ケアマネージャーの資格を取得するためには、規定に示されている資格を取得した上で、福祉の現場で5年以上、900日以上の経験を重ね、「介護支援専門員実務研修受講試験」と呼ばれる試験の受験資格を取得する必要があります。

受験資格を取得した後は、その試験に合格、実務研修を受講し、登録を済ませる事でやっとケアマネージャー資格が取得できます。

その資格を取得した後で初めて仕事に就く事が許されます。

その後もそれだけの苦労を重ねてやっと就職したケアマネージャーの仕事を辞めたいと感じる事が出てくる事があるかもしれません。

今回はケアマネージャーを辞めたいと思う理由とその乗り越え方について記していこうと思います。

「ケアマネージャーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ケアマネージャーを辞めたいと感じた4個の理由と乗り越え方とは?

努力して取得したケアマネージャーの仕事を辞めたいと思う理由は、人によって色々です。

ここでは私自身が辞めたいと感じた理由や、周囲でケアマネージャーとして働いている方から聞いた辞めたい理由とその乗り越え方について書いていこうと思います。

利用者や家族の方から責められてしまう

ケアマネージャーはサービス利用希望者が希望する生活を送る事ができるように調整する役割を担っています。

しかし、何かのきっかけでサービスを利用する利用者の方やその家族の方から責められたり怒られてしまう事があります。

怒られたり責められたりする事で自信を喪失し、ケアマネージャーを辞めたいと感じる気持ちに繋がってしまう事があります。

その乗り越え方とは?

まずは自事業所に戻ってから、上司や先輩などに相談してみましょう。

自分が怒られたり責められたりした理由を、専門職である先輩や上司に第三者として客観的に見てもらう事で問題解決が図れる場合があります。

自分が取った行動に間違いがあったのであれば、指導を頂く事で次回からの支援に生かす事ができます。

また、自分に非が無い場合であったとしても、責められたり怒られたりしてしまう事も無いわけではありませんので、その場合は担当者の変更等も含めて相談する必要が出てきます。

どちらの場合であったとしても、自分一人で解決する事は難しいと思われますので、抱え込まずになるべく早く相談するようにしましょう。

書類の多さに圧倒されてしまう

特にケアマネージャーになりたてで仕事に慣れていないうちは、今まで見た事のないような書類がたくさん出てきて困惑してしまう事が多いです。

アセスメントやモニタリング、サービス担当者会議の記録や支援経過記録等、今までの職種では作成した事が無く、実務者研修でサラッと教わっただけ。

自分で学ぼうにも定期的にそれらの書類を作成しなければならず、請求業務等も担わなければなりません。

書類作成業務をこなす事ができず、ケアマネージャーを辞めたいという気持ちに繋がってしまいます。

その乗り越え方とは?

経験者である先輩に教わる事が一番の近道だと思います。

先輩ケアマネージャーの方も皆毎月行っている業務になりますので、先輩の作成した書類のお手本を見せて頂いたり、自分の作った書類を確認してもらうなど指導を受けるようにしましょう。

他事業所のケアマネージャーの書類を見る機会はなかなかないと思います。

新人ケアマネージャーの方は最初に勤務先を決める際に、ある程度の人数のケアマネージャーが在籍している事業所に勤め、指導を受けながら仕事ができる環境を選ぶ事をお勧めします。

他職種とのコミュニケーションが取りにくくなった

特に介護現場から施設ケアマネージャーになった方が陥りやすい問題です。

今まではあまり問題なく一緒に仕事をしていた介護職員と、業務内容が異なるケアマネージャーになってからうまくコミュニケーションが図れなくなり、職場に居づらくなってしまう事があります。

面と向かって「ケアマネージャーになってから(自分が)変わってしまった」「業務が楽で良い」など他職種から責められてしまうとメンタルに負担がかかり、ケアマネージャーを辞めたいという気持ちに繋がります。

その乗り越え方とは?

まずはケアマネージャーの役割を再度理解するようにしましょう。

ケアマネージャーは介護職員をはじめとした様々な職種と連携・調整を図り、利用者の方がより良い生活を送れるようなケアプランを作成する事が役割となっています。

前職に就いていた時とは立場が異なりますし、考え方が前職の時と全く変わらないという事はそれこそ問題となってしまいます。

同時に、自ら積極的に他職種の方とコミュニケーションを図るように心がけましょう。

ケアマネージャーになると、前職に就いていた頃は意識しなくても得られた情報が得られなくなってしまう事も多くあります。

現場に積極的に出向き、他職種から「情報を教えて頂く」という立場でコミュニケーションを図るようにしましょう。

もしそれでも理不尽に責められたり無視されるような事があるのであれば、それはきちんと上司に相談し、職場環境の改善を図って頂くようにすることをおすすめします。

困難ケースの担当を任され、支援方法が見つけ出せない

自宅で生活している方を支援させて頂く居宅ケアマネージャーが多く陥る問題です。

現代日本は多様な価値観を持ち、生活環境も複雑化しています。

それに伴い、それぞれの利用者の方やその家族が抱える問題も複雑化・多様化している現状があります。

ケアマネージャーが調整する介護サービスを利用する事で全て問題が解決する事はほとんど無いと言えます。

大きな社会問題となっている金銭的な問題を抱えている方や老老介護、虐待、アルコール依存症、社会的孤立などの問題を抱えている方などは「困難ケース」と呼ばれ、どのような支援を行って良いか見当もつかないという状態に陥る事が多くなります。

支援方法を考えても良い方法が浮かばなかったり、支援の実践が困難で問題を解決に導けなかったりする事が続くと、自分の無力さを痛感し、ケアマネージャーを辞めたいという気持ちになってしまいます。

その乗り越え方とは?

自分一人で抱え込まない事が第一に挙げられます。

困難ケースを支援させて頂く事は難しい事であり、ベテランのケアマネージャーであったとしても一人で支援させて頂くことは不可能です。

担当ケアマネージャーであるあなたの力不足で支援ができないわけではないという事を念頭に置きましょう。

困難ケースの方の担当ケアマネージャーになった場合は、まず相手の方が置かれている状態をなるべく詳細に把握し、様々な専門職やサービス事業所の職員などと協力して支援方法を考えていく事が必要になります。

所属事業所に上司や先輩がいるのであれば、必ず相談するようにして下さい。

相談した上で困難ケースと呼ばれる方達の支援方法や関わり方を一緒に考えてもらったり、場合によっては上司や先輩などと一緒に同行訪問してもらい、打開策を一緒に考える事も効果的と言えます。

また、地域包括支援センターは困難ケースを担当するケアマネージャーの支援を行う事も業務に含まれていますので、必ず相談と協力、場合によっては地域ケア会議の開催をお願いするようにしましょう。

特に高齢者虐待防止法において、高齢者虐待を受けているであろう高齢者は発見次第通報する事が義務と定められています。

高齢者虐待を発見した場合は個人情報保護の適用除外規定に該当しますので、躊躇する事無く、地域包括支援センター職員に通報するようにしましょう。

いろいろ試したけれど、やっぱり辞めたい!辞める前にやっておきたいこととは?

「上記に挙げたような内容は試した」「試しても現状は打開しなかった」という事もあると思います。

ここではいきなり辞めてしまう前に少し、やっておく必要がある事、やっておいた方が良い事を挙げてみたいと思います。

次の仕事を探しておく

仕事をする理由は人によって様々ですが、仕事をする必要が無いという方以外は、在職中に次の仕事を探しておく事をお勧めします。

退職してから仕事を探せば時間的に余裕があり、職場を色々見極める事ができたり、失業手当の受給も人によっては可能なのでメリットはあります。

しかし、次の仕事に就く前に退職してしまうと、けがをしたり体調を崩して一定期間就業不可能になった時などに支給される「傷病手当金」が受け取れないなどのデメリットもあります。

残務整理をきちんと行う

仕事を退職すると決めると、張り合いややる気がなくなり、いい加減な仕事をしてしまう人がいます。

正当な扱いを受けていないブラック企業に勤務しているなどの特別な理由が無いのであれば、最後の日まであなたはその会社に雇用されている社員です。

きちんと仕事を行う事が社会人としての義務ですので、退職が決まっていたとしても自分が任されている仕事を行うようにしましょう。

福祉の業界は横の繋がりが多いため、別の職場に移ったとしても前職での仕事っぷりが噂として入ってくる事は多々あります。

自分が次の職場で仕事をしやすくするためにも、全力で仕事に取り組むようにしましょう。

担当利用者やその家族、関係機関に挨拶をしておく

退職する意思を固め、退職日が決まったら現在担当している利用者の方やその家族の方、お世話になっているサービス事業所などの関係機関に挨拶しておきましょう。

特に現在担当している利用者の方やその家族の方には多かれ少なかれご迷惑をおかけしてしまいますし、次の引継ぎの方の紹介なども必要になります。

退職理由を詳しく話す必要はありませんが、ご挨拶はきちんとしておくべきでしょう。

関係機関はその仕事を退職した後でもお付き合いが発生する可能性が高いです。

自分が担当している利用者の方が利用しているサービス提供事業所には、特に丁寧にご挨拶をしておく事をお勧めします。

「ケアマネージャーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ケアマネージャーを辞めた後にはどんな仕事がおすすめ?

どんなに努力や工夫をしても、ケアマネージャーの仕事が合わないという場合もあります。

しかし、ケアマネージャーを辞めたとしても働かなければならない場合も多々ある事でしょう。

ここではケアマネージャーを辞めた後にお勧めする仕事をいくつか挙げていきます。

介護職員

利用者の方と接する時間が減った事や、給与面の問題でケアマネージャーの仕事を辞めた方にお勧めです。

高齢者を支援させて頂く上では様々な職種がその方に関わる事になりますが、利用者の方と接する時間が一番多いのは介護職員です。

また、ケアマネージャーの仕事は日勤帯が基本となりますので、夜勤に入る事ができる介護職員であればケアマネージャーの給与より高くなる可能性もあります。

また、就業先によっては介護職員にのみ処遇改善加算を財源とした手当などが支給される事もあるため、さらに給与に差がついてくる可能性もあります。

介護認定調査員

市役所等で募集をかけている事があります。

募集条件としてケアマネージャーの資格を持っている事を挙げている所も多いです。

基本的に日勤の時間帯で介護認定の申請をされた方の家に行き、その方の日常生活についてご本人様または家族から聞き取りを行った情報を書類に転記していく仕事です。

介護業務とは違い、身体的な支援は一切ありませんので、身体的な事が理由で介護職員に戻る事が困難な方や日勤帯の時間での仕事を希望される方にはお勧めです。

しかし、この仕事の求人募集はほとんどが契約社員や嘱託社員であり、日給制を採用している所も多いため、正規職員での仕事を探している方にはお勧めできません。

訪問介護事業所のサービス担当責任者

訪問介護サービス利用者に対する訪問介護計画書をケアマネージャーが作成したケアプランに基づいて作成したり、所属する訪問介護員の指導や育成、ケアマネージャーとの調整役などの業務を担う事になります。

調整役が主となるケアマネージャーと業務内容で重なる部分がありますが、専門職に対する調整という仕事は少なく、自事業所のまとめ役という役割の方が強くなります。

まとめ

せっかく取得したケアマネージャー資格なので、生かして働きたいという気持ちを持つ方は多いでしょう。

しかし、自分に合わない仕事を無理してずっと続けてしまうと、体や心に不調をきたしてしまいます。

安易に辞めてしまう事は考えず、かつ自分の心と体は無理させすぎずに上手にバランスを取り、自分に合った仕事を見つけられる事をお祈りします。


関連キーワード

ケアマネージャー求人