歯科助手の仕事は、歯科医師・歯科衛生士・患者さん、人のために働くことがメインの仕事です。

人のために働くことはやりがいがあり、慣れてくると楽しくできる仕事だと思います。

ですが、仕事をしていく上で大変なこともたくさんあります。

歯科助手として働く上で大変なことや大変な時の対処法、仕事のやりがいをご紹介していきます。

歯科助手として働いている方やこれから働こうと思っている方は、ぜひ目を通してみて下さいね。

歯科助手の仕事内容と役割について大まかにおさらいしておこう

助手といっても、治療をサポートするだけでないのが歯科助手の仕事です。

どのような仕事内容なのか、歯科医院の中ではどんな役割なのかを、大まかに見ていきましょう。

仕事内容

具体的には、治療に使用する器具を渡したり、使う薬品を混ぜ合わせて用意したりと、治療のサポートをしていきます。

歯科衛生士に対しても同様にアシスタントにつきます。

指示された器具や薬を取りに行ったりしなければならないため、歯科用語や器具・薬品の名前や使い方を覚えなくてはなりません。

また、器具を渡したりするだけでなく、治療している患者さんの口腔内に溜まった唾液を『バキューム』という吸引機械で吸い取ります。

これを行わなければ歯の治療ができないため、歯科助手として働いていると一番使用する物で、一番するアシストだと思います。

また、上手く唾液を吸わなければ患者さんは苦しくなってしまいます。

患者さんに気持ちよく治療を受けてもらえるように、適切に使用しなければなりません。

歯科助手の仕事は治療のアシスタントだけでなく、器具の洗浄や滅菌、準備や片付けなど、主に雑務もこなします。

診察する際には患者さんを待合室から診察台まで案内することもあり、患者さんとコミュニケーションを取ることもよくあります。

医院内の清掃やタオルの洗濯などもあり、とても仕事内容の幅が広いですね。

歯科医院での役割

歯科助手の役割は、先生が患者さんの歯の治療をする際に、スムーズに進むようにすることです。

治療のサポートやアシスタントのほかに、先生や歯科衛生士に指示された器具や薬品を準備したり、治療に使用するものを想定してあらかじめ準備しておいたりします。

こういった準備をする歯科助手がいなければ、治療は時間がかかってしまい患者さんにも負担がかかります。

そして1日に診察できる患者さんの数も減ってしまい、効率も悪くなってしまいます。

治療や診察がスムーズに進んでいるのは、歯科助手という役割があるからこそだということですね。

歯科助手の仕事が大変だと思う5個のこと

いろいろなことをこなさなくてはいけない歯科助手は、大変なこともたくさんあります。

歯科助手の仕事で大変なことを順番に見ていきましょう。

先生や歯科衛生士とのコミュニケーション

治療のアシスタントに入る時は、先生や歯科衛生士のサポートをします。

その際に次に使う器具を渡したり、指示された薬品を混ぜ合わせたりするのですが、先生や歯科衛生士とのコミュニケーションを上手く取れなければ、治療がスムーズに進みません。

このコミュニケーションが大変なことがあります。

どうしてそうなるの?

知識・経験の差が大きいことが理由です。

歯科医師や歯科衛生士は専門の勉強をしていて知識があるため、つい分かっている前提で話をしてしまう方もいます。

しかし歯科助手は、特に勉強しなくても就職出来るため、内容によっては全く理解できないこともあります。

また、医師や衛生士の指示が曖昧だと、こちらも次にすることを想定しづらかったり、器具や薬品を用意しても間違っていたりすることになります。

こういったことは、治療のミスにも繋がってしまいます。

そうならないためには、返事はしっかりハキハキと声を出し、わからなければ確認するなど、先生や歯科衛生士と連携して治療のサポートをすることが大切です。

歯科用語が覚えられない

歯科医院で働く以上、歯科用語はもちろん覚えなくてはなりません。

さらに、直接患者さんの歯の治療をするわけではないですが、アシスタントに入る際に器具や薬品を使う為、歯科器具や薬品名、歯の治療の流れなども覚えなければアシスタントは務まりません。

ですがとてもたくさんの量なので、歯科用語などを覚えるだけでもとても大変で、頭がパンクしてしまいそうという人も多いかと思います。

どうしてそうなるの?

歯科用語や歯科器具、薬品名など、とにかく覚えることが大量なため、慣れるまでは大変に感じられます。

歯についての用語や知識を覚えなければ、アシスタントや準備が上手くできないため治療がスムーズに進みませんし、他にも器具や薬品の名前をたくさん覚えなくてはいけないので、それらを覚えるまでは、自分が上手く仕事出来ていないと感じ、不安や焦りが出てしまうのです。

しかし、いきなり覚えることは不可能です。

まずは基本的な虫歯の治療の流れや、医院でよく使用する薬品などから頭に入れていくのが良いですね。

足や腰が辛く体力が必要

先生や歯科衛生士の治療アシスタントに入る際や器具の洗浄など立ち仕事が多かったり、治療の際患者さんの口腔内で治療サポートをしている場合一点にずっと留まりながら下を向いていることが多いので、足や腰に負担がかかり痛く辛くなってしまいます。

歯科助手は立ち仕事というイメージはあまりなく、実際に仕事をしてみてから体感する人も多いようです。

歯科助手という仕事の中でも意外ときついなと思うポイントの一つだと思います。

どうしてそうなるの?

治療のアシスタントに入ったら、患者さんの唾液をバキュームで吸ったり頬や舌を排除したりして、先生や歯科衛生士が治療をしやすいようにサポートします。

その際は立ちながらすることも多く、体勢も悪い場合も多い為、それが長時間の治療になればやはり足や腰に負担がかかってしまいます。

足や腰が辛くなってきても治療のサポートはしなければならないので、体力も必要になります。

残業が多い

歯科医院は診療時間が決まっているので、歯科助手もその時間帯に働けばいいと考えがちですが、実はそうではありません。

開院前の準備、終了時間後の片付けが必要です。

診療時間が勤務時間ではない、ということをまずは頭にいれておかなければいけません。

どうしてそうなるの?

医院によっては勤務時間の始まりは開院より早くても終わりの時間は閉院と同じということもあります。

つまり閉院後の片付けなどは残業になるということです。

患者さんが全員帰られてから器具の洗浄や片付けをしなくてはならないため、一番最後の患者さんが帰るのが遅ければ残業になります。

また、患者さんの治療時間によっては診療時間を超えてしまう事もあり、閉院が遅くなることもあります。

片付けにそれほど時間がかからなくても、毎日のように続けば残業が多い職場になってしまいますよね。

相性が合わない患者さんもいる

患者さんを診療台へ案内したり、治療のアシスタントをする際に患者さんとコミュニケーションを取ったりと、患者さんと関わることがたくさんあります。

ですがその際にあまり態度が良くないような患者さんがいたり、自分にとっては苦手だなと思う患者さんもいるかと思います。

どうしてそうなるの?

1日に何名もの患者さんを診る歯科医院。

性別や年齢問わず訪れる場所なので、自分と相性が合わない、苦手だなと思う人がいるのは当然だと思います。

その上歯の痛みを伴うような治療をすれば、患者さんがイライラしてしまうこともあるかと思います。

それでもコミュニケーションを取らなければならないので大変だと思うこともありますが、仕事だと割り切って対応しなければならないですね。

大変さを軽くするために私がやったこと

歯科助手という仕事は、上記でも紹介したように大変なことがたくさんあります。

ですが大変さを軽くする自分なりの対処法を取れば、少しでも負担が軽くなるかと思います。

今回は、実際に歯科助手として働いた私がやっていたことをご紹介していきますね。

わからないことは聞く

先生や歯科衛生士は歯科助手よりも歯の知識が豊富です。

学校に通い資格を持っているので当たり前ですよね。

そんな人たちが使う歯科用語は難しいものもあり、聞き取れなかったり知らないこともたくさんあります。

わからないまま聞き流すのではなく、知らなければ聞く。

わからないことは常に確認しながら仕事するのが良いですね。

治療のアシスタントに入っても、わからなければ確認しながら進めて行けば、先生や歯科衛生士とのコミュニケーションも取れてミスに繋がることもなくなります。

必ずノートにメモを取り見直す

わからないことは他のスタッフに聞いて確認するのですが、何度も聞いていては自分の時間も相手の時間も無駄になり、まだ覚えていないの?と思われてしまいます。

人間関係のトラブルにも繋がるので聞いたことは必ずメモを取りましょう。

メモを取り家に帰ったらその日のうちに見直す。

復習することで早く覚えられるかと思います。

メモを取ることで教える側にも、向上心があるんだなと思ってもらいやすく、印象も良くなります。

歯科用語や薬品名など最初はわからなくて当たり前です。

「何度も使っているうちに覚えるから大丈夫」と思わずに、必ずメモを取り覚えていきましょう。

歯科用語や器具や薬品に名称の名前シールを貼る

メモを取っても、歯科用語は難しく覚える量もたくさんあるので、なかなか覚えられないことも多いですよね。

そんな時は先輩スタッフに許可を取り、器具や薬品などにその名称のシールを貼ってみるのもおすすめです。

歯科器具の入っている棚や扉に器具の名前のシールを貼っておけば、指示された時に間違えて取り出すこともなく、文字で見て確認できるので覚えやすいかと思います。

メモの場合、その場でメモを開いて確認するのに多少時間を取りますが、名前シールを貼ることでメモを開くということをしなくてよくなります。

そのため時間短縮にもなり、効率よく覚えることができます。

ある程度覚えたらシールを剥がしてみて、シールがなくても仕事をこなすことができれば、きちんと覚えられているということになりますよね。

足や腰のマッサージ・適度な運動をする

立ち仕事で腰や足に負担がかかり辛い、と思う人も多いですよね。

なかなか体力のいる仕事だと思います。

ですが日頃からウォーキングやジムに通うなど適度に運動していれば、体力もついてきて辛いと思うことが減るかと思います。

また足や腰は自分でマッサージをしたり、辛い部分は整体やマッサージ屋さんに通うなどケアを行うことが大切です。

自分の体をケアすることで体力面での大変さは減らすことが出来るかと思います。

仕事は効率よく出来る時に出来ることをする

その日最後の患者さんの治療が長引けば閉院するのも遅くなり、それに伴って残業時間が長引いてしまいます。

ですが片付けや掃除などを、手が空いた時に出来る範囲で出来るだけ済ませておくと、少しでも残業を減らすことができます。

手が空いた時に器具の洗浄を済ませておいたり、患者さんから見えない場所のごみを集めたり掃除をしたり。

自分から率先して行うことで他のスタッフも動いてくれることも多く、みんなでやれば最後の片付けや掃除もぐっと減らせるでしょう。

そうすることで残業時間も短くなりますよね。

どんな患者さんでも笑顔で対応

患者さんの中にはイライラして感情を表に出している人もいますし、自分にとって苦手な人もいるかと思います。

ですがどんな患者さんでも、歯科医院にとってはみんな同じ患者さんです。

自分個人の感情で接するのではなく、常に笑顔で対応しなければなりません。

笑顔で明るく接することで相手への印象も良くなり、苦手だと思っていた人も良い人だったと思うこともでてきます。

笑顔で話されて嫌な気持ちになる人はいないと思うので、常に明るく元気に笑顔で対応しましょう。

大変なこともあるけれど、歯科助手の仕事で私がやりがいを感じること

歯科助手は覚えることも多く、バキュームをするという技術も必要、コミュニケーション能力も大切で、気を利かせなければならない仕事ですが、やりがいもたくさんあります。

大変なことだけでなく、この仕事をしていて良かった!と思えるようなやりがいもご紹介していきますね。

「ありがとう」と言われる

治療が終わった時に患者さんから「ありがとう」と言われるととても嬉しい気持ちになります。

アシスタントに入って、先生や歯科衛生士から「ありがとう」と言われることもあります。

歯科助手は患者さんのために働くだけでなく、先生や歯科衛生士のようなスタッフのためにも働く仕事です。

相手は誰でも「ありがとう」と言われるととても嬉しくなりますよね。

達成感がある

難しい歯の治療などを、先生や歯科衛生士と連携して終えることができると、とても達成感を得ることができます。

治療をスムーズに進ませることができるのは、歯科助手という仕事があるからこそです。

また、患者さん一人ひとりの治療が終わるたび、一日が無事に終わるたびに『無事に終われた!今日も頑張った!』と達成感を感じることができます。

達成感があるからこそ仕事は頑張れますよね。

褒められる

歯科医院は予約制の医院が多く、何時からどの患者さんがどのような治療をするということは、あらかじめわかっていることが多いです。

そのような場合、あらかじめ使う器具や薬品を用意しておくと、治療に取り掛かりやすくスムーズに進みますよね。

準備を自分から率先して行うことで、先生に褒められることがあります。

頑張って仕事をしていて褒められると気持ちが良いですよね。

歯の知識が増える

歯科用語や治療の流れを覚えなくてはいけないため、歯についての知識はとても増えます。

虫歯が進んだらどうなるのか、歯周病が進行したらどうなるのかなどがわかってくると、仕事が楽しくなってきます。

虫歯や歯周病など歯のトラブルの知識を持っていると、自分もならないように気を付けようと思えるので、自分のお口のケアにも役立ちます。

患者さんと仲良くなれる

歯科医院に訪れる人は男女問わず子供からご年配の方まで幅広く、普通に日常生活を送っていれば話さない人とも話す機会が増えます。

歯の治療や予防のため何度も訪れる歯科医院だからこそ、顔見知りになり仲良くなる患者さんも多くいます。

歯のことはもちろんですが、世間話などをすることもあり楽しく仕事ができます。

患者さんに顔を覚えてもらえるのはとても嬉しいですね。

まとめ

歯科助手として働くことは大変なこともたくさんあり、時には辛くて辞めてしまいたいと思うこともあるかと思います。

ですがやりがいもたくさんあり、とても素敵な職業だと思います。

大変な時、辛い時は今回ご紹介した『大変さを軽くするためにしたこと』を参考に、少しでも大変さを軽減できると嬉しいです。

やりがいを感じて楽しく仕事できるといいですね。


関連キーワード

歯科助手求人

歯科助手求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科助手の年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

求人情報でよく見かける歯科助手ですが、「年収や給料ってどのくらいなんだろう?」「人によって変わるのは何が理由なの?」と思っても、お金の事情はなかなか人に聞きづらいですよね。この記事ではそんな歯科助手のお給料事情を徹底調査!雇用形態別の年収相場や年収の決まり方、よりよい年収で働くための歯科医院選びとは?などなど、歯科助手のお金に関することをご紹介していきます。歯科助手の年収の相場はどのくらい?平均的な歯科助手としての月収はおおよそ16万円~22万円程度です。年に2回の賞与があり、1回につき給料1ヶ月~2ヶ月分が支払われることが多いです。年収として考えると大体220万円~360万円程度になりますね

歯科助手求人サイトのおすすめ4選

歯科助手の仕事を探している方のために、おすすめの歯科助手求人サイトを紹介したいと思います。「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →歯科助手のお仕事を探す時の心得歯科助手の求人は結構あります。「通勤のしやすさ」「給料」「福利厚生」「勤務時間・休日」などの条件がどれだけ自分に合うかをチェックして、その中で長く働けそうな自分に合った医院を探す必要があります。未経験の人は特に就職してから覚えることや勉強することがたくさんありますので、通勤や勤務時間が負担にならないところを探す方が良いですし、経験者で転職や復職をされる人は、今までの経験が活かせるところで、自分のライフスタイルに合う医院を探

歯科助手の仕事でやりがいを感じた5個のことと、大変だった6個のこと

歯科助手の仕事は人気がありますよね。そんな歯科助手へ転職を考えている方もいるのではないでしょうか。この記事では、歯科助手の仕事でやりがいを感じたことや、大変だったことを紹介したいと思います。ぜひ参考にしてください。「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →歯科助手のやりがいを感じたこと歯科助手は覚えることがたくさんで、しかもとても専門的なので大変なお仕事ですが、とてもやりがいのあるお仕事です!患者さんからありがとうをもらえた!歯科治療は患者さんとの信頼関係とコミュニケーションが大切です。なので、患者さんに「ありがとう」と言ってもらえるととても嬉しいです。直接患者さんの治療をするのは

歯科助手募集にはどういったものがあるの?転職で失敗しないためにまずはコレをチェック!

歯科助手へ転職したいという方もいるのではないでしょうか。この記事では、歯科助手募集にはどういうものがあるのか、そして失敗しないためのポイントを紹介したいと思います。ぜひ参考にご覧ください。歯科助手のお仕事を検討している人へ歯科助手のお仕事は資格がなくても、未経験でも就職が出来、さらに採用されやすいお仕事です。特に女性の方にとっては就職しやすい職種で、一度、経験を積むと転職や再就職もしやすいので、お勧めのお仕事です。歯科助手の転職・復職なら見るべきポイント転職先、復職先を検討するにあたっては、求人募集をしている医院間の比較だけではなく、今まで勤めたことのある医院が比較対象となる部分もあると思いま

歯科助手派遣求人の特徴と求人の選び方を紹介します

歯科助手の仕事を派遣で探している方もいると思いますが、派遣ってどんな感じなのか気になりますよね。この記事では、歯科助手派遣求人の特徴と求人の選び方について紹介したいと思います。派遣会社に登録して派遣先でお仕事をする派遣社員派遣社員とは派遣会社に登録して、派遣先を紹介してもらい、一定期間その派遣先でお仕事をすることです。条件をクリアすれば社会保険や厚生年金、雇用保険などにも加入は可能です。派遣社員の特徴自分のライフスタイルに合わせて働くことが出来るのが特徴です。給料も一般的に高めに設定されていますし、契約期間が定められていますので、集中して働いて、ワーキングホリデーに行ったり、子どもの長期休暇の

歯科助手転職を成功させる4個の手順と注意点

歯科助手転職を考えている方で、転職を成功させるにはどうしたらいいんだろう?と思っている方も多いと思います。この記事では、歯科助手転職を成功させる手順と注意点について紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →歯科助手で転職をお考えの方へ歯科助手の転職は比較的しやすいと言われています。より良い転職をするためには情報収集と自分がどこに比重を置いて転職をするのかが大切です。転職の目的を明確にしようせっかく転職するのであれば、現状より良い条件のところを選びたいところです。「給料」「通勤のしやすさ」「人間関係」「スキルアップ」「勤務条件の好転」

歯科助手正社員求人の仕事の特徴と求人のチェックポイントを紹介します

女性に人気のある歯科助手の仕事を正社員で働きたいと考えている人もいると思います。この記事では、歯科助手の仕事の特徴や求人を選ぶ際のチェックポイントを紹介したいと思います。「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →歯科助手正社員の求人を探している方へ歯科助手のお仕事は特に必要な資格もなく、未経験でも職に就くことができます。また、歯科医院の数は大変多く、慢性的に人手不足なので、就職はしやすいと思います。転職や再就職もしやすく、1か月の給与も一般事務よりは少し高めです。歯科助手のお仕事の特徴歯科助手のお仕事は大きく分けて、受付事務業務と治療補助及び雑務とがあります。受付事務は歯科の事務的

歯科助手パート求人のおすすめのポイントと求人の選び方を紹介します

歯科助手パートで求人を探している方も多いと思います。この記事では、おすすめポイントや求人の選び方について紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。歯科助手でパートをお探しの方へ歯科助手はパートとしても採用されやすい職種だと思います。お住まいの通いやすいエリアにも募集をしている医院は多いと思いますので、条件をしっかりと比較して、自分の条件に合うところを選びましょう。歯科助手おすすめのポイント資格がいらない歯科助手は経験が無くても、特別な資格が無くても勤めることが出来ます。学校に通って資格を取ってという手間と時間がないため、勤めたいと思ったら、すぐに面接を受けて、勤めることができます。資格

歯科助手(東京)求人を選ぶならこの13個の基準で選びましょう!

東京には歯科助手求人がたくさんあります。求人が多すぎて何を基準に決めていいか迷っている人もいるのではないでしょうか。この記事では、東京の歯科助手求人を選ぶ基準について紹介したいと思います。「歯科助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →東京で歯科助手のお仕事をお探しの方へ東京で歯科助手のお仕事を探すとたくさんの求人が見つかります。その中から自分に合った歯科医院を探すのは大変な作業です。自分にとって、大切な条件を基準に絞り込んでいきましょう。東京で探す13個の基準住宅街はアットホームな雰囲気の歯科医院が多い住宅街にある医院は個人医院が多いので、ドクターも含めてスタッフの人数が少なく、また、

歯科助手バイト求人の仕事内容と向いている人を紹介します

歯科助手の仕事に興味があるけど、自分にもできるかな...と思っている人もいると思います。この記事では、歯科助手バイトの仕事内容や向いている人、向いていない人について紹介したいと思います。歯科助手のアルバイトと正社員の違いアルバイトと正社員の違いは勤務時間数と福利厚生の差です。アルバイトのシフトは正社員のシフトの穴埋めや予約が集中している時間帯や曜日になることが多いです。アルバイトだと交通費が出なかったり、1か月の勤務時間が不安定=1か月のバイト代が不安定だったりします。基本的に穴埋めシフトなので、休んだり、入れないとなると正社員の人のシフトを変更することになるので、結構、嫌がられます。歯科助手


歯科助手求人に関するコラム

歯科助手の仕事が辛い…と感じる5個の瞬間とその乗り越え方

歯科助手の仕事というと、医療関係で求人も多くて未経験OKのところも多いですよね。そんな仕事だからこそ、挑戦しやすく働きやすいのが特徴ですが、大変なこともたくさんあります。働いてみて嫌なことはどの職業でもあるかと思いますが、今回は歯科助手の辛いと感じる瞬間やそれを乗り越える方法、やりがいやこの仕事のおすすめポイントをご紹介していきます。歯科助手のおおまかな仕事内容とは?歯科助手は歯科医師の治療のアシスタントが主な仕事になります。歯の治療がスムーズに進むように、バキュームという器具を使って患者さんの口の中の唾液を吸い取ったり、先生や歯科衛生士に器具を渡したりしてサポートしていきます。他には薬品同士

歯科助手の面接で聞かれる8個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

歯科助手という仕事をしてみたいけど自分にできるだろうか、面接はどんな感じなのかな?働いてみて自分に合わなかったらどうしよう?などいざ就職しようと思っても実際に働き始めるまでは不安な事がたくさん出てくるかと思います。そんな不安を解決するため、今回は歯科助手の面接について詳しくご紹介していきます。歯科助手の仕事内容についておさらいしておこう歯科助手は資格がなくても働くことができ、未経験OKのところも多い職業です。歯科医師の治療のアシスタントに入り器具を渡したり、患者さんの口腔内の唾液や水をバキュームという器具で吸い取って、治療をスムーズに行えるようにとサポートする仕事です。他にも歯科医院の清掃や器

歯科助手になるには?必要なスキル、仕事の探し方など詳しくご紹介!

求人でよく目にする「歯科助手」という仕事。でも実際、歯科助手ってどういう仕事をしているの?歯科助手になるために必要なスキルって?など、さまざまな疑問を解決!歯科助手の仕事について詳しくご紹介していきます。また、歯科助手の仕事の探し方や、歯科医院の求人情報のチェックするポイントも一緒に見ていきましょう。歯科助手になるには?歯科助手は、求人を探して応募し、採用されれば働くことができます。必須の資格は特にはありません。意外に簡単だと思われたのではないでしょうか?歯科助手にまつわる資格について説明します!上で「必須の資格はない」と書きましたが、求人情報や資格情報などで「歯科助手の資格」というキーワード

歯科助手が人気な仕事の5個の理由。向いている人や仕事のやりがいとは?

最近、東京ではコンビニよりも歯科医院の方が多いと言われていることをご存知ですか?東京に限らず、歯科医院は全国津々浦々にたくさん開業されています。そのため、求人情報を見ると必ずといっていいほど、歯科助手の募集を見つけることができます。実は歯科助手のお仕事は、一部では人気の高いお仕事なのです。ここでは、歯科助手の仕事がなぜ人気があるのか、その秘密を解説します。歯科助手ってどんな仕事?歯科助手の仕事は、大きく分けて三つの種類に大別されます。一つ目は「受付業務」です。患者さんを受付でお迎えし、治療内容を確認してカルテを用意する。患者さんを診療室まで誘導する。カルテをもとに点数計算をして会計をする。患者

歯科助手給料や年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

歯科助手の給料や年収はいくらくらいなのか?給料をあげるための転職術など紹介していきたいと思います。歯科助手のお給料はどれくらい?歯科助手のお給料は一般事務職に比べると少し高いと思います。勤務地やドクターを複数を抱える歯科医院と個人の歯科医院、診療内容によっても差が出てきます。正社員月給で160,000~230,000円くらいです。パート・アルバイト時給で900~1,200円くらいです。自費治療を主な診療内容にしている医院は給与が高めです。給与が高い人は何が違うの?遅い時間の勤務の人は給与が高くなります。また、受付も歯科助手も出来る経験者や治療についての知識が深い人は給与が高めです。治療について