皆さんは介護福祉士の仕事について知っていますか?介護といった大きなくくりでは高齢者のお世話をする人といったことでご存知の方が多いでしょう。

そして介護福祉士が国家資格であることはご存知でしたか?介護をしている人を介護福祉士と呼んでいるわけではないのです。

きちんとした試験を受けて合格した人のみが介護福祉士を名乗っていいのです。

介護福祉士とヘルパーを同じと考えている方もいるのではないでしょか。

では、介護福祉士の仕事内容について今回は具体的に説明したいと思います。

介護福祉士とは

介護福祉士とは、社会福祉士および介護福祉士法を根拠とする国家資格です。

福祉系では、精神保健福祉士や保育士と並んだ名称独占資格の国家資格なのが介護福祉士です。

社会福祉士及び介護福祉士法で位置づけられている社会福祉業務に携わる人の国家資格となっています。

介護福祉士とヘルパーの違い

介護福祉士は病気や障害によって日常生活が不自由な人に対して、食事や排泄、入浴などの介護を行う国家資格です。

高齢者や身体障害者が入所する施設やデイサービス、在宅介護支援センターなどの幅広い分野での仕事を行います。

ヘルパーは介護保険制度が成立する以前から病気や障害などによって家庭内での家事に支障をきたす場合に派遣され在宅介護を専門とするのがヘルパーです。

ヘルパーは国家資格ではなく認定資格になります。

介護福祉士の具体的な仕事内容 

現在ヘルパーの資格を持っていたり、これから介護のお仕事にために介護福祉士を取得しようと考えている方も多いのではないでしょうか。

では実際に介護福祉士の資格を取得してどんな仕事をするのかを詳しく説明したいと思います。

介護の仕事とと言っても多岐に渡りますので、参考にしていただけたらと思います。

身体的介護

身体介護は介護の代表的な仕事ですね。

介護の仕事では身体介護は基本であり、最も多く提供する介護ですね。

内容としては、着替えの補佐や介助・入浴の補佐や介助・食事の介助・排泄介助です。

また、ベット上からの起き上がりや立ち上がり、車椅子への移乗や歩行の介助なども行います。

日常生活を送るにあたって、身体動作が行えない方への介助や補佐を行うことが身体介護です。

寝たきりの方や半身麻痺の方など、様々な身体動作が困難な方の日常生活を支えます。

食事や入浴の介助

自力での食事摂取が困難な方に対しては食事の介助を行います。

脳梗塞の後遺症などによって手が自由に動かない方に対して食事を安全に摂取していただけるよう介助します。

また、認知症で食事への意欲が低下している方に対して、声をかけ食事への意欲を引き出したり、食事である認識を持っていただけるよう声がけをします。

入浴は寝たきりの方は入浴全てが介助となります。

髪を洗って体を洗って特別浴槽で入浴を介助します。

服の着脱なども全て介助で行います。

歩ける方に対しては、安全に入浴の見守りを行い、手が届かない部分を洗ってあげるなどの介助を行います。

歩行できる方は浴室での歩行は滑りやすく不安ですので特に注意して入浴を見守ります。

移動や移乗の補助

よくトランスファーといった言葉を耳にするかと思います。

トランスファーはベット上からの移乗が自力で行えない方が、車椅子まで移乗する際に抱きかかえて車椅子へ移乗する介助のことです。

トランスファーの基本介助方法がありますので、それに従って行います。

車椅子を自力で動かすことができない方は介助で移動します。

寝たきりの方や半身麻痺の方は自力で立ち上がることはできませんので、介護者が全て介助で行います。

歩行や立ち上がりの補助

歩行ができる方でも、高齢となってくることで歩行は不安定となってきます。

転倒の危険性は高くなります。

また、身体状況の変化によって歩行状態は低下してしまいますので、日頃から観察が必要ですね。

自力歩行される方は、歩行状態の見守りと観察を行います。

付き添って歩行状態は常に確認します。

歩行は可能でも、何かにつかまって歩行ができるといった方も多いです。

そのような方に対しては、手引き歩行や歩行機器での歩行介助を行います。

喀痰吸引などの診察補助

喀痰吸引は医療行為になりますので、介護福祉士は緊急時の口腔からの吸引のみです。

吸引できる介護福祉士も、介護福祉士の喀痰吸引の研修を終了している人に限られます。

吸引の必要へある方は状態をすぐに看護師に報告をしなければなりません。

生活介護

生活介護とは要介護者の生活を支援するためのものです。

日常生活を送るにあたって、困難なところに手を貸し、今の生活能力を維持するように支援します。

また自力での生活が困難な方に対して、安全に安楽に生活をしていただけるよう介助をします。

生活介護の具合的な内容について説明してきます。

調理・食事の補助

生活を送るにあたって、日常生活で最も大切である食事の準備が身体的、精神的な理由により自力で行いえなくなってしまいます。

そのような方に食事の調理や準備などの援助を行います。

施設では、施設で調理した食事を提供します。

食事の面での栄養管理を行い健康維持を保ちます。

食事摂取量などの観察も行います。

グループホームなどでは、スタッフと一緒に調理をすることもありますね。

掃除や洗濯などの身の回りのお世話

特養などの施設では、重度の方が多くいますので生活全般において介助を必要とします。

掃除や洗濯も施設で行います。

利用者の生活スペースの整理整頓や衣類の整理なども介護士で行います。

施設全体は業務員などが行なっているところがほとんどでしょう。

小規模な施設になると、掃除や洗濯もスタッフが行うことろもありますね。

特に、在宅生活への復帰や在宅生活の維持を目的とした施設では、利用者自身で行なってそれを介護士が補佐するような形となっています。

買い物など日常生活に必要なことの補助

高齢となってくると、買い物へ出掛けることも困難となってきますね。

荷物を持つことができない、移動が難しいなどの理由が挙げられます。

そこで、日常生活に必要なことな買い物の援助をします。

車での送迎をして買い物をします。

長時間の歩行は困難な方に足しては車椅子を利用しての買い物をしまうので、移乗や移動の介助を行います。

利用者からの相談や利用者への助言

介護の仕事は身体介護や生活介護だけではありません。

利用者との関わり大切です。

利用者の訴えや声を聞き、生活がより良いものとなってくるように支援します。

利用者からの訴えや、希望を聞き取りができるのも、一番近くでいつも接している私たち介護士なのです。

希望を聞き取って生活に反映する、困っていることに対しての助言や改善に務めることが大切です。

利用者の話し相手

多くの利用者は施設に入所することで、これまでの生活とは全く違った環境になってしまいます。

また住み慣れた地域を離れることの寂しさも感じています。

家族や友人がそばにいないことはとっても寂しいことですよね。

そんな利用者の気持ちに寄り添って話を聞き、励まし、一緒に生活をしていくことに楽しさを感じていただけるようになることが大切です。

いつでも話を聞いてくれるそんな介護士さんはやはり利用者からの信頼が得られますね。

現役!介護福祉士が教えます 仕事のやりがいとは

「ありがとう!」と言ってもらえること

介護の仕事は3Kと言われますが、そればかりではありません。

認知症があり、普段の会話の成立も困難な方もいます。

ですが、介助をしている時に「ありがとうね」って言葉が出るのです。

会話が成立しなくても、利用者のために一生懸命に介助をしていることは利用者に伝わっているのです。

その「ありがとう」って言葉で何度も救われることがあります。

本当に辛くなることが多い職業ではあります。

利用者によっては介護抵抗される方もいます。

暴言や暴力を振るってくる方もいます。

でも、それは認知症によって分からなくなってしまっているからなのです。

理解できないことで利用者は恐怖や不安からそのような行為に至ってしまっているのです。

でもそんな利用者の口から、「ありがとう」と言っていだけた時に、理解してくれたことの嬉しさとこの仕事をしていてよかったと思える瞬間ですね。

担当した利用者さんに笑顔が増えるなど生き生きした姿が見れたとき

介護の仕方一つで利用者の状況って大きく変わります。

病気などによって体が自由に動かないことで、介護が必要な状態になってしまい、生活への意欲が低下してしまっている利用者は少なくありません。

それは当然ですよね。

これまでできたことができなくなってしまうのですから・・・。

そんな利用者の気持ちを考えて、寄り添ったケアをしてくと利用者は徐々に変わってくれます。

生活への意欲を出し始め、これでは全くやろうとしなかったリハビリを意欲的に行ってくれたり、「実はこんなこともしてみたいんだよね〜」と目標を話してくれたり、利用者が笑顔になってこれからの生活に希望を持ってくださる姿が見れたときに、自分のケアは間違っていなかったなと実感できますね。

時には利用者に励まされることも

介護の仕事をしていると、心が折れてしまいそうになることもあります。

でもそんな時に、利用者から元気をもらったり励まされることもあるのです。

時には自分のおばあちゃんのように味方になってくれたりします。

人生の最後の瞬間に自分が関わることができる

これまで多くの経験をしてきた利用者。

辛いことも悲しいこと、嬉しいこと。

たくさんのことを経験した人生の先輩。

長く生活をしてきた家族や家を離れて施設に入ることはこれまでで、一番大きな悲しみになってしまっいるのは間違いないですよね。

「最後まで家にいたい」それが高齢者の口癖です。

認知症になっても「家に帰りたい」って訴えは必ずあります。

自分の家を離れることの辛さは、今の私たちには計り知れませんよね。

しかも、人生の最後にこのような大きな決断です。

そこに自分たちが携わっていくことの重要性とありがたさを感じなければならないと思っています。

人生の一番新しい記憶として残ることができるのです。

家族でもない、友人でもない、全くの他人ですが、最後の生活を支援して一番近くで最後の生活を見守りことができるのですから。

介護福祉士に向いているのはこんな人

相手をいたわれる、思いやることができる人

「こんなこともできないくせに」って思ってしまう人は介護の仕事は選ばないでください。

人の気持ちを考え、思いやることができる人が介護の仕事をすると利用者にとって良い介護士になることができます。

「こうされたらどう感じるだろう」「どうしてあげたらいいのだろう」って考えることができる人が適しています。

お年寄りと接するのが好き

お年寄りは、何度も同じことを言います。

頑固だったりもします。

でも、優しいです。

お年寄りに対して優しい気持ちを持って接することができる方がいいですね。

事務的に話をするのではなく、寄り添って話すことのできる人が理想ですね。

健康で体力に自信がある

体の健康は大事です。

1日の中で座っていることはほとんどありません。

一日中動き回ります。

体力勝負ですね。

ですから動くことが好きっていう人は向いています。

腰痛などの対策も必要ですからね。

忍耐強い

先ほども話しましたが、心が折れることもあります。

利用者の心を開くために忍耐強さも必要です。

すぐに諦めてしまってはダメです。

どうしてもいまくいかないこともあります。

でも、そこで頑張らなけれ先に進むことはできません。

これは介護の仕事だけでなく、すべに共通していることですね。

介護福祉士になりたい方へ

介護の仕事は3Kと言われるかもしれません。

あまり良くないイメージがあるかもしれません。

でも介護の仕事って自分次第なのです。

辛いと感じるか、楽しいと感じるかは自分次第です。

肉体的に大変さを感じるかも個人差ですし、精神的にな負担を感じるかも個人差です。

人が辛いと感じることを自分も同じように感じるというわけではないですからね。

ですが、高齢者の利用者は人生の大先輩です。

高齢者を大切にできるかどうかを優先で考えてください。

高齢者虐などのニュースは、介護士にとって本当に辛い現実です。

あってはならない事件です。

介護福祉士の質を大きく損なってしまっています。

今から介護の道へ進もうとしている方は、まず先に高齢者の介護について自分がどう考えているかを一度確認してみることをおすすめします。