北海道で介護に興味があり仕事をしてみようと考えている方に、仕事の内容や求人について分かりやすくご説明します。

北海道の介護福祉士求人の特徴や待遇、働き方を知り、あなたに合った職場を探してみて下さい。

また、初めてでも安心して働ける社員教育の手厚い職場の特徴も例に挙げて説明しています。

是非、今後の参考にしてみて下さい!

介護福祉士とはどんな仕事?

介護の仕事は、主にお年寄りの身のまわりのお世話をすることです。

排泄のサポートやお食事のお手伝い、お風呂や着替えなど様々な生活の不便を解消します。

その他にも、一緒に外に出掛けたり、お話や将棋を楽しんだり、必要な場合は、金銭管理やご家族とのやり取りを行うこともあります。

数ヶ月に1度、利用者へのサービス内容を見直します。

ここで料金や時間などを考慮して介護方針を決めていきます。

北海道介護福祉士求人の特徴は?

北海道介護福祉士求人の特徴1:無資格者や未経験でも面接を受けられる

介護業界は人手不足なので、無資格者や未経験者でも面接を受けられる場合が多いです。

未経験からのスタートも間口が広いため、無資格者や未経験でも長く続ければ社員登用・ボーナスなどのメリットがある会社も多いです。

北海道介護福祉士求人の特徴2:滅多に求人を募集しない企業もある

求人を出している企業に的を絞ってみると、常に募集をかけている企業と、定着率が高く滅多に求人を出さない企業に分かれます。

北海道介護福祉士求人の特徴3:通所施設が多い

2015年の法改正に伴い要支援が給付の対象から外れ、デイサービスなどの通所施設が一気に増えました。

会社の運営元を見てみると、今は株式会社や有限会社などの営利企業がほとんどです。

実際に有限会社で働いた経験のある知人に聞いた話では、サービスの質などにさほど違いはありません。

しかし、通路が車椅子がすれ違える道幅よりも狭く設計されていたり、職員の非正規雇用と無資格者の割合が多いなど、細かい点で見ると社会福祉法人や医療法人とは違いがありそうです。

 

北海道介護福祉士求人の給与相場

正社員の場合の北海道介護福祉士の給与相場

月収145,000円~月収200,000円程です。

福利厚生は手厚く、社保完備の仕事も珍しくありません。

ボーナスは1割を切るなどあまり高くない場合が多く、スタートも雇用契約から半年後や1年後からになります。

時給の場合の北海道介護福祉士の給与相場

1日6.5時間~8時間で時給850円~時給1,000円程です。

働くママにとっては託児所付きだと非常に助かりますが、介護業界の託児所付きの求人は残念ながらそう多くはありません。

北海道介護福祉士求人で人気な施設

  • 給料などの待遇面が良い
  • キャリアアップしやすい
  • 実習やOJTなどの社員校育が手厚い
  • 福利厚生が手厚い

求人情報にこの記載がある施設は、人気があります。

求人の選び方のコツやポイント!

短い期間では分かりにくいのですが、定期的にまたは継続的に求人が掲載されている職場はあまりおすすめしません。

レア求人というキーワードやあまり求人情報で見かけない職場は定着率が良いと考えられ、おすすめです。

自分に合った北海道介護福祉士求人の選び方のコツや注意点

介護の職場選びで一番重要なのは人だと思います!

職場の雰囲気もほぼ利用者や職員によって決まるので、職場をオープンにしている施設を選ぶべきだと考えます。

サービスに自信のある施設や通気性の良い施設は、地域や利用者家族、求職者など外部の人に対してもいつ来園されても恥ずかしくないサービスを常に展開しています。

施設が自分に合うかどうかは別問題ですが、見学してみるのも実際に働いた時の雰囲気を知ることに繋がります。

【選び方①】雇用形態から探す

働く人の立場により、職種の選び方のポイントは変わってくると思います。

未経験や無資格者の場合、まずはアルバイトや契約社員から始めてみてはいかがでしょうか。

職場の雰囲気や人間関係が分かり、融通が利きます。

働くママの場合、お子さんが小さいとなかなか業務に専念することができず諦めてしまうかもしれません。

まずはパートから始めてみるのも手です。

短時間で働ける所も沢山ありますし、介護職員は育児経験者も多いので育児への理解があり、相談に乗ってくれる場合もあります。

夜勤の仕事が難しいなら、出勤が早く送迎がありますがデイサービスがおすすめですよ。

新卒・第二新卒の場合は、正社員がおすすめです。

介護の現場はお掃除パートなどを含め非正規の職員も多く、正社員はイベント毎にボランティア活動をするのが当たり前になっっています。

楽なことではありませんが、他の社員とは違いボーナスを頂いていることもあり、それを当たり前だと思わずに奉仕の心を持って取り組んでみてはいかがでしょうか。

正社員は仕事の責任や量が多いですが、それだけ利用者との理解が深まり、長く続ければ自身のキャリアにも繋がります。

【選び方②】職種から探す

介護職の業種には、介護職員の他に入浴専門や夜勤専門など仕事ごとに専属の要員を必要とする場合があります。

利用者の生活の一部だけの手伝いをするよりも、トータルで関わりを持つ方が介護をする上でメリットがあると思うので、個人的には介護職員をおすすめします。

介護の周辺職種には、看護師や理学療法士、作業療法士、音楽療法やレクリエーションを行うスタッフ、保育士などがあります。

【選び方③】会社の業態から考える

医療法人や社会福祉法人がおすすめです。

特に実習施設として使われる施設は、OJTなどの社員教育がきちんと行われており、現場経験は勿論のこと机上の勉強をすることもできます。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与面では、医療法人や社会福祉法人が断然おすすめです。

それだけ知識や経験、やる気が求められますが、待遇が良い場合が多く、働く人を守る規則もきちんと整えられていることが多いです。

【選び方⑤】エリアから考える

北海道の介護求人では、札幌がおすすめです。

県庁所在地である札幌は人口も多く、開けているため、それだけ多くの選択肢が見込めます。

まとめ

介護求人の参考になりましたか?

北海道の介護求人はまだまだ引く手数多で、あなたの力を求めています。

是非、あなたに合った介護の職場を見つけて、今後の就職に役立てて下さい!



関連キーワード

介護福祉士求人

介護福祉士求人についてもっと深堀りした情報を見る

介護福祉士とはどういう仕事?業務内容や必要な資格などを紹介します

介護福祉士とはいったいどんな職業だと思いますか?介護職員、介護士、ケアワーカー、ヘルパー、そして介護福祉士。介護の仕事の従事者に対する呼び名はいろいろとあって分かりにくいですね。これらは、どういった違いがあるのでしょうか。今回は、この中で介護福祉士という職業に注目して、具体的な業務内容や資格を取る方法について説明します。介護福祉士とは?介護福祉士とは「社会福祉士及び介護福祉士法」により定められた介護・福祉分野の国家資格です。高齢者や心身に障がいを持つ方の介護や支援を行う専門職であり、食事・入浴・排泄・車椅子での移動介助などの身体介護を行ったり、利用者からの相談に対して助言などを行います。高齢化

介護福祉士の資格を取るために私がやったこと。勉強法から試験、取得後の就職・転職まで!

これから介護の仕事に就こうと考えている方も、ヘルパーの資格を持っていてもっとスキルアップをしてから介護の仕事をしたいと考えている方もいるでしょう。この先、介護の仕事を続けていく中でスキルアップは大切ですよね。また今は、介護の仕事をするために介護福祉士の資格を絶対条件としている介護事業所も少なくありません。自身の更なるスキルアップや介護の仕事の幅を広げるためにも、介護福祉士の資格を取得することをおすすめします。今回は、介護福祉士の勉強法から試験、取得後の就職や転職までをご紹介します。介護福祉士になるには?介護福祉士の資格については、皆さんも聞いたことがあると思います。介護の仕事をしている人や介護

介護福祉士が向いている人の6個の特徴と介護福祉士の資格を活かせる仕事とは?

介護の仕事について、皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。体力的に「キツい」、排泄物などの処理もあるから「汚い」、感染症などの「危険」もあるため「3K」と言われるようなイメージを持っている方も少なくないと思います。また、昨今では給与が安いといったイメージも多いのではないでしょうか。介護の仕事は「3K」と言われることばかりではないのですが、世の中がそういった印象を持っていると、「自分には介護の仕事は絶対にできない!!」と思っている方も多いと思います。しかし、それは思い込みかもしれません。介護の仕事をするにあたって、介護福祉士に向いている人には6個の特徴があります。もしかしたら、あなたにも

介護福祉士の転職を成功させるために知っておくべき3個のことや、おすすめ転職先の見極め方、上手な転職方法を解説します

介護の仕事をしている方で、「違う施設に行きたいな〜」とか「どこかいい職場はないかな」と考えている方は多いですよね。今の職場環境や人間関係に恵まれないのであれば、職場を変えることは決して悪いことではありません。今の状況で仕事をしていても、介護という仕事自体が嫌になってしまいます。働く環境や自分自身のスキルアップのために転職をすることは次へのステップアップになります。数多くある施設です。今の施設だけで介護の仕事を辞めてしまうのではなく、自分に合った働きがいのある職場を探してみてはいかがでしょうか。介護福祉士が転職を成功させるために知っておくべきことや見極め方などを解説します。今、転職を考えている方

介護福祉士の年収相場は?給料を上げるためにやるべき6個のことも紹介します

高齢化社会が進む中で、介護者の人材不足が非常に深刻となっています。介護の仕事は、体力的、精神的にきついのに給与は安いと言われています。どんな過酷な労働をしても給与が増えないと誰でも嫌になってしまいますよね。そしてさらに、人間関係が複雑な介護現場では、介護離れは止めることができない状況となっています。では、実際に介護福祉士の年収相場はどのくらいなのでしょうか。その相場と、介護の仕事をしていくうえで、給与を上げるためにはどうすれば良いのかをご紹介します。介護の仕事を続けていきたいと考えているのであれば給与も大切なことの一つです。給与を上げるためにできることから始めてみてはいかがでしょうか。介護福祉

介護福祉士とは?その内容や介護においての役割、なり方など詳しく解説します!

介護福祉士という資格の名前を耳にした事がある方は多くいらっしゃると思いますが、その詳しい内容についてはあまり知られていません。介護の仕事に就いている人全てを介護福祉士と思っておられる方もいますが、たくさんの勉強、実務経験を積んで取った立派な資格保持者なのです。内容や役割、どうすればなれるかを詳しく説明させて頂きます。介護福祉士とはどんな資格?高齢者、障害者等、体の不自由な方や介助の必要な方のお世話をするスペシャリストで、国家資格になります。社会福祉士や精神保健福祉士と並んで三福祉士と称され、名称独占の資格です。介護の現場ではこの介護の福祉士の需要が最も高く、今後の超高齢化社会において重要なポジ

介護福祉士になるには?合格率は?資格取得方法をご紹介!将来性についてもお話しします!

介護の仕事に就いている方は介護福祉士の資格を持っている方が多いのではないでしょうか?介護福祉士は国家資格であり、介護の職に従事するにあたって必要となる資格です。ヘルパーや初任者研修終了などの方も介護現場では働くことができますが、介護福祉士の資格と同等ではありませんので、最終的には介護福祉士を目指している方も多いかと思います。では、福祉の専門学校を卒業する以外にどのような方法で介護福祉士の資格を取得すれば良いのでしょうか。介護の仕事に転職する方も増えていますので、働きながら資格を取得する方法などもご説明します。超高齢化社会で求められる「介護福祉士」になるには?高齢化社会に対して、介護福祉士の減少

介護福祉士の仕事内容4個の業務と向いている人・向いていない人の特徴・仕事のやりがいについて経験者が教えます

皆さんは、介護福祉士の仕事について知っていますか?介護は「高齢者のお世話をする人」という認識の方が多いでしょう。では、介護福祉士が国家資格であることはご存知でしたか?介護福祉士とヘルパーを同じと考えている方もいるのではないでしょうか。介護をしている人を介護福祉士と呼んでいるわけではないのです。きちんとした試験を受けて合格した人のみが介護福祉士として名乗れることができます。今回は、介護福祉士の仕事内容や向いている人・向いていない人の特徴、仕事のやりがいなどについて具体的に説明したいと思います。介護福祉士とは介護福祉士とは、名称独占資格になります。社会福祉士や保育士などと同じで、この資格がないと行