サービス付き高齢者向け住宅でのお仕事について、ご紹介していきます。

求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方から、向き不向きややりがいまで解説していきますので、ぜひ参考にしてください!

「高齢者向け住宅の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

サービス付き高齢者向け住宅求人での大まかな仕事内容

高齢者向けの建物に住んでいる入居者様の生活を支援するのが大まかな仕事内容になります。

時には部屋へ伺い、訪問介護として掃除や洗濯をといった生活支援を行ったり、パット交換や入浴の介助といった身体介護を行います。

施設によっては施設内にデイサービスを設けている場所もあり、デイサービスでは事前に決まっている参加者で集まってレクリエーションやリハビリといった活動を行います。

夜間も入居者の体調が悪化した際などナースコールで職員を呼ぶ事があります。

すぐに対応できるように、宿直として職員が最低でも1名配置されています。

サービス付き高齢者向け住宅にはどんな種類があるの?

サービス付き高齢者向け住宅は大きく分けて、一般型と介護型に分かれています。

一般型

一人暮らしの高齢者や高齢者の夫婦のみで生活していて、日々の生活が不安に感じてきている頃の状態(自立~要支援等の軽い介護度)の方向けの住宅です。

サービス付き高齢者向け住宅の建物内はバリアフリー環境になっていたり、車イスでもすれ違う事のできる広さの廊下がある為、安心して過ごす事ができます。

人によっては介護保険の範囲内で必要に応じ、洗濯や掃除や入浴といった訪問介護のサービスを利用していく事ができます。

介護型

介護が必要な場合に、常駐している職員から介護のサポートや生活支援を行う事が可能な住宅です。

介護付き有料老人ホームと同じような形態で運営している為、介護度の高い高齢者でも利用が可能です。

「高齢者向け住宅の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

サービス付き高齢者向け住宅求人でよくある募集内容とは?

よく見かけるサービス付き高齢者向け住宅求人に共通の内容を解説します。

給与相場

平均として月給での雇用とされている正社員は約12万円~18万円前後と低くなっています。

時給計算のアルバイト・パートの場合は平均して900円前後になります。

正社員の場合は受け持っている業務や立場によって役職手当がプラスになり、それ以外にも、夜間の勤務を行っている場合には夜勤手当として1回に付き平均して5000円前後を給与に加算されていきます。

基本給が少ないのが目立ちますが、基本給の相場だけでなく、他の手当の面も見逃さないようにしましょう。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は様々ですが、基本的には9時~18時の日勤帯の時間や、7時~16時の早番等があります。

夜間も勤務となる宿直は勤務先によって時間が異なりますが、出勤時間から仮眠休憩込みで24時間会社に滞在します。

残業は他の介護施設と比較すると、少なめです。

理由としては、入居者の自立度が高く、スケジュール通りに行動しやすい点が主な理由です。

細かな事務作業を受け持っていると、それの進捗状況次第で残業をする場合があり、特に月末や月初は忙しくなりがちです。

福利厚生

多種の介護業界や一般的なサラリーマンと特に変化のなく、賞与は平均して年に2回。

賞与も少なめですが用意されています。

特に賞与は基本給が少なめに設定されている為、あまり多くは支給されないということを、あらかじめ頭に入れておくといいでしょう。

介護の求人には記載されていませんが、朝・昼・夜の1日3回、調理スタッフが作った食事を他の入居者様と一緒に食べたり、検食と言う形で食べることが出来ますので、仕事の度に弁当を持参したり、コンビニやスーパーで用意したり外食に出掛ける必要がない点は便利です。

勤務場所

サービス付き高齢者向け住宅は他の介護施設と比較すると、数はあまり多くありません。

自立度の高い人が多く住んでおり、外出に出掛ける人が多い為、近くにバス停や駅があり交通の便が優れている所に立地しています

車で仕事に行く場合には出勤ラッシュと帰宅ラッシュに時間によって巻き込まれる場合がありますので、計算に入れたうえで考えると良いでしょう。

必要なスキルや資格、経験

介護職員初任者研修(ヘルパー2級)が最低限必要な資格になっています。

サービス付き高齢者向け住宅の職員が行う介護業務は、訪問介護として行います。

訪問介護を行うにあたり、介護の資格が少なくとも持っている必要があります。

介護職員初任者研修の資格は、受講料が平均5万~8万程と教室によって費用に差がありますが、そこで130時間の講習を受ける事で取得する事ができます。

最後に簡単な試験がありますがしっかり学んでいれば苦労する事はありません。

資格こそサービス付き高齢者向け住宅へ入社にあたって必要とされますが、経験年数は特に重視されていません。

高齢者向け住宅での仕事が向いている人

お年寄りに好意的

入居しているお年寄りと、直接接する仕事になりますのでお年寄りが好きでないと、いつの間にか嫌な表情や態度を取ってしまいます。

以外にもすぐに相手には気づかれますし、言葉に出さなくても態度だけで相手の気分を悪くすしてしまう場合があるので注意しましょう。

しかし、介護を仕事にするにあたり、最初からお年寄りが好きである必要はありません。

関わっていくうちに親身な関係になるので、自然と慣れていくので大丈夫です。

接遇がある程度出来る人

サービス付き高齢者向け住宅1棟で入居できる人数は平均して55~60名ほどです。

その為、空室があれば見学に来る人がいますし、外部のデイサービスを利用している人がいれば迎えの職員が来ます。

家族の人が面会に来ることや、ケアマネージャーが様子を見に来ることもある為、1日の中で来客が来ないという事はまずありえません。

その為、入居されている人以外にも適切な対応を行う事が求められます。

場合によっては見学の対応や認定調査の立ち合いに同席する時がありますので、相手に不快感を与えない対応が最低限必要になります。

話すことが好き

他の介護施設と異なり、全体的に介護度が低い高齢者が多く入居しています。

その為、基本的な介護技術を発揮する機会は少ないです。

しかし、コミュニケーションがしっかりと取れる高齢者が多い為、関わる事においてコミュニケーションが非常に重要になります。

時には高齢者の悩みを聞いたり、時には冗談を言い合って笑ったりと、親身な対応がサービ付き高齢者向け住宅には求められています。

高齢者向け住宅での仕事が向いていない人

臨機応変な対応が苦手な人

自立度が高い入居者が多い為、筋の通った意見を言われる時がありますし、わがままな性格の人には無茶な事を要求される事があります。

実現可能な意見ならば、貴重な意見として職員の間で相談すれば良いですし。

実現が難しい事や、職員としてできない行動の場合には、きっちりと断る必要があります。

当然ですが、その時の対応が悪いと、相手の機嫌を損ね、ケンカになりますし、嫌な記憶ほど頭に残る為、場合によっては根に持つ事があります。

ひどい場合では、顔を見る度に追いかけまわしてくる人もいますので、接し方には一層の工夫が必要になります。

人見知り

人間を相手に行う仕事ですので、人見知りで緊張してしまう人はとても苦労する事になります。

しかし入居者のお年寄りであれば、日を重ねていく事で慣れていくので心配を少ないでしょう。

サービス付き高齢者向け住宅では、1日の間に、様々なお客様が来ますので、人見知りの人にとって一番苦痛なのはそこです。

人員配置などの場合によっては施設見学などの対応を迫られる事になるでしょう。

緊張してしまうのは仕方ありませんが、未熟な対応を行ってしまうと、後でクレームのもとになる事があります。

介護業界で働く事を検討している人見知りの方は少しずつ解消できるよう努力をした方がいいかもしれません。

高齢者向け住宅での仕事のやりがいはコレ!

入居者と親身な関係になれる

記憶がクリアな高齢者が多い為、職員の名前や日々の出来事をしっかりと覚えている場合がほとんどです。

関わっていく度に、共通の思い出を作り上げていき、親密な関係になれる為に本当に家族の様な間柄になれる場合も珍しくありません。

感謝される事が多い

サービス付き高齢者向け住宅で仕事をしていると、必然的に入居者に対して様々なサービスを行う事になります。

訪問サービスを行うと、ほとんどの入居者から「ありがとう」と感謝される事と思われます。

時にはお菓子などの差し入れが貰えるかもしれません。

感謝される事で、職員としても嬉しい気持ちになります。

非常にやりがいを感じる瞬間です。

介護以外の事もできる

介護技術を必要としない反面。

コミュニケーション能力を使う機会が多いです。

それ以外にも、病院やスーパーまでの送迎や、時には居室の備品の修理を頼まれる事もあったり、新規で入居する人の引っ越しの手伝いもする事もあり、便利屋のように様々なジャンルの乗務を行う事ができます。

長い間同じ仕事を続けると飽きてしまう人にとっては非常に働きやすいですし、介護以外の知識を得る事が出来る為、将来役に立つ事間違いありません。

自分にあったサービス付き高齢者向け住宅求人の選び方や注意点

ここでは後悔しない為の求人の選び方を解説しますので、参考にしてください。

【選び方①】雇用形態から探す

正社員での雇用が基本的な雇用形態となりますが、サービス付き高齢者向け住宅は派遣社員やパートでの雇用も多く行っています。

当然正社員での雇用の方が、賞与や有給が与えられる点を考えると、正社員での募集が狙い目の求人となります。

しかし、決まった時間帯での勤務を希望している場合は派遣社員やパートで雇用される事も大切な選択肢になります。

【選び方②】職種から探す

基本的にはケアスタッフとしての雇用となりますが、資格や経験年数によっては、管理者や、生活相談員といった役職を与えられることになります。

重要な役割を与えられる場合にはそれに合わせて、役職手当も付きますので求人選びの参考にして下さい。

【選び方③】会社の業態から考える

入居している高齢者の人数が多い場所の方がサービス付き高齢者向け住宅として、安定感がある為、継続して働き続けたい人は設立されて数年経過している所を就職先として考えるのが無難な選択肢でしょう。

近年では、介護に関係する建物が増えており、オープニングスタッフとしての募集を行っています。

サービス付き高齢者向け住宅も例外ではありません。

まだ入居者も少なく、業務の基盤が出来上がっていない状態なので、業務の中で試行錯誤していく大変さはありますが、自分たちで会社を築き上げていきたいと思っている人にはオープニングスタッフという選択肢は非常に有効です。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

正社員であればサービス付き高齢者向け住宅の給料の相場は平均して14万円~20万円前後です。

アルバイト・パートであれば時給は900円前後です。

また、介護系の資格を持っていることで給料に加算されますし、勤務時間に夜勤が含まれている場合には、夜勤の回数に応じて夜勤手当が加算されますので、総合した給料を参考にして下さい。

【選び方⑤】エリアから考える

サービス付き高齢者向け住宅は他の介護施設と比較すると、数は少ないの為、場所によっては通勤距離が長くなってしまう可能性があります。

住宅街や街中に立地している事が多いです。

通勤時間が長いとそれだけでストレスを抱えてしまう為、なるべく近くて条件のいい場所を見つけるといいでしょう。

注意点

場所によっては、常にギリギリの人員配置で運営しているサービス付き高齢者向け住宅も存在します。

それはどの介護施設でも人手不足であるのと同じで、人が足りていない分、いくら自立度が高く手がかからないとはいえ、訪問介護や業務の時間に追われる事になり、大変な思いをしてしまう事があります。

応募の際には、何人の職員が1日に平均して働いているのか。

夜間帯の業務を検討している人は月に何回夜間業務があるのかを事前に確認するといいでしょう。

「高齢者向け住宅の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

高齢化社会において、介護施設は増加傾向にありますが、増えすぎた為に潰れてしまう介護施設も少なくありません。

高齢者が衰えて行く原因は、人との関わりが薄くなり、生活にメリハリが無くなっていく事です。

その為、サービス付き高齢者向け住宅では、関わりの場があり、生活も規則正しく行う環境が用意されています。

サービス付き高齢者向け住宅は高齢者の健康寿命を延ばすために一役買っていると言ってもいいでしょう。


関連キーワード

介護求人

介護求人についてもっと深堀りした情報を見る

グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

今回は、グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、その場合の上手な転職方法を解説していきます。少しでも興味のある方は、ぜひご覧いただければ幸いです。グループホームへの転職や、グループホームからの転職は多い?他の介護の施設と異なり、特にグループホームは介護系の資格を取得していない、無資格の状態でも応募が可能な施設が多く、そのため入社にかかる敷居が低いこともあり、介護に興味がある人が最初にくぐる門のようなイメージがあります。もちろん資格が必須の場所もありますし、長期的に働くベテランの人や、施設長といった管理職になる人もいますので全てがそうとは限りません。グループホームで勤務してい

介護支援専門員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

現代日本は過去に例を見ないほどの高齢化社会を迎えています。加齢や疾病により介護が必要となる高齢者もそれに比例して増えており、要支援・要介護の認定を受けている高齢者は平成30年10月現在で650万人を超えている状態です。2000年から介護保険制度が開始され、それとともに介護支援専門員、通称ケアマネジャーと呼ばれる資格も創設されました。誕生から19年が経ち、介護支援専門員の活躍する場所も多く存在するようになっています。今回は介護支援専門員が活躍している働き先やおすすめの求人について紹介していきたいと思います。介護支援専門員のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容介護支援専門員の仕事は、日常で介護が必

生活相談員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

生活相談員の転職についてどのような点に注意したらいいか、よりよい職場環境とはいったいどういった場所なのか。転職について注意点、転職活動の成功させるポイントをご紹介します。生活相談員の転職で注意したほうが良い2個のこと業務範囲生活相談員は事業所の規模や会社が生活相談員に求める役割についてどの程度言及しているかによって大きく異なります。利用者や家族との会話から日々の様子を知り、変化があれば福祉職の観点からその変化が後々の生活環境に影響するのか推測し相談するためにも送迎という役割を担うことが多いです。生活相談員が添乗員として行く場合だけなく、生活相談員自身がドライバーとなり送迎をすることが多いです。

訪問介護バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて解説します

現在日本は高齢化社会で介護についての問題は多く取り上げられていますよね。今回は在宅で生活している高齢者への介護サービスで活躍している訪問介護の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。訪問介護は、要支援や要介護で日常生活に介助が必要なお年寄りへのサービスです。訪問介護バイトではどんな仕事をしているのか、求人内容はどのような感じなのか分かりやすくお話をしていきます。介護職に興味がある方や高齢者との関りが好きな方、何か人のためになること、やりがいのある仕事に興味がある方の参考になればと思います。訪問介護とはどんな仕事?訪問介護とは利用者の自宅に出向き、日々の生活で必要な介護を行う仕事です。訪

介護施設の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

介護の仕事がしてみたい方にとって、どんな仕事内容なのか気になるところです。一般にいわれているのが「三大介護」というものです。これはどういったことかといいますと「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。その他にも介護業界には色々な仕事があります。そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話を進めていきたいと思っています。介護業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。介護施設の仕事にはどんなものがあるの?介護の仕事は実に多彩です。施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などといった業務もあります。また訪問系ですと調理、入浴、整理整頓などの身の回り

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

生活相談員の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

介護関連のお仕事を探していると、「生活相談員」という職種の名前を目にすることがあります。名前だけ見ると「生活に関わる事の相談を受けるお仕事」ですが、それだけではありません。実際にどのような仕事なのか、どんな人が向いているのか、その後のキャリアアップや必要な資格も踏まえて、紹介していきます。生活相談員の仕事にはどんなものがあるの?利用者やそのご家族の方たちに対して、専門的な知識を持って生活の相談を受ける、ソーシャルワーカーとしてのお仕事です。これが生活相談員の役割であり、この職種に期待されている事でもあります。また、ケアマネージャーや医療機関などとの連絡・調整を行い、各種介護サービスの手続きや介

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」福祉の業界で働いている方で、このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の仕事と良い求人の探し方をお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にするケアマネージャーは「施設ケアマネージャー」と呼

特別養護老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

特別養護老人ホームでは、介護度が高い人が入所しています。また、他の介護施設と違う所はその「要介護者の人数」です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、人数が多いです。要介護者が多いという事は、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、特別養護老人ホームの仕事はどんな人が向いているのか、どんな人が介護に合っているのかをご紹介します。特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、週2~3の入浴介助が一般的な介護になります。仕事上の役割とは?特別養護

居宅介護支援事業所求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

介護業界で働くにあたり、資格はたくさんありますが、その中で一番取得が難しいのがケアマネージャーの資格です。試験や研修も大変ですが、何よりも基礎資格での5年以上の実務経験が必要ですので、受験資格を得るまでも簡単ではありません。それでも、今も根強い人気のあるケアマネージャー。この仕事を目指している人はたくさんいます。そんな方にもわかりやすいように、居宅介護支援事業所でのケアマネージャーの仕事やおすすめ求人のポイントを詳しくお話していきます。居宅介護支援事業所にはどんな仕事があるの?居宅介護支援事業所で居宅ケアマネージャーとして働く場合、その仕事内容は一言では言えない位多岐に渡りますが、基本的な仕事