施設介護の求人でたくさん見かける有料老人ホーム。

有料老人ホームでのお仕事内容や募集内容はどういうものがあるのか?を、わかりやすく解説します。

有料老人ホームって?

いわゆる公的施設ではなく、民間の会社や法人が経営することが多い老人ホームです。

入居基準は各施設によって様々ですが、いわゆる公的施設よりも入りやすいことが多く、入居することによって、高齢者が安心して老後の生活を送れることを目的としています。

有料老人ホームの種類

有料老人ホームには大きく分けて「介護付き」「住宅型」の二種類があり、性質も保険給付の仕方も大きく異なります。

一般的に想像される有料老人ホームは「介護付き」ではありますが、昨今新しくできる施設は「住宅型」のほうが多く、今後も増加していくと予想されています。

介護付き有料老人ホーム

こちらは、文字通り介護の必要な方が入居されることを前提に作られています。

イメージとしては、高額な入居金や、月々の支払いが高額な施設ですが、これも施設によって様々。

入居時に数千万払うところもありますが、無料のところもあります。

介護付き有料老人ホームは、介護保険上「特定施設入居者生活介護」と位置づけられており、介護保険での支払額は介護度に応じて国で決まっています。

要支援1が一番料金が安く、介護度が重くなるにつれて介護報酬は高くなる仕組みです。

このあたりは公的施設の特別養護老人ホームや老人保健施設と同じです。

住宅型有料老人ホーム

住宅型は、特定施設ではなく「在宅サービス」に位置づけられています。

つまり、有料老人ホームに入居しながら在宅と同じように介護保険サービスを利用し生活していこうというものです。

原則は施設職員が介助を行うのではなく、訪問介護からヘルパーが自室に訪問し、サービスを行うというものですが、施設の性質上24時間の安全のため、介護職員が常在しているところも多くあります。

他の介護系の施設との違いとは?

介護付きのほうは、どちらかといえば特養や老健に近く、その施設で働く介護職員が介助を行いますが、公的施設では一定の収入以下で減免が効くのに対し、こちらはそういった制度はありません。

オムツ等も自己負担になりますので、トータルでみると公的施設よりは割高になるケースがほとんどです。

公的施設にはない入居金が発生するところも多くあります。

住宅型は、見守りのある住居にヘルパーが訪問し在宅サービスを使いますので、上記の施設とは厳密には法的に異なります。

希望があればデイサービスやレンタルも利用できますので、施設でありながら在宅のいいところも併せ持つ、というメリットがあります。

資格は必要なの?

介護付きは施設介護職員となりますので、法的に有資格者である必要はありません。

ですので、無資格者OKのところも多くあります。

住宅型は基本的には訪問介護事業所からヘルパーが行き、介護をするという形ですので、ヘルパー2級もしくは初任者研修以上の資格が求められます。

代表的な仕事内容は?

介護付きは施設職員として、住宅型は訪問介護員として仕事を行いますが、実際に行う仕事内容に大きな違いはありません。

入浴介助

大浴場のところ、一人づつの個浴のところと様々ですが、介護付き、住宅型ともに、一人で安全に入浴できる方以外は職員が付き見守りもしくは介助を行います。

必要な人にはリフト浴やストレッチャー浴介助も行います。

住宅型の場合は、ヘルパーが入浴を手伝うというプランの元介助を行うので、基本的には1対1での介助となります。

必要時には浴後浴室の清掃も行います。

一番事故の多い介助ですので、細心の注意が必要です。

排泄介助

こちらも、介護付きの場合は適宜必要な人にトイレ誘導やおむつ交換を行いますが、住宅型は決められた時間に介護サービスとして介助を行います。

どちらの施設もパッドやオムツ類は個人負担となります。

利用者の中にはストマや尿バルーンをつけている人もおられますが、こちらの便破棄や尿破棄は介護職員でもできるので、必要時には行うこともあります。

口腔ケア

自分でできる方はもちろんしていただきますが、できない方は洗面所に誘導し物品を手渡す、必要であれば磨く介助を行う、義歯を外して洗う介助を行います。

寝たきりの方や重度の介助量の人には、綿ブラシ等で臥床したまま口腔ケアを行うこともあります。

夜就寝前に洗浄剤につけるお手伝いも発生します。

食事介助

ほとんどの施設では、フロアに食堂があり、そこで集まって食事を取ります。

配膳や下膳は職員が行い、その都度必ず摂取量を記録します。

自分で食べられない方には食事介助を行います。

一部の有料老人ホームでは、隣で職員が一緒に食事を取りながら介助をしています。

就寝介助

有料老人ホームに限らず、就寝介助は遅出がいるうちにしてしまわないと後が大変なので、食事後に順次就寝介助に入るところがほとんどです。

全員に介助が必要なわけではないですが、一人の就寝介助をするだけでも、口腔ケアにトイレ誘導やおむつ交換、更衣介助、臥床、となかなか大変な作業ですので、手際よくこなしていかないとスムーズに終わりません。

レクリエーション

レクに関しては施設によって非常にばらつきがあります。

ボランティアが頻繁に来るところもあれば、有料のサークルやクラブ活動をしているところ、季節ごとの行事はするけれども普段のレクには力を入れていないところ、様々です。

どちらかといえば施設の性質上、介護付きのほうがレクの頻度は高いです。

ただし、住宅型は基本的には希望すれば外部のデイサービスを利用することができますので、しっかりした方で普段の生活に訪問介護がそう必要なく、介護保険上の単位があまっていればデイを利用する方法で楽しむ方もおられます。

雇用形態は?

有料老人ホームには二種類あるお話をしてきましたが、雇用形態に関しては両者ともほぼ同じです。

施設の数は増えましたが人手不足の業界ですので、求人数も多くあります。

正社員

早出、遅出、日勤、夜勤の体制のところがほとんどです。

なかには当直するところもあります。

だいたい月の休みは8日~10日のところが多いです。

施設によっては委員会や研修等、業務外のお仕事も発生します。

派遣社員

勤務形態は正社員と変わりません。

パートのような働き方もできます。

人が不足しやすい早出や遅出、夜勤を重点的に希望することもできたりします。

パート・アルバイト

上記の勤務体系をそのまま行う場合や、日勤のみ、夜勤のみの場合があります。

入浴介助、掃除や調理、食事介助等、必要なところのスポットでパート・アルバイトを募集しているところもあります。

有料老人ホームでの時給・月給の相場

さて、こういった有料老人ホームでのお給料事情はどうなっているのでしょうか。

雇用形態ごとに分けて説明しましょう。

正社員

月給制で、額面18万円程度から23万円程度が一般的です。

夜勤手当や資格手当がついたり、処遇改善加算分が上乗せされたりしますが、夜勤を平均的な回数5回程度こなして手取りは20万円前後のところが多いのではないでしょうか。

夜勤手当は2500円程度から5000円程度まで幅があります。

また、公的施設の特養等では賞与が年三回あったり4か月分ほど出るのに対し、民間施設の有料老人ホームは賞与はそれよりも少ないところがほとんどです。

派遣社員

ボーナスや手当て面での優遇はないですが、時給は1200円程度から高いところでは1700円をうたっているところもありますので、手取りは正社員と同じ働き方をすると派遣社員のほうが高くなることも多いです。

前述のとおり、有料老人ホームは賞与が少ないですので、効率よく働けば正社員と同じ位かもしくはそれ以上の年収を稼げることもあります。

パート・アルバイト

無資格者と初任者研修、介護福祉士で時給の違いがあるところがほとんどですが、無資格で最低賃金に少しプラス程度が目安です。

介護福祉士を持っていると、パートでも時給は1000円を越えるところがあります。

勤務体制は?

基本的には早出、遅出、日勤、夜勤の体制が組まれています。

必要なときに人員を確保しようとすると、どうしても二交代制では無理が生じるからです。

日勤・夜勤

日勤帯は一番人手が多く、朝9時ごろから夕方18時くらいまでです。

申し送り後にトイレ誘導や入浴介助、お昼には昼食介助を行い、15時頃にはおやつ介助です。

合間に洗濯や掃除を行うこともあります。

書類の作成をしたりレクリエーションを行ったりもします。

夜勤は17時ごろから翌朝10時ごろまで。

必ず二時間は休憩時間を確保するように定められていますが、施設によってきちんと取れるところとそうでないところ、様々です。

出勤し申し送り後は夕食介助、その後就寝介助を行い、夜間は見回りや定時のおむつ交換を行います。

翌朝6時ごろから順次起床介助を行い、朝食介助後書類等作成し終了です。

早出・遅出

早出は7時ごろから16時ごろまで、出勤しまだ起床できていない人を起こしたり、朝食準備を手伝ったあと介助します。

9時以降の仕事内容は日勤と同じです。

遅出は11時ごろから20時ごろまで。

こちらは昼食介助後日勤と同じように動き、夕食介助、時間が来るまで就寝介助を手伝います。

短時間勤務

施設によっては家事のみ、食事時間のみ、入浴時のみの短時間勤務があります。

人手が必要なところだけの勤務です。

有料老人ホームは他の施設と比べて何が違うの?

介護付きは「特定施設」、住宅型は在宅サービスに位置づけられますので、制度や介護報酬上は大きく違いがありますが、そのほかの大まかな部分は共通しているところも多くみられます。

運営主体

民間の企業が経営しているところが多いですが、医療法人や社会福祉法人が主体となっているところもたくさんあります。

運営主体の特色により、施設の得意分野や雰囲気も変わってきます。

目的

高齢者が安心して生活を送れることを目的としています。

特養ですと待機人数が多かったり要介護3以上でないと入居できなかったりしますが、そのあたりの基準を大きく緩和し門戸を広げています。

入居の条件

自立から入れる施設、要支援1以上、要介護1以上と入居基準は施設によって様々です。

住宅型では生活保護でも入居可能なところもあります。

自傷他傷行為のある方はお断りされることがほとんどです。

入居の優先順

空いていれば比較的すぐに入居できますが、待機のあるところでも、特養の様に点数計算があるわけではないので、申し込み順としているところが多いです。

費用

入居金で無料から数千万、月額費用で16万円~30万円以上と、施設により大きく幅があります。

国が指定する介護報酬は決まっていますので、各施設の上乗せ費用がその金額を左右します。

だいたい月20万円が相場でしょう。

医療対応

非常に施設によって幅があります。

住宅型でも訪問看護が併設され、医療特化をうたっているところも増えてきましたし、介護付きで24時間看護師が常在しているところもあります。

インシュリンや胃ろうは要相談であったり受け入れのできるところが多いですが、気管切開や常時たん吸引が必要等の医療ニーズが高い人はいまだに入居は難しいのが実情です。

有料老人ホームの求人を探す時にチェックするポイント

指定基準がありながら、運営主体の特色が強く出る有料老人ホームは良くも悪くも施設の違いが大きく、求人を探すときには注意が必要です。

入居者の人数に対して職員の数が大幅に足りていない施設はNG

人手不足の施設では、仕事も忙しく事故の危険性も高くなります。

きちんと人が確保されているのか確認しましょう。

介護施設のHPや求人サイトに記載されている人員を確認する

介護付きの場合は人員配置が決められていますが、住宅型はそうではありません。

まずは下調べを行い、HPやサイトに乗っている人数がきちんと働いているか、応募や面接の際に聞いてみましょう。

有料老人ホームは施設により特色や方針が違うので自分のやりたい事に近い特色の施設を探す

高級有料老人ホームでは利用者に対しての接遇も細かく指導されますし、医療に強い施設では看護師の補助的な仕事も多くあります。

認知症フロアを設けているところもありますし、毎日のレクに力を入れているところ、ひたすら介助をこなすところ様々です。

条件を絞る

長く働くには条件をきちんと提示することが大切です。

自分の譲れないところをリストアップし考えましょう。

収入

基本の給与ももちろんですが、とにかく収入がほしいなら夜勤の手当てや回数にも着目する必要があります。

とにかく稼ぎたいなら、夜勤を多めにさせてくれるか聞くのもいいと思います。

勤務形態

雇用形態で記したとおり、基本はシフト制になりますので、その働き方が難しいようでしたら正社員は難しいかもしれません。

派遣やパートでしたら、多少融通は通ります。

有料老人ホームでの仕事に向いてるのはどんな人?

有料老人ホームに限らず、施設介護には向き不向きがあります。

簡単にまとめてみました。

人のサポート・役に立つ事をするのが好きな人

介護の基本として、「ありがとう」に喜びを感じられる人が大前提です。

体力がある人

在宅介護に比べ、施設は介助量の多い人が多く、力仕事も増えます。

夜勤もありますし、体力がない人には厳しいです。

人の気持ちを理解しようとする気持ちがある人

施設は特に認知症の人が多いですので、思いを察してあげることが必要です。

イレギュラーなことが起きても臨機応変に対応できる人

高齢者相手ですので、どうしても急変や事故の機会は多くあります。

そういった場合、落ち着いて対応できる人が求められます。

明るい人

実は暗くてもかまいません、仕事の間だけ頑張って明るく振舞いましょう。

何より笑顔が大切です。

向いていない人は?

次に上げる方は、有料老人ホームではなく他のお仕事を検討してもいいかもしれません。

実際働くと自分がつらくなるので…。

何度も同じ話をされるのが嫌な人

これでいらいらする人は残念ながら高齢者相手のお仕事が難しいかも…。

頑張って無理をしてしまう人

施設のお仕事はいくらでも仕事がありますので、無理をする人は心身ともに持たないかもしれません。

人に対して親身になり過ぎてしまう人

介護イコールなんでもしてあげるではありません。

時には毅然として、思いや依頼を断ち切らないとどこまでも訴えは続きます。

臨機応変に対応できない人

人相手の仕事ですので、マニュアルどおりに行かないことも多々あります。

その都度柔軟な対応が求まられます。

体力がない人

体力なしで施設介護はまず無理です。

歩くことも力仕事も多いので、人並みの体力は必要とされます。

人の排泄などに関わることに抵抗がある人

在宅介護より施設のほうが排泄介助の機会は多くあります。

苦手なだけなら慣れますが、生理的に無理な人には施設でのお仕事は難しいでしょう。


関連キーワード

介護求人

有料老人ホーム求人についてもっと深堀りした情報を見る

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

有料老人ホームの転職を成功させるために!狙い目な施設の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

近年、増加傾向にある求人の中で有料老人ホームがあります。有料老人ホームは高齢化社会の中で急速に発達しています。介護福祉士の資格を持っている人の転職の中で多いのも有料老人ホームです。しかし有料老人ホームは「個人経営が出来る」と言う事で転職に失敗する事もあります。たくさんの有料老人ホームの中でたくさんの特徴やたくさんの施設経営があります。ここでは有料老人ホームにおける転職についてご紹介します。転職を成功させるためには何をすれば良い?自分が行こうと思う有料老人ホームの特色を調べる一言に有料老人ホームと言ってもたくさんの特色があります。認知症の要介護者が多い有料老人ホームや、比較的寝たきりの要介護者が

有料老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の2個の特徴やキャリアについて解説します

高齢化社会に基づき、近年増加傾向にあるのが「有料老人ホームの求人」です。有料老人ホーム自体が増加傾向にあり、たくさんの求人と特徴ある有料老人ホームがあります。ここでは、有料老人ホームの特徴と、有料老人ホームにこれから勤務する事を考えている人にどのような人が有料老人ホームの仕事に向いているのか。また、逆にどんな人が向いていないのかを自分の体験談も含めてご紹介します。有料老人ホームはどんな施設?有料老人ホームは大まかに説明すると、特別養護老人ホームと養護老人ホームの間に位置する老人ホームです。介護度が1~4位の要介護者が入居する事が多く、特別養護老人ホームには入居出来ないが、自宅では介護が難しいと


有料老人ホーム求人に関するコラム

有料老人ホームの給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方などを紹介します

高齢化が進む昨今、在宅での生活が難しくなったり、体が動かなくなった時のことを考え、有料老人ホームに入る方が増えてきています。要介護度等で入所に制限のある公的施設と違い、民間の施設である有料老人ホームは、入所しやすいという事情から人気が高くなり、たくさん新しい施設が建っています。有料老人ホームには、特定施設である「介護付き有料老人ホーム」と、施設の形態は取っているけれども、介護保険上は在宅サービスに位置付けられる「住宅型有料老人ホーム」「サービス付き高齢者住宅」等があります。様々な形の有料老人ホームがあり、その分求人もいつでもたくさんあります。そんな有料老人ホームの給料事情について見ていきましょ

老人ホームで働くには?資格や勉強しておくべきこと、仕事探しまで経験者が解説!

老人ホームと一言でいってもたくさんの種類があり、厳密には施設であるとか在宅であるとか、公的なものから民間のものまで多種多様です。とはいえ、種類は違えど基本的にはひとつの建物に高齢者が入所もしくは入居して暮らす場所を老人ホームと称しますので、働き方や必要な資格、仕事内容にはそう大差ありません。いつでもたくさんの求人が出ている老人ホーム、そこで働くにはどうすればいいのか、ひとつづつ説明していきたいと思います。老人ホームで働くには?老人ホームで働きたいと思った時、まずは何から始めれば良いのでしょうか。老人ホームで働くために勉強しておくべきことまずは老人ホームの種類とその違いを把握しておきましょう。後

有料老人ホームの仕事内容9個の業務。経験者が教えます!

たくさんある求人の中で、最近急増している求人は「有料老人ホーム」です。高齢化社会の中で高齢者を介護する介護施設は増加傾向にあります。そんな中で有料老人ホームはどんな仕事があるのか、有料老人ホームに勤務しだしてから「自分が考えていたのと違う」と感じてしまっても大変ですよね。有料老人ホームの中にもたくさんの職種があります。介護士はもちろん看護師や調理師や介護事務もいらっしゃいます。ここでは、有料老人ホームの中での職種の違いと、職種での仕事内容をご紹介します。有料老人ホームの仕事は大きく4個の役割に分けられる介護職介護職はその名前の通り、要介護者の日常生活の介護をする人です。排泄や入浴や食事の介助を