近年では少子高齢化の為、介護職に携わる人が減ってきていて介護業界は人員不足だと言われているので、『介護職どうだろう?できるかな?』とお悩みの方の後押しができればと思います。

高齢者介護施設も様々ですが、今回は特別養護老人ホームの給料についてご説明します。

特別養護老人ホームの給料の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

最終学歴にもよりますが、150,000円〜200,000円が相場です。

給与が低くて大変!というイメージを持たれがちな介護職…もちろん会社によっても違いますが、実際はそこまで低収入ということはありません。

たまに『介護職なんて手取り10万ないよー』という声を耳にしますが、時給制でフルタイムではないなどではないでしょうか…

月給制の正社員でそんなことはまず無いです。

正社員で転職した場合

スキルやキャリアによっても違いがありますが、未経験での正社員転職で160,000円〜200,000円が相場ではないでしょうか。

介護福祉士やケアマネージャーの資格を持っていると手当が加算される為、毎月の給与が10,000円〜20,000円程増えます。

パート・アルバイト

時給制になり、最低時給〜1,500円が相場です。

夜勤業務に入るようにすると、夜勤手当が付くのでその分アップします。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

勤続年数にもよりますが、年間で300,000円〜800,000円が相場です。

しかし施設によっては賞与がない分月給が多くなっている所もありますので注意が必要です。

ちなみに私の場合は、未経験の正社員転職で1年目の年間賞与は約430,000円でした。

前職よりも沢山もらえたのでビックリしました(笑)『介護職って低収入じゃないじゃん』と思ったのを覚えています。

昇給

毎年4月に3,000円〜5,000円程の昇給があります。

さらに勤続年数や試験を受けることによって昇格すれば、その分アップします。

各種手当

主な物で、介護職員処遇改善加算、夜勤手当、資格手当、役職手当があります。

介護職員処遇改善加算というのは、事業所が自治体に申請をして支給されるものです。

支給された分は職員に支払わなければならないのですが、申請するには色々な条件をクリアする必要がある為、申請をしていない事業所も全体の10%程ですがあります。

ですので、雇用条件に『介護職員処遇改善加算』があるかをしっかり確認しておく必要があります。

夜勤手当は夜勤の形態によって左右されますが、1夜勤につきカウントされるので沢山入れば入る程給与は上がります。

私が勤めていた施設では『夜勤→明け→休み』のサイクルだった為、夜勤はそこまできつくなかったです。

給与が高い人は何が違うの?

同じ職場で働いているとはいえ、少しでも収入を増やしたいと思う事も多いかと思います。

どうすれば収入が増やせるのかについてご説明します。

スキル

スキル=経験です。

特別養護老人ホームで介護職として働く際に必須な資格はありませんので、働く事はできます。

資格を持っていると給与は上がりますが、介護福祉士は受験する為に介護職の職務経験年数が必要になってくるので、まずは経験を積むことが大切です。

役職

介護職には一般企業のように『部長・課長』などの役職ではく、ユニットリーダー・リーダーがあります。

それぞれに手当が付くため、リーダーになれば給与は上がります。

リーダーに就くのは資格などは関係ないです。

介護職経験、スキルに左右されますので、正社員転職の時点でリーダーになることもあります。

勤続年数

毎年昇給があるので、勤続年数と給与は比例します。

さらには年数によって昇格のある施設もある為、長く勤める事は収入アップに繋がります。

地域

高齢者が多く介護職員の少ない地域では、給与が高い傾向にあります。

ただでさえ働く人が少ないのに給与が少なければ、誰も働きたいとは思う人はもっと少なくなりますよね。

勤務時間帯

特別養護老人ホームには必ず夜勤業務があります。

本人の希望によって入職する際に『夜勤無し』『夜勤少なめ』など条件を付けてもらえることがありますが、夜勤は1夜勤につき3,000円〜8,000円の手当が付くので、夜勤に積極的に入る事で給与アップに繋がります。

あとは、夜勤専属の正社員を募集している施設があるので、そういう所を受けるのも1つの手かもしれません。

私が勤めていた施設では夜勤希望者が多かったので、あまり沢山入る事はできませんでした…そういったのは運ですね。

入れる状況なら積極的に入るようにしましょう。

夜勤以外でも宿直業務があります。

宿直は介護業務は行わず、施設で待機するという仕事です。

人手が足りなくなったユニットにヘルプに入ったり、入居者様の急変対応などがあります。

基本的には寝ながら待機という形になるので夜勤業務より手当は低いですが、『夜勤は無理だけど宿直なら出来る』という方もいらっしゃいます。

特別養護老人ホームの給料の決まり方

経験(新卒採用を除く)

介護職に就く際に最も重要視されるのが経験です。

施設によりますが、新卒を除いて転職の場合、最終学歴はほぼ関係ないと思っていただいて構いません。

例えば、大卒で介護経験の無い方よりも高卒で介護経験4年の方の方が給与は高くなります。

その位介護の仕事は経験に左右されます。

資格

介護の資格には、初任者研修・介護福祉士などがあります。

無資格でも働く事はできますが、介護の資格を持っていると給与が10,000円〜20,000円違ってくるので、持っておくと良いです。

しかし上にも書いたように、そもそも受験資格を得る為には介護職経験年数が必要になるので、すぐにアップ!とはなりません。

まとめ

特別養護老人ホームの給与についてお話してきましたがいかがでしたでしょうか?

世間では『重労働なのに低収入』と言われていますが、そんなに低くも無い事がお分かりになったかと思います。

もちろん職場によっては『人間関係が…』とか『労働の割に給与が少ない』という所もあるかと思いますが、それは選択ミスをしただけの事で避けられる事だと思います。

そういった事は介護職以外でも少なくはないでしょう。

今の時代、介護職は引く手数多です。

自分が納得できる施設に巡り合う事ができればいい仕事だと思います。



特別養護老人ホーム求人についてもっと深堀りした情報を見る

特別養護老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

特別養護老人ホームでは、介護度が高い人が入所しています。また、他の介護施設と違う所はその「要介護者の人数」です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、人数が多いです。要介護者が多いという事は、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、特別養護老人ホームの仕事はどんな人が向いているのか、どんな人が介護に合っているのかをご紹介します。特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、週2~3の入浴介助が一般的な介護になります。仕事上の役割とは?特別養護

特別養護老人ホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

特別養護老人ホームで働いていると『転職したい』と思う瞬間が出てきます。それは人間関係だったり仕事内容だったり様々ですが、あらかじめどんな瞬間に転職したいと思うのかを知っていれば、働き始めてすぐ辞めたいと思わないかも知れません。しかし転職は悪い事ではないので、今回は上手に転職する方法をご説明します。特別養護老人ホームで転職する人は多い?特別養護老人ホームでの転職は非常に多いと思います。施設のやり方に納得できなくて他の施設に行く場合と、介護職自体が合わない場合があります。あとは他のグループホームやデイサービスなど形態の違う施設に転職する人もいます。ただ、転職は悪い事ばかりではないんです。転職すると

特別養護老人ホーム正社員求人の給与や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

仕事って働いてみないと分からなかったりするので、就職した後に『こんなはずじゃなかった』と思う事は少なくないと思います。ここでは特別養護老人ホームってどんな仕事なの?正社員の給与はどれくらい?など就職する前に知っておいてほしい事、介護の仕事をする際の心持ちをお話します。特別養護老人ホームの仕事とはどんな仕事?入居者様の生活介助・身体介護を行います。特別養護老人ホーム正社員の大まかな仕事内容食事・排泄・入浴介助や入居者様のQOL(生活の質)の向上の為のお手伝いをします。また、様々な会議や書類作成をします。特別養護老人ホーム正社員のおすすめ求人の特徴とは?介護の求人は千差万別で、施設によって良い求人


特別養護老人ホーム求人に関するコラム

特別養護老人ホームの面接で聞かれる4個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

特別養護老人ホームの高齢者施設で勤務を希望する場合、主に2つの審査があります。1つ目は書類審査です。履歴書を送付し、採用担当者が確認します。確認後、合格できればすぐに採用面接が実施されます。履歴書を確認する1次審査に関してはよっぽどのことが書いてある、もしくは施設側が受け入れている年齢層などのイメージを大きく逸脱していない限りは合格し次の採用面接にいくパターンが多いです。採用面接をしないで入職を許可する事例はほとんどない為、面接は避けて通れない道です。ここではその採用面接において主に聞かれる質問内容や受け答えのコツ、面接時の服装などについて説明していきます。特別養護老人ホームの仕事内容特別養護

特別養護老人ホームの仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

近年の長寿大国日本において、特別養護老人ホームは増加傾向にあります。その為特別養護老人ホームの求人も数が多くなっています。ここでは特別養護老人ホームではどんな仕事内容なのか。他の老人ホームと比べ、何が違うのかを私の経験からご紹介します。特別養護老人ホームの4個の業務ケアプランの作成特別養護老人ホームに入居されている要介護者の皆さまは、介護認定後、担当のケアマネージャーの作成した「ケアプラン」に基づいて介護の提供を行っています。その為、特別養護老人ホームには、その施設に入所されている人の為のケアマネージャーがいる所が多いです。その為、自分の担当の要介護者のケアプランを作成し、最終的にケアマネージ

特別養護老人ホームの仕事内容5個の業務。経験者が教えます!

介護の現場ではたくさんの介護の職種があります。介護の現場も様々な特徴があり、認知症の介護を主に行う「グループホーム」や「介護度が低い人が主に入所する「介護付き高齢者住宅」も介護の仕事の現場です。ここでは、介護度が高い人が入所する「特別養護老人ホーム」の仕事内容についてご紹介します。特別養護老人ホームの5個の業務バイタルチェックバイタルのチェックは、看護師の仕事なのではないかと感じる人も多いでしょう。しかし老人ホームでは介護者がバイタルサインをチェックする事はざらにあります。看護師がバイタルサインをチェックする施設のほうが少ないかもしれません。介護者がバイタルを測る事で、要介護者の体調を把握する