介護業界で働くにあたり、資格はたくさんありますが、その中で一番取得が難しいのがケアマネージャーの資格です。

試験や研修も大変ですが、何よりも基礎資格での5年以上の実務経験が必要ですので、受験資格を得るまでも簡単ではありません。

それでも、今も根強い人気のあるケアマネージャー。

この仕事を目指している人はたくさんいます。

そんな方にもわかりやすいように、居宅介護支援事業所でのケアマネージャーの仕事やおすすめ求人のポイントを詳しくお話していきます。

居宅介護支援事業所にはどんな仕事があるの?

居宅介護支援事業所で居宅ケアマネージャーとして働く場合、その仕事内容は一言では言えない位多岐に渡りますが、基本的な仕事内容をピックアップして、一つずつ説明して行きましょう。

担当利用者のケアプラン作成

ケアマネージャーの仕事の基本はこれになります。

居宅介護支援事業所のケアマネは、在宅で生活する要介護・要支援者と契約を結び、生活しやすいように居宅サービスを計画することが主な仕事です。

ケアプランの作成は、まずは本人の状況をきちんと聞き取り、何ができて何ができないか把握するところから始まります(アセスメント)。

そして、必要であろう介護サービスを利用者に説明し、どれを利用するか決め、このように生活していこうという暫定ケアプランを作成します。

そしてその暫定ケアプランを基に、利用するサービス事業者を集めて、具体的な回数や内容等を話し合い決定します(サービス担当者会議)。

担当者会議で正式にケアプランの内容が決まれば、プランにサインをもらい事業所に提供表とともに交付します。

サービスが動き出せば、要支援者の家には三か月に一度訪問、毎月の電話、要介護者の家には毎月訪問し、サービス内容が妥当か、何か困っていることはないか、必要であればサービスを変更するかどうかを聞き取り、検討します(モニタリング)。

これがケアプラン作成の最低限の仕事の流れです。

給付管理

ケアマネージャーの大切な仕事として、給付管理というものがあります。

これは、一か月のサービスの実績を事業所から受け取り、その実績をレセコンに入力し、国保連に提出する作業です。

事業所は事業所で国保連に実績を送り、保険請求をするのですが、この請求単位がケアマネと一致しなければ請求は通りません。

また、何らかのミスでケアマネサイドの請求を失敗すると事業所時はお金が入りませんので、かなり気を使って行わなくてはいけない作業です。

この給付管理はケアマネージャーが行うこととされており、その理由としては、サービス実績を確認して、自分が作ったケアプラン通りにサービスが行われているか把握するというものがあります。

月初からこの実績が集まりはじめ、10日までに国保連に請求をしないといけませんので、この時期は慌ただしくなります。

介護相談

自分が担当する利用者の相談にはもちろん乗りますが、そうではない方々の介護相談も行います。

多くの居宅介護支援事業所は「介護相談」の張り紙を貼っているかと思いますが、わりとそれを見て通りすがりの方が相談に来られることも多いです。

相談を聞いて、介護サービスが必要と判断し、かつ双方の合意があればその後契約に進んでケアマネージャーとして動くこともありますが、そうではない場合ももちろんありますし、もちろんその相談に料金が発生することもありません。

介護に悩んでいる方は何からどうしたらいいかわからない方も多いので、そういった方にわかりやすく制度を説明することも居宅介護支援事業所の役割です。

公的機関とのやり取り

居宅介護支援事業所でケアマネージャーとして仕事をする場合、介護保険の保険者である市町村や国保連など、役所や公的機関とのやり取りがたくさんあります。

特に介護保険を扱う部署には、介護保険の申請代行や情報の取り寄せ、届け出等で頻繁に通うことになりますし、要支援者の委託元である地域包括支援センターとのやり取りもたくさんあります。

その他、利用者の状況に応じては保健所と絡むこともありますし、公的機関と関わる機会が日常的にあります。

要介護認定調査

ケアマネージャーの資格を持っていると、指定の研修を受けることで要介護認定調査員になることができます。

専門の機関や、市町村の職員が行うことも多い認定調査ですが、居宅介護支援事業所も役所と委託契約を結び、認定調査を行う市町村があります。

居宅介護支援事業所求人でよくある募集内容とは?  

では、実際に居宅介護支援事業所の求人内容はどういったものなのか、一般的なところを見ていきましょう。

職種

居宅介護視線事業所の求人は、ケアマネージャーもしくは主任ケアマネージャーのみとなります。

大手のところでは事務を募集しているところもありますが、基本的には有資格者のみの募集です。

給与相場

正社員であれば月給制、パートであれば時給制になります。

正社員の場合、年収で350万円~400万円程度が多く、パートの時給は1200円前後が相場となっています。

主任ケアマネージャーの資格を取得していたり、管理者等の役職についている場合はその分の手当てが付き、給与が高くなります。

事業所によっては歩合制で、担当件数により額が変わるところもあります。

勤務時間や休日、残業

居宅介護支援事業所の場合、9時から18時頃までの勤務時間が多いです。

土日祝日が休みの事業所もありますが、月の休みの数が決まっている交代制勤務のところも多くあります。

利用者や関係事業所の都合に合わせることの多い仕事ですので、どうしても残業になってしまうこともありますし、困難事例や新規の利用者が続いて急ぎの仕事が入ると、それをこなすまでは帰れないので残業になりがちです。

福利厚生

有給休暇はすべての事業所にありますが、そのほかの福利厚生に関しては居宅介護支援事業所の経営母体によって変わります。

大手の法人であれば組合や社員旅行のようなものもありますが、居宅介護支援事業所はこじんまりとしてところも多いですし、一人ケアマネのところもありますので、そういった場合はあまり福利厚生が充実していない傾向にあります。

求められる人物像

居宅介護支援事業所の一番の仕事は、利用者宅を訪問しケアプランを作成することです。

ですから、いかに効率よく利用者宅を回るかというのが大切なポイントになりますので、その事業所が求める移動手段を使えるケアマネージャーというのが最低限のポイントです。

都心部であれば自転車でいいですが、地方ですとバイクや車に乗ることができないと仕事自体が厳しい場合があります。

あとは、書類作成の仕事もたくさんありますので、多少なりともパソコンが使えないと仕事になりません。

ワードやエクセルが使えなくても、レセコンやケアプランの雛型がありますので、ある程度文字入力ができれば問題ないかと思います。

もちろん人相手の仕事ですので、明るく誠実に仕事ができる人が求められます。

居宅介護支援事業所に関しては求人がそう多くないので、経験者の方が優遇される傾向にはあります。

また、主任ケアマネージャーを持っていると、かなり有利です。

居宅介護支援事業所のおすすめ求人のポイント

居宅介護支援事業所での仕事は介護業界の仕事の中ではかなり人気があります。

その仕事のおすすめポイントをいくつか挙げてみましょう。

知識と経験を生かすことができる

ケアマネージャーとして働くには、資格を取る前に元職での実務経験が5年以上必要です。

その後、決して簡単ではない筆記試験に合格し、何日も研修を受けて取得する資格ですので、資格を持っている人は経験も知識も豊富にあります。

それを生かし、在宅で生活する利用者にアドバイスをしたり、よりよい生活が送れるようにケアプランを作成します。

勉強したことや経験したことを生かして作成したケアプランで、利用者の生活がどんどん良くなっていく姿を見ることができるのが最大の醍醐味ではないかと思います。

自分のペースで仕事ができる

忙しい仕事ではありますが、実は居宅介護支援事業所のケアマネージャーの仕事は、自分の担当する利用者のことを主に行いますので、自分と利用者、関連事業所の都合を合わせて仕事をすることが可能です。

この日は忙しくなりそうだなと予想が付けば少しゆとりを持ったスケジュールを組むこともできますし、事務仕事をメインにする日を作ったり、逆に朝から夕方まで外回りをして効率よく訪問することもできますし、あらかじめ私用が入っていれば、そこを避けて仕事も可能です。

子供がいても働きやすい仕事ではないかと思います。

利用者の生活を深く知ることができる

ケアプランを作成するためには、利用者の生活歴や趣味嗜好、年金の額や家族関係まで把握しなくてはならず、その利用者について事細かなアセスメントを行います。

はじめは構える利用者も多いのですが、利用者に最適のサービスを提案するためには様々なことを聞き出す作業は必須で、ここをうまく聞き出せるかはケアマネージャーの腕の見せどころです。

そして月に一回訪問し、いろいろな話を聞きますので、関係性はどんどん深くなります。

一人の人生をしっかりと聞き出す作業は大変ですが、勉強になることもとても多いです。

いろいろな事業所を知ることができる

居宅介護支援事業所のケアマネージャーは、訪問介護やデイサービスなどの事業所を紹介するのが仕事ですので、地域一帯の介護事業所と関わりを持ちます。

サービスを利用してほしい事業所が営業に来ることもたくさんあります。

同じデイサービスでも今は特色を打ち出して頑張っているので、そういった情報を得て、この事業所はこんなことをしていて、こんな職員がいるなと知ることができます。

力仕事がない

介護福祉士や看護師など、現場仕事で腰やその他体を痛める方はとても多いです。

居宅介護支援事業所のケアマネージャーですと、そういった業務がありませんので、体はとても楽です。

これが施設のケアマネージャーだと、現場のお手伝いをするところも多いので、力仕事がつらい方は居宅介護支援事業所を選ばれることをお勧めします。

居宅介護支援事業所の仕事についてよくある疑問

では実際に、居宅介護支援事業所のケアマネージャーが良く聞かれる質問についていくつかお答えしましょう。

仕事は忙しいの?

担当件数にもよりますが、仕事はバタバタしていることが多いです。

特に利用者の環境が急に変わってサービスを急ぎで見直したり、困難事例をいくつか抱えているとそちらの対応で駆け回らなくてはいけません。

とはいえ、マックスの件数を持っていても利用者に変化がなければそう忙しくなることもないので、状況によりけりかと思います。

ノルマはあるの?

これに関しては、ノルマのある事業所、ない事業所、ノルマはないけど口うるさい事業所、様々あります。

居宅介護支援事業所の売り上げは、ケアプラン料と委託を受けていれば認定調査料だけですし、ケアプランの単価は決して高くないので、ケアマネージャーの給料を捻出しようと思えば、売り上げに厳しくなるのはある程度仕方ないかなと思います。

あまりに利用者が減れば営業に出ることもありますし、どんなに利用者が減っても何も言われない事業所はないでしょう。

どういうところが大変なの?

困難事例や急変が続いた時の目まぐるしい忙しさもそうですし、介護保険に理解がない利用者や家族に説明する作業も大変です。

法律で決められていることを「何とかしてくれないと困る」と言われることは日常茶飯事です。

利用者と事業所のトラブルに挟まれることもありますし、本来ケアマネージャーの仕事ではないことを頼まれることもたくさんあります。

また、介護保険は頻繁に制度が変わりますので、それをその都度利用者に理解してもらうことも大変です。

この辺りをのらりくらりとかわせないと、居宅介護支援事業所のケアマネージャーの仕事は難しいかもしれません。

やりがいはあるの?

あります。

ものすごくあります。

困っている利用者や家族の話を聞いて、自分の知識を生かしてサービスを提案、ケアプランを作成し、その後困っていた生活が良い方向へ向くことが見られる仕事ですので、そういう意味でのやりがいは非常にあります。

喜んでもらえることも多い仕事です。

まとめ

以上、居宅介護支援事業所の仕事内容についてご説明いたしました。

大変な仕事のイメージが先行しますが、自分の知識と経験、何より頑張って取った資格が生かせるとてもやりがいのある仕事です。

ケアマネージャーの資格を取られた方は、ぜひチャレンジして頂きたいと思います。


関連キーワード

介護士求人

介護士求人についてもっと深堀りした情報を見る

介護士正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

超高齢化社会となり、介護や福祉の仕事に興味を持っている方も多いと思います。すでに国全体で介護士の需要が高まっており、資格を取得することで職に困らないために介護士を目指すことを検討している方も多くいます。しかし、正社員として介護士で働く場合、どのような勤務先やどのような働き方があるのか良くわからない方も多いのではないでしょうか。また、これまでの世間一般のイメージから、介護士として働くことへの不安や疑問をお持ちの方も多くいらっしゃることと思います。そこで今回は介護士正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、そして最後には多くの方が気になる疑問について解説していきます。介護

介護士の年収はどれくらい?複数の介護職経験がある私が仕事別に紹介します給料を上げるための転職術も!

介護士は、安月給として世間に知られています。その理由から敬遠される事も少なくありません。私自身たくさんの介護職を経験してきました。正職員、パート、派遣、そしてその時の職種や施設形態、年収をご説明します。また、それらの経験から得た転職術もお伝えできればと思います。私はこんな介護職の経験をしてきました簡単に経歴をご説明させて頂きますと22歳~25歳:介護老人保健施設の介護士(正職員)25歳~26歳:特別養護老人ホームの介護士(フルタイムパート)27歳~30歳:デイサービスの介護士(フルタイムパート・派遣社員)30歳~32歳:グループホームのケアマネージャー(派遣社員)有料老人ホームのケアマネージャ

介護士の仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します

全国的に介護福祉士の人材不足が問題となっており、今でも専門学校は入学者が減る一方です。高齢者は増加傾向にあり、介護の需要は増えています。この人材不足は深刻な問題となっています。今、介護の仕事に興味がある方や、これから転職をして介護の仕事をしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。介護の仕事をしたいと考えているけど、自分にできるかどうか不安を感じ踏み出せずにいるかも多いでしょう。ですから、今回は介護士の仕事をするに当たって、どんな人材が介護職に適しているかをご紹介したいと思います。皆さんの参考になればと思いますので、不安を感じている方は読んでみてくださいね。介護士はどんな仕事?介護の仕事は

介護士の転職を成功させるために!介護求人の選び方や上手に転職するための3個の注意点

介護の仕事は近年多くの求人で溢れています。しかし介護士として就職する人もいれば、転職して今の施設を離れる人もいるでしょう。介護も現場では転職や介護自体を辞めてしまう人も多くいらっしゃいます。ここでは、介護士として働いていて、転職を考えている人を対象に、どのような事に注意しながら転職をするべきなのか。また転職を成功させる為に必要な事を私の体験をもとにいくつかご紹介します。介護士の転職で注意したほうが良い3個のこと自分の介護理念と合う職場を探す介護士として働く事を決めた時「自分の理想とする介護士像」というものがあるはずです。介護自体のスキルアップをしたいと思っている人や、介護の能力よりも、介護は必

介護士とはどんな仕事?その仕事内容や介護においての役割、なり方など詳しく解説します!

今回は介護士とはどんな仕事なのか、またどのような役割を果たしているのかということについて紹介していこうと思います。今回も私の経験も交えて進めていこうと思います。介護士とはどんな仕事?介護士の仕事と聞いて一番に思い浮かぶのは利用者様の「食事・排泄・入浴」のお世話をすることだと思います。「日常生活の支援」が一番メインであり分かりやすい仕事と言えると思います。また、後で詳細は説明いたしますが世間のイメージよりも「事務的な仕事」が多いです。お年寄りのお世話を毎日しながら、事務的な仕事もかなりの量をしているというのが介護士の仕事です。介護士の具体的な仕事内容とは?具体的な業務日常生活の支援食事・排泄・入