介護の仕事がしてみたい方にとって、どんな仕事内容なのか気になるところです。

一般にいわれているのが「三大介護」というものです。

これはどういったことかといいますと「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。

その他にも介護業界には色々な仕事があります。

そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話を進めていきたいと思っています。

介護業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

「介護施設の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護施設の仕事にはどんなものがあるの?

介護の仕事は実に多彩です。

施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などといった業務もあります。

また訪問系ですと調理、入浴、整理整頓などの身の回りのサポートなどが控えています。

デイサービスやデイケアなどの通所系では送迎業務も出てきます。

提供する介護サービスによって業務は様々です。

またイベントなどもありますので、その準備も職員が行っていきます。

仕事の合間を縫って準備していくので大変ですが、利用者さんに喜んでいただけるように頑張っています。

介護施設の大まかな仕事内容

前の項でどういった仕事があるのかざっくりお伝えしていきましたが、ここでは具体的にみていきたいと思います。

また施設や事業所の置かれている地域によっても違いますので、その点はご了承くださいね。

「食事」「入浴」「排泄」

この業務なくして介護は成り立たないといっても言い過ぎではないでしょう。

まず食事からみていきます。

普段私たちは気にすることなく当たり前のように食器を使って食事をしていきます。

障害者や高齢者となると、そのことすら難しくなってくる場合があるのです。

例えば嚥下(飲み込み)がうまくできない、あるいは麻痺のために口の中でどちらか片方に食べ物が溜まってしまうことがあります。

そうならないように介助していくのが介護士の仕事となります。

次に入浴です。

利用者にとって食事の次に楽しみの一つでもあります。

高齢者になると皮膚感覚が鈍くなり、私たちには心地よい温度でも熱く感じたりするものです。

火傷などしないよう入浴前には自分の肌で熱さを確認してから利用者に入浴してもらうようにします。

また皮膚が弱いことから、ちょっとしたことで皮剥けが起こります。

何かのはずみで浴槽の壁にこすれただけで簡単に皮が剥けてしまうといった事例もよくあります。

車いすから浴槽あるいはベッドなどに移乗するときにも細心の注意を払います。

そして排泄です。

これを嫌がって介護をやりたくないという方は結構いますが、場数を踏むことで乗り越えられるでしょう。

利用者の健康を維持することは大変重要です。

排泄の内容によって早期に病気を発見できる場合があります。

何か異変があれば看護師などに報告し対応を仰ぎます。

決して一人ではないので安心して業務に当たってくださいね。

相談・助言

この仕事も施設系に限らず、介護サービスとして全般に提供されるものです。

ご自宅で介護をなさっている方、施設を利用している方など色々な疑問を抱えています。

介護保険を利用するにはどういう手続きをすればよいのか、あるいはもっと簡単に介助する方法はないのかなどです。

そういった事柄に対しても介護のプロフェッショナルとして相談に応じたり助言を行っていきます。

またご家族からのクレームについても解決に向け施設や職員が対応していきます。

調理・洗濯・身の回りのサポート

これは主に訪問系のサービスにみられるものです。

施設へ入るまでではないが、少しでも家族の介護負担を軽減したい場合などによく利用されます。

ご自宅に職員が伺い、その日に食べたいものを伺い買い物に行ったり、あるいは冷蔵庫の食材で調理をしていきます。

さらに入浴介助を行ったり洗濯や身の回りの整理なども利用者とともに行っていきます。

送迎

この業務はデイサービスやデイケアに特化しているといってもよろしいかと思います。

またこの送迎業務のみ行う職員もいらっしゃいます。

ドライブなど車を運転することが好きな人には天職ともいえるでしょう。

デイサービスなどでは送迎業務を募集しているところがありますので就職情報誌などで調べてみてください。

事務処理

お伝えしてきた業務にプラスして書類作成があります。

利用者の一日を事細かに記録するものや、役所に提出するものなどあります。

また介護施設では監査があるので、その準備もしておかなければなりません。

書類に不備があると行政から指導を受けるので、特に気をつかいます。

「介護施設の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護施設の仕事はどんな人に向いている?

では介護施設での仕事にはどんな人が向いているといえるのでしょうか。

いくつか挙げてみました。

人と接することが好きな人

これなくしては介護の仕事は務まらないでしょう。

介護施設には多くの高齢者や障害者が生活しています。

みなさんは様々な問題や悩みを抱えていらっしゃるのです。

そんなときに優しく寄り添って話を聞いて差し上げるだけでも、利用者にとってはうれしいことなのです。

逆に認知症だからといって無視するなどの虐待ともいえるケアをしていたらどうでしょうか。

その方の心が閉ざされるばかりでなく、認知症も進むこととなりケアする側にとっても負担が増すのです。

おじいちゃん、おばあちゃんが好き、あるいは高齢者とお話しするのが楽しいと感じる人はこの仕事に向いているといえます。

一つのことに向かってみんなで協力し合える人

介護はチームプレイといえます。

個人個人自分勝手に業務を進めていたのでは、うまくいくケアも滞ってしまいますね。

介護施設では利用者の生活を支援していくのですが、その大切な時間を悔いのないよう過ごしていただくという責務を負っています。

それがバラバラな介護をしていたのでは利用者も休まるどころか、不安一杯で生活しなければならなくなります。

利用者に安心して穏やかに生活していただくためにも、職員同士が協力し合える人材が望まれます。

地域や人のために役立ちたいと思っている人

介護職に就かれる人は人のために役に立ちたい、または尽くしたいと思っている方が大半を占めます。

この点も介護をしていく上で大変重要なポイントといえます。

介護の仕事は現場のケアに入るだけでなく、例えばケアマネジャーや相談員、事務職などの多くの協力があって成り立つ仕事です。

どの職員も人のために尽くしたいと志しておられる人ばかりです。

そういった気持ちをお持ちの方も介護の仕事に向いていると声を大にしていえることです。

逆に介護施設の仕事に向いていない人の特徴は?

次に介護の仕事に向いていない人についてみていきたいと思います。

みなさんはどのように思われるでしょうか。

一緒に考えていきましょう。

協力し合えない人

向いている人の項でもお話ししましたが、介護はチームケアを実践するところです。

点でバラバラに介護をするような方ではケアの統一ができません。

介護はチームケアを実践するとともにケアの統一も図っていきます。

A職員はこういうやり方、B職員はこのやり方という感じでは利用者にとっても負担になりかねません。

多少の差はあっても同じサービスやケアを提供していくことが大切です。

人と関わるのが苦手な人

この点も大事ですね。

介護は多くの人と関わっている仕事です。

利用者だけでなく多くの職員が協力し合って介護を実践しています。

関わるのが苦手では利用者の急変時に対応が遅れて死にもつながる危険性も出てきます。

また介護はサービス業ともいえます。

これは人にサービスを提供して満足していただくという点にあります。

相手は自分たちと同じ人間です。

関わるのが苦手と感じる方は別の職種を探してみることをおすすめします。

報連相ができない人

社会人としてこれができなければ、採用する側も困ってしまいます。

何かあれば自分で判断することも必要ですが、まずは上司や同僚に報告することが第一です。

そして指示を仰ぎましょう。

大きな問題が起きたとしても個人で解決できることはたかが知れています。

そうではなくてチーム一丸となって、よりリスクを抑えられるよう対応していくことで利用者やご家族からの信任も得やすくなるのです。

一人で問題を抱え込むことはありません。

困ったことがあればいつでも同僚や上司に相談してみてください。

逆に問題を一人で抱え込んでしまうと虐待にもなりかねません。

ニュースなどを見ていると、多くが問題を周囲に相談していない状況がうかがえるものばかりです。

そういったことがないよう普段から職員同士で連絡を取り合う、相談し合うといったことを習慣にしてください。

クレームなどがあっても真摯に対応できない人

これも非常に困った問題ですね。

どんな仕事でもクレームが出てしまうことはあるものです。

致し方のないことです。

クレームを出したくて仕事をしているわけではないのですから。

その苦情にいちいち腹を立てていては仕事になりませんし、施設への信頼にも関わってきます。

苦情などが出てしまったら謝罪することが先決です。

内容を真摯に受け止めてどう改善していくかを話し合い、ご家族などに報告していきます。

こういったことができない方は、どの会社においても長くは続かないことでしょう。

介護施設の仕事で活かせる、今までの経験

ご自身がお持ちの資格や特技など、これまでの経験は大いに役立ちます。

なぜなら支援をしていくのが利用者の生活そのものだからです。

いくつかピックアップしていきますが、挙げたらきりがないほどです。

楽器を演奏できる

ハーモニカ、オカリナ、笛など何でもいいのです。

またご自身の歌声だっていいのです。

レクリエーションなどで曲を披露することで、利用者に喜んでもらえます。

昔を懐かしんだり、思い出話に浸ったりと回想録にも使えます。

私は趣味で電子オルガンを弾くのですが敬老会などで披露することがあります。

演奏が終わると、私のもとへ来て涙を流して喜んでくれたというエピソードがあります。

お話しするのが好き

利用者の中には緊張して打ち解けられなくて困っている方もいます。

そんなときに「輪に入りなさい」ではなく、個人的にそっと話しかけてあげると心を開いてくれることがあります。

それをきっかけにして好きな食べ物やドラマ、趣味を伺ったりしながらケアにも役立てることができるのです。

それを繰り返して行く内に、輪の中に入っていくことにもつながります。

また傾聴ボランティアという仕事があるのをご存知でしょうか。

これは定期的に施設に来ていただき利用者とおしゃべりしたりゲームを楽しんだりする活動なのですが、職員にとってもたいへんありがたい存在です。

ボランティアで活動している間に、他の方の介助に入れたり記録を作成したりできるからです。

ボランティアが来るのを楽しみにしている利用者も多いです。

パソコンが得意

施設の生活は残念ながら季節感が感じられないことが多々あります。

そういった中で職員は季節を感じてもらうために色々と工夫しています。

例えば季節の花を飾ってみたり、その季節に関連した壁紙を作成してみたりと様々です。

パソコンができると色々な素材をインターネットからダウンロードしてイベントなどに利用することができ、より季節感を出せることがあるのです。

塗り絵なども印刷して利用者に楽しんでもらっているところも多いです。

また最近では記録作成もパソコンやタブレットなどを使う施設が増えてきたために、機械操作が得意な人にとってはよいのではと思います。

料理が好き

こちらも大いに役立ちます。

レクリエーションで簡単なお菓子作りをしたり、また行事のときに一品職員からプレゼントするといったこともあります。

女性の利用者はもちろん男性の方も張り切って参加してくれます。

畑を持っている施設では野菜を育て一緒に収穫して調理を楽しむことがあります。

私がいたところでは大根を収穫し、利用者に切っていただき漬物にしてお昼にお出しするといったことがありました。

歴史が好き

利用者の回想録にはもってこいでしょう。

利用者が若かったころの話をしながら、その地域についてみていきます。

「昔はこうだった、懐かしいなあ」といった声が聞かれ、職員自身も楽しめます。

ドライブが好き

車の運転が好きという方であれば、デイサービスなどでは送迎業務も楽しいでしょう。

またレクリエーションで外出をするときなどは引っ張りだこです。

利用者は車窓から景色を楽しみながら、色々な話で盛り上がります。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

初任者研修を修了した方なら次は介護福祉士を目指すのもよいでしょう。

また介護福祉士でしたらケアマネジャーや相談員、社会福祉士を目指される方もいらっしゃいます。

あるいは看護師を目指す方もいるのです。

ぜひとも挑戦していただきたいです。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

例を挙げると福祉住環境コーディネーターはいかがでしょうか。

最近は介護のために自宅をリフォームする方が増えてきました。

そんなときに福祉の知識を活かせるのがこの資格です。

ボランティアとして

仕事ではなくても地域の介護ボランティアとして活躍できる場もあるでしょう。

お住いの介護課などに問い合わせてみてください。

「介護施設の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これまで介護の仕事についてお伝えしてきました。

介護にはどういった人が向いているのか、向いていないのかもみてきました。

みなさんのことですから、きっと介護に向いているのだと思いますよ。

現にこの記事をお読みなのですからね。

さらにご自身の特技や趣味を活かせるのも介護であることもお分かりいただけたと思います。

他の仕事でも十分介護の知識を活かすことができるのです。

活躍の場は多々あります。

介護は実に奥が深いものです。

ぜひ参考になさってみてください。

実際に介護施設の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!