介護福祉士という職業をみなさんはご存知ですよね。

介護の仕事についてはどんなイメージをお持ちですか?

体力的にきつい、排泄物などの処理もあるから汚い、感染症などの危険もあるため「3K」と言われるようなイメージを持っている方も少なくないと思います。

また、昨今では給与が安いといったイメージも多いのではないでしょうか。

介護の仕事は「3K」と言われることばかりではないのですが、世の中がそういった印象を持っていると、「自分は介護の仕事は絶対にできない!!」と思っている方も多いと思います。

しかし、それは思い込みかもしれませんよ!

介護の仕事をするにあたって、介護福祉士に向いている人には6個の特徴があるのです。

もしかしたら、あなたも当てはまるかもしれませんよ。

それでは、その特徴について紹介したいと思います。

そして、介護福祉士の資格を活かしてできる仕事もご紹介しますね。

「介護福祉士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護福祉士の大まかな仕事内容

介護福祉士とは国家資格であり、名称独占なので国家資格を取得した者でなければ名乗ることはできません。

仕事の内容は高齢者への身体介護や、生活支援を中心に行います。

介護が必要な方に対して、安心して生活ができるように他職種の方と連携を図って要介護者の介護をします。

「介護福祉士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護福祉士が向いている人の6個の特徴とは?

観察力がある人

介護の仕事は病院とは違って常に施設内に医師がいるわけではありません。

看護師と連携をして利用者の身体状況の観察と、日々の様子を観察、把握が重要となってきます。

高齢者ですので、体調はいつどのような形で急変するかわかりません。

ですから、どんなに小さな変化にも気づくことが重要です。

介護士の気づきが利用者を危険な状況から回避したり、体調の悪化を防ぐことができるのです。

思いやりのある人

介護の基本は利用者本位のサービス提供です。

利用者がどのような思いを抱いているのか、どうしたと考えているのかを考えた介護をする必要があります。

介護側の都合に合わせた介護では、利用者本位のサービス提供はできません。

相手を思いやる気持ちがないと、利用者にとっては良い介護にはなりませんよね。

利用者は認知症や身体的な疾患を抱えています。

それによって、気持ちが落ち込んでしまっている人も多くいます。

そんな利用者の気持ちを考えた介護ができることが最も重要ですね。

切り替えが早い人

介護の仕事では、いろいろな状況があります。

利用者の状況は様々です。

そして常に1対1での介護をしているわけではありません。

ですから、様々な感情の利用者に対してその方の気分に合わせた対応をしなければなりません。

また、クレームや利用者からの厳しい言葉などもあります。

そんな中で、いつまでもその気持ちを引きずっていては、仕事になりません。

確かに泣きたい時や落ち込んでしまう時はありますが、利用者の介護は待ってはくれません。

ですから、気持ちの切り替えが必要です。

素早く気持ちを切り替えて、利用者への対応をしなければなりません。

これはどの仕事にもいえることではありますね。

明るい人

どこの職場でもハキハキと明るい人は印象が良いですよね。

介護の仕事も同様です。

笑顔で挨拶ができ、誰に対しても明るい笑顔で接することのできる人が向いていますね。

介護の仕事は肉体的にも大変なのは事実ですが、だからと言って無表情で暗くなって介護をされるのは利用者にとっては、気持ちがよくないですよね。

体力がある人

利用者は身体的に自力で動くことが困難な方も多いです。

そのような状態の利用者をお風呂に入れたり、トイレへ誘導したり、車椅子に移動させるなどの介助をしますので、体力がある人が多いです。

女性でも軽々とトランスがやリフティングができるくらいの力や体力があります。

しかし、これは日々の業務を行って行く中で、徐々に身についてきます。

チームワークを大切にできる人

仕事は一人で全てをやっているわけではありません。

チームで働いているという感覚を持って協調性を持っている人が介護の現場においては、リーダーシップをとって働くことができるでしょう。

「介護福祉士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護福祉士が向いていない人の4個の特徴とは?

せっかちな人

せっかちな人は、どうして自分のペースで物事を進めてしまう傾向にあります。

利用者は高齢です。

また身体的な疾患を抱えている人も多いです。

せっかちな人では、その人のペースに合わせた介護ができずに、利用者にとっても負担が大きくなってしまいますね。

早くできないことで介護者側がイライラしてしまっては、悪循環になってしまいますからね。

説明が下手な人

説明が下手な人は時に誤解をされてしまう傾向にあります。

うまく伝えることができない、伝えたいことが明確ではない人は、説明が下手とされますね。

介護福祉士は家族との関係も大切です。

利用者の状況、身体状況を説明したり、認知症の症状などを伝えなければなりません。

時には、それは家族にとって受け入れがた内容になることもあります。

そんな時に言葉を選んで、どれだけしっかりと伝えるかが大切となってくるからです。

自己中心的な人

ちょっぴりせっかちと被ってしまう部分もありますが、まずは自己中心的な人は介護の仕事には向いていません。

自己中心的な人は、自分の感情が優先です。

人のことよりも自分が中心なので、チームワークを乱すことはもちろん、利用者の気持ちを考えることもしないでしょう。

そして自分が納得がいかないと利用者に対しても怒りをあらわにしてしまうこともあるでしょう。

言葉づかいが乱暴である

言葉は時に人を傷つけてしまうこともあります。

人を思いやる言葉や、その言葉を言われたら相手がどう感じるを考えずに言葉にしてしまう。

乱暴な言葉使いをするなどの人は利用者にとっては、「どうして怒られるのだろう」「この人は意地悪だ」と感じてしまいます。

「介護福祉士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護福祉士の資格を活かせる仕事とは?

ケアマネジャー

介護福祉士のキャリアアップとして選択肢の一つでもある、ケアマネジャー。

現場での介護福祉士として経験は十分に活かすことができる仕事です。

在宅生活の利用者へのサービスの提供から、施設入所までの支援を行うこの仕事は、やはり現場経験や多くの利用者や家族との関わりを持ってきた介護福祉士が一番の適任だと思います。

その方の特徴をつかんだうえでの介護サービスの提供を考える、施設全体の特徴をつかむなどがうまくできるのは、介護福祉士ならではだと思います。

福祉用具の販売・レンタル

介護福祉士はリハビリなども行います。

身体状況が変化することに合わせて、体調に合わせて介護をしたり、リハビリをします。

ですから、身体状況に合わせて今はどのような介護用品を使用すれば、安楽に生活が遅れるのか、歩行が楽なるのか、また介助者が楽になるのかを見越した提案ができるでしょう。

自分自身が介助者であったため在宅で介護する家族の目線もしっかりと理解できるでしょう。

看護助手

病院の勤務になります。

看護師の助手として高齢者の身体介護を中心に行います。

ここでは医師や看護師の指示に従って高齢者の身体介護を中心に行います。

介護施設とは違って、治療優先の介護とはなりますが、身体介護は介護福祉士にとっては得意分野です。

そして、医師が常にいることで、安心感は施設よりは大きいですね。

民間の相談事業所

在宅介護をされている方は多くの悩みを一人で抱えてしまっています。

ですから、そのような方の悩みを聞き、介護をしていく上でのアドバイスをして相談になる事業です。

介護経験が豊富であれば、家族や要介護者の状況にあわせた的確なアドバイスができるでしょう。

これから介護福祉士の仕事をはじめるには、どうしたらいい?

ではこれから介護福祉士として働くためにはどのようにしたら良いのでしょうか。

介護福祉士として仕事を始めるための方法をいくつか紹介します。

介護福祉士の資格はある?ない?

まずは、あなた介護福祉士の資格を持っているかどうかですね。

介護福祉士は国家資格です。

介護福祉士として働くためには、きちんと資格を取得しなくてはなりません。

資格を持っていない人は、介護助手として介護福祉士の資格を取得するための経験と研修を修了しましょう。

介護福祉士の仕事で就職するために

まずは働きたい施設や事業所を決めましょう。

そして介護福祉士の資格を持っている人を募集している施設を探しましょう。

資格不問であるところよりも資格保有者を求めているところの方がスキルのあるスタッフは多いはずです。

今は介護福祉士の人材確保にどこも苦戦しています。

施設などでも多く募集はありますので、あなたが求める条件に合うところを探しましょう。

必要なスキルや経験は?

必要なスキルとすれば、どこも即戦力を求めています。

ですから、基本介護技術や知識はしっかりと身につけていくべきです。

移乗動作や着脱介助、排泄介助などは必ず身につけましょう。

介護用語もしっかりと覚えていなければ、現場で困ってしまうこともあると思います。

経験はあった方が良いでしょうが、経験がなければやむを得ませんね。

あまり気にしなくても大丈夫だと思います。

新しい施設に就職すれば、その施設のやり方がありますし、経験があっても覚えることはまた1からのスタートとなりますから、さほど気にすることはないでしょう。

「介護福祉士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護福祉士のやりがいはコレ!

利用者が元気になる!!

自分たちの毎日の介護によって、利用者が元気になっていく姿はとても嬉しいですね。

高齢者ですので、それが長くは続かないことなのかもしれませんが、入所した時には歩くことができなかった利用者が歩行器を使用して歩けるようになった。

ご飯を食べることができなかった利用者が元気にご飯を食べてくれる。

それが一番嬉しいですね。

身体的な面に限らず、精神的な部分でも同様です。

塞ぎ込んでいた利用者に笑顔が増えて、笑いかけてくれるようになったり、たくさん話してくれるようになった時などは嬉しいですね。

名前を覚えてもらえた

認知症の利用者が多いのが施設です。

記憶が曖昧になってしまっている方がほとんどです。

ですが、そんな中で自分の担当の利用者が自分の名前を覚えてくれた時は本当に嬉しかったですね。

新しいことを記憶できなくなってしまうのが、認知症です。

しかし、そんな中で名前を覚えてくれる、名前を呼んでくれたことが本当に介護をしていてよかったと感じる瞬間でした。

自分次第でスキルアップはできる

介護福祉士の資格を取得し、経験を積んでいくとできることは増えてきます。

生活相談員になる、管理者になる。

ケアマネになるといった選択肢は増えてきます。

ですから、自分次第で介護業界でどんどんスキルアップはできると思います。

私自身も生活相談員や管理者を経験しましたが、どれもこれまでの介護福祉士の仕事とは違った経験ができ勉強になりました。

「介護福祉士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

介護業界は今、これまでにない危機を迎えていると思います。

人材不足はもちろん、介護士の質の低下の問題。

また経験豊富な人が離職してしまうため、家族は施設への不安を感じてしまっています。

また、高齢者が施設で亡くなってしまう悲しい事件や介護士による虐待の報道。

これでは、家族も安心して施設へ大事な家族を預けることもできませんよね。

家族は今、介護施設に対して疑いの目で施設を見てしまっているのが現状でしょう。

悲しいですが、これが現実でもあるのです。

ですから、今介護をするにあたってはきちんとした資格を持って、介護福祉士を名乗って仕事をしなければなりません。

今回は、介護福祉士に向いている人の特徴について紹介しました。

自分はこの仕事に向いていないのではと感じてしまう瞬間は誰でもどの仕事でもありえます。

ですが、そこを直していく努力をすることが大事なのです。

本当に介護福祉士の仕事をしたいと思っている人でも、いくつか、この特徴にあてはまらないと感じた方もいるでしょう。

そう感じたのであれば、そこを改善する努力をすれば、あなたも立派な介護福祉士として働くことができますよ。

完璧な人はいないのですから。

これから介護の道に進もうと思っている人は、介護の仕事を選択して、資格を取るために努力しようとしているのですから、あなたは本当に介護がしたいと思っているはずです。

その心を忘れずに、介護福祉士として頑張っていきましょう。

「介護福祉士」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

介護福祉士求人

介護福祉士求人についてもっと深堀りした情報を見る

介護福祉士の転職を成功させるために知っておくべき3個のことや、おすすめ転職先の見極め方、上手な転職方法を解説します

介護の仕事をしている方で、「違う施設に行きたいな〜」とか「どこかいい職場はないかな・・・」と考えている方は多いですよね。今の職場環境や人間関係に恵まれないのであれば、職場を変えることは決して悪いことではありません。今の現状で仕事をしていても、介護という仕事自体が嫌になってしまいます。働く環境や自分自身のスキルアップのために転職をすることは次へのステップアップになります。今の施設だけで介護の仕事を辞めてしまうのではなく、数多くある介護施設です。自分にあった、働きがいのある職場を探してみてはどうでしょうか。介護福祉士が転職を成功させるために知っておくべきことや見極め方などを解説します。今、転職を考

介護福祉士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きや仕事内容、キャリアについて解説します

介護福祉士と聞くと、とても大変そうな仕事というイメージがありませんか?介護でよく取り上げられがちなニュースと言えば、虐待や認知症で介護疲れのため家族が悲惨な事件を起こしてしまうなどのネガティブなニュースばかりです。今回は介護福祉士という資格を取ってからの経験をもとに、介護福祉士の仕事の向きや不向き、キャリアについて解説します。介護福祉士の大まかな仕事内容私が働いているグループホームという認知症の方が家庭的な雰囲気で生活する場所での介護の仕事内容についてお伝えします。介護の仕事内容は、利用者の方が自分らしい生活が送れるように支援させて頂く事です。もう少し詳しく書くと、出来る事は自分でやって頂き、

北海道介護福祉士求人の特徴や、人気な施設・年収場・求人の選び方のコツを紹介します

介護に興味がある、北海道で介護をしてみようと考えている方に、介護の仕事の内容や介護求人について分かりやすくご説明します。北海道の介護福祉士求人の特徴や待遇・働き方を知ってあなたに合った職場を見つけてみて下さい。また、初めてでも安心の社員教育の手厚い職場の特徴も例に挙げて説明しています。どうぞ今後の参考にしてみて下さい!介護福祉士とはどんな仕事?介護は主にお年寄りの身の回りのお世話をすることです。排泄のサポートやお食事のお手伝い、お風呂や着替えなどさまざまな生活の不便を解消します。そのほかにも、一緒にお出掛けしたり、お話しを楽しんだり、将棋を差したり!必要な場合は、金銭管理やご家族とのやり取りを

介護福祉士の年収相場は?給料を上げるためにやるべき6個のことも紹介します

高齢化社会が進む中で、介護者の人材不足が非常に深刻となっています。介護の仕事は、体力的、精神的にきついのに給与は安いと言われています。どんな過酷な労働をしても給与が増えないと誰でも嫌になってしまいますよね。そしてさらに、人間関係が複雑な介護現場では、介護離れは止めることができない状況となっています。では、実際に介護福祉士の年収相場はどのくらいなのでしょうか。その相場と、介護の仕事をしていくうえで、給与を上げるためにはどうすれば良いのかをご紹介します。介護の仕事を続けていきたいと考えているのであれば給与も大切なことの一つです。給与を上げるためにできることから始めてみてはいかがでしょうか。介護福祉

介護福祉士とは?その内容や介護においての役割、なり方など詳しく解説します!

介護福祉士という資格の名前を耳にした事がある方は多くいらっしゃると思いますが、その詳しい内容についてはあまり知られていません。介護の仕事に就いている人全てを介護福祉士と思っておられる方もいますが、たくさんの勉強、実務経験を積んで取った立派な資格保持者なのです。内容や役割、どうすればなれるかを詳しく説明させて頂きます。介護福祉士とはどんな資格?高齢者、障害者等、体の不自由な方や介助の必要な方のお世話をするスペシャリストで、国家資格になります。社会福祉士や精神保健福祉士と並んで三福祉士と称され、名称独占の資格です。介護の現場ではこの介護の福祉士の需要が最も高く、今後の超高齢化社会において重要なポジ