グループホームでの介護は大変?

グループホームにおける介護の仕事についてできるだけ細かくお話ししていきます。

グループホームでの介護のおおまかな仕事内容

最大1グループ9名居住している認知症高齢者の生活を援助していく仕事です。

排泄や入浴の介助、洗濯や掃除を一緒に行う援助です。

注射や点滴といった医療行為はなく、ほとんどは薬の管理や血圧や体温を測るといった健康チェックとなります。

場所にもよりますが、ヘルパーとして入社しても調理や事務を担当するという施設もあります。

グループホームでの介護の特徴とは?

グループホームに居住している人は体の動く人、寝たきりの人と様々な高齢者がいますが、ほぼ全員が認知症を患っています。

そこで、グループホームならではの介護をお話しします。

家事を一緒にやってもらう

グループホームは居住している高齢者からみれば「家」です。

通常なら職員がやらなければいけない、野菜を切ったり、洗濯ものを干したり、畳んだり。

玄関の掃き掃除なども、入居者と共同作業として行う事は多いです。

当然ですが、安全の為に職員はすぐ近くで見守りをしながら一緒に勧める事になります。

入居者の介護度は場所によって様々

認知症になると、高齢者の体は通常の高齢者と比較して衰えが早くなります。

認知症特有の「忘れてしまう」事で昨日出来ていた事が突然できなくなってしまうこともあるのです。

寝たきりで数時間おきに体の向きを変えないと、床ずれを起こしてしまう人、オムツを交換しないと排泄物を食べてしまう人。

食事をとった数分後には食べた事を忘れて何度も何度も食事を取り続ける人など、今までの生活の中では考えられない事をしている人も、グループホームの入居者の中には存在しています。

中にはホームで人生を全うし、看取りをする事もあるかもしれません。

地域と交流する

時には地域のお祭りに入居者と一緒に参加することもあります。

当然、見守りは必須になります。

認知症と言えど、昔の記憶は失っていない事は多いです。

地域のイベントや交流会に参加すれば、笑顔でとても喜んでいる姿を見る事ができます。

グループホームでの介護の仕事がおすすめな7個の理由

認知症の介護は決して楽な仕事ではありませんが、グループホームで働く事メリットはいろいろとあります。

介護経験が無くても採用している所が多い

高校卒業後の進路としてグループホームに入社して介護の業界に飛び込む人も多いです。

つまり介護経験が無くても採用をしている企業があると言う事で、未経験の方が介護の業界を現場で知ることができ、求人としてのハードルはとても低いです。

自分の能力が発揮されやすい

今までの異なる業界や趣味でしていた経験を生かせる箇所がグループホームの現場では多々あります。

例えば、パソコンの技術があれば事務作業を、絵を描く趣味があれば、同じ趣味を持つ高齢者と一緒にデッサンをしたり。

裏方での仕事や、現場で入居者とのコミュニケーションツールとして今までの経験を大いに活かせる機会が多数あります。

また、その経験を大きく活かせる場面がない場合も、それまでの経験に関する話は、高齢者との話題として盛り上げる事ができ、決して無駄にはなりません。

入居者からも学ぶことが多い

逆に、入居者と関わっていく日々の中で、昔の話を聞いたり、思いがけない生活の裏技を教えてもらえる時があります。

おばあちゃんの知恵袋、という言葉があるように、現代の生活スタイルからは学ぶことができないようなことも、高齢者と関わっているうちに学ぶことができます。

またコミュニケーション能力も、入居者との関わりの中で高まっていきます。

表情や態度、声の掛け方1つで相手は落ち込んだり、怒る事もあります。

たとえ認知症でも見た感じや聞いた感じを読み取る事はできます。

関わり、反応を見て、工夫して、試していくことで入居者の事をよりよく理解する事ができます。

そういう経験からも、日常のコミュニケーションスキルの向上が期待でき、自分の成長にも繋がります。

感謝し合う事のできる、やりがいのある仕事

洗濯物をたたんでくれて「ありがとう」トイレに連れて行ってくれて「ありがとう」と、職員も入居者もお互いに感謝の気持ちを伝え合う事ができます、週末に来てくれる家族の人にも感謝の言葉を言われる事も当然あります。

素直な感謝の言葉を日々沢山聞くことができる業界です。

深く関わっているうちに覚えてくれる

意外な事かもしれませんが、認知症を患っている人でも、職員の顔を覚えて「知っている人」になる事ができます。

たとえグループホームを退職してから半年や1年を過ぎた頃、ふと遊びに行くと顔を見て「久しぶりだね」と笑顔で歓迎してくれて、その瞬間にここで働いていた証を見つけ、感動が生まれます。

夜勤に慣れてしまうと明けの日も充実させられる

全てのグループホームには夜勤があります。

夜勤の勤務形態は様々ですが、一般的には夕方~日勤の職員が出社し引継ぎをして、仕事が終えるというパターンです。

夜勤専門の場合は同じ日の夕方に出社する場合があります。

もちろん最初のうちの夜勤はとても大変で、覚える事も多く、時間に追われる事でしょう。

しかし、数ヶ月夜勤をこなし、自分なりのやり方を見つけられるようになると、次第に体も慣れて最初より疲れにくくなります。

その状態で日勤が来た時間で仕事が終われば、その後の時間は自由です。

捉え方によっては疲れは多少あるものの休みと大差ないように考える事ができます。

また夜勤の明けた次の日は必ず休日に設定しているグループホームもあります。

その場合、夜勤をした後に貰えるのが1日の休みなのに体感では2連休している感覚になり、得した感じになります。

キャリアアップが速い

長期間働いていくと、日々頼まれる仕事が増えていくことと思います。

その過程の中で当時のヘルパー2級である、介護職員初任者研修の資格取得にかかる費用を負担してくれたり、介護系の資格とは関係ありませんが、会社負担で防火管理の研修を受講させてもらえたりと、仕事を継続していくだけで資格を得る機会が非常に多く出てきます。

勤務年数が3年程度でもグループホームのリーダーを任される事もあり、大変ですがしっかりとこなしていけば、最初は介護経験が全くなかったとしても管理職にもなる事ができます。

キャリアアップの速さは、他の業種と比べても明らかに速く、少人数体制で勤務しているグループホームだからこそ競争相手が少ないため、昇進していくためのハードルは低いです。

グループホームの仕事を探す時の注意点とは?

グループホームでの仕事はとても魅力的でやりがいも多いのですが、どこのグループホームでも同じとは限りません。

仕事を探す上での注意点を紹介します。

勤務時間

グループホームによって出社の時間に細かく差が出てきます。

早番と遅番があるのか、日勤だけなのか、夜勤は何時までの勤務なのか、など施設によって違いがあります。

朝が苦手な人や、夜は子供たちに夕ご飯を作らなければいけない、といった人は相談してみましょう。

時間帯の調整や、厳しい勤務は外してくれたりと柔軟な対応をしてくれるところもありますので、面接の際に話しておくのがおすすめです。

残業

残業があるグループホームで人手が足りていない所は、サービス残業を強いられてしまう可能性があります。

そうなってしまったらなかなか帰る事ができないという過酷な職場です。

そのような会社はいわゆるブラック企業の可能性が高く、入社後に辞めたくなって退職届を出してもなかなか受け取ってくれない所もあると聞きます。

残業の有無はとても注意するべき項目です。

給料や賞与などのお金に関する事

全体的にグループホームの給料は安く設定されており、安すぎる所だと最低賃金と変わらないような所もあります。

賞与の有無も非常に重要です、賞与が無いグループホームの求人もよく見かけますが、働くのなら少額でも賞与は貰いたいですよね。

求人票をよく見て「この待遇だったら生活していける」と思える条件のものを選びましょう。

調理・事務などの業務の有無

介護の仕事をしたくて入社したから他の業務はしたくない、と考えている人もいると思います。

調理や事務などの担当に関しては、求人票には記載されていない事が多いです。

入社後に思っていた業務内容と違って後悔するという事のないように、応募や面接の際に必ず担当する業務の具体的な内容を確認をしてください。

グループホームでの介護の仕事についてよくある疑問

資格は必須ですか?

施設によっては資格を持っていないと採用をしていない施設もありますが、無資格でもグループホームで仕事する事はできます。

仕事をしながら資格の取得を援助してくれるシステムがある会社もありますので、入社して経験を積んでから資格取得の努力を始めても遅くありません。

介護関連の資格を取得すると、介護業界への転職に有利になりますし、資格手当として通常の給料に手当が加算されて支給されるので、資格は持っていないより持っている方が得です。

介護の業界が初めてなのですが、高齢者の人とどう接していくのがいいですか?

よく、年長者は敬うようにと言われていますが、必ずしも敬語で丁寧に話さなければいけないわけではありません。

職員の年齢、役職、性別と相手の入居者の性格、人生の背景など、関わり方には基本的に正解はありません。

相手の入居者は認知症を患っており、難しい言葉は理解が難しい可能性があります。

なるべく簡潔に、分かりやすく伝え、接することが適切です。

口で伝える言葉だけでなく、手を使ってジェスチャーを交えたり、絵に書いて伝えたり、工夫の仕方は様々です。

日々の関わりを通じて、最善の接し方を見つけてください。

ちなみにNGなのが、高齢者に対して赤ちゃん言葉を使う事です。

介護が必要な高齢者を相手に、小さな子供に接するような方法をとるということは、高齢者としてのプライドを傷を付けてしまう事になりますので十分に注意してください。

肉体労働は多い?

寝たきりの人を車イスに移乗したり、パットを交換したりします。

一見大きな人をベッドから車イスに移乗する介護は力を使うのでキツイと思われがちですが、一般的に知られている方法があり、それを活用すればスムーズにできます。

逆に自分流で力任せにやってしまうと腰を痛める事になり、危険です。

グループホームではトイレ誘導や入浴介助の身体介護もありますが、掃除や洗濯などの家事を一緒に行ったりするので、様々な作業の組み合わせとなることから、極端に疲れると言う事は他の介護施設と比べるとほとんどありません。

夜勤となると体力が必要になりますが、特別に体力を付けたり、筋トレをして筋肉を作る必要は全くありません。

回数をこなしていけば自然と慣れ、体力の消耗が少なくなります。

認知症の方の話し相手になることは、精神的に疲れますか?

会話の内容によりますが、毎日同じような話をします。

職員は何度も聞かされていても、入居者にとっては初めて話すネタなので、あたかも初めて聞いたようなリアクションを取る事になります。

最も厄介なのが、「帰りたい」と何度も話してくる入居者です。

このタイプの人は、何度説得しても納得はせず、「帰りたい」と永遠に続きます。

放っておいてしまうといつの間にか帰りたいがために、外に出てしまい、道が分からないため迷子になってしまうこともあるため、目を離すことができません。

1人でも施設の中に帰宅願望の強い人がいると、仕事が全くできなくなる場合もあります。

そういった対応はストレスになりやすいので、接していく中で最善の方法を探りましょう。

まとめ

グループホームは介護の業界の中でも1ユニット9名程度の少人数の入居者の介護です。

1番大切な事は、全入居者の事を理解する事です。

特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの入居人数が多い施設と比べると、理解するべき人数は圧倒的に少なく密接に関われるので、介護の基礎を得るにはグループホームはとてもオススメです。

認知症の高齢者と向き合って介護をする事で、介護技術を学べるのはもちろん、コミュニケーションスキルも上がっていきます。

高齢者との共同生活の中でやりがいのある素敵な職場なので、介護業界に挑戦するときはグループホームを視野に入れて検討する事がオススメです。


関連キーワード

グループホーム求人