現代日本は過去に例を見ないほどの高齢化社会を迎えています。

加齢や疾病により介護が必要となる高齢者もそれに比例して増えており、要支援・要介護の認定を受けている高齢者は平成30年10月現在で650万人を超えている状態です。

2000年から介護保険制度が開始され、それとともに介護支援専門員、通称ケアマネジャーと呼ばれる資格も創設されました。

誕生から19年が経ち、介護支援専門員の活躍する場所も多く存在するようになっています。

今回は介護支援専門員が活躍している働き先やおすすめの求人について紹介していきたいと思います。

介護支援専門員のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

介護支援専門員の仕事は、日常で介護が必要と認定されている高齢者(要介護・要支援認定を受けている方)がその人らしく生活ができるように、一緒に考え支援する仕事を担っています。

介護サービスを利用するためには様々な書類が必要となりますが、その中でも特に重要となる書類がケアプランになります。

ケアプランは自分で作成する事も認められていますが、ほとんどの人が介護支援専門員に作成を依頼しています。

ケアプランの作成や給付管理、生活上の困り事に対する相談等も担当の介護支援専門員が受け持つ事となります。

介護支援専門員は施設でどういう役割を求められる?

施設における介護支援専門員の役割として一番大きなものは、やはりケアプランの作成と言えるでしょう。

特別養護老人ホームや介護老人保健施設等の入居施設では、入居者100名に対して1名以上の配置が義務付けられていますが、自宅で生活する高齢者を担当する介護支援専門員よりも担当人数は多くなります。

施設にいる他の職種から情報を得ながらケアプランを作成する事が必要となります。

ケアプランの作成以外にも生活相談員や介護職員の役割を兼務している介護支援専門員も多く存在しています。

介護支援専門員の募集でよくある施設の種類

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、介護が必要な高齢者の中でも比較的重度に認定されている方が利用する施設です。

平成27年の法改正により、原則要介護3~要介護5に認定されている方しか入居する事が出来なくなりました。

そのため現在では寝たきりに近く、身体支援が多い方や、認知症と呼ばれる症状を有している方が多く入居されている施設となっています。

石が常駐しておらず、夜間は看護師が施設に居ない事が多いため、入居時に医療依存度が高い方は入居する事が困難です。

しかし、施設で生活している中で年齢的に機能が低下し、老衰の状態となった場合については医師の指示のもとで看取り介護を行う事も出来るため、「終の棲家」としての機能も果たす施設と言えます。

居宅介護支援事業所

主に自宅で生活する人の支援をさせて頂く役割を持っています。

地域で生活されている方の自宅に出向き、その方の困り事を聞かせて頂いた上で、介護サービス利用調整を行っていきます。

介護支援専門員は原則月1回以上は担当している高齢者の方の所へ出向き、その方の生活の状況に変化が無いかどうかや、新たな困り事が発生していないかどうかなど細かく情報収集を行います。

その上で必要と考えられるサービスを調整したり、担当している高齢者の方を取り巻く人的・物的環境に働きかけて、その方が望む生活に近づけるようなお手伝いをさせて頂く事が仕事となります。

居宅介護支援事業所で働く介護支援専門員は、基本的に介護支援専門員専従で業務にあたる事が多いです。

地域包括支援センター

包括支援センターには保健師・社会福祉士・主任介護支援専門員の3職種が配置されており、大きく分けて4つの機能を持っています。

その中で「介護予防ケアマネジメント」機能は介護支援専門員が携わる事が多い機能であると言えます。

要介護状態になる一歩手前の「要支援」と認定された方のケアプランを作成したり、生活の相談を受ける事などが主な仕事となります。

経験を積んで主任介護支援専門員の資格を取得した場合は、より多様な業務を担当する可能性もあり、スキルアップに繋げやすい職場と言えるでしょう。

介護老人保健施設

脳梗塞や骨折などを発症すると、体に麻痺や拘縮といった後遺症が残る事があります。

それを防ぐためにリハビリを実施しますが、急性期病院と呼ばれる治療がメインの病院では入院期間の縛りがあるため十分にリハビリを受けられない可能性があります。

そんな時にリハビリを実施し、自宅に帰るお手伝いをするための中間施設として位置しているのが介護老人保健施設です。

リハビリ専門のスタッフである作業療法士や理学療法士の配置があり、看護師も夜勤に入るため病院より医療面で劣る部分はありますが、前述の介護老人福祉施設よりは医療面が整っていると言える施設です。

介護支援専門員でよくある募集内容とは?

介護支援専門員の募集は多くありますが、どのような求人がスタンダードなのか分からないという声もよく聞きます。

ここでは介護支援専門員の求人でよく見られる募集内容を紹介していきたいと思います。

雇用形態

正職員・パートとも求人はよく見られます。

施設介護支援専門員の場合は他の職種と兼務の場合も多くあるためか、正職員での募集が多いです。

居宅介護支援専門員は正職員の求人の方が多くみられますが、パートでの求人も少なくありません。

パートでの勤務を希望の場合は居宅介護支援専門員の求人を探すことをお勧めします。

給与相場

厚生労働省が行った平成29年度介護従事者等処遇状況調査によると、介護支援専門員の基本給の平均は217,590円となっています。

正職員の場合はそれに加えて資格手当等、別途手当が支給される事が多いため、月々の給与自体はもう少し上がる可能性が高いです。

パートの場合は時給制で1,500円前後の求人が多いです。

また、介護支援専門員は担当件数によって収入が変わるため、担当件数が一定件数を超えると一件につき〇円というインセンティブが設定されている事業所もあります。

勤務時間や休日、残業

介護支援専門員の勤務時間は日勤帯の勤務が多いです。

休日も土日祝日に設定されている事が多いため、子育て中の主婦の方は働きやすい職種と言えるでしょう。

居宅介護支援専門員の場合、お客様の都合に合わせて訪問や面談等を組んでいかなければならないこともあるため、その時には残業等も行う必要があります。

居宅支援事業所の中には休日や夜間の連絡体制を確立している事業所もあり、携帯で連絡が取れるような設定をしていることもあります。

しかし、電話がかかってきても実際出勤してまで対応する業務は少ないと言われています。

勤務場所

全国どこでも求人はあります。

介護支援専門員は資格が必須となる職業のため、異動はあまりないと考えて良いでしょう。

一つの事業所で腰を据えて仕事をしやすい職種であると言えます。

求められる人物像

介護支援専門員の仕事はルーティン化されている物も多くありますが、それぞれに期限が決められています。

求められる書類の数は膨大であり、それがきちんと整っていないと介護報酬が受け取れなかったり、返還請求を受けたりすることもあるため、決められた仕事を期限までにミスなく仕上げられることが求められます。

また、人はそれぞれ価値観が異なり、それに沿った支援をしていくことが求められるため、異なる価値観を認めることが出来、それに沿うような支援方法を提案できる知識を持ち合わせている人が重宝されると言えます。

必要なスキルや資格、経験

介護支援専門員の資格が必須となります。

5年以上介護支援専門員として従事した後、研修を受けることで主任介護支援専門員の資格を取得することも可能です。

主任介護支援専門員の資格を取得すると、包括支援センターや居宅介護支援事業所の管理者等となれるため、資格取得により、スキルアップが目指せる職種とも言えます。

介護支援専門員のおすすめ求人のポイント

介護支援専門員の求人は全国的に見てもたくさんありますが、その中でもおすすめ求人という物が存在します。

私が考える介護支援専門員のおすすめ求人のポイントをいくつか挙げていきたいと思います。

残業時間が少ない

介護支援専門員の仕事は基本的に日勤帯の仕事となります。

しかし、特に居宅介護支援専門員は担当している利用者の都合で勤務時間を多少調整しなければならない場合があります。

夜間帯に電話などを受けることも考えられます。

そのため残業がゼロということは考えづらいですが、残業時間が多すぎる事業所も考え物です。

月々の残業時間の平均が求人票に記載されている場合、それが月に5時間未満程度であれば選択肢に加えても良いと思います。

基礎資格が異なる介護支援専門員が複数所属している

介護支援専門員の資格を取得するためには、特定の資格(基礎資格)を所有し5年以上の経験があることが求められます。

基礎資格は医療系や介護系、相談援助系と様々です。

基礎資格が異なる場合、それぞれ強い分野が異なりますので、多様な利用者のニーズに応えやすくなります。

自分が担当する利用者の支援に悩んだ時に相談に乗ってもらいやすい環境であると言えるでしょう。

過去の離職率

離職率が高い職場の場合、その会社自体に問題があることが多く、せっかく就職しても気持ちよく働くことが出来ない可能性が高いです。

求人が定期的に出ている職場の過去の離職率はチェックしておいた方が良いでしょう。

介護支援専門員の雇用形態による違い

正職員・パートともケアプランを作成するという仕事内容について変わることはありませんが、給与額の決定方法について大きな違いがあります。

居宅介護支援専門員は担当できる利用者の数は上限が決まっており、それを超えると介護報酬が減算されてしまいます。

そのため、事業所としては介護報酬を減算されない上限ギリギリの人数を担当して利益を上げてほしいと考えており、正職員の場合は担当人数を増やすことが求められます。

パートの職員に対しては減算上限まで利用者を担当することを求めるよりも担当件数に応じてインセンティブを与える方式をとっている会社が多いです。

自分にあった介護支援専門員の求人の選び方や注意点

働く人によってワークライフバランスは様々です。

自分の生活に合った働き方を見つけるために、ここでは求人を選ぶ際の選び方や注意点について挙げていこうと思います。

事業所に所属している介護支援専門員の人数

担当利用者の困り事の解決を図るために、介護支援専門員は色々な方法を考えますが、一人では支援方法に迷ってしまうこともあります。

そんな時事業所に所属している他の介護支援専門員に相談することで解決の糸口が見つけ出せる場合もあります。

事業所に所属している介護支援専門員が自分の他に何人いるかがわかれば、相談しやすい環境かどうか見極めることが出来るでしょう。

就業時間

介護支援専門員は基本的には日勤帯の仕事になります。

そのため、就業時間がローテーションになっている求人は他の職種と兼務になっている事が多く、特に入居施設系でローテーション勤務であれば介護職員との兼務が考えられます。

体調等の問題で介護職が出来ず、介護支援専門員専任で仕事をしたいという方は、居宅介護支援事業所求人で、日勤帯固定の時間帯で求人を出している事業所に応募することをお勧めします。

事業所の種別を踏まえ、就業選択を行う

自分の仕事に集中して業務を行いたい方は居宅介護支援事業所の求人を選ぶことをお勧めします。

居宅介護支援事業所の場合、基本的に自分が担当となるため責任は自分にかかってきますが、他の人の仕事を分担する必要が無く、自分のペースで仕事をしやすいと言えます。

居宅介護支援事業所単独で営業している場合でない時は、自事業所のサービスをケアプランに反映させるよう、上の人間からプレッシャーを掛けられる場合もありますので注意してください。

それに対し施設の場合は自分の仕事以外の業務を頼まれることが多く、自分のペースで仕事をすることは難しい環境にあります。

しかし、反面多様な職種が施設内にいるため、多方面からの意見が得やすく、自分一人で担当利用者の支援を抱え込まずに済みやすいというメリットもあります。

自分がどのように仕事をしたいかを考えて事業所を選択する事が大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

転職・就職は色々と悩む事が多いですが、少しでもこの記事がお役に立てば幸いです。

皆様が理想の職場に出会えることをお祈りしています。



関連キーワード

介護求人

介護求人についてもっと深堀りした情報を見る

グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

今回は、グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、その場合の上手な転職方法を解説していきます。少しでも興味のある方は、ぜひご覧いただければ幸いです。グループホームへの転職や、グループホームからの転職は多い?他の介護の施設と異なり、特にグループホームは介護系の資格を取得していない、無資格の状態でも応募が可能な施設が多く、そのため入社にかかる敷居が低いこともあり、介護に興味がある人が最初にくぐる門のようなイメージがあります。もちろん資格が必須の場所もありますし、長期的に働くベテランの人や、施設長といった管理職になる人もいますので全てがそうとは限りません。グループホームで勤務してい

生活相談員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

生活相談員の転職についてどのような点に注意したらいいか、よりよい職場環境とはいったいどういった場所なのか。転職について注意点、転職活動の成功させるポイントをご紹介します。生活相談員の転職で注意したほうが良い2個のこと業務範囲生活相談員は事業所の規模や会社が生活相談員に求める役割についてどの程度言及しているかによって大きく異なります。利用者や家族との会話から日々の様子を知り、変化があれば福祉職の観点からその変化が後々の生活環境に影響するのか推測し相談するためにも送迎という役割を担うことが多いです。生活相談員が添乗員として行く場合だけなく、生活相談員自身がドライバーとなり送迎をすることが多いです。

訪問介護バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて解説します

現在日本は高齢化社会で介護についての問題は多く取り上げられていますよね。今回は在宅で生活している高齢者への介護サービスで活躍している訪問介護の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。訪問介護は、要支援や要介護で日常生活に介助が必要なお年寄りへのサービスです。訪問介護バイトではどんな仕事をしているのか、求人内容はどのような感じなのか分かりやすくお話をしていきます。介護職に興味がある方や高齢者との関りが好きな方、何か人のためになること、やりがいのある仕事に興味がある方の参考になればと思います。訪問介護とはどんな仕事?訪問介護とは利用者の自宅に出向き、日々の生活で必要な介護を行う仕事です。訪

介護施設の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

介護の仕事がしてみたい方にとって、どんな仕事内容なのか気になるところです。一般にいわれているのが「三大介護」というものです。これはどういったことかといいますと「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。その他にも介護業界には色々な仕事があります。そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話を進めていきたいと思っています。介護業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。介護施設の仕事にはどんなものがあるの?介護の仕事は実に多彩です。施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などといった業務もあります。また訪問系ですと調理、入浴、整理整頓などの身の回り

高齢者向け住宅求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方とは?向き不向きややりがいなどを解説!

サービス付き高齢者向け住宅でのお仕事について、ご紹介していきます。求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方から、向き不向きややりがいまで解説していきますので、ぜひ参考にしてください!サービス付き高齢者向け住宅求人での大まかな仕事内容高齢者向けの建物に住んでいる入居者様の生活を支援するのが大まかな仕事内容になります。時には部屋へ伺い、訪問介護として掃除や洗濯をといった生活支援を行ったり、パット交換や入浴の介助といった身体介護を行います。施設によっては施設内にデイサービスを設けている場所もあり、デイサービスでは事前に決まっている参加者で集まってレクリエーションやリハビリといった活動を行います。

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

生活相談員の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

介護関連のお仕事を探していると、「生活相談員」という職種の名前を目にすることがあります。名前だけ見ると「生活に関わる事の相談を受けるお仕事」ですが、それだけではありません。実際にどのような仕事なのか、どんな人が向いているのか、その後のキャリアアップや必要な資格も踏まえて、紹介していきます。生活相談員の仕事にはどんなものがあるの?利用者やそのご家族の方たちに対して、専門的な知識を持って生活の相談を受ける、ソーシャルワーカーとしてのお仕事です。これが生活相談員の役割であり、この職種に期待されている事でもあります。また、ケアマネージャーや医療機関などとの連絡・調整を行い、各種介護サービスの手続きや介

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」福祉の業界で働いている方で、このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の仕事と良い求人の探し方をお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にするケアマネージャーは「施設ケアマネージャー」と呼

特別養護老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

特別養護老人ホームでは、介護度が高い人が入所しています。また、他の介護施設と違う所はその「要介護者の人数」です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、人数が多いです。要介護者が多いという事は、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、特別養護老人ホームの仕事はどんな人が向いているのか、どんな人が介護に合っているのかをご紹介します。特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、週2~3の入浴介助が一般的な介護になります。仕事上の役割とは?特別養護

静岡介護求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な施設・エリア・年収相場を解説します

静岡県の介護求人選びで後悔しないための見極めポイントを紹介します。ローカルな情報を含めてお届けしますので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。介護職はどんな仕事?介護施設によって仕事内容は大きく異なりますが、基本的には高齢者の生活を支援する事が介護職の仕事内容です。歩くときにフラフラしてしまう人には傍ですぐに支えれるように見守りを行なったり、排泄を失敗してしまう人には定期的にトイレへ行くように声かけを行ったり、それでも上手く排泄できなかった場合はリハビリパンツを着用して、パット交換を行ったりします。また、自立している人がほとんどの施設の場合は生活に刺激を得てもらう為にレクリエーションを企画し

ショートステイ求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

今回はショートステイ求人について書いていこうと思います。私はショートステイでの勤務経験がありますし、転職経験もありますのでその時の体験も交えて書いていけたらと思います。ショートステイのおおまかな仕事内容ショートステイは利用者様が短期間施設に入所する所となっています。短い人は1泊から利用されています。長い人は施設入所が決まるまでということでかなり長い期間利用されている方もいます。職員の仕事内容としては基本的には施設の介護士と同じで食事・排泄・入浴・レクリエーションなどの援助を行います。夜勤もありますが、送迎もあるというのが大きな特徴となっています。これだけ見るとショートステイは大変だなと思うかも

障害者介護求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

介護の仕事を探していると、障害者介護の求人も見かけられる事と思います。介護保険の仕事よりも煩雑な制度である障害者介護、色々な仕事がありますので、そのご説明と、よくある質問に対してお答えします。障害者介護のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容障害者介護の仕事は、高齢者と同じ施設、通所、訪問の他、作業所での募集も多くあります。障害の種類や度合いによって、介護度や仕事内容は変わってきます。障害者介護の仕事は社会でどういう役割を求められる?障害者は年代も幅広く、障害の種類も身体、知的、精神と様々です。医療の発達により、障害者の割合は増加傾向ですが、程度にはよりますが、家族や本人だけでは生活が成り立たな

特別養護老人ホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

特別養護老人ホームで働いていると『転職したい』と思う瞬間が出てきます。それは人間関係だったり仕事内容だったり様々ですが、あらかじめどんな瞬間に転職したいと思うのかを知っていれば、働き始めてすぐ辞めたいと思わないかも知れません。しかし転職は悪い事ではないので、今回は上手に転職する方法をご説明します。特別養護老人ホームで転職する人は多い?特別養護老人ホームでの転職は非常に多いと思います。施設のやり方に納得できなくて他の施設に行く場合と、介護職自体が合わない場合があります。あとは他のグループホームやデイサービスなど形態の違う施設に転職する人もいます。ただ、転職は悪い事ばかりではないんです。転職すると

有料老人ホームの転職を成功させるために!狙い目な施設の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

近年、増加傾向にある求人の中で有料老人ホームがあります。有料老人ホームは高齢化社会の中で急速に発達しています。介護福祉士の資格を持っている人の転職の中で多いのも有料老人ホームです。しかし有料老人ホームは「個人経営が出来る」と言う事で転職に失敗する事もあります。たくさんの有料老人ホームの中でたくさんの特徴やたくさんの施設経営があります。ここでは有料老人ホームにおける転職についてご紹介します。転職を成功させるためには何をすれば良い?自分が行こうと思う有料老人ホームの特色を調べる一言に有料老人ホームと言ってもたくさんの特色があります。認知症の要介護者が多い有料老人ホームや、比較的寝たきりの要介護者が

有料老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の2個の特徴やキャリアについて解説します

高齢化社会に基づき、近年増加傾向にあるのが「有料老人ホームの求人」です。有料老人ホーム自体が増加傾向にあり、たくさんの求人と特徴ある有料老人ホームがあります。ここでは、有料老人ホームの特徴と、有料老人ホームにこれから勤務する事を考えている人にどのような人が有料老人ホームの仕事に向いているのか。また、逆にどんな人が向いていないのかを自分の体験談も含めてご紹介します。有料老人ホームはどんな施設?有料老人ホームは大まかに説明すると、特別養護老人ホームと養護老人ホームの間に位置する老人ホームです。介護度が1~4位の要介護者が入居する事が多く、特別養護老人ホームには入居出来ないが、自宅では介護が難しいと

埼玉の介護求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

高齢化が進み、介護についての話題が多く聞かれるようになりました。施設の情報もCMなどを通して多く得ることができるようになりましたが、「施設」といってもその特色や取り組み方は施設の数だけあると言えます。今回は、そんな多様化が進む施設での介護の仕事の中から、埼玉介護求人でおすすめの募集内容や特徴をお伝えしたいと思います。介護職はどんな仕事?福祉施設において、利用される方の生活を支援する仕事です。基本的には、施設を利用される方が「自分だけでは困難」とされる事について支援し、ご自身でできることは尊重することになります。尊重も支援の一つです。介護求人のおすすめ募集内容の特徴介護求人のほとんどの募集内容は

介護職の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

介護の求人を見る前にぜひ読んでほしい、給料についての話をしていきたいと思います。介護職の年収相場や給料UPのポイントを含めた転職術も紹介します。介護職の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合高校卒業後に介護施設に入社した場合、ほとんどの人は無資格の状態だと思います。平均的な総支給額は15~17万円で、社会保険や厚生年金等で差引され、手取りとしては13~15万円程度でしょう。施設によっては夜勤がありますので、夜勤手当が収入に加算されていきます。最初のうちは月に4回程度の夜勤をする事と思いますが、先ほどの総支給額の中には、夜勤手当の平均的な額(夜勤1回につき4000~6000円)が4回分

ケアマネージャーの転職を成功させるために!狙い目な会社や施設の5個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

人手不足の介護業界の中で、ケアマネージャーの求人はそう数多くはありません。どちらかといえば飽和状態で、未経験から応募してもすんなり採用にならない、唯一の職種であると思います。しかしながら全く求人がない訳ではありませんし、経験者の転職はそう難しいものではありません。ケアマネージャーとしての転職を考えたとき、抑えるべきポイントをまとめましたので、参考にして頂ければと思います。ケアマネージャーで転職する人は多い?介護業界全般に言える事ですが、転職する人は多いです。他の職種ほどではないにしろ、この間まであそこでケアマネをしていた人が今ここにいるな、という事はよくあります。そして転職がマイナスになる事も

介護バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

今後需要が増得続けていく介護業界。介護バイト求人を探す上で、おすすめの求人の特徴や、向いている人と逆に向いていない人、やりがいをご紹介します!!介護バイトの大まかな仕事内容介護の仕事を簡単に説明すると、高齢者のケアをする事です。お年寄りになると、新しい記憶がほとんどできない『認知症』や年相応、身体能力の低下があります。そのようなお年寄りの人たちが快適な生活を送れるようにサポートするのが、介護バイトの大まかな仕事内容となります。入居している利用者様によってはトイレの世話や、施設によっては食事の補助や料理をする場合もあります。デイサービスのように日中だけの場所もありますが、グループホームや有料老人

埼玉デイサービス求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な施設・エリア・年収相場を解説します

今回は埼玉県のデイサービス求人について紹介します。デイサービスって何でしょう?言葉だけ聞くと「昼間のサービス」となりますね。この言葉は福祉用語です。つまり、福祉の分野での数あるサービスの一つといえます。デイサービスは、「対象とする人に対して昼間にサービスを提供します」というものなのですが、対象者には障害児児童、高齢者など、様々あります。ここではそのうち「高齢者のためのデイサービス」についてご紹介していきます。デイサービスの仕事はどんな仕事?デイサービスは、在宅で介護が必要な高齢者が日中過ごす施設です。ここでの介護職員の仕事は、食事、入浴、レクリエーション、送迎、記録やご家族へのアドバイスなど介

老人ホームの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

近年、少子高齢化という事で介護職員が足りないと言われており、なおかつ介護職は3K(きつい・汚い・給与が安い)と言われています。しかしそんな事は無いのです。そこで介護施設の1つである老人ホームの仕事についてお話させていただきます。どんな仕事なのか、どんな人に向いていてどんな人には向いていないのかなど、参考にしていただけたら幸いです。老人ホームの仕事ってどんな仕事?入居されている高齢者の方が快適に生活して頂けるようサポートさせて頂くお仕事です。そして、入居者様に幸せな生活を送っていただけるよう心掛けていかなければなりません。また老人ホームには要介護認定された方が入居される為、身体介助など体力を使う

訪問介護の正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

介護のお仕事は色々有ります。その中で訪問介護の正社員求人のお仕事について書いていきます。訪問介護とはザックリ言うとホームヘルパーのお仕事で、正式名称は訪問介護員と言われます。訪問介護の正社員はどんな仕事?この点は会社によって対応する範囲・方針が変わってくると思いますので、私が経験した中でお仕事内容を書いていきます。訪問介護の正社員の大まかな仕事内容介護排泄、入浴等の衛生管理清掃調理、食事介助買い物代行、買い物同行通院介助、通院同行・薬取り管理訪問先での物品管理・補充依頼、賞味期限や使用期限の管理等安全管理会議関係担当している利用者についての状態収集および報告カンファレンスへの参加その他シフト表

介護ヘルパー求人でよくある募集内容や仕事内容、気になる疑問について解説します

介護ヘルパーの求人数も多く、よく目にされる事と思いますが、募集内容だけではわからない事もあるかと思います。募集や仕事の詳しい内容やよくある疑問を、以下に解説致します。介護ヘルパーのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容在宅で暮らす要支援者や要介護者の自宅を訪問し、家事や身の回りの介助を行います。サービス内容は多岐に渡りますが、ケアマネージャーの立てた計画(ケアプラン)にある仕事しか行えません。介護ヘルパーは介護保険でどういう役割を求められる?介護ヘルパーの仕事は原則自宅内で行われ、行えるサービスは「これをしてもらわないと生活が成り立たない」「できない事を支援する」というものに限られます。比較的元

介護老人保健施設求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

今回は介護老人保健施設の求人に関することを説明していこうと思います。介護老人保健施設求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容仕事内容としては入所されている高齢者の生活の支援をするということです。食事・排泄・入浴の手伝いをします。特別養護老人ホームと違う所はリハビリに重点を置いていますので、理学療法士・作業療法士などのリハビリ関係の職種が多くいます。日々仕事をしていても、途中でリハビリの職員が来て高齢者をリハビリに誘うということを頻繁に目にします。介護老人保健施設のデイサービスもあります。これはデイケアと正式には言われていますが、これもデイサービスとは違ってリハビリをするために来ているというこ

訪問介護求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

訪問介護の求人は数も多く、よく見かけられると思います。ただ、そこに書いている募集内容だけではわからない事も多いのではないでしょうか。雇用形態における違いやよくある疑問にお答えいたします。訪問介護求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ホームヘルパーとして、要支援者や要介護者などのお宅を訪問し、家事(生活援助)や、排泄、入浴、食事など体に関する介護(身体介護)を行います。訪問介護求人は社会でどういう役割を求められる?高齢化社会に伴い要介護者が増え、介護保険の財源を圧迫している昨今、できるだけ高齢者が在宅で暮らせる様にする事が今後の課題となっています。そんな中、出来ない事をピンポイントで支援する

認知症介護の仕事はどんな人に向いている?仕事内容や向いている人の特徴について解説します

今回は介護の中でも認知症介護の仕事について書いていきます。近年は介護の仕事をしていない人でも、認知症というのは聞いたことくらいはあるというくらい有名なものとなっています。認知症の人と多く接してきた私が色々と説明していきます。認知症介護の仕事はどんな仕事?認知症介護という仕事とはどんなものか。介護の仕事をしていると「認知症」の人と接するのは日常的なものになります。それくらい認知症の人はいるということです。とはいえ、お年寄りのほとんどが認知症というわけではないのですが、仕事をしていると認知症と聞いても何も驚かなくという感じで思っていただければと思います。介護の仕事の中にも「認知症」の人だけを相手に

特別養護老人ホーム正社員求人の給与や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

仕事って働いてみないと分からなかったりするので、就職した後に『こんなはずじゃなかった』と思う事は少なくないと思います。ここでは特別養護老人ホームってどんな仕事なの?正社員の給与はどれくらい?など就職する前に知っておいてほしい事、介護の仕事をする際の心持ちをお話します。特別養護老人ホームの仕事とはどんな仕事?入居者様の生活介助・身体介護を行います。特別養護老人ホーム正社員の大まかな仕事内容食事・排泄・入浴介助や入居者様のQOL(生活の質)の向上の為のお手伝いをします。また、様々な会議や書類作成をします。特別養護老人ホーム正社員のおすすめ求人の特徴とは?介護の求人は千差万別で、施設によって良い求人

介護ヘルパーの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

介護の求人の中でも、特に数が多いのが訪問介護のヘルパーの仕事。なんとなくイメージはできても、難しい仕事なのかな?自分に向いてるのかな?と不安になる方もおられるかと思います。どういった方がヘルパーの仕事に向いているのかそうでないのか、それ以外のことも含めて、介護ヘルパーの仕事についてご説明致します。介護ヘルパーはどんな仕事?ここでお話しする介護ヘルパーは、イコール訪問介護事業所のヘルパーを意味します。要支援者、要介護者のお宅に行って、身の回りのお世話をする事が仕事です。介護ヘルパーの大まかな仕事内容家事を中心とした生活援助と、体に関する介助を行う身体介護に分かれます。仕事上の役割とは?利用者のお

介護老人保健施設の転職を成功させるために!狙い目な施設の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

介護の世界では転職が当たり前のようにあると言っても良いくらいあります。今回は介護老人保健施設の転職に的を絞って話をしていきたいと思います。介護老人保健施設で転職する人は多い?介護の仕事をしているとどの種類の施設でも転職する人または、転職してくる人は多いと思います。一般的に老人介護保険施設は夜勤にナースが必ず常駐している点や、給料が多いというイメージでそういった面を期待して転職してくる人も多いとい思います。介護老人保健施設で狙い目な会社の2個の特徴とは?ここでは、私が考える介護老人保健施設への転職でねらい目となるような施設を紹介していこうと思います。新しい施設最近できたような施設では、介護職とし

実務者研修を修了者の求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイントとは?気になる疑問について解説します

実務者研修とは、2013年にできたもので、国家資格である介護福祉士になるために必要となる資格です。介護の仕事を続ける上で、自分で磨き上げた能力をより評価してくれて、その能力を活かせる働き先に就職したいと思うのは当然の事だと思います。今回は、その実務者研修修了者を求める募集内容や働き先の種類・求人ポイント等についてご紹介します。実務者研修を修了者の求人でよくある募集内容とは?実務者研修を修了しているという事は、最近できた資格なので最新の介護技術等を学んでいることになり、極端な話し実務者研修がない時代の介護福祉士の方よりも最新の介護を知っていて、実践できる可能性もあります。そんな、これからの介護を