みなさんは「歯科助手」という仕事をご存知ですか?

歯医者さんにかかったことのある方なら、きっとお世話になっているでしょう。

でも歯科助手の細かい業務については、ご存じない方も多いのではないでしょうか。

歯科助手と歯科衛生士ってなにが違うの?

と思っている方もいるかもしれません。

ここでは、歯科助手の業務内容ややりがい、きついと感じることなど紹介します。

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

歯科助手のおおまかな仕事内容とは?

歯科助手は、歯科医師が働きやすいようにサポートをする仕事です。

業務内容は、治療の補助や患者さんの介助、受付・会計業務、器具の滅菌や病院の清掃など、多岐にわたっています。

歯科助手は、医師や歯科衛生士とは違い、国家資格が必要な仕事ではありません。

ただ、覚えることが膨大で専門性も高いため、民間の認定資格を取る方が多いです。

一番有名なのは日本歯科医師会の「歯科助手資格認定制度」ですが、他にも医療福祉情報実務能力協会や日本歯科助手検定協会が認定する「歯科助手検定試験」などがあります。

また、通信教育で業務について学ぶこともできます。

歯科医院によっては募集の際に資格の有無は問わず、働きながら研修をして歯科助手として一人前に育てていく場合もあります。

それでは、歯科助手の大まかな仕事について見ていきましょう。

歯科助手のおおまかな仕事内容1:患者さんの介助と治療の補助

歯医者に行くと、待合室から診療室内に呼ばれ、椅子に座ったらエプロンをかけられて口をゆすぐように指示され、歯科医師が登場するのを待ちますよね。

この治療開始までの一連の流れを担っているのが歯科助手です。

他にも、医師が来る前にその日の治療で必要な器具をそろえて、すぐに使えるように準備しておきます。

治療の間はライトの角度を調整したり、医師に器具を手渡したり、バキュームという器具で患者さんの唾液を吸ったりします。

治療が終わった後にはすぐに片づけと消毒を行い、次の患者さんが来られるように準備を行います。

歯科助手のおおまかな仕事内容2:受付や会計業務

受付で患者さんを出迎えたり、会計を行っているのも歯科助手です。

会計の際は、医師が記入したカルテをもとに、診療点数を記入して計算をします。

また、ほとんどの歯科医院は予約制のため、治療がスムーズにいくように患者さんの間隔を調整をしながら予約を入れるのも、大切な業務の一つです。

患者さんから、「あと何回くらいで治療が終わるかしら?」「なんで1週間も間をあけなきゃいけないの?」などと質問を受けることもあります。

医師に聞きそびれてしまったことを、受付で話される方は多くいらっしゃいます。

分からないことはもちろん医師に確認してからお答えしますが、簡単な治療の場合は「あと3回くらいですよ」「診療点数の決まりで一度には治療できないんですよ」とその場でお答えすることもあります。

このようなやり取りをするためにも、治療に関する知識が必要です。

歯科助手のおおまかな仕事内容3:器具の洗浄・滅菌

治療で使う器具は院内で洗浄や滅菌をしています。

歯科医院で取り扱う器具は、毎回の治療の際に出すスケーラーやピンセットなどの5点セットのほか、ニッパーやラジオペンチなどガテン系の器具、麻酔注射の器具など本当にたくさんあります。

それらの洗浄・滅菌を行うのも歯科助手の裏方仕事です。

消毒液ですすぎ洗いをしたら、高圧蒸気滅菌機に入れ圧力をかけながら滅菌していきます。

滅菌が終わった器具はとても高温になっています。

器具を冷ましてから、膨大な量をそれぞれ正しい位置にしまっていきます。

患者さんの衛生に関わることなのでとても気を遣う作業です。

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

歯科助手の仕事がきついと感じる5個の瞬間とは?

私は20歳前後の3年間、歯科助手として働いていました。

その経験をもとに、歯科助手の仕事の大変さや辛かったことについてまとめます。

歯科助手の仕事がきついと感じる瞬間1:覚えることがたくさん!毎日の予習復習

前述の通り、資格や検定に合格していなくても歯科助手として働くことは可能です。

私が勤務していた歯科医院も、働きながら仕事を覚えて行きましょうという方針でした。

最初は資格がないのに雇ってもらえてラッキー!

と思っていましたが、すぐに甘い考えだったことに気づかされました。

面接では先生に「最初の2週間は先輩と二人でやってもらうから、その間にお仕事覚えてね」と言われました。

そこは、歯科医と歯科助手が二人体制で治療を行うスタイルの歯医者だったのです。

最初の2週間は必死でした。

患者さんのいない時間帯に、器具の名前や滅菌の仕方、会計の仕方などを教わり、治療中は先生と先輩の様子を見学しながらメモを取っていました。

予習復習は必須で、先輩に借りたノートや専門書を読みながら、「スケーリングは歯石を取ること・・・、CRはコンポジットレジンの略・・・・、コンポジットレジンってなんだっけ?!」とブツブツ言いながら勉強していました。

2週間の研修が終わり独り立ちした後も、ノートを開いたり先生に聞いたりしながらなんとか仕事をこなしていました。

自信をもって務められるようになったのは半年ほど経ってからだと思います。

覚えることが膨大で専門性が高いため、最初はつらく感じることもあるかもしれません。

資格や検定を目指している人も勉強が大変!

という話をよくしていました。

歯科助手の仕事がきついと感じる瞬間2:舌の動きは予測不可能。難しいバキューム

治療の補助で歯科助手が苦手意識を持っているもののひとつに、バキュームがあげられると思います。

バキュームとは、患者さんの口腔内の唾液や血液を器具を使って吸い取ることをです。

唾液などをそのままにしていると、患者さんが辛くなってしまします。

また、医師にとっても歯が見えづらくなることで、治療に支障がでてしまいます。

そのため、唾液などを吸って治療箇所を常に見えやすい状態に保つ必要があるのです。

バキュームで舌や頬を吸われてしまい、不快な思いをしたことがある方もいるかもしれません。

ズボボボととっても嫌な音がしますよね。

バキュームは先生の治療の邪魔にならないように位置を微調整しながら行っています。

そのため、動かしたはずみでつい舌や頬を吸ってしまうことがあるのです。

また、無意識なのだとは思いますが、患者さんによっては常に口の中で舌を動かしている人もいます。

そのような患者さんに対応する場合には、難易度は急上昇します。

バキューム作業だけに集中すればいいわけではなく、左手でバキュームをしながら右手でライトの位置を変え、先生に器具を渡して・・・なんて場合もあります。

今後、バキュームで舌などを吸われてしまっても、歯科助手さんは大変なんだなーと温かい気持ちで許して下さると嬉しいです。

歯科助手の仕事がきついと感じる瞬間3:失敗がゆるされない・・・緊張の印象

「印象を取る」と言われて、一般の方はピンとくるでしょうか。

歯科治療における「印象」とは、歯の被せ物や詰め物といった技工物を作るための、型取りのことを指します。

技工物を作ったことがある方は、歯医者でピンク色のブヨブヨした物体を噛まされた経験があるでしょう。

この印象にも、歯科助手が関わっているのです。

印象を行う際は、まず、ピンク色のアルジネートに冷水を混ぜて程よい硬さになるように練ります。

それを型の上に盛り、先生に手渡します。

先生が患者さんにアルジネートを噛ませるため、時間を測ります。

時間がたって硬化したアルジネートを取り出します。

患者さんがお帰りになってまとまった時間ができたら、今度は石膏取りを行います。

アルジネートの上に、水で練った石膏を流して固める作業です。

完成した石膏をもとに、先生や歯科技工士が技工物を作成します。

つまり、歯科助手がアルジネートや石膏を正しく扱えないと、患者さんに合った型を取ることができず、結果的に良い技工物ができなくなってしまうのです。

特に気を付けることは、気泡が入らないようにすることです。

しかし、細心の注意を払っていても気泡が入ってしまったり、石膏とアルジネートがはがれなくなってしまったりと失敗してしまうこともあります。

その時はもう一度患者さんに来ていただいて、印象をやりなおさなくてはなりません。

最初のうちは私も何回か失敗してしまって、先生と一緒に患者さんに謝りながら再印象を取らせていただいたことがあります。

申し訳なくて辛い思いをしました。

何年経験を重ねても、印象を取る作業は緊張していたことを覚えています。

歯科助手の仕事がきついと感じる瞬間4:たくさんの血が。恐怖の抜歯!

ある日先生に、「○○さんは血は平気?」と聞かれました。

その日は親知らずの抜歯の予約が入っていました。

「血が苦手だったら、倒れちゃうと困るから補助につかなくてもいいからね」とのことでした。

血を見てもなんともない私は「そんなに出血するのかな?」とのんきに構えていましたが、実際に治療が始まるとその出血量に驚きました。

歯茎に埋没して生えてしまっている親知らずの場合は、歯茎を切開して抜く必要があります。

歯茎は毛細血管の塊なので、傷つけると大量に出血してしまいます。

患者さんが苦しくないように、また治療箇所が見やすいように懸命にバキュームをしていましたが、どんどん血があふれてきます。

これは、血が苦手な人は辛いだろうなと感じました。

歯を抜かれるということは患者さんにとっても苦しい経験だと思います。

しかし、治療をする歯科医や歯科助手にとっても、抜歯はどっと疲れる治療なのです。

私の勤めていた歯医者には、「抜歯の予約は一日1回まで!」という内緒の掟があったくらいです。

歯科助手の仕事がきついと感じる瞬間5:どんどん悪化・・・来なくなる患者さん

歯科助手をしていると、予約をとっていた患者さんが来なくなってしまうという経験をよくします。

むし歯も歯周病も自然治癒することはありえません。

正しい治療をしないと悪化していく一方です。

しかし患者さんの中には、痛みが取れればいいという考えの方が少なからずいます。

治療中であっても痛くなくなったら通院を勝手にやめてしまい、また痛みが出たときに再来院するのです。

そのようなことを繰り返していると、口腔内の健康はどんどん悪化していきます。

私は40代で総入れ歯になってしまった患者さんに関わったことがありますが、なぜちゃんと治療に通ってくれないんだろうと、悲しくなってしまいました。

患者さんには治療の展望や治療を受けないリスクを丁寧に説明するように心がけていましたが、リスクの高い患者さんほど治療を途中でやめてしまう場合が多く、無力感を感じることもありました。

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が歯科助手を辞めると決めた瞬間については、こちらの記事を参考に!

つらい時もあるけど、歯科助手の仕事がおすすめの理由

大変な面ばかりを書いてしまいましたが、全くの未経験だった私が3年間も歯科助手を続けられたのは、歯科助手の仕事がとても好きだったからです。

歯科助手の仕事のどんな部分がおすすめなのか書いていきたいと思います。

歯科助手の仕事がおすすめの理由1:やりがいがある!

やはり治療がうまくいって患者さんが満足して帰られるとき、とてもやりがいを感じます。

もちろん治療を実際に行うことは歯科助手にはできませんが、治療がスムーズにいくように器具を用意したり印象を取ったりするという形で貢献することができます。

患者さんから感謝の言葉をいただけることも多いです。

歯科助手の仕事はとてもやりがいのある仕事だと思います。

歯科助手の仕事がおすすめの理由2:お給料がいい!

歯科助手は、一般的に時給や給与が良い傾向にあると思います。

やはり専門性が高く誰にでもできる仕事ではない分、お給料の優遇があるのではないでしょうか。

私はパートタイムだったので時給制でしたが、近くの飲食店の接客業よりも400円ほど、オフィスでの事務作業よりも200円ほど高い時給をいただいていました。

お金がすべてではありませんが、やはりお給料がいいとやる気にもつながると思います。

歯科助手の仕事がおすすめの理由3:知識が身につく!

前述の通り、歯科助手の仕事は覚えることが多く、専門性も高いと思います。

その分、一度得られた知識は財産になると思います。

歯科助手を経験した後、専門学校に行って歯科衛生士の資格をとった先輩がいますが、その方も助手時代の経験が生かされたと話していました。

また、会計やレセプトを行う際に診療点数や薬価についても勉強することになるため、医療事務に相当するような知識も身につきます。

自分自身が歯科治療を受ける際も、どんな治療の流れなのか分かっているため安心することができますし、歯科医と専門用語を使って話をすることができます。

他にも歯科衛生に対して意識が高まるため、自分自身のお口の健康だけでなく、子育てをするときにも生かされるのではないかと思います。

まとめ

いかがでしたか?

歯科助手の仕事は大変なことも多い分、たくさんのやりがいを感じられる仕事でもあります。

私にとっても歯科助手をしていた経験は一生の宝だなと感じています。

「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

  歯科助手の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  歯科助手の仕事を探せるおすすめ求人サイト
女性のための転職サイト!一般事務・営業事務・データ入力など色々なタイプの事務仕事がたくさん募集中! 公式サイト 公式サイト
テレビCMでもお馴染み、派遣の事務を探すなら!種類別に事務仕事を探せるから自分にピッタリなのも見つかりやすい! 公式サイト 公式サイト
自分らしい働き方で仕事を探せる!他とは違う「自分らしい」「やりがいがある」仕事を見つけたいなら。 公式サイト 公式サイト


歯科助手求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科助手の年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

求人情報でよく見かける歯科助手ですが、「年収や給料ってどのくらいなんだろう?」「人によって変わるのは何が理由なの?」と思っても、お金の事情はなかなか人に聞きづらいですよね。この記事ではそんな歯科助手のお給料事情を徹底調査!雇用形態別の年収相場や年収の決まり方、よりよい年収で働くための歯科医院選びとは?などなど、歯科助手のお金に関することをご紹介していきます。歯科助手の年収の相場はどのくらい?平均的な歯科助手としての月収はおおよそ16万円~22万円程度です。年に2回の賞与があり、1回につき給料1ヶ月~2ヶ月分が支払われることが多いです。年収として考えると大体220万円~360万円程度になりますね

歯科助手求人サイトのおすすめ4選

歯科助手の仕事を探している方のために、おすすめの歯科助手求人サイトを紹介したいと思います。歯科助手のお仕事を探す時の心得歯科助手の求人は結構あります。「通勤のしやすさ」「給料」「福利厚生」「勤務時間・休日」などの条件がどれだけ自分に合うかをチェックして、その中で長く働けそうな自分に合った医院を探す必要があります。未経験の人は特に就職してから覚えることや勉強することがたくさんありますので、通勤や勤務時間が負担にならないところを探す方が良いですし、経験者で転職や復職をされる人は、今までの経験が活かせるところで、自分のライフスタイルに合う医院を探す方が良いと思います。求人情報はできるだけ沢山集めよう

歯科助手募集にはどういったものがあるの?転職で失敗しないためにまずはコレをチェック!

歯科助手へ転職したいという方もいるのではないでしょうか。この記事では、歯科助手募集にはどういうものがあるのか、そして失敗しないためのポイントを紹介したいと思います。ぜひ参考にご覧ください。歯科助手のお仕事を検討している人へ歯科助手のお仕事は資格がなくても、未経験でも就職が出来、さらに採用されやすいお仕事です。特に女性の方にとっては就職しやすい職種で、一度、経験を積むと転職や再就職もしやすいので、お勧めのお仕事です。歯科助手の転職・復職なら見るべきポイント転職先、復職先を検討するにあたっては、求人募集をしている医院間の比較だけではなく、今まで勤めたことのある医院が比較対象となる部分もあると思いま

歯科助手派遣求人の特徴と求人の選び方を紹介します

歯科助手の仕事を派遣で探している方もいると思いますが、派遣ってどんな感じなのか気になりますよね。この記事では、歯科助手派遣求人の特徴と求人の選び方について紹介したいと思います。派遣会社に登録して派遣先でお仕事をする派遣社員派遣社員とは派遣会社に登録して、派遣先を紹介してもらい、一定期間その派遣先でお仕事をすることです。条件をクリアすれば社会保険や厚生年金、雇用保険などにも加入は可能です。派遣社員の特徴自分のライフスタイルに合わせて働くことが出来るのが特徴です。給料も一般的に高めに設定されていますし、契約期間が定められていますので、集中して働いて、ワーキングホリデーに行ったり、子どもの長期休暇の

歯科助手転職を成功させる4個の手順と注意点

歯科助手転職を考えている方で、転職を成功させるにはどうしたらいいんだろう?と思っている方も多いと思います。この記事では、歯科助手転職を成功させる手順と注意点について紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。歯科助手で転職をお考えの方へ歯科助手の転職は比較的しやすいと言われています。より良い転職をするためには情報収集と自分がどこに比重を置いて転職をするのかが大切です。転職の目的を明確にしようせっかく転職するのであれば、現状より良い条件のところを選びたいところです。「給料」「通勤のしやすさ」「人間関係」「スキルアップ」「勤務条件の好転」など譲れない条件や重視したい条件を明確にして転職先を探

歯科助手正社員求人の仕事の特徴と求人のチェックポイントを紹介します

女性に人気のある歯科助手の仕事を正社員で働きたいと考えている人もいると思います。この記事では、歯科助手の仕事の特徴や求人を選ぶ際のチェックポイントを紹介したいと思います。歯科助手正社員の求人を探している方へ歯科助手のお仕事は特に必要な資格もなく、未経験でも職に就くことができます。また、歯科医院の数は大変多く、慢性的に人手不足なので、就職はしやすいと思います。転職や再就職もしやすく、1か月の給与も一般事務よりは少し高めです。歯科助手のお仕事の特徴歯科助手のお仕事は大きく分けて、受付事務業務と治療補助及び雑務とがあります。受付事務は歯科の事務的部分をほぼ管理することになります。医院にかかってくる電

歯科助手パート求人のおすすめのポイントと求人の選び方を紹介します

歯科助手パートで求人を探している方も多いと思います。この記事では、おすすめポイントや求人の選び方について紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。歯科助手でパートをお探しの方へ歯科助手はパートとしても採用されやすい職種だと思います。お住まいの通いやすいエリアにも募集をしている医院は多いと思いますので、条件をしっかりと比較して、自分の条件に合うところを選びましょう。歯科助手おすすめのポイント資格がいらない歯科助手は経験が無くても、特別な資格が無くても勤めることが出来ます。学校に通って資格を取ってという手間と時間がないため、勤めたいと思ったら、すぐに面接を受けて、勤めることができます。資格

歯科助手(東京)求人を選ぶならこの13個の基準で選びましょう!

東京には歯科助手求人がたくさんあります。求人が多すぎて何を基準に決めていいか迷っている人もいるのではないでしょうか。この記事では、東京の歯科助手求人を選ぶ基準について紹介したいと思います。東京で歯科助手のお仕事をお探しの方へ東京で歯科助手のお仕事を探すとたくさんの求人が見つかります。その中から自分に合った歯科医院を探すのは大変な作業です。自分にとって、大切な条件を基準に絞り込んでいきましょう。東京で探す13個の基準住宅街はアットホームな雰囲気の歯科医院が多い住宅街にある医院は個人医院が多いので、ドクターも含めてスタッフの人数が少なく、また、患者さんも近隣にお住まいの患者さんが家族ぐるみで来院さ

歯科助手バイト求人の仕事内容と向いている人を紹介します

歯科助手の仕事に興味があるけど、自分にもできるかな...と思っている人もいると思います。この記事では、歯科助手バイトの仕事内容や向いている人、向いていない人について紹介したいと思います。歯科助手のアルバイトと正社員の違いアルバイトと正社員の違いは勤務時間数と福利厚生の差です。アルバイトのシフトは正社員のシフトの穴埋めや予約が集中している時間帯や曜日になることが多いです。アルバイトだと交通費が出なかったり、1か月の勤務時間が不安定=1か月のバイト代が不安定だったりします。基本的に穴埋めシフトなので、休んだり、入れないとなると正社員の人のシフトを変更することになるので、結構、嫌がられます。歯科助手