近年、増加傾向にある求人の中で有料老人ホームがあります。

有料老人ホームは高齢化社会の中で急速に発達しています。

介護福祉士の資格を持っている人の転職の中で多いのも有料老人ホームです。

しかし有料老人ホームは「個人経営が出来る」と言う事で転職に失敗する事もあります。

たくさんの有料老人ホームの中でたくさんの特徴やたくさんの施設経営があります。

ここでは有料老人ホームにおける転職についてご紹介します。

「老人ホームの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「有料老人ホーム」の仕事例をチェック

転職を成功させるためには何をすれば良い?

自分が行こうと思う有料老人ホームの特色を調べる

一言に有料老人ホームと言ってもたくさんの特色があります。

認知症の要介護者が多い有料老人ホームや、比較的寝たきりの要介護者が多かったり、逆に自立している要介護者が多く、行事が多かったりと施設それぞれで特色が違ってきます。

自分の目指す介護に近い特色がある有料老人ホームを探しましょう。

有料老人ホームの雰囲気を見る

有料老人ホームにはたくさんの特色があるように、雰囲気も有料老人ホーム毎に違ってきます。

例えば、地域密着型の有料法人ホームでは要介護者に「半敬語」を使う事があります。

しかし高級な有料老人ホームでは敬語しか話す事を許されず、髪型や髪色も制限があります。

介護における考えか方は人それぞれです。

要介護者に深く寄り添う事を望むのか、要介護者に自由に生活出来る場所を提供したいのかで、就職する場所は違ってきます。

転職の前に面接や見学を行い、施設内の雰囲気を見る事が大切になってくるでしょう。

転職するに当たっての必要な心構え

介護に必要な物品を準備する

転職時に介護に必要な物品を準備していないと話しになりません。

自分が学びたいと思う事をしっかり頭に入れる事が大切です。

転職初日にはメモ用紙とペンは必ず持って行きましょう。

また有料老人ホームの中には、時計をしていてはいけない所や、カーディガンを着てはいけないところもあります。

自分が思う有料老人ホームと体制が違う事もありますのでしっかり聞いたり調べたりして転職に望みましょう。

利用者の立場になって考える事

転職するにあたって、要介護者に自分の考えや価値観を押し付けないように、考慮する考えを持って行きましょう。

自分が良いと思ってしている事も要介護者には余計な事である事もあります。

価値観は人それぞれ違いますので、利用者の立場に立って考えましょう。

しかし、脳梗塞や認知症等の自分が経験したことのない病気を持った要介護者の気持ちに寄り添う事は簡単な事ではありません。

自分で出来る事を体験する為に、包帯で自分の手を拘束してみたりして麻痺を持った要介護者がどのような気持ちなのか体験する事も重要な事でしょう。

「老人ホームの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

狙い目な施設の2個の特徴

たくさんある有料老人ホームの求人の中で、狙い目の求人はあります。

ここでは狙い目の求人の特徴をご紹介します。

いつも出ていない求人を狙う

求人を見るたび毎回出ているような求人は「何かがある」と疑って良いでしょう。

給料の体制だったり、残業が多い所だったりと人の出入りが多いといっても良いでしょう。

しかし、毎回出ている求人も全てが悪いというわけではありません。

自分の考え方と同じだったり、自分に合う有料老人ホームかもしれません。

気になるようであれば事前の見学や面接時に直接聞く事をおススメします。

勤務体制がしっかり明記されている企業

個人経営の有料老人ホームよりも法人に加入している有料老人ホームのほうが給料や有給がしっかり明記されています。

しかし個人経営の有料老人ホームでは、要介護者の数も法人の有料老人ホームと比較して少なくなります。

その為緊急の休みや短時間のパートタイムの求人が多く、時間に比較的融通がきく事は個人経営の良い所だともいえるでしょう。

しかし、個人経営は給料変動がある所もあります。

ボーナスが減ったり無かったりする事もありますので、お給料面では法人加入している所が良いでしょう。

上手に転職するための2個の注意点

手当や残業の時間の確認

介護福祉士の資格手当や残業の時間がどれくらいあるのかを求人情報の記載を見ながら確認する事が大切です。

残業は介護職にはつきものです。

しかし残業はあっても長い残業になると仕事が嫌になる事があります。

その為、自分が出来る範囲で残業が出来るのか、残業が出来ないようであれば、残業が無い所を選ぶか正社員ではなくパートタイムの求人に応募する事が良いでしょう。

施設の創業年数

施設の創業年数が長い方が、施設の軸がしっかりしている事が多いです。

たくさんの経験をする事で、介護職として成長するように施設自体もたくさんの経験をする事でたくさんのマニュアルが出来たり、流行性の病気が流行る時期には、対策も考える事が出来ます。

創業年数が少ないと流行性の病気が流行りだしたりすると、対策を取る事が遅れたり、予防策が出来ていなかったりとたくさんの事が起こります。

その為、介護職が負担する事が多くなる事もあります。

しかし創業年数が少なくてもISOを取得していたり、介護職の人数が十分にいらっしゃる所では、何か起こった時に対応出来る事もあります。

その為、創業年数以外にも見学等を行い、事前に施設の中の雰囲気を見て行きましょう。

「老人ホームの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか。

介護職の転職はとても多いです。

自分のあった介護の現場を探す為には転職ももちろん良い事だと思います。

自分に合った介護の現場を探す事は大変な事です。

自分が考える介護について上司が理解を示してくれたり、自分がしている介護を認めてくれる職場で働く事は重要な事です。

仕事に対するモチベーションが高いという事で、介護のスキルアップも望め、自分が提供できる介護の質も格段にアップします。

介護の職場を変えるという事は自分の介護の成長を促す事にもなります。

たくさんの経験が出来る事と、たくさんの要介護者と接する事でコミュニケーション能力や人に気持ちを考える事も出来るようになります。

転職は悪い事ではありません。

自分の為、自分の介護を受ける要介護者の為に転職を考え、きちんと調べて転職を成功させましょう。




有料老人ホーム求人についてもっと深堀りした情報を見る

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容をご紹介!就職・転職の際にご覧下さい!

有料老人ホーム正社員を目指している方は必見です。老人ホームには様々な職種が設けられていることを皆さんはご存知でしょうか?施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc。今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホームで身に付くスキルやあなたに合う求人の選び方や注意点もお伝えできればと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではな

有料老人ホームの年収はどのくらい?給料が高い人は何が違うの?給料をあげたい人必見!

高齢化が進む昨今、在宅での生活が難しくなったり、体が動かなくなった時のことを考え、有料老人ホームに入る方が増えてきています。要介護度等で入所に制限のある公的施設と違い、民間の施設である有料老人ホームは、入所しやすいという事情から人気が高くなり、たくさん新しい施設が建っています。有料老人ホームには、特定施設である「介護付き有料老人ホーム」と、施設の形態は取っているけれども、介護保険上は在宅サービスに位置付けられる「住宅型有料老人ホーム」「サービス付き高齢者住宅」等があります。様々な形の有料老人ホームがあり、その分求人もいつでもたくさんあります。そんな有料老人ホームの給料事情について見ていきましょ

老人ホームで働くには?必要な資格や勉強は何?募集状況や就職先についてもお話しします!

老人ホームと一言でいってもたくさんの種類があり、厳密には施設であるとか在宅であるとか、公的なものから民間のものまで多種多様です。とはいえ、種類は違えど基本的にはひとつの建物に高齢者が入所もしくは入居して暮らす場所を老人ホームと称しますので、働き方や必要な資格、仕事内容にはそう大差ありません。いつでもたくさんの求人が出ている老人ホーム、そこで働くにはどうすればいいのか、ひとつづつ説明していきたいと思います。老人ホームで働くには?老人ホームで働きたいと思った時、まずは何から始めれば良いのでしょうか。老人ホームで働くために勉強しておくべきことまずは老人ホームの種類とその違いを把握しておきましょう。後

有料老人ホームの仕事内容は?看護師など役割に分けてご紹介!向いてる人の特徴も教えます

たくさんある求人の中で、最近急増している求人は「有料老人ホーム」です。高齢化社会の中で高齢者を介護する介護施設は増加傾向にあります。そんな中で有料老人ホームはどんな仕事があるのか、有料老人ホームに勤務しだしてから「自分が考えていたのと違う」と感じてしまっても大変ですよね。有料老人ホームの中にもたくさんの職種があります。介護士はもちろん看護師や調理師や介護事務もいらっしゃいます。ここでは、有料老人ホームの中での職種の違いと、職種での仕事内容、向いている人・向いていない人の特徴、キャリアについてご紹介します。有料老人ホームの仕事は大きく4個の役割に分けられる介護職介護職はその名前の通り、要介護者の