「長く安定して働きたい」と、介護の仕事を目指している方も多いのではないでしょうか。

高齢化が進むにつれて、介護サービスの必要性はますます増え、介護市場は今後も拡大すると予測されています。

介護の仕事と一口にいっても、いろいろな種類がありますが、「ホームヘルパー」という仕事はご存知でしょうか?

ホームヘルパーは、その名の通り利用者の自宅に訪問して介護を行う仕事です。

介護の仕事なので、もちろん体力的にも精神的にもきついことがありますが、やりがいも多い仕事です。

また、雇用形態によっては、好きな時間に働くことができるので、お子さんがいる方でも安心して働くことができます。

では、肝心な仕事内容はどんなことを行うのでしょうか。

今回は、ホームヘルパーの仕事内容について、詳しくご紹介します。

ホームヘルパーの仕事の大まかな内容は?

ホームヘルパーは、利用者の「自宅」に訪問し、日常生活での困難をサポートする仕事です。

利用者が受ける介護内容は、人それぞれ異なり、ケアマネージャーと利用者、家族との話し合いによって決められ、その介護内容に基づいてヘルパーが介護を行います。

ホームヘルパーの仕事は、「利用者のできないことを代わりに行う」と、イメージしている方も多いと思いますが、頼まれたことはなんでもやるのが仕事ではありません。

自宅で介護することによって利用者が持っている力を活かし、できないことをできるように支援することを目的に行うのです。

仕事内容は、大きく分けて「身体介護」と「生活援助」の2つに分かれます。

それでは、次の章で詳しく紹介します。

ホームヘルパーの仕事は大きく2つの役割に分けられる 

身体介護

身体介護は、利用者の体に直接触れて介助を行うことを指します。

利用者の意欲向上を目的としているので、全てヘルパーが行うのではなく、利用者と一緒に行うことが大切です。

具体的な介護内容は、排泄、オムツ交換、体の清拭、入浴介助、着替え介助が挙げられます。

生活援助

日常生活で利用者が行うことができない、家事をサポートします。

例えば、掃除、洗濯、買い物、調理、病院での薬の受け取りなどの、直接体に触れずに援助をする内容です。

生活援助は、家事代行に似ている部分もあるため、「お手伝いさん」のように思われがちですが、全く異なります。

なぜなら、このサービスは、利用者に対して行われる、日常生活内の困難を援助することが目的です。

たとえば利用者が生活していない家族の部屋の清掃や、ペットの世話などを頼まれてもサービスの対象に含まれません。

身体介護の3個の業務

排泄介助

排泄介助では、トイレへ誘導し、ズボンの上げ下げや、必要があれば下半身の洗浄を行います。

誘導時は、歩行が困難な方もいらっしゃるので、転倒しないように注意が必要です。

しっかりと手を引いて歩行の介助を行います。

オムツを着用している方は、オムツ交換を行い、汚れていたら下半身の洗浄や、清拭を行います。

食事介助

食事介助では、ご自分でうまく食事ができない方が、安全に食べられるように介助します。

次々と口に運べば良いという訳ではなく、利用者が食べ物を喉に詰まらせないよう、飲込むのを確認しながら、利用者のペースに合わせて行うことが大切です。

また、利用者の中には、加齢によって歯が少なく、噛むのが困難な方もいらっしゃるので、利用者の食べやすい大きさに合わせて調理します。

嚥下(えんげ)が困難な方には、ミキサーでペースト状態にした、「流動食」を調理することもあります。

入浴・着替え介助

浴槽の掃除をしてからお風呂を沸かし、利用者の着替えを用意します。

入浴介助では、洗髪や体を洗うお手伝いをします。

できるところはご自分で洗って頂き、できなかったところはホームヘルパーが行います。

お風呂場は床が濡れて滑りやすく、転倒の危険も考えられますので十分な注意が必要です。

衣類の着脱も同様に、できることは、ご自分で行って頂きます。

体は動かさないと衰えてしまうので、できるところはなるべくご自分で行って頂くことが大切です。

また、入浴や着替え以外にも、洗顔や歯磨き、爪切り、髭剃りや髪の毛を乾かしたり、髪の毛のセットも行います。

生活援助の4個の業務

清掃・洗濯

清掃

トイレ、浴室、キッチン、ベットメイキングなどの清掃を行います。

それぞれのお宅によって、掃除の仕方は異なりますので、掃除方法を覚えておかなければなりません。

掃除機を使用して、水拭きで綺麗に床を掃除します。

洗濯

利用者の汚れてしまった衣類を洗濯します。

洗濯をした衣類を畳んで、押入れやクローゼットに整理して入れるところまでを行います。

もし、必要があればアイロンをかけたり、ボタンがほつれてしまった服があれば、縫うこともありますので、家事全般のスキルが必要です。

買い物・食事の用意

買い物

利用者と買い物に同行したり、代行で買い物に行きます。

利用者から代金を預かって、頼まれた品物を買い物に行きますので、必ずレシートを貰い忘れないようにしましょう。

あくまでも利用者から預かったお金なので、たとえ親切心であっても、「安かったからこれも買ってきた」と頼まれていないものを勝手に購入してはいけません。

トラブルの原因になりますので、最低限の品物を買うようにしましょう。

食事

料理の下ごしらえ、利用者の好みの味付けで、栄養面を考えた調理をします。

食事を終えたら、食器を洗い、片付けを行います。

ホームヘルパーの仕事に必要な資格やスキル

ホームヘルパーは、利用者の家庭に1人で訪問するケースが多いため、必ず資格を取得していなければなりません。

「介護職員初任者研修」か「介護福祉士実務者研修」のいずれかの資格が必要です。

しかし、だからといって未経験者や資格取得者が、チャレンジできないわけではありませんのでご安心ください。

会社によっては、無資格でも募集をしているところもありますし、入社後からでも資格取得が可能な会社もあります。

そのうえ、会社によっては、資格取得費用を負担してくれるケースがあるので、無資格の方でもチャレンジできます。

会社が資格取得の費用を負担してくれる場合は、求人に記載がありますので、チェックしてみてください。

介護職員初任者研修

「介護職員初任者研修」は、ホームヘルパーの仕事をするうえで必要な資格です。

介護の資格は、短期間で取得できる物から、難しい国家資格まで、様々な種類がありますが、介護職員初任者研修は最も取得しやすく、介護の入門資格とも言えます。

介護の基礎知識やスキルを学び、最後の試験に合格することで取得することができます。

3カ月ほどの短期間で取得でき、かかる費用は、数万~数十万円ほどです。

介護福祉士実務者研修

前述した「介護職員初任者研修」か『介護福祉士実務者研修』のいずれかを取得している必要があります。

「介護職員初任者研修」よりも詳しく幅広い知識やスキルを学ぶことができる資格です。

医療的なケアや、たん吸引などのスキルも身に付きます。

介護職でスキルアップしたい方は、是非ともチャレンジしてみてください。

基本的な家事業務ができる

ホームヘルパーは、利用者の住み慣れた自宅に訪問して介護を行う仕事なので、全く家事ができないのでは務まりません。

周囲にスタッフがいる施設とは異なり、1人で家庭に訪問しなければならず、ある程度の家事ができることが大切です。

家事に自信がないという方は、自炊の仕方や、野菜の切り方など、基礎的なことはできるように練習しておきましょう。

ホームヘルパーの仕事の大変な点や難しい点

ホームヘルパーの仕事は、利用者と買い物に行ったり、調理をしたり「楽しそうだな」というイメージのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに楽しいことや、やりがいももちろんありますが、思った以上に大変なこともあります。

では、具体的にどんな大変なことがあるのでしょうか。

それではご紹介します。

綺麗な仕事ばかりではない

ホームヘルパー仕事は、排泄介助で汚物の処理をしたりと、決して「きれい」とは言えない業務もあります。

オムツ交換のときに汚物に触れることもありますし、もしも失禁してしまった場合は、汚れてしまった衣類やシーツの洗濯を行わなければなりません。

また、一人暮らしの利用者の中には、身体の不自由な方や、認知症を患っている方もいます。

ご自分で掃除をすることができないので、部屋の中はゴミだらけで、臭いが気になることもあります。

酷いところは、ねずみやゴキブリが出た家庭もありました。

必ずしも清潔な環境であるとは限らないので、心得ておきましょう。

気を遣う

利用者の家庭で介護を行うことは、思った以上に大変です。

施設のように、いつでも物が揃っているわけではないですし、家庭によって物を置く場所が違うので戸惑うこともあります。

また、利用者の家族との関係性を築かなければならず、業務に集中しすぎて、家族に挨拶をし忘れていたなんてことにならないようにしましょう。

それに、家族の前で介護を行うことは、かなり神経をつかうので、気疲れすることもしばしばあります。

判断に戸惑う

ホームヘルパーは、基本的に一人で訪問し、一人で介護を行わなければなりません。

何年か勤めていると、イレギュラーな場面に出くわすこともあります。

いつも通りに訪問すると、利用者の様子がいつもと違って、ぐったりしているなんてこともあります。

介護施設での勤務なら、他のスタッフも一緒に働いてますし、看護師に診てもらったり、相談することができます。

しかし、ホームヘルパーは不測の事態が起こった時に、頼れる人がいないのです。

病院に受診した方がいいのか、初めの頃は自分の判断に自信が持てず、不安になります。

そういった場合、落ち着いて他のスタッフに連絡して指示を仰ぎましょう。

細かい要求をされる

ホームヘルパーは、介護保険で要支援と認定された方の、生活の困難なことを支援する仕事です。

決して、家政婦でも何でも屋ではありません。

利用者の家族の中には、細かい要求をしてくる方もいます。

たとえば「買い物のついでにこの郵便を出しといてくれる?」だとか「植物に水をあげといて」と、明らかにサービス対象外の要求をされることがあります。

「1回くらいなら良いか」と引き受けてしまうと、色々と頼まれてしまうケースがあるので断りづらいとは思いますが、断りましょう。

もし断れない場合は、ケアマネージャーに相談しましょう。

ホームヘルパーの仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

「ありがとう」と感謝してもらえる

介護施設では、たくさんの利用者のケアを行いますが、ホームヘルパーの仕事は、利用者とヘルパーで一対一のケアを行います。

そのため、担当したばかりの頃は、あまり元気のなかった利用者に笑顔が見られたり、徐々に関係が深まっていくのが嬉しいです。

利用者から「ありがとう」や「○○さんが担当でよかった」と言ってもらえることも多く、「この仕事やっててよかった」と心の底から思います。

利用者の成長を感じたとき

ホームヘルパーの仕事は、利用者との距離が近いからこそ、利用者の少しの成長がたまらなく嬉しいのです。

ケアをするなかで、今まで立ち上がることができなかった利用者が、立ち上がれるようになったり、ご自分でスプーンを持って食事ができるようになったり、利用者ができなかったことができるようになったことは、まるで自分のことの様に感動します。

その喜びを利用者の家族にも報告すると、家族からも「ありがとうございます」と深く感謝され、この上ない喜びを感じることができます。

好きな時間に働ける 

ホームヘルパーは、正社員やパートだけでなく、登録ヘルパーという雇用形態があります。

自分に合った働き方ができるのもメリットです。

特に、パートや登録ヘルパーは、好きな時間に勤務することができます。

ご自宅から直行・直帰ができるので、他の仕事と比較して、より短時間で働くことができるのです。

小さなお子さんがいる方、自宅で介護をしている方は安心して仕事ができます。

パートの求人にも無資格でも募集しているところもあるので、チャレンジするのにそれほど敷居は高くないでしょう。

ホームヘルパーの仕事が気になる方は、是非挑戦してみてください。

まとめ

ホームヘルパーの仕事内容について、ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

多様な仕事があり、「大変そう」と思った方もいるかもしれません。

もちろん大変なこともありますが、それ以上にやりがいが多いので、一度退職した方も「またホームヘルパーとして働きたい」という方も多いですよ。

応募を検討している方の、参考になれば幸いです。


関連キーワード

介護求人

介護求人についてもっと深堀りした情報を見る

グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

今回は、グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、その場合の上手な転職方法を解説していきます。少しでも興味のある方は、ぜひご覧いただければ幸いです。グループホームへの転職や、グループホームからの転職は多い?他の介護の施設と異なり、特にグループホームは介護系の資格を取得していない、無資格の状態でも応募が可能な施設が多く、そのため入社にかかる敷居が低いこともあり、介護に興味がある人が最初にくぐる門のようなイメージがあります。もちろん資格が必須の場所もありますし、長期的に働くベテランの人や、施設長といった管理職になる人もいますので全てがそうとは限りません。グループホームで勤務してい

介護支援専門員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

現代日本は過去に例を見ないほどの高齢化社会を迎えています。加齢や疾病により介護が必要となる高齢者もそれに比例して増えており、要支援・要介護の認定を受けている高齢者は平成30年10月現在で650万人を超えている状態です。2000年から介護保険制度が開始され、それとともに介護支援専門員、通称ケアマネジャーと呼ばれる資格も創設されました。誕生から19年が経ち、介護支援専門員の活躍する場所も多く存在するようになっています。今回は介護支援専門員が活躍している働き先やおすすめの求人について紹介していきたいと思います。介護支援専門員のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容介護支援専門員の仕事は、日常で介護が必

生活相談員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

生活相談員の転職についてどのような点に注意したらいいか、よりよい職場環境とはいったいどういった場所なのか。転職について注意点、転職活動の成功させるポイントをご紹介します。生活相談員の転職で注意したほうが良い2個のこと業務範囲生活相談員は事業所の規模や会社が生活相談員に求める役割についてどの程度言及しているかによって大きく異なります。利用者や家族との会話から日々の様子を知り、変化があれば福祉職の観点からその変化が後々の生活環境に影響するのか推測し相談するためにも送迎という役割を担うことが多いです。生活相談員が添乗員として行く場合だけなく、生活相談員自身がドライバーとなり送迎をすることが多いです。

訪問介護バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて解説します

現在日本は高齢化社会で介護についての問題は多く取り上げられていますよね。今回は在宅で生活している高齢者への介護サービスで活躍している訪問介護の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。訪問介護は、要支援や要介護で日常生活に介助が必要なお年寄りへのサービスです。訪問介護バイトではどんな仕事をしているのか、求人内容はどのような感じなのか分かりやすくお話をしていきます。介護職に興味がある方や高齢者との関りが好きな方、何か人のためになること、やりがいのある仕事に興味がある方の参考になればと思います。訪問介護とはどんな仕事?訪問介護とは利用者の自宅に出向き、日々の生活で必要な介護を行う仕事です。訪

介護施設の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

介護の仕事がしてみたい方にとって、どんな仕事内容なのか気になるところです。一般にいわれているのが「三大介護」というものです。これはどういったことかといいますと「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。その他にも介護業界には色々な仕事があります。そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話を進めていきたいと思っています。介護業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。介護施設の仕事にはどんなものがあるの?介護の仕事は実に多彩です。施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などといった業務もあります。また訪問系ですと調理、入浴、整理整頓などの身の回り

高齢者向け住宅求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方とは?向き不向きややりがいなどを解説!

サービス付き高齢者向け住宅でのお仕事について、ご紹介していきます。求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方から、向き不向きややりがいまで解説していきますので、ぜひ参考にしてください!サービス付き高齢者向け住宅求人での大まかな仕事内容高齢者向けの建物に住んでいる入居者様の生活を支援するのが大まかな仕事内容になります。時には部屋へ伺い、訪問介護として掃除や洗濯をといった生活支援を行ったり、パット交換や入浴の介助といった身体介護を行います。施設によっては施設内にデイサービスを設けている場所もあり、デイサービスでは事前に決まっている参加者で集まってレクリエーションやリハビリといった活動を行います。

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

生活相談員の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

介護関連のお仕事を探していると、「生活相談員」という職種の名前を目にすることがあります。名前だけ見ると「生活に関わる事の相談を受けるお仕事」ですが、それだけではありません。実際にどのような仕事なのか、どんな人が向いているのか、その後のキャリアアップや必要な資格も踏まえて、紹介していきます。生活相談員の仕事にはどんなものがあるの?利用者やそのご家族の方たちに対して、専門的な知識を持って生活の相談を受ける、ソーシャルワーカーとしてのお仕事です。これが生活相談員の役割であり、この職種に期待されている事でもあります。また、ケアマネージャーや医療機関などとの連絡・調整を行い、各種介護サービスの手続きや介

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」福祉の業界で働いている方で、このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の仕事と良い求人の探し方をお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にするケアマネージャーは「施設ケアマネージャー」と呼

特別養護老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

特別養護老人ホームでは、介護度が高い人が入所しています。また、他の介護施設と違う所はその「要介護者の人数」です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、人数が多いです。要介護者が多いという事は、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、特別養護老人ホームの仕事はどんな人が向いているのか、どんな人が介護に合っているのかをご紹介します。特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、週2~3の入浴介助が一般的な介護になります。仕事上の役割とは?特別養護


介護求人に関するコラム

埼玉で働きやすい福祉施設10選。女性が活躍できる職場環境プラチナ認定企業だけを厳選!

「介護などの福祉施設で働きたい」「でも、出産や子育てなどでなかなか思うように仕事が続けられない、条件に合った職場が見つからない」という女性も多いです。今回はそういった方々の中でも、埼玉県やその近辺に住んでいる人向けに、埼玉県の「多様な働き方実践企業認定制度」でプラチナ企業として認定を受けている福祉施設を紹介します。認定企業の中でもいくつか厳選しているので、女性も働きやすく・活躍もしやすい職場が見つかりやすいはず!ぜひ参考にしてみて下さいね。プラチナ認定企業とは?プラチナ認定企業とは、埼玉県が認定を行っている取り組みです。仕事と介護や育児の両立を支援する「多様な働き方実践企業認定制度」の一環とし

夜勤の介護は大変?経験して気づいた5個のメリット・デメリット

介護の仕事をしていると、3交代勤務があります。特に入所系の施設では夜勤が入ってきます。介護の仕事をしたいと考えている人で、夜勤に対して不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。これまでとは全く違った勤務体制でもあり、夜に働くといったことに対して不安な気持ちがあるのは当然です。「眠らずに働くってできるの?」とか「仕事量はどうなのかな?何をするのかな?」など不安はつきませんよね。夕方から朝まで働くってそんな簡単に考えることってできないですよね。なんとなく大変なイメージしか出て来なくって、なかなか介護の仕事に就くことができずにいる方もいるでしょうね。この記事では、夜勤を経験して介護士だからこそ分

介護が向いてない人の8個の特徴と対策とは?介護業界15年の私が解説します

介護福祉士の仕事をしていると、「自分はこの仕事に向いていないのではないか・・・」と感じてしまう瞬間はありませんか。仕事で失敗をしてしまったり、イライラしてしまったり。体が疲れてしまっているなど、色々なことがありますよね。これは仕事をしている中で、誰もが一度は感じてしまうことだと思います。どんな仕事をしていても必ず失敗してしまうことはあります。そしてそんな時は、「自分に介護は向いてないかも」と感じてしまうものです。本当にそうでしょうか。失敗は必ず誰にでも起こりえます。この記事では、「向いていない」と感じる人のために、本当に介護の仕事に向いていない人の8個の特徴とその対策をお伝えします。また新人育

介護求人サイトを徹底比較!おすすめの6個のサイトを紹介します

介護の仕事を探そうと思ったとき、今の時代はネットから求人サイトを探し、そこから仕事を検索される方が多いと思います。とはいえ、今は求人サイトの数がたくさんあり、介護職に特化したサイトも増えてきています。介護の仕事を探す上で介護求人サイトを比較し、おすすめのものをまとめてみました。介護求人サイトのおすすめ6選私自身、介護職を何回か転職し、そのたびに求人サイトを利用してきました。そんな私のおすすめするサイトをご紹介します。ハローワークインターネットサービスご存知の通り、厚生労働省職業安定局が行っているハローワークの求人を見ることができます。介護職専門のサイトではないですが、介護の求人もたくさんありま

介護でホワイトな職場の2個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

最近はブラック企業という言葉を当たり前のように聞いたり言ったりしています。介護施設も例に漏れずブラックな職場はあるようです。今回はブラックな職場やホワイトな職場の特徴に触れながら、どのようにいてホワイトの職場を見つけていくのかご紹介いたします。介護にブラックな職場はまだ多い?ブラックな職場と言っても、その人によっては「まだブラックと呼べるほどではないよ」と思えるものもあるかもしれませんが、一般的なブラックな職場という意味では少なくないのではないかと思います。私自身がブラックな施設と呼べるようなところで仕事の経験はありません。しかし、ブラックな部分と呼べるような経験や見聞きしたことはたくさんあり