人手不足の介護業界の中で、ケアマネージャーの求人はそう数多くはありません。

どちらかといえば飽和状態で、未経験から応募してもすんなり採用にならない、唯一の職種であると思います。

しかしながら全く求人がない訳ではありませんし、経験者の転職はそう難しいものではありません。

ケアマネージャーとしての転職を考えたとき、抑えるべきポイントをまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

「ケアマネージャー」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ケアマネージャーで転職する人は多い?

介護業界全般に言える事ですが、転職する人は多いです。

他の職種ほどではないにしろ、この間まであそこでケアマネをしていた人が今ここにいるな、という事はよくあります。

そして転職がマイナスになる事もありません。

全ての経験が転職に有利になります。

よくある転職理由とは?

実際によく聞く転職の理由をまとめてみました。

給料が安い

ケアマネージャーの仕事が高給取りと思われていたのは昔の話。

今は処遇改善加算が付かない分、他の介護職よりも給料が安い事も少なくありません。

とはいえ、然るべき経験を積んで試験に合格し、研修を受けた上級資格を持って働く専門的な職種ですから、あまりにも給料が安すぎるのは納得できないのは当然です。

ケアマネージャーの仕事は、給料が安いから楽な利用者ばかりになる訳ではないので、納得いかない給料であれば転職を考える人が多いです。

仕事がきつい

この仕事がきついというのは、単純にケアマネージャーの仕事が忙しいとか大変という理由ではありません。

施設や会社によっては、ケアマネージャーは系列施設の送迎を手伝ったり、介護業務を手伝ったりさせられます。

これが、自分の空いた時間にするというのであれば問題無いかもしれないですが、ケアマネージャー本来の仕事が滞るほど他の業務を手伝わないといけない事業所があるようで、そういった所で働く事に疲れて転職を選ぶケアマネージャーは意外と多くいます。

こういった事業所はそもそもケアマネージャーの仕事を軽視していたりよく理解していない事も多いので、そういった面での不満も転職理由のひとつになります。

主任ケアマネを取得した

法改正で、今後居宅介護支援事業所の管理者は主任ケアマネ取得が必須になります。

その為、今主任ケアマネの需要がとても多くなり、求人のほとんどがこの資格の保持者の募集になっています。

主任ケアマネの研修は内容もハードですが費用もかかります。

せっかく取得したのなら、その資格を生かせる職場に転職しようと思われる方が多いです。

元職に戻る

実は一番多い理由はこれではないでしょうか。

ケアマネージャーの資格を取得するには、まず介護福祉士や看護師等、関連資格での実務経験が5年以上必要になります。

その上でケアマネージャー資格を取得し、いざ働いてはみたけれど、やっぱり自分に合わないなとか前の職種の方が良かったな、と前職に転職される方がとても多いです。

この場合、ケアマネージャーの転職というのとは少し意味合いが違いますが、多少でもケアマネサイドから元職を見るという経験はとても貴重ですし、介護保険の知識がついてから現場職に帰るというのはその後の仕事にものすごく大きな利点があると思います。

「ケアマネージャー」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ケアマネージャーで狙い目な会社や施設の5個の特徴とは?

では、転職する上で、こういった会社、施設を狙うべき、という点をまとめていきましょう。

歩合が付く

私自身が次にケアマネージャーとして転職するならば、必ず歩合が付く会社にします。

ケアマネの仕事はものすごく単純に売り上げがわかります。

利用者の件数、介護度でいくら、という計算になりますので、頑張れば頑張るほど売り上げが上がります。

それに歩合が付けばもっと頑張ろうと思いますし、そうでなければ件数が増えてもただ仕事が忙しくなるだけで、自分にはメリットがありません。

歩合の付くケアマネの事業所はそう多くはないですが全くない訳でもないので、モチベーションを上げる為にはとても良いと思います。

手当がしっかりしている

ケアマネ手当や元職の資格に対する手当があるかないかで、手取りは変わってきます。

頑張って取った資格ですし、その資格を生かして仕事をしている訳ですので、絶対に手当が付いている所を探しましょう。

ほとんどの会社では資格手当はあると思われていますが、私の事業所はありません。

付いて当たり前と思っていた手当ですが、ない場合もありますのでしっかり調べておきましょう。

ケアマネージャーの仕事に専念できる

前述しました様に、ケアマネの仕事に理解のない会社ですと、他の仕事をたくさん振られてしまって自分の本来の仕事に専念できない事があります。

もちろん他部署が人手不足で困っているならば手伝う必要はあるのですが、いつ電話がなるかわからない、いつ外に出ないといけないかわからない、それがケアマネの仕事ですので、そちらを優先してくれない会社は避けておいた方が良いと思います。

デイや施設に併設しているケアマネ事業所の場合が、お手伝いに狩り出される事が多いようです。

その辺りはきちんと面接で確認しておいた方が良いと思われます。

定期的に仕事が来る状態

述べましたように、ケアマネの仕事は一件いくらの商売です。

どんなに仕事が忙しくても、利用者の数が少ないと売り上げになりません。

そうなると、営業に出ないといけなかったり、下手をすると業績不振で事業所閉鎖の恐れも出てきます。

病院が併設していたり、関連事業所に地域包括支援センターがあるような所は、比較的受身で待機していれば仕事が流れてきますが、そうでなければなかなか簡単に利用者は増えません。

どんどん利用者が来るから忙しくてケアマネを募集する、といったような会社に勤められた方が良いでしょう。

更新時の保障がある

ケアマネージャーを続けていく上で、5年毎の更新研修は必ず受講しなくてはなりません。

普通のケアマネ更新でも数万円の費用がかかり、何日も研修会場に通う事になります。

この更新研修で色々なケアマネに聞いてみると、出勤扱いで給料が出て、尚且つ受講にかかる費用も交通費も出ます、という会社から、いえいえ、全額自腹で休暇を利用して研修に来ています、というケアマネまで様々です。

この研修を受けないとケアマネの仕事は出来ない訳ですし、働いている限り続く事ですから、絶対に費用等を負担し、出勤扱いにしてくれる会社を選ぶ事をおすすめします。

ケアマネージャーの転職で注意したほうが良い3つのこと

他の仕事をさせられる事もたくさんある

何度もお話している通りです。

施設ケアマネの場合でしたら、まず介護業務を完全に避けられる施設は少ないでしょう。

ただ、施設ケアマネの場合はそうたくさんの仕事がある訳ではないですし、利用者は皆施設内にいる訳ですので、現場の仕事をして利用者の様子を見るというのも無駄では無いと思います。

居宅のケアマネの場合は、そういった利点もなく全くのお手伝い要因として利用される訳ですので、暇であればともかく、忙しい時に他の仕事に回されるとストレスがかかりますし仕事に影響が出ます。

営業ノルマの厳しいところは要注意

こちらも前述している通り、売り上げがシビアに出ますので、それが落ちれば営業に行くように言われる会社は多いです。

その程度であれば仕方がないかと思うのですが、実はケアマネの仕事は、利用者が介護サービスを利用してくれなければどんなに相談に乗っても家に通っても、一円にもなりません。

入院中の介護相談や、散々相談に乗ったけれども利用者の気分が変わりサービスを利用しないという事はたくさんあります。

もちろん亡くなったり、施設に入所されるとサービスは終了です。

高齢者相手ですので、そういった事はあっても当たり前なのですが、ノルマに厳しい所ですと、施設入所を怒られたり、無理にでもサービスを利用させたりという事もあるようですので、そういった会社は避けた方が良いでしょう。

給料が高すぎるところは何かあるかも?

ケアマネージャーの募集で、時々ものすごく破格の給料を見かける事があります。

介護報酬が決まっていて上限担当数もあるので、ケアマネの売り上げはどんなに頑張っても上限額は決まっています。

それでも給料がものすごく高いという事は、他の仕事もさせられたり、もしかしたらブラック企業なのかも?と疑っても良いかもしれません。

施設等でケアマネ兼施設長、といった肩書きの場合でしたら、給料が高い事も頷けますが、そうでなければこの給料は一体どこから出るのかな?と考えてみて下さい。

「ケアマネージャー」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ケアマネージャーで転職を成功させるためには何をすれば良い?

経験をアピールする

ケアマネの経験は、それまで担当した全てのケースが生きてきます。

同じ人は二度といなくても、同じような境遇の方、病気の方を一度経験しておくと、次のケースの時にその時取った対応や利用したサービスの経験がしっかり生かせますので、転職の際には、それまでに担当した件数をアピールしたり、困難事例の時にどのように対応したか等、自分の中できちんと整理して話が出来るようにしておいて下さい。

主任ケアマネを取る

ケアマネ経験が5年あれば、転職を考えた段階で主任ケアマネを取得しておいた方が良いでしょう。

ケアプランや事例を持参しての研修になりますので、新しく転職してから研修を受講するよりも、慣れた所で慣れた利用者のケースを使う方がやりやすいです。

これからのケアマネ求人は、主任ケアマネ取得者が優遇されます。

大変な研修ではありますが、取っておいて損のない資格ですので、余裕があればぜひおすすめします。

外部研修をたくさん受けておく

ケアマネを対象とした外部研修のお誘いはひっきりなしに来ます。

全くの民間から、市町村や地域包括支援センター主催、病院や事業所主体等様々です。

日々の忙しい仕事の合間を縫って研修を受けに行くのはかなり大変ではありますが、知識も付きますし、何より他の事業所やケアマネとの交流が増えます。

そこで新しい仕事の依頼をもらう事もありますし、実は引き抜きの話等も時々出ます。

研修受講は決して無駄にはなりませんので、頑張って受けてみて下さい。

ケアマネージャーで転職するにあたっての必要な心構え

どこに行っても仕事は大変

ケアマネの仕事は利用者からも事業所からも無茶を言われたり、外回りもあったりで大変です。

困難事例の場合には、もう逃げ出したくなる事も少なくありません。

しかしながらケアマネの仕事を続けるのであれば、どこに行ってもこの問題は変わりません。

大変な状況の時に周りが協力してくれなかったり相談に乗ってくれないという理由で転職するならいいのですが、単にここの仕事は大変だから他に行こう、という転職理由であれば、それは何も変わりませんという事をお伝えしておきます。

常に勉強する覚悟は必要

5年毎の更新研修はもちろん、定期的に法改正のある介護保険。

利用者の生活の根底を揺るがすような大きな改正も少なくありません。

それに対し、きちんとアンテナを張って、何がどう変わるのか予想を立て、対策を練る事もケアマネの仕事の一部です。

新しい事を勉強するのは嫌だ、といった考えであればなかなか続ける事が難しい仕事だと思います。

ケアマネージャーの転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

介護保険の認定調査員研修を受けておく

市町村にもよるのですが、介護保険の認定調査をケアマネージャーに委託している事があります。

この認定調査員は、まず都道府県で研修を受けてから市町村に登録し、市町村から委託を受けて一般のケアマネが認定調査を行います。

この認定調査、大体委託料が一件あたり3000円~4000円になりますので、その分事業所の収益になります。

認定調査をしてくれるケアマネを雇えば事業所も売り上げが上がりますので、その分年収に反映される事も多くなりますし、何より知っておいて無駄にはならないですので、ぜひ受講しておきましょう。

最終的には主任ケアマネを目指す

何度も書いていますが、これからのケアマネ求人の主流はこの主任ケアマネです。

事業所に一人は必要になりますし、人員配置によっては特定事業所加算が取得できる大切な資格です。

急いで転職する理由がなければ、5年間のケアマネ経験を積んで絶対に取得してから転職した方が良いでしょう。

この資格を取得していれば、年収が400万円を超える事業所も多くあります。

まとめ

以上、ケアマネージャーの転職についてまとめてみました。

ケアマネは試験合格もそうですが、採用も狭き門になっています。

しかしながら転職に限っては一概にそうとも言えません。

それまでの経験を存分に生かして、より良い仕事に巡り合える事を願っています。




ケアマネージャー求人についてもっと深堀りした情報を見る

ケアマネージャーの仕事がおすすめな理由は?女性が働きやすい?!経験者がお話しします!

2000年に介護保険制度が始まり、介護サービスの利用はそれまでの措置制度から契約制度に変わりました。それと同時に誕生した資格がケアマネージャーです。ケアマネージャーが誕生してから約20年経ちましたが、まだその役割は十分に知られていないのではないかと感じます。今回はケアマネージャー経験者である私が仕事をする中で感じた事や、ケアマネージャーという仕事のおすすめポイントを紹介したいと思います。ケアマネージャーのおおまかな仕事内容とは?ケアマネージャーの正式名称は介護支援専門員といい、仕事内容は大きく分けて3つあります。一つ目は介護を必要とする方の相談を受け、解決方法を一緒に考えた上で支援させて頂く仕

ケアマネージャーを辞めたいと思う4個の理由とその乗り越え方とは?

ケアマネージャーの資格を取得するためには、規定に示されている資格を取得した上で、福祉の現場で5年以上、900日以上の経験を重ね、「介護支援専門員実務研修受講試験」と呼ばれる試験の受験資格を取得する必要があります。受験資格を取得した後は、その試験に合格、実務研修を受講し、登録を済ませる事でやっとケアマネージャー資格が取得できます。その資格を取得した後で初めて仕事に就く事が許されます。その後もそれだけの苦労を重ねてやっと就職したケアマネージャーの仕事を辞めたいと感じる事が出てくる事があるかもしれません。今回はケアマネージャーを辞めたいと思う理由とその乗り越え方について記していこうと思います。ケアマ

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」福祉の業界で働いている方で、このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の仕事と良い求人の探し方をお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にするケアマネージャーは「施設ケアマネージャー」と呼

ケアマネージャーの年収はどのくらい?相場は?給料をアップさせたい方も必見!

ケアマネージャーの給料事情について今回は覗いてみたいと思います。以前は、介護職の中では一番の高給取りのイメージだったケアマネージャーですが、今では仕事の割には給料が安いと言われる事が多いそうです。そんなケアマネの給料をアップさせる方法を経験者が教えちゃいます。ケアマネの平均年収や給料の相場を知って、自分の希望に合う求人を上手に選びましょう。ケアマネージャーの給料や年収の相場はどのくらい?正職員の場合ケアマネの平均給与は月給25万円前後となっており、年収は350万円前後とされています。一般的な介護職に比べてやや高めには設定されていますが、現場の介護職の多くに付く「介護職員処遇改善加算」はケアマネ

ケアマネージャーになるには?主な就職先はどこ?勉強すべきことや資格取得ルートもご紹介

ケアマネージャーになるにはどのようなことを具体的にすべきなのか皆さんはご存知でしょうか?私はケアマネージャーの仕事をして今年で10年目になります。初めは施設ケアマネ、現在は居宅ケアマネとして日々働いています。そんな私から皆さんへ、ケアマネはどのくらい勉強をするのかや、就職するにはどうしたらいいか、どのような点を押さえておくべきか、お話させて頂きます。ケアマネージャーになりたいという方は、ぜひ参考にしていただけたら嬉しく思います。ケアマネージャーになるには?ケアマネージャーは、正式には「介護支援専門員」という名称で、このケアマネの資格はもちろん公的資格ではありますが、国家資格ではなく都道府県知事

ケアマネジャーとは?仕事内容や向いている人・向いていない人の特徴・やりがいなどを解説

ケアマネージャーといえば、試験が難しくて、なんとなく仕事が大変そうで、でも介護職のなかでは給料がいい仕事というイメージがあると思いますが、実際のところはどうなのでしょうか?この記事ではケアマネージャーの仕事内容を一つずつ詳しく解説、また気になる給料事情や転職方法、向き不向きからやりがいまで徹底的にお話しいたします。ケアマネージャーになろうと考えている人や、介護に興味のある方はもちろん、将来なりたい職業を迷っている方も、読んでみればケアマネージャーの魅力が分かるはずです。ケアマネージャーとはどんな仕事?ケアマネージャーの正式名称は「介護支援専門員」、一番の仕事は利用者のケアプラン(介護計画)の作