介護老人保健施設の求人は、どのような仕事内容なのでしょうか?

高齢者の話し相手になったりリハビリを行ったりと、介護老人保健施設に入所された方が自宅に戻れるよう生活を支援するというイメージでしょうか。

そんな仕事にぜひ携わりたいという方に「求人を探す際のポイント」や「自分に合うところを見つける為の方法や注意点」をご紹介します。

介護老人保健施設での仕事の疑問点も解決していきますので、仕事探しや転職活動の参考にしてみてはいかがでしょうか?

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

介護老人保健施設求人のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

仕事内容としては、入所されている高齢者の生活の支援です。

食事・排泄・入浴などの日常生活全般の支援をします。

特別養護老人ホームと違うところは、リハビリに重点を置いているので理学療法士・作業療法士などのリハビリ関係の職種が多くいる点です。

日々仕事をしている中で、リハビリの職員が来て高齢者をリハビリに誘導する場面を頻繁に目にします。

介護老人保健施設にはデイサービスを運営している施設もあります。

これはデイケアと言われていますが、デイサービスとは違ってリハビリをするための事業所になります。

そのため、職員の中にリハビリ関連の職員が多いところも同じです。

介護老人保健施設はどういう役割が求められる?

介護老人保健施設は一時的な介護施設と言われています。

施設に入所してリハビリを行い、自宅復帰を目指す施設となっています。

一般的な老人ホームのイメージとは少し違っています。

どれだけ自宅や自立度の高い施設(グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅など)へ復帰することができたのかという点が、施設としての価値となります。

しかし現状としては、特別養護老人ホームのように入所が長期化しています。

介護度の高い利用者様が増えていることが原因の一つと言われています。

介護老人保健施設求人でよくある募集内容とは?

介護老人保健施設の求人でよく見るものを紹介します。

給与相場

年収で言えば、300万円前後となります。

首都圏の施設では300万円を超える所が多くなります。

勤務時間や休日、残業

休日は月8日という所が多いと思います。

夜勤の勤務時間によっては実質休日が少なくなる場合もあると思いますので、夜勤の時間を確認しておくことも重要となります。

残業については、求人票などを見ると「ありません」「数時間程度」という記載になっていたとしてもあまりあてにしない方が良いと思います。

私も転職サイトを利用した経験がありますが、残業については「月2時間~3時間」とありましたが全く違いました。

早出をすると自動的に残業が2時間ほどついています。

その程度に思っておいた方が良いです。

求められる人物像

介護の仕事をする上で忍耐強いことは非常にプラスになります。

高齢者は基本的に動作がゆっくりしています。

それをしっかりと見守ることが基本です。

また、認知症の利用者様から暴力を受けることもあります。

忍耐強い人は、職場から求められていると同時に介護の仕事に向いていると思います。

必要なスキルや資格、経験

無資格・未経験でも働けますが、当然経験者の方が重宝されます。

介護福祉士の資格を取得していれば更に有利となるでしょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

介護老人保健施設のおすすめ求人のポイント

介護老人保健施設へ就職する際におすすめできる求人のポイントを紹介します。

非公開求人

転職サイトなどでしか出ていない求人です。

一般的な求人よりも給料面などで良い条件となっています。

普通に就職(転職)活動するより楽に良い条件の求人を探すことができるので転職サイトなどの利用は大変おすすめです。

自分に合った介護老人保健施設求人の選び方や注意点

自分に合う求人を探すときのポイントなどについて説明します。

雇用形態から探す

介護の仕事は、正社員だけでなくアルバイト・パート・派遣など様々な形態があります。

自分に合ったものを探すことができます。

夜勤のみのバイトもあり、副業としてやっている人もいます。

給与や雇用条件から考える

やはり今より高い給料の所に就職したいと考えることは普通だと思います。

お手軽に今より好条件の求人を探すには転職サイトを利用することがおすすめです。

自分の希望する条件の事業所を担当者が探してくれるので、給料面で失敗することはまずないと思います。

エリアから考える

自宅からの通勤距離などで探す場合です。

近ければ良いというものではなく、自分の望むような距離(時間)のところを探しましょう。

基本的にどこにでも介護老人施設はありますので、そこまで困ることもないと思います。

介護老人保健施設求人についてよくある疑問

介護老人保健施設に就職する際によくある疑問についてご説明します。

時間に追われるだけなのではないか?

介護老人保健施設に限った話ではなく、介護の仕事は時間に追われて忙しいのではないかというイメージがあるようです。

実際働いていてもそのような声をよく聞きます。

しかし、私の見解として確かに忙しい場面はありますが、そんなに忙しくないにも関わらず「人手が足りない」と言っている人もいます。

「人手が足りない」と言っている人の中には、自分が動いていないのに「忙しいアピール」をしたい人もいるのではなでしょうか。

冷静に考えれば普通に仕事をこなせることが多いです。

そこまで気にする必要はないと思います。

今の施設に就職(転職)する決め手になったのは何ですか?

給料が今より多くなることがきっかけになったという人が多いようです。

また、その施設に勤めている知人や友人からの紹介もあるようです。

施設に勤めている人からの紹介というパターンは、中の様子がある程度分かる点で有利だと言えるでしょう。

まとめ

介護老人保健施設の求人についてご紹介してきました。

介護の仕事ではアルバイトのような求人は多くないと思っていましたが、調べてみると様々な条件でアルバイト・パート・派遣の仕事が募集されていました。

夜勤専門のバイトもあり、今の時代に合った様々な雇用形態があるなと実感しました。

人材不足が当たり前のように話されている現状なので、未経験、無資格でも就職することは簡単かもしれませんが、やはり資格を持っているということは有利になります。

働き始めた後を考えると、資格取得は良い面が沢山あるでしょう。

働きながらの資格取得も可能な職場ですが、資格取得してから就職する方が良いかもしれません。

今から介護の仕事をしようと考えている人には、特に参考にしてほしいと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

介護求人