皆さんは、介護福祉士の仕事について知っていますか?

介護のような大きなくくりでは、高齢者のお世話をする人という認識の方が多いでしょう。

そして介護福祉士が国家資格であることはご存知でしたか?介護をしている人を介護福祉士と呼んでいるわけではないのです。

きちんとした試験を受けて合格した人のみが介護福祉士を名乗れるのです。

介護福祉士とヘルパーを同じと考えている方もいるのではないでしょか。

では、介護福祉士の仕事内容や向いている人・向いていない人の特徴、仕事のやりがいなどについて、今回は具体的に説明したいと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「介護福祉士」の仕事例をチェック

介護福祉士とは

介護福祉士とは、介護職で唯一の国家資格になります。

介護福祉士とヘルパーの違い

介護福祉士は病気や障害によって日常生活が不自由な人に対して、食事や排泄、入浴などの介護を行う国家資格です。

高齢者や身体障がい者が入所する施設やデイサービス、在宅介護支援センターなどの幅広い分野で仕事を行います。

ヘルパーは介護保険制度が成立する以前から病気や障害などによって家庭内での家事に支障をきたす場合に派遣され、在宅介護を専門とするのがヘルパーです。

ヘルパーは国家資格ではなく認定資格になります。

介護福祉士の具体的な仕事内容 

現在ヘルパーの資格を持っていたり、これから介護の仕事にために介護福祉士を取得しようと考えている方も多いのではないでしょうか。

では、実際に介護福祉士の資格を取得するとどのような仕事ができるのかを詳しく説明したいと思います。

介護の仕事と言っても多岐にわたりますので、参考にして頂けたらと思います。

身体的介護

身体介護は介護の代表的な仕事ですね。

介護の仕事では身体介護は基本であり、最も多く提供する介護です。

内容としては、着替えの補佐や介助・入浴の補佐や介助・食事の介助・排泄介助です。

また、ベット上からの起き上がりや立ち上がり、車椅子への移乗や歩行の介助なども行います。

日常生活を送るにあたって、身体動作が行えない方への介助や補佐を行うことが身体介護です。

寝たきりの方や半身麻痺の方など、様々な身体動作が困難な方の日常生活を支えます。

食事や入浴の介助

自力での食事摂取が困難な方に対しては、食事の介助を行います。

脳梗塞の後遺症などで、手が自由に動かない方に対して食事を安全に摂取できるよう介助します。

また、認知症で食事への意欲が低下している方に対して声をかけ食事への意欲を引き出したり、食事である認識を持ってもらえるよう声掛けをします。

寝たきりの方の入浴は全て介助となります。

髪や体を洗い特別浴槽で入浴を介助します。

服の着脱なども全て介助で行います。

歩ける方に対しては、安全に入浴できるよう見守りを行い、手が届かない部分を洗ってあげるなどの介助を行います。

歩行できる方は、浴室での歩行は滑りやすいので特に注意して入浴を見守ります。

移動や移乗の補助

よくトランスファーという言葉を耳にするかと思います。

トランスファーは、ベット上からの移乗が自力で行えない方が車椅子まで移乗する際に、介護者が抱きかかえて車椅子へ移乗する介助のことです。

トランスファーの基本介助方法があるので、それに従って行います。

車椅子を自力で動かすことができない方は介助で移動します。

寝たきりの方や半身麻痺の方は自力で立ち上がることはできませんので、介護者が全て介助で行います。

歩行や立ち上がりの補助

歩行ができる方でも、高齢となると歩行は不安定になります。

転倒の危険性が高まります。

また、身体状況の変化によって歩行状態は低下するので、日頃から観察が必要です。

自力歩行される方は、歩行状態の見守りと観察を行います。

付き添って歩行状態は常に確認します。

何かに摑まりながらの歩行だとできるといった方も多いです。

そのような方に対しては、手引き歩行や歩行機器での歩行介助を行います。

喀痰吸引などの診察補助

喀痰吸引は医療行為になりますので、介護福祉士は緊急時の口腔からの吸引のみです。

吸引できる介護福祉士も、介護福祉士の喀痰吸引の研修を終了している人に限られます。

吸引の必要へある方は、状態をすぐに看護師に報告をしなければなりません。

生活介護

生活介護とは要介護者の生活を支援するためのものです。

日常生活を送るにあたって、困難なところに手を貸し、今の生活能力を維持するように支援します。

また自力での生活が困難な方に対して、安全に安楽に生活ができるよう介助をします。

生活介護の具合的な内容について説明してきます。

調理・食事の補助

生活を送るにあたって、日常生活で最も大切である食事の準備が身体的、精神的な理由により自力で行えなくなります。

そのような方に食事の調理や準備などの援助を行います。

施設では、施設で調理した食事を提供します。

食事の面での栄養管理を行い、健康維持を保ちます。

食事摂取量などの観察も行います。

グループホームなどでは、スタッフと一緒に調理をすることもあります。

掃除や洗濯などの身の回りのお世話

特養などの施設では、要介護度の高い方が多くいますので、生活全般において介助を必要とします。

掃除や洗濯も施設で行います。

利用者の生活スペースの整理整頓や衣類の整理なども介護士で行います。

施設全体は業務員などが行っている所が殆どでしょう。

小規模な施設になると、掃除や洗濯もスタッフが行う所もあります。

特に在宅生活への復帰や維持を目的とした施設では、利用者自身で行いそれを介護士が補佐するような形となっています。

買い物など日常生活に必要なことの補助

高齢となると、買い物へ出掛けることも困難になります。

荷物を持つことができない、移動が難しいなどの理由が挙げられます。

そこで、車での送迎をして日常生活に必要な買い物の援助をします。

長時間の歩行が困難な方に対しては車椅子を利用しての買い物をするので、移乗や移動の介助を行います。

利用者からの相談や利用者への助言

介護の仕事は、身体介護や生活介護だけではありません。

利用者との関わりはとても大切です。

訴えや声を聞き、生活がより良いものとなるように支援します。

訴えや希望を聞き取ることができるのは、一番近くでいつも接している私達介護士なのです。

希望を聞き取って生活に反映する、困っていることに対しての助言や改善に努めることが大切です。

利用者の話し相手

多くの利用者は、施設に入所することでこれまでの生活とは全く違った環境になります。

また住み慣れた地域を離れることの寂しさも感じています。

家族や友人がそばにいないことはとても寂しいことですよね。

そんな利用者の気持ちに寄り添って話を聞き、励まし、一緒に生活をしていくことに楽しさを感じて頂けるようになることが大切です。

いつでも話を聞いてくれる、そんな介護士はやはり利用者からの信頼関係が築けますね。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

現役!介護福祉士が仕事のやりがいを教えます

「ありがとう!」と言ってもらえること

介護の仕事は3Kと言われますが、そればかりではありません。

認知症があり、普段の会話の成立が困難な方もいます。

ですが、介助をしている時に「ありがとうね」と言葉が出るのです。

会話が成立しなくても、利用者のために一生懸命に介助をしていることは利用者に伝わっているのです。

その「ありがとう」の言葉で何度も救われてきました。

本当に辛くなることが多い職業ではあります。

利用者によっては介護抵抗される方もいます。

暴言や暴力を振るってくる方もいます。

しかし、それは認知症によって分からなくなってしまっているからなのです。

理解できないことで利用者は恐怖や不安からそのような行為に至ってしまっているのです。

しかしそんな利用者の口から「ありがとう」と言われた時に、理解してくれたことの嬉しさとこの仕事をしていて良かったと思えます。

担当した利用者に笑顔が増えるなど生き生きした姿が見れた時

介護の仕方一つで利用者の状況は大きく変わります。

病気などによって体が自由に動かないことで介護が必要な状態になってしまい、生活への意欲が低下してしまっている利用者は少なくありません。

それは当然ですよね。

これまでできていたことができなくなってしまうのですから…。

そんな利用者の気持ちを考えて寄り添ったケアをしていくと、利用者は徐々に変わっていきます。

生活への意欲を出し始めると、これまでは全くやろうとしなかったリハビリを意欲的に行ってくれたり、「実はこんなこともしてみたいんだよね〜」と目標を話してくれたりします。

利用者が笑顔になってこれからの生活に希望を持ってくれた姿が見られた時に、自分のケアは間違いではなかったと実感できますね。

時には利用者に励まされることも

介護の仕事をしていると、心が折れてしまいそうになることもあります。

そんな時に、利用者から元気をもらったり励まされることもあるのです。

時には自分の身内のように味方になってくれたりします。

人生の最後の瞬間に自分が関わることができる

これまで多くの経験をしてきた利用者。

辛いことや悲しいこと、嬉しいこと。

沢山のことを経験した人生の先輩。

長く一緒に生活をしてきた家族や家を離れて施設に入ることは、これまでで一番大きな悲しみになってしまっているのは間違いないですよね。

「最後まで家にいたい」それが高齢者の口癖です。

認知症になっても「家に帰りたい」という訴えは必ずあります。

自分の家を離れることの辛さは、今の私達には計り知れませんよね。

しかも、人生の最後にこのような大きな決断です。

人生の一番新しい記憶として残るのです。

家族でもない友人でもない全くの他人ですが、最後の生活を支援して一番近くで最後の生活を見守りことができるのですから。

そこに自分たちが携わっていくことの重要性と有り難さを感じなければいけないと思います。

介護福祉士に向いているのはこんな人

相手を労われる、思いやることができる人

「こんなこともできないくせに」と思ってしまう人は、介護の仕事は選ばないで下さい。

人の気持ちを考え思いやることができる人が介護の仕事をする、と利用者にとって良い介護士になることができます。

「こうされたらどう感じるだろう」「どうしてあげたらいいのだろう」と考えることができる人が適しています。

お年寄りと接するのが好き

お年寄りは何度も同じことを言います。

頑固だったりもします。

しかし、優しいです。

お年寄りに対して優しい気持ちを持って接することができる方が良いですね。

事務的に話をするのではなく、寄り添って話すことのできる人が理想です。

健康で体力に自信がある

体の健康は大事です。

1日の中で座っている時間は殆どありません。

一日中動き回るので体力勝負です。

ですから、動くことが好きという人には向いています。

腰痛などの対策も必要です。

忍耐強い

先程も話しましたが、心が折れることもあります。

利用者の心を開くために忍耐強さも必要です。

すぐに諦めてしまってはダメです。

どうしても上手くいかないこともあります。

しかし、そこで頑張らなければ先に進むことはできません。

これは介護の仕事だけでなく、全ての職業に共通していることですね。

人の役に立つことが好きな人

介護の仕事は、利用者の日常生活を支援することです。

高齢になったり障害を持つことで何かしらの支援が必要になることが多いです。

そんな利用者に、毎日どんな形であれ生活を支える支援をさせて頂くわけですから、人の役に立つことが好きな人には向いていると思います。

心の器が広い人

私は認知症の方しか介護経験がありませんが、介護の仕事を辞める人の中には、介護者側が良かれと思ってやっていることが利用者にとって嫌だと思えることだったり八つ当たりされるということがあります。

例えば、認知症の物盗られ妄想と言って、日々気兼ねなく接してくれる家族や介護士の人に「あんたに物を盗られた!」と訴えてくることがあります。

認知症のせいで自分の置いた場所が分からなくなり、人のせいにするのです。

そんなことに対して介護者は感情的にならず、何気なく一緒に探し、失くしたと思っているものを見つけてあげるのです。

また、尿や便を失禁した場合、心の器が狭いと「汚いから取り換えるよ」などと言って、無理に交換しようとして拒否や暴力に遭うことがあります。

認知症高齢者にとっては自分が今どういう状態かよく理解ができないので、見ず知らずの人にいきなり裸にされたら抵抗するのは当たり前です。

そんな認知症高齢者の目線になって、どういう声掛けをし、どういう関わり方をすればお互いが気持ち良く交換でき、失禁する前にトイレ誘導できるでしょうか。

そのことを考え、支援する心の器の広い人が介護に向いている人と言えるでしょう。

逆に介護福祉士の仕事に向いていない人の特徴は?

基本的には自分自身が変わろうと思えば、向いていないことはなくなると思います。

ただ、どうしても下記のような気持ちが抑えられない、抑えようとするとすごいストレスを感じるという方は介護の仕事に向いていない人かもしれないですね。

自分本位な人

他のサービス業もあるかもしれませんが、介護はその利用者の生活に直結し、ある意味一体感を持つことで利用者がその人らしい生活をすることができます。

その中で、自分本位の人は向いていないと思います。

言葉で伝えるのは難しいところもありますが、ここで言う自分本位というのは、自分の考えや価値観、正しいか間違っているかで判断してしまう方という意味です。

自分を含めて、育ってきた環境が違いますし、考え方や価値観も違います。

一般的に正しいと言われることでも時には本人がやりたいこと、やりたくないことを受け入れて支援する必要があります。

例えば、口腔ケアにおいて夜寝る前に歯磨きをする人は多いでしょう。

それに比べて、朝起きた時、ご飯を食べる前に口腔ケアをする方はどれ程いるでしょうか?

私もつい最近まで考えることなく行っていましたが、朝ご飯を食べる前に口腔ケアをする方が本人の健康を維持することにおいては適切です。

ただ、ご飯を食べた後に口腔ケアをすることが一般的になっている部分がありますよね?

朝起きた時にするのが正しいからと言って、強制的に直させるという方は適していないと言えるでしょう。

特に、認知症を持っていて理解できない方に無理にやらせるのはどうかと思います。

ただ、勿論その口腔ケアにおいて介護者が提案し快く受け入れてくれるよう伝えられる方なら、向いている人と言えるでしょう。

基本は利用者と介護者の関係性が重要になってきます。

その関係性ができた上で介護者が心から楽しくしていることに対して、自分本位かもしれませんが入居者が巻き込まれ、傍から見てもとても楽しい雰囲気を感じることもあります。

こういう雰囲気を作ることに関して特化しているのなら問題ないかもしれませんが、統一ケアを含め基本は自分本位な方は、介護に向いていないのかもしれませんね。

待つことが苦手な人

介護を必要とされる方は、基本高齢者だったり障害を持っている方です。

例えば、トイレでの排泄において自分でできることはやって頂くのが基本です(全てやると身体機能の低下を促進させるため)。

万が一に備えて、転倒等がないか見守りをするのですが、その時間すら待つことができない人は向いていないと言えます。

ただ、これもその時の環境によったり、本人の意思や家族の考えによって変わることもあり、基本はその施設ごとにどうするか決まっています。

具体的には、日中職員が沢山いる中でゆっくり見守りをして必要以上に手を出さないことが必要ですが、夜間一人のスタッフで転倒してしまう状況の中、手を出してしまう場合もあります。

ご家族に納得して頂くよう、施設側は極力本人の意思を尊重して事故が起こらないようにすると説明させて頂きますが、勿論納得されないご家族もいらっしゃいます。

病院等でどうしても必要な場合には拘束というのもありますが、私が勤めているグループホームを含め基本施設での拘束は禁止されており、今後拘束は極力なくす方向で動いています。

そんな事故が起こるかもしれない状況の中でできる範囲のことを行いながらも待つ心の余裕がない方は介護に向かず、無理して働くと虐待に繋がる危険もあるので、向いていないと言えると思います。

介護福祉士の仕事で活かせる経験

介護の仕事はその事業所や施設の種類によって違いますが、基本あらゆることを行います。

今回は、私が勤めているグループホームで活かせる経験をご紹介します。

料理が作れるようになる

私は、この仕事をするまで殆ど料理をしたことがありませんでした。

ただグループホームでは、基本的に食事は認知症高齢者と一緒に作ります。

食事をただ作れば良いのではなく、入居者と一緒に献立を考え買い物に行く、料理で入居者ができないことを支援する形になります。

私は入社当初料理を作ったことがないと当時の責任者に伝えると、「それは良かった、素直に入居者さんに教えてもらうと入居者さんも喜ぶよ」と言ってくれました。

実際、認知症で何もしないと「帰る」と言ったり「物を壊したり」する方がいます。

でも、元々主婦で認知症を持つ方であれば、体で覚えていることが多いのです。

認知症の方は昔の記憶はあるが最近のことは全て忘れる、という傾向にあるからです。

なので、私は認知症の利用者に何を食べたいか訊いて、それを一緒に作ることで料理を覚えました。

途中、水の出しっぱなしを止めたり火をつけるのを見守るくらいで料理が作れるようになり、自炊ができるようになりました。

なので、料理ができなくても心配することはありません。

親や自分の老後の支援方法が見えてくる

人は誰しも歳をとります。

もしかしたら、病気や事故等の障害で何かしらの支援が必要になるかもしれません。

介護の仕事の経験は、自分の周りの人に何かあれば支援の手伝いをすることができます。

身内に介護が必要な場合、どういう支援をすることができるのか、その人らしい生活を続けるための支援方法を考えることが必要となります。

その時、日々の介護の仕事が役に立つでしょう。

また、介護士は病気や認知症等の疾患で、どのように進行するか、現状を極力維持する方法等も経験的に知ることができます。

ですから、自分の近しい人に何かしらの変化が訪れた時、いち早く対応することができます。

私自身の周りで例えると、最近親の足が弱り始め歩くのが億劫になってきていたり、祖母が認知症というのがあります。

そういう時、親が自分の足で歩くことを維持したいというざっくりとした想いがある中でも、実際に深く考えていくと支援方法は様々で、相談先を紹介し伝えることができます。

それに加えて、自分の親なら一人で運動するタイプか、リハビリ専門の方に見てもらい運動するべきか、他の方と一緒に楽しみながら運動するタイプかなども考えて、早い段階で自分の親がやりたいことの選択肢を大まかにでも提示することができます。

認知症の祖母であれば、どういう施設があり、自分の祖母と支援する自分の親の状況等を考え、それを踏まえて検討することもできます。

また、認知症が進行して急に箸でご飯が食べられなくなった時に、おにぎり等手で掴んで食べられる物を提供したり、好きなものを提供して、どういう理由で食べられないのかも経験的に知ることができるのが介護士の仕事です。

ちなみに、私の祖母の場合はあらゆる過程を経て95歳の現在、食事が摂れない時はエンシュアという栄養補給剤的なものを飲みながら生活しています。

認知症が進行する前に、胃ろうや管に繋がれてまでは生きようと思わないという祖母の希望を聞いていたので、重要な選択をする時に祖母の意見を尊重し決断することができました。

介護福祉士として働くメリットとは?

就職先で困ることが少ない

介護の仕事は確実に今後も人手不足は変わらず、就職先が見つからないということは現状ない状態です。

2025年には日本国民3人に1人が65歳以上の高齢者になると言われています。

戦後、兄弟が10人いるなんて家庭もよくありましたよね?

結婚自体しない方が増えた中、子供の数の目安となる出生率は年間2人未満です。

介護される方が増え、介護する人が少ない状況は今後、今より悪化するでしょう。

なので、就職先で困ることはまずないと言えます。

今、外国人労働者を介護施設に導入し始めているので、日本人なら日本文化を知っているというだけで強みと言えるでしょう。

自分の希望に合った働き方ができる

繰り返しになりますが、介護は人手不足です。

その現状を改善するために、働いてくれる人がいればどんな時間でも良いから働いてほしいという事業所も多数あります。

施設系の介護職なら、夜勤はやりたくない、逆に夜勤だけやりたい、週何回で何時間なら働くことができる等、子育てや自分の趣味に合わせて仕事を選ぶことができるでしょう。

訪問系の介護職なら、短時間でも自分の働きたい時間に合う利用者がいれば、自宅に伺い支援を行うことも可能です。

この場合の短時間支援は、買い物に行ったり、料理作ったり、掃除、洗濯、排泄介助、入浴介助などがあります。

その後のキャリアについて

この仕事に就いた後のキャリアアップの道は?

介護福祉士は国家資格で、私が取得した6年程前は学校に通っている方以外の人は3年の実務経験が必要とされてました。

その上で取得した介護福祉士の次のキャリアアップは、ケアマネジャーという資格があります。

このケアマネジャーは、介護福祉士を取得してから5年の実務経験がないと試験を受けることができません。

簡単に分けると、介護福祉士は実際に現場に入り介護する仕事がメインで、ケアマネジャーは相談援助や支援の計画書を作ったり、地域のボランティアに働きかけたり等繋がりを作る仕事です。

私はこのケアマネジャーの試験を昨年末合格し、今月研修を経て、これから申請書を出し資格登録されるところです。

同時に社会福祉士の通信教育も通っているのですが、このケアマネジャーと社会福祉士の違いは、高齢者に限定するか障がい者や子供等含めて相談援助が行えるかという部分です。

後は考え方ですが、ケアマネジャーは5年の実務経験と研修を受けることで主任ケアマネジャーという形になります。

独立する方もいれば、社会福祉士として地域の相談援助の核となるような道を選ぶ方もいます。

ちなみに私の勤めてきた認知症対応のグループホームの流れでいくと、

①ハローワークでヘルパー2級の取得

②介護福祉士取得

③認知症実践者研修と管理者研修でフロア管理者になる

④認知症リーダー研修を取ることでキャラバンメイトという認知症をサポートしてくれるボランティアを要請する講義を開く資格を取得

という形です。

これで更に認知症指導者研修という資格を取得すれば、認知症の講義をする講師としての道に繋ぐこともできます。

また、認知症ケア専門士というのがあり、自分でまとめた論文発表等の学者的なことをする方もいます。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

飲食店に転職する場合、介護職経験者がいると障がいを持った方が入店しやすくなる等が考えられます。

例えば、むせやすい方に対してトロメリンというトロミをつけた食事を提供したり、飲食店の更なるサービスに加えることができるでしょう。

営業職では、体の不自由な方に商品とは別に介護の補助することで、信頼関係を作ることに繋がるのではないでしょうか?

または、介護タクシーというのがありますが、お客様を車に乗せて降ろすだけではなく、観光地では車いすを押したり、車いすの方でも楽しめるルートを観光案内する等、介護の経験を基に考えられる仕事は無限にあると思います。

まとめ

介護の仕事はあまり良くないイメージがあるかもしれません。

辛いと感じるか楽しいと感じるかは自分次第です。

個人差はありますが、身体的にも精神的にも負担を感じるかもしれません。

しかし、高齢者の利用者は人生の大先輩です。

高齢者を大切にできるかどうかを優先で考えてください。

高齢者虐待などのニュースは、介護士にとって本当に辛い現実です。

介護福祉士の質を大きく損なってしまいます。

今から介護の道へ進もうとしている方は、まず先に高齢者の介護について自分がどう考えているのか、もう一度考えてみてください。

大変な仕事ですが、この記事を読んで少しでも参考になれば嬉しいです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




介護福祉士求人についてもっと深堀りした情報を見る

介護福祉士とはどういう仕事?業務内容や必要な資格などを紹介します

介護福祉士とはいったいどんな職業だと思いますか?介護職員、介護士、ケアワーカー、ヘルパー、そして介護福祉士。介護の仕事の従事者に対する呼び名はいろいろとあって分かりにくいですね。これらは、どういった違いがあるのでしょうか。今回は、この中で介護福祉士という職業に注目して、具体的な業務内容や資格を取る方法について説明します。介護福祉士とは?介護福祉士とは「社会福祉士及び介護福祉士法」により定められた介護・福祉分野の国家資格です。高齢者や心身に障がいを持つ方の介護や支援を行う専門職であり、食事・入浴・排泄・車椅子での移動介助などの身体介護を行ったり、利用者からの相談に対して助言などを行います。高齢化

介護福祉士の資格を取るために私がやったこと。勉強法から試験、取得後の就職・転職まで!

これから介護の仕事に就こうと思っている方や、今はヘルパーの資格を持っていて、もっとスキルアップをして介護の仕事をしたいと考えている方も、介護の仕事を続けて行く中でスキルアップは大切ですよね。また介護の仕事をするために介護福祉士の資格は今は絶対条件になっている介護事業所も少なくありません。自身のさらなるスキルアップと介護の仕事の幅を広げるためにも介護福祉士の資格を取得することをおすすめします。今回は、介護福祉士の勉強法から試験、取得後の就職や転職までをご紹介します。介護福祉士になるには?介護福祉士の資格については、皆さんも聞いたことがあると思います。介護の仕事をしている人や、介護の仕事に就こうと

介護福祉士が向いている人の6個の特徴と介護福祉士の資格を活かせる仕事とは?

介護の仕事について、皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。体力的に「キツい」、排泄物などの処理もあるから「汚い」、感染症などの「危険」もあるため「3K」と言われるようなイメージを持っている方も少なくないと思います。また、昨今では給与が安いといったイメージも多いのではないでしょうか。介護の仕事は「3K」と言われることばかりではないのですが、世の中がそういった印象を持っていると、「自分には介護の仕事は絶対にできない!!」と思っている方も多いと思います。しかし、それは思い込みかもしれません。介護の仕事をするにあたって、介護福祉士に向いている人には6個の特徴があります。もしかしたら、あなたにも

介護福祉士の転職を成功させるために知っておくべき3個のことや、おすすめ転職先の見極め方、上手な転職方法を解説します

介護の仕事をしている方で、「違う施設に行きたいな〜」とか「どこかいい職場はないかな」と考えている方は多いですよね。今の職場環境や人間関係に恵まれないのであれば、職場を変えることは決して悪いことではありません。今の状況で仕事をしていても、介護という仕事自体が嫌になってしまいます。働く環境や自分自身のスキルアップのために転職をすることは次へのステップアップになります。数多くある施設です。今の施設だけで介護の仕事を辞めてしまうのではなく、自分に合った働きがいのある職場を探してみてはいかがでしょうか。介護福祉士が転職を成功させるために知っておくべきことや見極め方などを解説します。今、転職を考えている方

北海道介護福祉士求人の特徴や、人気な施設・年収場・求人の選び方のコツを紹介します

介護に興味がある、北海道で介護をしてみようと考えている方に、介護の仕事の内容や介護求人について分かりやすくご説明します。北海道の介護福祉士求人の特徴や待遇・働き方を知ってあなたに合った職場を見つけてみて下さい。また、初めてでも安心の社員教育の手厚い職場の特徴も例に挙げて説明しています。どうぞ今後の参考にしてみて下さい!介護福祉士とはどんな仕事?介護は主にお年寄りの身の回りのお世話をすることです。排泄のサポートやお食事のお手伝い、お風呂や着替えなどさまざまな生活の不便を解消します。そのほかにも、一緒にお出掛けしたり、お話しを楽しんだり、将棋を差したり!必要な場合は、金銭管理やご家族とのやり取りを

介護福祉士の年収相場は?給料を上げるためにやるべき6個のことも紹介します

高齢化社会が進む中で、介護者の人材不足が非常に深刻となっています。介護の仕事は、体力的、精神的にきついのに給与は安いと言われています。どんな過酷な労働をしても給与が増えないと誰でも嫌になってしまいますよね。そしてさらに、人間関係が複雑な介護現場では、介護離れは止めることができない状況となっています。では、実際に介護福祉士の年収相場はどのくらいなのでしょうか。その相場と、介護の仕事をしていくうえで、給与を上げるためにはどうすれば良いのかをご紹介します。介護の仕事を続けていきたいと考えているのであれば給与も大切なことの一つです。給与を上げるためにできることから始めてみてはいかがでしょうか。介護福祉

介護福祉士とは?その内容や介護においての役割、なり方など詳しく解説します!

介護福祉士という資格の名前を耳にした事がある方は多くいらっしゃると思いますが、その詳しい内容についてはあまり知られていません。介護の仕事に就いている人全てを介護福祉士と思っておられる方もいますが、たくさんの勉強、実務経験を積んで取った立派な資格保持者なのです。内容や役割、どうすればなれるかを詳しく説明させて頂きます。介護福祉士とはどんな資格?高齢者、障害者等、体の不自由な方や介助の必要な方のお世話をするスペシャリストで、国家資格になります。社会福祉士や精神保健福祉士と並んで三福祉士と称され、名称独占の資格です。介護の現場ではこの介護の福祉士の需要が最も高く、今後の超高齢化社会において重要なポジ

介護福祉士になるには?合格率は?資格取得方法をご紹介!将来性についてもお話しします!

介護の仕事に就いている方は介護福祉士の資格を持っている方が多いのではないでしょうか?介護福祉士は国家資格であり、介護の職に従事するにあたって必要となる資格です。ヘルパーや初任者研修終了などの方も介護現場では働くことができますが、介護福祉士の資格と同等ではありませんので、最終的には介護福祉士を目指している方も多いかと思います。では、福祉の専門学校を卒業する以外にどのような方法で介護福祉士の資格を取得すれば良いのでしょうか。介護の仕事に転職する方も増えていますので、働きながら資格を取得する方法などもご説明します。超高齢化社会で求められる「介護福祉士」になるには?高齢化社会に対して、介護福祉士の減少