ヘルパーとして要支援者、要介護者のお宅を訪問しサービスを行う訪問介護の仕事。

やりがいもたくさんありますが大変なことも多く、仕事についても辞めてしまう人が少なくありません。

訪問介護の仕事をしていた経験から、辞める理由やこの仕事のつらさについて考えてみました。

経験者が紹介!訪問介護の仕事を辞めたいと思った理由やつらさとは?

私は訪問介護の仕事は、ヘルパー兼サービス提供責任者として働いていました。

退職を選ぶヘルパーの理由で多かったものをまとめています。

移動が辛い

辞めるほどの理由にはなりにくいですが、訪問介護の仕事で一番つらいのは間違いなくこの「移動」でしょう。

利用者の家を訪問して行う仕事ですので、家に着かないと仕事ができません。

しかも一日一件の仕事ではなく何件も入っている場合は、効率よく移動することが求められます。

地方であれば車移動しか行わないところもあるでしょうが、そうでなければ基本的な移動は自転車もしくはバイクが主流です。

猛暑でも極寒でも、たとえ大雨でも移動し、訪問しなくてはいけません。

登録ヘルパー等でしたら、この移動時間が無給になることも少なくないのですが、仕事をしているよりも移動の方が大変な天候の時も少なくありません。

遅刻はもちろん早く着きすぎてもいけないので、早すぎた場合は近くで時間をつぶしたりしなくてはならず、とても大変で頭を使います。

利用者と合わない

一人で訪問に入り、一人の利用者を相手に仕事する訪問介護、人間同士のことですから、どうしても相性が悪かったり好きになれなかったりすることがあるでしょう。

多少合わないとか嫌いだと感じるくらいであれば、仕事である以上そこは我慢しなくてはならないかもしれません。

ただ、どうにも我慢できないとか、必要以上に利用者からきつく当たられるなどがあれば、仕事に行くことがとてもつらくなってしまいます。

その家に行くのが嫌だという思いが強くなると、他の家に行くのも嫌になり、訪問介護の仕事自体を辞めたくなってしまう人が多いので、度を越して我慢しないようにしましょう。

濡れ衣を着せられる

訪問介護の仕事で最も大きなトラブルになるのがこれでしょう。

家という密室でヘルパーと利用者だけがいる状態でのサービス、あれがなくなったこれがなくなったといった場合にヘルパーが疑われたり、してもいないことをしたと言われたり、逆に正しくサービスを行っているのにあのヘルパーは何もしてくれないと言われたり、こういったことが発生する場合があります。

家の中に監視カメラを付けるわけにもいかないですし、利用者の勘違いであると強く主張することも難しいのですが、こういった濡れ衣を着せられると心の底から訪問介護の仕事が嫌になってしまいます。

これに関しては防ぐ手立ても難しいので、訪問介護の仕事の永遠の課題ではあるのですが、この手の理由で訪問介護の仕事を辞めた人は、二度とこの仕事には戻らないほどショックを受ける方が多いです。

仕事内容が大変

掃除や調理、洗濯などの家事を行う生活援助の場合、ヘルパーの好きなようにしてくださいという利用者ならいいのですが、自分なりのやり方を守ってほしいという利用者も多くいます。

神経質であったりこだわりが強かったりする人の場合は、たとえ生活援助でも大変気を使いますので、ぐったり疲れてしまいます。

これが身体介護となるともう一つ大変で、環境の整ったお宅ばかりではないので、非常におむつ交換いしにくいベッドで寝ている人の排泄介助であるとか、とても狭いお風呂での入浴介助など、無理のある態勢で介助を行わなくてはいけないことも少なくありません。

そうすると体に負担がかかり、腰痛になったり手首を痛めたりしてしまいます。

決められた時間内にサービスを終わらせないといけないので、バタバタと忙しく時間に追われてしまうのは、どのサービスにも共通しており、時計を見ながら焦りながら仕事をしなくてはいけません。

給料が安い

昔に比べると処遇改善加算等も付くようになり、ひどい安月給ということもなくなりましたが、個人事業所等では十分な加算が取れず給料が安かったりしますし、登録ヘルパーの場合も効率的に仕事に入らないとまとまった額にはなりません。

これに関しては、訪問介護の仕事の単位が決まっている以上、事業所や会社の企業努力で給料を高くするわけにもいかず、結局はいかに効率的に事業所内の仕事を回すかで売り上げが変わり、給料や時給に反映されます。

ですから、頑張って何年も働けばそのうち給料が高くなるという保障もありません。

特に訪問介護のサービスは、法改正のたびに単位が下がったりしていますので、この先も経営をうまくしなければなかなか儲からない仕組みになっていくと思われます。

訪問介護の給料は、こちらの記事を参考に!

仕事がない

これは高齢者を相手にする仕事すべてに共通していることですが、利用者が入院したり施設入所したり、亡くなったりすれば、当たり前ですがサービスは中止され、その分売り上げが減ります。

これは登録ヘルパーの場合は特に打撃で、急に何らかの事情でキャンセルになってしまえば仕事はなくなりますし、上記のような事情でいつも訪問していた利用者のサービスがなくなれば、次に他を紹介してもらうまでは仕事がありません。

もちろん登録ヘルパーではない場合も事情は同じです。

利用者の数が減ったから給料が減るということは正職員の場合には少ないですが、その分の仕事を取ってくるように上からは言われるでしょうし、営業に出ないといけなくなるかもしれません。

週に何回も入っていた利用者のサービスがなくなれば結構な打撃です。

しかも、高齢者はわりと同じ時期にバタバタと体調を崩しますので、そういった利用者が複数人重なることも珍しくありません。

仕事が忙しい

上記では仕事がなくなった時の話をしましたが、そういった急なキャンセルが重ならない限り、訪問介護の仕事と言うのは非常にオファーがあり、非常に忙しいです。

とにかく人手不足の業界ですので、サービスがパンパンに詰まっており、これ以上は受けられないという状態が日常的になっています。

ひっきりなしに依頼は来るのですが、訪問するヘルパーがいなくて断らないといけない事態も多いです。

ただ、それでもいつ利用者が減るかわからない仕事ですので、できるだけヘルパーを稼働させ、仕事を受けたいもの。

正職員であるサービス提供責任者や常勤ヘルパーは、本来であれば書類作成の業務がありますが、そんな時間が取れないほどサービスに出ています。

急にヘルパーが休みになれば穴埋めでサービスにも出なくてはならず、訪問介護の常勤の忙しさは他の介護職の比になりません。

心身共に疲れ果てながら仕事をしている人も多く、辞めたくなるのも当たり前だと思います。

休めない

実は私自身が訪問介護の仕事を辞めた理由はこれでした。

私が働いていた訪問介護事業所は個人が経営していて、ヘルパーも数人で回していたので、誰かが休んだ時に代わりにサービスに出られる余裕人員がいなかったのです。

子供が熱を出そうが自分が熱を出そうが仕事を休めない。

しかも人手不足が深刻で、一か月で三日も休みがありませんでした。

このままでは体がおかしくなると思って退職を願い出ましたが、何しろ人手不足だったので、辞めるまでにも数か月かかり大変でした。

ホントに辞める?辞める前にできることとは?

私は最終的には他にやりたいこともあり退職をしましたが、上記のような理由で退職したい場合は、できることをしてからでも遅くはないかもしれません。

上に書いてあることは、ほとんどがどこの事業所に行っても同じですから、今いる仕事場での改善ができないか先にトライしてみましょう。

事業所に相談する

利用者と合わなかったり、何か濡れ衣を着せられた場合は、もちろん事業所に相談する必要があります。

特にヘルパーと利用者が合わないことはよくあるので、我慢せずに報告し、人を変えてもらうように頼んでみましょう。

その方が双方の為になります。

仕事内容がきつい場合も、もしかしたら自分に合っていない仕事を回されているかもしれません。

体力や腕力に自信がなかったり、腰痛があったりするヘルパーが重度の介護が必要な利用者の身体介護に入るのはかなり負担が大きいですし、逆に身体介護が得意なのに苦手な生活援助ばかり入れられるのも苦痛でしょう。

このあたりの交渉は決してわがままではないので、しっかり事業所に相談しましょう。

仕事の時間を調整する

給料が安いという理由で退職しようと思うのであれば、加算のつく時間帯に仕事を入れてもらうことをおすすめします。

早朝8時までと、夕方18時以降の訪問介護のサービスは、基本報酬に25%の夜朝加算が付きます。

6時までと22時以降であれば50%の加算です。

登録ヘルパーで働いていれば、時給がそのまま同じ割合で割増しになりますし、正職員の場合でも手当が付くところがあるようです。

深夜加算の仕事は少ないですが、夜朝加算の時間帯の仕事は割とありますし、敬遠されがちな時間帯ですので、希望すれば事業所側も検討してくれることと思います。

掛け持ちをする

登録ヘルパーの場合ですが、しっかり稼ぎたいのであれば、一つの事業所でがっちり働くよりも、いくつかを掛け持ちすることをおすすめします。

上記のように稼げる時間帯を狙って働くなら、いくつかの事業所に登録した方が仕事の数は多いですし、利用者の急なキャンセルや入院等でも、いくつかの事業所に登録していれば早めに穴が埋まり、代わりの仕事ができます。

私の周りでも、効率的にお金を稼ぎたい人は、複数の事業所で身体介護や加算のつく時間帯をメインに入るなどしていました。

その場合、月給が30万円を越えることもそう難しくないようです。

掛け持ちをするヘルパーは珍しくないので、事業所に正直に話しても大丈夫ですよ。

訪問介護は大変な仕事だけど、やりがいを見つけるポイントとは?

ここまでの話を聞くと、訪問介護はなんて大変な仕事なんだという印象しか持たないかもしれませんが、この仕事ほど長く続けている人が多い職種もありません。

訪問介護の仕事の魅力ややりがいも知っておいてください。

利用者やその周りの人の生活が良くなる

訪問介護のヘルパーが来てくれることにより、在宅生活を続けることができる利用者はたくさんいます。

自分ができないことをしてもらう、誰かがしないと生活できない、そういった場合に介入するのが訪問介護のサービスなので、利用者はヘルパーがいないとたちまち生活に困る人がほとんどです。

ヘルパーを利用することで、同居もしくは離れて暮らす家族の負担も減り、介護離職などを避けることができます。

大変な面は多いですが、社会的意義の非常に高い仕事の一つです。

訪問を楽しみにしてくれる

少なくとも週に一回訪問しサービスを行ってくれるヘルパーのことを、とても頼りにして心を許している高齢者は少なくありません。

自分が不安に思っていることやできないことをしてくれるわけですから、心から感謝してくれることも多いです。

利用者によってはあまり家から出ず、他人と話をするのがヘルパーだけという人もいますから、そういった利用者にしてみれば、訪問がとても楽しみなものになるのです。

はじめはみんな緊張もあり他人行儀ですが、だんだん関係性ができてくるとフレンドリーに話をしてくれるようになりますし、仕事とはいえ自分がすることに感謝をしてくれるわけですから、そういった意味でのやりがいは大きいです。

自分の得意分野を生かして仕事ができる

主婦経験が長くて、久しぶりの社会復帰で訪問介護のヘルパーを選ばれる方は多いです。

登録ヘルパーという形で働けば、ごく短時間の勤務も可能ですし、融通も効くからです。

社会人としてのブランクがあっても、生活援助というサービスのニーズがたくさんある訪問介護の仕事では、家事経験が立派なスキルとして認められますし、自分の得意なことを生かして働くことができます。

特にお料理上手のヘルパーはあちこちの家庭で喜ばれますよ。

まとめ

以上、訪問介護の仕事のつらさや、辞めたいと思う理由をまとめてみました。

この仕事は確かに大変なことが多いのですが、何十年とヘルパーを続けている人も多いです。

辛いことばかりではなくやりがいもたくさんありますので、ご興味があればぜひ挑戦してみてくださいね。


関連キーワード

訪問介護求人