今回は、介護士の求人について紹介していきたいと思います。

実感なき好景気と言われているように、株価の上昇とは裏腹にまだまだ不景気な空気が漂っているご時世です。

しかし、介護業界については常に求人があるような状況です。

求人があると言っても正社員からバイトまで色々なものがあります。

正社員とバイトの違いなど気になるポイントを解説していきます。

私の経験談も交えています。

介護士のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

世間的なイメージにあるような「食事・入浴・排泄」のお世話。

それに「夜勤」です。

しかし、それだけではありません。

利用者様には皆さまに普段の生活の目標や計画があります。

それを決める会議に出席することもあります。

また、施設によって数は様々ですが委員会があります。

その委員会にも出席します。

このように世間のイメージより「事務的な仕事」がかなり多いです。

介護士は施設でどういう役割を求められる?

まず第一には利用者様の日常生活の支援です。

利用者様の日常生活の支援をしているのは介護士だけでなく、看護師・ケアマネジャー・リハビリスタッフなどがいます。

介護士としての役割という目線で見ると「利用者様の生活」に重きを置いて物事を考えていく必要があります。

医療的な目線やリハビリの目線などいろいろな立場・考え方がありますが、介護士として利用者様の生活について考えていくことが重要となります。

介護施設にとって介護士は施設の顔ということになります。

利用者様の家族様・施設を出入りしている業者の方々と顔を会わせることも多いです。

利用者様の支援だけしておけば家族様や業者の方々の相手をしないで良いわけがありません。

そこは社会人として適切な言葉遣い態度で接しないといけません。

まとめると、利用者様には「介護士」として日常生活の支援をします。

家族様や業者の方々には「社会人」として接していく必要があります。

「介護士」と「社会人」としての自覚が必要となります。

介護士の募集でよくある施設や事業形態のパターン

介護老人保健施設

リハビリ専門の職員(理学療法士・作業療法士)が多く配置されています。

また、医師も常駐しており看護師の人数も多いです。

いわゆる老人ホームより「医療的」な施設といえます。

デイサービス

施設の送迎で朝から夕方まで施設で生活するというタイプです。

介護士の視点でいくと夜勤がないというのが特色の一つです。

施設の職員よりも家族様との接点が多いです。

一般的には施設の利用者様より自立度は高いと言えます。

グループホーム

認知症の高齢者のみで9名くらいが1フロアで生活しています。

特別養護老人ホームや介護老人保健施設よりゆったりとした時間の流れで利用者様は生活されています。

利用者様はゆったりとした時間の流れで生活していますが、職員はその裏で忙しく動いているというのを私は学んだことがあります。

「ゆったりとした時間の流れ」=「職員も楽」というのは大きな間違いです。

利用者様が認知症の方に限られますので、それが合う方にはぴったりと施設と言えます。

介護士の募集でよくある職種

ホームヘルパー

利用者様の自宅に訪問しオムツ交換や食事の用意などをします。

介護士の求人を調べると割と多く目にする職種と言えます。

デイサービス

これも介護士の求人で多いです。

パートでの募集も多いように感じます。

実際デイサービスにはパートさんが多く勤務しています。

介護士でよくある募集内容とは?

ここでは、介護士の求人で給与などの条件面について紹介していきます。

施設により違いがある部分なので、参考程度に見ていただければと思います。

給与相場

14万円~17万円(基本給・正社員)

時給900円~1200円

勤務時間や休日、残業

勤務時間

デイサービス

  • 8:00~17:00
  • 8:30~17:30

施設 介護職(一例)

  • 早出7:00~16:00 
  • 日勤9:00~18:30 
  • 夜勤16:30~09:30

休憩時間

60分のところが多いです。

休日「週休2日」または「月に8日」となっている場合が多いです。

シフトの希望について経験上になりますが、1か月に3日程度休み又は勤務の希望を出せるところが多いです。

友人と予定を合わせる際に平日で休みを合わせることも出来、土日より空いているお店などに行けて「シフト制の特権」を味わうことも出来ます。

残業「なし」と書いている所が多いような印象です。

実際は毎日のように残業をしている施設が多いような実感があります。

残業時間自体は短いところがほとんどだと思いますが、デイサービスや役職者は残業時間が長くなるようです。

残業代については、施設によります。

少しは出るという施設が多いと思います。

福利厚生

各種保険はもちろんあります。

交通手当についても施設により差がありますが普通はあります。

住宅手当については、一人暮らしの場合出ないと思っていた方が良いです。

かなり厳しい条件(県外から就職してきた等)をクリアすればもらえる場合もありますが、ほとんどは住宅手当ナシです。

勤務場所

施設名や部署(デイサービスなど)が書かれている場合が多いです。

また、法人として募集している場合も多いので希望している部署に行けるとは限りません。

法人内の異動もあると思っていた方が良いです(正社員の場合)

求められる人物像

特に明記されていない場合が多いですが、利用者様(人)相手の仕事ですから、最低限の社会人としてのマナーは必須です。

必要なスキルや資格、経験

「社会福祉士」介護業界内で最強の資格と言ってよいと思います。

これを持っていれば大威張りできます。

「介護福祉士」

これを持っていればかなりの武器になります。

資格手当がもらえる場合がほとんどです。

「ホームヘルパー2級」「介護職員初任者研修」

介護福祉士ほどではないですが、あれば武器になります。

とはいっても、人手不足が深刻な介護業界「無資格・未経験」でも大丈夫といえます。

★無資格・未経験でも大丈夫ですが、就職した後のことを考えると「ホームヘルパー2級」や「介護職員初任者研修」は取得しておくと良いと思います。

忘れがちなのが「普通自動車免許」デイサービスへの就職をお考えの場合必須です。

介護士の雇用形態による違い〜正社員とバイトとの大きな違いとは?〜(こちらの内容は分量多めでお願いします)

ここでは介護士の仕事で正社員とバイトの違いを解説していきます。

仕事内容や給料などいろいろな視点で見ていこうと思います。

正社員について

施設内のすべての仕事を任されると思っていて問題ありません。

利用者様の日常生活の支援に委員会、担当者会議への参加などなど仕事内容は多岐にわたります。

個人の能力にもよりますが、自分より後に就職してきた人(年齢を問わない)に対して先輩として指導するという役割も任されることがあります。

施設行事についても担当者が複数いる場合リーダーを任される場合があります。

しかし、これについてはパートの人がする場合も多いです。

これは当然と言えば当然なのですが、正社員の人が役職者になります。

役職者になるということなので、部下の責任を背負う場面が出てきます。

役職者にならなくても正社員ということだけで責任は強くなります。

給料については施設による差が大きいです。

パートより正社員の方が金額面で多いのは当然といえばそうかもしれません。

特にボーナス(賞与)で大きな差が出ます。

昇給も正社員の方が優遇されます。

異動については、正社員の方が圧倒的に多いです。

私が働いていた施設では「最近になって」パートさんも異動があるようになったというように、異動は正社員のみという施設もあるようです。

正社員で得なことは、施設内全ての仕事を任される。

ということで煩わしいことも確かに多いです。

「なんでこんなこと遅くまでかけてやんなきゃいけないんだ」と思うこともあります。

しかし、介護の世界でやっていこうと思うのであればそれが全て自分の糧になります。

少々無理やりでも「自分の為になっている」と考えて前向きに取り組むことで将来、役職者になり自分の思うような施設に少しでも近づけていけるかもしれません。

バイト(パート)について

「介護は女性の仕事」というイメージを持っている方も多いというくらい女性が中心の職場になります。

そのため、産休後にパートとして職場復帰というパターンも多くあります。

パートの場合、原則「残業ナシ」です。

私の経験上ですがパートさんにも残業をお願いする場面もあります。

しかし、パートさんの場合は断るということも結構ありますし、それが認められるケースが多いです。

正社員との比較になりますが、仕事量が少ないです。

こう書くと語弊があるかもしれませんが、説明します。

利用者様の支援という意味では仕事量に差はありません。

しかし、受け持つ委員会の数・担当する利用者様の数は正社員より少ないことが一般的だと思います。

また、何か行事の担当になった際も正社員の補助的な役割を担うということもあります。

そういう意味で「仕事量が少ない」と言えます。

給料面では時給のケースがほとんどなのでどうしても正社員よりは劣ります。

ボーナスも寸志という場合もよく聞きます。

「ボーナスは寸志でも出るだけ感謝している」という話もよく聞きます。

異動については、ほとんど無いと思って良いです。

希望すれば異動することも出来るのでしょうが、いきなり異動を言われるということはないでしょう。

異動が無いということは、その部署のスペシャリストになれるとも考えられます。

利用者様との付き合いも長くなりますのでより深い信頼関係を結ぶことが出来ます。

正社員とパートの違いについてまとめ

ここまで、正社員とパートの違いについて経験談も交えて説明してきました。

私はこれまで介護の仕事をしてきて現在9年目です。

すべて正社員として働いてきましたが、パートさんでも正社員並みに残業をしたり熱心に仕事をしている人もいます。

逆に正社員でも出来る限り手を抜いて楽をしようとしている人も見てきました。

実際にベテランのパートさんが部署の事実上のリーダーをしているというようなところもあります。

また、結構多いのが「パートのクセに・・・」「正社員なのに・・・」という言葉です。

雇用形態は違えど、どちらも利用者様のために働くのが介護の仕事です。

立場は違いますが、互いに手を取り合って仕事が出来れば気持ちよく仕事が出来るのになと感じることがあります。

急に偉そうなことを言いますがこの記事を読んで下さった人は、お互いを認めながら仕事に取り組んでもらえたらと思います。

求人に応募する前にするべきこと

さて、実際に介護の仕事をしようと思って求人情報を調べると思います。

その時に何を重視するかということは人によって違います。

働きたい施設(グループホーム・デイサービス)がある場合はそこから、パートとして働きたいという場合は雇用形態から求人を調べると良いと思います。

この記事では私の経験談も交えて求人についての一例と見て下さった人の役に立てばと思い情報を書き加えています。

もし、周りに介護の仕事をしている人がいればその人に話を聞いてみるのも良いと思います。

「受けたら受かる」と言っても過言ではない介護業界ですが、いわゆる「ブラック」と言われる劣悪な環境(給料面など)の施設もあります。

求人を見て受ける施設をすぐに決めるのではなく、必ず一度施設見学に行ってください。

電話をして申し込めばほとんどの施設は見学を許可してくれます。

見学を断るような施設はその時点でやめておきましょう。

見学の時に案内してくれる職員を見るのも大事なのですが、働いている職員のことをよく見ておくと良いです。

挨拶が元気が無い職員ばかりの施設はやめておきましょう。

また、職員と利用者様がいないところしか案内しない施設もやめておきましょう。

見せたくない部分なのかもしれません。

見学をして感じた自分の直感を頼りに受ける施設を決めるのも良いと思います。

まとめ

昔ほどではないですが、不景気で就職は難しいと言われる昨今。

しかし、介護業界は別で常に「人材不足」が叫ばれています。

実際に介護の仕事をしていても「人材不足」は実感します。

3K(きつい・汚い・給料安い)というイメージが先行しており、離職率も髙いのが介護の仕事です。

離職率は高いですが、介護の仕事を20年しているというような大ベテランの方もいます。

20年続けられるくらい「やりがい」を感じる仕事でもあります。

利用者様やその家族様から感謝されたり、認められることで大きなやりがいを得られることがあります。

この記事を読んで下さったということは、少なからず「介護」に興味があるということだと思います。

介護に興味が無い人に「ぜひ介護をしようよ」と誘うほど介護の世界は甘いものではないですし、大変さに見合った給料かと言われたら疑問です。

しかし、介護に興味があるのであれば「ぜひ一緒に働こう」と言えます。

それくらい「やりがい」があります。

介護士の正社員求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

介護求人