や求人を選ぶ際のチェックポイントを紹介したいと思います。歯科助手正社員の求人を探している方へ歯科助手のお仕事は特に必要な資格もなく、未経験でも職に就くことができます。また、歯科医院の数は大変多く、慢性的に人手不足なので、就職はしやすいと思います。転職や再就職もしやすく、1か月の給与も一般事務よりは少し高めです。歯科助手のお仕事の特徴歯科助手のお仕事は大きく分けて、受付事務業務と治療補助及び雑務とがあります。受付事務は歯科の事務的部分をほぼ管理することになります。医院にかかってくる電

歯科助手パート求人のおすすめのポイントと求人の選び方を紹介します

歯科助手パートで求人を探している方も多いと思います。この記事では、おすすめポイントや求人の選び方について紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。歯科助手でパートをお探しの方へ歯科助手はパートとしても採用されやすい職種だと思います。お住まいの通いやすいエリアにも募集をしている医院は多いと思いますので、条件をしっかりと比較して、自分の条件に合うところを選びましょう。歯科助手おすすめのポイント資格がいらない歯科助手は経験が無くても、特別な資格が無くても勤めることが出来ます。学校に通って資格を取ってという手間と時間がないため、勤めたいと思ったら、すぐに面接を受けて、勤めることができます。資格

歯科助手(東京)求人を選ぶならこの13個の基準で選びましょう!

東京には歯科助手求人がたくさんあります。求人が多すぎて何を基準に決めていいか迷っている人もいるのではないでしょうか。この記事では、東京の歯科助手求人を選ぶ基準について紹介したいと思います。東京で歯科助手のお仕事をお探しの方へ東京で歯科助手のお仕事を探すとたくさんの求人が見つかります。その中から自分に合った歯科医院を探すのは大変な作業です。自分にとって、大切な条件を基準に絞り込んでいきましょう。東京で探す13個の基準住宅街はアットホームな雰囲気の歯科医院が多い住宅街にある医院は個人医院が多いので、ドクターも含めてスタッフの人数が少なく、また、患者さんも近隣にお住まいの患者さんが家族ぐるみで来院さ

歯科助手バイト求人の仕事内容と向いている人を紹介します

歯科助手の仕事に興味があるけど、自分にもできるかな...と思っている人もいると思います。この記事では、歯科助手バイトの仕事内容や向いている人、向いていない人について紹介したいと思います。歯科助手のアルバイトと正社員の違いアルバイトと正社員の違いは勤務時間数と福利厚生の差です。アルバイトのシフトは正社員のシフトの穴埋めや予約が集中している時間帯や曜日になることが多いです。アルバイトだと交通費が出なかったり、1か月の勤務時間が不安定=1か月のバイト代が不安定だったりします。基本的に穴埋めシフトなので、休んだり、入れないとなると正社員の人のシフトを変更することになるので、結構、嫌がられます。歯科助手


歯科助手求人に関するコラム

歯科助手が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

歯科助手の仕事は、歯科医師・歯科衛生士・患者さん、人のために働くことがメインの仕事です。人のために働くことはやりがいがあり、慣れてくると楽しくできる仕事だと思います。ですが、仕事をしていく上で大変なこともたくさんあります。歯科助手として働く上で大変なことや大変な時の対処法、仕事のやりがいをご紹介していきます。歯科助手として働いている方やこれから働こうと思っている方は、ぜひ目を通してみて下さいね。歯科助手の仕事内容と役割について大まかにおさらいしておこう助手といっても、治療をサポートするだけでないのが歯科助手の仕事です。どのような仕事内容なのか、歯科医院の中ではどんな役割なのかを、大まかに見てい

歯科助手の仕事が辛い…と感じる5個の瞬間とその乗り越え方

歯科助手の仕事というと、医療関係で求人も多くて未経験OKのところも多いですよね。そんな仕事だからこそ、挑戦しやすく働きやすいのが特徴ですが、大変なこともたくさんあります。働いてみて嫌なことはどの職業でもあるかと思いますが、今回は歯科助手の辛いと感じる瞬間やそれを乗り越える方法、やりがいやこの仕事のおすすめポイントをご紹介していきます。歯科助手のおおまかな仕事内容とは?歯科助手は歯科医師の治療のアシスタントが主な仕事になります。歯の治療がスムーズに進むように、バキュームという器具を使って患者さんの口の中の唾液を吸い取ったり、先生や歯科衛生士に器具を渡したりしてサポートしていきます。他には薬品同士

歯科助手の面接で聞かれる8個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

歯科助手の資格を何か持っていれば、持っている資格を伝えます。資格は必須になっていなくても、資格を持っていることはアピールポイントになります。歯科医院で働いたことがあれば自分には何ができるか、どの程度の知識を持っているのか、歯科用語を交えて伝えると、仕事ができるアピールにもなるかと思います。未経験で働く場合はこれから頑張っていきたいと、やる気や向上心があることを伝えると良いですね。歯科助手という仕事をしてみたいけど自分にできるだろうか、面接はどんな感じなのかな?働いてみて自分に合わなかったらどうしよう?などいざ就職しようと思っても実際に働き始めるまでは不安な事がたくさん出てくるかと思います。そん

歯科助手になるには?必要なスキル、仕事の探し方など詳しくご紹介!

求人でよく目にする「歯科助手」という仕事。でも実際、歯科助手ってどういう仕事をしているの?歯科助手になるために必要なスキルって?など、さまざまな疑問を解決!歯科助手の仕事について詳しくご紹介していきます。また、歯科助手の仕事の探し方や、歯科医院の求人情報のチェックするポイントも一緒に見ていきましょう。歯科助手になるには?歯科助手は、求人を探して応募し、採用されれば働くことができます。必須の資格は特にはありません。意外に簡単だと思われたのではないでしょうか?歯科助手にまつわる資格について説明します!上で「必須の資格はない」と書きましたが、求人情報や資格情報などで「歯科助手の資格」というキーワード

歯科助手が人気な仕事の5個の理由。向いている人や仕事のやりがいとは?

最近、東京ではコンビニよりも歯科医院の方が多いと言われていることをご存知ですか?東京に限らず、歯科医院は全国津々浦々にたくさん開業されています。そのため、求人情報を見ると必ずといっていいほど、歯科助手の募集を見つけることができます。実は歯科助手のお仕事は、一部では人気の高いお仕事なのです。ここでは、歯科助手の仕事がなぜ人気があるのか、その秘密を解説します。歯科助手ってどんな仕事?歯科助手の仕事は、大きく分けて三つの種類に大別されます。一つ目は「受付業務」です。患者さんを受付でお迎えし、治療内容を確認してカルテを用意する。患者さんを診療室まで誘導する。カルテをもとに点数計算をして会計をする。患者