介護サービスの中でも古くからあり、仕事内容は周知されている訪問介護。

しかしながらどの働き方だとどれくらいの給料、と言うのは分かりづらいかと思います。

訪問介護の給料の相場や決まり方を解説します。

「訪問介護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

訪問介護の給料の相場はどのくらい?

正職員で未経験入社した場合

全くの未経験の場合、正職員で大体17万円~20万円程度が給料の相場になります。

ただし、ヘルパー以外の介護職の経験があればそれが加味される事もありますし、訪問介護の場合少なくとも初任者研修、ヘルパー2級以上の資格がある訳ですので、その辺りの資格の手当てが付く事もあります。

正職員で転職した場合(常勤ヘルパー)

もちろん経験年数にもよりますが、大体18万円~21万円程度が相場です。

保持資格によっても変わりますが、その辺りは後に説明したいと思います。

サービス提供責任者の場合

介護福祉士もしくは実務者研修終了以上の資格が必要で、文字通り訪問介護の全てにおいて責任を持つ役職です。

20万円~25万円程度が相場で、一般の常勤ヘルパーよりも仕事は大変ですが、その分給料も上乗せされる事がほとんどです。

登録ヘルパーの場合

訪問介護独特の雇用形態です。

家事を行う「生活援助」、体に触れる介助の「身体介護」に区別されています。

生活援助の相場は1時間1200円~1400円、身体介護は1400円~1800円程度が相場になります。

1サービスいくらという計算方法で給料が発生しますので、もしサービスが1時間未満であればこれよりも少ない給料になります。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

社会福祉法人や医療法人など、手広く展開している訪問介護事業所であれば、ほぼ間違いなく賞与はあります。

民間企業が経営している事業所も、大手であれば賞与有りの所が多いです。

ただ、小さい事業所であれば、訪問介護に関しては賞与がない所も少なくありません。

その場合、普段の月給が高く設定されている所もありますが、そうではない所ももちろんあります。

賞与の有り無しは勿論、何か月分出るのかなどもきちんと調べておいた方が良いでしょう。

昇給

こちらも事業所によりけりです。

ただ、一般企業に比べて、介護業界全般はベースアップが少ない印象です。

この辺りも働き先にはよりますが、介護職の場合、定期的な昇給よりも、資格を取ったりしてスキルアップを図る方が確実に給料は上がります。

各種手当

介護サービスにはたくさんの種類の加算があり、これにより給料が左右される事が多いです。

訪問介護の場合ですと、特定事業所加算、処遇改善加算、地域加算が事業所の加算、早朝・夜間加算が各サービスに付く加算です。

この辺りは年収に反映される事が多いのですが、知識が無いと分かり辛い点も多く、後ほど詳しく解説致します。

給与が高い人は何が違うの?

では実際訪問介護で給与が高い人とそうでない人の違いは何でしょうか?

いくつかに分けてご説明致します。

資格

訪問介護のみならず、介護業界では資格の有無、保持資格によって給与に大きく差が出ます。

訪問介護は、元々初任者研修やヘルパー2級以上が無ければ働く事ができませんので、全く無資格は有り得ません。

ここで給与に反映されるのはやはり介護福祉士と実務者研修修了です。

介護福祉士は国家資格ですし、実務者研修の先にある資格ですので、こちらの方が有利です。

この二つの資格を持っていれば、後に詳しくご説明するサービス提供責任者になる事も可能ですので、事業所としては高い給与を支払ってでも欲しい人材である訳です。

資格手当てで反映される事もありますし、そもそもの基本給が高くなる事もありますが、どちらにしてもこの二つの資格を持っていれば、給与は高くなります。

役職

ここでいう役職とは、訪問介護の場合は前述しましたサービス提供責任者と、管理者になります。

この二つの役職は兼務している人も多いのですが、役職手当が付いたり給与が高めに設定されていたりします。

勤続年数

定期昇給がある事業所であれば、勿論勤続年数を重ねる毎に給与は高くなっていきます。

大きな法人の経営する法人の方が、きちんと昇給していく所が多いです。

働いている事業所の地域

介護サービスの多くには、地域加算が算定されます。

これは、都会ほど人件費や土地代が高い事を考慮し、地価や人件費の相場に合わせて事業所が取得できる加算です。

隣同士の市町村でも加算の段階が違う事がありますので、通勤圏内であれば地域加算の高い市町村の方で働く事をお勧めします。

その分給与も高く設定されます。

訪問介護の場合もそうですが、あくまでも事業所のある場所に付く加算ですので、訪問先の利用者の市町村は関係ありません。

働いている時間、内容

訪問介護の場合、朝8時より前、夕方18時以降は加算が付きます。

この時間帯のサービスは介護報酬が25%(深夜の場合は50%)増になり、登録ヘルパーの場合ですとその加算分はそのまま時給に反映されます。

また、前述しました通り、訪問介護のサービスは生活援助と身体介護があり、その種類によって時給が変わります。

介護報酬が身体介護の方が高いので、時給もそちらの方が高くなります。

時間帯、サービス内容を選んで働くとかなり効率良く稼ぐ事ができます。

「訪問介護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

訪問介護の給料の決まり方

役職や雇用形態

訪問介護で一番給料が多いのは常勤のサービス提供責任者、その次が常勤ヘルパー、そして登録ヘルパーというのが一般的です。

役職手当や資格手当ては、やはり常勤の正職員の方がきちんと付く事が多いですので、こういった順番になることがほとんどです。

ただし、登録ヘルパーの場合、一つの事業所で常勤を越えるほど給料をもらうという事は少なくても、いくつかの事業所を掛け持ちすればまずまずの収入になります。

加算の有無

基本的な介護報酬自体は全国一律ですので、介護サービスというのはなかなか儲けが出にくい所があるのですが、その上でどれほどの加算を取っているかによって収益が決まり、そのまま給料に反映される事が多いです。

良く知られている処遇改善加算ですと、訪問介護は介護サービスの中で一番高く、Ⅰの場合は介護報酬の約14%が付きますが、小さな事業所に多いⅢの場合は5,5%です。

これは必ず職員に還元されるべき加算ですので、かなり給料に影響が出ます。

その他にも、特定事業所加算や地域加算など、様々な加算があり、取得している事業所の方がそうでない事業所よりも給料が高い傾向にあります。

資格の有無

訪問介護の仕事をするには、必ず初任者研修もしくはヘルパー2級以上が必要です。

それより上級資格である介護福祉士や実務者研修を取得していれば、その分給料に反映される事が多いです。

訪問介護で給料をあげるためにやるべき6個のこと

では実際に訪問介護の仕事で給料を上げる為には何をすべきでしょうか?

以下にまとめてみました。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

自分の資格や仕事内容に見合わない給料であると判断した場合は、まずは今の職場に給料の交渉をしてみましょう。

人手不足の介護業界の中でも、一番人が集まらないのがこの訪問介護の仕事です。

辞められる位なら…と、交渉に応じてもらえるかもしれません。

スキルアップを図る

何度も書いていますが、訪問介護の仕事でとにかく強い資格は介護福祉士、その次が実務者研修です。

サービス提供責任者になる事のできるこの二つの資格は、訪問介護では非常にニーズが高いですので、この資格を取ってスキルアップすれば、給料が上がるもしくは手当が付く事が大いに有り得ます。

身体介護、夜間・早朝をメインに入る

登録ヘルパーの場合ですが、給料の高い身体介護や、加算の付く時間帯をメインに仕事をもらえるように頼んでみましょう。

意外とこの身体介護や早朝夜間は働きたくない人が多く、多くの事業所がヘルパーの派遣に頭を悩ませているので、交渉が上手くいく事も多いです。

思い切って転職する

上記が上手くいかない場合は、勿論転職するのも一つの方法です。

訪問介護は求人が多いので、仕事探しには困らないかと思われますが、ここでまた思い通りの給料にならない事業所を選んでしまえば元も子もありません。

以下の点に注意して探してみましょう。

事業所の加算に注目する

前述しましたとおり、加算が付いている付いていないというのは大きく給料に反映されます。

特に、処遇改善加算は必ずⅠを取得している所を選び、その加算はどのような割合でいつ給料に上乗せされるのか聞いておく事をお勧めします。

勤続年数を確認する

訪問介護事業所は数多くありますが、比較的長く同じ人が働き続けている事業所と、ころころ人が変わる事業所に分かれています。

待遇や給料が良ければ人は辞めず、勤続年数の長い人が多いもの。

少し聞きにくい質問かもしれないですが、必ず面接や問い合わせの段階で確認しましょう。

福利厚生をきちんと調べておく

様々な手当てや残業の時の保証、有給休暇の使いやすさなど、きちんと調べてから転職先を選びましょう。

特に有給休暇は事業所によって取りやすい、全く取れないがあるので、確認しておくべき事項です。

給料をアップさせるための求人の選び方

では、今よりももっと給料が上がる、求人の選び方をまとめます。

給与相場が今よりも高いところを探そう

これは第一のポイントです。

いくつか求人を見て頂くとわかりますが、給与相場は各事業所かなり開きがあります。

給与が安いから仕事が楽という事は有り得ませんので、少しでも高い所を探しましょう。

賞与や昇給制度をチェック

上記を探す場合、必ず確認すべきは賞与についてです。

これは、その額以前に、そもそも給与があるのかどうかも調べておきましょう。

月給が高いけれども、賞与がない訪問介護事業所は意外と多くあります。

昇給に関しても、定期的にする所、全くしない所ありますので、必ず確認が必要です。

残業代はちゃんと出る?

これも大きなポイントです。

訪問介護の場合は、日頃の残業は勿論、研修の為に出勤する事も良くあります。

その辺りはきちんと残業代や時給が発生するのか調べておきましょう。

交通費や福利厚生は?

普段の通勤に掛かる交通費もそうですが、登録ヘルパーの場合、サービスからサービスに移動する時間も保証してくれる所とそうでない所があります。

その他、有給や社員食堂、事業所や法人の組合が行っているような福利厚生も、必要であれば確認しておくべきです。

保養所や行事のような福利厚生を行っている場合、毎月いくらか組合費なり会費なりを取られる事業所もあります。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

資格を取得した時

私の場合は訪問介護を始めた段階で、ヘルパー2級と介護福祉士、ケアマネージャーの資格がありましたので、資格手当てが2万円付いていました。

手当が付いていたのは介護福祉士、ケアマネージャーでどちらも1万円です。

他の職員の場合も、その資格を取得した時に手当て分給料はアップしていました。

役職が付いた時

一般の常勤ヘルパーからサービス提供責任者になった時、役職手当が1万円付きました。

私が働いていた訪問介護事業所はほとんど昇給はなかったので、この役職手当はありがたかったのを覚えています。

「訪問介護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

月給、年収はやはり正職員の方が高く、福利厚生も保障されている事が多いです。

登録ヘルパーですと、扶養の範囲内で働いている人が多いですし、のんびり働いていると月10万円はなかなか難しいかもしれません。

給料以外における良い点と悪い点

各雇用形態、役職によって、やはり良い所も大変な所も違います。

簡単にまとめてみましょう。

正職員(サービス提供責任者)

ケアマネージャーや他事業所と連携を図り、サービスの舵取りをしますので、やりがいはピカイチです。

ただ、クレームの対応やヘルパーの急な欠勤の穴埋めなど、大変な事も多い仕事です。

正職員(常勤ヘルパー)

サービス提供責任者ほど責任を負う事もなく、フルタイムでサービスに出る事ができるのが魅力です。

ただ、事業所によっては、サービス提供責任者の代わりに会議に出たりする事もありますので、役職手当が付かないのに仕事だけ大変、という所もあるようです。

登録ヘルパー

働いた分だけお金になりますし、好きな時間に働く事ができますのでそういった点がとてもお勧めです。

ただ、急なキャンセルや利用者の入院等でサービス自体がなくなると仕事はなくなりますし、直行直帰が多い仕事ですので、事業所に書類を届ける為だけに寄らなくてはならない事もあります。

この働き方は、こんな人におすすめ!

サービス提供責任者

役職手当、資格手当ての面からも給料は一番高額です。

その分現場以外の仕事も多く、大変な面はありますが、書類作成業務も多いので、デスクワークが好きな人で無いとなかなか辛いかもしれません。

自分で采配を取りたい方、責任感のある方にお勧めです。

常勤ヘルパー

ヘルパーの仕事が好きで、現場の仕事だけしていたい、そういって上記のサービス提供責任者にはならず、常勤ヘルパーのままいる方も多くいらっしゃいます。

しっかりと利用者に向き合って、現場の仕事に集中したい方にお勧めです。

登録ヘルパー

効率良く仕事がしたい、そういった方には時間が選べて直行直帰の登録ヘルパーがお勧めです。

いくつかの事業所を掛け持ちする事で、時にはサービス提供責任者以上の給料を得る事も可能ですので、とことん働きたい人、逆にほんの少しの時間だけ働きたい人に向いています。

まとめ

訪問介護の給料は、以前はそう高くないとされていたのですが、今は処遇改善加算が高い事から、割と介護業界の中でも給料が安定している職種です。

常に人手不足ではありますが、在宅介護の要としてやりがいのある仕事ですので、ぜひトライしてみて下さい。


関連キーワード

介護求人