たくさんある求人の中で、最近急増している求人は「有料老人ホーム」です。

高齢化社会の中で高齢者を介護する介護施設は増加傾向にあります。

そんな中で有料老人ホームはどんな仕事があるのか、有料老人ホームに勤務しだしてから「自分が考えていたのと違う」と感じてしまっても大変ですよね。

有料老人ホームの中にもたくさんの職種があります。

介護士はもちろん看護師や調理師や介護事務もいらっしゃいます。

ここでは、有料老人ホームの中での職種の違いと、職種での仕事内容、向いている人・向いていない人の特徴、キャリアについてご紹介します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

有料老人ホームの仕事は大きく4個の役割に分けられる

介護職

介護職はその名前の通り、要介護者の日常生活の介護をする人です。

排泄や入浴や食事の介助を行います。

日常生活の他に、要介護者と一番接する事が出来、要介護者と信頼関係が出来ます。

有料老人ホームの中で一番人数が多い職種となります。

有料老人ホームの介護士求人を探す時は、こちらの記事を参考に!

看護師

有料老人ホームの中の看護師は目に見えない仕事がたくさんあります。

内服の管理や有料老人ホームに入居している要介護者の健康管理が一番の仕事です。

しかし有料老人ホームの中の看護師は人数があまり多くありません。

私は勤務していた有料老人ホームは70人程の要介護者が入居している施設で看護師の数は3人の時がありました。

有料老人ホームにはなかなか看護師の応募が無いのが現状です。

これは病院の看護師にお給料よりも有料老人ホームの看護師のお給料が少ないという事にあります。

事務員

介護事務は、勤務している従業員のお給料を管理する事と入居している要介護者の家族へ、介護請求を行う事が仕事になります。

介護請求は国で定める介護認定の介護額を計算して請求する為、入居されている入居者の介護度を覚えておくことが大切です。

また、介護の認定の更新や施設の入居希望者への見学の対応や、新しい入居者の勧誘も仕事の中に入る施設もあります。

調理員

調理員はたくさんの要介護者の食事を毎食作らなければなりません。

介護職ももちろん大変な事はありますが、調理員は目に見えない努力の職員です。

要介護者はたくさんの食事形態があります。

常食・刻み食・一口大食・ソフト食・トロミ食・ミキサー食とたくさんの食事形態の食事を作る事は大変な事です。

一人一人の形態を覚える必要があり、間違える事はできません。

食事の形態を間違うとそのまま命を落とす事があります。

その為最新の注意を払いながらも、急いで食事を作らなければなりません。

介護職の3個の業務

入浴介助

入居者の入浴の介助は大変な仕事です。

一人一人の出来る事が違ってくるため、その人が出来ない事を介助しなければなりません。

高齢者のほとんどは寒がりです。

長い時間浴槽に入る要介護者もいらっしゃいますが、自分で脱水状態になっている事に気がつかず、そのまま湯あたりをしてしまう要介護者もたくさんいらっしゃいました。

要介護者の要望を全て聞いていては、要介護者の体調を崩す事になりかねません。

また入浴介助は暑い中何時間も介護をしていなければなりません。

その為自分も脱水症にならないように気をつけましょう。

食事介助

要介護者は自分で食事が出来ない人もたくさんいらっしゃいます。

その為介護者は出来た食事を口に運ばなければなりません。

しかし食事を他人から介助されるという事は日常生活にほとんどありません。

食事というのは人それぞれペースがあります。

しかし食事介助を必要としている人全員が自分の意志を伝えられるわけではありません。

時間を気にしてスプーン一杯の食事を早いペースで口に運んでしまうと、喉に詰まらせてしまう事もあります。

オムツ交換・トイレ介助

排泄は人が必ず行う事です。

その介助を避けて通る事は出来ません。

トイレの介助やオムツの交換は介護を目指す人にとって慣れるまで辛いものだと感じる事でしょう。

しかし、トイレもオムツも人に任せる事は本人の嫌なものです。

しかし、任せざるを得ない状況でから、仕方なく任せているという事を忘れてはいけません。

その為、要介護者の自尊心を尊重するように心がけましょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

看護師の2個の業務

入居者の体調管理

高齢者施設に入居している要介護者は全員基礎疾患を持っています。

その基礎疾患と違う病院を持っていたり、高齢者施設で新しい病気になる事もあります。

また流行性の病気(感染性胃腸炎やインフルエンザ)にも気をつけないといけません。

基礎疾患を持っている患者さんというのは、基礎疾患だけではなくこういう流行性の疾患が、体力を奪い、命を脅かす事もあります。

内服の管理

基礎疾患があるという事は、内服を継続的に飲んでいるという事になります。

その内服を管理する事が看護師の仕事内容になります。

しかし内服の管理というのは、基礎疾患の内服だけではありません。

臨時的に出た内服や新しい内服を飲んだ後の症状の報告も看護師の仕事に1つになります。

その為内服の内容と、作用と副作用を理解しておく必要があります。

そして人数が多い有料老人ホームとなると、内服の管理も膨大な量になります。

内服の中が間違っていたり、飲ませる相手を間違ったりする事は、ほとんどの施設で起こった事があるでしょう。

その時の対処も看護師が行う事になります。

事務員の2個の業務

職員のお給料の管理

介護事務の仕事の中で私たちに直結してくる所でしょう。

最近はパソコンでお給料を管理している所がほとんどでしょう。

しかし、中規模や小規模の施設では、事務の職員が計算しながら行っている所もあります。

手当の額が間違っていたり、夜勤の回数が間違っていたりする事もあるでしょう。

入居者の介護請求

有料老人ホームは入居料や介護にかかるお金はもちろん必要になります。

介護にかかるお金はその人の介護度によって変わってきます。

介護の上限額があり、その範囲内で介護を提供していかなければなりません。

しかし、裏を返せば上限額さえ超えなければよりよい介護が受けられるという事です。

介護に必要な物品をレンタルしたり、センサーマットを利用したりする事が出来ます。

その介護の請求業務が介護事務の仕事になります。

調理員の2個の業務

たくさんの種類の食事を作る

要介護者にはたくさんの食事形態があります。

それは要介護者の飲み込む力や認知機能によって管理されます。

噛むという事を忘れてしまった要介護者に常食を提供してしまっては、喉にそのまま詰まる事も容易に予測できますよね。

その為「間違える事はできません」調理員は直接要介護者に触れて介助は行いませんが、食事と言う大切な事を介助します。

直接介助しなくてもとても大切な事だという事を忘れてはいけません。

食事伝票の管理

介護度が高い要介護者はなかなか施設の外に出る事はありませんが、自分で歩く事が出来る要介護者は家族と共に外食に出かける事もあります。

その時に外出の為に食事を止める事もあるでしょう。

そんな時に食事の伝票としてどの要介護者がいつ食事を止めたのかを管理する事は、介護の請求に関わってきます。

お金が絡んでくる事なのでしっかり管理し、食事を提供しましょう。

また、要介護者の状態はずっと同じではありません。

介護度が上がったり脳梗塞等で後遺症が残る事も多いです。

食事の形態が変わる事も多いです。

いつからどの要介護者の食事形態が変化するのかも、食事の伝票で管理しましょう。

有料老人ホームでの仕事に向いてるのはどんな人?

有料老人ホームの仕事は特に難しいものではありません。

しかし難しいか難しくないかを感じるのは人それぞれです。

ここでは有料老人ホームの業務を得意とする人、向いている人の特徴についてご紹介します。

人とのコミュニケーションが好きな人

有料老人ホームは要介護者とのコミュニケーションが大切になってきます。

また要介護者だけではなく職員同士の情報交換のも大切になります。

人と話す事が苦手な人や会話が続かない人は、有料老人ホームも業務が辛いと感じてしまう事もあるでしょう。

しかし、コミュニケーションの能力が無ければ有料老人ホームに勤める事が出来ないという事ではありません。

大切な情報や要介護者から聞いてほしい事等、大切な情報を必ず伝えるようにしましょう。

自分に置き換えて考えられる人

有料老人ホームでは、日常生活で体験できない事をたくさん行わなければなりません。

高齢者の入浴介助やオムツ交換等は日常生活でほとんど体験する事は無いでしょう。

しかし、ここで「自分が他の人に入浴介助をされるとしたら・自分がオムツ交換をされるとしたら」と自分に置き換えて考えられる人は要介護者に対して優しい言葉で接する事が出来るでしょう。

私の体験ですが、要介護者に対して便の介助をしている時に「臭い」とはっきり言う人がいました。

信頼関係が出来ていても、自分だったら言ってほしくない言葉だと思います。

人のサポート・役に立つ事をするのが好きな人

介護の基本として、「ありがとう」に喜びを感じられる人が大前提です。

体力がある人

在宅介護に比べ、施設は介助量の多い人が多く、力仕事も増えます。

夜勤もありますし、体力がない人には厳しいです。

イレギュラーなことが起きても臨機応変に対応できる人

高齢者相手ですので、どうしても急変や事故の機会は多くあります。

そういった場合、落ち着いて対応できる人が求められます。

明るい人

実は暗くてもかまいません。

仕事の間だけ頑張って明るく振舞いましょう。

何より笑顔が大切です。

有料老人ホームでの仕事に向いていない人は?

次に上げる方は、有料老人ホームではなく他のお仕事を検討してもいいかもしれません。

実際働くと自分がつらくなるので…。

何度も同じ話をされるのが嫌な人

これでいらいらする人は残念ながら高齢者相手のお仕事が難しいかも…。

頑張って無理をしてしまう人

施設のお仕事はいくらでも仕事がありますので、無理をする人は心身ともに持たないかもしれません。

人に対して親身になり過ぎてしまう人

介護イコールなんでもしてあげるではありません。

時には毅然として、思いや依頼を断ち切らないとどこまでも訴えは続きます。

臨機応変に対応できない人

人相手の仕事ですので、マニュアルどおりに行かないことも多々あります。

その都度柔軟な対応が求まられます。

体力がない人

体力なしで施設介護はまず無理です。

歩くことも力仕事も多いので、人並みの体力は必要とされます。

人の排泄などに関わることに抵抗がある人

在宅介護より施設のほうが排泄介助の機会は多くあります。

苦手なだけなら慣れますが、生理的に無理な人には施設でのお仕事は難しいでしょう。

有料老人ホームの仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

有料老人ホームでも特別養護老人ホームでも「高齢者を介護する事は同じです」高齢者の介護は嫌な事が多いと思ってはいませんか?

もちろん日常生活で他人の排泄物を交換したり、食事の介助をする事は滅多にない事でしょう。

しかしどんな仕事も「慣れ」がきます。

営業職やウェイトレスも始めは皆な初心者です。

介護は大変ですが逆にやりがいも多くあります。

ここでは私の体験や先輩の介護士や看護師から話して頂いた事から「有料老人ホームの仕事のやりがい」についてご紹介します。

要介護者と深い信頼関係が出来る

入居している要介護者は家族と離れて暮らしています。

その暮らしも他人と同じ所にいて他人から自分の体の世話を頼んで暮らしています。

自分に置き換えて考えてもあまりリラックスできる状況ではないでしょう。

その為、普段接する事の多い介護者に助けを求める事が多いです。

自分の考えている事を理解して欲しいと考える要介護者は多いです。

介護の仕事をしていると、要介護者の心に触れる事が出来ます。

もちろん要介護者の思いを叶えることができれば良いのですが、なかな施設の中では叶える事はできません。

しかし、しっかり要介護者の話しを聞く事で、信頼関係を築く事は出来ます。

自分の話しを親身に聞いてくれる人がいるというだけで自分の居場所が出来たように感じると話した言があります。

介護の仕事が忙しい言が多いですが、自分時間を割いてでも要介護者の心の支えになって行きましょう。

看護の基礎知識が身に付く

有料老人ホームのほとんどは「医師が不在」です。

医師がいない状況要介護者の体の状態を管理していかなければなりません。

これは簡単に見えて難しいものです。

内服の管理から病気の症状の管理や緊急の時は救急隊員との申し送りも行います。

しかし、自分に知識が無いと、病気の管理や内服の副作用の観察も出来ないのです。

病院やクリニックのように患者さんをしっかり見て随時医師に報告する事はできません。

自分の判断で病院に受診するのか、救急車に乗せるのかまで判断しなければならない所もあります。

またほとんどの介護者は救急隊員との看護的な会話はできません。

当然ですが、看護師の方がより専門的な会話ができます。

もちろんそのために有料騒人ホームに雇われています。

そのため救急隊員との会話はできるだけ看護師で行うことになっているのです。

また救急車のに乗せる前に「かかりつけ医との連携」必要になる有料法人ホームもあります。

それは有料老人ホームのかかりつけ医が在住している病院に入院施設がある場合です。

入院施設がある病院の医師がかかりつけ医であるならば、日ごろの状態を観察している医師が入院時も観察しやすいという利点があります。

そのため、緊急時の場合かかりつけ医に連絡し、入院やもしくは詳しい検査を行ってほしいことを伝えた後に、救急車で病院にお連れするということができます。

病院についてからも看護師は要介護者の介助を行うためにほとんどの場合は病院にそのままいることがあります。

家族の到着があればいいですが、キーパーソンの家族が遠くにいる場合は入院に手続きも優良老人ホームの看護師が行うこともあります。

入院になるかならないかわからないときでもその要介護者の詳しい情報が入ったノートやファイルをしっかり持っていきましょう。

このような一般の病院では行わないような知識が有料老人ホームでは看護業務として身につきます。

病院では医師に報告すればとんとん拍子に検査や点滴が行われますが、有料老人ホームではいくつかの段階があるのです。

有料老人ホームの仕事で活かせる経験

有料老人ホームに勤務する時に自分の日常生活で体験している事が役に立つことがあります。

ここでは自分が日頃行っている事で、有料老人ホームの勤務にどんな事が活かせるのかをご紹介します。

自宅の掃除

自宅の掃除はもちろん誰しもが行う事でしょう。

有料老人ホームでも掃除は行います。

また近年は1人部屋の有料老人ホームが増加しています。

これは自分の自宅のように過ごす事が出来る有料老人ホームが増えているという事です。

その為、自分が要介護者の部屋を訪れた時に、日頃から掃除等を行っていると、自然と要介護者の部屋を綺麗にする事が出来ます。

ゴミを自然と捨てたり、汚い事に気づく事が出来ます。

食事の仕方

もちろん自分も生きて行く為に食事をするでしょう。

その際に自分はどのように食事をしているのかを考えてみましょう。

私の体験ですが、おかずもご飯も全部混ぜて要介護者に提供する人がいました。

自分はおかずもご飯も全部混ぜて食べる事はあるでしょうか。

自分で混ぜる分には良いと思いますが、人に勝手に混ぜられる事は不快以外の何物でもありません。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

介護の仕事のキャリアアップは「介護の資格を取得する事」です。

介護は初任者研修・実務者研修・介護福祉士と資格の段階があります。

その資格を取得する為に「介護経験年数」が必要となります。

他にも介護の仕事の経験を活かし、他の資格を取得する事も出来ます。

介護と似ている資格の中に「看護師」があります。

高齢者の介護をしていく上で介護だけでは出来ない事もたくさんあります。

介護だけでは勉強出来ない事もあります。

その為要介護者を援助する事から要介護者を治療したいと感じる人ももちろんいらっしゃいます。

そのような人が介護福祉士を取得した後に看護師の免許を取得する事もあります。

また、看護師の他にもケアマネージャーの資格を所得する事もあります。

しかしケアマネージャーも国家資格になる為、初任者研修などと比較しても取得する事は難しくなります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

介護の仕事は他の仕事でも活かす事が出来ます。

実際にどのような仕事に役立つと言うと、コミュニケーション能力は「営業職」でも活かす事が出来ますし、観察力は「看護職」でも活かす事が出来ます。

何より「自分の身内に介護が必要になった時」に自分が介護を経験しているのといないのとでは考え方が全く違ってくるでしょう。

認知症等は誰しもがなる可能性がありますし、予期せぬものです。

自分の経験や介護の経験が自分の身内に役立つ事はとても光栄な事でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

有料老人ホームの様々な職種の仕事内容について簡単にご紹介してきましたが、有料老人ホームに入居しているよう介護者はたくさんの人に守られています。

看護師や介護士や調理員や介護事務もすべての人が「入居者のため」に働いています。

しれは当たり前のようで当たり前ではありません。

利益を出すためだけに有料老人ホームを建てる経営者もいるでしょう。

しかし人の命を預かっているということまで忘れてしまってはいけません。

利益を出すために経営しているような有料老人ホームは人が集まってこないですし、入居者もどんどん入れ替わってしまうでしょう。

たくさんの有料老人ホームの求人があふれている近年では、有料老人ホーム自体の見極めが大切になってきます。

介護者の言葉遣いや、食事介助のやり方や入浴時の声かけがどのように行われているのかを事前に知ることは一番の情報になるでしょう。

また、見学の際に要介護者が「笑っているか」が大切な情報になります、自分のしたいことができず、介護者から嫌な扱いをされているようでは要介護者はまったく笑わないでしょう。

職員同士の雰囲気を見るのは見学だけでは難しいですが、要介護者が笑っているかどうかは、すぐにでも見ることができます。

職員同士が会話し、要介護者が笑ってすごしているような有料老人ホームに就職し良い介護ができるようになっていきましょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




有料老人ホーム求人についてもっと深堀りした情報を見る

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容をご紹介!就職・転職の際にご覧下さい!

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

有料老人ホームの年収はどのくらい?給料が高い人は何が違うの?給料をあげたい人必見!

高齢化が進む昨今、在宅での生活が難しくなったり、体が動かなくなった時のことを考え、有料老人ホームに入る方が増えてきています。要介護度等で入所に制限のある公的施設と違い、民間の施設である有料老人ホームは、入所しやすいという事情から人気が高くなり、たくさん新しい施設が建っています。有料老人ホームには、特定施設である「介護付き有料老人ホーム」と、施設の形態は取っているけれども、介護保険上は在宅サービスに位置付けられる「住宅型有料老人ホーム」「サービス付き高齢者住宅」等があります。様々な形の有料老人ホームがあり、その分求人もいつでもたくさんあります。そんな有料老人ホームの給料事情について見ていきましょ

有料老人ホームの転職を成功させるために!狙い目な施設の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

近年、増加傾向にある求人の中で有料老人ホームがあります。有料老人ホームは高齢化社会の中で急速に発達しています。介護福祉士の資格を持っている人の転職の中で多いのも有料老人ホームです。しかし有料老人ホームは「個人経営が出来る」と言う事で転職に失敗する事もあります。たくさんの有料老人ホームの中でたくさんの特徴やたくさんの施設経営があります。ここでは有料老人ホームにおける転職についてご紹介します。転職を成功させるためには何をすれば良い?自分が行こうと思う有料老人ホームの特色を調べる一言に有料老人ホームと言ってもたくさんの特色があります。認知症の要介護者が多い有料老人ホームや、比較的寝たきりの要介護者が

老人ホームで働くには?必要な資格や勉強は何?募集状況や就職先についてもお話しします!

老人ホームと一言でいってもたくさんの種類があり、厳密には施設であるとか在宅であるとか、公的なものから民間のものまで多種多様です。とはいえ、種類は違えど基本的にはひとつの建物に高齢者が入所もしくは入居して暮らす場所を老人ホームと称しますので、働き方や必要な資格、仕事内容にはそう大差ありません。いつでもたくさんの求人が出ている老人ホーム、そこで働くにはどうすればいいのか、ひとつづつ説明していきたいと思います。老人ホームで働くには?老人ホームで働きたいと思った時、まずは何から始めれば良いのでしょうか。老人ホームで働くために勉強しておくべきことまずは老人ホームの種類とその違いを把握しておきましょう。後