近年では特別養護老人ホームや老人保健施設といった介護施設以外にも様々な介護施設、介護事業所があります。

みなさんも聞いたことがあると思いますが、サービス付き高齢者住宅は近年増加傾向にあります。

求人でも多く見かけると思いますが、どのような介護施設なのか分からず、応募することにためらってしまうこともあるのではないでしょうか。

今回は、サービス付き高齢者住宅の求人や施設内容についてご説明したいと思います。

今、話題のサービス付き高齢者住宅とは

サービス付き高齢者住宅とは、その名所の通り「サービスがついた高齢者の住宅」のことです。

高齢者の方が、自宅での生活に不安を感じるが「施設へは入所したくない。」

「施設では自由がなく、これまでの生活を続けることは難しいので嫌だ。」という声も聞きます。

また、介護施設は要介護認定を受けていないと入所できない施設もあります。

ですが、サービス付き高齢者住宅は要介護認定を受けていなくても入居が可能なのです。

高齢者の集合住宅のようなイメージですね。

お部屋を借りて生活をするといった感じです。

ですから、お部屋にはお風呂があったり、キッチンがあったりとアパートのような作りのサービス付き高齢者住宅もあります。

自宅では日中一人でも、サービス付き高齢者住宅では介護の専門スタッフが在住していますので、困った時など生活相談に応じ、安否確認を行ってくれます。

比較的自立度の高い高齢者が、自由な生活を安全に送るための高齢者の住宅と考えてください。

サービス付き高齢者住宅の特徴は?

入居者の生活の自由度が高い所です。

自分の生活スタイルを継続することができます。

お部屋へお友達が来ることも自由ですし、気軽に外出などもできます。

食事なども自分の好みのものを食べることができます。

自由に入浴も可能です。

施設のように曜日などは決められていません。

自宅にいる生活と変わらずに生活ができることが最も特徴的です。

また、サービス付き高齢者住宅は増加していますので、自分自身に合った生活環境や施設を選んで入居することができ、選択肢の幅が広いです。

各施設によって、お部屋の内容は違ったりしますので、実際に見学して決定することをおすすめします。

アパート選びと同じですね。

要介護者が、これまで自宅で、デイサービスやヘルパーを利用して生活されていた場合ですと、そのまま現状のサービスを利用することができます。

サービス付き高齢者住宅は自宅ですので、介護保険の在宅サービスの利用の継続が可能です。

介護サービスは外部のサービスによって提供されますので、これまで馴染みのあるヘルパーやデイサービスの関係を継続していけます。

全国にどれくらいあるの?

全国にサービス付き高齢者住宅は222,737戸あります。

年々、サービス付き高齢者住宅は増加しています。

なぜ増えるかと言うと、国がサービス付き高齢者住宅の推奨しているからです。

サービス付き高齢者住宅は国土交通省が管轄していますが、設立に当たって、補助金の制度があり、税制上の優遇措置が受けられます。

個人や事業所が軒並み参入をしているのが現状です。

ですから、法人営業しているサービス付き高齢者住宅もありますが、民間事業も多いのです。

サービス付き高齢者住宅の求人状況は?

全国的に介護従事者の不足は深刻的です。

サービス付き高齢者住宅も例外ではなく、求人は多くあります。

ご自身の希望にあったサービス付き高齢者住宅を探すことができるのではないでしょうか。

ですが、求人内容をきちんと確認してください。

求人内容に、介護士・ヘルパーと記載があれば、サービス付き高齢者住宅の職員兼ヘルパー業務がある場合があります。

夜勤がある事業所もありますし、また、ヘルパー2級以上、介護福祉士の資格が必要な事業所もあります。

事業所にもよりますが、訪問介護の事業所を併設してる場合がありますので、ご自身がどのような働き方をしたいかを考えて決定してください。

また、見学や面接時に直接聞くのも良いと思います。

サービス付き高齢者住宅での主な仕事

では実際に、サービス付き高齢者住宅での仕事内容について説明します。

まず、サービス付き高齢者住宅は施設ではありませんので、介護施設のような直接介護をするといった場面はほとんどないでしょう。

必要に応じて、サポートは行いますが、入浴介助や排泄介助などといったことは外部や併設の訪問介護のヘルパーが行います。

簡単に表現すると、住宅の管理人といった感じです。

入居者のナースコール対応や生活相談、安否確認を行います。

入居者の部屋の掃除などは、ヘルパーもしくは、本人、家族が行いますので、公共の場(談話室やホールなど)あればサービス付き高齢者住宅で掃除を行います。

こちらも、各事業所によって仕事内容は大きく変わります。

一概にこちらに記載した内容ではありません。

あくまでも、サービス付き高齢者住宅の基本的な内容となりますのでご了承ください。

安否確認

最低限のサービスである安否確認は必ず受けられますが、頻度については明確ではないので、安否確認の方法などはきちんと確認が必要です。

住宅ですので、鍵がかかっています。

その鍵を開けて、お部屋の中に勝手に入ることはできませんので、食事の際に行うところもあるようです。

生活相談サービス

サービス付き高齢者住宅で生活する高齢者の日常生活の相談を受け付けているサービスです。

介護サービスが必要となった際にケアマネと連携を図って外部の事業所と連絡をとってくれるなどの役割があります。

買い物や通院の付き添い

こちらは行っている事業所と、行っていない事業所がありますので確認が必要です。

介護保険のサービスではなく、自費でのサービスとなります。

買い物にいく際の付き添いや荷物を持つなどの対応をします。

30分いくらと時間設定で値段が決まっているケースが多いでしょう。

主な募集内容は?

サービス付き高齢者住宅の多くは、ヘルパーステーションを併設している事業所が多いので、募集は「介護職員」「ヘルパー」などが多いでしょう。

また、「サービス提供責任者」「生活相談員」「介護支援専門員」の募集もあります。

ここからは、各職種について説明したいと思います。

募集している職種

求人募集を見ても、サービス付き高齢者住宅で実際にどのような仕事を行っているかわからないという方もいらっしゃると思います。

サービス付き高齢者住宅での職種別に仕事内容を説明したいと思います。

施設長

施設長は、その名前の通りですね。

施設の責任者となります。

事業者によっては施設長兼管理者となっている場合もあります。

高齢者住宅の契約を行ったり、施設管理やスタッフ管理などを行っています。

生活相談員

入居希望者の案内や受付、入居までの手続きなどを行います。

また外部サービスとの連携を図って調整を行います。

入居者の日頃の生活状況を把握し、ニーズに沿った生活の提供ができるよう支援、入居者や入居者家族の相談にも応じます。

介護福祉士

入居者の安否確認、ナースコール対応、入浴・食事の際の見守りを行います。

入居者が安全に生活ができるよう支援します。

※事業所によっては、「訪問介護」事業所を併設している場合は「サービス付き高齢者住宅」の介護職員兼訪問介護(ヘルパー)の兼務の業務となります。

兼務となると訪問介護の業務が組み込まれます。

訪問介護の仕事内容は、入浴介助・食事介助・排泄介助・お部屋の掃除・病院受診の付き添い・買い物などのヘルパーととしての仕事があります。

ケアマネージャー(介護支援専門員)

要支援・要介護者の生活支援の計画書(ケアプラン)を作成します。

入居者、家族のニーズを汲み取って、必要な介護サービスを提供する事業所を紹介します。

入居者と事業所の間に入ってサービスの調整を行います。

※サービス付き高齢者住宅は、必ずしもケアマネがいるとは限りません。

看護師・准看護師

入居者の健康管理を行います。

内服薬の確認や、体調確認を行って健康状態の確認を行います。

※こちらも、「訪問看護」の事業所を併設している場合は訪問看護として入居者と携わります。

訪問看護の仕事内容としては、入居者の身体状況によって異なります。

褥瘡などの処置やインスリン注射、内服のセットなど主治医の指示によって適切な処置を行います。

雇用形態

雇用形態はどういった内容となっているのか確認しましょう。

正社員の勤務時間と給与相場

正社員での勤務の場合、夜勤がある場合もあります。

早番、日勤、遅番、夜勤の4交代が多いでしょう。

給与は月給夜勤手当や資格手当などを含み、16万〜20万円といったところです。

あとはボーナスが支給されるかどうかは、事業所によって異なります。

また地域によっての違いもありますので、一概にはなんとも言えませんが、給与水準は高くないと思います。

夜勤がないところですとちょっと厳しいかもしれませんね。

パートの勤務時間と給与相場

パートでの募集はほとんどが訪問介護部門でのお仕事が多くなると思います。

夜勤はなく、日勤帯だけでの仕事が可能です。

場合によっては働く時間の相談も可能なところも多いと思います。

給与は時給となるので、はっきりは言えませんが、大手の訪問介護事業所になると、時給1000円といったところも多いです。

経験者が疑問に答えます!

これから、サービス付き高齢者住宅で働きたいと考えていらっしゃる方も多いかと思います。

そこで、よくある皆さんのご質問にお答えしたいと思います。

施設によって雰囲気が全然違うってホント?

はい、全く違います。

運営者がどのようなサービス付き高齢者住宅を目指しているかによって、雰囲気が変わってきますので、高級感を売りにしているのであれば、ホテルのフロントのような対応をしています。

また、アットホームな雰囲気を目指しているのであれば、家庭的な雰囲気でスタッフも入居者と接しているでしょう。

施設によっては介護の仕事がほとんどない場合もあるの?

大体のところが、介護報酬を得るために訪問介護事業所を併設しているとは思いますが、自立度の高い方々が入居しているのであれば介護は必要性がないので介護の仕事はない場合もあると思います。

求人をみるときのチェックポイントは?

勤務体制と兼務なのかどうかは必ずチェックしてください。

直接介護業務を望まない方であれば、ヘルパーとの兼務は嫌でしょうし、夜勤などの業務が入ってくることがありますので事前に確認するようにしてください。

サービス付き高齢者住宅で働くのに向き不向きってあるの?

これまで介護施設で勤務されている方ですと、サービス付き高齢者住宅での勤務は介護スキルを活かせないと感じる場合があるかもしれませんね。

介護施設では、介護度の高い方が多いので生活全般の介護を行っていますよね。

ですが、サービス付き高齢者住宅は、むやみに介護をしてしまってはいけないのです。

サポートといったような支援の仕方であって、介護サービスが必要な方は、ケアマネの依頼を受けてヘルパーが介護に入りますので、もどかしさは感じるかもしれません。

サービス付き高齢者住宅で勤務した実体験!

介護の仕事を始めた時は介護施設で勤務し、その後サービス付き高齢者住宅で生活相談員としての勤務を経験しました。

仕事で大変だったこと

新規参入の事業所であったこともあり、全てが一からのスタートでしたので、スタッフ管理やスタッフへのサービス付き高齢者住宅についての研修、知識の統一などから始まりました。

マニュアルの作成や、書類の整備などからでした。

入居者とのやりとりよりも、家族やケアマネ、事業所とのやりとりに追われる日々でした。

新規入居者の契約や説明、案内、電話での問い合わせなどが多くありました。

新規入居者の状態観察のための面談や調査が毎日でした。

サービス付き高齢者住宅の現状

実際に自立度の高い高齢者が入居する住宅ですが、介護度の高い方や認知症状が重度の方の申し込みが多くあるのも事実です。

特養施設は入所待機者が多く、すぐには入れないので、どこでもいいから今すぐに入居したいという希望が多いです。

特養施設で勤務していたので、重度の方の介護は慣れていますし、個人的な意見としてはどんな方でも入居していただきたいのですが、運営の方針や設備の環境などが適さずにお断りをすることもありました。

これだけ、高齢者が自宅での生活が困難な状況であっても、すぐに受け入れることができなことにもどかしさを感じました。

悪い印象ばかりではないんですよ。

自立されている方は、自由に自宅とサービス付き高齢者住宅を行き来して、友達と旅行にいったり、外出や外泊をされ生き生きと過ごされていました。

お部屋を自分の好きな家具で揃えて、過ごしやすい環境でゆったりと生活をするなどしていました。

自立されている高齢者にとってはサービス付き高齢者住宅は安心できる第二の自宅となっているのでとても良い環境だと思います。

誰もいないところに一人でいる不安がないので、家族や本人も安心できますから。

入居者の希望にどれだけ答えられるかは、事業所の運営方針次第です。

良いサービス付き高齢者住宅の見分け方

たくさんあるサービス付き高齢者住宅ですが、どのような部分で見極めをするのかが大切です。

働く側の目線から説明したいと思います。

サービス付き高齢者住宅で働く側

高齢者住宅は増加していますが、倒産してしまう事業所も多いです。

入居者を確保できていないなども理由の一つです。

運営状況などは現場を見ればわかります。

見学をして見極めてください。

勤務体制は、人員確保ができておらず、兼務が多い事業所も少なくありません。

採用に当たってどのような業務があるか、詳しく聞いておきましょう。

マニュアルが作成され、明確な事業内容があるのか

介護経験のない民間企業の参入が多いです。

介護経験がない人が運営している場合です と、運営自体が曖昧です。

きちんと介護事業所として成り立っていない場合がありますので、注意してください。

管理者が不在やサービス提供責任者が不在などは怪しいです。

自分の希望に合う求人が見つかりますように!

これからサービス付き高齢者住宅で働こうと考えている方は、実際に事業所を見学されることをお勧めします。

サービス高齢者住宅の基本サービス内容は最低限の提供です。

ご自身がどのような介護提供をして高齢者を支援したいかを明確にして選ぶことが大切です。

事業所の雰囲気や併設の事業所の内容、業務の内容、どのようなレベルの入居者を受け入れているかなど詳しく知ったうえでの選択をしてくださいね。


関連キーワード

介護求人

介護求人についてもっと深堀りした情報を見る

グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

今回は、グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、その場合の上手な転職方法を解説していきます。少しでも興味のある方は、ぜひご覧いただければ幸いです。グループホームへの転職や、グループホームからの転職は多い?他の介護の施設と異なり、特にグループホームは介護系の資格を取得していない、無資格の状態でも応募が可能な施設が多く、そのため入社にかかる敷居が低いこともあり、介護に興味がある人が最初にくぐる門のようなイメージがあります。もちろん資格が必須の場所もありますし、長期的に働くベテランの人や、施設長といった管理職になる人もいますので全てがそうとは限りません。グループホームで勤務してい

介護支援専門員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

現代日本は過去に例を見ないほどの高齢化社会を迎えています。加齢や疾病により介護が必要となる高齢者もそれに比例して増えており、要支援・要介護の認定を受けている高齢者は平成30年10月現在で650万人を超えている状態です。2000年から介護保険制度が開始され、それとともに介護支援専門員、通称ケアマネジャーと呼ばれる資格も創設されました。誕生から19年が経ち、介護支援専門員の活躍する場所も多く存在するようになっています。今回は介護支援専門員が活躍している働き先やおすすめの求人について紹介していきたいと思います。介護支援専門員のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容介護支援専門員の仕事は、日常で介護が必

生活相談員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

生活相談員の転職についてどのような点に注意したらいいか、よりよい職場環境とはいったいどういった場所なのか。転職について注意点、転職活動の成功させるポイントをご紹介します。生活相談員の転職で注意したほうが良い2個のこと業務範囲生活相談員は事業所の規模や会社が生活相談員に求める役割についてどの程度言及しているかによって大きく異なります。利用者や家族との会話から日々の様子を知り、変化があれば福祉職の観点からその変化が後々の生活環境に影響するのか推測し相談するためにも送迎という役割を担うことが多いです。生活相談員が添乗員として行く場合だけなく、生活相談員自身がドライバーとなり送迎をすることが多いです。

訪問介護バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて解説します

現在日本は高齢化社会で介護についての問題は多く取り上げられていますよね。今回は在宅で生活している高齢者への介護サービスで活躍している訪問介護の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。訪問介護は、要支援や要介護で日常生活に介助が必要なお年寄りへのサービスです。訪問介護バイトではどんな仕事をしているのか、求人内容はどのような感じなのか分かりやすくお話をしていきます。介護職に興味がある方や高齢者との関りが好きな方、何か人のためになること、やりがいのある仕事に興味がある方の参考になればと思います。訪問介護とはどんな仕事?訪問介護とは利用者の自宅に出向き、日々の生活で必要な介護を行う仕事です。訪

介護施設の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

介護の仕事がしてみたい方にとって、どんな仕事内容なのか気になるところです。一般にいわれているのが「三大介護」というものです。これはどういったことかといいますと「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。その他にも介護業界には色々な仕事があります。そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話を進めていきたいと思っています。介護業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。介護施設の仕事にはどんなものがあるの?介護の仕事は実に多彩です。施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などといった業務もあります。また訪問系ですと調理、入浴、整理整頓などの身の回り

高齢者向け住宅求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方とは?向き不向きややりがいなどを解説!

サービス付き高齢者向け住宅でのお仕事について、ご紹介していきます。求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方から、向き不向きややりがいまで解説していきますので、ぜひ参考にしてください!サービス付き高齢者向け住宅求人での大まかな仕事内容高齢者向けの建物に住んでいる入居者様の生活を支援するのが大まかな仕事内容になります。時には部屋へ伺い、訪問介護として掃除や洗濯をといった生活支援を行ったり、パット交換や入浴の介助といった身体介護を行います。施設によっては施設内にデイサービスを設けている場所もあり、デイサービスでは事前に決まっている参加者で集まってレクリエーションやリハビリといった活動を行います。

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

生活相談員の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

介護関連のお仕事を探していると、「生活相談員」という職種の名前を目にすることがあります。名前だけ見ると「生活に関わる事の相談を受けるお仕事」ですが、それだけではありません。実際にどのような仕事なのか、どんな人が向いているのか、その後のキャリアアップや必要な資格も踏まえて、紹介していきます。生活相談員の仕事にはどんなものがあるの?利用者やそのご家族の方たちに対して、専門的な知識を持って生活の相談を受ける、ソーシャルワーカーとしてのお仕事です。これが生活相談員の役割であり、この職種に期待されている事でもあります。また、ケアマネージャーや医療機関などとの連絡・調整を行い、各種介護サービスの手続きや介

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」福祉の業界で働いている方で、このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の仕事と良い求人の探し方をお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にするケアマネージャーは「施設ケアマネージャー」と呼

特別養護老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

特別養護老人ホームでは、介護度が高い人が入所しています。また、他の介護施設と違う所はその「要介護者の人数」です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、人数が多いです。要介護者が多いという事は、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、特別養護老人ホームの仕事はどんな人が向いているのか、どんな人が介護に合っているのかをご紹介します。特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、週2~3の入浴介助が一般的な介護になります。仕事上の役割とは?特別養護