グループホームの仕事はやりがいのある仕事です。

シフト勤務なので、メリットデメリットがありますが、融通が利くのでライフスタイルに合わせられるのは大きなメリットです。

今回はシフトのデメリットを中心に、対処法やその他の介護の仕事について、幅広く取り扱いますので、ご参考いただければと思います。

「グループホームの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

グループホームの仕事の大まかな内容

認知症の高齢者を対象とした介護業務

グループホームに入居している高齢者のほとんどが認知症を患っています。

認知症の程度には個人差がありますが、同じ話を繰り返したり、直前に起きた出来事を忘れてしまったり、予想もできないような常識を超えた行動をする人もいます。

介護職員として働くのであれば、入居者に合わせて対応するのが主な仕事になります。

勤務時間帯もさまざまで早朝から起床介助や朝食の補助などからスタートする早番や、普通の会社員と同じように8時や9時に出社し、日中の現場のサポートを行う日勤や、昼の時間帯前後に出社し、夕食後に就寝介助やその他雑務を行う遅番。

夜~次の日の朝にかけて、夜間の介助や安否確認を行う夜勤と時間帯によって仕事の内容が異なってきます。

調理

シフトによっては月に数回調理を行う事があります。

基本的にグループホームには調理専門のスタッフを用意していますが、人手不足や休みが重なってしまった場合などで、職員が調理を行う場合があります。

特に、夜勤の職員は朝食を作る業務が含まれている施設もあるので、夜勤の度に調理を行う職員もいるかもしれません。

作る量は入居人数により変わりますが、1ユニット9人程度の量と職員の分を作る事になるでしょう。

もちろん、料理が得意な入居者にも手伝ってもらう事ができますが、安全の為見守りは忘れずに行いましょう。

身体介護

直接入居者の体に触れる介助の事を身体介護といいます。

主に行う身体介護は、入浴の介助や排泄の介助、起床時・終身時の更衣介助になります。

基本的な手順は同じ人間である為、どの介助も基本的な事はありませんし、たとえ体が大きく、体重のある高齢者でも人体のメカニクスを利用する事で誰でもスムーズに身体介護を行えるので、身構える必要はありません。

注意しなければならない事は、入居者の性格・身体的な病気によって、手順や方法に若干の差がありますが、どれも介護の基礎を抑えておかないと腰を痛めてしまうような業務になります。

生活援助

洗濯や掃除といった、入居者に直接触れる内容ではないものの、入居者の生活のために行なう業務は生活援助になります。

身体的な自立がされている入居者であれば、一緒に行なう事で入居者にとってはリハビリの一環にもなりますし、コミュニケーションの場を作る事ができるので非常におすすめです。

また、入居者の性格によっては、部屋の中に食事の食べ残しや施設の備品といった、部屋に置いてはいけないものもきちんと確認して回収するのも掃除の業務と同時に行いましょう。

グループホームのシフトでこれは嫌だな…と思う4個のこと

仕事する上でシフトは大切!

その中でも嫌だと感じるシフトについてお話します。

夜勤が多い

夜勤が可能な職員は、入社して間もない頃は月に4回~5回程度の夜勤がシフトに含まれています。

しかし、グループホームは人手不足な現場多く、特に夜勤ができる職員はその中でも少数です。

そうなると、1人あたり行うべき夜勤の回数は多くなってしまいます。

夜勤を始めたばかりの新人職員も慣れた頃には夜勤の回数が特に通知される事なく自然と増えている事でしょう。

夜勤は仮眠の時間が用意されているものの、入居者の急変やトラブルといった緊急の出来事が稀にある為、仮眠中も神経を使ってしまう職員も多く、たとえ仮眠が取れると言っても、夜勤は決して楽な物ではありません。

当然ですが、夜勤の回数が増えると生活リズムが夜型の生活になる為、自律神経など体に対しての負担が大きいものになります。

その対処法は?

人手不足が要因であれば、夜勤を減らしたり辞めてしまう事で他の職員にしわ寄せが回ってくる為、なかなか解決する事は難しい問題ではありますが、そのまま無理をして夜勤を続けていると生活リズムの乱れやストレスで非常に体を壊しやすくなってしまいます。

なかなか夜勤の調整がシフト上難しいとはいえ、負担を掛けすぎた結果、体を壊してしまっては遅いです。

夜勤を行っている中で、体がキツいなと感じる様になった場合には、迷わずにシフトを組んでいる上司に相談し、なるべく夜勤の回数を減らしてもらうように頼むのがいいでしょう。

自分で行うセルフケアとして、夜勤の前日から夜型に合わせた生活に調整する事で、少しでも負担を軽くする事も手でしょう。

苦手な人と同じ現場での勤務がある

人によっては、相性の合わない職員がいます。

これは人間関係の問題なので仕方がありません。

口だけで仕事しない人や、細かい所をしつこく指摘する人など苦手な人といっても様々です。

シフトは事前に把握できる為、その日に誰と一緒に仕事するのかが分かりますので、苦手な人と同じ時間帯で働く事が判明してしまうと、それだけで憂鬱な気分になってしまう事でしょう。

その対処法は?

これも、上司に相談するのが一番かもしれません。

グループホーム内のユニットが複数ある場合には場所を移動するだけで、嫌な職員と一緒に仕事をする機会は少なくなります。

同系列で違う場所にグループホームを設置している会社では、躊躇しがちですが、異動するのも手かもしれません。

それでも今のユニットを離れたくない場合は、苦手な職員に慣れるか、交流してお互いを知っていく中で親しくなるしかないかもしれません。

休みがシフト任せのため、予定が合わせにくい

シフト制のため、誰しも土日や祝日に休めるというわけではなく、平日に休みがあったりと、休みは特に固定されることなくバラバラです。

2連休もほとんど入っていない事もあり、月に1回か2回ある程度でしょう。

友達や家族と一緒に出掛けたり遊びに行けるかもシフト次第になってくる為、予定の合わせにくさにジレンマを感じてしまうかもしれません。

シフト表が決定する前に希望休を出しておく

ほとんどの介護施設では1ヶ月前に次のシフトの希望休を聞かれます。

あらかじめ予定が決まっているのであれば、希望休を提出しておけば、複数の人と希望休が被っていて、現場に支障がない限りは、必ず休みを取ることができるので、あらかじめ予定が前から決まっているコンサートやイベントに関してはほぼ確実に行く事は可能ですし、連休も希望に合わせてくれるでしょう。

希望休は、公休で定められている8~9日の範囲から使用される為、有給を消化する事なく温存しておけます。

ちなみに有給を希望休で使用したい場合はその旨を事前に伝えておくと、後にトラブルになりにくいです。

有給の消費が難しい

決まった日に社員全員が出社・休日を取る会社員と違って、介護はシフト制の為、交互に出勤し、休みを取っています。

その為、その日の現場を回す為にシフトで決めた職員が1人休むだけでも人手が足りずに大変な思いをしてしまう施設も少なくありません。

特に現場をよく知っている職員だからこそ、有給はなかなか取りにくい心理状態に陥ってしまいます。

職員のほとんどが有給を使用して休むとみんなに迷惑を掛けてしまうから使ってはいけないと言った暗黙の了解の様に有給を使用せず、シフトを組む上で手間が増える為に、上司も有給の消化を促さない悪循環が生まれます。

使えるものはしっかりと使いましょう

有給を取る事は悪い事ではありません。

有給は労働者に与えられた権利ですので、周りを気にせず使用しましょう。

その際に、一気に有給を使用するとシフトが組めなくなる事があり、有給の使用を自重するように持ちかけられるかもしれませんが、どうしても有給を使いたいのであれば、押し通しましょう。

取得してから2年経過した有給は消滅してしまうので、その前にしっかりと取得できるように計画的に利用しましょう。

「グループホームの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

グループホームのシフトが合わない人におすすめな介護系求人とは?

シフトによって働けない。

働く時間に条件がある人でもシフト制のグループホームで働く事ができます!

夜勤が出来ない人には・・・

夜間は予定があったり身体的に厳しいのであれば、日中だけの勤務にする事ができますので、応募の際に相談しておくといいでしょう。

その際に、勤務できる時間帯は日勤の時間だけか、早番や遅番ができるのかも聞かれると思いますので、事前に自分の生活と照らし合わせて考えておくといいでしょう。

また、家庭の事情で夜勤が難しくなった場合にも、相談する事でシフトの調整はしてくれるはずです。

8時間働けないけど、グループホームで働きたい人は・・・

1日3~4時間といった、数時間だけの勤務も可能です。

子供が小さいから午前中だけ働きたい主婦や、午後だけ仕事がしたい人も労働者の都合に合わせて、シフトを組んでもらえます。

時間の融通が利きやすいとは言え、学生はグループホームで働く事ができない施設がほとんどです。

学校帰りにバイトしたい場合には他の場所でアルバイトを探すようにしましょう。

また、夜間の時間のみで働きたい人も、夜勤専門の職員として働く事もできる為、Wワークとしてグループホームで夜勤をするのもいいでしょう。

決まった曜日しか働けない人は・・・

シフト制と聞くと固定の休みがなく、会社によってスケジュールを操作されるといった印象が強く、特定の曜日は他の用事がある為に必ず休みを取りたいといった条件を持っている人にとって働きにくくなります。

その悩みも、上司に相談する事で、都合の悪い曜日は休みにするようにシフトを調整してくれます。

人によっては平日のみの勤務や、休日のみ勤務もできますので、シフトを組む前に相談してみるといいでしょう。

グループホームが合わない人におすすめな他業種の仕事は? 

介護の仕事は嫌。

でも経験は活かしたい人におすすめの他業種を紹介します。

人と関わる経験を活かして

営業の業界に転職し活躍する例もあります。

人と関わるという共通点がある為、介護の仕事に適性がある人は、営業にも適性がある可能性が高いです。

しかし、営業職にもルート営業や企画営業といった種類がある為、会社をしっかりと見極める事が重要です。

接遇や現場を動き回る経験を活かして

飲食店やスーパーなどのショップ店員でも活躍する事が出来ます。

飲食やスーパーの仕事は介護職と照らし合わせると、同じ建物内を動き回って仕事をする点は介護職と似ている点です。

体を動かして働きたい人にとってはおすすめの業種です。

しかし、飲食店もスーパーも店によって異なりますが、時間の範囲は狭いもののシフト制での勤務なのは介護職と変わりありません。

人の世話をする経験を活かして

資格を取得する事で、保育士として高齢者ではなく、小さな子供の世話をする業界で活躍する例もあります。

人によっては高齢者の世話よりも活発で可愛らしい子供の相手をする方が向いている人もいるので、この業界への転職もおすすめです。

臨時職員や、学童保育の場合であれば、保育士の資格を取らずに働く事ができるので、とりあえず業界に触れてみたい人は応募してみるといいでしょう。

送迎の経験を活かして

病院や買い物の移動で、入居者を車に乗車させて送迎を行っていた経験を活かして、タクシーやバスの運転手も選択として有効です。

お客様を車に乗せる運転職を行うにあたって、必ず2種免許が必要になる為、必要に応じて自動車学校に通う事になります。

グループホームでの接遇の経験は、タクシーやバスの運転手でも十分に活かす事ができるので挑戦する価値は充分にあります。

特にタクシーに関しては、介護タクシーもありますので、介護経験を更に十分に発揮できると思いますよ。

「グループホームの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

一部のデイサービスなどの施設を除いて、ほとんどの介護施設ではシフト制の勤務が付きまとってきます。

シフト制は他の社員のように平日の5日間も長く働けない人や、決まった時間しか働けない人・時間に制限がある人にとってはとても便利な勤務形態です。

反面、シフトに条件がある場合を除いて、勤務スケジュールを会社に支配されてしまい。

日によっては人員不足で忙しい現場で働く事になってしまうというデメリットも存在します。

グループホームは特にシフトの融通を利かせやすい職場になっていますので、自分のライフスタイルに合わせた働きやすい勤務形態で働く事ができます。


関連キーワード

グループホーム求人